INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2014-02-24

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『総理と私(仮)』ユン・シユン、
「カン・インホスーツファッションは激しい悩みの結果」


ドラマは終わったが、ユン・シユンはまだその余韻から抜け出せずにいた。
去る2月初め放送終了したKBS2TVドラマ『総理と私(仮)』で
無口で真面目な総理実行課長「カン・インホ」役を引き受けて熱演したユン・シユン、
3か月間夢中になっていたカン・インホという人物と、ゆっくり別れている彼に会った。


「格好つけて演技したくなかった」

「出し切ったと言えます。私のできる努力、悩み、苦しさをすべて出し切りました。」


ユン・シユンは『総理と私(仮)』で総理イ・ボムス(クォン・ユル役)の
実行課長であり、ムチャクチャ女性記者ユナ(ナム・ダンジョン)を黙々と守ってあげる
カン・インホを演じて視聴者たちに多くの愛を受けた。
既存の作品を通じて見せた姿とは違って、彼は今回のドラマで一皮剥けたような
新しい顔を見せた。

「心の中に嵐が吹き荒れているがセリフには力を抜きました。
格好つけるように、冷たいふりをするキャラクターになるか心配したからです。
インホは冷静で冷たい人物ではなく、落ち着いたキャラクターであるべきだと思いました」

ユン・シユンは、セリフの力を抜いて目つきと行動、声、雰囲気などト書きに含まれた
インホの内心を密度あるように描写することに集中したとした。
毎日カン・インホの立場で日記を書いたほど、自分が引き受けたキャラクターを絶えず研究し、
分析する彼は努力派演技者であることが明らかになった。


短い髪とスーツファッションで女心を捕まえた

キャラクターの完成度を高めるための彼の努力は演技で終わらなかった。
カン・インホを完璧に表現し出すために、ファッションやヘアにも気を使った。

「同じスーツだがどのようにすれば異なって見えるかを悩みました。
基本的なスーツは、できるだけ避けてたんです。
かわりにフォーマルなスーツの上に若い感じのコートを着て反転を与えたり、
スーツのジャケットなしでベストだけにしてこだわらないキャラクターを
見せようとしたんです。」

こうして誕生したファッションがスリムなセミカジュアルスーツの
「カン・インホルック」である。
シャープな感じを倍増させたショートヘアも
ユン・シユンがスタイリストに直接提案したアイデアだ。

「今度は短くしてみようと言いました。
短い髪が理路整然として信頼感を与える劇中のキャラクターに合うようでした。
男はヘアスタイルに心構えや性質を多く露出するようです。
ドラマ『となりの美男<イケメン>』を撮る時は
明るくてカールが多いヘアスタイルでキャラクターの自由奔放さを現わしましたよ。」

これまで見せてくれたユン・シユンのヘアスタイルはいつも話題になっていた。
『私も、花!』(MBC)でのダウンパーマ、 『となりの美男<イケメン>』(tvN)の
シャドウパーマなどの作品の中で見せてくれた様々なヘアスタイルのユン・シユンは、
本人に一番よく似合うヘアーで別名『チャンスタイル』を挙げた。
『チャンスタイル』はウェーブのない髪を一方方向に整え、
ダンディーな感じを与えるスタイルだ。

「私は、全体の印象や顔型がシャープな方だから派手なヘアより
軽く暗い色の落ち着いた髪が似合います。
だからなのかそのスタイルをしたときに(ファンの方が)好きでした。」

ユン・シユンは、スタイリングのコツも伝えた。
彼は「『チャンスタイル』を演出する時、
髪の両側が浮くのを防止するためにストレートパーマをあてるのがコツ」
とノウハウを公開した。


「俳優は『モムチャン』も『モムクァン』にもならなければ…」

※モムチャン−鍛え上げられた美しい体、マッチョ
※モムクァン−マッチョとは正反対の体形


ユン・シユンは昨年12月、『総理と私(仮)』の出演のために7kgを減量して
話題になったことがある。
彼は減量のために食事療法に加え、過酷な運動を並行した。

「一ヶ月以上、米を含む炭水化物の摂取を控えるなどした。
ヒートテックの上にビニール製のトレーニング服を着たままランニングマシーンを走った。
トレーニング服の間で体の熱気があふれ出たんです。
映画一本をつけて置いて早く歩くように走りながら
映画が終わってエンディングクレジットがでる3〜4分間
最大速度で走れば体脂肪がグイグイ落ちます。」

ユン・シユンがこのように体重を減量した理由は、
作品の中のキャラクターと似合う体を作るためだった。
『総理と私(仮)』だけでなく、過去のドラマの中でも、
彼はキャラクターに似合う体を披露するために努力したと言う。
『私も、花!』で見せてくれた腹筋、『製パン王キム・タック』で披露した
腕の筋肉が彼の努力を端的に示す例だ。

「キム・タックキャラクターを表現するとき、腕の筋肉をかっこよく見せたかったです。
料理漫画でシェフが袖をあげる場面を見ると、腕に筋が見えますが、
それが製パン職人キム・タックというキャラクターが到達することができる 『最高のオシャレ』と考えました。
俳優の体は、『バランスよく』いるべきだと思います。
『モムチャン』も『モムクァン』も表現出来る体を育てることが目標です」


「待っている俳優」ユン・シユン

ドラマ放送終了後、ユン・シユンは山を登ったり、
近所のジムでボクシングを楽しみながら、久しぶりの余裕も楽しんでいる。
まだマネージャーには知らせてないが、旅行にも必ず行くと言った。
休憩を介してカン・インホというキャラクターと別れている彼は、
別の良い作品を待っているところだ。

「俳優は待つ人のようです。良い俳優だとよく演技して、よく待つのが重要だと考えますね。
多くの作品が出来なくてファンの方々いつも申し訳ありませんが、
失望させないために、常に良い作品を待っているのだから信じててお待ちください。
美しいドラマが出てきたら、どんな位置にでも入って、
そこから幸せな笑顔の演技をしたいと思います。」

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-21

2月12日に行われた『スポーツソウル』のシユン君のインタビュー映像を
皆さんにご紹介します。

2月12日に行われた『スポーツソウル』のシユン君のインタビュー映像を
皆さんにご紹介します。



©スポッツソウル

「リゾート地で、本を読む人」ユン・シユン
「他人は理解できない」


【ユン・シユン】
スポーツソウル.com読者の皆さんこんにちは!
ユン・シユンです。お会いできてうれしいです。


 
Q.『総理と私(仮)』終わってからどのように過ごしたか?

