INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2014-03-31

消費税率変更に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

2014年4月1日(火)から消費税率が8%になります。
それに伴いまして、
4月1日(火)以降、各ショップで販売している商品も消費税率8%を適用いたします。

何卒、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

  • 2014-03-28

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン『BIG MAN(仮)』で1人2役…
現代版「光海」に完全変身


※光海:朝鮮の15代目の王


©KBS

俳優カン・ジファンがドラマ版『光海』に扮する。
来る4月14日放送されるKBS2新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』でカン・ジファンは、
孤児として育った三流チンピラから一日で大韓民国上位1%の財閥グループの長男に変貌する姿を見せて
視聴者たちにとぼけた姿とカタルシス、びりっとした快感を与える予定だ。

『BIG MAN(仮)』は、昼には食堂でクッパを運び、夜には代行運転手の仕事をするが
いろんな事件・事故を引き起こしながら下流人生を熾烈に生きてきたキム・ジヒョク(カン・ジファン)が
いきなりヒョンソングループを背負っていく有力な後継者に指名されて
180度変化して行くドタバタ過程と一緒に、真のリーダーが何なのかを見せてくれる予定だ。

この姿が、まるで2012年、大韓民国を騒がせた映画『王になった男』と似た様相で、
『BIG MAN(仮)』を期待するファンの間ではすでに「現代版光海」という別名がついたほどだ。
朝鮮の王が殺害脅威にあってただの市場通りで生きて居たハソン(イ・ビョンホン)が
朝鮮の王の役をするようになり、民心を聞いて、正しい政治を繰り広げる姿は
2014年現在に入って『BIG MAN(仮)』として新しく生まれる。

孤児として生まれ、雑草のように踏まれながらも、より屈せずに自分の人生を生きてきた
ファイターキム・ジヒョクの紆余曲折の成長ストーリーは漫談師「光海」ハソンの姿を見るようだ。
下積み人生を生きてきた一人の男が現時代の真のリーダーになる過程をリアルに描き出すことで、
視聴者たちの期待を精一杯引き上げている。

また、ハソンを朝鮮の王に変身させたキングメーカーホ・ギュン(リュ・スンニョン)がいるように、
『BIG MAN(仮)』では、グループ経営について何も知らないジヒョクと経営の処世術とリーダーシップを
そばでアドバイスしてくれる協力者がいる。
イ・ダヒはヒョンソン家の運転手として働いた父の姿を見て、
必ず成功すると約束した野心的な女ソ・ミラ役を演じ
ジヒョクを助けながらどたばたストーリーを描いていく。

『BIG MAN(仮)』の制作陣は「『BIG MAN(仮)』は、この時代の真のリーダーとは何か、
2014年のこの時代が本当に望むリーダー像について面白いエピソードが加わり、滑稽に解放する予定だ」とし
「特にシリアスと面白さが共存する様々な魅力の俳優カン・ジファンを筆頭に、
チェ・ダニエル、イ・ダヒ、チョン・ソミンなど、ドラマ序盤の撮影から俳優たちの元気なエネルギーが
撮影場を埋め尽くしている」と伝えた。

一方、『BIG MAN(仮)』は、『太陽がいっぱい』の後続で来る4月14日初放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-27

『BIG MAN(仮)』の撮影を頑張っている
ジファンさんの最新写真を皆さんにご紹介します。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-27

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン「生きて呼吸する生演技をする」

『BIG MAN(仮)』カン・ジファンの初撮影現場スチールカットが公開された。

KBS2新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の制作陣は14日、
ドラマ初撮影現場スチールカットを公開した。
スチールカットの中の俳優カン・ジファンは緑のジャンパー姿で
食堂に座って食堂のオーナーと対立している。

カン・ジファンは今回のドラマに臨む心境で
「ドラマをすると、毎回格好良く出ようとばかり思いましたが、
今回の焦点は本当に生きて呼吸する生演技をしたいという気持ちで
フォーカスをそこに合わせました。
カン・ジファンではないキャラクターとして記憶される俳優になるために
最善をつくす」と伝えた。


©KBSメディア

劇中カン・ジファンが演じるキム・ジヒョクは
孤児として生まれ、下積み人生を生きていた男が突然、
財閥グループの長男という名前の新しい人生を得た人物である。
この過程で多くの傷を受けることになって、自分にとって大切な人を守るために
権力と不条理に立ち向かう姿を見せる予定だ。

