INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2018-07-23

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
ユン・シユンXソン・ドンイル、笑い爆発の現場



©SBS

SBS新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に出演する
俳優ユン・シユンとソン・ドンイルの写真が22日公開された。

〈中略〉

劇中、ユン・シユン(ハン・ガンホ役)とソン・ドンイル(サマクィ役)は、
監獄で出会い同じ部屋を使うことで強い絆で結ばれることになる。

制作陣は「撮影現場を和気あいあいとした雰囲気にするムードメーカーユン・シユンと、
ソン・ドンイルが一席に集まり、笑いの絶えない日々だ。
二人のお陰でいつも楽しく撮影に臨んでいる。
作品でもそのまま現われているユン・シユンとソン・ドンイルの
弾けるような姿も期待してほしい」と明かした。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は7月25日(水)午後10時初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-23

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン、
吊り下げ・水拷問に血まみれまで「苦労3種セット」



©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』のユン・シユンの苦労3種セットが公開された。

来る7月25日(水)、放送が始まるドラマ『親愛なる判事様(仮)』でユン・シユンは、
コンピューター判事のハン・スホ、前科5犯のどん底人生のハン・ガンホ
という全く違った二人の人物を演じる。
7月21日(土)、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』制作陣は、
ユン・シユンの熱演が引き立つ現場スチールを公開した。

公開された写真はドラマ『親愛なる判事様(仮)』の撮影現場で、
捕らえられたユン・シユンの「苦労3種セット」が映されている。
ユン・シユンは薄暗い空間で空中に足を縛られたまま
逆さに吊り下げられている。また、正体がわからない犯人に捕まり苦しい水拷問をされ、
頭から赤い血を流し地面に投げ付けられている。
ユン・シユンはこんな状況でも集中力を失わず熱演をしている。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は
「ユン・シユンの努力と情熱に拍手を送りたい。単純に走って転ぶ程度ではない。
水拷問は普通な事ではないし、逆さに吊り下げられたりもする。
それでもいつでも笑顔で現場の雰囲気を導き、
演技も最善をつくしてくれるユン・シユンがありがたい。
このようなユン・シユンの情熱が今回のドラマで
どのように輝くか制作陣も期待している。」と伝えた。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は7月25日(水)午後10時初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-20

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』 ユン・シユン、
完璧なスーツ姿大公開「女心鷲づかみ」



©SBS

ユン・シユンが完璧なスーツ姿を披露した。

〈中略〉

公開された写真の中ユン・シユンは、劇中優秀な判事という職業にふさわしく
こぎれいなヘアスタイルからスーツまで完璧な身なりだ。
端正な外見に冷たい表情をしているユン・シユンの強烈で
カッコいい姿は予備視聴者たちの心を鷲づかみにした。

〈後略〉

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-19

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンXイ・ユヨン
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』3次ティーザー公開


来る7月25日SBS新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が初放送を迎える。

<中略>

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に向けた大衆の関心に火を付けたのが、
公開される度に全く違った雰囲気を見せるティーザー映像だ。
1次ティーザーはモノクロ映像の中に、主人公ユン・シユン(ハン・スホ、ハン・ガンホ役)の
存在感を加え、重たいイメージを確立した。
ここに特定の事件に関わった実存人物の肉声のニュースを挿入し、
誰も予想することができなかった熱い話題を投げ関心を集めた。

これに続き公開された2次ティーザーは、走ったり転がったりしながら
身体を張ったユン・シユンの熱演とともに、イ・ユヨン(ソン・ソウン役)、
パク・ビョンウン(オ・サンチョル役)、クォン・ナラ(チュウン役)など主要キャラクターまで公開された。
30秒という比較的短い映像にも関わらず、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の
2次ティーザーは躍動的な面を惜しまずあらわにし、私たちの視線を奪った。

このように2つのティーザーが全く違った雰囲気を見せ、
大衆の期待が高くなった状況でいよいよ3次ティーザーが公開された。
今回も重たいメッセージはもちろん、この上ない力強いエネルギーまで見せ、
人目を引いた。このドラマに対する期待が高まったことももちろんだ。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の3次ティーザーは、前科5犯と判事、
劇中のユン・シユンの二つの姿をはっきりと見せながら始まる。
これに続きこのドラマが扱おうとしている決して簡単ではない問題を次々と見せる。
高圧的な状況を収めた場面と共に、「階級によるセクハラよ・・・」という
ある女性のナレーションが登場する一方、
「言う事を聞かない奴を殴ったのが罪ですか?」という非常識なセリフも聞こえる。

