INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2013-07-26

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』不可能を可能に変える
情熱的な努力


『素足の友達』国際ダイビング大会での成績はどうなるのだろう。

7月21日放送されたSBSSBS『日曜日が良い-素足の友達』では
国際ダイビング大会に参加する『素足の友達』メンバーたちの姿が描かれた。

『素足の友達』の家族は大会が始まる前から
とても緊張していた。公演出演のため香港に行ったユイは
場所に関係なくお手洗いまでダイビング姿勢の練習をしたし
ウニョクは本業である歌手としての活動より
国際ダイビング大会にさらに気を遣って心配していた。

大会の当日、ユン・シユンは一番早く会場に到着した。
ユン・シユンは、競争相手である国際ダイバーたちが
どれほどの実力を持っているか自分の目で確認して挫折してしまった。
アイドルグループとのダイビング試合とは実力の差がはるかに違う
優秀な選手たちがいたのだ。
落胆したユン・シユンは「やりたくない。でも負けたくない」と
正直な心境を表わした。

ウニョクも同じく緊張した。『素足の友達』メンバーたちの家族の間で
ダイビングのエースと呼ばれたウニョクは、多くの人々の期待に
答えられるかで負担が大きかった。
会場に到着して準備する姿が普段のウニョクなら簡単に成功していたところを
失敗をしてコーチはもちろん『素足の友達』の家族まで心配させた。

引き続き、ダイビング大会開始の1時間前にメンバーたちが集合した。
ユン・シユンとウニョクが非常に緊張している反面
ユイとキム・ヒョンジュンは、安静してる姿を見せた。
特にキム・ヒョンジュンは、最高のコンディションと強い集中力で
模範ダイビングを完璧な入手姿勢を見せてダークホースとして期待を集めた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-25

シユン君の写真をご紹介します!

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-07-24

となりの美男<イケメン>DVD発売記念イベント開催時間・抽選会内容・パネル展のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

カルチュア・パブリッシャーズからのお知らせです。
※本イベントは公式ファンクラブの主催ではございません。
お問い合わせはタワーレコード渋谷店(TEL:03-3496-3661)までお願いします。


となりの美男<イケメン>DVD発売記念イベントの
開催時間・抽選会内容・パネル展についてお知らせいたします。


【イベント開催日時】
1回目:2013年9月1日(日)集合時間15:00 開演15:30
2回目:2013年9月1日(日)集合時間17:30 開演18:00


【イベント参加方法】
■ご予約者優先で渋谷店にて8月28日(水)発売(8/27入荷)の
「となりの美男<イケメン> DVD-BOXU」をお買い上げの方に先着で
入場予備券を配布致します。
■対象商品1点お買い上げで、1枚の入場予備券を差し上げます。
2点以上ご予約(ご購入)の場合も、点数に関わらず入場予備券は
お一人様2枚までとさせていただきます。
■対象商品をご購入の上、以下事項を確認し入場予備券から
整理番号付きイベント参加券に交換してください。

◎イベント当日9月1日(日)朝10:00より
タワーレコード渋谷1階の昇りエレベーター脇特設カウンターにて
入場予備券を整理番号付きイベント券に交換致します。
◎整理番号付きイベント参加券は1回目15:30〜、2回目18:00〜
それぞれ異なる参加券となります。
◎交換する際に、ご希望の回(1回目15:30〜、2回目18:00〜)をお選びください。
◎各回の整理番号付きイベント参加券には、限りがございますので
どちらかの回が無くなった場合は、お選び頂けなくなる可能性もございます。
予めご了承ください。
◎整理番号付きイベント参加券の整理番号は【ランダム】での発行となります。
先着順ではございませんので予めご了承ください。

■入場予備券及び整理番号付イベント券を紛失・盗難・破損された場合
再発行はいたしませんのでご注意ください。
■対象商品のご予約受付はお電話(03-3496-3661)もしくは
タワーレコードホームページの店舗予約サービスでも承っております。


【抽選会内容】
1.イベント参加者限定で、ユン・シユンご本人の直筆サイン入りクリアファイルを
各回15名様(計30名様)に当たる抽選会を行います。
2.イベント参加者限定で、となりの美男<イケメン>
パネル展の展示パネル(展示中パネルの複製品)を各回5名様(計10名様)に
当たる抽選会を行います。