カン・ジファンは前にファンカフェを通じて
「演技してから10余年がふわりと越えて、これまで沢山の作品をしたにもかかわらず、
震えるこの心は仕方がない。明日の午前最初のシーンなので早く寝ようと横になったが
3〜4時間ごろごろして結局眠れなくて起きてしまった。」
と初めての撮影を控えて素直な気持ちを告白した。

また、カン・ジファンはキム・ジヒョクのキャラクターにさらに没頭するために
わざわざ太るなどの努力をしたことが分かった。

一方、『BIG MAN(仮)』は来月14日、『太陽がいっぱい』の後続で初放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-26

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファンのワンマンショーを期待しろ


©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

俳優カン・ジファンの「二色の演技」を期待しても良さそうだ。

KBS 2TV新しい月火ドラマ 『BIG MAN(仮)』カン・ジファン(キム・ジヒョク)が
ヤクザから財閥男を行き来する「二色演技」で猛活躍を広げて
風変りな楽しさをプレゼントする。
『BIG MAN(仮)』は持っているもの一つなく生きてきたキム・ジヒョク(カン・ジファン)が、
ある日突然財閥系に入り、起こる事件・事故を迫力たっぷりに描き出す予定。
孤児として生まれ、遊べるだけ遊んで生まれつきの拳のおかげで、
裏世界を支配していたキム・ジヒョクは最下の生活を転々としていた下流人生のチンピラだ。

そんな彼が文字通り寝て起きたら迎えた「もうひとつの世界」は、
大韓民国を握っているヒョンソングループの長男という巨大な生活である。
このように、一夜にして大韓民国の1%になった彼が繰り広げられるの活躍は
既存に見られなかった風変りの喜びをプレゼントして、
時には愉快に、時には劇的な緊張感を伝えて視聴者たちの手に汗を握るようにする見通しだ。

特にキム・ジヒョクキャラクターはカン・ジファンという俳優と出会い、
より多くの光を放つようになると期待感を高めている。
「キャラクターとして記憶される俳優になりたい」と公言したカン・ジファンは
すでにキム・ジヒョクのキャラクターに夢中になっているという関係者の伝言だ。

カン・ジファンは「キム・ジヒョクは様々な魅力を同時に感じられるキャラクターだ。
ひとつではなく、いろんな顔の私をお見せ出来るキャラクターだからこそ、
初めてシナリオを受けた時から魅了されるしかなかった」と続き、
「なにもなく生きてきたキム・ジヒョクから最高の位置のカン・ジヒョクまで
正反対の姿を乖離感なくお見せしなければならないのでプレッシャーがないとは言えないが、
できるだけ楽しみながら撮影している。見守ってくださる皆さまに最善をつくす姿を見せたい」
と今回の作品のための無限の愛情を現わした。

一方、下積み人生で「ある日突然」大韓民国最高財閥グループの長男になった
カン・ジファンの活躍を期待させているKBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』は、
『太陽がいっぱい』の後続として放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-25

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、イ・ダヒ
命かけの追撃シーン公開「期待感UP」



©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

『BIG MAN(仮)』カン・ジファンとイ・ダヒの追撃シーンが公開された。

20日KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』製作会社側が
疑問の車両に追われるカン・ジファンとイ・ダヒの姿を公開し、
高クオリティな映像で武装した多彩な見どころを予告した。

『BIG MAN(仮)』は、孤児として生まれ、下積み人生を生きていた一人の男が
財閥グループの長男という新しい生活を得て広がるストーリーで、
新しい家族と世間から傷ついて壊れていた「BIG MAN」が、
自分が守るべき大切な人のために、世界の不条理に立ち向かう物語を描いた作品である。

公開されたシーンは、疑問の車両に追われるキム・ジヒョク(カン・ジファン)と
ソ・ミラ(イ・ダヒ)の命をかけた追撃シーンで関係者によると、
一触即発の状況の中で、感情移入を必要としたカン・ジファンとイ・ダヒは、
ほとんどの主要な場面を代役なしで消化する情熱を見せた。