実際の事件をモチーフに劇化したドラマ『親愛なる判事様(仮)』の色を
そのまま見せてくれたと言える。
ここで強調しているのが「法は拳の前では弱く、正義は権力の前では無力だ、
誰が彼らを審判するのか」という強烈なメッセージ。
現代の時代相をそのまま盛り込んだような言葉が、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が描き出す話の重みとメッセージの力を期待させる。

<中略>

公開された3つのティーザーが全て違った色、違った雰囲気、
違ったメッセージを含んでいる。これはドラマ『親愛なる判事様(仮)』が
それほど多様で深みのある力を持っているということを意味する。
ここに身体を張っている俳優たちの情熱と熱演が合わさった。
予備視聴者たちはドラマ『親愛なる判事様(仮)』の初放送を
心待ちにしている。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は7月25日、初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-18

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユンXイ・ユヨン
期待できる組み合わせ...2人ポスター公開



©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』 ユン・シユン、イ・ユヨンの見事な掛け合いが期待される。

来る7月25日(水)、初放送を迎えるSBS新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、
実際に起こった事件をモチーフに劇化したドラマだ。
重みがあり、意味深い話を扱う見込みである。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』には、法に対し全く違った観点で近づく二人がいる。
1人は前科5犯のどん底人生から一瞬にして不良判事になったハン・ガンホ(ユン・シユン)、
もう1人は、痛みを乗り越え立ち上がった外柔内剛の司法研修院生ソン・ソウン(イ・ユヨン)だ。
それぞれ不良判事と司法研修院生である2人は、違った観点で法を眺め、
特別な掛け合いを見せてくれる予定だ。

そんな中、7月18日(水)ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の
ユン・シユン、イ・ユヨンの2人ポスターが公開された。
公開された2人ポスターの中のユン・シユンとイ・ユヨンは、
前後に並んで座りカメラを見つめている。
一番の見どころは、劇中の二人の関係とキャラクターが、ポスターの中に
そっくりそのまま溶け込んでいるという点だ。
ユン・シユンは不良判事というキャラクター通り
両手に無理やりに法典を持ち、お茶目な表情をしている。
イ・ユヨンは、そんなユン・シユンの後ろから彼に法典を見せようと努力する姿。
劇中の二人の決して平凡ではない、愉快な関係をうかがうことができ、人目を引いている。

ここでもう一つ、見逃すことができないことが、
ユン・シユン、イ・ユヨンの二人の特別な組み合わせだ。
二人とも特別な演技力と表現力を誇る俳優であるだけに、
一緒にいるだけでも暖かい空気を作り出し、
見る人の目と心を楽しませてくれる。
似ているようで違う、違うようで似ている二人の姿が、劇中どんな話を解き明かし、
どんな掛け合いを見せてくれるのか期待感を高めている。
来る7月25日(水)午後10時初放送。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
4人ポスター公開、意味深長な目つきの熱戦



©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の4人ポスターが電撃公開された。

<中略>

7月17日(火)、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣が
4人ポスターを電撃公開し、注目を集めている。
ユン・シユン(ハン・スホ、ハン・ガンホ役)、イ・ユヨン(ソン・ソウン役)、
パク・ビョンウン(オ・サンチョル役)、クォン・ナラ(チュウン役)。
劇を導いて行く4人の人物のキャラクターと存在感が
そっくりそのまま映し出されている。
ここにドラマ『親愛なる判事様(仮)』だけの特別感も込められており、目が離せない。

公開されたポスターは、それぞれ違う目つきと表情で
他の場所を見つめる4人の主人公の姿を写している。
まず、ユン・シユンは正義と不良、全く違った二つの要素を絶妙の目つきで表現した。
劇中、ユン・シユンが演ずるハン・ガンホは前科5犯でどん底の人生を歩んだ後、
法服を着ることになる人物。
混乱する人生におけるハン・ガンホの変化が、
ポスターの中のユン・シユンの深みのある表現を通してうまく現われている。