※となりの美男<イケメン>DVD-BOXUの発売を記念して
タワーレコード渋谷店4階でとなりの美男<イケメン>パネル展示を開催致します。
※抽選会の商品は、予告なく変更になる場合がございます。

【パネル展】
◎期 間:8月27日(火)〜9月2日(月)
◎場 所:タワーレコード渋谷4F K-P0P売り場壁面

※ご予約・お問い合わせ先:タワーレコード渋谷店 TEL:03-3496-3661

  • 2013-07-23

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユンの母
カン・ホドンのファン立証「ホドン王子様、ファイティング!」


ユン・シユンのお母さんがカン・ホドンの
ファンであることを立証した。

21日放送されたSBS『日曜日が良い-素足の友達』では
ダイビングの国際大会の準備のために最終的な練習に励む
メンバーたちの姿が電波に乗った。

この日のメンバーたちは、国内の選手だけでなく
海外の実力派選手たちまで総出動する
ダイビング国際大会に出場を控えて練習に拍車を加えた。

ユン・シユンのおばあさんとお母さんが
メンバーたちの応援のために差し入れで
モチと飲み物を持って登場した。

ユン・シユンは「今日優勝すればおばあさんと
10メートルを走る」と笑いながら話しておばあさんとの
親しい姿を見せ、目を引いた。

特に「お母さん、化粧がちょっと濃いのでは?」と
冗談を言うカン・ホドンを見て笑顔で「ユン・シユン、ファイティング!
ホドン王子様、ファイティング!」と叫んで
息子のユン・シユンよりカン・ホドンに興味ある姿を見せて
笑わせた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-22

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
練習の虫、ユン・シユン
7.5メートルのダイビングに挑戦「成功」


練習の虫と呼ばれるユン・シユンが
7.5メートルのダイビング挑戦に成功した。

21日放送されたSBS『日曜日がいい-素足の友達』では
ダイビング国際マスターズ大会の準備のために最終的な練習に臨む
メンバーの姿が電波に乗った。

この日、メンバーたちは大会のために練習に集中し
特に練習の虫と呼ばれるユン・シユンは、7.5メートルの
ダイビングに挑戦して注目を集めた。

これに対して、ダイビングに初めて挑戦した当時には
水に入ることさえ怖くて出来なかったユン・シユンが
この日の練習では、完璧な姿勢で7.5メートルの
ダイビング挑戦に成功した。

そして、この日のユン・シユンの上達した姿に
ダイビングのコーチも少し姿勢が傾いたけど、勇気ある挑戦に対して
「本当に上手くなった。満点をあげたい」と賞賛が絶えなかった。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-19

Mnet『2013 ユン・シユン 2nd Fan Meeting in TOKYO “KOKORO”』放送のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

Mnet『2013 ユン・シユン 2nd Fan Meeting in TOKYO “KOKORO”』の
放送についてお知らせです。

韓国100%エンターテインメントチャンネルMnetで
7月20日(土)午後9時より
2013年5月6日(月・祝)ゆうぽうとホールにて開催された
日本で2度めとなるファンミーティング
『2013 ユン・シユン 2nd Fan Meeting in TOKYO “KOKORO”』の
日本初放送が決定しましたのでお知らせいたします。

皆さんぜひチェックしてみてください♪

『2013 ユン・シユン 2nd Fan Meeting in TOKYO “KOKORO”』
日本初放送

Mnet Japan制作 /60分/字幕放送 /HD
初回放送:7月20日(土)午後9:00〜10:00
再放送:7月22日(月)午前8:00〜9:00 7月25日(木)午後3:00〜4:00

>>詳しくはこちら

  • 2013-07-18

シユン君の写真をご紹介します!

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-07-17

シユン君の次期作についてアンケート〜結果の発表です。

皆さん、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。

6月12日(水)に実施したシユン君の
「シユン君の次期作についてアンケート」
結果は以下のとおりでした!

1位:恋愛(103票)
2位:コメディ(94票)
3位:時代劇 (85票)
4位:アクション(82票)
5位:SF(34票)
6位:不倫(31票)
7位:ホラー(27票)

※総参加数 119人
(このアンケートは、本日で終了致します。)

途中発表と同じく恋愛が約9割を占めました!

本当に沢山の方々にアンケートに参加していただき
ありがとうございます。

今後も、シユン君に関する様々なアンケートを
行いたいと思いますので、皆さん、お楽しみに!