また、このシーンは、ややもすると事故につながる可能性がある危険な撮影だっただけに、
これまで以上の緊張感であふれた状況。

しかし、カン・ジファンは長時間続く撮影で疲れたスタッフの士気を盛り上げるために
気の利いた話術を発揮するなど、ムードメーカーの役割をやり遂げた。

これだけでなくカン・ジファンは、女優のイ・ダヒを終始気遣い、
シートベルトを確認してあげるのはもちろん、「驚いてない?」と話しかけるなど
ジェントルマンの面目で撮影会場を温かくさせたという裏話だ。

これに関連し、ドラマのある関係者は
「俳優とスタッフたち皆、最初から入念に動線を確認しながら細心の努力をしただけに
素敵なシーンが誕生した」とし
「すべての苦労が込められた重要な場面で『BIG MAN(仮)』だけの迫力あふれる
見どころを提供する予定だから多くの関心お願いする」と伝えた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-25

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、イ・ダヒ、チョン・ソミン
リレーサプライズ誕生日パーティー「おめでとう」



©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』カン・ジファンの
サプライズ誕生日パーティー現場が捉えられた。

去る20日の誕生日を迎えたカン・ジファン(キム・ジヒョク)のために
『BIG MAN(仮)』の制作陣がサプライズ誕生日パーティーを準備して
強いチームワークを見せた。

この日撮影会場には早朝からカン・ジファンのファンたちが
彼の誕生日を記念して、コーヒーのトラックをプレゼントして
どんな時よりも活力があふれた。
ここでカン・ジファンのための
製作陣のサプライズ誕生日パーティーが続き、現場を熱くした。
特に、撮影が終わって進行された団体会食の席で、
制作陣はひそかに用意したケーキを登場させカン・ジファンを感動させた。
現場にいたスタッフたちは、誕生日の歌と一緒に歓声を上げるなど、
まさにパーティーの場を開いた。
これにカン・ジファンは、スタッフ一人一人感謝の挨拶を伝え
雰囲気を和気あいあいに染めた。

それだけでなく、先週末には15〜16日、一日違いで相次いで誕生日を迎えた
イ・ダヒ(ソ・ミラ役)、チョン・ソミン(カン・ジナ役)のために
製作陣たちが007作戦で準備したサプライズ誕生日パーティーが開かれた。
イ・ダヒは、感謝の意味で昼食を精算したのはもちろん、
チョン・ソミンも感謝の気持ちでどうしていいか分からない姿を見せ
温かさを加えたという裏話だ。

このように『BIG MAN(仮)』のスタッフたちと俳優たちは撮影序盤から引き続いた
祝い洗礼で笑いが絶えない仲がいいチームワークを築いている。
彼らの呼吸が最高の相乗効果を発散してブラウン管にそのまま伝わると期待感を集めている。

『BIG MAN(仮)』のある関係者は
「3人の主演俳優たちの誕生日がほぼ同じ日にあるのは偶然ではなく必然だ。
開始から幸せな日を一緒にしてるから作品も大ヒットしそうだ。
また、愉快な雰囲気の中で熱心に撮影に邁進しているので『BIG MAN(仮)』に
愛情のこもった関心お願いする」と伝えた。

一方、『BIG MAN(仮)』は、孤児として生まれ、
雑草のように生きてきた一人の男(カン・ジファン)が
財閥グループの長男という新しい人生を得るが、その中に隠された醜い事件が原因で
壊れて怪我をしながらも汚い世の中に立ち向かう話を描く。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-24

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、チェ・ダニエルと優れたスーツ姿


©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』だけで楽しめる味がある。

下積み人生を生きていた一人の男が財閥グループの長男になるという
新鮮な素材に風変りな楽しさをプレゼントする『BIG MAN(仮)』が
序盤から多彩な見どころが予告されて早くも期待を集めている。
ここで主人公カン・ジファン(キム・ジヒョク)、
チェ・ダニエル(カン・ドンソク)の極と極の魅力とビジュアルを同時に兼ね備えた姿が
公開されて視聴者たちを揺るがす見込みである。

公開された写真の中のカン・ジファン、チェ・ダニエルは180cmをはるかに超える
利己的な身長とがっちり体型が加わった優れたスーツ姿に見る人々に
楽しい見応えを与えてくれる。
二人の男は、毎回、目を離すことができない魔性の宴会を継続することを予告して期待を集めている。

