INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2014-04-04

韓国の雑誌『Singles』のジファンさんとのインタビューを
皆さんにご紹介します。

韓国の雑誌『Singles』のジファンさんとのインタビューを
皆さんにご紹介します。


<スタッフ翻訳文>
冗談と本音の間、カン・ジファン<3>

TVプログラム『ペア(仮)』は、なぜそんなに好きなのか?
どんなミニシリーズよりも面白い。あれこそリアルだから、本当に面白い。
『私たち結婚しました』とは次元が違うようだ。
さっきもスタッフと前回の出演者たちの話をした。私はそのプログラムに出れないけど、
マネージャーには「マネージャー特集」をするときに出てと言った。
全力でサポートしてあげる(笑)。

今は、「ペア」がいないのか?
いない。
だから、今日焼酎飲んで死のうと(笑)。
今日2月14日ではないか。今日のような日は消えないと(笑)。

大勢がいる場所で好みの女性に会ったらどうする?
その場を手配した人に「あの子の電話番号教えて」と言うのではなく
「あの子は良かったね」とこのように言う。
今は果敢にダッシュしてみたいと思う。
年齢もあるから結婚というのも考えなければならないし。
以前は、外見を1番に見たら....

今では2番?
いや、まだまだ1番だ(笑)。
しかし、性格とか 「その人とうまくいけばどうだろうか」という考えまでより広く悩む。
いまだに私はあまり寂しくないようだ。まだ外見が1番であるのを見ると。
40歳を超えると、ますます見る目が低くなるだろうが(笑)。

40歳になっても変わらないようだ(笑)。
その時はたくさん揺れそうだ(笑)。
それまでにも彼女がいないと性格が合う友人のような人に好きな女性像が変わるだろう。

最近になって結婚したいと思ったのか?
ちょっと前から。
元々は35歳ぐらいで結婚したかった。
それ以来、ずっと機会があればしたかった。

一人で暮らすのもなかなかいいじゃないか
そうではない。結婚は私にとって別の概念である。
私が仕事をする理由は、私一人で贅沢三昧しようとするものではない。
演技者ではなく、別の仕事を持っても、お金を稼ぐ究極の目的は一つだ。
妻と子ども、私の両親と周囲の人々とよく食べ、よく生きるためである。
もし私が結婚してある女性の男になれば、少なくともこの女性にとっては
この世の全てを与えることができる能力は必要だと思う。
経済的な困難なしにすべてを持たせてあげたいし、味わうようにしてあげたい。

そのような考えをするようになったきっかけがあるか?
子供の頃の価値観がそのように確立されたようだ。
デビュー当初はお金がなかった。
その当時の彼女にはおいしいものや、プレゼントもまともに買ってあげなかった。
両親にも同じだった。男は能力がなければならないという考えを大人になってから自然にした。

女性は年を取ってからお肌に贅沢に投資することになる。
38歳の男カン・ジファンが惜しみなく投資することは何?

まあ、飲み代?
年齢を1歳、2歳取ってみたら、私がご馳走してもらう人よりも
ご馳走してあげないといけない弟たちが多く出来る。
それとも、スタッフや友達、家族と旅行に行って食べること?
そのような部分では、お金を全く惜しまなかったね。

ツイッターも熱心にする俳優の一人だ。
食べ物もいろいろな種類があるように俳優や人の性向もすべて異なる。
私も芸能人に会うと、一緒に写真を撮りたいし、普段なにをしてるか気になる(笑)。
ファンも当然そうだろう。時々写真をアップするのが全部だが、ファンに申し訳ないだけだ。
早く良い作品をお見せしないといけないのに....
以前に初めてファンが生じたとき、メンバーがあまりいなかった。
だから、ファンカフェメイン画面に「襟が触れるのも縁だから、一度登録しよう」と書いておいた(笑)。
その時、ファンにも話していた。
「私が仕事しないときは他のファンクラブに登録して、楽しんで、
代わりに私が働く時は団結しよう。なんかありそうに見えないと、そうではないと「格好」悪いから。
普段出なかった同窓会も出て、ミニホームページで人々に連絡して、親戚の家も行って。
行って人々に加入してもらって。いったんファンクラブ会員数が重要である。
ドラマが終わったら全部出て行っても良い」このように素直に話をしていた(笑)。

逆に加入した有名人のファンカフェはないか?
ない。ただ好きな芸能人が出来たら記事を読んで、イメージをキャプチャしておいて、
携帯電話やパソコンのデスクトップに飾っておいて(笑)。

最近は誰が好きか、女性アイドル?
みんな愛しています(笑)。

作品をしなくて休む時も、インターネット上で名前を検索してみるか?
いや。検索する理由がない。
記事が出ないのが分かるから。
朝、起きてすぐ確認することがある。
ドラマの視聴率と映画の観客動員数、芸能ニュース。それは癖だ。

人気のドラマ、映画は、すべて見るのか?
人気あるのは見ない(笑)。
キャスティングされたが、様々な変化があって作品が他の人に行った経験が二回ほどある。
その中にはうまくいった場合もあった。その時、当然、そのドラマを見なかった。
逆に私がシナリオを読んで、「これは本当にないのに」と思っていたのが
ブレークすると、また見るのがつらい。
休んでいるときにあるドラマが成功すれば、私も俳優だから羨ましくなる。
成功した作品をいちいち見るのが私には良くない面が多いようだ。

ツイッターのニックネームが「カン代表」だ。実際に1人の企画会社の代表でもあるし。
スタッフもあまりいないし。すべて私中心だ(笑)。
1人の所属事務所は、長所と短所がある。
私がしたい作品を選ぶことができるというのは良い。
しかし、その結果に対する責任は、ひっそりと一人で背負わなければならない。
以前には演技だけ気を使えば良かったのに今は給料日から税金まで、
普段気にしなくてよかったのも考えなければならない。
実際には代表の名前だけで、理事がすべて手伝ってくれる。
私たちだけで楽しむためにカン代表と呼ぶ。いつかまた聞いてみるか?

