INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2014-03-13

ファンクラブスタッフからのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

いよいよ明後日、3月15日(土)!
『SIYOON's WHITE DAY in SEOUL』開催です。

我々、ファンクラブスタッフも明日から韓国に行きます。
『SIYOON's WHITE DAY in SEOUL』に参加される方は
気をつけて、お越しください!
また、カメラも忘れずにご持参くださいね!!

ツアーの様子も、報告しますので
お楽しみに〜☆

  • 2014-03-13

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ヨ・ジング『Mr.Perfect』
遅い封切りにも勝算がある理由


俳優ユン・シユンとヨ・ジングが出演する映画『Mr.Perfect』が4月3日封切りを確定した。
『Mr.Perfect』は、有名なゴルファーで名上げたペク・セジン(ユン・シユン)が
飲酒運転事故ですべてを失った後、全校生徒が6人の廃校の危機になった島の村の学校に来て、
学校代表の悪童イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)など素朴な子供たちと
学校をゴルフ専門の学校にする過程を描いた映画だ。

この映画は、実際には2011年の初めに撮影が進行された作品である。
封切りも2011年に予定されていた。
しかし、製作費の問題などで撮影が中断されるなど紆余曲折を経て、
撮影期間が長くなった。
苦労して撮影と後半作業を終えたが、公開も困難を経験した。

通常遅く封切りする映画は期待が低い。
しかし、この作品はちょっと違う。
作品自体の問題というよりも、むしろ制作費の問題が大きかった。

一歩遅れて封切りがむしろ期待されるポイントが多い。
この作品は、ユン・シユンが2010年9月放映終了したドラマ『製パン王キム・タック』で
大きな人気を集めた後、決定した次期作である。
当時ユン・シユンは、いくつかのドラマと映画のラブコールを受けた中で、
慎重にこの作品を次期作に決定した。
当時も人気の高いユン・シユンだったが、
今では人気に演技力を加えて、より多くのファンに愛されている。

さらに、ユン・シユンは現在海兵隊に志願している状態だ。
このため『Mr.Perfect』は、ユン・シユンの軍入隊前最後の作品になる見込みだ。
ファンには見逃せない作品である。

この映画にはヨ・ジングも登場する。
今では<ホット>になった俳優だ。
今はふらりと成長をしたヨ・ジングの可愛い姿が収められており、期待を高める。
この映画の撮影当時、ヨ・ジングはいろんな子役俳優の一人だった。
しかし彼は現在、『ファイ:怪物の飲み込んだ子供』などの映画や
『太陽を抱いた月』などのドラマで人気俳優に生まれ変わった。
このようなヨ・ジングの著しい成長も映画には好材だ。

映画には、この他にもチョン・ホジン、パク・サンミョン、イ・ギョンヨン、
イ・ウォンジョン、イ・ビョンジュンなどが出演する。
彼らみんな、演技力と存在感を認められている名俳優たちだ。

この映画は、2012年9月福岡国際映画祭で特別上映され、
海外のファンに最初に会ったことがある。

封切りを確定した『Mr.Perfect』は、製作報告会と試写会などのスケジュールも確定、
広報に拍車をかけている。
この映画製作会社であるシネマゼニスによると、特別な形式の制作報告会も企画していると伝えられている。
苦労して映画ファンたちに会えることになった『Mr.Perfect』が観客にどのような評価を受けるのか気になる。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-12

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-11

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ヨ・ジング主演の『Mr.Perfect』、4月3日封切り



ユン・シユン、ヨ・ジング主演の映画『Mr.Perfect』が4月3日に公開される。

『Mr.Perfect』は、有名なプロゴルファーとして名を上げていた
ペク・セジン(ユン・シユン)が飲酒運転事故ですべてを失った後、
全校生徒6人で廃校の危機に瀕している島の村の学校を救うために、
学校代表の悪童イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)と純朴な子供たちと一緒に
ドタバタ奮闘の中に笑い、楽しみ、感動を広げている映画。

この作品は、過去2011年に撮影されて以来、
約3年ぶりに観客に会うことになった。
ユン・シユンがドラマ『製パン王キム・タック』以後次期作で選択した作品でもある。
また、ヨ・ジングはこの作品にキャスティングされた時は、
大きく注目される俳優ではなかったが今ではその地位が変わった。
『Mr.Perfect』の封切りに今より少し若いユン・シユンとヨ・ジングの姿を見ることができる。
この他にもパク・サンミョンがヨ・ジングの父親役を引き受けたし、
チョン・ホジンイ・ギョンヨン、イ・ビョンジュンなど演技派俳優たちが大勢出演した。

今回公開されたポスターは、温かく微笑んでいるユン・シユンとヨ・ジングの姿を打ち出した。
チャラいプロゴルファーペク・セジン役のユン・シユンは
「背中を押され先生になってちょっと遊んでみたゴルファー」という紹介にふさわしく、
いたずらな笑みを浮かべていて、 「誰にも止められない島の村の最高の悪童」と紹介された
イ・ビョンジュ役のヨ・ジングは、照れくさそうに髪をかき上げて明るく笑っている。
違うようで似ている二人がプレゼントするハーモニーに関心が集められる。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-10

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「活字中毒」ユン・シユンが伝える
本と親しくなる方法


俳優ユン・シユンは、多読する俳優として有名である。
撮影現場など、どこからでも本を手放さないという
いくつかの目撃談が一つに集まりユン・シユンは「活字中毒」という
ニックネームまでできた。

『スポーツソウルドットコム』とのインタビューでも、
ユン・シユンの本の愛は輝いていた。
ユン・シユン側の所属事務所関係者は
「常に車に3冊程度の本を持っている」とし
「一冊ずつ読むのではなく3冊を交互に読む」と説明したりした。

「活字中毒なのか」という質問にユン・シユンは快く「そうだ」と答えて笑顔を作って見せた。

彼は「あえて本じゃない時は、看板も読んで車のナンバープレートも読んで
休むことなく何でも読む」と付け加えた。
「活字中毒」という評価を受けるほどの本と親しく、
彼に「本に興味を持つ方法」を聞いてみた。

