INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2013-10-29

韓国の記事にシユン君の記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「斗山(トゥサン)応援しに来ました」

28日午後ソウル、蚕室(チャムシル)野球場で
2013プロ野球韓国シリーズ4回戦
サムソンと斗山(トゥサン)の試合が行われた。
歌手K.willと俳優ユン・シユンが野球場で試合を観戦している。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

●関連写真
ユン・シユン、メガネかけて4回戦観覧!
ユン・シユン、「韓国シリーズ興味津々だね〜」

  • 2013-10-28

握手会開催のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンミーティング実行委員会です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

本日は皆さまに嬉しいお知らせがあります!

なんと!
ファンミーティング終了後、
参加者全員!シユン君との握手会の開催が決定しました☆
ちょっと早いですが、
シユン君からのクリスマスプレゼントです^^

ファンミーティングまであと40日!
シユン君に歌ってほしい日本の歌や叶えてほしいことは
まだまだ募集中です♪

◆シユン君に歌ってほしい日本の歌
>>応募はこちらから

◆「願いを言ってみて」
>>応募方法はこちらから

  • 2013-10-25

イベント企画募集のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ユン・シユン ファンミーティング実行委員会です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ファンの皆さまの願いを叶えてあげたいという
シユン君の思いから、12月のイベントでも
「願いを言ってみて」の企画を行います☆

この機会にぜひ!シユン君に叶えてほしい願いを
教えてください♪♪
シユン君が叶えてくれるかも〜!?

・応募方法 
ファンクラブお問い合わせ先(infosiyoon@c-media.co.jp)宛に
以下をご記入して、メールをお送りください。

件名:『願いを言ってみて』

本文:@応募者のお名前
     Aシユン君へのお願い
     B具体的な内容

【例】@鈴木 太郎
   Aシユン君のものまねが見たい!!
   B好きなアニメのキャラクターのものまねをしている姿が見たい!
    クレヨンしんちゃんとか、ルフィとか。

 応募期間:〜11月10日(日)まで

※必ず、メールの件名に『願いを言ってみて』と書いてください。

イベントでシユン君のこんな姿が見てみたい、
シユン君にやってほしいこと等々、どしどしご応募ください!!

今回は誰の願いを叶えてくれるのかな?
沢山のご応募をお待ちしております〜★

  • 2013-10-25

韓国の記事にシユン君の記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、どこでも輝くイケメン容姿

俳優ユン・シユンが23日午後ソウル、狎鴎亭(アックジョン)CGVで
開かれた映画「少女」 VIP試写会に参加してフォトタイムを行った。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

●関連写真
・ユン・シユン「今日は模範生スタイル」
・今日は賢く見えるでしょ。
・ユン・シユン「応援しに来ました」

  • 2013-10-24

ファンミーティングに向けてのお知らせと企画です。

皆さま、こんにちは。
ファンミーティング実行委員会です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ファンミーティングまで、あと44日!
今回のイベント内容をちょこっと発表します!!

なんと!!今回はバンドによる生演奏ライブがあります!
どんな歌を歌ってくれるのでしょうか?楽しみですね★

そこで!
皆さんからシユン君に歌ってほしい日本の歌を募集いたします。
ぜひ、シユン君に歌ってほしい日本の歌をお知らせください!
シユン君が歌ってくれるかも!?

>>応募はこちら
※ログインが必要です。

●募集期間
〜2013年11月4日(月) 18:00まで

  • 2013-10-23

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『総理と私(仮)』ユン・シユン キャスティング確定!
大韓民国上位1%公務員変身




俳優ユン・シユンが大韓民国上位1%公務員に変身する。

ユン・シユンは家族ロマンチックコメディ KBS2TV 新月火ドラマ
『総理と私(仮)』 (キム・ウニ・ユン・ウンギョン脚本、
イ・ソヨン演出)出演を確定して、本格的な撮影準備に入る。

来る12月「未来の選択」の後続に放送される『総理と私(仮)』は
「業務100点、育児0点」である総理家族にクリスマスのプレゼントのように
お母さんがきて繰り広げられる愛の物語。
先にイ・ボムス、ユナのキャスティングで話題を集めた
『総理と私(仮)』は今年の冬、暖かい家族愛を感じることができる
一つの童話のようなドラマになると期待を集めている。

ユン・シユンは『総理と私(仮)』で行政高等試験次席も計画した
総理室の最高のエリート課長カン・インホ役を務め、
今年の冬の「室長症候群」を越える「公務員症候群」を呼びおこして、
女心を根こそぎ 揺さぶる予定だ。

「製パン王キム・タック」、「となりの美男」、「明日に向かってハイキック」等で
さわやかで甘い魅力を発散すると同時に、
最近「裸足の友達」では冷静と情熱の男と呼ばれているユン・シユンは
『総理と私(仮)』を通じて本人の魅力をたっぷりお届けする予定だ。

ユン・シユンは輝く頭脳に、さらに輝くビジュアルまで、
まるで神がかったような大韓民国1%ブレーンカン・インホ役を務め
総理イ・ボムス(クォン・ユル役)をしっかりと支え
女性たちの心をときめかせる予定だ。

<中略>

『総理と私(仮)』製作側は「ユン・シユンが『総理と私(仮)』に合流して、
一層、甘くて温かいドラマが完成されるだろう」としながら
「今年の冬、ユン・シユンが見せる大韓民国上位1%公務員の魅力に
すっかりはまってください」と伝えた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-10-22

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-10-18

ファンミーティングチケット一般発売に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンミーティング実行委員会です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」
一般販売に関してお知らせいたします。

チケットは残りわずかとなっておりますので、
お早めにお買い求め下さい!