カン代表はインタビュー終えてこれから焼酎を飲みにすぐに行くのか?
いや、一応スタッフにご飯を食べさせないといけないから...(笑)。

<完>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-03

韓国の雑誌『Singles』のジファンさんとのインタビューを
皆さんにご紹介します。

韓国の雑誌『Singles』のジファンさんとのインタビューを
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
冗談と本音の間、カン・ジファン<2>

「演技は私のすべてだ」と言ったのを見て、少し意外だった。
デビュー12年目ではなく意欲あふれる新人のように感じられたから。

私はまだ芸能人を見れば不思議だ。通り過ぎるバンがあれば、中に誰が乗っているのかとても気になる。
少し別の話だが、所属事務所のことで大変な時間を経験したとき一番苦しかった。
「演技をやめて何かほかのことをすべきか?」という考えもした。
しかし、私に出来るのはこれしかなかった。
20代後半から30代後半になった今まで、私は演技で生きていた。
私の人生になったのだ。私が俳優だからこうしなければならないというのではなく、
10年以上この生活をしてみると、私に最もよく合うのがカメラの前で演技することだった。
演技が私のすべてだと言ったのはそれほど大きい意味があるのではなかった。

演技に対する姿勢が変わったか?
以前には、何か他の姿を見せなければという思いもたくさんして、
主人公であるからタイトルロールに対する責任を多く感じた。
歌手は上手く歌って、演技者は上手い演技をするのが基本だが、
その話を聞くのは本当に大変だ。
今は作品をするたびに「上手くしなきゃ」こんな気持ちしかない。

『お金の化身』の時、「狂った演技力」という褒め言葉も多く聞かなかったか。
自分でもたくさん満足をしたようだが。
そうだ。作品をする時、興行ももちろん重要だが、
私が満足して、見る人も好きな作品に出会うのは難しい。
どんな作品でも終わってからは「もう少し上手くしたら」という物足りなさが残るのだ。
『お金の化身』だけはそれがなかった。初めてだった。私が最善を尽くしたのもあるだろうが、
それを見て多くの方々が拍手を送ってくれたのが嬉しかった。
一度それを味わったから、それをもう一度感じようと、また演技に邁進することになる。

映画『チャ刑事』も物足りなさが残っていないようだ。
あんなに体を酷使しながら作品に集中してたから。

いや、あまりにも多くの(物足りなさが)残った。
補正下着を使って、特殊効果を利用して撮影することもできた。
しかし、全部断った。コメディ映画といえば、人々が先入観を持って見るのに、
そのような装置を使用すると、映画が軽く見える気がした。
だから、挑戦したのだ。コメディも俳優が熱心にすれば、
演技力を認められることがあるということを見せたかった。
その時はインタビューのたびに記者たちにそう言った。
『チャ刑事』で主演男優賞候補に上がりたいと。
賞を受けるつもりはなく、コメディ演技で認められたかった。
しかし、候補に上がることができなくて残念だった。

興行成績、高視聴率、賞を受けることに貪欲なようだ。
作品をしながら「賞を必ずもらおう」そのような考えはしない。
ただし、作品がうまくいったら良いだろう。私が演技をするのは観客、視聴者に見てほしいからだ。
人々が見ないと、その作品をするのが無意味である。
たまにある俳優たちは「視聴率にこだわらない」と言うが、私はいつも話している。
「私、視聴率にこだわります!」私の仕事は、人々に見てもらおうとするのだ。
監督、作家、すべてのスタッフたちが苦労するのは他の人々に感動や笑いを与えようとしているのに、
見ていただけないときつすぎではないか。

作品の選択にも大衆の視線を最も気にするか?
うまくいかないだろうと思って作品を選ぶ俳優はいないはずだ。
私もそうだ。ところが、10年以上演技をすると超越した部分がある。
かつては視聴率が出ないか、観客が来なかったら自分のせいだと胸が痛んだ。
いまだに気にするのだ(笑)。しかし、興行は運とかその他多くの要素がうまく合わなければならない。
ストーリーや演技が良いのは当たり前で。
作品の興行は、私ができることじゃないところでもあるのが分かった。

所属事務所紛争を経験した。その渦中でそばに残った人はどういう人なのか?
私が売れても、売れなくても、お金があってもなくてもいつも側にいてくれる人々である。
子供の頃から百人力という言葉がすごく好きだった。
百人の友人ではなく、それを代わりにすることができる一人の友人をより好む。
普段にも多くの人に会うスタイルではない。もちろん、撮影現場では少し違う。
ドラマ、映画をするときに飲み会をたくさんする。
仕事をする時はセリフを覚えて撮影するから忙しかったり、私が素早くなくてスタッフたちに
申し訳ない部分もあるからだ。飲み会するときは、スタッフたちと一杯ずつ全部飲んで、
カラオケに行けば一番最初にテーブルの上に乗って「シャバンシャバン」を歌ってダンスも踊る。

車やバイクが好きだと聞いた。スピードを楽しむ方か?
いや、運転することはあんまり好きではない。乗っても遠くは行かない。道に迷う(笑)。
ただ行ったり来たり、乗り心地を確認する程度だ。
高価な車より安い中古車を買ってチューニングをしたり、他の人々があまり乗らない車を買う。
数年前に買ったのが、ハマーH2という大きなタンクのような車だった。
一生懸命働いて私のお小遣い少しずつ貯めて買ったから、そちらに趣味ができた。
ブランド品とか他のものにお金を使うことをあまり好きではないし、
お酒も近所で焼酎を飲むのが良い。