少し寝て、友人にも会って、読めなかった本も読んで過ごしました。
引き受けた役とは異なる印象を与えるかもしれない本は
なるべく読まないようにしてました。
愉快な本を読めなかったです。

 
Q.読書好きで有名だが?

いつ読むのかによって異なると思います。
どんな気分と状況で読むのかによって、同じテキストでも
違って見えるようにもなり、他の悟りがある時があります。
他人が私をよく理解できないことの一つは、
リゾート地に行くと私は本を読むんですよ。私にはそれが休みです。

 
Q.昨年バラエティーにも挑戦しましたが?

またそんなコンセプトの機会があればやってみたいと思います。
ところが、そのやってみたいというのが作られたキャラクター、
または、私の人気や認知度のためのバラエティーではなく、
私がもともと持っている姿…つまらない人だが、そのような自然さを望む方がいれば
喜んで出演してみたいです。

 
【ユン・シユン】
いつのまにか4年目の俳優になりました。
これからは幸せに働く方法を作ろうとしています。
素敵な姿もいいけど、幸せな姿で、次のドラマをお見せ出来る私になります。

新年、福いっぱいもらってますよね?(笑)

  • 2014-02-20

「となりの美男<イケメン>」放送情報のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユン君主演の「となりの美男<イケメン>」放送情報をお知らせいたします。

◆長崎国際テレビ
 2月26日(水) 9:30〜

◆CS朝日
 3月3日(月) 13:30〜(2話連続)

>>放送スケジュールはこちら

  • 2014-02-19

韓国ツアー2次募集締切の案内です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

『SIYOON's WHITED DAY in SEOUL』
2次募集締切は明日、2月20日(木)18:00となります。

>>申込はこちらから

入隊前のシユン君と韓国での思い出を作る最後のチャンスをお見逃しなく!

  • 2014-02-18

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、「今年入隊‥すべて出していく」

俳優ユン・シユンが女心を刺激するポーズでフンナムの模範を見せた。

去る2月4日に終了したKBS 2TV月火ドラマ『総理と私(仮)』で
カン・インホ役で熱演したユン・シユンは
11日ニュースエンとのインタビューに先立ち写真撮影を進行した。

『総理と私(仮)』に合流する前にSBSバラエティー『素足の友達』に出演し
太ってしまったというユン・シユンは、 7kg減量した姿でカメラの前に立った。
彼は「カン・ホドンさんの側にいるから、朝から夕方まで食べてお腹が大きくなってしまった」とし、
「カン・ホドンの効果で4〜5kg太った上、3kg追加でさらに太った」と当時の記憶を思い出した。

以後行われたインタビューで、ユン・シユンは
『総理と私(仮)』ビハインドストーリーとイ・ボムスに対しての尊重、活字中毒、
バラエティーの出演計画、軍入隊計画などについて素直に打ち明けた。

特にユン・シユンは、軍入隊計画と関連して、
軍隊を旅に例え、自分の中にあるものを全部出して、今年行くという意志を現わした。

一方、『総理と私(仮)』のユン・シユンは、
実兄の復讐のためにクォン・ユル(イ・ボムス)総理に接近した実行課長、インホを演じ
ナム・ダンジョン(ユナ)を守ってくれる守護天使の愛とクォン・ユルクへの怒りが
こもった演技を披露して視聴者たちの心を捕らえた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-17

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、「<俳優>は高貴で神聖な職業です」


童顔だが、いつの間にか29歳、最後の20代を過ごしていた。
2009年MBC『明日に向かってハイキック』でいきいきとした高校生を演じながら
成功的なデビューをし、もうデビュー5年を過ぎた俳優ユン・シユンである。
最後の20代、ブラウン管の中の姿よりも真剣だった彼に俳優という職業はどんな意味だろうか。


◆「俳優は選択された高貴な職業、限りなく待つことができなければ」

2009年MBC『明日に向かってハイキック』は、
2006年に放送された『思いっきりハイキック』の
人気をそのまま継続した。加えて主演にキャスティングされた
KBS 2TV『製パン王キム・タック』は、40%を越える視聴率を記録しながら、
デビューと同時に売れる俳優に浮び上がった。
当時、新人俳優に過ぎなかったユン・シユンは、いつのまにかデビュー6年目を見つめている。
時間が経っただけ演技に対して限りなく真剣で良い俳優になるための修練をしていた。

ユン・シユンは「スコアが一生付いて行きますね。
名演として知られているのではないでしょう。
今はスコアではなく、質を見せたい。
時にはスコアを見て<下落>という言葉がついて来るんですが
演技で見なければならないと思います。
だから、自分に質問をし二つのことをテストしてみたかったです。
一つは<地上波でなくても作品が良ければ>と
<主演ではなく助演だが、先輩の下で学ぶことができる作品>
二つのことを自分自身に質問をすることを決心しました」と
ドラマに相次いで出演した張本人だが、
謙虚な姿を見せた。彼は俳優として視聴率にこだわらず、
ひたすら視聴者たちに良い演技を見せてあげたいと
抱負を明らかにする夢の多い俳優だった。

一般的に「大ヒット」と言う作品は、視聴率が高いドラマを意味する。
運と実力が共存する必要がある「大ヒット」作品を経験したユン・シユンは
限りなく肯定的であった。彼は「俳優」という職業を「選択されて待つ職業だと思います。
カメラがオンになると演技をして、カメラがオフになると待つのが俳優でしょう。
俳優として修練をしながら次の作品を待っていることを重要に考えています」と
「もどかしい気持ちがしたりもするがそうならないように頑張ってます。
良い俳優は上手く待つ俳優だと思うし、俳優としての宿題と修練です。
試行錯誤もあるだろうが、後で後輩たちに待つことについてのアドバイスもしてあげて、
良い例になりたい」と述べた。


◆「大衆に信頼される俳優、わずか5分だけ機会をくだされば嬉しいです」

合計6本のドラマと2本の映画に出演して名前を知らせたユン・シユンである。
彼は子供の頃から夢見てきた「俳優」という職業について貴重で神聖な職業だと述べた。
夢を成し遂げてカメラの前で演技をしているユン・シユンだが、
30代を見据える今、彼の最終的な夢は別にあった。
ユン・シユンは「大衆に演技で信頼をされたいです。
私はそんなに完璧で素敵な人ではありません。
ただ、自分が信頼を与えることができる人になりたいです。
チャンネルを回していて5分だけ見ていただきたいと思います。
5分だけ見ても見たくなるようにしたいしそうするために、
普段から準備も徹底的にしています」と伝えて
演技一つで大衆に信頼を与えることができる、
演技が上手な俳優になりたいと願っていた。