<中略>

公開された 4人ポスターは俳優だけでなく、
ドラマのアイデンティティまで強烈に表現している。
題名のように『親愛なる判事様(仮)』で始まる手紙のイメージが加えられている。
手紙を書く者の切実さ、
手紙を受け取る者のかたよってはいけない立場、
その間に立っている「正義」。
手紙のイメージひとつでこのように多様なものを連想させ、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が究極的に描き出す話を含み、
ドラマに対する期待感を大きく高めている。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』 ユン・シユン、身体を張った熱演


©SBS

来る7月25日(水)、SBSの新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が初放送される。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、 「実戦法律」を土台に
法にない通快な判決を下す不良判事の成長記。
主人公であるユン・シユンが、今までとは180度変わった演技を予告し
期待を高めている。

ユン・シユンは先立って公開されたキャラクタースチールで、
前科5犯に完璧に変身した破格的な姿を披露し、
予備視聴者たちの熱い関心を集めた。
そんな中、7月14日(土)ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は
身体を張った演技を繰り広げるユン・シユンの姿を公開し、再び集中を集めている。

公開された写真の中のユン・シユンは、地面に倒れこんでいる。
それだけでなく、ユン・シユンが水の流れる岩場に倒れたり、
血をだらだらと流したりと、熱演を繰り広げている姿は、
人々の視線を釘付けにした。
額から血を流し、危なげに立っているユン・シユンの姿は、
果して劇中で何が起こったのか好奇心を刺激する。

ユン・シユンは劇の完成度のため、
地面を転がり、血を流し、身体を張った姿を見せた。
岩場での演技は簡単ではないにもかかわらず、
キャラクターに入り込み熱心に演技するユン・シユンの姿が印象深い。

これと関連しドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣側は、
「毎場面、熱心に努力する姿を見せてくれるユン・シユンがありがたい。
転がり、走るアクション場面が多く、体力的な消耗が激しいにもかかわらず、
いつも熱意を持って作品に臨んでくれている。
ユン・シユンが演技する「ハン・ガンホ」のインパクトの強い活躍と
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に多くの愛情と関心をお願いしたい」と伝えた。

〈後略〉

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-11

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「難しくはない、違いがある」 ドラマ『親愛なる判事様(仮)』


©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の俳優たちが差別化された法廷物を予告した。

11日午後 2時、ソウル市ヤンチョン区モク道 SBSホールで、
SBSの新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の記者会見が開かれた。
この日、記者会見にはユン・シユン、イ・ユヨン、パク・ビョンウン、ナラが参加した。

<中略>


©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』には前科5犯のハン・ガンホが、
失踪した兄の代わりに判事になって法廷に立つ話だ。
「実践法律」を土台に、法にない通快な判決を下す
不良判事の成長記を描いた作品だ。
ユン・シユンは韓国最高の知能、ハン・スホと、
前科 5犯の風雲児、ハン・ガンホの双子を演じる。

ユン・シユンは1人 2役について「役の人物が持っているトラウマがある。
表情などその痛みを表現する部分に違いを持たせようと思っている。
また、私が猫背なのだが、1人のキャラクターは首を真直ぐに伸ばし、
もう1人は少し曲げる感じで演じている。
このようにとても小さな差を作るために努力している」と明らかにした。

イ・ユヨンとパク・ビョンウンは、楽しい撮影現場の雰囲気を伝えつつ、
ユン・シユンに対する称賛も忘れなかった。
イ・ユヨンはユン・シユンについて「恐ろしいくらいに疲れることがない」とし、
「身体を変えながら演技をしているのに「本当にすごい努力だな」と感じた」と語った。
パク・ビョンウンは「ユン・シユンが法廷で叫ぶ感情的なシーンがあり、
フルショット、バストショットなど何度も撮影したが、
5時間もの間続けて演技をしてくれていた。
相手側の俳優に対しての思いやりが深いと感じた」と微笑んだ。

最後に俳優たちは、他の法廷物とは違う
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』だけの魅力を明らかにし、記者会見を終えた。
ユン・シユンは「カンホというキャラクター自体が立体的で面白いため、
多くの法廷物が出ている中でも視聴者たちが飽きないと思う」とし、
イ・ユヨンは「法廷物なのに、全然難しくない。
「こういうものが正義だ」と答えを出すというよりは、
絶えず失敗を繰り返す成長過程があるドラマ」と明らかにし期待を高めた。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、ドラマ『フンナムジョンウム』(原題)の後続で
7月25日 夜10時初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンはなぜドラマ『親愛なる判事様(仮)』の出演を決意したのか?


