INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2013-08-14

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
同い年のユン・シユン、キム・ヒョンジュン
ナンパをかけてバッティングゲーム


同い年の友人、
歌手キム・ヒョンジュンと俳優ユン・シユンが
一緒にキャンプへ出発した。

二人は11日に放送されたSBS『日曜日が良い - 素足の友達』で
<マイソング・マイストーリー>プロジェクトに合わせて
自分の話を歌詞にする前に、一緒にキャンプに行った。
キャンプをしながらお互いに率直な話をするためだった。

二人はキャンピングカーに乗って東海に向かうにつれ、
いろいろなテーマで話に花を咲かせた。
二人の男のナンパの話は笑い誘った。

ユン・シユンは、ナンパの経験があるが、出会いのためだけの
ナンパではなかったとして笑いを誘った。
キム・ヒョンジュンは、ユン・シユンにナンパをしてくれと頼んだ。

キム・ヒョンジュンは
「私にナンパをちょっとさせてくれ。刺身でも食べようと言えばいい?
誰かに聞いたけどコンビニで洋酒を買って砂浜に置けばナンパが出来るって。」
と言ってまた皆を笑わせた。

二人はなんだかんだと話ながらサービスエリアで食事をしたり、
ナンパをかけてバッティングゲームをするなど、二人の本格的な思い出作りに乗り出した。

こちらから記事の本文と動画がご覧いただけます。

  • 2013-08-13

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユン、キム・ヒョンジュン
86ラインの魅力に引かれる


俳優ユン・シユンと歌手キム・ヒョンジュンが
魅力的な86のラインで視聴者をひきつけた。

去る11日放送されたSBS『日曜日が良い - 素足の友達』
(以下素足の友達)は、自分だけの物語を描いた曲作りである
<マイソング・マイストーリー>プロジェクト第二話が繰り広げられた。

この日の放送で1986年生まれの同い年の
ユン・シユンとキム・ヒョンジュンは、
キャンピングカーを運転し、東海のマンサン海水浴場に出発した。
先にユン・シユンはエピックハイと、
キム・ヒョンジュンは、ダイナミックデュオとそれぞれチームを組んで
自作曲を作るようになった。
二人は本格的な歌詞の制作のために一緒に旅行に出た。

ナンパをテーマに話に花を咲かせたユン・シユンとキム・ヒョンジュンは、
自分たちのナンパの経験と方法などを打ち明けて爆笑を誘った。
ナンパをしたい同い年の共感が形成されたもの。
しかし、笑いだけではなかった。
ユン・シユンとキム・ヒョンジュンは、
異なる環境で育った自分の話を打ち明けて意味のある時間も持った。

田舎で祖父、祖母と一緒に住んでいたユン・シユンは、
子供の頃の高速バスに乗った記憶を思い出しながら
今回の旅のときめきを告白した。
一方、ソウル育ちのキム・ヒョンジュンは
「高速バスに乗ったことがない」としながら
「釜山も20歳の時、初めて行った」と話してユン・シユンを驚かせた。
加えてキム・ヒョンジュンが高速バスのサービスエリアの知らないことは、
ユン・シユンが説明し徐々に合わせていた。
遊園地に対してのユン・シユンとキム・ヒョンジュンの考えも違っていた。
ユン・シユンは「遊園地に行くのはワクワクする。
遠くて修学旅行じゃないと行くことができなかった」と言うと、
キム・ヒョンジュンは「(遊園地は)いつでも行ける場所である。
楽しくないから今は行かない」と答えた。
結局キム・ヒョンジュンは、「僕たちは本当に正反対だね」と状況を整理した。