  • 2013-07-16

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユン、ダイビングミッション
完ぺきに成功「共同1位」


ユン・シユンが短所克服プロジェクトで完璧に成功した。

14日放送されたSBS『日曜日がいい-素足の友達』では
メンバーたちとアイドルチーム間のダイビング対決
その二番目の話が電波に乗った。

ダイビングが短所克服プロジェクト最初の種目に採択され
ユン・シユンは高所恐怖症で水に入ることさえ怖くて出来なかったが
諦めず続けた練習の成果で向上した実力を見せることが出来た。

この日繰り広げられたダイビングミッションでもユン・シユンは
体を半分にたたんで頭から入手するB型ジャンプを完璧に見せ
これまでのユン・シユンの孤軍奮闘する姿を見てきた
『素足の友達』のメンバーたちは熱い拍手を送った。

特にキム・ヒョンジュンとユイは、ユン・シユンのダイビングで
涙を流し、ユン・ジョンシンは「シユン、君は私の夢をかなえた」と
喜びをそのまま表わした。

審判も「とても沢山の練習したためかダイビング台の上に立った時
余裕もあり、準備姿勢も良かった」としてユン・シユンに総点27.5点を
与え、ユン・シユンは最高点数を受けたアイドルチームのゴ・ウリと
同点を受けて驚きをかもし出した。

ユン・シユンは所感を聞く質問に声がつまってしばらく何も話せなく
「教えてもついて行けなくてコーチにも申し訳なかったが
本当に感謝してる」と言い嬉しい感情を表わして目を引いた。

一方、このようなユン・シユンの姿に刺激されたユン・ジョンシンは
「シユンを見習わなくちゃ」と言いながらダイビング台の上に上がり
3メートルのダイビングに成功して目を引いた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-12

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ダイビング
ユン・シユン母、アフタースクールも応援


SBS『日曜日がいい-素足の友達』メンバーの知人である
ガールグループのアフタースクール、ユン・シユン、ウニョクの
家族が国際ダイビング大会に出場したメンバーを応援した。

11日午前9時30分から慶尚北道(キョンサンブクト)
金泉(キムチョン)で2013金泉市(キムチョンシ)会長杯の
ダイビング国際マスターズ大会が開かれ
この日、『素足の友達』メンバーの知人たちも参加して目を引いた。

<中略>

この日現場には、ユン・シユンのお母さんも直接競技を観戦し
息子のダイビング挑戦を応援した。

ユン・シユンのお母さんは「『素足の友達』放送を見て
ウニョクとキム・ヒョンジュンが一番ダイビングが上手だと思ったが
2人も実際の大会では緊張をしていた」
「(ユン)シユンもまだ上手くは出来ないから心配になる」と話した。

一方、午前9時から行われた大会は1メートルおよび3メートルの
スプリングボードダイビングとプラットフォームダイビング種目で
20〜30代参加者、40〜50代参加者部門に分かれて行われた。

また、国内所属選手だけではなく
アメリカのスタンフォードダイビングクラブと
日本、中国などのダイビングクラブ選手たちも参加した。

『素足の友達』メンバーはそれぞれ3メートルのスプリングボードダイビングと
3メートルのプラットフォームダイビング種目に出場した。
競技を見守っていた多くの観客は、メンバーのダイビング挑戦に
多くの歓呼と激励の拍手を送った。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-11

ユン・シユン来日記者会見のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

2013年9月1日(日)に開催される記者会見ご招待のお知らせです。

2013年9月1日(日)に開催される
「となりの美男<イケメン>」DVD発売記念
ユン・シユン来日記者会見(観覧のみ)に
ファンクラブ会員の方、15名様を特別にご招待いたします。

参加希望の方は、下記の応募要項をよくお読みになった上で
お申込をお願いいたします。

○応募要項○
<開催日・開催場所>
開催日:2013年9月1日(日)
開催場所:都内某所
※本イベントは一般非公開で開催されます。詳細は当選者のみお知らせします。

<応募方法>
ファンクラブサイトお問い合わせ先<infosiyoon@c-media.co.jp>へ
以下の内容をご記入の上、メールをお送りください。
※応募はファンクラブ会員様(ご本人)お1人のみ、応募回数は1回とします。