また、劇中で愉快ながらも暖かい人間味を持った男に変身するカン・ジファンと
理知的なカリスマの冷徹ビジネスマンで登場するチェ・ダニエルは、
周囲の環境から性格、スタイルまで全く別の相反した魅力を発散する予定だ。
特に、二人の男は、女性が望む理想のタイプの条件を均等に分けて持ったまま
彼女たちのロマンを存分に刺激する。

一方、『BIG MAN(仮)』は、孤児として生まれ、
雑草のように生きてきた一人の男(カン・ジファン)が
財閥グループの長男という新しい人生を得るが、その中に隠された醜い事件が原因で
壊れて怪我をしながらも汚い世の中に立ち向かう話を描く。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-20

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、
役のために太る意志



©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

「『BIG MAN(仮)』カン・ジファン」

KBSドラマ『BIG MAN(仮)』に出演する俳優カン・ジファンが太って話題だ。

14日KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の制作陣は
カン・ジファンのスチールカットを公開した。

公開された写真の中のカン・ジファンは食堂でボサボサ頭と楽な服装で立っている。
カン・ジファンの服に付着した「大きくなる奴」、「何をしても出来る奴」というフレーズが目立つ。

劇中カン・ジファンの役キム・ジヒョクは孤児として生まれ、
下積み人生を生きて急に財閥グループの長男になる。
これにより生じる大きな変化に適応して権力と不条理に立ち向かう姿を描く予定だ。

カン・ジファンは、撮影現場でキャラクターにさらに没頭するために
わざと太るなど情熱を注いでいると伝えられた。

ネチズンたちは
「あ、カン・ジファン早く見たい。期待してますよ!」、
「カン・ジファン本当に本当に好き... 」、
「『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、面白そう。あまり固いだけのではないのが見やすい現実」
などの様々な反応を見せた。
『BIG MAN(仮)』は、『太陽がいっぱい』の後続で来る4月14日に初放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-19

ファンクラブの入会費・年会費変更に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

消費税増税に伴い、
2014年4月1日以降の入会費・年会費の変更に関してお知らせいたします。

■入会費・年会費関して
変更前:入会金 1,050円/年会費 5,250円(税込)
変更後:入会金 1,080円/年会費 5,400円(税込)

<消費税率変更に伴うメンテナス>
メンテナンス期間:2014年3月24日(月)18:00〜2014年4月1日(火)時間未定

上記期間は、新規入会、更新手続きができかねます。
ご了承いただきますようお願いいたします。

※サイトのログイン及びコンテンツの閲覧は出来ます。

■新規ご入会
※2014年3月24日(月)18:00までにご入会お手続き、決済された方は税率5%となります。

[決済方法別の注意事項]
・クレジットカード決済
2014年3月24日(月)18:00までに決済方法をオンラインクレジット決済で選択し、
お手続きされた方

・コンビニオンライン決済
2014年3月24日(月)18:00までに決済方法をコンビニオンライン決済で選択し、
2014年3月31日(月)23:59までにお支払いされた方

※2014年4月1日(火)以降にご入会お手続き、決済された方は税率8%となります。

■継続更新
2014年3月24日(月)18:00までに継続更新手続きをされた方は税率5%となります。

また、継続のお手続きは、会員有効期限満了日の2ヶ月(60日)前から受付いたします。
クレジットカード決済を選択された方は、自動更新となり、お手続きの必要はございません。

  • 2014-03-19

オフィシャルファンクラブスタッフ一同よりお礼。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

3月16日(日)、『カン・ジファン誕生日記念ファンミーティング公式参加ツアー』が終了しました。
ご参加いただいた皆さま、また応援してくださった皆さま、ありがとうございました!!

今回のツアーはファンクラブ主催ではございませんでしたが
今後の来日イベントはファンクラブ主催で企画していますのでご期待ください。

そして、主演の新ドラマ『BIG MAN(仮)』の撮影が始まり
新人俳優のようにドキドキしていると話したジファンさん。
皆さんにまた素敵な姿をお見せするため頑張っているジファンさんと
ドラマ『BIG MAN(仮)』にも熱い応援よろしくお願いいたします。



オフィシャルファンクラブスタッフ一同

  • 2014-03-13

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン
「演技10年経っても…まだ震える」感想


俳優カン・ジファンが去る12日KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の撮影を始めた。
これと関連しファンたちに先に震える瞬間と復帰所感を明らかにした。

