INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2016-06-16

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「8年目パートナー」カン・ジファン♥ソン・ユリ、カップル変遷史


快刀ホン・ギルドン

袖振り合うのも多生の縁だが、3つの作品を一緒にした。
前生に特別な縁でも結んだのか。
俳優カン・ジファン(40)と、ソン・ユリ(36)の話だ。
二人はKBS2TV『快刀ホン・ギルドン』(2008)を皮切りに、
映画『チャ刑事』(2012)、MBC『モンスター(仮)』(2016)などで
パートナーとしてロマンスを繰り広げた。
忘れかけると、再会をして「ああ言うと、こう」だ。
カン・ジファンとソン・ユリ、最高のビジネスパートナーが
一緒に作った歴史を整理した。



快刀ホン・ギルドン

◆『快刀ホン・ギルドン』:義賊と薬販売屋のロマンス

二人の初めての呼吸だ。
『快刀ホン・ギルドン』はホ・ギュンが書いた『洪吉童伝』を
現代的感覚にアレンジしたフュージョン時代劇だ。
カン・ジファンは庶子に生まれ、反抗児だったが、
義賊になったホン・ギルドンの役を演じた。
ソン・ユリは兵曹判書の一人娘だが、自分の身分が分からないまま
生きている薬販売屋のホ・イノク役で出演した。

当時、カン・ジファンとソン・ユリは「ギルノクカップル」と呼ばれ、
愛聴者たちの愛を受けた。
カン・ジファンの場合、時代が朝鮮時代であるのに
黄色い色のサングラスを被るなど、ユニークな試みで深い印象を残した。
ソン・ユリは男の服を着るなど儀式ばらないキャラクターを自然に消化して、
演技変身に成功したという評価だ。



チャ刑事

◆『チャ刑事』:刑事とデザイナーとして生まれ変わった「ギルノクカップル」

『快刀ホン・ギルドン』以降、カン・ジファンとソン・ユリは
4年ぶりに映画で再会した。
『チャ刑事』は事件の解決のため、意図せず、
ランウェイに投げられたチャ・チョルス刑事の涙の出る
スーパーモデル変身プロジェクトを描いたアクションコメディだ。

当時、カン・ジファンはデブ刑事キャラクターを表現するため、
魔性のDラインとめちゃくちゃの髪、フサフサと生やしたひげなどを見せた。
衝撃的な変身だった。
ソン・ユリも専門デザイナー及び映画チームと共に
劇中のキャラクターの衣装を直接デザインして準備するなど、
ファッションデザイナーのキャラクターに熱意を見せた。



モンスター(仮)

◆『モンスター(仮)』:初恋と初恋で

彼らは再び4年ぶりに会った。MBC『モンスター(仮)』だ。
巨大な権力集団の陰謀に家族と人生を奪われた男
カン・ギタン(カン・ジファン)の復讐劇だ。

カン・ジファンは幼少期に両親を失って
おじさんにまで裏切られた後、死の危機を何とか免れたキャラクターを
渾身の演技で表現した。
ソン・ユリは彼の初恋オ・スヨンの役を演じた。

劇中でカン・ギタンは自分の正体に気付いた叔父の
ビョン・イルジェ(チョン・ボソク)とワクチンの設計図を狙う各勢力に囲まれて、
四面楚歌の状態だ。オ・スヨンはそんな彼にとっては心強い助っ人として活躍中である。

『モンスター(仮)』でカン・ジファンとソン・ユリはコミックからメロドラマ、
復讐までさまざまなエピソードを描きながら、熟した呼吸で好評を博している。
彼らの熱演に支えられ、『モンスター(仮)』は最近、月火ドラマ1位の座に上がった。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-06-14

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、拷問演技も輝いた体当りの熱演


©MBC

カン・ジファンが大当りの拷問演技を披露し、
格が違う名俳優クラスを立証した。

13日に放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』23話で
カン・ギタン(カン・ジファン)が刑務所から脱出する姿が描かれた。

ギタンはチェリョンが伝えてくれた聖書で『老人ナイフ』いう
フレーズを確認して刑務所の中でナイフで自分を刺そうとする老人から身を守る。
以後、国情院の計略で刑務所から脱出することにになったギタンは
ソンエ(スヒョン)とともにチョ・ギリャン(チェ・ジョンウォン)に逮捕され、
チェリョン(イエル)によって拷問をされる。

カン・ジファンは、劇中のナイフで刺されそうになった危機を見破り、
ナイフを手で阻止し、血を流しながらも意味深長な笑みを浮かべて
スリルを届け、刑務所で毒性薬物をのんで倒れ、発作を起こす姿と
ソンエから眠れないように光を打たれる拷問を受けて
和平団の電気衝撃機に気絶するなど絶えず苦難に陥っている様子を
リアルに演じて感嘆を誘った。