なぜ犬の名前が「ラグジュアリー」なのか。
ああ、ラグジュアリー? (笑)
クリーム色のポメラニアンだ。ショリを「紫陽洞パリスヒルトン犬のように育てたいと思った(笑)。
一生一緒に生きなければならないので普通に育てることよりも何か少し面白く疎通したかった。
だから名前をそのようにした(笑)。現在三歳である。

「ショリ」の長所は?
最初は『世の中にこんなことが』のようなところから見ると飼い主をとめどなく待つ忠犬のように、
高級犬に育てたかった。外国語も教えようとTVで『動物の王国』もつけっぱなしにしたりもした。
他の動物の言語も学んで見てという意味で(笑)。
ショリが3ヶ月になった時、ペ・ヨンジュンさんが通う犬の訓練学校に入学させた。
学校長も学習速度が早くて、CMにも出せると言ったが…
毛だけいっぱいに伸ばして戻ってきた。最初は「お手!」と言うとおやつくれるから、
思わず手を出したりもしたが…
最近、撮影のために両親の家に長くいるようになってあまり会えないからか
私が分からないようだ。
犬がちょっと生意気だ(笑)。
以前に雑誌に数回出てきて、新聞記事に載って高慢で生意気になった。

<続く…>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-03

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、
都心追撃シーンでタフなキャラクター一目で



©KBS

俳優カン・ジファンが視線をひきつける都心の中の追撃アクションシーンを公開した。

KBS2新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の見事な追撃アクションシーンが公開された。
今回のドラマで男主人公のカン・ジファンは孤児として育った三流チンピラで
一日一日を生きていくキム・ジヒョク役を演じ、タフなキャラクターらしく、
都心一帯を一日中走り回って追撃アクションの熱演を広げた。

公開された写真の中のカン・ジファンは疑惑の男性を追う姿で気がかりなことを予想させる。
劇中キム・ジヒョクは昼間は食堂でクッパを運び、夜には、代行運転手の仕事をして生きていくが
過去の「チンピラ出身」という汚名を受けて生きていくキャラクター。
今回の写真は、彼のキャラクターを体で表現した内容であり、
これから彼に起こる順調ではない人生を端的に示す場面だ。

午前7時から続いた都心の中の追撃アクション撮影は、
高い完成度のために約10時間も続いて午後5時を越えてようやく撮影が終了した。
カン・ジファンは、多くの市民が見守る中、辛くて疲れた撮影スケジュールの中でも
ムードメーカーの役割を正確にしたという裏話だ。

『BIG MAN(仮)』の撮影関係者は
「激しい追撃シーンであるだけ、交通を制御し、鋭敏に撮影する必要がある部分だった。
つらい状況の中でも俳優カン・ジファンは疲れた気配なしに特有のウィットと笑いで
撮影現場の明るい雰囲気を作った」とドラマの中心を導いていく
俳優カン・ジファンに対する賞賛を惜しまなかった。

カン・ジファンは「皆が力を合わせて作っている作品であるだけに、一生懸命するのは当然だ」とし
「良い作品を作るために多くの俳優たちとスタッフたちが努力している。
高い完成度のため、全力を尽くして撮影しているだけに、期待に反しない姿をお見せする」と覚悟を表わした。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-02

韓国の雑誌『Singles』のジファンさんとのインタビューを
皆さんにご紹介します。

韓国の雑誌『Singles』のジファンさんとのインタビューを
皆さんにご紹介します。


Singles 3月号

<スタッフ翻訳文>
冗談と本音の間、カン・ジファン<1>

真剣だが重くない。真剣だったがとんでもない話で大笑いする。
上手に冗談と本音の間を行き来している。
1年ぶりに復帰作を選んだカン・ジファンは、デビュー12年目の俳優だ。

何も約束しないまま20日を過ごした後、カン・ジファンと会う日を作った。
D-4。彼のドラマキャスティング確定の便りが聞こえた。『BIG MAN(仮)』。
三流人生を生きてきた主人公が財閥家の息子で身分上昇しながら起こる話を描いた復讐劇である。
カン・ジファンは、その中心にいる人物キム・ジヒョクになる予定である。
およそ1年ぶりの復帰作である。前作ドラマ『お金の化身』で
「狂った演技力」という好評を得て、前所属事務所との退屈な紛争にもピリオドを打った。
いっそう身軽な心で選んだ復帰作であった。前日、マネージャーから電話が来た。
ドラマの役割のために急に髪を染めることになったというのだ。
脱色と染色を繰り返し、キム・ジヒョクという人物のビジュアルをどう得るか、
ドラマの監督と調整中であるとした。
その日、カン・ジファンのツイッターには「カラー中」という文字と一緒に
真っ黄色く染めた髪で撮った写真が上がってきた。

D-day。カン・ジファンは心配していた(!)よりもはるかにおとなしい黄色の髪で現れた。
写真撮影中はあんまり言葉がなかった。モニターに浮かぶ自分の写真をちらっと見るだけ。
それさえも視線が長くとどまらなかった。カメラを引いても、表情の変化はほとんどなかった。
普通沈黙は不便さに変質するものだが、彼の寡黙は、雰囲気を硬くも、重くにもしなかった。
逆に適度にリラックスだった。インタビューのために彼と向き合った時、初めて彼の笑顔をのぞかせた。
13年目演技者の余裕、3歳の伴侶犬の飼い主の遊び心、結婚適齢期を迎えた30代後半の男性の責任
そして冗談と適当に混ぜ合わせた率直さまで。
俳優カン・ジファンの魅力をそのまま感じるのは難しくなかった。