しばらく悩んだ後、「まず書店に行け」と話を始めた。
ユン・シユンは「一応、本屋に行って、興味ある本を無条件に買ってきて
本棚におけばOKだ」と簡単に答えた。
一応、買っておけばいずれ本の内容が気になるだろうし
そうすれば本を出して見るという説明も付け加えた。

この後、彼の本に対する愛が次々と続いた。
彼は「このような過程が繰り返されると、読んだ本の数が増えることになって
ますます悟りもたまっていく」と強調した。

国内図書業界への愛情が込められた苦言(?)も続いた。

ユン・シユンは
「近い将来には、大韓民国最高の産業が『ヒーリング産業』になりそうだ」とし、
「ヒーリングが必要だから読む本の自己開発書が流行だ。
自己開発書をたくさん読むのはいいが成功した内容を描いたものではなく、
大失敗した内容はあまりない」と指摘した。

彼は「成功した人々の行動がまるで正解であるようになっている結果論的な自己開発書の中の
成功よりも失敗の方がもっと役に立つこともある」とし
「若者たちに肯定的な効果を与えるためには、自分開発書など、成功の書籍ではなく
失敗のストーリーがもっと意味があるのではないか」と批判した。

彼の格別な本への愛情が、記者の目と耳を捕らえる瞬間だった。

こちらから記事の本文がご覧いただけます。

  • 2014-03-07

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-06

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン海兵隊、
真面目な青年ユン・シユン出口のない魅力


ユン・シユンの海兵隊志願の消息を聞いたネチズンたちが様々な反応を示した。

ユン・シユン海兵隊志願消息を聞いたネチズンたちは
「ユン・シユン海兵隊の志願なんてカッコイイ」、
「ユン・シユン海兵隊の志願なんてこの人、出口がない」、
「ユン・シユン海兵隊、あの少年のような顔で海兵隊なんて想像が出来ない」などの
ユン・シユン海兵隊志願ニュースに驚きを現わした。

他のネチズンたちは
「ユン・シユン海兵隊志願すれば合格するだろう?」、
「ユン・シユン海兵隊志願で合格すれば、もう一つ作品してから行って欲しい」、
「ユン・シユン海兵隊合格すれば、熱心にするはず」などの意見を伝えた。

何人かのネチズンたちは
「ユン・シユン海兵隊志願もそうで、いつもボランティア活動することもみると本当に真面目な青年だ」、
「ユン・シユン海兵隊合格すれば、ヒョンビンの後輩騎手になるのか」
などの反応を見せた。

一方、ユン・シユンの軍入隊と関連しユン・シユンの所属事務所タクシーエンターテイメントは
3月4日、「ユン・シユンは去る1月KBS 2TVドラマ『総理と私(仮)』の撮影当時、
海兵隊に志願し現在、その結果を待っている。出来れば静かな入隊を希望している」と述べた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-05

3月限定!直筆サインプレゼント企画スタートのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

<3月限定!直筆サインプレゼント企画>
現在、FC公認ショップ(イノライフ)で販売されている
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVD
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVD
の上記2商品の中で、いずれか一つの商品をご購入したお客様の中から25名様を抽選し
『直筆サイン入りグッズ』をプレゼントします!



●期間:2014年3月5日(水)〜3月31日(月)

●対象:
FC公認ショップ(イノライフ)で
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVD(先行予約販売)
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVD
を3月5日(水)から3月31日(月)までにご購入されたお客様

●プレゼント:
シユン君直筆サイン入りグッズ(すべてサイン入り)
マグカップ、エコバッグ、ユン・シユンin沖縄DVD、
2012 YOON SIYOON 1st Fan Meeting in TOKYO 『KIZUNA』DVD、
写真(フレーム付き)、センス、チェキ、ぬいぐるみ

・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVDから15名
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVDから10名

※このイベントはFC公認ショップ(イノライフ)にてご購入された方のみ対象になります。
※プレゼントは4月7日(月)以降、当選者のみに発送いたします。
 (購入された商品とは別の発送となります。)
※当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
※プレゼントの選択はできかねます。ご了承下さい。


シユン君直筆サイン入りグッズが貰える3月限定!プレゼント企画をぜひお見逃しなく!

>>販売ページはこちら

  • 2014-03-04

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン側「4月軍入隊確定じゃない」

俳優ユン・シユン側が4月軍入隊の報道について
「確定した事案ではない」と明らかにした。

ユン・シユンの所属事務所タクシーエンターテイメントは
4日午前浮上したユン・シユンの4月入隊プレスに関連し、
「現在の海兵隊志願の結果を待っている」とし
「入隊時期が確定されていない」と述べた。

所属事務所は「ユン・シユンは去る1月KBSドラマ『総理と私(仮)』の撮影当時、
海兵隊へ志願しており、現在、その結果を待っている」とし
「来月入隊確定の報道は誤報」と伝えた。

所属事務所は
「これまでユン・シユンは、大韓民国の壮健な青年として
軍服務履行に関して強い意志を示している。
また、一般兵と比較して遅い入隊であり、
当然履行しなければなら国防の義務について
他の兵たちに被害を及ぼさないような静かな入隊を希望している」
と明らかにした。

続いて「ユン・シユンは、入隊までの残りの期間中も
熱心に活動する姿をお見せできるように努力する」としながら
「入隊日が分かり次第、公式の方法でお知らせする」と付け加えた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-03

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、視聴率よりも作品がよければOK

演技ほど待つのも重要!