特に、ワクチンの設計図を持っていったという濡れ衣を着せられて
チョ・ギリャンに捕まえられたカン・ジファンは、自分の言葉を信じず、
痛点を大きな針で刺す拷問を受けると、血走った目と
うめき声を吐きながら叫んで絶叫するなど、苦痛に死闘する姿を
渾身の力を尽くして演じ、カン・ギタンの姿を見事な演技で描き出した。

このようにカン・ジファンは、劇の開始から最後まで
スリルを吹き込む強烈な演技を披露し、インパクトを与え、
ストーリー展開に迫力を倍増させて視聴者の関心を集中させるなど、
キャラクターを越えて、ドラマ自体に生命力を吹き入れて『モンスター(仮)』を
通じて新しい名演技をお見せしている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-06-13

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、ソン・ユリ、
パク・キウン、本当の月火劇の戦争はこれから



©MBC

『モンスター(仮)』が中盤を越えて走っている。
カン・ジファンとパク・ギウンの復讐劇がさらに深まり、
没入度を高めることとみられる。

カン・ジファン、ソン・ユリ、パク・グウン、スヒョン、
ジン・テヒョン、チョ・ボアなどは13日午後、京畿道一山の
MBCドリームセンターで開かれたMBC月火特別企画『モンスター(仮)』の
記者懇談会に出席した。

この日、カン・ジファンは
「『モンスター(仮)』は50部作で半分が過ぎた。
実は体力や精神的に大変である。しかし、ストーリーに力がつき始めた。
その力で熱心に撮影中」と話した。

特に『モンスター(仮)』は復讐と緊張感を高めている状況。
これに視聴者もこの部分を期待している。
これと関連して、カン・ジファンは
「『モンスター(仮)』が復讐劇だから、今のキャラクターが確実になった。
ますます熾烈な展開が繰り広げられそうだ。楽しみだ。
まだ台本が出ていないけど、緊張しながら待っている」と明らかにした。

さらに、「チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン作家と
ドラマ『お金の化身』をした。 二人は人物の頭脳戦を素晴らしく描き出す。
私もカン・ギタンが怪物になって復讐をするが、
人物同士の頭脳戦がどのように展開していくか楽しみだ。
その部分を観戦ポイントでみれば良いと思う」と付け加えた。

パク・ギウンは
「『モンスター(仮)』の中に人物が非常に多い。
比較的呼吸が短くなくずっと複雑に絡み合っている。
今後どのように進行されるか気になる。
これから話が展開される過程でどのように展開されても、
その人物で、状況に合わせて表現する」とし、期待感を高めた。

『モンスター(仮)』を通じて悪役の真髄を見せてくれている
ジン・テヒョンも「今後、必要によって敵も同志になりそうだ。
そういう部分が面白くなる」と話した。

ラブラインも関心を集めている。ソン・ユリは
「今までは楽しく純真なラブラインだった。
今後、復讐コードが濃くなり、メロも激情的に変わらないだろうか。
成熟したメロドラマに変わるようだ」と期待感を高めた。

最後にカン・ジファンは
「視聴率で1位になったのは気持いい。これを維持するためにもっと頑張る」
と強い抱負を示した。
パク・ギウンは
「うちのチームはよく団結している。この状況にもっと集中して行う」とし、
「相手作を意識せず、最後までうまく締めくくる」と伝えた。


©MBC

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-06-10

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン-チョン・ボソク、
火花散る敵呼吸に秘訣があった



©MBC

『モンスター(仮)』カン・ジファンとチョン・ボソクが
火花が散る熱演を披露した。

MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』で叔父と甥であり、
敵であるカン・ギタンとビョン・イルジェに扮した
カン・ジファンとチョン・ボソクのビハインド・カットが公開された。

劇中のカン・ジファン(カン・ギタン)は自分の両親を殺した
チョン・ボソク(ビョン・イルジェ)に復讐するために全力を尽くしている。
チョン・ボソクは自分の壮大な夢を叶えていくのに
邪魔になる甥のカン・ジファンを殺そうとしており、
毎回追いつき追われる関係を見せている。

このような中、カン・ジファンとチョン・ボソクの
ビハインド写真が公開された。
公開された写真の中のカン・ジファンとチョン・ボソクは撮影に入る前、
完璧な撮影をするため、絶えず会話しながら演技を合わせている。