カン・ジファンは11日、自身の公式ファンカフェを通じて
「皆さんこんにちは、カン・ジファンです。お元気でしたか?
明日いよいよ『ビッグマン』初めての撮影です。
『お金の化身』以来、ドラマは1年ぶりで
KBSは『快刀ホン・ギルドン』以後約7年ぶりです。
本当に時間が早いですね」と掲載した。

カン・ジファンは
「明日の午前最初のシーンなので早く寝ようと横になったが3〜4時間ごろごろして
結局眠れなくて起きてしまいました。
咳もひどく頭の中ではずっと初シーン、初セリフがが繰り返されて
それを知ってますか??
新人俳優たちが短いセリフを数日の練習してもキューが入ると
忘れてng出して吃るという話が多いでしょう!」と明らかにした。

カン・ジファンは
「私も明日撮る初シーンのセリフがまだ紛れて、
どうなるかいまだに胸がドキドキしています。
葬儀場でするシーンでセリフも多くないのに何度も忘れてしまい
ご飯食べてる途中に台本を見て、寝起きで見て‥
さっきは風邪のせいで点滴を打ってもらいに行ったが、
突然またセリフが思い出せなくて
マネージャーにそのシーンだけ携帯カメラで撮って送るようにしました」
と明らかにした。

カン・ジファンは
「演技してから10余年がふわりと越えて、これまで沢山の作品をしたにもかかわらず、
震えるこの心は仕方がないですね‥
毎回作品をするたびに、作品性と興行性二匹のウサギ全部取りたいという思いですが…
なんか上手く出来ないと私のせいのようで…
だから、毎回台本を持っていっぱい悩みますが…
この台本をスッキリとぶっ飛ばしたいですね!!!」と吐露した。

また、カン・ジファンは『BIG MAN(仮)』を選択した理由も一緒に明らかにした。

カン・ジファンは
「劇中の名前がカン・ジヒョクで何かより特別な感じがします!
私が初めて俳優という名を考えるようになった『90日、愛する時』の時にも
メインコピーだけで作品を選択することになったんですが今回の作品も、
「私が恋しがった家族は、私の心臓だけをほしかった!! 」
というメインコピーに心を奪われました。」と説明した。

カン・ジファンは
「ドラマをすると、毎回格好良く出ようとばかり思いましたが、
今回の焦点は本当に生きて呼吸する生演技をしたいという気持ちで
フォーカスをそこに合わせました。
心臓といえば、自分の命であり、自分の全部であるのに、それを媒介にして広がる話って…
格好良さは贅沢だという考え方を基本的な骨格で持って始めようとするんですが
明日の初撮影を控えてこれ以上進歩がなくて眠れないですね」と付け加えた。

カン・ジファンは、体重の変化について、
「既存の私の演技のトーンっていうのがあるので、
それを飛び越えたいのですが思い通りに出来ないんですね。
はがゆいだけで…初めにドラマのため、太ってみましたが、後悔してたりして」と述べた。

彼は「久々の16部作だから短いのもあって、その中に内面と外面の変化の差を見せるために太りましたが
ついさっき鏡を見て何か腫れたおじさんがいて、私どうかしてたと思っているところです。」
と明らかにした。

劇中カン・ジファンが演技するキム・ジヒョクはいきなり大韓民国最高財閥であるヒョンソングループの
隠された息子がになるが、彼らの不純な意図を知った後、激しい復讐劇を繰り広げる。
運命の瞬間に出会った女性ソ・ミラ(イ・ダヒ)とロマンスも描く。

一方、『BIG MAN(仮)』は4月放送予定である。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-12

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-11

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、イ・ダヒ、チェ・ダニエル
ティーザー撮影激写「高クオリティの予感」



©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

2014年視聴者たちの心を盗む最高の「心スリラー」たちが来る。

11日を信じて見る製作陣とそれぞれ違う魅力満点キャラクターで
期待感を高めているKBS 2TV新しい月火ドラマ 『BIG MAN(仮)』の
ティーザー撮影現場が捉えられた。