サービスエリアに立ち寄ったユン・シユンとキム・ヒョンジュンは、
食べ物に対する好みも違った。
ユン・シユンは、カツ丼を、
キム・ヒョンジュンは、冷蕎麦を選択しておいしく食べた。
このとき、ユン・シユンがトンカツを食べさせてあげようとしたが
キム・ヒョンジュンは驚いて最後まで食べなかった。
ぎこちない状況に対応する方法も異なっていたこと。
しかし、二人は同時に野球ゲームに没頭し、熱血青年の姿も見せてくれた。

ユン・シユンとキム・ヒョンジュンの話はマンサン海水浴場でも続いた。
どのような話を歌詞で表現したいと思うかについて打ち明けて真剣な雰囲気を形成した。
芸能人としての悩みを共感、会話を熱く盛り上げた。
二人は翌日の日の出を見ながら一緒に歌詞を書いていた。
続いて同時に海に入り、旅行を終えた。

ユン・シユンとキム・ヒョンジュンは放送序盤から異色の芸能感を発散し、
視聴者たちから好評を得た。また、同い年でお互いに刺激受けたり、
頼りながら『素足の友達』の中心になった。
これらのシーンは、暖かい雰囲気まで演出した。

ユン・シユンとキム・ヒョンジュンは『素足の友達』に
明らかに良いエネルギーを吹き込んだ。
二人の組み合わせが、またどのような相乗効果を出して
『素足の友達』に影響を与えるか成り行きが注目される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-08-12

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユンが多様な魅力を誇った。

11日放送されたSBS『日曜日が良い-素足の友達』では
自分の話を曲に入れて歌を作る過程が公開された。

この日ユン・シユンは「同い年である友人と共に
旅行をしたい。そこで思い浮かぶ歌詞で曲を作りたい」と話し
同い年のキム・ヒョンジュンと共に東海へ
キャンピングカー旅行に出発した。

ユン・シユンは「サービスエリアで時間の制約なしで
食べ物を食べるのが夢だった」
「遊園地にも行ってみたかった」と話して子供のような面目も見せた。
その後、ユン・シユンとキム・ヒョンジュンはサービスエリアに寄って
食べ物を思う存分に食べて、バッティングをやるなど楽しい時間を過ごした。

同い年の二人は長時間おしゃべりをするなど
現在、芸能人として生きていく率直な心境を打ち明けて共感し合った。
この日旅行を通じてユン・シユンは、幼い頃おじいさん、おばあさんと
一緒に過ごした暖かい日常を歌詞で表現し、歌詞を完成した。
キム・ヒョンジュンは、芸能人でない自分を「キヤカカ」と表現した
歌詞を完成し、笑いを誘った。

旅行が終わってからもユン・シユンの情熱は絶えなかった。
練習室に遅刻したユン・シユンは申し訳ない心を表わしながら
歌手スジとの通話に大喜び。
また、本人が作詞した歌詞の量で助っ人であるエピックハイを
驚かせる一方、フィーチャリングを頼んで彼を困らせたりもした。
曲の作業を進める間にも多様なアイディアを出したり
時間あるたびにエピックハイ連絡するなど、曲に対しての
無限の情熱を表わした。

これに対しエピックハイは「ユン・シユンの情熱で私の心臓が
止まって行くよ」「君の声がどこにでも聞こえる」
「何回も電話がくる」と言い、ユン・シユンの情熱に舌を巻いた。
ユン・シユンの情熱は視聴者たちに、曲に対する
期待感を高めた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

こちらから動画がご覧いただけます。

  • 2013-08-12

ユン・シユン来日記者会見応募に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ユン・シユン来日記者会見ご招待の応募が
8月11日(日)23:59で終了致しました。

結果発表は、当選者のみにメールを返信させていただき
結果発表に変えさせていただきます。
ファンクラブサイトでの発表は行いません。
ご了承ください。

応募された皆さま、ありがとうございました!

