INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2016-05-19

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(原題)』ユン・シユン、キム・ヒジョン
写真だけ見ても胸がぐっと「どんな事情か」


『魔女宝鑑(原題)』キム・ヒジョンとユン・シユンが
切ない母子ケミで胸を熱くしている。

JTBC金土ドラマ『魔女宝鑑(原題)』側が19日に公開した写真の中、
キム・ヒジョンとユン・シユンはみすぼらしく、疲れた姿である。
帽子を被り荷物を持ったユン・シユンと顔の傷が目立つ
キム・ヒジョンはそれぞれ庶子と奴婢に冷遇を受けるが、
お互いを支えながら生きて行く理由になる母子だ。

特にユン・シユンがキム・ヒジョンを抱きしめて
涙をこぼす姿が目を引く。
いたずらな態度で悲しみと痛みを隠してきたホ・ジュンだが、
写真では切ない涙で感情を吐き出している。
感情を落ち着かせないユン・シユンと彼に抱かれたキム・ヒジョンの
写真は見る人の胸を熱くしてどんな事情なのか疑問だらけだ。


©JTBC

ホ・ジュンは明晰な頭脳、芸術的感覚、武術の実力と
ハンサムな容姿や巧みな話術まで備えたが、庶子という現実の壁に
ぶつかって遊び好きのような態度で本音と才能を隠して生きている。
2話から本格的に登場したホ・ジュンはドンレ(チェ・ソンウォン)と
女装して宮に入って偽の薬を売ったり、500両をくれるという
ホ・オク(チョ・ダルフヮン)の言葉に幽霊が出るという黒森に入るほど、
お金のためなら何でもやりながら生きてきた。
その理由は奴婢の身分である母を奴婢の身分から逃すためだった。
その母だけのために生きてきたホ・ジュンが涙を流してこそ、
この事件は、ホ・ジュンの性格変貌にも決定的な役割を果たしている。

キム・ヒジョンは、奴隷出身だが、どことなく気品が溢れる
ホ・ジュンの生母、金氏の役で特別出演した。
息子を愛するが、身分と環境のためにきびしく接している金氏役を演じ、
切ない母性愛を披露する。
今週放送分にホ・オクの生母ソン氏でチョン・ミソンも出演する。

ユン・シユンは撮影現場でも感情を爆発させ、切ない涙の演技を繰り広げた。
驚くほどの没入で感情を続け、嗚咽演技を披露し、キム・ヒジョンも説明が
必要ない演技でインパクト強い場面を完成させた。
二人は短い撮影にもお互いを思い、実際の母子のような優しい姿を見せたりもした。

『魔女宝鑑(原題)』制作関係者は
「今後、ホ・ジュンの変化を説明する重要な場面だ。
二人の切ない演技のおかげで悲壮で切ない感情がさらに表現できた。
多くの期待お願いする」と説明した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-18

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「1泊2日、私からの不協和音の美学期待」




スター&ファッションマガジン<InStyle>が
ユン・シユンの画報とインタビューを公開した。
公開された写真でユン・シユンは白で統一した衣装と
整えられたヘアスタイルを通じてシックな感じを演出した。

続いたインタビューで、ユン・シユンは
「カメラとは関係なく、本当に私ができる行動だけをして、
それによって頂くようになる称賛であれ、お叱りであれ、受け入れる」
と演技に対する所信を明らかにした。

さらに「肯定的な姿だけでなく、必ず否定的な姿も出てくるはずなので、
またそれも自分だと思っている」とし「『1泊2日』と『魔女宝鑑(原題)』
いずれも最も自分らしい姿を見せるのが目標」と付け加えた。

そして『1泊2日』で自分を選ばれた理由は「エネルギー」だと思うので
「今、お互い気が合うメンバーの間に入って<不協和音の美学>が
出ないかと考える」と明らかにした。

そして「もし一人で飛び出したり、目立とうとするように見えないかと
心配もなるが、それが私の率直な性格」とし、
「本当に外ではエネルギーが溢れて、野外就寝も嫌いじゃない」と伝えた。




一方、ユン・シユンはJTBC金土ドラマ『魔女宝鑑(原題)』では
キム・セロンとアルフォンス・ドーデの『星』で感じられる
きれいな感じを活かしたいと伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(原題)』ユン・シユン、キム・セロン
撮影場で3段愛嬌キャッチ