◆「端役でもいいから多作をしたいです」

最近『総理と私(仮)』に出演した。
主演だったが、イ・ボムス、ユナの愛が主なストーリーだった『総理と私(仮)』で
ユン・シユンはイ・ボムスの実行課長だった。
主演にもかかわらず、イ・ボムスとユナに比べてやや少ない分量だったが、
ユン・シユンと『総理と私(仮)』はかけがえのない作品だった。
ユン・シユンは「多作俳優になりたいです。長い間、しなければならないですね?
非常に小さな端役でも多作俳優なら夢をかなえることができると思います」と語り
「『総理と私(仮)』はそのような意味で主人公の自尊心、視聴率の心配、イメージの改善など
付随的なものに<幸せだな>ということを感じ、過去を振り返ることができる
きっかけになったと思います。<演技をする自体が幸せだな」という気がした作品であり、
「演技自体が楽しいんだ」と悟るようにしてくれた大切な作品です」と
『総理と私(仮)』放映終了後、多くのことに気づいたと明らかにした。

『総理と私(仮)』でクォン・ユル(イ・ボムス)は冷たいが、
自分の好きなナム・ダンジョン(ユナ)の前では、甘くて優しい人
カン・インホを演じたユン・シユンは
「心の中にあるスペクトルをたくさん持って行かなければならないキャラクターです。
セリフよりト書きがより重要だったと思います。そのため、本音が何かによって違うように見え、
まるで縛られている糸巻きを解かなければなら人生の重さが感じられました」と言いながら
「私を表現するよりも、いつも我慢する姿がクォン・ユルとソ・ヘジュ(チェ・ジョンアン)の前で出てきました。
それを感じるために同じような本を見て研究もしましたし。
ナム・ダンジョンの前では荷物はしばらく下に置いて椅子になったようです。
ナム・ダンジョンに対し格好いい男を演じてはならず避難所のような、気楽さを与えようと努力しました」
と骨組みを与えると、そこに肉を付けるのは、まさに演技者と表現した。

29歳を生きている20代の俳優ユン・シユンには「俳優」という職業はとても大事だった。
初期の大ヒット作品を経験したユン・シユンだったが、今後、「俳優」として走っていくべき方向性について
延々と悩んで慎重だった。したい演技があると出るよりは、「消化することができる演技」で
大衆に信頼を与えることができる俳優になりたいと言うユン・シユンである。
もうすぐ入隊、30代を控えている真面目な青年ユン・シユンのまっすぐな夢を応援してみる。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-14

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、「すべての作品がターニングポイントであるべきだ」

2014年にも士がいるとしたら、おそらくこのような姿ではないかと思う。
一言もぞんざいにすることなく、話す表情と声には自信を超えた確信に満ちている。
「善良だ」、「真摯だ」という言葉で言い表すことができない不思議な魅力は、
直接向き合った俳優ユン・シユンのイメージだ。

そんなユン・シユンは、過去3か月間KBS2『総理と私(仮)』の中でカン・インホとして生きていた。
ドラマの中、総理クォン・ユル(イ・ボムス)の妻ナム・ダンジョン(ユナ)の
守護天使を自任して黙々と彼女を守った男カン・インホ。
表面に現れる姿ではなく、自分の選択に責任を持つ「本物の男」の魅力を描きだした
ユン・シユンは『総理と私(仮)』を通じて『明日に向かってハイキック』、
『となりの美男<イケメン>』などの作品が残した、明るくて軽快なイメージを消して
「男前」に生まれ変わった。

「焦りはしません。作品は終わったが、ゆったりしないようにしてます」
今後の計画に対した答えも彼らしい慎重さがにじみ出る。
かつては彗星のように登場し、大衆の心を捕らえた一人の男は、
耐え忍ぶ時間を経て、再び俳優として飛び出すその日を夢見ていた。
慎重ながらもよそよそしく、ユン・シユンだけの方法で。


Q. 3ヶ月をカン・インホとして生きていた。作品を終えた所感が気になる。
いつものように名残惜しい気がする。
濃く残っていた名残惜しさは打ち上げでなだめて来た。
何日目か分からない。昨日もイ・ボムスとユナの分まで一杯だった。(笑)

Q.『総理と私(仮)』製作発表会当時「今回の作品を通じて内面の感情を引き出したい」と話した。
 成果はあったか。

前作ではほとんど感じる感情をすべて表現するキャラクターを演技した。
カン・インホは少し違っていた。心の中には火のような感情があるが、
表面上は落ち着く必要があった。火のような総理と、誰よりも暖かいナム・ダンジョンとの間で
カン・インホは落ち着いて、しかし冷たくない人物でなければならなかった。
表面上の表現はしなくても目やセリフにその感情線を見せようとした。
できる限り最善を尽くした。毎日、日記も書いたほどだ。

Q.日記って。その日記の主体はカン・インホか、ユン・シユンか。
カン・インホだ。

表面上に表現される感情は演技の一部に過ぎない。
演技で何かを見せるためには、内面がまず、その人物にならなければならないと思う。
悲しいこと、嬉しいこと、すべてのことを書きながら内面世界を構築していくことだ。
常にすべての作品をそのように準備する。

Q.最初はうさんくさいカン・インホが後半部には、事件の全貌を知って
 大きな感情の変化を経験される。

まるで流行歌のリフレーンが無限に繰り返される感じだった。(笑)
各感情の最高点が互いに密接に繋がっていた。その流れを生かすのがカギだった。


インタビューに先立ち、テンアジアの女性記者が直接作った「手作りチョコレート」を
プレゼントされたユン・シユンは撮影中ずっと「おいしい!」と感嘆の声を吐き出した。


Q.劇中、ナム・ダンジョンとの関係はとても複雑で微妙だった。
実際にインホの愛はロマンチックな愛ではなく、ソウルメイトに感じる感情に近かった。
中盤にインホがダンジョンに告白する姿が衝動的に映ったのかも知れない。
ところで実際には、それが二人の深い感情線が繋がった結果だ。
そんなダンジョンとの関係がより具体的に明らかになったら良かったという惜しい気持ちはある。