※すべて10/19(土)10時からの受付開始です。

●チケットぴあ
・TEL 0570-02-9999 Pコード624-999 
>>お申込みはこちら
・直接購入:セブン・イレブン、サークルKサンクス、チケットぴあ店舗 

●ローソンチケット
・Lコードダイヤル(24時間受付/自動音声対応)
0570-084-003 Lコード36755
>>お申込みはこちら
(PC・モバイル共通)※先行含めた受付URL
・直接購入:ローソンまたはミニストップ店頭「Loppi」直接購入(24時間受付)

●イープラス
>>お申込みはこちら
・直接購入ファミリーマート 

  • 2013-10-18

韓国の記事にシユン君のインタビュー記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君のインタビュー記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。
(10月17日のインタビュー記事から続き)

<スタッフ翻訳文>
『となりの美男<イケメン>』のケグム、ユン・シユン<4>

初心を絶対忘れないように

ユン・シユン:
私には両親がいますから。
大変なことがあったりつらいことがある時、
寝ればいつも幼い時住んでいた家が夢に出てきます。
私にはそれがヒーリングで初心なのです。
初心というのが優しいこと、礼儀正しいこと、
こうしたものではないようです。
本来の目的意識や使命感、責任感を忘れないということでしょう。
私の身のほどを忘れないこと、私にはおばあさんとおじいさんがいて
私がしなければならないことがあるし。

チョン・ソクヒ:
ご両親と一緒だったら都市で生きたでしょう?
今のユン・シユンさんを見れば田舎で人生が不便な部分もあったが
得たことが多いですね。

ユン・シユン:
そうですね!
事実、今回ファンたちとの出会いを企画しているんですが、
アナログの美しさに対してファンのみなさんと話を交わしてみたいです。
遅い人生がどれくらい美しいのか誰よりもよく知っているためでしょう。

チョン・ソクヒ:
PC通信、ゲーム機、スタークラフト、
これらを知らずに生きたでしょうね?

ユン・シユン:
そうです。
そのせいか5〜6年ほど年上の兄世代と合います。 (笑)
文化的に十分でなかったがそれでも私だけが知っていることがあります。
例えばピザを初めて食べた時の感動や、
また、小学校2学年の時、母が約2年ぶりに休暇を出して来て
パッピンスを初めて食べてみました。
本当に感動の味ですよ。
あ、チキンも都市のように電話をかければすぐに配達できるものではありません。
町内に鶏家があったで、すぐに捕まえて、毛を抜いて、揚げて、売りますね。
叔母の給料日、朝に学校行く道に鶏を選んでおけば夕方に食べれますよ。
こうしたことは今の私の友人は、絶対に感じることができなかったことでしょう。

チョン・ソクヒ:
学校行ってもずっと思い出すでしょうね。

ユン・シユン:
そうです。その日はチキン食べる日ですから。
おじいさんと自転車乗ってテーマパークに行って500ウォンの乗り物に乗ったのに、
今はそれに代わるものがゲームしかないことが惜しいです。
幼い友人が私になついてくれるんですが、
若い俳優として素敵な姿だけでなく良い演技を通して模範を見せたいです。
また、君たちが楽しめるだけのアナログ的なものがあるということを
知らせて、その子供たちと共に新しい文化を作りたいです。

チョン・ソクヒ:
どんな子供たちです?

ユン・シユン:
(ちょっと迷って)多文化家庭の子供たちと一緒に遊ぶことをしています。
率直に後援、お金は一番最後のことだと思います。
ある意味では一番容易なことです。
重要なことは一緒にしようとする心でしょう。
心を先に与えなければならないですね。
周りから後援提案がくる時があるのですが、
とりあえず来て、先に手から握ってくださいと言います。私は。
心ない後援は私の満足でないでしょう?

チョン・ソクヒ:
そのような考えをどのようにするようになりましたか?

ユン・シユン:
芸能人になったし豊かになったが
私一人で、裕福なわけではないと考えます。
単純に考えて、私が有名になれば子供たちが
私が与えるご飯をより好きで喜ぶこともできることでしょう。
有名になることが他人に良い事ができるという気がすると
さらに熱心に仕事をするようになりましたよ。

チョン・ソクヒ:
本当に熱心に生きますね。

旅行地で偉人伝を読む面白味、ご存知ないでしょう?