先週末、早朝から行われたティーザー撮影現場には、
カン・ジファン(キム・ジヒョク役)、イ・ダヒ(ソ・ミラ役)、
チェ・ダニエル(カン・ドンソク役)、チョン・ソミン(カン・ジナ役)など、
『BIG MAN(仮)』を導いて行く4人の主人公たちが皆集まって、
突然の花冷えの寒さにもかかわらず、演技への情熱を燃やした。

特に冷たい世の中に全身を投げ出すカン・ジファン、
今すぐにでも涙を流しそうな悲しい表情のイ・ダヒ、
冷たい視線でどこかを見つめているチェ・ダニエル、
挑発的な魅力のチョン・ソミンは、
短いカットにも各キャラクターの魅力をすべて盛り込む姿で
今後をさらに期待させたと。
これに高クオリティのティーザーが誕生することを予感させている状況である。

また、既に台本リーディングの時からお互いの目を合わせながら
抜群の呼吸を見せてくれた4人は、この日の撮影現場でも挨拶をして、
お互いに気を使うなどなど、温かい姿で撮影場の士気を上げたという裏話だ。

ドラマ関係者は「早くから行われた撮影にもかかわらず、
俳優たちが集中力を失われなかったので皆が感心したほどだ」とし、
「俳優たちと製作陣たち皆意気投合して、本撮影準備に拍車をかけているので
多くの期待をお願いする」と伝えた。

一方、ティーザー撮影現場が公開されて関心を集めている『BIG MAN(仮)』は、
来る4月14日、『太陽がいっぱい(仮)』の後続として放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-10

ジファンさんの最新情報を皆さんにお伝えします。

皆さん、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ジファンさん主演の新しいドラマ『BIG MAN(仮)』!
先週初台本リーディングの写真を皆さんにご紹介しました。

韓国事務所に確認したところ
撮影は明日(11日)から始まる予定だそうです!

お金の化身とはまた違う復讐劇!
どんなジファンさんの姿が見られるのか
今から楽しみですね!

明日から撮影を始めるジファンさんに
皆さんの応援を送りましょう!

『BIG MAN(仮)』の撮影現場や撮影の話は
FCサイトでまた公開しますので
期待してくださいね☆

  • 2014-03-07

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、イ・ダヒ
初台本リーディングから最強呼吸



©KBS

KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』が
初台本リーディングを通じて、最初から強力な呼吸を広げた。

最近KBS別館で行われた台本リーディング現場には
カン・ジファン、イ・ダヒ、チェ・ダニエル、チョン・ソミンなどの
主人公から脇役まで名前を聞いただけでも頷ける『BIG』俳優たちと
KBSコ・ヨンタクドラマ局長、チョン・ヘリョンCP、チ・ヨンスPD、
チェ・ジンウォン作家をはじめとする全出演者が一堂に会し、熱気を加えた。

特に、台本リーディング現場に全出演陣が参加したのは異例なことで、
どの現場よりすごかったと。
この日の初めての出会いを持った俳優たちとスタッフたちは先を争って、
お互いに挨拶をする姿で愉快な雰囲気を継続した。

何よりも、終始和気あいあいとしていた俳優たちは
台本リーディングに突入し、それぞれのキャラクターに完全に没入したまま
セリフのトーンから表情まで調整するのは基本、お互いの目を見合わせて呼吸を合わせるなど、
実戦を彷彿させた熱演を広げて現場を圧倒したという裏話だ。

これだけでなく、『BIG MAN(仮)』を導いていくことになる
カン・ジファン、イ・ダヒ、チェ・ダニエル、チョン・ソミンと
劇をより強固にサポートしてくれるハン・サンジン、オム・ヒョソブ、チャ・ファヨン、
ソン・オクスク、クォン・ヘヒョ、イ・デヨンなどどっしりとした存在感を持った名俳優たちが
幻想的な新旧の組み合わせを組んで魅力満点キャラクターたちの共演につながることを予感させた。

『BIG MAN(仮)』を先鋒に立つチ・ヨンス監督は
「相手の最善を尊重するなら、現場でより愉快な雰囲気で行われると思う。
愉快に行われている現場では、成功したドラマが作れると信じている。
そうなるように最大限努力する。よろしくお願いする」と伝え士気を鼓舞した。

続いてカン・ジファンは
「現場へ来たら緊張して負担がかかります。
それでも熱心に努力しますので見守ってくれたら嬉しい。
みんなファイティン!」と叫んで現場を熱く盛り上げた。