©JTBC

ユン・シユン、キム・セロンカップルの
愛に満ちた3段愛嬌がキャッチされた。

JTBC金土ドラマ『魔女宝鑑(原題)』側は17日
ユン・シユンとキム・セロンの撮影のビハインド・カットを公開した。

公開された写真は悲運の天才、ホ・ジュンと朝鮮の魔女ヨンヒ(ソリ)の
運命的な出会いが描かれた慶州の撮影現場で撮られた
ユン・シユン、キム・セロンの姿だ。
暖かいビジュアルのユン・シユン、キム・セロンカップルは
愛嬌あふれる愛らしい姿で見る人々を和やかにした。

写真の中のキム・セロンは、撮影に没頭していたが
2人を撮っていたカメラを発見して指を指しながら明るい笑顔を見せた。
愛嬌溢れるようなウィンクまでして愛らしい魅力を発散していたキム・セロン。
驚いたように口を覆いながらいたずらをすると
ユン・シユンもこれに応じ、
手で口を覆って驚いたふりをし可愛い表情をしている。
些細な動作もてきぱきと呼吸が合う二人の完璧なケミがそのまま伝わる。

悲運の天才ホ・ジュンと呪いを受けた非運の姫ヨンヒであり、
朝鮮の魔女ソリ役を演じるユン・シユンとキム・セロンは
去る14日に放送された『魔女宝鑑(原題)』2話で運命的な初の出会いを持った。
ホ・ジュンを盗賊、ヨンヒを鬼と誤解して、とんでもない状況が繰り広げられ、
笑いを誘い、凧を持っていざこざしながら、
ホ・ジュンの胸に抱かれることになったヨンヒが真剣に
心臓の音を評価して、本で読んだ通りホ・ジュンに向かって
ウィンクを送るコミックな状況が続き、視聴者たちに新鮮な楽しさを与えた。
二人の和やかなビジュアルのおかげで、童話のような名場面が完成された。

二人の完璧な呼吸とケミが調和した初の出会いのシーンは
前日放送された1話と相反した雰囲気を醸し出した。
いきいきとして愛らしい初の出会いは、
自分を愛する人、自分が愛する人すべてが死ぬという
ヨンヒにかけられた呪いの内容が公開されたため、
おぼろげで切なさがにじみ出ていた。
これから展開される二人の運命に関心を加え、
ドラマの楽しみを一層押し上げた。


>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(原題)』ユン・シユンの演技情熱
「文句一つも無しで情熱的に撮影」




『魔女宝鑑(原題)』ユン・シユンが極と極の魅力を行き来する演技を見せた。

去る14日放送されたJTBC金土ドラマ『魔女宝鑑(原題)』の2話では
ホ・ジュン(ユン・シユン)とヨンヒ(キム・セロン)が本格的に登場した。

この日、ホ・ジュンに完璧に変身したユン・シユンは
図々しさと重みを行き来するホ・ジュンの複雑な内面を
一層成熟した演技でお見せした。

海兵隊を除隊して2年ぶりにドラマに復帰するユン・シユンは
文句無しで熱情的に撮影に臨んでいるという裏話だ。

朝鮮青春説話『魔女宝鑑(原題)』は毎週金、土夜8時30分JTBCで放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』ユン・シユン、卓球最弱に、
キム・タックが卓球には弱いですか?


※韓国ではタックと卓球の発音が同じ。

『1泊2日』の新メンバーユン・シユンが卓球最弱体になった。

15日放送されたKBS2『ハッピーサンデー-1泊2日』では
春の旅行週間特集3弾が描かれた。

この日制作陣が起床ミッションとして「1:6リレー卓球」を提案した。
ユン・シユンは「私、卓球を一度もしたことない。」と話し
メンバーたちを驚かせた。

ユン・シユンは卓球の基本的なルールもよく知らない状況だった。
実際、ユン・シユンはサーブはもちろん、球を返すのも出来なかった。

ユン・シユンの連続ミスで同じチームのチョン・ジュニョンとデプコンは負けた。
勝利したキム・ジュンホチャ・テヒョン、キム・ジョンミンチームは
「才能ない」と彼をからかった。