件名:来日記者会見

本文:@会員番号
   A応募者のお名前(フルネーム)

【例】
件名:来日記者会見
本文:@00001
   A鈴木タロウ

<応募期間>
〜2013年8月11日(日)23:59まで

<結果発表>
抽選の上、当選者のみにメールを返信させていただき
結果発表に変えさせていただきます。
ファンクラブサイトでの発表は行いません。ご了承ください。

<ご注意>
※会場までの交通費はご負担ください。
※出演者の都合などにより内容変更やイベントが中止にある可能性がございます。その際はご了承ください。
※イベントの詳細は当選のメールにてご連絡させていただきます。

  • 2013-07-10

『となりの美男<イケメン>』試写会の写真をご紹介します。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-07-10

会員証と会員特典のお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-07-10

となりの美男<イケメン>DVD発売記念イベントのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

カルチュア・パブリッシャーズからのお知らせです。
※本イベントは公式ファンクラブの主催ではございません。
 お問い合わせはタワーレコード渋谷店(TEL:03-3496-3661)までお願いします。


となりの美男<イケメン>DVD発売記念イベント決定しましたので
皆さまにお知らせいたします。

【イベント内容】

★ユン・シユンがタワーレコード渋谷にやってくる!!!
内  容:握手会、ミニトーク、抽選会
開催日時:2013年9月1日(日) 開催時間未定(詳細は後日発表致します)
場  所:タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
出  演:ユン・シユン
※イベント内容は予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

【参加方法】

■ご予約開始日時:7月10日(水)午前10時〜 
(ご予約いただきますと、お買い上げいただく商品をあらかじめ確保させていただきます。)
■入場予備券の配布:渋谷店にて
 「となりの美男<イケメン> DVD-BOXU(8月28日(水)発売(8/27入荷)の)」を
 お買い上げの方に先着で入場予備券を配布致します。(ご予約者優先)
■枚数制限:お一人様2枚までとさせていただきます。
■抽選会の商品:直筆サイン入グッズとユン・シユン写真パネル
 (※抽選会の商品は予告なく変更になる場合がございます。)
■イベント当日2013年9月1日10:00よりタワーレコード渋谷店1F
 エレベーター脇特設カウンターにて
 入場予備券を整理番号付きイベント券と交換いたします。
 尚、整理番号は【ランダム】での発行となります。
 先着順ではございませんので予めご了承ください。
■対象商品のご予約受付はお電話(03-3496-3661)もしくは
 タワーレコードホームページの店舗予約サービスでも承っております。
■入場予備券の配布は定員に達し次第終了いたします。
 イベント終了後にご予約(ご購入)いただいても入場予備券はお付けできませんのでご注意ください。
■入場予備券及び整理番号付イベント券を紛失・盗難・破損された場合
 再発行はいたしませんのでご注意ください。

【対象商品】

タイトル:となりの美男<イケメン>DVD-BOXU
品 番:ASBP-5564
発 売 日:2013年8月28日
価 格:15,960円(税込)(本編4枚(各巻2話収録)+特典ディスク1枚の5枚組)
封入特典:ブックレット16P
特典映像:全120分 メイキング映像、パク・シネ&ユン・シユンインタビュー(予定)

※発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
※セル販売元:アミューズソフト

【注意事項】

■観覧フリーではございません。
■イベント観覧には整理番号付イベント券が必要となります。
■小学生以上のお客様から整理番号付イベント券が必要となります。
■対象商品の不良品以外での返品・返金はお断りいたします。
■イベント中はいかなる機材においても録音/録画/撮影は禁止となっております。
■会場周辺での徹夜等の行為は固くお断りしております。
■会場内への飲食物の持ち込みは禁止となっております。
■会場内・外で発生した事故・盗難等は主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。
 また貴重品は各自で管理していただきますようお願いいたします。
■会場内のコインロッカー(1回300円)には数に限りがございます。
■イベント当日は係員の指示に必ず従ってください。係員の指示に従っていただけない場合
 イベントへのご参加をお断りすることがございます。
■都合によりイベントの内容変更や中止がある場合がございます。予めご了承ください。
■イベント終了後のご返金及び予約仕様の変更・枚数変更は一切できません。ご了承ください。