ユン・シユン:
でもいくら忙しくても、
10分しか寝られなくても5分は洗わなければなりません。
汚い顔でカメラの前に立つことはできませんから。
しかし、さらに重要なのは私の心が汚ければいくらカッコいい振りしたり、
素晴らしい振りをしても人々がみんな知ってることですよ。
どういうわけか、誰かに影響を及ぼす人になったのでそれが恐ろしいことで、
常に心をきれいにするために努力をたくさんします。
自叙伝や偉人伝が好きなんです。
私が本当に好きな人が李舜臣将軍ですが、「乱中日記」を実際その場所に行って海を見て読みます。
するとその方の痛みと恐れ、その中に含まれている意志の強い信念が感じられます。

チョン・ソクヒ:
演技者も良いが勉強をもっとして、誰かを教える人になれば良いと思います。
気持ちを込めて話すためなのか自然にうなずくことがあります。

ユン・シユン:
私の夢でもあります。
私が老人になった時、子供たちを教えたいです。
外国語も学び、運んだ国の文化も習って大韓民国に閉じ込められて生きない、
広く眺めることができる子供たちに教えたいです。

チョン・ソクヒ:
ユン・シユンさんの未来が期待されます。

ユン・シユン:
私が欲が多いです。

チョン・ソクヒ:
欲ばりすぎでない、見栄えが良い欲であることでしょう。

ユン・シユン:
かえって本当に大きい欲でしょう。
単純にお金たくさん儲けて良い暮らしをするのではないので、
自己管理を徹底しなければ、ある瞬間のミスで代価を払うことができるからです。
それで今、本当に大変でも我慢できるようです。

チョン・ソクヒ:
芸能界に出て来て見るとおかしな人も多くて、
また話にもならない待遇に当惑したことも多かったでしょう?
人々の強い盾になりたいです。

ユン・シユン:
そうしたことはおばあさんおじいさんも受けました。
誠実に生きてこられた方々ですね。
優しいと悪い人々にたくさん困らせられました。
それでおばあさんに言いました。
たくさん学んで、後でくやしい思いをした人々を守りたいですと。
戦うというのではなく、彼らの盾になりますと。
俳優の仕事をしながら、本当に残念な状況をたくさん目撃しましたよ。
それを変えていかなければならないと考えました。
ユン・シユンという俳優が周辺の人々を守ってあげたいという望みがあって、
最も究極的な目標は「私」がなくなることです。
私がいなくても美しく良く回る世の中です。

チョン・ソクヒ:
トークショーでこのようなお話を聞かせれば良いと思いますが。
特に青少年に。KBS2 「トークショー DO DREAM」とか。

ユン・シユン:
時々トークショーに出演提案がくることはあるのに
さっき申し上げたようにまだとても用心深いです。

チョン・ソクヒ:
そのような大事な話を聞かせてくれて本当にありがとう。
いつになるかわかりませんが、また会えると良いでしょうね。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-10-17

韓国の記事にシユン君のインタビュー記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君のインタビュー記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。
(10月15日のインタビュー記事から続き)

<スタッフ翻訳文>
『となりの美男<イケメン>』のケグム、ユン・シユン<3>

まっすぐな青年ユン・シユン

話をしてみたらますますハマる。
この頃めったに見ない正しさが珍しかったり。
いったい誰にどんな影響を受けたのか?
どのように育てるとこのような青年に成長するだろうか?
立派な祖父母の教育のおかげで良く育ったので
世の中の波風に苦しめられないかなり良い事務所にも会ったみたいだ。
色々な面で幸運な青年ユン・シユン、気になることがますます多くなる。

キム・ビョンウク監督が私を作りました。

チョン・ソクヒ:
相手俳優もシン・セギョン、ファン・ジョンウムさんから
今回パク・シネさんに至るまで本当に多様です。
女優にもたくさん習ったでしょう?

ユン・シユン:
そうですね。
皆さん、私に多くの影響を及ぼしましたが、
初めての作品で会ったシン・セギョンさんは心が広い人です。
落ち着いていて、また他の人々を取りまとめるスタイルでしょう。
その友人がくれば撮影現場の雰囲気が変わります。
美しくてスタッフに人気があったことでなく、人に対する真心があります。
その時セギョンさんが二十才ぐらいだったようですが
「私もあんな俳優にならなくちゃ」と決意しましたね。
今の私よりもはるかに成熟しているようです。

チョン・ソクヒ:
その時一緒の出演者たちが、全部うまくいったのではないですか。
シン・セギョンさんはもちろん子役俳優など
ファン・ジョンウム、チェ・ダニエル、イ・グァンスさんもみな一役果たしましたね。

ユン・シユン:
キム・ビョンウク監督の力がそこにあります。
望むことを強要される方ではありません。
本来その人が持っているものをよく調べてみて、よく引き出してくださいました。
私には80年代式片思いをする、子供の目つきが感じられるといわれましたよ。
今はダサいくらい盲目的な、話せなくて見つめる目の輝きがありますって。
他の演技者もみなそうでした。
「ハイキック」を通じてみんな、元気な自尊感ができたのです。
それで次の作品でさらに成長できたでしょう。

チョン・ソクヒ:
「となりの美男」も同じことです。
みんな前とは違う姿が出てきました。
パク・シネさんもどんな時も美しくて、
キム・ジフンさんもすばらしくて、コ・ギョンピョさんも変わってるし。