Q.もし時間を戻し、インホとダンジョンの分量を追加で入れるとしたら
 どのような話が盛り込まれるだろうか。

インホとダンジョンは、重い現実の負荷の下で暮らす人々だった。
お互いの義務感や責任感が完全に消えた避難所のようなところで、
互いに交流する場面がもっと入っていたらもう少し説得力が高まったんじゃないかな。

Q.でもダンジョンを常に見守って黙々と支えるインホの姿では、
 あなたの演技で以前には見たことのない強い男の香りが感じられた。

『総理と私(仮)』に出演を決めて最も念頭に置いたのがその部分である。
インホが「私はすべての責任を負う」と言うところにすべてが込められている。
声を太くし外面を装うよりも感情線に集中したかった。

Q.一方、前作で披露した、明るく軽快なキャラクターを懐かしむ方も多かった。
 そんなキャラクターの表現があまりにも上手ではないか。

多様な姿をお見せしなければならない。
いつも作品を選ぶときは、その姿が私の中にいるかどうかを確認して、
演技する時は他の部分を押す。実際に幸せな演技がさらに難しい。
怒りを感じて悲しくても笑うのが、より現実味のない話ではないか。

Q.「俳優ユン・シユン」の『総理と私(仮)』での成果は何だろうか。
私も今年でもう29歳である。
もっと自分の人生に責任感が感じられる年齢に人として新たな演技を一歩試してみた。
ご覧になる方々があんまりぎこちなく感じなかったのが成果だ。
「勇気を得て、もう少しこの道を歩いてみても大丈夫だな」と考えるようになった。
これまで私がしてきた演技が「大人っぽい子供」だったら、
私は今 「大人」になっていく過程を過ぎているのだ。

Q. 「大人」になりたいというのは前作のイメージを脱したいと聞こえたりする。
抜け出さなければならない。
しかし、それは挑戦的な配役を引き受ける方式であってはならないと思う。
世界は私たちに早く大人になるようにするが、
実際には「子供」と「大人」の間には、省略できない無数の感情の段階が隠れている。
その時期だけに感じることができる感情を最大限、真実に表現していくこと。
俳優にはその過程が不可欠である。それがなければ、絶壁、傲慢と異なることが何か。

Q.あなたが考える「大人」の定義は何か。
日々最善を尽くして、自分の人生の責任を背負う人。
そうすれば、他の人にも幸せを与えることができる。
お金よりも重要なのが感情だから。幸せになる方法の種類の数が多くならなければならない。

Q.大人になった「俳優ユン・シユン」は、どんな演技をするんだろうか。
ある瞬間には、自然に父親役を演じないだろうか。
今までの私は野生に一人立っている青い青年だった。
歳をとって経験を積んで、私の生活の哲学は、私が正しいと信じているものが
演技に投影したら良いだろう。余談だが、しばらく前に映画「そして父になる」を見たが
本当に良かった。演技力と同じくらいその人の信頼感が重要だということを改めて悟るようになった。

Q. 『総理と私(仮)』はそのような心構えを確認するターニングポイントになったか。
私はいつも、すべての作品がターニングポイントでなければならないと思う。
持っているのは少ないが、全部出せるように努力する。
恥ずかしいが、まだ後退はしてないようだ。
毎回作品に死ぬほど集中して、問題点を探して分析し、努力すること。
その経験の総体が、今日の私だ。

Q.幸福、責任感、人生の哲学。何か人生の確信が感じられる言葉である。
人生に三度の機会があるとしたら、私はすでに一度のチャンスが来た。
『製パン王キム・タック』での視聴率の神話は一生私に付いて来る札だ。
それが私の素性だから。(笑)
人気や成功への負担を突き放す方法は、私がその状況を楽しむことだ。
普段親しいパク・ジニョンもそのような話をした。
「一度成功を手にした後、また別の機会を待っているのは欲だ。
楽しみながら生きて。何かを得ようとすると不幸になるしかない」と。

Q.その話をした時点ではパク・ジニョンが結婚する前か、後か。
もちろん、結婚前のことだ。(笑)

Q.あなたもすぐに30歳だ。演技に集中して恋愛は後回しなのか。(笑)
私はいつも待っている。本気だ。

Q.どんな愛を夢見ているのか。
「遊び」が合う人であれば良いだろう。
職業、趣味、生きる方法、言語など、すべてが違っても大丈夫だ。
ただ何かを享受してわずかな幸せを感じていく心が似ている人だったら良いだろう。

Q. 2014年2月14日、バレンタインデーだ。何かあるか。
バレンタインデーか…、他人の話ではないか?(笑)
冗談。いまだにときめく。まだその言葉を聞くと、何かが起こるような感じがする。
しかし今年のバレンタインデーは、なんか「そんな日があったか?」
と言いながら忘れるような悲しい予感がする。

Q.バレンタインデーを迎える若い男女たちのために一言。
愛に最も重要なのは勇気で、バレンタインデーは、その勇気が増幅される日である。
20歳を超えると人は仕事と愛で成長していく。
問題は、これをしなければ、精神的に成長が止まる。
この2つは人々を苦労させるが、経験を積むほど、ますます大人になる。
告白して振られても、損をすることことはない。
もちろん友達は笑うだろう(笑)
でも、経験は人を成長させて退化はさせない。
要するに、告白してと言ってる。
バレンタインデーは元々そのような日ではないか。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-13

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『総理と私(仮)』ユン・シユン、目立つ演技変身「枠を破った」

ユン・シユン『総理と私(仮)』を通じて演技変身に成功した。

ユン・シユンは、 2月4日放映終了されたKBS 2TV月火ドラマ『総理と私(仮)』で
冷静なエリートカン・インホを演じた。

カン・インホ(ユン・シユン)は、兄カン・スホ(キム・ジワン)が
交通事故で植物人間になったのがクォン・ユル(イ・ボムス)の仕業だと思った。
兄カン・スホがクォン・ユルの夫人パク・ナヨン(チョン・エヨン)と内縁関係だったので、
クォン・ユルが復讐をしたと誤解したもの。

これにカン・インホはクォン・ユルに向かって復讐心を持っていた。
カン・インホは、意図的にクォン・ユルの実行課長になり、
彼の信頼を得てクォン・ユルの敵であるパク・ジュンギ(リュ・ジン)と
手を握ってクォン・ユルを没落させようとするなどの姿を見せた。