カン・ジファンはチョン・ボソクの言葉を傾聴し、常に集中して、
チョン・ボソクもまた、カン・ジファンの意見をよく聞いてあげ、
一緒に撮影するすべての場面を、細かいこと一つ一つまで細かく
合わせてみるなど、情熱的な姿でドラマの完成度を高めている。

2人は、劇中では殺伐とした敵同士だが、
長い時間現場で一緒にするだけに、誰よりも良好な関係を維持して
暖かい撮影場のムードを続けている。

『モンスター(仮)』関係者は
「俳優カン・ジファンとチョン・ボソクはいつもお互いを尊重しながら
台本とキャラクターに対して休まず意見を交わしながら調整する。
このような努力が演技力を爆発させるシナジーを発揮して、
視聴者たちの好評を引き出すようだ」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-06-08

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
ドラマの歴史に残る怒りのチキン食い



©MBC

カン・ジファンが『モンスター(仮)』で
狂気じみた演技を披露し、60分を満たした。

7日に放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』22話で
カン・ギタン(カン・ジファン)が、
無念なことに殺人の濡れ衣を着せられている姿が描かれた。

カン・ギタンはナ・ドグァン(イ・ウォンジョン)博士を
殺したという濡れ衣を着せられて逮捕されて行く途中
ド・ゴンウ(パク・ギウン)とオ・チュンドン(パク・フン)の
会話を聞いて自分に濡れ衣を着せた人が
ビョン・イルジェ(チョン・ボソク)という事実に気づいた。

以降、懲役5年を言い渡されて刑務所に収監されたカン・ギタンは
ビョン・イルジェから自分の両親を殺せとそそのかした人が
ド・ゴンウ(ジン・テヒョン)という事実を聞いて衝撃を受けた。

カン・ジファンは、劇中の不幸にも殺人犯の濡れ衣を着せられたまま
刑務所に収監される渦中にも、ただひたすらスヨン(ソン・ユリ)だけを
考えてビョン・イルジェから守るため、涙を流しながら、
面会を全部拒否する切ない心をあらわにしながら悲しいロマンスを描いた。

また、カン・ジファンはビョン・イルジェがチキンを買って訪れ、
自分を翻弄すると、チキンをかみ殺して、
「しっかり食べて必ず生き残りますよ」と怒りの満ちたシーンを描き出し、
お茶の間に戦慄をプレゼントした。

それだけでなく、両親を殺した人がド・グァンウという事実を知った
カン・ジファンは絶えずド・グァンウの命を脅かし、
理性を失ったような狂気じみたカン・ギタンの姿を、
身の毛がよだつ演技力で描いた。

このようにカン・ジファンは怒りに満ちた目つきから
内面の中に位置する怪物の本性まで引き出し、圧倒的な存在感で、
もう一度「信じて見る俳優」であることを立証した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-06-07

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。


<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』側
「カン・ジファン正体知った
ソン・ユリ、切ない雰囲気極大化」



©MBC

『モンスター(仮)』ソン・ユリがカン・ジファンの正体を知り、
新たな局面を迎える。

去る6日に放送されたMBC月火特別企画『モンスター(仮)』では
オ・スヨン(ソン・ユリ)がカン・ギタン(カン・ジファン)の
正体について知る姿が描かれた。
オ・スヨンは弟のドンスの口を通じてギタンが
自分の初恋イ・グクチョルという事実を知ることになった。

カン・ギタンがイ・グクチョルという事実と、
自分を密かに助けていたという事実まで知ることになった
オ・スヨンは彼がいる所へ向かった。
同じ時刻、カン・ギタンは殺人の濡れ衣を着せられて
連行される様子が描かれ、二人の話に対する興味を加えた。

この中、警察に捕まるカン・ジファンを見たソン・ユリの姿が写った
写真が公開されて注目を集めている。
公開された写真には、パトカーに乗り込んで自分を訪ねてきた
ソン・ユリを見ているカン・ジファンと
強制的に移送されるカン・ジファンを見て驚いたソン・ユリの姿が描かれている。

また、他の写真にはカン・ジファンの正体を知り、
切ない心で駆けつけてきたソン・ユリがパトカーに乗って
遠くなっていくカン・ジファンを眺めながら止めどなく涙を流していて
見る人の悲しみを呼んている。

ちょうどお互いに向けた感情を確認してお互いの正体を知るようになり、
これから甘い時間を過ごしそうだったカン・ギタンとオ・スヨンに
果たしてどのような試練が迫ってくるか、二人の関係にはどんな変化が
生じることとなるのかギタンとスヨンの話の成り行きが注目される。