  • 2013-08-09

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユン、キム・ヒョンジュン
キャンプでどんな話をしていたのか


『素足の友達』ユン・シユンとキム・ヒョンジュンが
東海で2人だけでのキャンプに行く。

11日放送されるSBS『日曜日が良い-素足の友達』では
歌に自分の話を入れて曲を作る「マイソング・マイストーリー」
プロジェクト二番目の話が公開される。

録画当時に、ユン・シユンとキム・ヒョンジュンは
自分の話を歌に入れる前にお互いの心にある本当の話を
するため東海までキャンピングカーに乗って出発した。

現在、歌手と演技者として忙しいスケジュールを
こなしている二人は、久しぶりの旅行で
幼い頃を回想したり現在の芸能界の生活を通じて感じる
率直な心を告白した。

この旅行でインスピレーションを得たユン・シユンは
助っ人であるエピックハイをビックリさせるほど曲の制作に対する
熱意を見せた。キム・ヒョンジュンも忙しいスケジュールでも
完ぺきな舞台を見せるため助っ人であるダイナミック・デュオに
破格的な歌詞を提案したという話だ。

<後略>
こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-08-08

シユン君の写真をご紹介します!

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-08-07

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユン、「ダイビング3種屈辱」

俳優ユン・シユンが、真面目そうな容貌とは違って
ダイビング練習で身体でギャグを見せて大きな笑いを与えた。

SBS『日曜日が良い-素足の友達』でユン・シユンは
水恐怖症、高所恐怖症で水泳が出来ないと明らかにした。
しかしユン・シユンは、誠実に着実に練習し、小学生選手と
5Mダイビングの挑戦して成功した。

だが、続いた単独ダイビング練習でユン・シユンは
面白い姿勢で特有の魅力を誇った。
ユン・シユンは3Mダイビング台に上がってツイストダイビングを
練習したが、上手く出来なくて面白い姿勢で水に入り
大きな笑いを与えた。

ここであきらめずにユン・シユンは、もう一回挑戦したが
また失敗した。それでもユン・シユンは「ここであきらめるわけには
いかない」と言い三回目も上がったがダイビング台で
均衡を失って滑稽な姿でダイビングをした。

この姿を見ていたメンバーたちは「芸能番組にふさわしい」と言いながら
大きく笑った。

こちらから記事の本文と動画と写真がご覧いただけます。

  • 2013-08-06

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、芸能で魅力を発散した。

※8月5日の関連記事に動画URLを追加しました。

SBS『日曜日が良い-素足の友達』のユン・シユンは、
今までのドラマでの姿と違う芸能感を発揮し
俳優の裏面にある魅力で視聴者をひきつけている。

8月4日放送では、この反転魅力を思う存分に発散した。
『素足の友達』メンバーは、自作曲プロジェクトのため
オーディションの舞台に上がった。
生まれて初めて舞台に上がるユン・シユンは「何でも頑張ろう」という
座右の銘を明らかにした後、キム・ゴンモの
「眠れない夜に、雨は降る」を選曲した。

緊張していない表情に見えたが、すでに目は緊張していた。
歌手ではないので歌唱力は普通だったが、ユン・シユンは
頑張って歌を歌った。退屈だという評価が出てきた後に
「ユン・ドング」という改名前の実名を公開して笑いを与えた。

ダンスを要請すると、ユン・シユンは
「江南(カンナム)スタイル」に合わせてやりますと言った。
ユン・シユンは、骨盤を使って踊るなど、多彩な表情と共に
今まで見たこともない姿を見せた。
ハイライトである馬ダンスの部分で堂々と情熱的なダンスを見せた。

幼い時、寺小屋に通ってたユン・シユンは、最近の流行の歌は
知らないと言い、ドボルザークの新世界より交響曲を
最近よく聞くと話した。歌謡を歌ってほしいという要請には
なんと13年前に発売された歌であるウォンタイムの
『クェジナぐるぐる』を挙げた。

ユン・シユンは、リズムが少し外れたが、ラップの部分まで歌った。
恥ずかしいけどやるという性格がそのまま表れた。
ユン・シユンの姿に「私達が知ってるユン・シユンではない」という
評価が出てきた。