二十代と三十代の境界線、二十九の俳優ユン・シユンは
「大人」と「子供」の間に立っている。
ただ年齢のことではない。「子供の心を持ったまま大人を勉強している」という
ユン・シユンは自分を「大人子供」と定義した。
「大人子供」の曖昧さのせいか、ユン・シユンとの会話はとりとめもなく流れた。
しかし、終始真剣で大変愉快だった。

振り返ってみるとユン・シユンは、
いきなり登場し、深々と刻印されて、誰よりも早く成長した。
2009年MBC『明日に向かってハイキック』のジュニョク学生で
一躍スターダムに上がって、2010年KBS2『製パン王キム・タック』の
キム・タックで視聴率50%台のドラマの主人公だった。
「いつも善良なドラマに出演した」と回想した彼は、
再び子供のような心を持ったキャラクターを演技した。
ユン・シユンは最近放送終了したKBS2ドラマ『総理と私(仮)』で
クォン・ユル(イ・ボムス)の実行課長であり、
ナム・ダンジョン(ユナ)の守護天使カン・インホに扮した。

運が悪かった。
同時間帯には既に放送されているMBC史劇『奇皇后』が先頭走者に出て、
SBS『暖かい一言(仮)』も「不倫」を素材にマニア層を形成した状況だった。
「視聴率を気にしないというのは嘘でしょう。
しかし、その悩みは自分自身を不幸にします。
私は作品が良ければ出演します。ドラマが絵であれば俳優はクレヨンです。
森を描きたいのであれば緑が主人公になるんでしょう。
しかし、私は赤のクレヨンです。お日様にもなれるし、バラの花にもなれるでしょう。
絵の中の分量が重要なのではないです。
私はクレヨンで絵でどれだけ表現されたのかが重要なのです。」

サン=テグジュペリの童話『星の王子様』の中の王子は
「ボア蛇が象を食べる場面」を描いていましたが、みんなその絵を「帽子」と思った。
何を見たとしても正解はなかったかのようにユン・シユンの現在を
おろそかに「大人」、「子供」あるいは「大人子供」として定義することはできなかった。
しかし、今後もユン・シユンは、このような枠組みに閉じ込められず、
純粋な心を秘めたまま、動く予定である。

「俳優は演技を上手くするのと同じぐらい、上手く待つことも重要なことです。
俳優が他の職業よりも収入が多い理由も待つ分が含まれているからだそうです。
座って待ってても、立って待ってても結果は待っていることですね。
だから私は今日楽しく出来ることをしながら幸せに待つのです。
快楽ではなく、私に役立つ幸せなことをしながら、次の作品を待っていたい(笑)。」


読書好きらしく、長く読みます

ユン・シユンは、現場でも本を手から離さない俳優として有名である。
「本の虫」、「活字中毒」という愛称がつくほど。
書斎に3千冊の本があるほど、特別な「本の愛」を誇るユン・シユンと一緒に
来る春には一緒に本!本!本!本を読みましょう。

>初めて、お小遣いではなく自分の収入で購入した本は?
子供の頃からお小遣いの90%は本に使った。
高校を卒業して初めてバイトをして、そのお金で書店に行った。
当時買った本は『グッバイ怠惰』である。
一日に少なからずあなたの意志で目的とするものを成していくことができれば
怠惰な生活ではないという内容である。
むしろ自分自身ではなく、他の人のために義務的に生きていくのが
むしろ怠惰な生活ということだ。

>書店に行って本を選ぶ基準は?
まるでクラブで男がナンパするのと同じではないかな。
ただ惹かれるのだ。
>最近はどんな本を読む?
作品が終わった後は感情的に消費されるものが多い。
だから宗教的な本を読みながら、これまでのものを整理して反省する時間を持つ。
現在は『創世記』を読んでいる。

>自分だけの読書の方法があるとしたら?
私の好きなものを読む。
「読書潔癖症」が読書を妨げる第一の理由だ。
多くの人が読破したり、一冊の本を完全に理解していないと恥ずかしいと思う。
私は読まなくても買って本棚においておく。
そうして数年が経ち、ある瞬間気になる時があるなら
疑問が解消されるまで読む。それが読書の出発点である。味だけみるのだ。
映画も同じだ。「見ていれば面白くなるから見続けて」という言葉が一番嫌い。
映画はオープニングからおもしろくなくちゃ。オープニングは、演出の花だと思う。
観客が何時間も座って映画を見ることへの信頼であり、紹介だと思う。

>『星の王子さま』を集めていると聞きましたが?
海外スケジュールがあれば書店で必ず『星の王子さま』を買う。
どこの国に行ってもあるから。現在16冊ほど集めた。
ファンの方から多くプレゼントでもらったりして。
日本版のみ8冊、子供のバージョンもある。

>おすすめの本があったら?
春になると寂しくなるシングルの人たちのために『NOデート』という本を推薦する。
青年たちに問いたい。人生の中で一人だけの時間をどれだけ持ってたか。
恋愛中の人間の愛も美しいが一人だけの時間にも出来る意味のあるものが多い。
それに集中していると待つ中で、運命の相手があらわれるはず、
そこから残りの50年間の生涯をその人のために忠誠を尽くすのだ。
私も今寂しくてたまらない(笑)。
しかし、シングルだけの特権がある。
車にその本があるが、バレンタインデーにチョコをもらってないことを忘れることができた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-28

韓国ツアー シユン君との写真撮影に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

3月に開催する
「SIYOON's WHITE DAY in SEOUL」での写真撮影に関するお知らせです。

今回のイベントでのシユン君との写真撮影は
参加者様ご自身の携帯電話かカメラ(デジタルカメラを含む)での
撮影とさせていただきます。

ツアーに参加される方は、携帯電話・カメラを忘れずにご持参ください。

よろしくお願いいたします。

  • 2014-02-27

プレゼント企画のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

<3月限定!直筆サインプレゼント企画>
現在、FC公認ショップ(イノライフ)で販売されている
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVD
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVD
の上記2商品の中で、いずれか一つの商品をご購入したお客様の中から25名様を抽選し
『直筆サイン入りグッズ』をプレゼントします!

●期間:2014年3月5日(水)〜3月31日(月)

●対象:
FC公認ショップ(イノライフ)で
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVD(先行予約販売)
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVD
を3月5日(水)から3月31日(月)までにご購入されたお客様

●プレゼント:シユン君直筆サイン入りグッズ
 (プレゼントの詳細は追ってお知らせいたします。)
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVDから15名
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVDから10名

※このイベントはFC公認ショップ(イノライフ)にてご購入された方のみ対象になります。
※プレゼントは4月7日(月)以降、当選者のみに発送いたします。
 (購入された商品とは別の発送となります。)
※当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
※プレゼントの選択はできかねます。ランダム発送になりますのでご了承下さい。


シユン君直筆サイン入りグッズが貰える3月限定!プレゼント企画をぜひお見逃しなく!