©SBS

<前略>

ユン・シユンは、ドラマ『大君−愛を描く(原題)』以後、
長い休息期もなく『親愛なる判事様(仮)』を通じ、早い復帰を果たした。
それも、特有のまじめで親近感が湧く魅力の「国民イケメン」ではなく、
前科5犯でどん底人生という破格の変身まで予告した。
それならばドラマ『親愛なる判事様(仮)』の出演を決心した理由が何なのか、
彼が思うドラマ『親愛なる判事様(仮)』はどんなドラマなのか聞いてみた。

#「作品は縁、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』だから快く出演を選択」
前作ドラマ『大君−愛を描く(原題)』を通じ、広く愛されたユン・シユン。
その余韻が去る前にユン・シユンはドラマ『親愛なる判事様(仮)』の出演を決めた。
今回も史劇だった前作に劣らず、
転がり走りアクションまで繰り広げなければならない状況。
それでもユン・シユンがためらうことなくドラマ『親愛なる判事様(仮)』を
選択した理由が気になった。

これについてユン・シユンは「作品は縁だと思います。
良い縁が近付いて来たらそれをいつでも受け入れ、
思い出を作って行くべきでしょう。
良いシナリオと良い役が、復帰の時期と関係なく私を動かしました。」と話した。

また、「法廷物に対する憧れと同時に負担も感じていました。
しかし私たちのドラマは、難しい法廷物ではなく、
ユン・シユンという人が持った色感でも描き出すことができるドラマだと感じました。
他に理由はなく、ただこのドラマだから、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』だから快く選びました。」と付け加えた。

#「語感が本当に良いタイトル、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』」
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』はタイトルが非常に特殊だ。
誰かに書く手紙のような感じもあり、
それと同時にドラマのアイデンティティを一番核心的に表現するタイトルでもある。
だから聞いてみた。
ドラマを導いて行く主人公ユン・シユンが初めて
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』というタイトルを知った時、
どんなことを考えたのだろうか。

ユン・シユンは「逆説でもあり、直接的でもある。
私たちのドラマのテーマを明確にしようとしながらも、
何か他の話をするような疑問まで含んでいるタイトルだと思います。
色々とたくさんのことを考えさせられました。
そして、何より語感が本当に良かったです。
親愛なる判事様!」と回想した。

復帰の時期と関係なく、迷わず出演を決心するほど
ユン・シユンにとってドラマ『親愛なる判事様(仮)』は魅力的なドラマだ。
この魅力的なドラマのためにユン・シユンは全力をつくし
視聴者と向き合う準備をしている。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-05

シユンさん主演のドラマ『親愛なる判事様(仮)』の公式サイトに
ビハインドカットが公開されましたのでご紹介します。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユンさん主演のドラマ『親愛なる判事様(仮)』の公式サイトに
ビハインドカットが公開されましたのでご紹介します。

ビハインドカットは随時追加されますのでチェックしてみてください!

>>ドラマ『親愛なる判事様(仮)』のビハインドカットはこちら

  • 2018-07-04

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン、
小麦肌 + タトゥー + 強烈な目線…180度変身



©SBS

俳優ユン・シユンがSBS新ドラマ『親愛なる判事様(仮)』で
前科5犯に変身する。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は
7月4日(水)にユン・シユンの初スチールカットを公開した。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は実践法律を基盤として、
痛快な判決を下す不良判事の
成長期を描いたドラマだ。

公開された写真の中のユン・シユンは
既存のイメージとは異なる不良のような姿だ。
薄暗い空間でひたむきに紙に何かを書いている。
彼の右腕には天使のような絵と「ANGLE」という文字のタトゥーが彫られている。

ユン・シユンは劇中、前科5犯どん底人生のハン・ガンホを演じる。
ハン・ガンホは「人生とは今日1日を生きること、
良く生きようが悪く生きようがどのみち明日は無い」
というモットーで生きてきた人物。
そうしてゴミ扱いをされてきた前科5犯ハン・ガンホが一連の事件を経ながら、
法服を着て不良判事になる。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-06-29

『親愛なる判事様(仮)』お菓子応援企画のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

先日シユンさん主演ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の成功を願って、
シユンさんにエールを送ろう!ということでお菓子応援企画を行います。

皆さまからシユンさんや共演者への差し入れとして、日本のお菓子を募集し、
シユンさん、共演者、現場スタッフへお菓子とケータリングを撮影現場にお届けします。
下記要項をお読みの上、ご参加ください。
皆さまのご参加お待ちしております。

◆下記送り先宛てに2018年8月3日(金)までにお送りください。

 皆さまに代わり、スタッフが韓国にまとめてお送りします。
 たくさんのご参加お待ちしております!