これと関連して『モンスター(仮)』関係者は
「カン・ギタンがイ・グクチョルということを分かった後
オ・スヨンの感情がさらに深まって切ない雰囲気が極大化される予定だ。
ギタンの濡れ衣を晴らすために積極的に動くスヨンの活躍で
興味津々な展開が繰り広げられる『モンスター(仮)』22話
多くの視聴お願いする」と伝えた。

一方、『モンスター(仮)』は毎週月・火曜日の午後10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-06-03

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。


<スタッフ翻訳文>
モンスター(仮)』カン・ジファン♥ソン・ユリ
だけ気づかない恋愛、もう開始



©MBC

 
『モンスター(仮)』カン・ジファンとソン・ユリだけが
気づかない恋愛はすでに始まっていた。
初めて手を握って、二人の間に流れる気流は、ある瞬間から甘くになった。

MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』では復讐を中心に流れているが、
カン・ギタン(カン・ジファン)とオ・スヨン(ソン・ユリ)の
お互いが死んだと思って、正体を知らないままに会って、
再び恋に落ちるラブストーリーが含まれている。
緊張感溢れる中でも、甘さを感じることができ、豊富な楽しみを届けている。

ギタンは、過去イ・グクチョル(イ・ギグァン)という名前で生きていた。
全てを持っていた最上層の身分だったが、
叔父のビョン・イルジェ(チョン・ボソク)からすべてを奪われた。
このようなグクチョルを愛してくれたのはチャ・ジョンウン(イ・ヨルウム)が唯一だ。
しかし、二人はその後、お互いが死んだと思った。
それでグクチョルにはジョンウンが、ジョンウンにはグクチョルが
おぼろげな初恋のように消えることなく残っている。

このような中で、二人はドドグループで同期として再び会った。
むろん、互いの正体を知らない状態だったが、なんだかんだしながらも、
お互いに惹かれた。決定的にギタンはスヨンが、ジョンウンという事実を知って、
さらに切ない気持ちを抱いており、すぐ告白した。
しかし、スヨンは心にもない言葉でギタンを断ったことがある。

先月31日に放送された20話ではギタンがスヨンの仕事が
終わるのを待ってから手を握って家まで送る場面が描かれた。
今までお互いの正体も知らなかった上、もちろん、スヨンはまだ
ギタンの正体が分からないが、お互いの前で各自の心に率直ではなかった。
干ばつに恵みの雨が降ってくる甘い気流と初のスキンシップまで
視聴者たちはついにギタンとスヨンカップルがロマンス急流に乗ったとし、
応援を送っている。

カン・ジファンは復讐を行う時とロマンスを演出する時が
全く異なった目つきでドラマに豊富な楽しみを加えている。
泣き叫んだ姿は全く見られないスヨンに向けた
愛のあふれる目が視聴者の心もときめくようにしていること。
ソン・ユリもスヨンが徐々にギタンに心を開いて自分も知らないうちに
わくわくする姿を可愛いらしく表現している。

復讐がドラマの展開を導いていく重点的な葛藤素材だが、
カン・ジファンとソン・ユリのケミは緊張感を和らげる役割も担っている。
過去が非常に切なかった二人だ。
彼らのロマンスに花がいっぱいになるのを視聴者も応援している。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-31

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』ソン・ユリ-カン・ジファン、
ときめきに満ちたキュンとするスキンシップ、
ロマンス加速化されるのか?



©MBC

『モンスター(仮)』カン・ジファンとソン・ユリの
甘酸っぱい姿がキャッチされた。

31日、MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』側は
お茶の間劇場を桜色に染めているカン・ギタン(カン・ジファン)と
オ・スヨン(ソン・ユリ)のロマンスが加速化することを予告した。

30日に放送された『モンスター(仮)』19回では
スヨンがチャ・ジョンウンだったことを知ったギタンが
スヨンを向けて積極的に自分の感情を表す姿が描かれた。
ギタンはスヨンが乗ったバスに乗って居眠りしているスヨンに
自分の肩を出し、スヨンのそばを守った。

ギタンは深夜、スヨンを家まで送ってあげる道に
「お前、俺を好きになれ。じゃなければ俺がお前に好きになるか」と言い、
自分の本音を告白した。スヨンは友達だという言葉で断ったが、
スヨンの心にもギタンがいることを知ることができた。

ギタンとスヨンがお互いの感情を確認した中で、
ときめきに満ちた二人の姿が写った写真が公開されて関心が集中している。
公開された写真には会社のロビーで手を握って歩いている
ギタンとスヨンの姿が盛り込まれている。
手を握った2人の顔は妙な緊張感が隠されていて、
見る人をときめかせている。