特にユン・シユンはずうずうしくクォン・ユルと会話を交わして、
ある瞬間ひんやりと変化する様子を目の演技で見せてくれ
カン・インホという人物が持つ複合的な感情を細かく示した。

しかし、カン・インホは、元々邪悪な者ではなかった。
彼はナム・ダンジョンに片思いしながら内面に眠っていた善良なカン・インホの姿を自覚した。
特に片思いするナム・ダンジョンが自分ではなくクォン・ユルが好きなことを知って、
自分の感情をナム・ダンジョンに強制せずに、彼女の後ろで胸を痛めた。
以降カン・インホはナム・ダンジョンには守護天使、
クォン・ユルは心強い実行課長になり、最後まで素敵な姿を見せた。

ユン・シユンは、既存のキム・タック(製パン王キム・タック)、
エンリケ・クム(となりの美男)などの配役を引き受けて、
主に明るいオーラを吹きだしたとすれば今回カン・インホ役を引き受けて
悪役フォースを出すことも可能であることを証明した。
もちろんカン・インホは悪役ではないがカン・インホが序盤を見せた
冷たいキャラクターは演技者ユン・シユンから珍しい姿だった。

ここにユン・シユンは、片思い男の魅力まで加えた。
カン・インホはクォン・ユルに向けるナム・ダンジョンに片思いして胸を痛め、
常にナム・ダンジョンのそばで黙々と彼女を支え、思いやりのある姿を見せた。
ユン・シユンはナム・ダンジョンを好きだが、彼女を見守ることしかできない
カン・インホの感情を表情演技と目つきなどで繊細に表現した。
ユン・シユンは、片思いをする男に変身しもう一度女心をひきつけた。

ユン・シユンは『総理と私(仮)』カン・インホを通じて今まで見せてあげられなかった魅力を
存分に表わして演技者として一段階成長した姿を見せた。
ユン・シユンの演技変身に視聴者たちも拍手を送った。

『総理と私(仮)』の中のユン・シユンの姿を見た視聴者たちは
「ユン・シユン 毎回作品ごとに演技成長しているようだ」、
「ユン・シユン ドラマが進行されるほど冷たいカン・インホから
暖かいカン・インホに変わることが印象深かった」、
「ユン・シユンの演技変身、今回成功のようだ」などの反応を見せた。

『総理と私(仮)』で演技変身に成功したユン・シユンが、
今後会うことになる作品ではまたどんな新しい姿を見せてくれるか期待される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-12

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンの正しい生活 <3>


●韓国のドラマは台本が現場で出てくる場合もあり、
 予測するのは難しい時があるでしょう。
 構築したキャラクターが後ろに行くと変わって混乱した場合はありますか?

なので、制作陣と会話をたくさんします。
そしてキャラクターについて考える前に、作家の話を先に聞いてみます。
私は「これでなければできない!」という性格はないですから。


●以前のインタビューを見たら、「恋愛をあんまりしていない」と答えをしました。

私がですか?その時、イメージの管理をやったかな。なぜそうしたかな?


●その言葉は、恋愛をたくさんしたという意味ですか?

愛にもいろんな種類があると思います。
片思いもあり、友達のような関係もありですし。


●片思いでも愛だと思いますか?

付き合うと決めた後には、所有欲が出るでしょう。
しかし、本当にその人を愛するならば、私のものでなくても
愛することができるんじゃないですかね?
片思いであっても、友達として過ごす時も、良い関係でなければ
恋人になっても良好な関係ではないかと思います。


●一目で惚れて燃え盛る恋愛はあなたにはないようですね。

恋人として始めると、最初にお互いに良い姿だけ見せようとして、
後で「変わった」とするでしょう。それは元々その人の姿ですけど。
しかし、お互いに知り合いの関係からだと、
「この子が元々こんな人ではないのに私のためにそうしてくれるんだ」と、
新たに発見し、より感謝を感じるようになると思います。


●生まれて最も衝動的にやったことがあるなら何ですか?

旅行を頻繁にします。
一人で行く時もあって、友達と行くことも。
突然「テジクッパ(豚肉のクッパ)食べたい」と釜山に行く時もあります。
誰にも話さず行ったことも何度かありますがマネージャーが頼むから
京畿道を離れるきは連絡をしてと言うこともありました。


●頻繁に訪れる自分だけの特別な場所がありますか?

『となりの美男<イケメン>』撮影時に二日ほど休むことが出来て釜山に行きました。
ボスドン本路地が好きですよ。
一冊で500ウォン、1000ウォンだからトランクにいっぱい入れても30万ウォンです。
客観的に優れた本ではないが、子供の頃好きだった本なら全集も買いますよ。
『退魔録』、『ドラゴンラージャ』のようなPC通信時代の小説を買ってきましたよ。


●そこの人々はあなたに気づいたりしますか?

あまりにもたくさん行ったら、今は気づいたようです。
それでも駆け引きして、値段を下げたりします。
古本屋に行くのは私にはまるで合コンに行く気持ちです。


●どのような人が出るか分からないという点で?

合コンするときに、目のサイズはこのぐらいで、髪の長さは耳のしたから数センチの人を紹介してくれ」
とは言わないんでしょう。たまたま行って、良い人に会えばときめき始まるんでしょう。
書店が私が探してる本があって、正確にその本を買って出ることができるところであれば、
古本屋は予想していなかった縁があるところだと思います。


●たくさんの本を読んだからか例えるのが上手いですね。文もよく書くと思います。

実際に文章を書くのが趣味なんです。
むしろ好きなことなので、控え目にしたが、最近は少しずつ公開をしようと思っています。
格好付けた文ではなく、本質をそのまま出した文章が好きです。
飾らなかったのに、読んだときに美しい文章は珍しいでしょう。


●あなたが書いた文章はどうか気になりますね。
 ところが、実際に算数がそんなに下手ですか?
 『素足の友達』で「算数の穴」というニックネームを得たいましたが。

絶対違います!編集の力です。


●『製パン王キム・タック』の最終話でも、
 株式総額を計算できなくて、チュウォンさんが教えていましたが…

認めます。
数字は苦手です。
小学生の時からそちらには脳が全く発達していなかったと思います。


<完>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-10

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンの正しい生活 <2>


●演技を続けていいのかで悩みが多い時、今のマネージャーに会ったそうですね。
 たった二十歳の頃なのに何がそんなに悩みでした?