1年ほどの空白期があった。
ちょうど1年ではなかった。
昨年の『お金の化身』が4月に終わって、まだ公開はしていないが、
映画『太陽に向かって撃て(仮)』の撮影をした。
だから仕事せずに休んだのは5ヶ月である。

ドラマ『BIG MAN(仮)』出演を決めた。どのようなところにひかれた?
最初のページ『BIG MAN(仮)』というタイトルを見てどのような内容であるかよく分からなかった。
ところが、シノプシスの前にドラマの内容を一文で説明するメインコピーを見て、
「あれ?」と感じてきた。

メインコピーが何だったか?
撮っておいた。(携帯電話を取り出して見せて)
「私がとても恋しかった家族は、私の心臓だけを求めた」
あえてシノプシスをすべて読まなくても勘と言うのかな?
何か私に触れる感じがあった。

まだキャスティング中だからか、ドラマの内容について知られていることがあまりない。
内容を言えば、私は孤児で、町のチンピラだ。
心の片隅にはいつも家族に対する切なさを持っている。
ある日、財閥家の隠された息子であるという事実を知ることになるが、
拉致をされてコマの状態になるまで殴られる。その状態で誰かが私の心臓を移植しようとしている。
本当はその財閥家の息子が心臓病にかかって移植してくれる人が必要だったのだ。
突然死んでも誰も探さない人で、私が選ばれたのだ。
結局、彼らは自分の息子を生かすために、私の心臓だけを欲しがったということに裏切りを感じ、
復讐を図る。それで物語が始まる。

『お金の化身』もコミック的な要素はあったが、そこにも「復讐」を夢見た。
「復讐」というコードの面では二人の人物が似ていると言える。
しかし、『お金の化身』は、コミックっぽく描いたとすれば今回はちょっと違う。
主人公に対して家族は、人生のすべてだ。彼らが欲しい心臓も自分の全てだ。
しかし、家族という人がそれを奪っていこうとする。
「復讐」の理由が違わないか?
足が刺されたのと、心臓が刺されたのが違うように。

コメディと正劇演技を行き来しながら、広くするほうだ。
毎作品ごとにイメージを変えて見せなければならないと思うのか?

「俳優ならそうするべき」ということではなく私の性向である。
悲しい演技に没頭したときには、数ヶ月悲しいことばかり考える。
そうすれば、何か明るくなりたい気がする。
悲しいエネルギーが使い果たされたような感じがする。
脂っこい食べ物を食べているとキムチが食べたくなるように私には自然な現象であるようだ。
私は基本的な喜怒哀楽を表現することを好む。幸いなことにアクション、メロ、コメディーなど、
様々なジャンルを行ったり来たりする機会が多かった。
機械的に今回はコメディをしたので次はメロ、こういうふうにはしない。

写真撮影しながら喜怒哀楽を表現してほしいという要求に負担を感じているようだった。
まだカメラの前に立つのが不自然である。ポーズとるのも自分じゃなくて。
私の服ではないような気もして、苦手である。映画やドラマを撮りながら感情に没頭して撮るのは
大丈夫だがスチールカメラの前で演技をするのは不自然である。
どうせ撮るのだから、良い姿を見せたいし、うまくなりたい。
だから、可能な限り調整をして、その中で最善をつくそうとしている。

<続く…>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-01

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』緊張感あふれるティーザー公開
「視聴者の視線を圧倒」



©KBS

KBS2新しいドラマ 『BIG MAN(仮)』のティーザーが公開されて話題だ。

先月31日、 KBS2新ドラマ『BIG MAN(仮)』のティーザー映像が公開された。

この映像は『BIG MAN(仮)』のドラマ序盤に登場人物たちの出会いの主軸を成す
<心臓>を中心に、各キャラクターたちが素早く登場して、
緊張感を形成して視聴者たちの期待感を呼び起こした。

約30秒の短い映像だが、緊迫したオープニング映像とサウンドで、
キャラクターたちの普通ではない関係を推察させた。
劇中大韓民国財閥1%のヒョンソングループの一人息子カン・ドンソク(チェ・ダニエル)が
割れたワイングラスと一緒に床に倒れる姿と時計を同時に見せながら、緊迫した時間を予告した。
これは、「私の心の時間があまり残っていない」という不気味な字幕を通じても如実に表れた。

『BIG MAN(仮)』側関係者は、ティーザー映像の後、視聴者たちの熱い反応に
「<心臓>に向けた二人の男の対決をはじめとする緊張感あふれる話がつながる。
見事な演技力を土台に固く団結した俳優たちの好演に多くの期待をお願いする」とし、
作品に対する強い自信を見せた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-31

消費税率変更に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

2014年4月1日(火)から消費税率が8%になります。
それに伴いまして、
4月1日(火)以降、各ショップで販売している商品も消費税率8%を適用いたします。

何卒、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

  • 2014-03-28

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン『BIG MAN(仮)』で1人2役…
現代版「光海」に完全変身


※光海:朝鮮の15代目の王


©KBS

俳優カン・ジファンがドラマ版『光海』に扮する。
来る4月14日放送されるKBS2新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』でカン・ジファンは、
孤児として育った三流チンピラから一日で大韓民国上位1%の財閥グループの長男に変貌する姿を見せて
視聴者たちにとぼけた姿とカタルシス、びりっとした快感を与える予定だ。