ユン・シユンは、ダイビングミッションの時も恐れは感じたが
あきらめなかった。毎日のように練習する誠実さと頑張る姿で
好感を得た。また、俳優としてのイメージを心配するのではないかと
思えば、頑張ってダンスする姿とラップを歌う姿で内面にある
芸能感を思う存分示している。
ユン・シユンは『素足の友達』メンバーの中で一番の大活躍を見せている。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

※こちらから関連動画がご覧いただけます。※

  • 2013-08-06

ユン・シユン来日記者会見応募に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ユン・シユン来日記者会見ご招待の応募締切が
8月11日(日)23:59までですので
皆さまにお知らせいたします。

まだご応募されてない方はお早めにお申し込みください。
よろしくお願い致します。

●2013年9月1日(日)に開催される記者会見ご招待

<応募期間>
〜2013年8月11日(日)23:59まで

>>応募方法はこちら

  • 2013-08-02

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「タック」脱いだユン・シユン、新しいイメージ構築

俳優ユン・シユンが『キム・タック』のイメージから
完全に新しいイメージを構築した。

<中略>

ユン・シユンは、劇中で17才で世界最高のソーラースタジオに
入選した天才クリエーティブディレクター、いわゆるゲーム界では
英雄と崇められる人物であるエンリケ・クム役を演じた。
初恋の女性ユン・ソヨンが自分のいとこを愛していても
彼女に対する愛でをずっと彼女を見守る「世の中のどこにもいない
優しい男」の姿を見せた。

そのエンリケ・クムの前にいとこをのぞき見する
コ・ドンミという女が現れ、世の中に自分の姿を見せずに生きる
コ・ドンミに興味を持ち始めた。
長い時間迷い、エンリケ・クムは、自分がコ・ドンミを
愛しているとのことに気付き、自分の夢まで捨てコ・ドンミに夢中になる。
ユン・シユンは、時には可愛く、時には真面目で真剣な男の姿を
完璧に演技した。

ユン・シユンは、違う視線で見ると、感じ悪くて
嫌なキャラクターにもなれたエンリケ・クムを
愛しいキャラクターで演じて視聴者たちの熱い愛を受けた。
いつも楽しくていたずらっこなキャラクターエンリケ・クムを
愛しいキャラクターで表現したという演出スタッフの評価。
制作スタッフは「人に嫌われるキャラクターになったかも
知れないキャラクターをよく消化してドラマに活力を
吹き込んでいる」とユン・シユンを称賛した。

KBS『製パン王キム・タック』、MBC 『私も花』等を通して
まっすぐで落ち着いているイメージを持っていたユン・シユンは
『となりの美男<イケメン>』を通じて「キム・タック」のイメージを
完全に脱してイメージ変身に成功した。
『となりの美男<イケメン>』を通じてユン・シユンは
正劇からロマンチックコメディまでジャンルに関係なく
演技力を立証することに成功した。

このようなユン・シユンの演技の成長は、今後の活動に期待を集めている。
これに対し視聴者たちはユン・シユンが、今後多様な作品を通じて
知名度・認知度を高めて『となりの美男<イケメン>』を跳び越える
新しい作品で見せる姿に関心を集めている。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-08-01

夏期休業に関してのお知らせです。

こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

下記の通りファンクラブ事務局の業務を
休業させていただきます。

◆休業期間:2013年8月19日(月) 〜 2013年8月23日(金)

【 ファンクラブご入会について 】
◆本サイト 会員登録ページからのお申込み:休業期間も受付いたします。 

【お問い合わせについて】
8月19日(月) 〜 8月23日(金)の期間中にいただいた
お問い合わせにつきましては、8月26日(月)以降、
順次ご対応させていただきます。
多数のお問い合わせをいただいた場合には、
ご返答にお時間がかかる場合がございますので、ご了承くださいませ。