----------------------------------------------
【送り先】
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル5階
株式会社C MEDIA
 ユン・シユンジャパンオフィシャルファンクラブ


※注意事項
@賞味期限が短いものや生もの、崩れやすいものはご遠慮いただけますようお願いいたします。
 また、今回は、夏場のため、チョコレートなどの溶けるものもご遠慮ください。
Aお菓子の数量や種類、シユンさんの嗜好に関するお問い合わせにはお答え出来かねます。
 全て皆さまにお任せいたします。
 無理のない、できる範囲でご協力いただければ幸いです。
Bお手紙を添える際には、差し入れのお菓子と区別ができるようにお願いいたします。
 お菓子は撮影現場のスタッフに直接渡す可能性がありますので、お菓子の中に手紙を同封すると
 シユンさん本人に渡らなかったり、他の方に読まれる可能性もございます。

----------------------------------------------

  • 2018-06-28

シユンさん主演ドラマ『魔女宝鑑 〜ホジュン、若き日の恋〜』の
放送情報をお知らせします。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユンさん主演ドラマ『魔女宝鑑 〜ホジュン、若き日の恋〜』の
放送情報をお知らせします。

『魔女宝鑑 〜ホジュン、若き日の恋〜』
放送局:三重テレビ放送
放送日:7月4日(水) スタート
    毎週水曜日 21:00〜21:55


>>番組詳細はこちら

  • 2018-06-27

ドラマ撮影応援ツアー催行中止のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ユン・シユンドラマ撮影応援ツアーは催行人数に届かなかった為、
不催行とさせていただきます。

お申込みされた方には大変申し訳ございませんが、
ご了承下さいますようお願い申し上げます。

なお、現在、別の応援企画を進めております。

詳細が決まり次第お知らせいたしますので、少々お待ち下さい。
よろしくお願いいたします。

  • 2018-06-26

韓国芸能雑誌「THE STAR」のウェブサイトに
シユンさんのインタビューとスチールカットが公開されました。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

韓国芸能雑誌「THE STAR」のウェブサイトに
シユンさんのインタビューとスチールカットが公開されました。

>>インタビュー&スチールカットはこちら

  • 2018-06-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン×イ・ユヨン、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
初台本リーディングから完璧な呼吸


ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の台本リーディング現場がついに公開された。

来る7月に初放送を前にしたドラマ『親愛なる判事様(仮)』は
実践法律を基盤として、痛快な判決を下す不良判事の
成長期を描いたドラマだ。
大韓民国の代表的な作家と監督が力を合わせた作品として、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』はすでに注目を集めている。

最近、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は台本リーディングを行った。
この日、現場では監督と作家をはじめとした制作陣と
重要な役割をもつ俳優たちが集まった。
それぞれキャラクターの役割に没頭している俳優たちの熱情とエネルギーが、
今回が初合わせという事が信じられないほど完璧だった。

まず、主人公ユン・シユンの活躍が際立っていた。
ユン・シユンはハン・ガンホとハン・スホという全く違う2つのキャラクターの特徴を
完璧に表現し、ドラマに溶け込んだ。
淡々とした演技力を基盤とし、多彩な感情を表現しながら
ドラマ全体を引っ張るユン・シユンの熱演にスタッフたちの感嘆が続いた。

<中略>

笑いと涙、情熱と熱演が溢れた台本リーディング現場だった。
俳優たちは疲れた表情なく各自担ったキャラクター、
そして演技に没頭し、実際の現場を彷彿させる熱い雰囲気だった。
最初からこのように特別な調和と情熱を見せた俳優たちのおかげで
本放送に対する期待感はグンと上昇した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-06-22

2018年7月に開催するユン・シユンドラマ撮影応援ツアーの
詳細をお知らせいたします。

※本ツアーは不催行となりました(6/27(水)に追記しました)