『BIG MAN(仮)』は、昼には食堂でクッパを運び、夜には代行運転手の仕事をするが
いろんな事件・事故を引き起こしながら下流人生を熾烈に生きてきたキム・ジヒョク(カン・ジファン)が
いきなりヒョンソングループを背負っていく有力な後継者に指名されて
180度変化して行くドタバタ過程と一緒に、真のリーダーが何なのかを見せてくれる予定だ。

この姿が、まるで2012年、大韓民国を騒がせた映画『王になった男』と似た様相で、
『BIG MAN(仮)』を期待するファンの間ではすでに「現代版光海」という別名がついたほどだ。
朝鮮の王が殺害脅威にあってただの市場通りで生きて居たハソン(イ・ビョンホン)が
朝鮮の王の役をするようになり、民心を聞いて、正しい政治を繰り広げる姿は
2014年現在に入って『BIG MAN(仮)』として新しく生まれる。

孤児として生まれ、雑草のように踏まれながらも、より屈せずに自分の人生を生きてきた
ファイターキム・ジヒョクの紆余曲折の成長ストーリーは漫談師「光海」ハソンの姿を見るようだ。
下積み人生を生きてきた一人の男が現時代の真のリーダーになる過程をリアルに描き出すことで、
視聴者たちの期待を精一杯引き上げている。

また、ハソンを朝鮮の王に変身させたキングメーカーホ・ギュン(リュ・スンニョン)がいるように、
『BIG MAN(仮)』では、グループ経営について何も知らないジヒョクと経営の処世術とリーダーシップを
そばでアドバイスしてくれる協力者がいる。
イ・ダヒはヒョンソン家の運転手として働いた父の姿を見て、
必ず成功すると約束した野心的な女ソ・ミラ役を演じ
ジヒョクを助けながらどたばたストーリーを描いていく。

『BIG MAN(仮)』の制作陣は「『BIG MAN(仮)』は、この時代の真のリーダーとは何か、
2014年のこの時代が本当に望むリーダー像について面白いエピソードが加わり、滑稽に解放する予定だ」とし
「特にシリアスと面白さが共存する様々な魅力の俳優カン・ジファンを筆頭に、
チェ・ダニエル、イ・ダヒ、チョン・ソミンなど、ドラマ序盤の撮影から俳優たちの元気なエネルギーが
撮影場を埋め尽くしている」と伝えた。

一方、『BIG MAN(仮)』は、『太陽がいっぱい』の後続で来る4月14日初放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-27

『BIG MAN(仮)』の撮影を頑張っている
ジファンさんの最新写真を皆さんにご紹介します。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-27

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン「生きて呼吸する生演技をする」

『BIG MAN(仮)』カン・ジファンの初撮影現場スチールカットが公開された。

KBS2新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の制作陣は14日、
ドラマ初撮影現場スチールカットを公開した。
スチールカットの中の俳優カン・ジファンは緑のジャンパー姿で
食堂に座って食堂のオーナーと対立している。

カン・ジファンは今回のドラマに臨む心境で
「ドラマをすると、毎回格好良く出ようとばかり思いましたが、
今回の焦点は本当に生きて呼吸する生演技をしたいという気持ちで
フォーカスをそこに合わせました。
カン・ジファンではないキャラクターとして記憶される俳優になるために
最善をつくす」と伝えた。


©KBSメディア

劇中カン・ジファンが演じるキム・ジヒョクは
孤児として生まれ、下積み人生を生きていた男が突然、
財閥グループの長男という名前の新しい人生を得た人物である。
この過程で多くの傷を受けることになって、自分にとって大切な人を守るために
権力と不条理に立ち向かう姿を見せる予定だ。

カン・ジファンは前にファンカフェを通じて
「演技してから10余年がふわりと越えて、これまで沢山の作品をしたにもかかわらず、
震えるこの心は仕方がない。明日の午前最初のシーンなので早く寝ようと横になったが
3〜4時間ごろごろして結局眠れなくて起きてしまった。」
と初めての撮影を控えて素直な気持ちを告白した。

また、カン・ジファンはキム・ジヒョクのキャラクターにさらに没頭するために
わざわざ太るなどの努力をしたことが分かった。

一方、『BIG MAN(仮)』は来月14日、『太陽がいっぱい』の後続で初放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-26

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファンのワンマンショーを期待しろ


©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

俳優カン・ジファンの「二色の演技」を期待しても良さそうだ。

KBS 2TV新しい月火ドラマ 『BIG MAN(仮)』カン・ジファン(キム・ジヒョク)が
ヤクザから財閥男を行き来する「二色演技」で猛活躍を広げて
風変りな楽しさをプレゼントする。
『BIG MAN(仮)』は持っているもの一つなく生きてきたキム・ジヒョク(カン・ジファン)が、
ある日突然財閥系に入り、起こる事件・事故を迫力たっぷりに描き出す予定。
孤児として生まれ、遊べるだけ遊んで生まれつきの拳のおかげで、
裏世界を支配していたキム・ジヒョクは最下の生活を転々としていた下流人生のチンピラだ。

そんな彼が文字通り寝て起きたら迎えた「もうひとつの世界」は、
大韓民国を握っているヒョンソングループの長男という巨大な生活である。
このように、一夜にして大韓民国の1%になった彼が繰り広げられるの活躍は
既存に見られなかった風変りの喜びをプレゼントして、
時には愉快に、時には劇的な緊張感を伝えて視聴者たちの手に汗を握るようにする見通しだ。

特にキム・ジヒョクキャラクターはカン・ジファンという俳優と出会い、
より多くの光を放つようになると期待感を高めている。
「キャラクターとして記憶される俳優になりたい」と公言したカン・ジファンは
すでにキム・ジヒョクのキャラクターに夢中になっているという関係者の伝言だ。