※ご予約・お問い合わせ先:タワーレコード渋谷店 TEL:03-3496-3661

  • 2013-07-09

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユン
ダイビング対決で飛翔『注目』


ユン・シユンが決然とした目が光った。

7日放送されたSBS『日曜日がいい-素足の友達』で
メンバーらとアイドル チームの
ダイビング対決が繰り広げられた。

この日2PM、ジョグォン、イ・ジュン、シスター
インフィニットなどで構成されたアイドル チームと
初対決を繰り広げることになった『素足の友達』メンバーたちは
アイドルチームの運動実力が予想よりもはるかに優れてることに
当惑を隠せなかった。

その中でユン・シユンは、自分が『素足の友達』のメンバーの中で
初挑戦者に選ばれ「見ているだけでも緊張する」と言い
緊張している姿を見せた。

苦笑いをしていたユン・シユンは
「私は演技者ではないか。ここが平地だと思って飛ぶ」と言い
その不安がっている姿を表わして
笑いをかもし出した。

その彼だが、ダイビングする前に
体を水に濡らして出てきたユン・シユンは
いつのまにか決然とした目で「アイドルでも国家代表選手でも
誰が出ても関係ない。結局は、自分との戦いであるから。
正面で自分の恐れと対決する」と言い、悲壮な覚悟を表わして目を引いた。

特に、この日放送では力強く跳ね上がるユン・シユンの姿が
電波に乗ったが、ユン・シユンの記録はまだ見せていないため
来週の放送に対する関心を集めた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-08

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユン ツイストダイビング練習途中『体でギャグ』

ユン・シユンが意図なく滑稽な身振りを見せた。

7日放送されたSBS『日曜日がいい-素足の友達』では
「素足の友達」のメンバーらとアイドルチーム間の
ダイビング対決が繰り広げられた。

この日「素足の友達」メンバーは、ツイストベルトをして
回転技術を使ってダイビングするミッションに
初めて挑戦することになった。

ユン・シユンもツイストダイビングに初めて挑戦して
頭から逆さまに落ちるような格好で入水してしまい
残念でガッカリした気持ちを隠せなかった。

これに対しコーチは「どのようにダイビングをしようとしても
足をつかまなければならない」と助言し
ユン・シユンは練習王らしく「もう一度してみる」と
意志を表わして再びダイビング台の上に立った。

しかし、ユン・シユンは上手くやりたいという心とは違って
ダイビング台の上で飛び降りようとする瞬間、均衡を失い
「オオ...」と言いながら滑稽なポーズで水に落ちてしまった。

これに対してメンバーは、体ギャグを見せたユン・シユンの姿に
「芸能に相応しい」として笑い、ユン・シユンは
「なぜ出来ないだろう!」と水の中で叫び、笑いを加えた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-08

移管に関して(ログインが出来ない方)へお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

旧ファンクラブから移管お手続きをされた会員様へ
お知らせいたします。

旧ファンクラブからの移管手続きは
新しいサイトにログイン後、会員情報のご入力をもって
移管手続き完了となります。

会員情報の入力がお済みでない方は
ご登録を取消とさせていただきました。

現在ログインが出来ない方で
旧ファンクラブから移管をご希望の方は
【7月11日まで】に下記へお問い合わせくださいますようお願い致します。

※現在ログイン可能(=移管手続き完了)の会員様はお手続き不要となります。

○問い合わせ先
infosiyoon@c-media.co.jp

【件名】移管手続き希望
【内容】お名前
    会員番号

宜しくお願いいたします。

  • 2013-07-05

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
もっと自分を大事にしてもいいですよ。

※この文章はメディアでみられる彼の姿と
彼のインタビューを基に書かれています。
答えがない。こんなにも見られるんだ、くらいで読むのが望ましい。

SBS日曜芸能『素足の友達』10話。
出演者たちがダイビングに挑戦していた。
スーパージュニアのウニョクとキム・ヒョンジュン、キム・ボムスは
優れた運動神経と若い覇気に挑戦初日、5Mから飛び込むのに成功した。
しかし、その日放送を全部見てから思い出すのは
完璧な姿勢で飛び込んだ彼らではなかった。
ユン・シユンだった。
一番低い1Mの飛び込み台の上で凍っていた彼、
同い年の友達の勇気あるダイビングを見ながら
他のメンバーのように笑っていなかった彼の表情が心に残った。