このシーンはギタンが夜勤をしたスヨンを送り届けるために
待っていて会う場面で、始まったばかりの恋人のような甘さを漂わせている。
特に通話をする時や手を握って一緒に歩くときも
顔いっぱいに幸せな笑みを隠せないギタンとスヨンの姿に
二人がついに本格的な恋愛をするようになるのか期待感を高めている。

『モンスター(仮)』の関係者は
「積極的にスヨンに近づくギタンとそのギタンを拒否出来ず
惹かれているスヨンの話が興味津々に展開される予定だ。
カン・ギタンとオ・スヨンの甘いロマンスが描かれる
『モンスター(仮)』20話多くの視聴お願いする」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-26

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
怪物のような男の復讐劇とは



©MBC

カン・ジファンが優れた緩急演技で、お茶の間を牛耳った。

去る23日に放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』17回では
カン・ギタン(カン・ジファン)がビョン・イルジェ(チョン・ボソク)を
殺そうとする姿が描かれた。

ギタンは両親の遺骨が処分されて、大きな衝撃を受け、
ビョン・イルジェを殺そうとしたが、チェリョン(イ・エル)の
引き止めで諦めて復讐の刃をさらに鋭く磨いた。
以降ビョン・イルジェの借名口座にあった200億を取り戻したギタンは、
自分の残ったお金300億まで全部取り戻すため、
道路で障害物に向かってそのまま突進して事故を起こした。

カン・ジファンは、劇中の両親の遺骨まで守らせなかった
ビョン・イルジェを終始一貫して毒気を含んだ目つきでにらみつけて、
怪物のような姿で怒りをあらわにしてお茶の間に息詰まるような緊張感を与えた。

また自分には真心で接するスヨンだけには
大変な本音を隠すことなく涙を流して、弟の病院費を支援する決心をしただけでなく、
危機に直面したスヨンまで救ってあげるなど絶えず好感を示し、
妙なロマンス気流を形成して心を騒がせた。

このようにカン・ジファンは、劇の強弱を巧みに調節して
緊張感の緩急を自由自在に調整する演技力でカン・ジファン式復讐劇を
よりスリリングに描き出し、一寸先も予想できない展開をリードしている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-23

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
殺気満ちた目つきキャッチ「怒り」



©MBC

『モンスター(仮)』カン・ジファンは
チョン・ボソクに向けて怒りをぶちまけるか。

MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』でビョン・イルジェ(チョン・ボソク)に
怒りを超えて憎悪心を持つようになったカン・ギタン(カン・ジファン)が
自分の怒りを抑えきれずビョン・イルジェを訪れる姿が公開された。

先立って、ギタンはビョン・イルジェに残ったものもなく、
すべてを失っており、これに激しい怒りと殺気を感じた姿が描かれた。
ビョン・イルジェに向けた復讐心がさらに強力になったカン・ギタンの
行動に関心が集中された中で、殺気に満ちたカン・ギタンの姿が公開されて、
好奇心を誘発している。

公開された写真には、鳥肌が立つほど鋭い表情で
片手には鉄パイプを持って駐車場を横切っているギタンの姿が描かれている。
衝撃的なことを受けたギタンが興奮することもなく、
むしろさらに冷静になった雰囲気を漂わせており、
その姿がもっと悲しそうに感じる。

どこかへ向かう途中、一瞬たじろぎながら悩んでいるようで
すぐビョン・イルジェを発見したかのような目つきを光らせた。
すぐにでも何かするようなギタンの姿が見る人たちの心臓まで
緊張させた。

しっかりとした復讐のため、ビョン・イルジェに向けた怒りを抑えて
今まで走ったギタンが沸き上がる怒りに耐えずきっちりと立ててきた計画を
崩したままビョン・イルジェに脅威を加えるか、また他の選択をするか注目される。

『モンスター(仮)』関係者は
「『モンスター(仮)』17話ではカン・ギタンのジェットコースターのような
数奇な人生が、説得力を持って描かれ、視聴者たちの感情移入を引き出し、
劇の没入度を高める予定だ。 カン・ギタンの紆余曲折ストーリーが
興味津々に盛り込まれる『モンスター(仮)』17話多くの視聴をお願いする」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-20

ジファンさんに関する最新情報をお伝えします。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

手の怪我に関する記事の後、また事故の記事がでて
皆さん、大変ご心配されていると思います。

韓国のマネージャーさんに確認したところ
ジファンさんは無事で怪我もないそうです。

念の為、本日は自宅で休むとのことです。
ご安心ください。

引き続き、ジファンさんへのご声援をよろしくお願いいたします。

  • 2016-05-20

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
手から離さない台本…圧倒的熱演の秘訣




©MBC

『モンスター(仮)』カン・ジファンは
俳優としての真価を改めて証明した。

俳優カン・ジファンはMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』で
ただ復讐だけ夢見るカン・ギタン役を演じ、
様々なジャンルの演技を行き来しながら広い演技の幅を証明している。