カン・ジファンは「キム・ジヒョクは様々な魅力を同時に感じられるキャラクターだ。
ひとつではなく、いろんな顔の私をお見せ出来るキャラクターだからこそ、
初めてシナリオを受けた時から魅了されるしかなかった」と続き、
「なにもなく生きてきたキム・ジヒョクから最高の位置のカン・ジヒョクまで
正反対の姿を乖離感なくお見せしなければならないのでプレッシャーがないとは言えないが、
できるだけ楽しみながら撮影している。見守ってくださる皆さまに最善をつくす姿を見せたい」
と今回の作品のための無限の愛情を現わした。

一方、下積み人生で「ある日突然」大韓民国最高財閥グループの長男になった
カン・ジファンの活躍を期待させているKBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』は、
『太陽がいっぱい』の後続として放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-25

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、イ・ダヒ
命かけの追撃シーン公開「期待感UP」



©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

『BIG MAN(仮)』カン・ジファンとイ・ダヒの追撃シーンが公開された。

20日KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』製作会社側が
疑問の車両に追われるカン・ジファンとイ・ダヒの姿を公開し、
高クオリティな映像で武装した多彩な見どころを予告した。

『BIG MAN(仮)』は、孤児として生まれ、下積み人生を生きていた一人の男が
財閥グループの長男という新しい生活を得て広がるストーリーで、
新しい家族と世間から傷ついて壊れていた「BIG MAN」が、
自分が守るべき大切な人のために、世界の不条理に立ち向かう物語を描いた作品である。

公開されたシーンは、疑問の車両に追われるキム・ジヒョク(カン・ジファン)と
ソ・ミラ(イ・ダヒ)の命をかけた追撃シーンで関係者によると、
一触即発の状況の中で、感情移入を必要としたカン・ジファンとイ・ダヒは、
ほとんどの主要な場面を代役なしで消化する情熱を見せた。

また、このシーンは、ややもすると事故につながる可能性がある危険な撮影だっただけに、
これまで以上の緊張感であふれた状況。

しかし、カン・ジファンは長時間続く撮影で疲れたスタッフの士気を盛り上げるために
気の利いた話術を発揮するなど、ムードメーカーの役割をやり遂げた。

これだけでなくカン・ジファンは、女優のイ・ダヒを終始気遣い、
シートベルトを確認してあげるのはもちろん、「驚いてない?」と話しかけるなど
ジェントルマンの面目で撮影会場を温かくさせたという裏話だ。

これに関連し、ドラマのある関係者は
「俳優とスタッフたち皆、最初から入念に動線を確認しながら細心の努力をしただけに
素敵なシーンが誕生した」とし
「すべての苦労が込められた重要な場面で『BIG MAN(仮)』だけの迫力あふれる
見どころを提供する予定だから多くの関心お願いする」と伝えた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-25

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、イ・ダヒ、チョン・ソミン
リレーサプライズ誕生日パーティー「おめでとう」



©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』カン・ジファンの
サプライズ誕生日パーティー現場が捉えられた。

去る20日の誕生日を迎えたカン・ジファン(キム・ジヒョク)のために
『BIG MAN(仮)』の制作陣がサプライズ誕生日パーティーを準備して
強いチームワークを見せた。

この日撮影会場には早朝からカン・ジファンのファンたちが
彼の誕生日を記念して、コーヒーのトラックをプレゼントして
どんな時よりも活力があふれた。
ここでカン・ジファンのための
製作陣のサプライズ誕生日パーティーが続き、現場を熱くした。
特に、撮影が終わって進行された団体会食の席で、
制作陣はひそかに用意したケーキを登場させカン・ジファンを感動させた。
現場にいたスタッフたちは、誕生日の歌と一緒に歓声を上げるなど、
まさにパーティーの場を開いた。
これにカン・ジファンは、スタッフ一人一人感謝の挨拶を伝え
雰囲気を和気あいあいに染めた。

それだけでなく、先週末には15〜16日、一日違いで相次いで誕生日を迎えた
イ・ダヒ(ソ・ミラ役)、チョン・ソミン(カン・ジナ役)のために
製作陣たちが007作戦で準備したサプライズ誕生日パーティーが開かれた。
イ・ダヒは、感謝の意味で昼食を精算したのはもちろん、
チョン・ソミンも感謝の気持ちでどうしていいか分からない姿を見せ
温かさを加えたという裏話だ。

このように『BIG MAN(仮)』のスタッフたちと俳優たちは撮影序盤から引き続いた
祝い洗礼で笑いが絶えない仲がいいチームワークを築いている。
彼らの呼吸が最高の相乗効果を発散してブラウン管にそのまま伝わると期待感を集めている。

『BIG MAN(仮)』のある関係者は
「3人の主演俳優たちの誕生日がほぼ同じ日にあるのは偶然ではなく必然だ。
開始から幸せな日を一緒にしてるから作品も大ヒットしそうだ。
また、愉快な雰囲気の中で熱心に撮影に邁進しているので『BIG MAN(仮)』に
愛情のこもった関心お願いする」と伝えた。

一方、『BIG MAN(仮)』は、孤児として生まれ、
雑草のように生きてきた一人の男(カン・ジファン)が
財閥グループの長男という新しい人生を得るが、その中に隠された醜い事件が原因で
壊れて怪我をしながらも汚い世の中に立ち向かう話を描く。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-24

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、チェ・ダニエルと優れたスーツ姿


©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』だけで楽しめる味がある。

下積み人生を生きていた一人の男が財閥グループの長男になるという
新鮮な素材に風変りな楽しさをプレゼントする『BIG MAN(仮)』が
序盤から多彩な見どころが予告されて早くも期待を集めている。
ここで主人公カン・ジファン(キム・ジヒョク)、
チェ・ダニエル(カン・ドンソク)の極と極の魅力とビジュアルを同時に兼ね備えた姿が
公開されて視聴者たちを揺るがす見込みである。