私はその翌週にも『素足の友達』を見た。
ユン・シユンを見ようと思って見た。
ゆっくり行っても引きはしないと言ったが、果してそうできるかなぁと思って。
水泳もできず、高所恐怖症も激しい彼にダイビングは彼の言葉通り、
短所たちの勢揃いではないか。どうしようとするのか、どのようにしているか見たかった。

初の個人練習に言った彼は
幼稚園レベルの水泳講習-先生の手を握ってぶかぶか浮いている-をして、
その日3Mダイビングに成功した。
続く団体練習シーンでは依然として同い年の友達より遅れていたが、
2回目の個人練習では5Mダイビングに成功して、狂ったように喜んだ。
一日でも欠けるとまた怖くなると思って毎日の練習と、運動神経がそんなによくないから
それだけにもっと一生懸命するとインタビューで答えた。
あ、この男性普通じゃないんだって思った。

最近こんな人はあまりいない。
自分を出来るだけたくさん愛することが人気者の必須徳目で、
よく出来る1つだけ攻略することが成功の秘訣とされる最近の言葉だ。

「これちょっとできないからって落ち込むことはないよ。僕は十分素敵で、輝いてるから。」
「やあ、大変ならば努力しないでよ。その時間に君が上手なことをやって」

いい。とてもいい。
だが、自己愛を心身に装着する根底には自分自身を客観的に見つめる冷静さが
必ず敷かれていなければならない。
「私」を見ない、盲人のナルシシズムは悲劇だ。
その場でさらに進もうとしない。「できない」ではなく、「しない」から悲劇である。

そしてこの冷静さを身につけるのは私の経験上本だけではダメだ。
経験した後にアイアンマンスーツのようにぴしゃりとつく。
背が伸びて、年をとるからもっと広い世の中、もっと早い世の中に投げられて、
やっと体得するものである。
私よりずっと恵まれた人、もっと魅力的な人、
もっと致命的な人に負けて勝つことを繰り返しながらだ。
ところであのイケメン演技者がそれをすべて経験したように見えるのだ。
傷つけあって自慢していろいろ迷う青春に似合うようなすっきりとした笑顔と、
自らを絶えずチェックする冷静な眼差しを同時に持った。
何か。六十を軽く超えた私も完全に持っていない冷静さなのに。

極端に選ぶなら私は自分自身を愛する人の側だ。
自分で自分を大切にしている人だけが他の人も大事にできると信じている。
私が幸せでないならば、私が愛する人が百望むものを千で返したとしても、
その人も幸せになることはできないのである。
愛は与えるものではなく、一緒にするものだから。
それで(個人的に彼を知らないまま媒体で見せる姿だけ持って)私の観点から見ると、
彼の(自分自身にだけ発動させるような)慎重さと冷静さが100%正しいとは言えない。
私の友達ならもう少し自分に寛大になるように助ける方法はないかと悩みもあっただろう。

それにもかかわらず彼が私の心を捕らえて文章の主人公になった理由は堂々と純粋だからだ。
自らに焼を入れることに慣れた人たちは「むち」後に「あめ」の手順をスキップする場合が多いが、
彼はそうではなかった。
5Mダイビングを成功した後に彼は本当に狂ったように(制作陣の字幕は神の一手だった、
これよりよく似合う修飾語がないだろう)喜んだ。
大きく笑ってまた笑いながら人たちを意識しないで成功を祝って、
努力した自分を称賛した。素敵だった。(ドキドキするほど)
目標の高低を気にせずに完全に自分だけのための爆竹をぶちまけたのは、「勇気」だ。

この文を書こうと彼の過去のインタビューをモニタリングし、
最も最近の作品である『となりの美男<イケメン>』も視聴した。
『製パン王キム・タック』のキム・タックと『となりの美男<イケメン>』のケクムは
成長するキャラクターという共通点がある。彼はそんな役割が本当によく似合う。
もしかしたら、そ自らがいつも「成長」を熱望して、実際に「成長」しているからだろうか。

いつかきっと彼が10Mダイビングもとてもすてきに成功すると信じて疑わない。
演技も芸能も、私は彼の過程と成功を視聴者として心配なく見守るだけだ。
でも、一方で彼がもう少し自分に柔らかくて負けたらどうかという考えもして見る。
焼入れして完成していく未来の彼も期待されるが、
現在の彼も十分に素敵だから。-と書いてきれいだからと読む。
不思議なことに彼に対する資料を見たらきれいだという言葉がぴったりとはまる。
ヒョリさんがこんな気持ちだったようだ。- by??(ヤジュ)