ユン・シユン:
そのとおりですよ。 同じ雰囲気です。
ジフンさんとギョンピョは演技を楽しみます。
ジフンさんは性格がそのまま反映されたのです。
イントネーション、使う言葉が同じです。
「ハイキック」と相通じるのが、ジフンさんがジンラクみたいでしょ。
素晴らしく包装をすればぎこちないこともあるので
ありのまま見せると人々が好むものです。
不思議なのが、素晴らしいという心が先立てば必ず変になります。

チョン・ソクヒ:
パク・シネさんには惚れてしまいますね。
窓を通じてケグムと向かい合う初めての場面、
お互いの姿は面白かったのですが、
ドキドキブしたラブラインが形成される感じを受けました。

ユン・シユン:
パク・シネさんはリアクションが格別な俳優です。
特に強みは聞く耳があるということです。
よく聞いているから相手方が何を考えるのか、
どんな感情なのかとてもよく知っています。

チョン・ソクヒ:
インタビューをする時もリアクションが良かったんですよ。
そばの演技者の話を聞いていて、不足したと思えば手伝います。
そのような俳優は初めてです。

チョン・ソクヒ:
ドラマの中でいよいよ告白をしたが、ラブラブですか?

ユン・シユン:
デートもしましたし。
電光掲示板に「おやすみ」と書いたのも本来台本にはないのに
もうドンミは私のものだ!
本当に愛する女にするようにしました。 (笑)

チョン・ソクヒ:
半分のハートの二人が会って、完全なハートに完成された感じですね。 (笑)
ところで話を聞いて見たら、その年頃がそのようには難しいが本当にきれいですね。

ユン・シユン:
はい、それで大変な部分があります。
私を急き立てるから。 私は規則を破るのが嫌いです。
例えば一人で旅行するのが好きでスポーツカーを買いました。
ですが、友人がなぜ速度を出すこともないのにスポーツカーを買ったのかと尋ねます。
私はただ、時々、気分転換で風を感じて走りたいだけですね。

チョン・ソクヒ:
旅行が好きですか?

企画なしで旅する一人の旅行が好きです。

ユン・シユン:
企画なしで旅する一人の旅行が好きです。
2,3日ほど仕事なしでごろごろするのを楽しみます。
そうするうちに美しい場所を発見すれば車の中で一人で映画も見るし。

チョン・ソクヒ:
それなら自分だけの宝物のような場所も探したでしょうね。

ユン・シユン:
はい。 私が車にポイントを保存しておきました。
後で彼女ができたら、必ず一緒に行くつもりです。
家族にはとても静かでつまらない場所だと思うし。
おじいさんおばあさんをつれて旅行をたくさんしましたが、
象に乗ったりするのは好きなことですが、
静かな旅行地は別に好きではなかったんですよ。 (笑)
旅行において、自分になりの鉄則があるんですが、
絶対に歓楽街がある所に行くのをやめよう、
そして宿泊地もモーテルやラブホテルのようなところはできるだけ避ける方です。
最大限そうした点できれいなところに泊まろうとします。

チョン・ソクヒ:
自らをとても取り締まるのではないのですか?

ユン・シユン:
それが良いです。
いつも気を遣って気を付けなければならないことが何個かあるでしょう。
男は特に!

チョン・ソクヒ:
新聞に出ることは絶対無いでしょうね。 (笑)

ユン・シユン:
運動もわざわざ夜遅くします。
遊ぶようになるかと思って。
一番大きい理由は女に会いたくなるかと思って。 (笑)

チョン・ソクヒ:
友達と付き合ってみるならば自然にできることだと思いますが。
芸能人の友人いませんか?

ユン・シユン:
クァンスさんと会って語る程度です。

チョン・ソクヒ:
クァンスさんは、女をたくさん知らないですか? (笑)

ユン・シユン:
いや、違います!
クァンスさん、そうではありません。 (笑)
時間があれば親しい後輩らとよく会います。
仮にも芸能人なのに毎日クッパ店に座ってあれこれ話でもしているとその子もかわいそうです。
ですが、私はそのような雰囲気が好きです。
もう撮影が残り一週間ですが。 余裕がちょっとできれば
今回はおばあさんおじいさん連れて、近い済州道(チェジュド)に行ってくるつもりですよ。
おばあさんがこの前に大きい手術をしましたが、
もう十分に動けるので一度動かなければならないですね。 遠くは行けないし。

チョン・ソクヒ:
孝行心が深いですね。
その年齢にそんなにおばあさんおじいさんのことを考えにくいですね。

 
続きをお楽しみに♪

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-10-16

プレガイド先行受付関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンミーティング実行委員会です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」
プレイガイド先行に関してお知らせいたします。

【プレイガイド先行発売】

◆プリセール◆
受付期間:10月16日(水)18:00〜
※枚数制限:1人4枚まで
>>お申込みはこちら

◆ローチケ プレリクエスト(先着)◆
受付期間:10月16日(水)12:00〜10月18日(金)23:59
※枚数制限:1人4枚まで
>>お申込みはこちら

◆ぴあカード会員WEB先行(抽選)いち早プレリザーブ◆
受付期間:9月23日(月・祝)11:00〜9月29日(日)11:00
抽選:9月30日(月)
※枚数制限:1人4枚まで
申込み終了しました。