カン・ジファンは男性的魅力があふれるキャラクターを通じて
多彩な魅力を披露して、視聴者たちの熱い関心と反応を受けている。
これに『モンスター(仮)』側は20日、撮影場で情熱的な姿が
そのまま盛り込まれているカン・ジファンのビハインド・カットを公開し、
注目を集めた。

公開された写真の中のカン・ジファンは完璧な撮影をするため、
悩みながら台本を手から離さず注目を集めた。
カン・ジファンは与えられた台本で一場面も軽く越えずに
すべてのシーンを慎重に考えて台本にぎっしりと自分の感情を
書き留めたほど特別な勤勉さで、ドラマのために努力している。

これだけでなく、撮影するとき完璧な感情移入をために
現場の雰囲気も重要視するカン・ジファンは他の俳優、スタッフと一緒に
撮影場の雰囲気を愉快に受け継ぐため、いつも明るい顔で、冗談も言い、
率先垂範の姿勢を見せているといううわさだ。

『モンスター(仮)』関係者は
「俳優カン・ジファンは自分の力量を十分に発揮できる俳優だと思う。
持っているものが多いが絶えず努力する誠実さが彼を引き続き発展させている。
いつももっと良い場面、さらに良い演技をするために悩んでまた悩む
俳優カン・ジファンが『モンスター(仮)』を通じてお見せする
さらに興味深い活躍と印象的な熱演を期待してほしい」と伝えた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-17

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
現場を静めさせた凄絶な嗚咽予告



©MBC

『モンスター(仮)』カン・ジファンが悲しくて悲惨な嗚咽を予告した。

MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』でカン・ジファンは
幼いころ叔父ビョン・イルジェ(チョン・ボソク)のせいで
両親をなくして彼にすべてを奪われた後、
死の危機を何とか免れて復讐を誓いながら生きていく
カン・ギタン役で熱演を繰り広げている。

劇中のコミック、メロー、アクションなど様々なジャンルの演技を
完璧に渉猟する熱演で劇の中心で面白さと緊張感を
すべて取る底力を見せてくれている俳優カン・ジファンが、
今度はせつない涙の演技で視聴者たちの心を濡らす予定だ。

これと関連し、17日『モンスター(仮)』制作陣は熱い灰の中で
号泣しているカン・ギタン(カン・ジファン)の姿を公開し、
関心を集中させている。
写真の中、ギタンはびっくりしながら走ってきて
火の中で焦げしている何かを引き出して、ぎゅっと抱きしめ、
好奇心を誘発している。

自分の服が汚れたかどうかすら自覚できないほど、
狂った人のように素手で熱い炎の中の灰を触りながら
号泣しているギタンの姿は見る人までも胸を痺れさせ、
悲しみを呼んている。

これまでビョン・イルジェに向けた復讐心だけで冷徹に
前だけを見て自分の復讐計画を順調に進めていたギタンに
いったいどんなことが起こったのか、
彼がこんなに悲しむしかない理由が何か
彼の事情の成り行きが注目されている。

『モンスター(仮)』関係者は
「公開された場面はカン・ギタンの復讐心を再び刺激し、
彼が凄絶な復讐と破滅の終わりにむかって恐ろしく疾走させる
重要なターニングポイントになる場面だ」とし
「感情的にも肉体的にも集中しにくい場面だったにもかかわらず、
カン・ジファンは、負傷闘魂まで発揮し、全力を尽くして
演技を完璧に消化した。 俳優カン・ジファンの体を惜しまない熱演で
誕生した名場面を『モンスター(仮)』16話を通じて確認してほしい」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-16

ジファンさんに関する最新情報をお伝えします。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

いろんなマスコミからジファンさんの怪我の記事がアップされました。
記事をご覧になり、大変驚き、心配していらっしゃると思います。

ファンクラブスタッフが直接、韓国のマネージャーに確認したところ
ジファンさんは右手に火傷をしましたが、
最初の対処が良くて傷もほとんど残らないそうです。

今はだいぶ良くなり、撮影のスケジュールの変更も無く
また頑張って撮影をしているようですので
皆さん、ご安心ください。

良い作品をお見せするため、怪我にも負けず頑張っている
ジファンさんに引き続き、暖かい応援よろしくお願いします。

  • 2016-05-11

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
復讐からロマンスまで自由自在オーラ


カン・ジファンが確かな演技力でMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』を率いている。

9、10日に放送された『モンスター(仮)』では、
カン・ギタン(カン・ジファン)がド・グァンウ(チン・テヒョン)の
不正を明らかにするために苦労している姿が描かれた。