世の中には序列というのがあるじゃないですか。
目ではっきり見えないが、みんなが暗黙的にその序列を認識しています。


●修学旅行に行く時はバスの後ろの席は人気のある友達たちの席みたいに?

そうかもしれません。
学校でも演技や歌を歌って所属事務所に入ったか、
人気がある友達は学校行きたくなくて言い訳をしても
誰も何も言いませんでした。むしろ支持して好んでくれました。
ところで平凡に見える人が特別な職業を夢見るのは歓迎されないようです。
「あなたは特別なところが見えないんだけど、なぜあのような特別な夢を持っているの?」
こんな話をたくさん聞きました。


●自信感をどんどん失うしかないんですね。

最初は「君たちが私を分からなくてそう言うんだ、私は出来る!」と思ったが、
二十歳の時、ソウルに来た後、その心がますます消えました。
ハンサムで才能ある人があふれて、事務所に入るのがとても大変で、
すでにインターネットで有名になった友達もいて、プロデューサーの息子もいて。
ところで私は何でもないんです。ずっと演技をすることは司法試験の準備と似てるみたいです。
ずっと自分に耐えて、拭くときに結果が現れますから。


●むしろもっと大変かも知れそうです。
 試験は合格という明確な瞬間があるじゃないですか。

幸い私も今は「仮合格」をしました。
今は司法2次、3次の試験中です。もっと良い姿を見せることができるまで
祝杯を挙げないようにしてます。


●必ずそう自分に厳しくしなければならないでしょうか?
 もう自信を持ってもいいようですが。

自信はあります。ところが自信感と無謀さは違うじゃないですか。
「私は上手くやれる。私は私を信じる。私は私を愛するから!」こんなのはプロの世界では通じないんです。
『シークレット』という本を見るとできると考えると宇宙全体の気運がお前を助けてくれるとし、
オーディションを見る時もみんな「上手く出来る」と言うが、
「どのように」についてもっと考えなければならないのではないかと思います。


●あなたはその「どのように」についてたくさん考える方ですか?
 配役を決定する基準がありますか。

私に大事なのは上手く出来るのかということだと思います。
例えば、私が時代劇に出演するとすれば、長所もあるが、短所も確かにあるはすです。
では、その短所を相殺できることを考えて見て、大変そうだったら欲が出てもしない方が正しいと思います。
その作品のためにも。


●ではあなたが上手なのは何だと思いますか。

私は洗練された演技があまり似合わないようです。
多くの人が容易に見ることができる、進入障壁が低い作品をしたいです。
「大体このように作れば人たちが好きだった」というのではなく、視線が温かい作品です。


●人をすぐ判断することはないと思います。
 そんなあなたも「この人本当に嫌だ、憎らしい!」と思ったことがありますか。

遊興に深く陥った人たちには気をつけようとしています。
※遊興:ナイトライフ


●「遊興」という単語は久しぶりに聞きますね。本人はナイトライフを楽しまないほうですか。

お酒も飲んで、クラブも行ったりしています。
しかし、そちらにあまりにも夢中になっている人は他の趣味がなくなっているみたいでした。
人が人工調味料をたくさんかけた食べ物しか食べてないと、
本来はおいしい食べ物でもその味を感じられないことになるでしょう。それと似てるみたいです。


●会っている友達の中にもそんな友達がありますか。

私の友達はたった2種類です。
私と似た人たち、また、遊ぶのが好きな友達。
私はそうやって遊ぶのは、1年に1、2回くらいで十分です。
ビール一杯飲みながら会話し、他の人の話をしらふで聞きながら、人々を感じるのがもっと好きです。


●単語や表現が前にインタビューした中堅アナウンサーの方を思い出させます。
 若年寄りという話をたくさん聞きそうですが。

正直ちょっと聞きます。
だからお兄さんたちが私を可愛がってくれます。
イ・ギョンヨン先輩と親しいけど、本当に面白い方です。
『素足の友達』で会ったヒョンジュンさんともよく連絡する方です。


●楽屋にいるときやちょっと時間がある時ごとに台本をずっと見てましたが。

新しい台本を頂きましたが、まだきちんと分析ができなかったです。
作品を始まると、私はそれなりのマニュアルを作っておきます。
キャラクターの習慣、参考にするようなキャラクター、キャラクターの感性に合う音楽など
助けになるようなデータを全部同じフォルダー内に貯めておいたりします。


●ではその音楽はいつ聞くんですか。

キャラクターにはまってないといけないけど集中できない時があるじゃないですか。
キャラクターは怒っている状況だが、私は気持ちがとてもいいの時があるんです。
そんなときはあらかじめ定めておいた『インホの怒り』に該当する曲を続けて聞くんですよ。
まるで切り替えスイッチのように。


●ウム。すべての俳優がそうではないんですね。

それぞれ他の方法があるんでしょ?


<続く…>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-07

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンの正しい生活 <1>

ユン・シユンが本当に正しいという噂は前から聞いた。
すべての質問にその10倍になる答えを返したおかげで小学校の時読んだ『三国志』の話から
最近するボランティア活動に関する話までおしゃべりをしたし、
最後はかなり突飛なユン・シユンの顔が見えた。
今年、29歳になるユン・シユンはこういう人だ。

<ALLURE>2014年1月号

●昨日が『総理と私(仮)』の初放送でしたね?
 退社する時に見たら、検索語1位を占めましたね。見ましたか?

一人で見ました。
モニターをする時にはまるで受験模擬試験仮採点をしている気分です。
楽しく見ることができません。

 
●あるインタビューでイ・ボムスさんの演技を「格が違う」と表現したようですが、
 演技をするときに緊張しますか?

イ・ボムス先輩はキャラクターを創造して解釈する過程が非常に論理的で説得力があります。
一緒に呼吸を合わせる時びっくりするほどです。
「あっ、これは強すぎるんじゃないかな?」と思っても「押されないように」と思うようになります。
スリルもあって面白いです。

 
●中国で撮影した『ハッピー・ヌードル』が現地で視聴率1位を占めて、
 『となりの美男<イケメン>』もいい反応を得たが、地上波ドラマは久しぶりです。
 負担を感じますか?