◆プレリザーブ◆
受付期間:9月30日(月)11:00〜10月6日(日)11:00
抽選:10月7日(月)
※枚数制限:1人4枚まで
申込み終了しました。

◆e+プレオーダー(WEB先行抽選)◆
受付期間:10月7日(月)12:00〜10月14日(月・祝)18:00
※枚数制限:1人4枚まで
申込み終了しました。

◆ローチケ プレリクエスト(WEB先行抽選)◆
受付期間:10月7日(月)12:00〜10月13日(日)23:59
※枚数制限:1人4枚まで
申込み終了しました。

◆プレリザーブ(2次受付)◆
受付期間:10月8日(火)11:00〜10月15日(火)11:00
※枚数制限:1人4枚まで
申込み終了しました。

※随時、追加していきます。

  • 2013-10-16

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の新聞にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『素足の友達』ユン・シユン少しずつ存在感を表わすか

ユン・シユンはこれまでKBS 2TV 『製パン王キム・タック』、
MBC 『明日に向かってハイキック』等に出演して
俳優としてイメージを固めた。

そんなユン・シユンが芸能SBS『日曜日が良い - 素足の友達』(以下メンチン)に
出演して意外な姿を見せた。
だが、ユン・シユンは『メンチン』で
目立った姿を表わすことができなかった。

10月13日放送された『メンチン』ではユン・シユンが存在感を表した。
この日『メンチン』メンバーはおうちごはんでキム・ヒョンジャの家を訪問した。
キム・ヒョンジャはご飯がおいしい家という噂のようにヤンニョムケジャン、
スケトウダラの生干しニンニクの芽和えもの、車エビ テンジャンチゲなど
おいしそうなおうちごはんを紹介した。

特にユン・シユンはメンバーが簡単に食べられなかった
臭いが強い食べ物を、簡単に食べて新しいキャラクターの開始を知らせた。
キム・ヒョンジャはキムチ冷蔵庫に入れておいたサンマの塩辛を紹介した。
なじみがうすい名前の塩辛を見たメンバーは難色を示した。
サンマの塩辛は近付くことはできないビジュアルと香りによって
「モクバン」世界を広げたメンバーもふたを急いで閉じた。

※モクバン:食べている姿がこっちまで食べたくなるように
おいしく食べている姿を言うとき使われている表現


だが、ユン・シユンは輝きを見せて違う姿を見せた。
ユン・シユンは全羅南道(チョルラナムド)、順天(スンチョン)を
故郷とし南道の食べ物に対する愛を表わした。

ユン・シユンはサンマの塩辛を愛らしい目で見つめて試食した。
驚くメンバーにユン・シユンは「塩辛くない。 おいしい」として
「サンマの煮物を食べる感じだ」と話した。

引き続きユン・シユンは
「塩辛くない。 スケトウダラの生干しのようだ。おいしい」と3段称賛を見せた。
これに対しユン・ジョンシンは
「君はあたかもお湯に入る時、すがすがしいと話すパパのようだ」と話して笑いを誘った。

ユン・シユンは誠実な「モクバン」を広げて新しい純粋青年のイメージを示した。
ユン・シユンはこれまで目につく活躍を見せられなかった。
だが、この日カン・ホドンも食べることはできない食べ物を
無邪気に食べる姿を見せて芸能の可能性を示した。

ユン・シユンが自身のキャラクターをよく生かして存在感を表わして
「芸能期待の主」として定着できるか期待が集められる。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-10-15

韓国の記事にシユン君のインタビュー記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君のインタビュー記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。
(10月11日のインタビュー記事から続き)

<スタッフ翻訳文>
『となりの美男<イケメン>』のケグム、ユン・シユン<2>

チョン・ソクヒ:
演技はMBC「明日に向かってハイキック」の
「ジュンヒョク学生」時からもよく出来ました。
ところで少し遅れたデビューだったでしょう?

ユン・シユン:
年齢が問題でなく準備期間がなかったんです。
どこにも来てほしいという話自体がなかったので。
時々トークショーやインタビューを見たら、
何百回もオーディションを受けたと話しが出るのですが、
それは本当にすごいのです。
後輩たちみんなに「そんなオーディションどこで受けたの?」と聞きます。
オーディションを受けることができる機会さえ私にはなかったです。
演劇舞台に出ながら、脇役もしながら、
土台を積んで入ってこなければならなかったのに
申し訳ないほど私は運が良かったです。
何も準備できていない状態だったので、
台本も見る方法も分からなかったんです。
初日NGがずっと出た理由がカメラを見つめたためです。
「ハイキック」を通じて話し方、立ち方、
座って話す方法すべてを習いました。
あ、今考えれば本当に申し訳ありません。
そのすべてを我慢してくれた「ハイキック」家族に。