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

2018年7月に開催するユン・シユンドラマ撮影応援ツアーの
詳細をお知らせいたします。

募集期間:2018年6月22日(金) 15:00〜6月27日(水) 12:00

<ツアー概要>
■ツアー名:ユン・シユン ドラマ撮影応援ツアー

■日程:
・2018年7月27日(金)〜7月29日(日) 2泊3日
・2018年7月27日(金)〜7月30日(月) 3泊4日


■旅行代金:
・パッケージプラン - 113,000円から
 (※航空券、ホテル込み)
・ホテルプラン - 2泊3日:77,000円
        3泊4日:85,000円
 (※ホテルのみ。航空券はご自身での手配となります)

■ツアー特典:
1.撮影セットの見学
2.シユンさんとのグループ写真撮影、握手会!
3.ツアー参加記念品プレゼント!

※シユンさんとの出会いは、グループ写真撮影、握手会のみとなります。
※本ツアーは、募集定員に満たない場合、中止となる可能性があります。

シユンさんに熱いエールを送りに行きましょう!



【取扱旅行会社】株式会社エイチ・アイ・エス
本ツアーに関するお問い合わせは下記までお願いします。
株式会社エイチ・アイ・エス
TEL:03-5205-1859 平日:10:00〜18:00 (土・日・祝:休み)

  • 2018-06-19

ドラマ撮影応援ツアーを企画中です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユンさんがドラマ『大君−愛を描く(原題)』の出演に続き
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の主演が決まり、
現在撮影中です。
そこで!続けて主演に抜擢されたシユンさんに直接エールを送ろう!
ということでドラマ撮影応援ツアーを企画中です。

●ユン・シユン主演ドラマ『親愛なる判事様(仮)』のドラマ撮影応援ツアー
ツアーの期間は7月27日(金)から7月30日(月)を予定しております。

詳しい内容は追って、お知らせいたします。
しばらくお待ちください。

お楽しみに!

  • 2018-06-15

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、見れば見るほどハマるファッション画報

俳優ユン・シユンの暑い夏のファッション画報が公開された。

韓国芸能雑誌「THE STAR」の6月、7月合併号画報を通してユン・シユンは
「熱帯夜」をテーマとしてユン・シユンだけの特別な1日を見せた。
今回の画報でユン・シユンは真っ白な服を着て、
青年らしさとセクシーさが溢れる男らしい姿を見せた。
特に台所で料理をしたりベッドに寝転んで奥ゆかしい目つきで
カメラを見つめる姿に、スタッフ達の称賛の声が続出した。
画報撮影後に行われたインタビューでユン・シユンは
ドラマ『大君−愛を描く(原題)』放送終了後、
「今すぐには時間が無くて出来なかったことや
先延ばししていた事だけを考えていたけれど、
時間が過ぎればまたドラマが恋しくなりそうです」と伝えた。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に関しても簡潔に話した。
「ドラマが終わってから短い期間でしたので、
撮影の可否を慎重に考えました。
今回のドラマでは『大君−愛を描く(原題)』のキャラクターとは反対に、
エネルギー溢れるキャラクターを演じます」と伝えた。

また、ユン・シユンは、自身の性格に関する質問に対して、
「本当に感性的なタイプです。火のようで観念的で、思索するのが好きです。」と言った。
『1泊2日』に出演する時とドラマに出演する時の間隔についての質問には、
「ありのままの自分を見せなければいけないことが負担ではあったけれど、
これを通して演技をするのに多くのヒントを得ました。
格好良い姿だけをみせることが愛されることではないと思います。
演技や役割に本来の姿が自然に滲み出るようになって初めて、
良い俳優ユン・シユンとして認められるのではないでしょうか」と説明した。

最後にユン・シユンは「いつも責任感がある人でいたいです。
良い俳優、良い男、良い大人になる為には、
与えられたことにいつも責任を持つ心が大切です」という言葉とともに、
彼は「ユン−ユン・シユンは シ−終始一貫 ユン−ユン・シユンとして
生きている時が一番いい」というあいうえお作文を残し、本人の価値観を語った。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-06-14

撮影応援企画を準備しています。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

現在、シユンさんはドラマ『親愛なる判事様(仮)』の撮影中です。
そこで!主演に抜擢されたシユンさんに日本からエールを送ろう!
ということで今回も企画を進めております!

詳細は来週中にお知らせいたしますので、
少々お待ちください!

お楽しみに!

41〜60/696件  ←←先頭へ  ←前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ→  最後へ→→