一方、『BIG MAN(仮)』は、孤児として生まれ、下積み人生を生きていた一人の男が
財閥グループの長男という立場の新しい生活を得て広がるストーリー。
新しい家族と世間から傷ついて壊れいく『BIG MAN』が守るべき大切な人のために
権力と不条理に立ち向かう話をスリリングに描いて視聴者たちをひきつける展望だ。
『太陽がいっぱい(仮)』の後続で来る4月14日放送される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-07

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-06

ジファンさんの最新情報を皆さんにお伝えします。

皆さん、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ジファンさん主演の新しいドラマ『BIG MAN(仮)』の
台本リーディングが3日に行われたそうです!

韓国の関連スタッフのSNSに上がっていた
『BIG MAN(仮)』の台本の写真と
台本リーディングの現場の写真を皆さんにご紹介します。





ジファンさんはどこ〜〜〜!?
もう皆さんならすぐお分かりになりましたね?^^

そうです!
左に帽子をかぶっている後ろ姿さえ格好いいジファンさん!
早くドラマの情報がどんどん出て欲しいですね★

ちょっと物足りないですが今日は後ろ姿で我慢してくださいね。
近いうちにジファンさんの格好いい姿を皆さんにまた紹介します!

  • 2014-03-05

3月限定!直筆サインプレゼント企画スタートのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

<3月限定!直筆サインプレゼント企画>
現在、FC公認ショップ(イノライフ)で販売されている
カン・ジファンの「自由の画(え)」〜Special Holiday in Thai〜 DVDパッケージ
を購入したお客様の中から4名様を抽選し
『直筆サイン入りタイの写真パネル』をプレゼントします!



●期間:2014年3月5日(水)〜3月31日(月)

●対象:
FC公認ショップ(イノライフ)で
カン・ジファンの「自由の画(え)」〜Special Holiday in Thai〜 DVDパッケージ
を3月5日(水)から3月31日(月)までにご購入されたお客様

●プレゼント:ジファンさん直筆サイン入りタイの写真パネル(サイズ:A1) 4名

※このイベントはFC公認ショップ(イノライフ)にて購入された方のみ対象になります。
※プレゼントは4月7日(月)以降、当選者のみに発送いたします。
 (ご購入された商品とは別の発送となります。)
※写真パネルの選択はできかねます。ご了承下さい。
※当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。


ジファンさん直筆サイン入り写真パネルが貰える3月限定!プレゼント企画をぜひお見逃しなく!

>>販売ページはこちら

  • 2014-03-04

「新大久保ドラマ&映画祭」のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

来る3月21日(金)〜3月30日(日)、
“韓流の聖地” 新大久保で初開催する「新大久保ドラマ&映画祭」で、
カン・ジファンさんの主演映画「7級公務員」がリバイバル上映されます!
日時、場所は下記のとおりで、1回限りの貴重なチャンスです。


©DCGPLUS / SPLUS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

【「7級公務員」リバイバル上映スケジュール】
日時:2014年3月23日(日) 11時〜
会場:K-STAGE O!(東京都新宿区大久保1-8-4 K-Plus 3F)定員200人
アクセス
JR山手線 新大久保駅 徒歩 8分
西武新宿線 西武新宿駅 徒歩6分
副都心線・大江戸線 東新宿駅 徒歩 3分

この他にも「新大久保ドラマ&映画祭」は、
日本初上映作を含む映画17作品、ドラマ6作品がラインナップ。
公式サイトで希望作品を申し込み、当日会場で1円以上のイベントへの寄付で
招待チケットと引き換えになる画期的なシステムを採用しています。
(ドラマの鑑賞は、お申込先着順にて無料でご招待いたします)

韓国ドラマや韓国映画がお好きな方は、是非この機会に
“韓流の聖地”新新大久保に遊びに来て、
鑑賞後は韓国料理に舌鼓を打ちながら、ドラマや映画について語り合って下さい!

※全席自由席となります。
※本イベントに関する、会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
※キャンセルのご連絡はinfo@wiztrade.co.jpのメールにお願いいたします。
※その他の作品情報は、「新大久保ドラマ&映画祭」公式Webサイト
 (http://www.shinokubo-dramafilm.com/)をご参照下さい。

281〜300/471件  ←←先頭へ  ←前へ  8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  次へ→  最後へ→→