  • 2014-02-26

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「劇中いつも片思い…現実で本当の恋愛をしたい」

29歳だとは信じられなかった。
30代を控えているが、少年のような顔をしていたユン・シユン。
しかし、インタビューが終わった時は落ち着いている口調と考え方が
20代と感じられないほどだった。

『総理と私(仮)』を終えたあと会ったユン・シユンは
忙しい撮影に疲れたように見えたが、一言一言に力を入れて言って、
慎重で積極的に自分の意見を表明した。

「今のインタビューを私の人生の最後だと思ってしている」と
インタビュー一つにも熱意と誠意を尽くすユン・シユンの姿は、
彼がどのように生きていくか推し量ることができた。


◇「既存のイメージを否定するのは謙遜していない態度」

ユン・シユンは『総理と私(仮)』で今まで見せなかったイメージを見せてくれた。
少年のように明るくて純粋な青年だったユン・シユンは
『総理と私(仮)』で復讐心に駆られた総理実行課長カン・インホの役で知的だが、
冷笑的なキャラクターに変身した。

「落ち着いたキャラクターだから演技をする時の感情を心の中で表現しようと努めた。
何を考えているのか見えないようにしようとし、セリフよりト書きに気を配った。
キャラクター日記やサブテキストなどを作って、その人物に対して考えた。」

既存のイメージを脱ぐための意図的な選択ではないのか知りたかった。
このような質問にユン・シユンは
「常に新しいものを追求しようとするが、
既存のイメージをすべて否定することは謙遜していない態度だと思う」
と話し始めた。

「ぴったりカン・インホに変身をしようとした。
前作である『となりの美男<イケメン>』と比べた時はそうだが
実際には多くのことを試みたのではない。
自分が理解し、私の性格の中でできることを選択した。
もし冷たくて復讐心に包まれた人物でイメージ変身をすることであったなら、
この作品を選択しなかったはずだ。」


◇「ドラマでは片思い…現実には本当の恋愛をしたい」

ユン・シユンは『総理と私(仮)』を通じてもユナに片思い演技を繰り広げた。
メインカップルであるイ・ボムス、ユナは手強いケミカルを発散して視聴者たちの支持を受けた。
しかし、ユン・シユンは「インホとダンジョン(ユナ)とのラブラインが愛を受けたのは、
視聴者が楽に見ることができた場面だったからだ」と謙虚に答えた。

デビュー作『明日に向かってハイキック』で
シン・セギョンに片思いするジュニョク役で片思いの代名詞となったユン・シユン。
以来、『となりの美男<イケメン>』で劇序盤パク・シネに片思いして熱烈な求愛をした
『総理と私(仮)』でも、最終的に片思いで終わってしまった。
毎回彼に片思い男の役割が入ってくる理由は何だろうか。

「片思いだけでなく、懐かしさの感情が多いようだ。
それが慣れていて楽だ。そのようなところを正直に見てくださったようで感謝している。
実際、現実では愛を成して作品では片思いしていることもいいだろう。
誰もが片思いの感情を持っているので、それを美しく表現することができるというのがうれしい」

現実では片思いではなく、本当の恋をしたいというユン・シユンは、
実際に恋愛事業を休業してから3年目と告白した。
寂しいがだからといって簡単に出会うのも嫌いだと、まだ運命を待っていると答えた。
演技だけでなく、恋愛に関してもしっかりとした所信があって
これは執着ではなく、慎重な彼の性格から出てくるということが分かった。

「もちろん、周りに良い方々がたくさんいますが、運命、縁というのがあると思う。
それが愛なのかを確認するのに慎重でなければならない。
私は女性に愛されるより信頼されるのを望んでいる。
愛は、私があげたい。
ところで、信頼というのは長い時間が必要じゃないか?
私が追い求める愛は信頼をベースに会った時だ。」

 
◇「読書は不安に勝ち抜く私だけの方法」

デビュー作から少なからず注目を受け、初主演作である『製パン王キム・タック』は、
驚異的な視聴率を記録した。キム・タックを通じて大衆的な認知度を得たが、
ユン・シユンはレッテルを貼られた。
以降の作品が良い成績が得られない時にどうしようもない苦言を聞かなければならなかった。

これにユン・シユンは
「焦りがないというのは嘘だ。しかし、視聴率は私がなんとかできない領域である。
私ができることを心配すべきだと考える。私は見た人は満足させることができる作品をしたい。
だから、作品を選択するとき温かい作品を選択することになる。
幼い時から今までの童話のような話が好きで、そのような演技をしたときに
最も感情移入がよくできる」と演技所信を明らかにした。

活字中毒と呼ばれるほどの本に特別な愛着を持っているユン・シユンが
本を読む理由も彼の演技、芸能界生活と関連していた。

「芸能界生活をしながら、それぞれ不安があり、それを乗り越える方法が異なると思う。
私には読書が不安を勝ち抜く方法である。知らなかった何かを知っていくのが嬉しいし
危機にも打ち勝つことができるようだ。
たくさんの本を読むと、攻撃力は上がらなくても、確かに防御力は高まる。」

タバコは一度も吸ったことがなく、お酒も酔っ払うほど飲まない。
作品のために落とした体重は、まだ維持している。
理想とする異性も自分と同じ境界を持つ女性を探した。
外国語の勉強にも熱心だし直接運営していたSNSもやめた。
20代なのに「神父」のように節制された生活をしてないかと尋ねたところ、
意外な答えが出た。

「欲が多い方なのでそうだ。夢が多く、多くのことを望むので我慢して耐えるのだ。
SNSは、言葉に気をつけようと停止した。失言をすると悪口を言われるのが当然だ。
しかし、今は考えを何かと決めて表現するといけないと思う。
こういうことも、ああすることも出来ることを受け入れて考えを断定しないほうがいい。」

演技はもちろん、自分の生活の中にも確固たる信念を持っている俳優ユン・シユンは、
大衆に信頼感を与えるわずか5分であっても投資できる俳優になりたいと言った。
一日一日を熾烈に生きて学ぶことを当然だと思う彼の行動は、すでに信頼を与えるに十分だった。
これから彼の残りの演技人生を見るだけだ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-24