  • 2013-08-01

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

7月29日にご紹介した記事の動画バージョンの記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』長期プロジェクトの結果…
「団結のダイビング」


『素足の友達』が、一ヵ月半の長期プロジェクトで成果を得た。

<中略>

水泳が出来なかったユン・シユンもプラットホーム5mで
24.00の点数で日々上達した姿を見せた。
さらに、この日のユン・シユンは、10mに挑戦する果敢な勇気を見せた。
メンバーの熱い応援の中、ユン・シユンは10mダイビングに
成功して自分の限界を跳び越えた。

この大会は、点数よりは一ヵ月半間、
共に汗を流して挑戦したメンバーの友情と仲が光った。
メンバーはお互いを励まして熱い応援を送り
成功した時には拍手を送った。
『素足の友達』が試みた最初の長期プロジェクトの美しい結果だった。

※映像の00:26からシユン君が出ます。
こちらから記事の本文と動画がご覧いただけます。

  • 2013-07-31

イベントグッズ販売のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

本日7月31日(水)17時より
「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO“KOKORO"」にて販売された
【公式グッズ】と【2012年度の公式グッズ】を
公認ショップで販売することになりました。

イベントに参加出来なかった方、イベント当日にグッズを購入できなかった方は
ぜひ、この機会にお買い求めください。

※各グッズの種類および販売数は限定されています。あらかじめご了承ください。

>>イベントグッズ販売ページはこちら

  • 2013-07-30

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、イ・ヒョヌ
ファッションニストはショッピング中「日常が画報!」


人気男ユン・シユンとイ・ヒョヌなど人気俳優たちが
ショッピングをする姿が撮られて話題を集めている。

最近オープンした梨泰院(イテウォン)のホット・ピョンジプショプ
シリーズコーナーを訪問した彼らは、多様なブランドを見て
自分に似合うアイテム選んだ。

<中略>

ユン・シユン、イ・ヒョヌなどおシャレで知られている
ファッションニストのショッピングスタイルを分析してみた。
多様なスタイルの中、自分に似合うアイテムを選び、細かくチェックする
スターたちの姿が撮られた。

■ユン・シユン、イ・ヒョヌ、パターン活用したアイテム・ミックスマッチ!

ユン・シユンとイ・ヒョヌはチェック柄、ストライプなど
クラシックでウィットのあるパターンが引き立って見えるシャツの
アイテムでポイントを与えた。
ショッピングをする際にもそのアイテムに興味を持って
店内のあちこちにあるシャツアイテムを注視したという話だ。

小さい顔と完璧な体の割合で、女心を揺さぶる二人の俳優ユン・シユンと
イ・ヒョヌは細かく店内を見てファッションニストらしい面目を見せた。
また、彼らは最近流行ってる男性服トレンドが何か正確に把握する姿を見せた。

始終一貫、笑顔で細かくショッピングしたユン・シユンと
イ・ヒョヌが店内に登場しただけでもショップを明るくして注目を集めた。
また、彼らの日常的な姿さえ画報のように見えたと
ショップの関係者は伝えた。
<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-29

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』水恐怖症ユン・シユン
短所を完璧に克服…メンバーたち、涙


ユン・シユンが、水恐怖症を完璧に克服した。

28日放送されたSBS『日曜日が良い-素足の友達』では
短所克服プロジェクトのためにダイビングに挑戦した
メンバーたちが、国際ダイビング大会に出場した姿が放送された。

ユン・シユンはこの日、大会で様々な種目に挑戦して
自分の限界を跳び越えた。
特にユン・シユンは、最後の挑戦で10Mダイビング台まで上がって
『素足の友達』のメンバーたちを驚かせた。
今までのユン・シユンは、水恐怖症から抜け出すことが
出来なかったためだ。