チョン・ソクヒ:
「ジュンヒョク学生」は子どもでしたが、
あの子は本当に素晴らしかったです。

ユン・シユン:
監督さんが「ハイキック」後半部に自分の姿をたくさん入れて下さいました。
反抗児イメージに隠れていましたが、中盤から暖かくなりましたよ。
無邪気な部分もそっとありましたし。
実はファン・スンウォン「夕立ち」に出てくる少年のような
演技をしてみたかったです。
きまり悪いほどセリフがぶっきらぼうだけどその中に震え、
純粋さ、真心がありますね。
よく表現されたのか分からないですが…

チョン・ソクヒ:
話を聞いて見ると本当にそうですね。
ところでコミカルな場面も多かったですが。
パンツ事件をはじめとして今でも思い出すことが多いです。

ユン・シユン:
私もまた本当に好きになれば、ジュンヒョクのように恥ずかしがり屋です。
告白はうまくできません。

チョン・ソクヒ:
ところでそんなに機会もないのに、どのように一度にキャスティングが?

ユン・シユン:
人はみな時があるようです。

チョン・ソクヒ:
内面の成熟さが育ってきた環境から出たという気がするんですが。
聞いた話では祖父母様の下で育ったそうですね?

ユン・シユン:
厳しかったです。 しつけにおいては刃物と同じでした。
「タクシー」の時、お聞きになったでしょう?
幼かった時、近所の寺小屋に通いましたよ。
今になってわかりましたが、それが無料だったのです! (笑)
幼稚園に通わなかったので英語を習うことができなかったが代わりに
四字小学と明心寶鑑を習いました。
理解をしているわけがなく、ほとんど忘れてしまいましたが
それでも私の中に残ったものがあります。
何か習ったら人文学は質問が生じるのに
おばあさんおじいさんは年配の方であるから話が通じるわけがないでしょう。
兄弟もいなくて友人もいないから一人で本を見て
自ら質問をして一人で答えました。
「この子はなぜこうしたのだろうか? 私ならこのようにしなかっただろう。」
そうするうちに童話も書いてみました。

※四字小学…昔、韓国で漢字の基礎を学ぶときに使った教科書
※明心寶鑑…昔、韓国で使われていた子供の教科書


チョン・ソクヒ:
文もよく書かれますね。

ユン・シユン:
よく書くのではなくて書くことが好きでした。
私は自分自身を表わして考えを示すのが恐ろしいです。
例えば運動を熱心にしているが、体が完成されていない状態で
上の上着を脱がなければならない状況下のようです。
まだ粗雑な考えなのに見る方たちはどのくらい笑えるか。

チョン・ソクヒ:
こうした方々はクイズプログラムに出て行っても
正解という確信が入る前にはボタンを押さなかったんですよ。
逸脱せずに生きる人生は退屈ではありませんか?

ユン・シユン:
私も他の人々がおもしろいということすべてしてみたが、
ソロモン王がすべてしてみて虚しいといったように、私もそうだったんですよ。
代わりに本を読んで旅行するのが好きです。
自分の方式で人生を楽しんでいます。

チョン・ソクヒ:
本をたくさん読むと聞きました

ユン・シユン:
活字中毒です。心が落ち着きますね。それなりの決まりを決めておいたのですが。
全部読むわけではないのですが朝、お昼、夕方、他の分野の本を読みます。
忙しくて移動する時間が多いから学習できる経済書籍や人文古典を主に読む方です。
頭の中に理性と知性が一緒にいるべきではないかと思いますので。
個人的に小説には手を出さない方です。
男たちがそうでしょう。
武侠誌も一時はたくさん読みましたが、マンガは思ったよりたくさん読めませんでした。
「退魔録」を見たが私としてはそれがマンガでした。
それ読んでいるところをおばあさんに見つかって、たくさん怒られました。
勉強しろといって。それでトイレでこっそりと読みました。

※武侠誌…中国が舞台のファンタジー小説
※退魔録…韓国で人気のあったファンタジー小説


チョン・ソクヒ:
おばあさんが伝統的な方法でよく育てられましたね。

ユン・シユン:
学びが多い方ではなかったが、甘やかして
礼儀しらずと言われるかと心配しました。
それで礼儀や人間性だけは過度に強調して少しでも外れればムチを持ったでしょう。

チョン・ソクヒ:
生きながら「私は一人」という感じがしたことがありますか?
危機の瞬間に私側があったら良いという考えです。
兄弟もいいですし。

ユン・シユン:
そのとおりですよ。それあります。
離れて過ごした両親を恨むことはないけれど家族とは何か、
たくさん考えることがあります。
私が何をしても理解してくれる人、
その愛が、ある人の感情にどのくらい影響を及ぼすのか、
どれくらい自尊感を持たせてくれるかも考えます。
しかし私はおじいさんおばあさんに甘えませんでした。

祖父母様がいつも礼儀正しい人、優しい人になれとおっしゃいました。

チョン・ソクヒ:
歌も上手でしょう?
「ハイキック」の時、話題だったが音楽的素養はどのように育てたんですか?
都市のようにピアノを習うこともできなかったから。

ユン・シユン:
音楽を習ったことがありません。
中学校の時から教会で讃美歌を歌いましたよ。
おじいさんおばあさんが私を教会に行かせた理由は礼儀正しい人になれと、
後ほど肉体労働をしながら生きても良い人になれと行かされたのです。
今でもそう言います。
「良い人になれ。 優しい孫の嫁連れてこい。優しく生きろ。」ですって。

チョン・ソクヒ:
「ハイキック」の時、大人たちと作品を作り多くの愛を受けたと思います。
イ・スンジェ先生やチョン・ボソクさんがどれくらいかわいがられたでしょうか?