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『総理と私(仮)』ユン・シユン、
「カン・インホスーツファッションは激しい悩みの結果」


ドラマは終わったが、ユン・シユンはまだその余韻から抜け出せずにいた。
去る2月初め放送終了したKBS2TVドラマ『総理と私(仮)』で
無口で真面目な総理実行課長「カン・インホ」役を引き受けて熱演したユン・シユン、
3か月間夢中になっていたカン・インホという人物と、ゆっくり別れている彼に会った。


「格好つけて演技したくなかった」

「出し切ったと言えます。私のできる努力、悩み、苦しさをすべて出し切りました。」


ユン・シユンは『総理と私(仮)』で総理イ・ボムス(クォン・ユル役)の
実行課長であり、ムチャクチャ女性記者ユナ(ナム・ダンジョン)を黙々と守ってあげる
カン・インホを演じて視聴者たちに多くの愛を受けた。
既存の作品を通じて見せた姿とは違って、彼は今回のドラマで一皮剥けたような
新しい顔を見せた。

「心の中に嵐が吹き荒れているがセリフには力を抜きました。
格好つけるように、冷たいふりをするキャラクターになるか心配したからです。
インホは冷静で冷たい人物ではなく、落ち着いたキャラクターであるべきだと思いました」

ユン・シユンは、セリフの力を抜いて目つきと行動、声、雰囲気などト書きに含まれた
インホの内心を密度あるように描写することに集中したとした。
毎日カン・インホの立場で日記を書いたほど、自分が引き受けたキャラクターを絶えず研究し、
分析する彼は努力派演技者であることが明らかになった。


短い髪とスーツファッションで女心を捕まえた

キャラクターの完成度を高めるための彼の努力は演技で終わらなかった。
カン・インホを完璧に表現し出すために、ファッションやヘアにも気を使った。

「同じスーツだがどのようにすれば異なって見えるかを悩みました。
基本的なスーツは、できるだけ避けてたんです。
かわりにフォーマルなスーツの上に若い感じのコートを着て反転を与えたり、
スーツのジャケットなしでベストだけにしてこだわらないキャラクターを
見せようとしたんです。」

こうして誕生したファッションがスリムなセミカジュアルスーツの
「カン・インホルック」である。
シャープな感じを倍増させたショートヘアも
ユン・シユンがスタイリストに直接提案したアイデアだ。

「今度は短くしてみようと言いました。
短い髪が理路整然として信頼感を与える劇中のキャラクターに合うようでした。
男はヘアスタイルに心構えや性質を多く露出するようです。
ドラマ『となりの美男<イケメン>』を撮る時は
明るくてカールが多いヘアスタイルでキャラクターの自由奔放さを現わしましたよ。」

これまで見せてくれたユン・シユンのヘアスタイルはいつも話題になっていた。
『私も、花!』(MBC)でのダウンパーマ、 『となりの美男<イケメン>』(tvN)の
シャドウパーマなどの作品の中で見せてくれた様々なヘアスタイルのユン・シユンは、
本人に一番よく似合うヘアーで別名『チャンスタイル』を挙げた。
『チャンスタイル』はウェーブのない髪を一方方向に整え、
ダンディーな感じを与えるスタイルだ。

「私は、全体の印象や顔型がシャープな方だから派手なヘアより
軽く暗い色の落ち着いた髪が似合います。
だからなのかそのスタイルをしたときに(ファンの方が)好きでした。」

ユン・シユンは、スタイリングのコツも伝えた。
彼は「『チャンスタイル』を演出する時、
髪の両側が浮くのを防止するためにストレートパーマをあてるのがコツ」
とノウハウを公開した。


「俳優は『モムチャン』も『モムクァン』にもならなければ…」

※モムチャン−鍛え上げられた美しい体、マッチョ
※モムクァン−マッチョとは正反対の体形


ユン・シユンは昨年12月、『総理と私(仮)』の出演のために7kgを減量して
話題になったことがある。
彼は減量のために食事療法に加え、過酷な運動を並行した。

「一ヶ月以上、米を含む炭水化物の摂取を控えるなどした。
ヒートテックの上にビニール製のトレーニング服を着たままランニングマシーンを走った。
トレーニング服の間で体の熱気があふれ出たんです。
映画一本をつけて置いて早く歩くように走りながら
映画が終わってエンディングクレジットがでる3〜4分間
最大速度で走れば体脂肪がグイグイ落ちます。」

ユン・シユンがこのように体重を減量した理由は、
作品の中のキャラクターと似合う体を作るためだった。
『総理と私(仮)』だけでなく、過去のドラマの中でも、
彼はキャラクターに似合う体を披露するために努力したと言う。
『私も、花!』で見せてくれた腹筋、『製パン王キム・タック』で披露した
腕の筋肉が彼の努力を端的に示す例だ。

「キム・タックキャラクターを表現するとき、腕の筋肉をかっこよく見せたかったです。
料理漫画でシェフが袖をあげる場面を見ると、腕に筋が見えますが、
それが製パン職人キム・タックというキャラクターが到達することができる 『最高のオシャレ』と考えました。
俳優の体は、『バランスよく』いるべきだと思います。
『モムチャン』も『モムクァン』も表現出来る体を育てることが目標です」


「待っている俳優」ユン・シユン

ドラマ放送終了後、ユン・シユンは山を登ったり、
近所のジムでボクシングを楽しみながら、久しぶりの余裕も楽しんでいる。
まだマネージャーには知らせてないが、旅行にも必ず行くと言った。
休憩を介してカン・インホというキャラクターと別れている彼は、
別の良い作品を待っているところだ。

「俳優は待つ人のようです。良い俳優だとよく演技して、よく待つのが重要だと考えますね。
多くの作品が出来なくてファンの方々いつも申し訳ありませんが、
失望させないために、常に良い作品を待っているのだから信じててお待ちください。
美しいドラマが出てきたら、どんな位置にでも入って、
そこから幸せな笑顔の演技をしたいと思います。」

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-21

2月12日に行われた『スポーツソウル』のシユン君のインタビュー映像を
皆さんにご紹介します。

2月12日に行われた『スポーツソウル』のシユン君のインタビュー映像を
皆さんにご紹介します。



©スポッツソウル

「リゾート地で、本を読む人」ユン・シユン
「他人は理解できない」


【ユン・シユン】
スポーツソウル.com読者の皆さんこんにちは!
ユン・シユンです。お会いできてうれしいです。


 
Q.『総理と私(仮)』終わってからどのように過ごしたか?