これにユン・シユンは
「今に見ていてください。相手チームの鼻に球をぶち込みますよ」とし
「感動とカタルシスを感じるようにする。KBS放送が始まるとき、愛国歌と一緒に出る」
と覚悟を決め、見る人を笑わせた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-16

シユンさんがレギュラーとして合流した
『1泊2日』の放送情報をお知らせします。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

シユンさんがレギュラーとして合流した
『1泊2日』の放送情報をお知らせします。

放送局:KBS World
放送日:5月21日(土)〜
 本放送 毎週土曜日 12:00〜13:30
 再放送 毎週土曜日 深夜 00:10〜01:35

>>詳細はこちら

  • 2016-05-13

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(原題)』本日初放送
ユン・シユン X キム・セロン最強の時代劇カップルになれるのか?





俳優ユン・シユンとキム・セロンの初時代劇『魔女宝鑑(原題)』が
いよいよ幕を上げる。

JTBCの新金土ドラマ『魔女宝鑑(原題)』が今日(13日)午後8時30分
初放送される。

『魔女宝鑑(原題)』は黒呪術で生まれ、凍った心臓を持つ魔女になった
姫ソリ(キム・セロン)と青年ホ・ジュン(ユン・シユン)の
愛と成長を描いたファンタジー時代劇だ。

特に『魔女宝鑑(原題)』は朝鮮の魔女という独特な素材と
今まで名医と知られたホ・ジュンの青年時代を描いて
目を引くのはもちろん、ユン・シユンとキム・セロンの
デビュー後初挑戦の時代劇なので期待されている。

そして、実際14歳差の二人が初時代劇でどんなケミを見せてくれるのかが
観点ポイントである。

それだけでなく、ヨム・ジョンア、イ・ソンジェ、キム・ヨンエ、
チョン・ミソン、チョ・ダルファンなど信頼できる俳優たちと
クァク・シヤン、イ・イギョン、ムン・ガヨン、チャン・ヒジン、イ・ジフンなど
若い俳優たちが加え、最高のラインアップを見せているため、初放送に関心が集まっている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-12

シユンさん主演のドラマ『となりの美男<イケメン>』の
放送情報をお知らせします。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

シユンさん主演のドラマ『となりの美男<イケメン>』の
放送情報をお知らせします。

 
放送局:Mnet
放送日:5月14日(土) スタート
 本放送 毎週土、日曜日 10:00〜11:00
 再放送 毎週日、月曜日 8:00〜9:00
     毎週土曜日 15:30〜17:30(2話連続放送)


 
>>詳細はこちら

  • 2016-05-12

シユンさんの最新情報を皆さんにお伝えします。

皆さん、こんにちは。

昨日のシユンさんは2年ぶりの復帰作『魔女宝鑑(仮)』の
制作発表会とその後、1泊2日のメンバーである
先輩チャ・テヒョンさんの新しい映画の試写会に参加するなど
とても忙しい日でしたね!

シユンさんの写真や動画をたくさん見られて
私達は嬉しいですけどね^^


映画試写会に参加したシユンさんの写真を皆さんにリンクでご紹介します。


<関連写真>
>>ユン・シユン、キュンとする笑顔
>>ユン・シユン、暖かいビジュアル
>>ユン・シユン、暖かい姿
>>テヒョンさんの応援に来ました



もちろん!動画もありますよ!




これから益々忙しくなるシユンさんに
引き続き、暖かい応援よろしくお願いします★

  • 2016-05-12

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン『魔女宝鑑(仮)』の視聴率公約
「韓服を着て野球場に行く」





俳優ユン・シユンが「韓服を着て野球場に行く」と視聴率公約を立てた。

11日午後、永登浦タイムスクエア アモリスホールで
JTBCドラマ『魔女宝鑑(仮)』の制作発表会が開かれた。
俳優ユン・シユンは、ドラマ『魔女宝鑑(仮)』の希望視聴率と
それに伴う公約についての質問に
「2年ぶりに復帰したら、最近はこのような公約もあるんですね」
と不慣れな様子を見せた。