公開された写真の中のカン・ジファン、チェ・ダニエルは180cmをはるかに超える
利己的な身長とがっちり体型が加わった優れたスーツ姿に見る人々に
楽しい見応えを与えてくれる。
二人の男は、毎回、目を離すことができない魔性の宴会を継続することを予告して期待を集めている。

また、劇中で愉快ながらも暖かい人間味を持った男に変身するカン・ジファンと
理知的なカリスマの冷徹ビジネスマンで登場するチェ・ダニエルは、
周囲の環境から性格、スタイルまで全く別の相反した魅力を発散する予定だ。
特に、二人の男は、女性が望む理想のタイプの条件を均等に分けて持ったまま
彼女たちのロマンを存分に刺激する。

一方、『BIG MAN(仮)』は、孤児として生まれ、
雑草のように生きてきた一人の男(カン・ジファン)が
財閥グループの長男という新しい人生を得るが、その中に隠された醜い事件が原因で
壊れて怪我をしながらも汚い世の中に立ち向かう話を描く。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-20

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、
役のために太る意志



©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

「『BIG MAN(仮)』カン・ジファン」

KBSドラマ『BIG MAN(仮)』に出演する俳優カン・ジファンが太って話題だ。

14日KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の制作陣は
カン・ジファンのスチールカットを公開した。

公開された写真の中のカン・ジファンは食堂でボサボサ頭と楽な服装で立っている。
カン・ジファンの服に付着した「大きくなる奴」、「何をしても出来る奴」というフレーズが目立つ。

劇中カン・ジファンの役キム・ジヒョクは孤児として生まれ、
下積み人生を生きて急に財閥グループの長男になる。
これにより生じる大きな変化に適応して権力と不条理に立ち向かう姿を描く予定だ。

カン・ジファンは、撮影現場でキャラクターにさらに没頭するために
わざと太るなど情熱を注いでいると伝えられた。

ネチズンたちは
「あ、カン・ジファン早く見たい。期待してますよ!」、
「カン・ジファン本当に本当に好き... 」、
「『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、面白そう。あまり固いだけのではないのが見やすい現実」
などの様々な反応を見せた。
『BIG MAN(仮)』は、『太陽がいっぱい』の後続で来る4月14日に初放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-19

ファンクラブの入会費・年会費変更に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

消費税増税に伴い、
2014年4月1日以降の入会費・年会費の変更に関してお知らせいたします。

■入会費・年会費関して
変更前:入会金 1,050円/年会費 5,250円(税込)
変更後:入会金 1,080円/年会費 5,400円(税込)

<消費税率変更に伴うメンテナス>
メンテナンス期間:2014年3月24日(月)18:00〜2014年4月1日(火)時間未定

上記期間は、新規入会、更新手続きができかねます。
ご了承いただきますようお願いいたします。

※サイトのログイン及びコンテンツの閲覧は出来ます。

■新規ご入会
※2014年3月24日(月)18:00までにご入会お手続き、決済された方は税率5%となります。

[決済方法別の注意事項]
・クレジットカード決済
2014年3月24日(月)18:00までに決済方法をオンラインクレジット決済で選択し、
お手続きされた方

・コンビニオンライン決済
2014年3月24日(月)18:00までに決済方法をコンビニオンライン決済で選択し、
2014年3月31日(月)23:59までにお支払いされた方

※2014年4月1日(火)以降にご入会お手続き、決済された方は税率8%となります。

■継続更新
2014年3月24日(月)18:00までに継続更新手続きをされた方は税率5%となります。

また、継続のお手続きは、会員有効期限満了日の2ヶ月(60日)前から受付いたします。
クレジットカード決済を選択された方は、自動更新となり、お手続きの必要はございません。

  • 2014-03-19

オフィシャルファンクラブスタッフ一同よりお礼。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

3月16日(日)、『カン・ジファン誕生日記念ファンミーティング公式参加ツアー』が終了しました。
ご参加いただいた皆さま、また応援してくださった皆さま、ありがとうございました!!

今回のツアーはファンクラブ主催ではございませんでしたが
今後の来日イベントはファンクラブ主催で企画していますのでご期待ください。

そして、主演の新ドラマ『BIG MAN(仮)』の撮影が始まり
新人俳優のようにドキドキしていると話したジファンさん。
皆さんにまた素敵な姿をお見せするため頑張っているジファンさんと
ドラマ『BIG MAN(仮)』にも熱い応援よろしくお願いいたします。



オフィシャルファンクラブスタッフ一同

  • 2014-03-13

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン
「演技10年経っても…まだ震える」感想


俳優カン・ジファンが去る12日KBS 2TV新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の撮影を始めた。
これと関連しファンたちに先に震える瞬間と復帰所感を明らかにした。

カン・ジファンは11日、自身の公式ファンカフェを通じて
「皆さんこんにちは、カン・ジファンです。お元気でしたか?
明日いよいよ『ビッグマン』初めての撮影です。
『お金の化身』以来、ドラマは1年ぶりで
KBSは『快刀ホン・ギルドン』以後約7年ぶりです。
本当に時間が早いですね」と掲載した。

カン・ジファンは
「明日の午前最初のシーンなので早く寝ようと横になったが3〜4時間ごろごろして
結局眠れなくて起きてしまいました。
咳もひどく頭の中ではずっと初シーン、初セリフがが繰り返されて
それを知ってますか??
新人俳優たちが短いセリフを数日の練習してもキューが入ると
忘れてng出して吃るという話が多いでしょう!」と明らかにした。