少し寝て、友人にも会って、読めなかった本も読んで過ごしました。
引き受けた役とは異なる印象を与えるかもしれない本は
なるべく読まないようにしてました。
愉快な本を読めなかったです。

 
Q.読書好きで有名だが?

いつ読むのかによって異なると思います。
どんな気分と状況で読むのかによって、同じテキストでも
違って見えるようにもなり、他の悟りがある時があります。
他人が私をよく理解できないことの一つは、
リゾート地に行くと私は本を読むんですよ。私にはそれが休みです。

 
Q.昨年バラエティーにも挑戦しましたが?

またそんなコンセプトの機会があればやってみたいと思います。
ところが、そのやってみたいというのが作られたキャラクター、
または、私の人気や認知度のためのバラエティーではなく、
私がもともと持っている姿…つまらない人だが、そのような自然さを望む方がいれば
喜んで出演してみたいです。

 
【ユン・シユン】
いつのまにか4年目の俳優になりました。
これからは幸せに働く方法を作ろうとしています。
素敵な姿もいいけど、幸せな姿で、次のドラマをお見せ出来る私になります。

新年、福いっぱいもらってますよね?(笑)

  • 2014-02-20

「となりの美男<イケメン>」放送情報のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユン君主演の「となりの美男<イケメン>」放送情報をお知らせいたします。

◆長崎国際テレビ
 2月26日(水) 9:30〜

◆CS朝日
 3月3日(月) 13:30〜(2話連続)

>>放送スケジュールはこちら

  • 2014-02-19

韓国ツアー2次募集締切の案内です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

『SIYOON's WHITED DAY in SEOUL』
2次募集締切は明日、2月20日(木)18:00となります。

>>申込はこちらから

入隊前のシユン君と韓国での思い出を作る最後のチャンスをお見逃しなく!

  • 2014-02-18

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、「今年入隊‥すべて出していく」

俳優ユン・シユンが女心を刺激するポーズでフンナムの模範を見せた。

去る2月4日に終了したKBS 2TV月火ドラマ『総理と私(仮)』で
カン・インホ役で熱演したユン・シユンは
11日ニュースエンとのインタビューに先立ち写真撮影を進行した。

『総理と私(仮)』に合流する前にSBSバラエティー『素足の友達』に出演し
太ってしまったというユン・シユンは、 7kg減量した姿でカメラの前に立った。
彼は「カン・ホドンさんの側にいるから、朝から夕方まで食べてお腹が大きくなってしまった」とし、
「カン・ホドンの効果で4〜5kg太った上、3kg追加でさらに太った」と当時の記憶を思い出した。

以後行われたインタビューで、ユン・シユンは
『総理と私(仮)』ビハインドストーリーとイ・ボムスに対しての尊重、活字中毒、
バラエティーの出演計画、軍入隊計画などについて素直に打ち明けた。

特にユン・シユンは、軍入隊計画と関連して、
軍隊を旅に例え、自分の中にあるものを全部出して、今年行くという意志を現わした。

一方、『総理と私(仮)』のユン・シユンは、
実兄の復讐のためにクォン・ユル(イ・ボムス)総理に接近した実行課長、インホを演じ
ナム・ダンジョン(ユナ)を守ってくれる守護天使の愛とクォン・ユルクへの怒りが
こもった演技を披露して視聴者たちの心を捕らえた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-17

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、「<俳優>は高貴で神聖な職業です」


童顔だが、いつの間にか29歳、最後の20代を過ごしていた。
2009年MBC『明日に向かってハイキック』でいきいきとした高校生を演じながら
成功的なデビューをし、もうデビュー5年を過ぎた俳優ユン・シユンである。
最後の20代、ブラウン管の中の姿よりも真剣だった彼に俳優という職業はどんな意味だろうか。


◆「俳優は選択された高貴な職業、限りなく待つことができなければ」

2009年MBC『明日に向かってハイキック』は、
2006年に放送された『思いっきりハイキック』の
人気をそのまま継続した。加えて主演にキャスティングされた
KBS 2TV『製パン王キム・タック』は、40%を越える視聴率を記録しながら、
デビューと同時に売れる俳優に浮び上がった。
当時、新人俳優に過ぎなかったユン・シユンは、いつのまにかデビュー6年目を見つめている。
時間が経っただけ演技に対して限りなく真剣で良い俳優になるための修練をしていた。

ユン・シユンは「スコアが一生付いて行きますね。
名演として知られているのではないでしょう。
今はスコアではなく、質を見せたい。
時にはスコアを見て<下落>という言葉がついて来るんですが
演技で見なければならないと思います。
だから、自分に質問をし二つのことをテストしてみたかったです。
一つは<地上波でなくても作品が良ければ>と
<主演ではなく助演だが、先輩の下で学ぶことができる作品>
二つのことを自分自身に質問をすることを決心しました」と
ドラマに相次いで出演した張本人だが、
謙虚な姿を見せた。彼は俳優として視聴率にこだわらず、
ひたすら視聴者たちに良い演技を見せてあげたいと
抱負を明らかにする夢の多い俳優だった。

一般的に「大ヒット」と言う作品は、視聴率が高いドラマを意味する。
運と実力が共存する必要がある「大ヒット」作品を経験したユン・シユンは
限りなく肯定的であった。彼は「俳優」という職業を「選択されて待つ職業だと思います。
カメラがオンになると演技をして、カメラがオフになると待つのが俳優でしょう。
俳優として修練をしながら次の作品を待っていることを重要に考えています」と
「もどかしい気持ちがしたりもするがそうならないように頑張ってます。
良い俳優は上手く待つ俳優だと思うし、俳優としての宿題と修練です。
試行錯誤もあるだろうが、後で後輩たちに待つことについてのアドバイスもしてあげて、
良い例になりたい」と述べた。