しかし、すぐに「視聴率が5%が出れば、本当に幸せだろう」
と話したユン・シユンは「視聴率が5%を突破すれば、
韓服がよく似合うグァク・シヤンさんと一緒に、
応援するプロ野球チームの試合を観戦する」
と独特の視聴率公約を打ち出した。

俳優ユン・シユンが除隊後復帰作で選択したドラマ『魔女宝鑑(仮)』は、
朝鮮の魔女と青年ホ・ジュンが登場するロマンチックファンタジー時代劇で
来る13日初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。




<関連動画>





  • 2016-05-10

『魔女宝鑑(仮)』撮影応援企画のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユンさん主演の最新ドラマ『魔女宝鑑(仮)』の撮影応援企画として
日本公式ファンクラブから
シユンさん、共演者、現場スタッフへの日本のお菓子をお届けします。

撮影を頑張っているシユンさんを始め、共演者、現場スタッフへ
日本からエールを送りましょう!

下記要項をお読みの上、ご参加ください。
皆さまのご参加お待ちしております。


◆下記送り先宛てに 2016年5月31日(火)までにお送りください。
皆さまに代わり、ファンクラブスタッフが韓国にまとめてお送りします。
たくさんのご参加お待ちしております!

----------------------------------------------
【送り先】

〒108−0074
東京都港区高輪3−23−17品川センタービルディング12階
株式会社C MEDIA
 ユン・シユンオフィシャルファンクラブ事務局




※注意事項
1.賞味期限が短いものや生もの、崩れやすいものはご遠慮いただけますようお願いいたします。
2.お菓子の数量や種類、シユンさんの嗜好に関するお問い合わせにはお答え出来かねます。
  全て皆さまにお任せいたします。
  無理のない、できる範囲でご協力いただければ幸いです。
3.お手紙を添える際には、差し入れのお菓子と区別ができるようにお願いいたします。
  お菓子は撮影現場のスタッフに直接渡す可能性がありますので、お菓子の中に手紙を同封すると
  シユンさん本人に渡らなかったり、他の方に読まれる可能性もございます。

----------------------------------------------

  • 2016-05-09

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』ユン・シユン、致命的な明るさ...グッドチョイス



©KBS

ドングの逆襲である。
ユン・シユンが致命的な明るさで
よく選んだ新しいメンバーとしての地位を固めている。

8日放送されたKBS 2TV『ハッピーサンデー-1泊2日シーズン3』(以下、1泊2日)は、
芸能人『ユン・ドング』に生まれ変わったユン・シユンと
忠南保寧へ旅する「ドング、一緒に行こう」二番目の話を繰り広げた。

ユン・シユンは、初の旅行のときめきを抱いて
エナジャイザーのような体力を誇ることも足りなくて、
無限の明るさをメンバーに送りながら肯定的な元気に染めた。
まず、メンバーたちはベースキャンプへの移動手段をかけて
「キングスタービッグマッチ泥レスリング」3対3の対決を繰り広げた。
勝利したチームは、車で移動し、敗北したチームは、
3人の自転車に乗って移動しなければならないという制作陣の言葉に
メンバーたちは「あ〜」と罰則に対する拒否反応を見せた。

しかし、新しいメンバーユン・シユンは
「きついですか?」と聞き返し「楽しくないですか?」と期待感を表わして
メンバーたちを当惑させた。
彼は「このようなところまで来て車に乗って行くのはもったいない」と言いながら
3人の自転車に乗りたいという心を表し、同じチームである
チャ・テヒョンとキム・ジョンミンを困らせて、
そのようなユン・シユンの姿にデフコンは
「今からあなたに意欲過剰という字幕を渡す」と話した。

アンドングのチーム(キム・ジュノ、デフコン、チョン・ジュニョン)と
ドングチーム(チャ・テヒョン、キム・ジョンミン、ユン・シユン)に分かれた
「泥レスリング」の試合は、熾烈な接戦の末、アンドングチームの勝利に終わり、
最終的にはユン・シユンは3人の自転車に乗ってベースキャンプに移動した。