ギタンはパク議員の携帯電話の中にティナインが発がん性物質だという
証拠が含まれているという事実を知ってドドグループを掌握しようとする
ビョン・イルジェ(チョン・ボソク)の下心まで気づく。
以降のヤン・ドンイの逮捕作戦で決定的な役割をやり遂げたギタンは
拉致されたビョン・イルジェを解放しパク議員の携帯電話まで手に入れる。

カン・ジファンは、劇中ビョン・イルジェから過去自分の命を脅かされた記憶を
思い浮かべ、瞬間的に理性を失ったまま酒に酔って眠っているビョン・イルジェの
首をしめようとし、家族と和気あいあいする姿を目撃して叔母の死を思い出し、
復讐心に燃える怒りが満ちた目つきと表情で複合的なキャラクターの内面を描き出した。



また、カン・ジファンは、ヤン・ドンイの味方のふりをして
ウェイターに潜入して自然なスパイとして活躍を広げただけでなく、
続いてビョン・イルジェへの復讐を誓う意味を持った意味深長な厳しい姿から
スヨン(ソン・ユリ)に向けたひそやかな好感を表わして
妙な気流を形成する多様な姿を自由自在に表現した。

このように、カン・ジファンは、緻密に、復讐のベースをがっちり固め
理由ある復讐劇を繰り広げていった。

『モンスター(仮)』は毎週月、火曜日の午後10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-05-10

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、チョン・ボソク
和気あいあいとした撮影現場キャッチ


俳優カン・ジファンの和気あいあいとした『モンスター(仮)』の
撮影現場の姿が収められたビハインドカットが公開された。

5月10日に公開された写真には、MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』で
カン・ギタン役で熱演を広げているカン・ジファンが撮影待機中に
携帯電話を手に持ってチョン・ボソクと一緒にドラマをリアルタイムで
視聴しながら真面目にモニタリングしている姿が収められている。

特に劇中対立関係に置かれて毎回一触即発の状況を誘発する
チョン・ボソク、シン・スンファンとの和気あいあいとした姿が収められており、
温かい撮影現場の雰囲気を垣間見ることができるだけでなく、
演技者とスタッフ間の完璧な呼吸を誇って見守る人々にまで
温かさをプレゼントしているという裏話だ。


©SIM Entertainment

カン・ジファンは『モンスター(仮)』で両親の死後
すさまじく底辺の人生を生きてきたが、視力と整形手術を受けた後に
新たに生まれ変わり、両親と自分を死に追いやって財産まで奪った
ビョン・イルジェ(チョン・ボソク)に向けた徹底した復讐の準備中だ。

また、全体的な劇の雰囲気を作り出していき圧倒的な存在感を発散している
カン・ジファンは、各シーンごとにお茶の間に強烈なインパクトをプレゼントしており、
キャラクターの理由がある復讐の共感まで引き出し好評を博している。

このように、カン・ジファンは、撮影の合間にモニタリングもして、
完成度の高いシーンを作るために努力を重ねており、
撮影現場の雰囲気まで主導していくムードメーカーの役割を正確にやり遂げた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-27

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
ワイヤーからアクション演技まで「やはり信じて見るカン」


 
俳優カン・ジファンがワイヤーからアクション演技まで大活躍を繰り広げた。

去る26日放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』10話で
カン・ギタン(カン・ジファン)がド・グァンウ(ジン・テヒョン)の
秘密資金の内訳を見つけるために苦労する姿が描かれた。

  ギタンはスヨン(ソン・ユリ)がシンヨン(チョ・ボア)に解雇されると、
ひざまずいてお詫びをするスヨンの姿から
過去ジョンウンのお父さんの姿を思い出してシンヨンを説得して
解雇を保留させる。以来、ド・グァンウの裏金の資料を確保するため、
これを管理しているヤン・ドンイのオフィスに潜入したギタンは
組織員たちに追われて衝突を繰り広げた際にナイフで刺されてしまう。

  カン・ジファンは、劇中のド・グァンウとドド化学、マソンケミカルの間の
秘密のコネクションがあるという事実に気づいて鋭く不正を暴いていく姿に
緊張を吹き込んだ。

  特にカリスマあふれる目つきと強烈なフォースを見せ
迫力感あふれるアクションシーンを上手にこなしたカン・ジファンは、
自身の演技力を存分に表わした。

『モンスター(仮)』は毎週月、火曜日の午後10時に放送される。

 
>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-25

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン
チョ・ボアにハグ…新ラブライン?