◆「大衆に信頼される俳優、わずか5分だけ機会をくだされば嬉しいです」

合計6本のドラマと2本の映画に出演して名前を知らせたユン・シユンである。
彼は子供の頃から夢見てきた「俳優」という職業について貴重で神聖な職業だと述べた。
夢を成し遂げてカメラの前で演技をしているユン・シユンだが、
30代を見据える今、彼の最終的な夢は別にあった。
ユン・シユンは「大衆に演技で信頼をされたいです。
私はそんなに完璧で素敵な人ではありません。
ただ、自分が信頼を与えることができる人になりたいです。
チャンネルを回していて5分だけ見ていただきたいと思います。
5分だけ見ても見たくなるようにしたいしそうするために、
普段から準備も徹底的にしています」と伝えて
演技一つで大衆に信頼を与えることができる、
演技が上手な俳優になりたいと願っていた。


◆「端役でもいいから多作をしたいです」

最近『総理と私(仮)』に出演した。
主演だったが、イ・ボムス、ユナの愛が主なストーリーだった『総理と私(仮)』で
ユン・シユンはイ・ボムスの実行課長だった。
主演にもかかわらず、イ・ボムスとユナに比べてやや少ない分量だったが、
ユン・シユンと『総理と私(仮)』はかけがえのない作品だった。
ユン・シユンは「多作俳優になりたいです。長い間、しなければならないですね?
非常に小さな端役でも多作俳優なら夢をかなえることができると思います」と語り
「『総理と私(仮)』はそのような意味で主人公の自尊心、視聴率の心配、イメージの改善など
付随的なものに<幸せだな>ということを感じ、過去を振り返ることができる
きっかけになったと思います。<演技をする自体が幸せだな」という気がした作品であり、
「演技自体が楽しいんだ」と悟るようにしてくれた大切な作品です」と
『総理と私(仮)』放映終了後、多くのことに気づいたと明らかにした。

『総理と私(仮)』でクォン・ユル(イ・ボムス)は冷たいが、
自分の好きなナム・ダンジョン(ユナ)の前では、甘くて優しい人
カン・インホを演じたユン・シユンは
「心の中にあるスペクトルをたくさん持って行かなければならないキャラクターです。
セリフよりト書きがより重要だったと思います。そのため、本音が何かによって違うように見え、
まるで縛られている糸巻きを解かなければなら人生の重さが感じられました」と言いながら
「私を表現するよりも、いつも我慢する姿がクォン・ユルとソ・ヘジュ(チェ・ジョンアン)の前で出てきました。
それを感じるために同じような本を見て研究もしましたし。
ナム・ダンジョンの前では荷物はしばらく下に置いて椅子になったようです。
ナム・ダンジョンに対し格好いい男を演じてはならず避難所のような、気楽さを与えようと努力しました」
と骨組みを与えると、そこに肉を付けるのは、まさに演技者と表現した。

29歳を生きている20代の俳優ユン・シユンには「俳優」という職業はとても大事だった。
初期の大ヒット作品を経験したユン・シユンだったが、今後、「俳優」として走っていくべき方向性について
延々と悩んで慎重だった。したい演技があると出るよりは、「消化することができる演技」で
大衆に信頼を与えることができる俳優になりたいと言うユン・シユンである。
もうすぐ入隊、30代を控えている真面目な青年ユン・シユンのまっすぐな夢を応援してみる。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-14

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、「すべての作品がターニングポイントであるべきだ」

2014年にも士がいるとしたら、おそらくこのような姿ではないかと思う。
一言もぞんざいにすることなく、話す表情と声には自信を超えた確信に満ちている。
「善良だ」、「真摯だ」という言葉で言い表すことができない不思議な魅力は、
直接向き合った俳優ユン・シユンのイメージだ。

そんなユン・シユンは、過去3か月間KBS2『総理と私(仮)』の中でカン・インホとして生きていた。
ドラマの中、総理クォン・ユル(イ・ボムス)の妻ナム・ダンジョン(ユナ)の
守護天使を自任して黙々と彼女を守った男カン・インホ。
表面に現れる姿ではなく、自分の選択に責任を持つ「本物の男」の魅力を描きだした
ユン・シユンは『総理と私(仮)』を通じて『明日に向かってハイキック』、
『となりの美男<イケメン>』などの作品が残した、明るくて軽快なイメージを消して
「男前」に生まれ変わった。

「焦りはしません。作品は終わったが、ゆったりしないようにしてます」
今後の計画に対した答えも彼らしい慎重さがにじみ出る。
かつては彗星のように登場し、大衆の心を捕らえた一人の男は、
耐え忍ぶ時間を経て、再び俳優として飛び出すその日を夢見ていた。
慎重ながらもよそよそしく、ユン・シユンだけの方法で。


Q. 3ヶ月をカン・インホとして生きていた。作品を終えた所感が気になる。
いつものように名残惜しい気がする。
濃く残っていた名残惜しさは打ち上げでなだめて来た。
何日目か分からない。昨日もイ・ボムスとユナの分まで一杯だった。(笑)

Q.『総理と私(仮)』製作発表会当時「今回の作品を通じて内面の感情を引き出したい」と話した。
 成果はあったか。

前作ではほとんど感じる感情をすべて表現するキャラクターを演技した。
カン・インホは少し違っていた。心の中には火のような感情があるが、
表面上は落ち着く必要があった。火のような総理と、誰よりも暖かいナム・ダンジョンとの間で
カン・インホは落ち着いて、しかし冷たくない人物でなければならなかった。
表面上の表現はしなくても目やセリフにその感情線を見せようとした。
できる限り最善を尽くした。毎日、日記も書いたほどだ。

Q.日記って。その日記の主体はカン・インホか、ユン・シユンか。
カン・インホだ。

表面上に表現される感情は演技の一部に過ぎない。
演技で何かを見せるためには、内面がまず、その人物にならなければならないと思う。
悲しいこと、嬉しいこと、すべてのことを書きながら内面世界を構築していくことだ。
常にすべての作品をそのように準備する。