ユン・シユンは、3人の自転車に乗ってベースキャンプに向け、
左には川が、右には美しいビーチが広がるまぶしい風景に、
「兄さんたちと一緒でとても楽しいです〜」と笑いを止めず、
彼の過剰な意欲に飽きた表情をしていたチャ・テヒョンとキム・ジョンミンも
「俺も楽しい〜」と景色を眺めながら疲れ忘れさせるユン・シユンの
致命的な明るさに染まる姿を見せて視聴者たちを笑わせた。

ユン・シユンの致命的な明るさはベースキャンプに到着しても、止まらなかった。
休憩時間に他のメンバーはユン・シユンのために直接服を用意してあげた。
ユン・シユンは「変だと思って着させなければならない」と本音を言うデフコンを受け入れ、
時間を逆行するおじさんファッションにもむしろ「悪くない」と満足して
見る人々を笑わせた。

休憩時間にも無限の体力でエナジャイザーオーラを吹きだして
少しも休まないユン・シユンの姿にキム・ジュノは、
「なぜ疲れない?ずっと“良い”」と言いながら、
彼の明るさに敬意を払い、皆を爆笑させた。
このように、ユン・シユンは致命的な肯定的なエネルギーで
メンバーまで明るく染めた。
「ユン・ドング」ユン・シユンの活躍が期待される。


>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-09

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユンvsグァク・シヤン、
極と極の胸をキュンとさせる男達




©JTBC

『魔女宝鑑(仮)』のユン・シユンとグァク・シヤンが
極と極の魅力を発散する予定だ。

9日JTBCの新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』側は
ユン・シユンとグァク・シヤンの乗馬追撃シーン撮影現場の写真を公開した。

写真の中の悲運の天才ホジュン役のユン・シユンと
朝鮮版イケメン従事官プンヨン役のグァク・シヤンが
優れたビジュアルで注目をひきつける。
馬に乗ったユン・シユンはカッ(帽子)を後ろにして
ジェントルながらも鋭い姿を見せている。
グァク・シヤンは真面目な姿で目を引く。

特に馬に乗って緊迫な表情で走るユン・シユンと
後を追うグァク・シヤンの姿で二人の関係に対する関心を集める。

『魔女宝鑑(仮)』の制作陣は、
「二人は初めての時代劇への挑戦にもかかわらず、
没入度の高い演技で厚い信頼を受けている」と期待感を伝えた。

一方、『魔女宝鑑(仮)』は、来る13日初放送される。


>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-27

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン、キム・セロン
ときめく初の出会いキャッチ「ケミ爆発」




©JTBC

俳優ユン・シユンとキム・セロンの初の出会いがキャッチされた。

JTBCの新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』側は27日
ユン・シユンとキム・セロンの初の出会いの写真を公開した。

公開された写真は、3月30日の慶州撮影でキャッチされた
ユン・シユンとキム・セロンの姿で悲運の天才ホジュンと
朝鮮の魔女ヨンヒ(ソリ)の運命的な出会いが収められている。

ユン・シユンが演じるホジュンは、明晰な頭脳に武芸まで優れていて
秀才だが、庶子という運命に閉じ込められて、すべてを諦め、
遊び人の生活で徹底的に自分を隠して生きていく人物である。
ヨンヒは誰も愛せない冷たい心を持った人物であり、呪いを受けて魔女になった
悲運の姫で暖かさと冷たさを行き来する神秘的な魅力を発散する予定である。

腹違いの兄ホオク(チョ・ダルファン)との賭けのために
呪われた幽霊が住んでいるという黒森に足を踏み入れたホジュンが
そこに住んでいるヨンヒと会うことになるが、呪いにかかって結界の外に
一歩も出れないヨンヒがホジュンに柿を取ってくれとお願いしながら縁が始まる。
ヨンヒには兄であるプンヨン(クァク・シヤン)以外で初めて話をした男がホジュン。

ユン・シユンとキム・セロンは、警戒しながらもなぜか分からない同質感を感じて、
お互いに近寄るホジュンとヨンヒを緊張感の中、ときめく目で表現した。

『魔女宝鑑(仮)』の制作陣は、
「ユン・シユンとキム・セロンが最高の呼吸と最強のビジュアルで最強ケミを誇っている」とし
「ホジュンとヨンヒは明るい姿の中に悲しみを隠している人物のうえ、
ドラマが進むにつれ、多くの変化を迎えるため、容易ではないキャラクターなのに
二人の俳優が繊細な演技で表現しており、期待が大きい。
ビジュアルから演技まで最高のケミをお見せすると確信している」と伝えた。