地上波だから持つ負担感はありません。
どの国で撮っても、どのチャンネルで放送になっても、撮影はまったく同じだからです。
本人がケーブルより地上波が重要だと思う人なら、私の行動が違うように見えるでしょう。

 
●劇中カン・インホは、総理室の実行課長です。
 それこそエリートである上、30代前半の男に設定されていました。
 あなたの実年齢より大人のキャラクターを演技するのは初めてじゃないですか?

以前に演技したキャラクターたちは、感情が顔にすぐ出るとすれば、
カン・インホは感情をもう一度考えます。
怒った時に明るく笑って、気持ちがいいのに泣くときもあるということです。
今回は、そのような役割を一度やってみたかったです。
私は率直なほうなので感情表現をちょっと精製したかったです。

 
●なぜですか。率直なものがもっと良くないですか?

静かに幸せを感じ、怒りを静かになくすことができる時もっと素敵な人になれると思います。
以前に演技したキャラクターたちが実際の私と似ていたら、
カン・インホは私がなりたい姿と言えるでしょうか。

 
●それで体重も減量したんですか? 7キロも痩せたんですって!

もっと鋭く見せたかったです。
ですが格好よくなりたいという考えはあまりしません。
それは私の領域ではないと思います。外見は年をとって花を咲かせたいです。

 
●ハハ。もう今から美中年を狙うのですか? どのように年を取ってみたいですか。

アン・ソンギ先生のようになりたいです。
見る人を楽にさせる印象だがそれでもまた弱くない、無限大の信頼感をくれるでしょう。
そんな俳優の深さと男性性を持っていらっしゃるようです。
実際にお目にかかったことはないのですが。

 
●いつも頑張っているようです。演技をする時だけそうかと思ったが『素足の友達』を見たら
 バラエティーをする時も同じですね。生まれつきの性格なのかという思いがするほどですね。

生まれつきなんて、絶対違います。
しかし、デビュー作である『明日に向かってハイキック』や2番目の作品である『製パン王キム・タック』で
多くのものをもらいました。それで、その時の私をみる人たちに納得させなければならないという義務感があります。

 
●私のように『となりの美男<イケメン>』のエンリケを先に見て、
 ジュニョクやタックを後で知るようになった人も多いですよ。

タックの時の私は全力疾走するマラソン選手のようでした。
熱心にやっているように見えるたが、ペースの調節に失敗すると、完走は消えて行くんです。
運動選手たちも「力を除くのに3年かかる」と言うじゃないですか。
もう力を抜いて演技をしたいです。早く走らなければならないとき、まともに走れるように。

 
●もともと今日のインタビューでは『キム・タック』の話はあまりしないようにしたんです。
 ちょっと飽きたかも知れないから。

飽きてはいません。
しかし、ある渇きが、自分の中にも明らかに存在するようです。

 
●「渇き」と表現しますね。

視聴率50%を越した作品の主人公だったというのは宝くじに当たったより難しいんじゃないですか。
これから宝くじの当選金で上手くいきていくか、当選金全部で再び宝くじを買うかの問題だと思います。
しかし宝くじに二回当たることは確率的にゼロに近いじゃないですか。
ずっと欲を出していたら、結局私だけ不幸になりそうです。
宝くじに当選すると莫大な幸運を享受しているにもかかわらずです。
それで欲を捨てようとしてます。
正しいとか、謙遜したのではなく、理性的に思った結果です。

 
●大きな波が押し寄せ、引き潮のようにひいていくのを一度見たら、
 堅実な人たちに感謝の気持ちをもっと感じるようになりそうです。

「味方」というのはいつも私を立ててくれる存在です。
「なぜ私が好きかな?」そんな考えもたくさんします。
私を誠実だと思ってくれる人たちをがっかりさせたくないです。

 
<続く…>

 
こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-06

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
イ・ボムスVSユン・シユン、総理と実行課長のダウンジャケット対決!

去る4日放映終了したKBS 2TV 『総理と私(仮)』は
ユナとイ・ボムスが新たな未来を夢見て再会する温かい結末で
視聴者たちの熱い呼応の中で終わった。
特に冬に似合う暖かいストーリーと俳優たちの熱演に劣らず
優れたアウトドアファッションも人気がでた。
特にイ・ボムスとユン・シユンは、スーツルックを基本に、
オシャレなダウンジャケットを一緒に披露し、多くの視聴者たちの視線を捕らえた。
40代前半の若い総理役のイ・ボムスは、
劇中の仕事しか知らない生真面目な総理の姿から
優しいお父さんの姿に変わりナチュラルな感じのブルー、グリーンカラーの
ダウンジャケットを披露し変化を見せた。

<中略>

20代のスマートな実行課長役のユン・シユンは、
同じダウンジャケットを黒、赤などの色ごと、状況ごとに異なる雰囲気を演出した。
同じダウンジャケットだがカラーの差だけで、
劇中ユン・シユンの明るい姿とシリアスな姿がそっくりそのまま現われた。

★面白く見る記者の思い
チェ・ジヨン記者:イ・ボムス勝!重量感のある総理から人間的な姿まで格好いい〜
イ・ソンイ記者:ユン・シユン勝!ダウンジャケットもスーツも似合わない服が無いね〜

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-05

韓国ツアー2次募集スタートに関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

お待たせしました!

『SIYOON's WHITED DAY in SEOUL』の
2次募集が本日16時からスタートしました。

2次募集期間:2014年2月5日(水)16:00 〜 2月20日(木)18:00

>>申込はこちらから

1次募集でお申込できなかった方は2次募集をお見逃しなく!

  • 2014-02-05

ドラマ『総理と私(仮)』放送終了、シユン君お疲れ様でした!

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

2月4日(火)でシユン君が実行課長を熱演したドラマ『総理と私(仮)』の
韓国放送が終了になりました。

4ヶ月間、一生懸命ドラマ撮影をしてきたシユン君。
本当にお疲れ様でした!

寒い中、熱演を見せてくれたシユン君★
少し休んでから、3月のファンミーティングの準備を始めるそうです。
3月には、また元気でかっこいい姿を見せてくれると思います!
韓国ファンミーティングツアーが待ち遠しいですね♪

  • 2014-02-04

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『総理と私(仮)』イ・ボムス、ユン・シユン、リュ・ジン
3人3色のスタイリング!