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-04

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足』ユン・シユン
INFINITEのエル怖がらないすれすれのダイビング、ユイ熱血応援


ユン・シユンとINFINITEのエルが素敵にダイビングする瞬間を捉えた。



6月24日、水原(スウォン)のある室内水泳場で
SBS『日曜日がいい1部-素足の友達』とアイドルの
ダイビング大会が繰り広げられた。

両チーム間の激しい接戦が続いた中
ユン・シユンが何の迷いもなくダイビングを披露し
これに負けずINFINITEのエルも準備運動の後
力強い助走で飛び込み台を蹴って出た。

二人のダイナミックな姿に『素足の友達』チームと
アイドルチームは激烈な歓声で彼らを応援したという。

ダイビングの対決に先立ってMCカン・ホドンは
「忙しいスケジュールの中、アイドルの皆さんが遅い時間まで
収録に参加してくれてとてもありがとう。
しかし、試合結果よりはみなさんの安全が最優先だ」
と先輩芸能人として心からのアドバイスを惜しまなかった。
今回の大会は7月7日午後4時55分に放送される。(写真=SBS)

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-03

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。
<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンの再発見、『となりの美男』通じて
演技スペクトル広げる


俳優ユン・シユンはこれまで、落ち着いた役割を任せれてきた。
重いイメージになるところで『となりの美男<イケメン>』に会った。

ユン・シユンはtvNで放送中の『となりの美男』でこれまで見せてきたイメージとは
相反する姿でまた違う魅力を披露した。

『となりの美男』でユン・シユンはイケメンで自由奔放だが
心が温かい男エンリケ・クムの役を演じ、過去の傷を抱えて生きて行く
コ・ドンミ(パク・シネ)を世間に引き出すために、孤軍奮闘する。

この過程でユン・シユンはパク・シネの心を開くようにするため
愉快な姿を見せた。パク・シネを笑わせるため
踊ったり、くだらない冗談をよくした。

ユン・シユンのこのような姿は前作と比較される。
MBC『明日に向かってハイキック』でデビューして人気を得た
彼はずっと真面目な役を務めてきた。
過去に彼が演じたKBS 2TV『製パン王キム・タック』のキム・タック
MBC『私も、花!』のソ・ジェヒはやや暗く重い役割だった。

ところでユン・シユンが『となりの美男』を通じて
さらにこれまで積み上げてきた、重いイメージを変えながら
演技スペクトルを広げたという評価を受けている。

彼は『となりの美男』が放送される前に制作発表会で
「だんだん成長して行くユン・シユンの姿を見せてあげたい」
「今回のドラマを通じて、私の変わった姿をお見せすることができるだろう」
という元気な覚悟とともにイメージ変身を図った。

ユン・シユンのこのような挑戦は肯定的な反応に戻った。
初めて、とぼけたチャラい演技を見せてくれた彼に視聴者たちは好評を送った。

ネティズンは「やはり期待を裏切らない俳優」と
「チャラい演技をすごく可愛くしいてて見ながら本当にたくさん笑った。
まともと軽い姿を行ったり来たりするのがWebToonのケクムよりもっとケクムのようだった。
信じて見る俳優」と彼の演技を評した。

また、『となりの美男』の製作陣もユン・シユンの演技に
「憎く見えるかもしれない役割を<憎くなく>消化して
劇に活力を吹き込んでいる」と口をそろえて絶賛した。

ユン・シユンは
「『製パン王キム・タック』の後、悲しくてメッセージが強いストーリーのシナリオが
たくさん入ってくる」と重いイメージに対する苦情を吐露したことがある。
しかし、こうした悩みはこれ以上しなくてもいいものとみられる。

彼は今回務めたエンリケ・クムの役割がきっかけで重いキャラクターだけでなく
軽くてチャラい演技など広い領域を全て消化することができるということを示したためだ。

ここにユン・シユンはKBS 2TV『ギャグコンサート-生活の発見』にゲストで登場し
お笑い芸人に劣らないギャグ感で演技スペクトルの広がりに入った。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

641〜660/692件  ←←先頭へ  ←前へ  21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35  次へ→  最後へ→→