一方、『魔女宝鑑(仮)』は来る5月13日午後8時30分に初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-25

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』ユン・シユン、Hutos 着ぐるみ着て初登場「期待満点」

※Hutos: 韓国の子供向けTV番組のキャラクター




俳優ユン・シユンがHutosの着ぐるみを着て初登場を予告した。

24日放送されたKBS2TV『ハッピーサンデー - 1泊2日シーズン3』は、
ハン・ヒョジュがゲストで出演して済州島修学旅行特集で飾られた。

この日ハン・ヒョジュの再出演契約書の作成で放送が終わり、
同時に次の週の放送予告編がこっそり公開された。

来る1日の放送では、先週、新しいメンバーとして合流すると知られている
ユン・シユンが初登場する予定。
予告編でユン・シユンはHutosの着ぐるみを着て、
メンバーたちの前に登場していた。

メンバーたちは新しいメンバーの正体について疑問に思い、
木の後ろに隠れてから出てくるHutosを見て大爆笑した様子だった。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-22

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』PD「ユン・シユン初撮影、面白い場面があった」


俳優ユン・シユンがKBS2『ハッピーサンデー-1泊2日』の
新しいメンバーで合流、15日初撮影をして、
その雰囲気が関心を集めている。

『1泊2日』ユ・ホジンPDは17日、
TVレポートとの電話インタビューで、
「雰囲気は悪くなかった」とユン・シユンとの
最初の撮影の雰囲気を言及した。

既存のメンバーが面白く先輩風を吹かすだろうと予想されたが、
ユPDは「面白く先輩風を吹かせた」とし
「メンバーが2年間『1泊2日』をやってきた
先輩たちなので除隊が近い兵長の感じだったら、
ユン・シユンは軍気いっぱいの一等兵のようだった」と例えた。

同年代のチョン・ジュニョンとユン・シユンの最初の出会いでも、
彼は「ユン・シユンのが3歳上だからチョン・ジュニョンも丁寧だった。
詳細は、放送を通じて確認してみれば分かる」と伝えた。

ユン・シユンは『1泊2日』の制作陣から出演交渉を受けて出演を決心した。
ユン・シユンを新しいメンバーにキャスティングした理由について
ユ・ホジンPDは「バラエティの出演が以前にもあったが、時期的に結構時間がたったし、
周辺の評価などを総合して見たときの親和性があるという気がして交渉することになった」
と説明した。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-21

ラジオに初出演したシユンさんの様子をご紹介します。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-04-21

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン、キム・セロン
ポスターだけで完璧ケミ立証



『魔女宝鑑(仮)』が強烈なキャラクター別のポスターを公開して
視聴者たちを魅了している。




JTBCの新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』は21日、
ユン・シユン、キム・セロン、イ・ソンジェ、ヨム・ジョンア、グァク・シヤンの
キャラクターが込められたティーザーポスターを公開した。

明晰な頭脳に芸術的感覚、武術の実力まで兼ね備えた秀才で生まれたが、
庶子という現実にすべてを諦め、人々に非難される遊び人として
自分自身を徹底的に隠して生きていく悲運の天才ホジュンを演じるユン・シユンは、
男性的なカリスマの中、悲壮美ある目つきで熱血青年ホジュンを表現した。
「生まれた理由、あなたに出会い見つけた」という文句は、
庶子ホジュンの現実を表現すると同時に、彼を変えるソリとの出会いを期待できる。

<中略>

去る15日夢幻的で神秘的な雰囲気を表わした1次ティーザー映像を公開したら、
各種ポータルサイトリアルタイム検索語を掌握し、期待作であることを立証した
『魔女宝鑑(仮)』は、キャラクターに完全憑依したキャラクターポスターを公開して
話題の中心に立った。
色味から格別に神秘的で幻想的なビジュアルと写真でも感じられる
5人の俳優の演技力、新鮮なキャラクターの説明まで加わり
『魔女宝鑑(仮)』の予備視聴者の期待感は一段と高まっている。