©KBS

イ・ボムスとユン・シユン、リュ・ジンが3人3色の魅力で
誘いたいスタイリング法を提案した。
あと1話だけを残しているKBS 2TV月火ドラマ『総理と私(仮)』側は4日、
最終話を控えてイ・ボムス、ユン・シユン、リュ・ジンの3人3色のスタイリングを公開した。

ジェントルな魅力が引き立つイ・ボムスの総理ルックから
「上位1%のブレイン」ユン・シユンのダンディールック、
そしてシックな魅力が注目をひきつけるリュ・ジンの記載部長官ルックまで。
このように、三人の様々なスタイリングは、それぞれのキャラクターが持つ魅力を
より一層極大化させるとともに、状況に応じたスタイル変身で違う魅力を発散している。

<中略>
これに加え、「上位1%のブレイン」ユン・シユンは、
トレンディなスタイリングに実行課長の強烈なカリスマと
男性美を同時に表わして視聴者たちの目を楽しませている。

劇序盤ブラック、グレー、ブラウンなどの無彩色系で意中が分からない
カン・インホの姿を現したの彼もユナに向けた片思いが深まるにつれ、
ベージュ、バーガンディ色の衣装で表は冷たいが中は暖かくて弱いタドナム(暖かい都市の男)の
魅力を発散した。

<中略>

このように、三人は一層深くなった演技とキャラクターによく似合うスタイリングに注目を集中させる。
これとともに、状況に応じたスタイル変身で「シック男」と「ダンディ男」を行き来する反転魅力を現わして
女心をひきつけるなど、『総理と私(仮)』を見るまた他の楽しさをプレゼントした。

これに関連してネチズンたちはSNSなどを通じて
「イ・ボムス、ユン・シユン、リュ・ジンのそれぞれ違った魅力が目立つ」、
「各自のキャラクターに合うスタイリング!私の彼氏にも着せてあげたいね」、
など様々な反応を出した。

一方、イ・ボムスとユナのラブラインがどのような方向に流れるのか関心が増幅されている中で、
あと1話だけを残した『総理と私(仮)』は今夜(火)10時最終話が放送される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-03

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『総理と私(仮)』の最終話の台本認証ショット…
ユン・シユン、チェ・ジョンアン「寂しい」



©KBS

KBS 2TV月火ドラマ 『総理と私(仮)』俳優たちの最終話の
台本認証ショットが公開されて人目を引く。

3日に公開された写真の中にはユン・シユン、チェ・ジョンアン、リュ・ジン、
チェスハン、チョン・ミンサ、イ・ドヒョンなどの出演俳優たちが
最終話の台本を持っている姿が収められた。

特に最終話の撮影に対し寂しい心と視聴者たちに向けた感謝の気持ちを
伝えるために撮影された写真の中の俳優たちは、
いろんなポーズで台本を持っており、注目を集めている。

ユン・シユンとチェ・ジョンアンは、視聴者に向かって
寂しい気持ちいっぱいの「さよなら」を披露した。
一方、リュ・ジンは最後までイ・ボムスとチェ・ジョンアンが
一緒にいることに嫉妬して笑いを誘った。
最終話の台本の表紙の中で並んでいるイ・ボムスとチェ・ジョンアンを
手で隠して認証ショットを撮ったもの。
面白い表情が一緒に撮られて、コミカルさを倍増させて大きい笑いをプレゼントした。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-01-31

シユン君の最新写真を皆さんにご紹介します。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

今日は『総理と私(仮)』で熱演している
シユン君の写真をご紹介します!



モニターの中でもキラキラ輝いてるシユン君☆
シユン君が寒い冬の風に負けず頑張れるように
一緒に熱い応援を送りましょう❤

※ログインすると他の写真もご覧いただけます。

  • 2014-01-28

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『総理と私(仮)』ユン・シユン、迫力の抱擁シーン…
「こんなキャラクターは初めて」



(c)THE TICTOC


俳優ユン・シユンが「男前」の魅力で女性視聴者たちの母性本能を刺激している。

24日KBS2月火ドラマ『総理と私(仮)』側はユン・シユンの男性美あふれる写真を公開した。

公開された写真の中には透明な肌とスマートな横顔のラインを誇る
ユン・シユンが盛り込まれており、見る人の視線をひきつける。
ユン・シユンは、小さな顔とすっとした鼻筋、細いアゴのラインで彫刻のような横顔を誇示している。
何よりも、体にフィットしたスーツとコートで演出したスタイリングと、
デビュー後初めての短いヘアースタイルが調和しユン・シユンの男前の魅力を倍増させている。

特にユン・シユンは、様々な表情演技を通してロマンチックな魅力と
男前の魅力を自由に見せていて人目を引く。
最近放送された13話でユン・シユンは「カン・インホ式愛し方」を見せて
男前のフォースを発散、女心をひきつけた。

劇の中でクォン・ユル(イ・ボムス)の元妻パク・ナヨン(チョン・エヨン)が
生きていることを知ったカン・インホ(ユン・シユン)は、
すぐにナム・ダンジョン(ユナ)を訪ねて奇襲抱擁をした。
その後、「私が辛くなるのは大丈夫…ダンジョンさんはどうしたらいいでしょう?」
と言いながら涙を流して、自分よりも愛する女性を先に心配している
切なくて男前の魅力で女性視聴者たちの心を揺さぶった。

兄の復讐のためにすべてを諦めたカン・インホが唯一、ナム・ダンジョンに揺れ、
その女性を守ってあげる姿を見せて切なさを見せると同時に、母性本能を刺激した。
女性視聴者たちはむしろカン・インホを守ってあげたいとカン・インホの切なくて男前な魅力に揺れている。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-01-27

韓国ツアー特典変更に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

「SIYOON's WHITE DAY in SEOUL」のツアー特典
シユン君と写真撮影(グループ写真)が
シユン君とツーショット写真撮影に変更になりました。

シユン君と二人で写真撮影なんてとてもドキドキしますね!

韓国でシユン君と素敵な思い出を作りましょう〜★

>>ツアー詳細・お申込みはこちら

  • 2014-01-24

ファンクラブサイトのセキュリティ強化のお知らせです。

ひとつ星の皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ファンクラブサイトのセキュリティ強化のため
ログインに関するシステムのアップデートがありました。

5回ログインを失敗致しますと、
アカウントが30分間ロックされます。
パスワードを再設定する場合は30分経ってから行ってください。


よろしくお願いいたします。

261〜280/453件  ←←先頭へ  ←前へ  7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21  次へ→  最後へ→→