Q.最初はうさんくさいカン・インホが後半部には、事件の全貌を知って
 大きな感情の変化を経験される。

まるで流行歌のリフレーンが無限に繰り返される感じだった。(笑)
各感情の最高点が互いに密接に繋がっていた。その流れを生かすのがカギだった。


インタビューに先立ち、テンアジアの女性記者が直接作った「手作りチョコレート」を
プレゼントされたユン・シユンは撮影中ずっと「おいしい!」と感嘆の声を吐き出した。


Q.劇中、ナム・ダンジョンとの関係はとても複雑で微妙だった。
実際にインホの愛はロマンチックな愛ではなく、ソウルメイトに感じる感情に近かった。
中盤にインホがダンジョンに告白する姿が衝動的に映ったのかも知れない。
ところで実際には、それが二人の深い感情線が繋がった結果だ。
そんなダンジョンとの関係がより具体的に明らかになったら良かったという惜しい気持ちはある。

Q.もし時間を戻し、インホとダンジョンの分量を追加で入れるとしたら
 どのような話が盛り込まれるだろうか。

インホとダンジョンは、重い現実の負荷の下で暮らす人々だった。
お互いの義務感や責任感が完全に消えた避難所のようなところで、
互いに交流する場面がもっと入っていたらもう少し説得力が高まったんじゃないかな。

Q.でもダンジョンを常に見守って黙々と支えるインホの姿では、
 あなたの演技で以前には見たことのない強い男の香りが感じられた。

『総理と私(仮)』に出演を決めて最も念頭に置いたのがその部分である。
インホが「私はすべての責任を負う」と言うところにすべてが込められている。
声を太くし外面を装うよりも感情線に集中したかった。

Q.一方、前作で披露した、明るく軽快なキャラクターを懐かしむ方も多かった。
 そんなキャラクターの表現があまりにも上手ではないか。

多様な姿をお見せしなければならない。
いつも作品を選ぶときは、その姿が私の中にいるかどうかを確認して、
演技する時は他の部分を押す。実際に幸せな演技がさらに難しい。
怒りを感じて悲しくても笑うのが、より現実味のない話ではないか。

Q.「俳優ユン・シユン」の『総理と私(仮)』での成果は何だろうか。
私も今年でもう29歳である。
もっと自分の人生に責任感が感じられる年齢に人として新たな演技を一歩試してみた。
ご覧になる方々があんまりぎこちなく感じなかったのが成果だ。
「勇気を得て、もう少しこの道を歩いてみても大丈夫だな」と考えるようになった。
これまで私がしてきた演技が「大人っぽい子供」だったら、
私は今 「大人」になっていく過程を過ぎているのだ。

Q. 「大人」になりたいというのは前作のイメージを脱したいと聞こえたりする。
抜け出さなければならない。
しかし、それは挑戦的な配役を引き受ける方式であってはならないと思う。
世界は私たちに早く大人になるようにするが、
実際には「子供」と「大人」の間には、省略できない無数の感情の段階が隠れている。
その時期だけに感じることができる感情を最大限、真実に表現していくこと。
俳優にはその過程が不可欠である。それがなければ、絶壁、傲慢と異なることが何か。

Q.あなたが考える「大人」の定義は何か。
日々最善を尽くして、自分の人生の責任を背負う人。
そうすれば、他の人にも幸せを与えることができる。
お金よりも重要なのが感情だから。幸せになる方法の種類の数が多くならなければならない。

Q.大人になった「俳優ユン・シユン」は、どんな演技をするんだろうか。
ある瞬間には、自然に父親役を演じないだろうか。
今までの私は野生に一人立っている青い青年だった。
歳をとって経験を積んで、私の生活の哲学は、私が正しいと信じているものが
演技に投影したら良いだろう。余談だが、しばらく前に映画「そして父になる」を見たが
本当に良かった。演技力と同じくらいその人の信頼感が重要だということを改めて悟るようになった。

Q. 『総理と私(仮)』はそのような心構えを確認するターニングポイントになったか。
私はいつも、すべての作品がターニングポイントでなければならないと思う。
持っているのは少ないが、全部出せるように努力する。
恥ずかしいが、まだ後退はしてないようだ。
毎回作品に死ぬほど集中して、問題点を探して分析し、努力すること。
その経験の総体が、今日の私だ。

Q.幸福、責任感、人生の哲学。何か人生の確信が感じられる言葉である。
人生に三度の機会があるとしたら、私はすでに一度のチャンスが来た。
『製パン王キム・タック』での視聴率の神話は一生私に付いて来る札だ。
それが私の素性だから。(笑)
人気や成功への負担を突き放す方法は、私がその状況を楽しむことだ。
普段親しいパク・ジニョンもそのような話をした。
「一度成功を手にした後、また別の機会を待っているのは欲だ。
楽しみながら生きて。何かを得ようとすると不幸になるしかない」と。

Q.その話をした時点ではパク・ジニョンが結婚する前か、後か。
もちろん、結婚前のことだ。(笑)

Q.あなたもすぐに30歳だ。演技に集中して恋愛は後回しなのか。(笑)
私はいつも待っている。本気だ。

Q.どんな愛を夢見ているのか。
「遊び」が合う人であれば良いだろう。
職業、趣味、生きる方法、言語など、すべてが違っても大丈夫だ。
ただ何かを享受してわずかな幸せを感じていく心が似ている人だったら良いだろう。

Q. 2014年2月14日、バレンタインデーだ。何かあるか。
バレンタインデーか…、他人の話ではないか?(笑)
冗談。いまだにときめく。まだその言葉を聞くと、何かが起こるような感じがする。
しかし今年のバレンタインデーは、なんか「そんな日があったか?」
と言いながら忘れるような悲しい予感がする。

Q.バレンタインデーを迎える若い男女たちのために一言。
愛に最も重要なのは勇気で、バレンタインデーは、その勇気が増幅される日である。
20歳を超えると人は仕事と愛で成長していく。
問題は、これをしなければ、精神的に成長が止まる。
この2つは人々を苦労させるが、経験を積むほど、ますます大人になる。
告白して振られても、損をすることことはない。
もちろん友達は笑うだろう(笑)
でも、経験は人を成長させて退化はさせない。
要するに、告白してと言ってる。
バレンタインデーは元々そのような日ではないか。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

281〜300/486件  ←←先頭へ  ←前へ  8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  次へ→  最後へ→→