ユン・シユン:
何も分からない子供だったがたくさんの愛をいただき、本当にありがとうございます。
挨拶はよくしましたが、撮影現場は挨拶しに行く場所でない、
プロの世界じゃないですか。
どれくらい苦しかっただろうかと思います。

チョン・ソクヒ:
「キム・タック」も現場にも大人たちが多かったでしょう?
今まで最も大きい影響を受けた方は誰かですか?

ユン・シユン:
みんな私によくしてくれました。 本当に全員!
「キム・タック」の時は涙の演技が下手で3日がかかって撮ったこともあります。
涙が多いほうなのに、それがうまくできませんでした。
その時チョン・グァンリョル先生がヒントを教えてくれました。
先生がくださった助言に沿って演技をしてOKを受けた時に感じる喜びが私は好きです。
難しいミッションを解決していく感じです。


続きをお楽しみに♪

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-10-11

韓国の記事にシユン君のインタビュー記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君のインタビュー記事が
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『となりの美男<イケメン>』のケグム、ユン・シユン<1>

愉快にふざけていて、後ろを向けば寂しいというより陰った顔になる。
しかしいつも優しくて配慮深い青年、
tvN 『となりの美男<イケメン>』のエンリケ・クム。

この多様な魅力を持ったキャラクターをユン・シユンが
引き受けることになったと聞いた時、初めには似合わないと思った。
他のものは分からないが子供みたいに無邪気なふざけるのはぎこちないようだと。

「キム・タック」が無邪気な行動をするのは想像がつかないし
前作MBC 「私も、花!」の二つの顔を持つ「ソ・ジェヒ」も
よく消化したユン・シユンだが、今度はなぜか心配で疑わしかった。

ところがなんと!
初回、初登場から直ちに心配を払拭させたユン・シユン。
原作のマンガとは違う新しいケグムが誕生したのだ。
目つきもさらに深くなったし表情もさらに豊富だった。
その間どんなことがあったのか? 秘訣は何か?
前回『となりの美男<イケメン>』俳優インタビューの時与えられた時間が
とても短くて気がかりなことをきちんと解決できなかったので
もう一度暇を見つけて彼に会った。

チョン・ソクヒ:
この間残念でしたが話を終えなければならなかったでしょう。
気になったことが、キム・ジフンさんがユン・シユンさんの中に
ケグムがいるといったのです。

皆ドンミが世の中に出てくるところに注目するが私は違います。

ユン・シユン:
ケグムはスペインからソウルに来た異邦人でしょう。

私が田舎からソウルに来た時と似た不安感がある人物です。
泊まる所、誰かの関心と愛が必要です。
外国では東洋人だとそれとなく無視されただろうし、
ゲームを作りながら有名人になったがありのまま見てくれる人々がなかったでしょう。
でも「オーシャン ヴィレッジ」にきたら、ある女ドンミ(パク・シネ)は
常にその場にいたんです。 家みたいな人ですから。
ケグムはそこで安らかさを感じます。
皆がドンミが世の中に出てくることに注目するが
私にはドンミがその場にいるという事実が重要です。
ドアを開ける場面、ベルを押してドアを叩くたびに常にその人が
そこにいるという考えにときめきます。
私は本当に胸がドキドキします。

チョン・ソクヒ:
みんなが都市のラプンツェル「ドンミ」が
世の中に出てほしかったのですが、
ケグムの立場では、ユン・シユンさんの立場では
402号室の中に入るのが重要でしたね。

ユン・シユン:
歓迎されないが彼女は
いつもその場にいるんです。
よく知っているテジュンの家とは反対になる暖かい感じでしょう。
何かとても、とても安らかなふとんの中に入る感じ?
幼い時住んでいた家が韓国式家屋でした。
お手洗いが外にあって、夜には寒い冬なら出て行きたくなくて我慢しました。
我慢できなくて出て行ってこなければならなかった時、
暖かい部屋、ふとんに入った時、ちょうどその感じです。
暖かくて安らかな。

チョン・ソクヒ:
今でもその時が懐かしいでしょ。結婚したくなりますね。

ユン・シユン:
母に結婚に対して夢がないと話したことがあります。
ですが、夢はないが責任感はほしいです。
結婚して子供ができて奥さんがいれば
責任感を感じるでしょう。
いくら大変な瞬間にも責任感があれば
かなり強い人になることができるから。
男は責任感が力でしょう。
それが結婚だと考えました。

チョン・ソクヒ:
tvN 『現場トークショータクシー』を見て
ユン・シユンさんのことを見直しました。
以前には落ち着いていて
考えが深い青年ということを知る機会がなかったんですよ。
誠実で正しい価値観に驚きました。

ユン・シユン:
あ、そのような恥ずかしいお言葉を。
事実言葉の一言一言に、気を付ける方です。
私が好きなように定義をするのはでないか心配になるためです。
私の言葉が誰かに影響を与えるようになったでしょう。今は。
間違って影響を及ぼすかと思うと恐ろしいです。

チョン・ソクヒ:
MBC 「明日に向かってハイキック(以下「ハイキック」)のジュンヒョク学生」イメージが
あまりにも強くて悪い男であることと思ったが
実はKBS2 「製パン王キム・タック」の「キム・タック」ですよね。
MBC 「私も、花!」で複雑な性格を演技しなければならなかった時
大変じゃなかったですか?