特にポスターに使用された『魔女宝鑑(仮)』のタイトルのカリグラフィーは、
ホジュンの異母兄弟ホオク役で出演する俳優チョ・ダルファンが直接書いた。
チョ・ダルファンは、様々なドラマ、映画のロゴデザインはもちろん、
大企業とのコラボで進行するカリグラフィー作家としても活動中であり、
作品を集めて個展を開いたりもした。
チョ・ダルファンのカリグラフィーは、『魔女宝鑑(仮)』に芸術的感覚と重みを加えた。

『魔女宝鑑(仮)』の関係者は、
「朝鮮魔女という説話的素材とホジュンの若い頃という作家の想像力が出会った
ファンタジー『魔女宝鑑(仮)』が持つ新鮮で神秘的な魅力が俳優たちの
名演技に力づけられて生き生きと存続している。
完成度はもちろん、『魔女宝鑑(仮)』ならではの独特の味が生きるドラマになるだろう」
と期待を頼んだ。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-21

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「演技、バラエティ、ラジオ、
ファンの会いたい心に恩返し」





俳優ユン・シユンがファンに向けての心を表した。

20日SBSパワーFM『イ・グクジュのヤングストリート』では
俳優ユン・シユンがゲストで出演した。
去る1月除隊したユン・シユンが初めて出演したラジオだ。

ユン・シユンはこの日
「2年間、仕事が本当にしたかった。
たくさんの方が会いたいと待ってくださって、
いろんな方法で顔を見せてあげたかった。それが私が出来る恩返しだと思う」と話した。

続いて「だからバラエティもそうだし、他の理由があるのではない」
と明らかにした。
最近、ユン・シユンはKBS 2TV『ハッピーサンデー-1泊2日』の新メンバーで
合流し、初撮影を終えた。

彼は「急げばむしろよくないかもしれない。でもファンの皆さんに
近いうちにいろんなところで姿をお見せすると話したから。」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。







ラジオのシユンさんの出演放送分はSBSの韓国サイトとPodcastでアップされる予定です。

>>『イ・グクジュのヤングストリート』4月20日放送分(SBSサイト)

>>『イ・グクジュのヤングストリート』Podcast

※放送は韓国語です。シユンさんは2部から出演します。
※放送社の事情で予告なく削除される可能性もあります。
※Podcastにアップされる日にちは確定しておりませんのでご了承ください。
※PodcastはiTunes、iPhone、iPodなどで再生出来ますが、
 一部では正しく再生出来ない可能性もあります。
※ファンクラブサイトではSBSサイトのPLAYERやPodcastの再生が出来ないという
 お問合せにはお答え出来ませんのでご了承ください。

  • 2016-04-20

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン
「私だけ頑張ってもいけない。チームワークで頑張る」





『魔女宝鑑(仮)』の俳優たちとスタッフらが大ヒットを祈願し、告祀(コサ)を行った。

※告祀:自身や家庭の厄をはらい、 幸運を神霊に祈る祭祀

JTBC新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』は、去る19日
京畿道坡州遠方に位置するドラマセット場で告祀を行った。

この日ユン・シユン、キム・セロン、イ・ソンジェ、ヨム・ジョンア、
グァク・シヤン、キム・ヨンエ、チャン・ヒジン、ムン・ガヨン、
チェ・ソンウォン、イ・イギョン、イ・ジフンなど出演俳優たちと
チョ・ヒョンタクPDをはじめとする撮影スタッフなど150人余りが集まった。
チョ・ヒョンタクPDは「1ヶ月前から撮影を開始した。身を粉にして努力する」
と覚悟を明らかにした。

ユン・シユンは「以前は私だけ頑張れば良いと思ったが
演技をすればするほど、お互いの信頼が重要だと思うようになった。」とし
「固いチームワークで一つになって、頑張ってみよう」とし、
イ・ソンジェ、ヨム・ジョンア、キム・ヨンエなど俳優たちも
「ドラマがうまく行きそうだ」という反応を見せた。

『魔女宝鑑(仮)』の関係者は、
「俳優たちの呼吸が軌道に乗った。
期待作であるだけに完成度の高いドラマをお見せする」と自信を示した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

161〜180/526件  ←←先頭へ  ←前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  次へ→  最後へ→→