カン・ジファンは
「私も明日撮る初シーンのセリフがまだ紛れて、
どうなるかいまだに胸がドキドキしています。
葬儀場でするシーンでセリフも多くないのに何度も忘れてしまい
ご飯食べてる途中に台本を見て、寝起きで見て‥
さっきは風邪のせいで点滴を打ってもらいに行ったが、
突然またセリフが思い出せなくて
マネージャーにそのシーンだけ携帯カメラで撮って送るようにしました」
と明らかにした。

カン・ジファンは
「演技してから10余年がふわりと越えて、これまで沢山の作品をしたにもかかわらず、
震えるこの心は仕方がないですね‥
毎回作品をするたびに、作品性と興行性二匹のウサギ全部取りたいという思いですが…
なんか上手く出来ないと私のせいのようで…
だから、毎回台本を持っていっぱい悩みますが…
この台本をスッキリとぶっ飛ばしたいですね!!!」と吐露した。

また、カン・ジファンは『BIG MAN(仮)』を選択した理由も一緒に明らかにした。

カン・ジファンは
「劇中の名前がカン・ジヒョクで何かより特別な感じがします!
私が初めて俳優という名を考えるようになった『90日、愛する時』の時にも
メインコピーだけで作品を選択することになったんですが今回の作品も、
「私が恋しがった家族は、私の心臓だけをほしかった!! 」
というメインコピーに心を奪われました。」と説明した。

カン・ジファンは
「ドラマをすると、毎回格好良く出ようとばかり思いましたが、
今回の焦点は本当に生きて呼吸する生演技をしたいという気持ちで
フォーカスをそこに合わせました。
心臓といえば、自分の命であり、自分の全部であるのに、それを媒介にして広がる話って…
格好良さは贅沢だという考え方を基本的な骨格で持って始めようとするんですが
明日の初撮影を控えてこれ以上進歩がなくて眠れないですね」と付け加えた。

カン・ジファンは、体重の変化について、
「既存の私の演技のトーンっていうのがあるので、
それを飛び越えたいのですが思い通りに出来ないんですね。
はがゆいだけで…初めにドラマのため、太ってみましたが、後悔してたりして」と述べた。

彼は「久々の16部作だから短いのもあって、その中に内面と外面の変化の差を見せるために太りましたが
ついさっき鏡を見て何か腫れたおじさんがいて、私どうかしてたと思っているところです。」
と明らかにした。

劇中カン・ジファンが演技するキム・ジヒョクはいきなり大韓民国最高財閥であるヒョンソングループの
隠された息子がになるが、彼らの不純な意図を知った後、激しい復讐劇を繰り広げる。
運命の瞬間に出会った女性ソ・ミラ(イ・ダヒ)とロマンスも描く。

一方、『BIG MAN(仮)』は4月放送予定である。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-12

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-11

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、イ・ダヒ、チェ・ダニエル
ティーザー撮影激写「高クオリティの予感」



©キム・ジョンハクプロダクション、 KBSメディア

2014年視聴者たちの心を盗む最高の「心スリラー」たちが来る。

11日を信じて見る製作陣とそれぞれ違う魅力満点キャラクターで
期待感を高めているKBS 2TV新しい月火ドラマ 『BIG MAN(仮)』の
ティーザー撮影現場が捉えられた。

先週末、早朝から行われたティーザー撮影現場には、
カン・ジファン(キム・ジヒョク役)、イ・ダヒ(ソ・ミラ役)、
チェ・ダニエル(カン・ドンソク役)、チョン・ソミン(カン・ジナ役)など、
『BIG MAN(仮)』を導いて行く4人の主人公たちが皆集まって、
突然の花冷えの寒さにもかかわらず、演技への情熱を燃やした。

特に冷たい世の中に全身を投げ出すカン・ジファン、
今すぐにでも涙を流しそうな悲しい表情のイ・ダヒ、
冷たい視線でどこかを見つめているチェ・ダニエル、
挑発的な魅力のチョン・ソミンは、
短いカットにも各キャラクターの魅力をすべて盛り込む姿で
今後をさらに期待させたと。
これに高クオリティのティーザーが誕生することを予感させている状況である。

また、既に台本リーディングの時からお互いの目を合わせながら
抜群の呼吸を見せてくれた4人は、この日の撮影現場でも挨拶をして、
お互いに気を使うなどなど、温かい姿で撮影場の士気を上げたという裏話だ。

ドラマ関係者は「早くから行われた撮影にもかかわらず、
俳優たちが集中力を失われなかったので皆が感心したほどだ」とし、
「俳優たちと製作陣たち皆意気投合して、本撮影準備に拍車をかけているので
多くの期待をお願いする」と伝えた。

一方、ティーザー撮影現場が公開されて関心を集めている『BIG MAN(仮)』は、
来る4月14日、『太陽がいっぱい(仮)』の後続として放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-10

ジファンさんの最新情報を皆さんにお伝えします。

皆さん、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ジファンさん主演の新しいドラマ『BIG MAN(仮)』!
先週初台本リーディングの写真を皆さんにご紹介しました。

韓国事務所に確認したところ
撮影は明日(11日)から始まる予定だそうです!

お金の化身とはまた違う復讐劇!
どんなジファンさんの姿が見られるのか
今から楽しみですね!

明日から撮影を始めるジファンさんに
皆さんの応援を送りましょう!

『BIG MAN(仮)』の撮影現場や撮影の話は
FCサイトでまた公開しますので
期待してくださいね☆

261〜280/456件  ←←先頭へ  ←前へ  7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21  次へ→  最後へ→→