ユン・シユンは、10Mのダイビング台に上がる前
「ダイビング台の上に立つと何も考えられない。
本当に孤独な自分との戦いだ」と言い、緊張感を表わした。

ユン・シユンは、自身が最も恐れた10Mでのダイビングに成功した。
ユン・シユンを応援するために現場まで来たユン・シユンのお母さんも
感動の涙を流した。

特にユン・シユンは、30点満点で21点だったが
その点数でも自分の限界を克服したことで満足していた。
ユン・シユンはメンバーたちと共に涙を流して喜んだ。

ダイビング挑戦が終わった後、ユン・シユンは「自分との対決で
私は退かなかった。格好良く勝ち抜いた姿は見せれなかったが
私は退かなかった。弱い自分を克服出来た”と所感を明らかにした。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-26

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』不可能を可能に変える
情熱的な努力


『素足の友達』国際ダイビング大会での成績はどうなるのだろう。

7月21日放送されたSBSSBS『日曜日が良い-素足の友達』では
国際ダイビング大会に参加する『素足の友達』メンバーたちの姿が描かれた。

『素足の友達』の家族は大会が始まる前から
とても緊張していた。公演出演のため香港に行ったユイは
場所に関係なくお手洗いまでダイビング姿勢の練習をしたし
ウニョクは本業である歌手としての活動より
国際ダイビング大会にさらに気を遣って心配していた。

大会の当日、ユン・シユンは一番早く会場に到着した。
ユン・シユンは、競争相手である国際ダイバーたちが
どれほどの実力を持っているか自分の目で確認して挫折してしまった。
アイドルグループとのダイビング試合とは実力の差がはるかに違う
優秀な選手たちがいたのだ。
落胆したユン・シユンは「やりたくない。でも負けたくない」と
正直な心境を表わした。

ウニョクも同じく緊張した。『素足の友達』メンバーたちの家族の間で
ダイビングのエースと呼ばれたウニョクは、多くの人々の期待に
答えられるかで負担が大きかった。
会場に到着して準備する姿が普段のウニョクなら簡単に成功していたところを
失敗をしてコーチはもちろん『素足の友達』の家族まで心配させた。

引き続き、ダイビング大会開始の1時間前にメンバーたちが集合した。
ユン・シユンとウニョクが非常に緊張している反面
ユイとキム・ヒョンジュンは、安静してる姿を見せた。
特にキム・ヒョンジュンは、最高のコンディションと強い集中力で
模範ダイビングを完璧な入手姿勢を見せてダークホースとして期待を集めた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-25

シユン君の写真をご紹介します!

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-07-24

となりの美男<イケメン>DVD発売記念イベント開催時間・抽選会内容・パネル展のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

カルチュア・パブリッシャーズからのお知らせです。
※本イベントは公式ファンクラブの主催ではございません。
お問い合わせはタワーレコード渋谷店(TEL:03-3496-3661)までお願いします。


となりの美男<イケメン>DVD発売記念イベントの
開催時間・抽選会内容・パネル展についてお知らせいたします。


【イベント開催日時】
1回目:2013年9月1日(日)集合時間15:00 開演15:30
2回目:2013年9月1日(日)集合時間17:30 開演18:00


【イベント参加方法】
■ご予約者優先で渋谷店にて8月28日(水)発売(8/27入荷)の
「となりの美男<イケメン> DVD-BOXU」をお買い上げの方に先着で
入場予備券を配布致します。
■対象商品1点お買い上げで、1枚の入場予備券を差し上げます。
2点以上ご予約(ご購入)の場合も、点数に関わらず入場予備券は
お一人様2枚までとさせていただきます。
■対象商品をご購入の上、以下事項を確認し入場予備券から
整理番号付きイベント参加券に交換してください。