ユン・シユン:
私が引き受けたキャラクターがほとんどの私中にあることはありますが
「キム・タック」はほぼ99%似ています。
それでちょっと簡単だったんです。
「私も、花!」では私に慣れてない
二種類の自我を表現しなければならなかったが二重人格ではない、
誰かによって変わる姿を描こうとしました。
オーディション番組を見ればそうでしょう。
下手に技巧を働かせたらほとんどみんな落ちましたよ。
代わりに感じが良ければ、輝く情熱があれば最初は不足するとみられても
ファイナル頃には人を泣かす歌を歌うことになるでしょう。
演技も同じことです。
何回も主人公役をやったとして
「このようにするとファンたちが好きだけど」、
「これがインターネット反応が良かった」
と何か加えようとするよりは真心が重要だということを今は分かります。
「私も、花!」当時には率直に「キム・タック」時にみた
甘い感じが続いて、そんな感情がピークでしたし。

チョン・ソクヒ:
今回のtvN 『となりの美男<イケメン>』を見ると何か変わりました。
デビューの時から安定した演技でずっと発展してきたが
今度は何か秘訣が あるのではないかと思いました。

ユン・シユン:
作品を通じて少しずつ俳優に成長するということがおもしろいです。
去年中国で「ハッピーヌードル」という作品をとりました。
言葉が通じないから表情、目つきで意思疎通をしなければなりませんでした。
セリフでない感情をやりとりする方法を習ったと思います。
事実「キム・タック」の時よりたくさんひどい目にあいました。
夜中セリフを覚えて完ぺきに準備をして行ったが
私のセリフにだけあくせくしたやりとりする演技をすることを知らなかったんですよ。
中国で相手俳優の演技にリアクションをしながらまた、
そこに合わせて私の演技を変えていくのを悟ることになると
それがとてもおもしろかったんですよ。
型に閉じ込めないで自由に練習するのが良かったです。

チョン・ソクヒ:
それなら中国で感情交流を習ったことですね。

ユン・シユン:
はい。
そして韓国に戻って、
相手からこんなセリフが来たらこのように対応するっていう、
「ハッピーヌードル」で習ったことを実践してみることしました。
目を見て表情を見るとその感じが
おもしろくて演技を楽しむことができます。
なので準備をさらにたくさんするようになって、
そのように幸せに撮影したら、変わった言われました。

続きをお楽しみに♪

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2013-10-09

★プレゼント発送についてのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-10-07

放送情報のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

本日、シユン君の放送情報をお知らせいたします。

シユン君が
はじめてのおつかい企画に挑戦します!!

<TV>
◆BS11 韓ラブ 10/7 23:00〜23:54
※番組の内容は、予告なく変更となる場合もございますので予めご了承ください。

シユン君がおつかいにちゃんと成功できたのか、
皆様、是非、お見逃しなくご覧ください♪

  • 2013-10-04

最近のシユン君の状況についてのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

最近のシユン君の状況が気になってる皆様に
そっとお知らせます。

現在、次期作を慎重に選んでいるようです。
作品のシナリオはずっと入ってきているので、
皆様!カッコイイシユン君に会えるまで
もう少しお待ちくださいませ。

写真は9月の来日の際に
コーヒーを飲んでるシユン君です。
ブラックコーヒーが好きだというシユン君。
この秋に合うオシャレなシユン君でした!

これからも温かい声援、よろしくお願いいたします。

  • 2013-09-27

ファンクラブ会員先行チケット引取に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2013-09-26

ファンミーティングDVDの発売に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

「2013 ユン・シユン 2nd Fan Meeting in TOKYO "KOKORO"」DVDが
9月25日(水)に先行発売されました。

ファンミーティング会場、FC公認ショップでご予約された方には
9月25日(水)前後より順次お届けいたします。
よろしくお願いいたします。

>>商品の詳細、ご購入はこちら

  • 2013-09-20

ファンクラブ会員先行チケット抽選結果に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

ファンミーティングDVDの発売に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

「2013 ユン・シユン 2nd Fan Meeting in TOKYO "KOKORO"」DVDが
9月25日(水)に先行発売されました。

ファンミーティング会場、FC公認ショップでご予約された方には
9月25日(水)前後より順次お届けいたします。
よろしくお願いいたします。

>>商品の詳細、ご購入はこちら

581〜600/690件  ←←先頭へ  ←前へ  21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35  次へ→  最後へ→→