『モンスター(仮)』カン・ジファンとチョ・ボアのハグシーンがキャッチされた。

25日夜10時放送されるMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』の9話では、
カン・ギタン(カン・ジファン)とド・シンヨン(チョ・ボア)の
どたばた生活記が描かれる。

前回のカン・ギタンとド・シンヨンは最初の出会いから尋常ではなかった。
ギタンはシンヨンから幼い頃の自分の姿を思い出したり、彼女のわがままを聞いてあげなかった。
シンヨンは自分に頭を下げず堂々とするギタンが気に入らなくて、
首にするという脅迫も、頬を殴ろうとする脅威も通じないギタンに不快感を表わした。



これに最初の出会いからどたばたし、興味深い関係を予告した
カン・ギタンとド・シンヨンの密着した姿が公開され、注目を集めている。
公開された写真の中で体を密着させているカン・ギタンとド・シンヨンの姿が反転展開を予告する。
ギタンはシンヨンの腰を抱いて、自分のほうに引いている。
シンヨンはギタンの突然の行動に驚いた目で彼を見ている。

そのあと、誰かに見られたようにギタンは淡々とした表情で、
シンヨンは慌てたような顔をして同じところを見て、さらに好奇心を刺激する。
果たして彼らはどのような空間でどのような状況に置かれるのか成り行きが注目される。

『モンスター(仮)』の制作陣は、
「上下関係だけどギタンをどうにも出来ないシンヨンのストーリーが
愉快に描かれてドラマに活力を加える予定である。
ドドグループに入社し、復讐に一歩近寄ったカン・ギタンが
ド氏一族の人々と新しい縁を結びと風変りな楽しさを増している
『モンスター(仮)』9話に多くの関心お願いする」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-21

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、パク・ギウン
ビハインドカット公開「暖かい親友魅力」






『モンスター(仮)』カン・ジファンとパク・ギウンの
ビハインドカットが公開された。

新しい感覚の復讐劇MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』で
カン・ジファンとパク・ギウンは各自復讐を夢見る
カン・ギタン役と自分を捨てたお父さんに認めてもらおうとする
ド・ゴヌ役でライバル関係を作り劇の緊張感をリードしている。

劇の中、初の出会いから神経戦を見せたカン・ジファンとパク・ギウンは
ドドグループの入社のため、時には激しく時にはコミカルに競争しながら
ブロマンスの見本を見せて女性視聴者たちの関心を集めた。
これに『モンスター(仮)』側はドラマの中の姿とは180度違う二人の
暖かいビハインドカットを公開して注目を集めている。

公開された写真には親しいケミを誇っている
カン・ジファンとパク・ギウンの姿が撮られている。
二人は撮影の間に楽しく話しながらカメラに向けて、
笑顔いっぱいのVをしたり、待機中に一緒に写真も撮りながら
劇でもライバル関係で冷たい雰囲気を作る間だとは思えないほど
優しい姿を見せて親密さを見せている。

また別の写真ではカン・ジファンとパク・ギウンが
一緒に台本を見ながら呼吸を合わせてみたり
お互いに集中して、真剣な話をするなど作品に対する情熱まで
共有する姿を見せ『モンスター(仮)』に対する期待感を高めた。

『モンスター(仮)』の関係者は
「二人はカメラの前ではお互いを鋭い目で見つめて神経戦を広げても
カメラの外では誰よりもお互いを配慮する優しさで暖かい現場を作っている。
演技に対する情熱まで似ているカン・ジファンとパク・ギウンの気配りで
完璧な呼吸が劇の完成度をもっと高める予定だ。
これからもっと強烈になるカン・ギタンとド・ゴヌの対立を『モンスター(仮)』を
通じて見守ってほしい」と伝えた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-20

ゴールデンウィーク休業のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ゴールデンウィークに際しまして、下記の通りファンクラブ事務局の
業務を休業させていただきます。

◆休業期間
2016年4月29日(金)〜2016年5月8日(日)


◆ファンクラブご入会について
休業期間も受付いたします。本サイトの会員登録ページからお手続ください。
但し、入会された会員様への会員証及び会員特典の送付については
5月9日(月)以降、順次ご対応させていただきます。

◆お問い合わせについて
2016年4月29日(金)〜2016年5月8日(日)の期間中に
いただいたお問い合わせにつきましては、5月9日(月)以降、 順次
ご対応させていただきます。
多数お問い合わせをいただいた場合、ご返答にお時間を要する場合が
ございますので、ご了承くださいませ。

61〜80/467件  ←←先頭へ  ←前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ→  最後へ→→