◎イベント当日9月1日(日)朝10:00より
タワーレコード渋谷1階の昇りエレベーター脇特設カウンターにて
入場予備券を整理番号付きイベント券に交換致します。
◎整理番号付きイベント参加券は1回目15:30〜、2回目18:00〜
それぞれ異なる参加券となります。
◎交換する際に、ご希望の回(1回目15:30〜、2回目18:00〜)をお選びください。
◎各回の整理番号付きイベント参加券には、限りがございますので
どちらかの回が無くなった場合は、お選び頂けなくなる可能性もございます。
予めご了承ください。
◎整理番号付きイベント参加券の整理番号は【ランダム】での発行となります。
先着順ではございませんので予めご了承ください。

■入場予備券及び整理番号付イベント券を紛失・盗難・破損された場合
再発行はいたしませんのでご注意ください。
■対象商品のご予約受付はお電話(03-3496-3661)もしくは
タワーレコードホームページの店舗予約サービスでも承っております。


【抽選会内容】
1.イベント参加者限定で、ユン・シユンご本人の直筆サイン入りクリアファイルを
各回15名様(計30名様)に当たる抽選会を行います。
2.イベント参加者限定で、となりの美男<イケメン>
パネル展の展示パネル(展示中パネルの複製品)を各回5名様(計10名様)に
当たる抽選会を行います。

※となりの美男<イケメン>DVD-BOXUの発売を記念して
タワーレコード渋谷店4階でとなりの美男<イケメン>パネル展示を開催致します。
※抽選会の商品は、予告なく変更になる場合がございます。

【パネル展】
◎期 間:8月27日(火)〜9月2日(月)
◎場 所:タワーレコード渋谷4F K-P0P売り場壁面

※ご予約・お問い合わせ先:タワーレコード渋谷店 TEL:03-3496-3661

  • 2013-07-23

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユンの母
カン・ホドンのファン立証「ホドン王子様、ファイティング!」


ユン・シユンのお母さんがカン・ホドンの
ファンであることを立証した。

21日放送されたSBS『日曜日が良い-素足の友達』では
ダイビングの国際大会の準備のために最終的な練習に励む
メンバーたちの姿が電波に乗った。

この日のメンバーたちは、国内の選手だけでなく
海外の実力派選手たちまで総出動する
ダイビング国際大会に出場を控えて練習に拍車を加えた。

ユン・シユンのおばあさんとお母さんが
メンバーたちの応援のために差し入れで
モチと飲み物を持って登場した。

ユン・シユンは「今日優勝すればおばあさんと
10メートルを走る」と笑いながら話しておばあさんとの
親しい姿を見せ、目を引いた。

特に「お母さん、化粧がちょっと濃いのでは?」と
冗談を言うカン・ホドンを見て笑顔で「ユン・シユン、ファイティング!
ホドン王子様、ファイティング!」と叫んで
息子のユン・シユンよりカン・ホドンに興味ある姿を見せて
笑わせた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-07-22

韓国の新聞にシユン君の関連記事が掲載されていましたので、皆さまにご紹介いたします。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
練習の虫、ユン・シユン
7.5メートルのダイビングに挑戦「成功」


練習の虫と呼ばれるユン・シユンが
7.5メートルのダイビング挑戦に成功した。

21日放送されたSBS『日曜日がいい-素足の友達』では
ダイビング国際マスターズ大会の準備のために最終的な練習に臨む
メンバーの姿が電波に乗った。

この日、メンバーたちは大会のために練習に集中し
特に練習の虫と呼ばれるユン・シユンは、7.5メートルの
ダイビングに挑戦して注目を集めた。

これに対して、ダイビングに初めて挑戦した当時には
水に入ることさえ怖くて出来なかったユン・シユンが
この日の練習では、完璧な姿勢で7.5メートルの
ダイビング挑戦に成功した。

そして、この日のユン・シユンの上達した姿に
ダイビングのコーチも少し姿勢が傾いたけど、勇気ある挑戦に対して
「本当に上手くなった。満点をあげたい」と賞賛が絶えなかった。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

621〜640/687件  ←←先頭へ  ←前へ  21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35  次へ→  最後へ→→