INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2014-03-27

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、 『Mr.Perfect』 500万公約‥
「ヨ・ジングと『少女時代』のダンス」


俳優ユン・シユンが興味深い公約を掲げた。

ユン・シユンは27日、ソウル広津区紫陽洞ロッテシネマ建大入口で開かれた
映画『Mr.Perfect』のマスコミ配給試写会で
「この映画が観客500万人を突破したらガールズグループのダンスを踊る」と約束した。

「観客500万人を突破したらヨ・ジングと一緒に、
550万人の観客を超えたら映画に一緒に出演した先輩たちとみんな一緒に踊る」と言った。

これを横で聞いていたパク・サンミョンは、
「私は腰が痛くてダンスは出来ないので、二人が少女時代のダンスを踊ったらどうか」と提案し、
ユン・シユンは快く「良い」とし「ショートパンツをはいて踊る」と強度を高め、笑いを誘った。

『Mr.Perfect』は、スランプを経験した天才プロゴルファーが事故ですべてを失った後、
昔の恩師に会うために訪れた島の村で廃校の危機に置かれた学生に会って夢を取り戻す話だ。
ユン・シユンが天才プロゴルファーペク・セジン役を、
ヨ・ジングがそんな彼にゴルフを学ぶ島の村の学生イ・ビョンジュをそれぞれ演じた。
パク・サンミョンはビョンジュの酔っ払い父として出演した。
映画にはこのほかにチョン・ホジン、イ・ギョンヨン、イ・ウォンジョン、イ・ビョンジュンなど
中堅俳優たちが出演してどっしりとした存在感を見せる。

『Mr.Perfect』は、映画『上司父一体 - 頭師父一体3』、『原作の天使』などを脚本した
キム・ミョンギュン監督の演出デビュー作で、来る4月3日封切りする。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-26

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『Mr.Perfect』ユン・シユン、ヨ・ジングスチールカット公開
相反した魅力のイケメン「話題」



©マインスエンターテイメント

映画『Mr.Perfect』に出演する俳優ユン・シユンとヨ・ジングの
スチールカットが公開されて話題だ。

『Mr.Perfect』製作会社側は25日、島村の先生に変身したユン・シユンと
反抗児ヨ・ジングの撮影写真を公開した。

公開された写真の中にはヨ・ジングが不機嫌な表情で、
ユン・シユンに四つ葉のクローバーを渡している様子が見える。

特にあどけない顔に浅黒い肌のヨ・ジングと
都市から来たように真っ白な肌のユン・シユンの顔が対比されて人目を引く。

映画『Mr.Perfect』は、有名なプロゴルファーとして名を上げた「ペクプロ(ユン・シユン) 」が、
予想外の事故ですべてを失った後、全校生徒6人である島の村の学校に教師として赴任して
悪童「イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)」と会って起こる話が盛り込まれている。
『Mr.Perfect』のユン・シユン、ヨ・ジングの写真を見たネチズンたちは
「『Mr.Perfect』ユン・シユンとヨ・ジング、二人可愛すぎる」、
「『Mr.Perfect』ユン・シユンとヨ・ジング、 肌の色の違いが可愛い」、
「『Mr.Perfect』ユン・シユンとヨ・ジング、二人が一緒にいるから暖まる」
などの様々な反応を見せた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-25

シユン君への手紙送付に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

『SIYOON's WHITE DAY in SEOUL』で、
シユン君からお話しがありましたが、手紙の送付に関してお知らせいたします。


シユン君が入隊するまでの手紙送付先

*************************************************
〒141-6010
東京都品川区大崎2丁目1番1号 ThinkPark Tower 10F
ユン・シユン ジャパン オフィシャルファンクラブ運営事務局

*************************************************

※送ってくださった手紙はファンクラブスタッフが
 シユン君にお渡しいたします。


☆★シユン君からの要望★☆

●可能でしたら韓国語で書いてください。
 (無理な場合は、日本語でも大丈夫です。)

●写真も一緒に送ってください。
 (写真を送る勇気がない方は、似顔絵でも大丈夫です。)



シユン君が入隊後の手紙送付先は
配属先決定後、改めてお知らせいたします。
よろしくお願いいたします。

  • 2014-03-25

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『Mr.Perfect』ユン・シユン、ヨ・ジング「フンナム変身」いつ開封?

※フンナム:見ると心が暖まる男


©マインスエンターテイメント

映画『Mr.Perfect』のポスターが公開された。

『Mr.Perfect』製作会社マインズエンターテイメント側は
様々なオンラインコミュニティやSNSを介して22日ポスターを公開した。

公開されたポスターには、映画の中で初めて呼吸を合わせた
俳優ユン・シユンとヨ・ジング、二人の主人公の風変わりな魅力が表れている。
仕方なく島の村の先生になった元プロゴルファーペクプロ役ユン・シユンは、
ひねくれた表情で「私、子供嫌いの知らない?」というセリフと
「ちょっと遊んでみたゴルファー」というコピーがかみ合って、
どのように学校の子供たちと交感していき、学校を守るのか気がかりなことをかもし出す。

『Mr.Perfect』は、有名なプロゴルファーとして名を上げた「ペクプロ(ユン・シユン) 」が、
予想外の事故ですべてを失った後、全校生徒6人である島の村の学校で
廃校の危機に瀕している学校を救うために「イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)」と
純朴な子供たちと一緒に笑い、楽しみ、感動を伝達する映画で、来る4月3日封切りを控えている。
映画『Mr.Perfect』の関連消息を接したネチズンは
「『Mr.Perfect』面白そう」
「『Mr.Perfect』ユン・シユンいいよ」
「『Mr.Perfect』ヨ・ジング期待しています」などの反応を見せた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-20

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『Mr.Perfect』ユン・シユン、ヨ・ジングスチール、
荷車を引きながら泣き顔+平穏「爆笑」



©シネマジェニス

俳優ヨ・ジングとユン・シユンの風変わり姿がとらえられた。

映画『Mr.Perfect』の制作社側は13日、劇中ヨ・ジングとユン・シユンの姿が
収められたスチールを公開した。

公開されたスチールの中でヨ・ジングは、
ユン・シユンが乗っている荷車を引いている。
ヨ・ジングは泣き顔で辛い気配がありありと見える。
一方、ユン・シユンは穏やかな表情をしていて笑いを誘った。
また、ユン・シユンがヨ・ジングにゴルフを教えてあげるような場面が含まれていて人目を引いた。

『Mr.Perfect』は、飲酒運転事故の後、島の村の学校の先生になった
有名なプロゴルファーペク・セジン(ユン・シユン)と村の代表悪童イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)が
廃校の危機に瀕している島の村の学校を救うために立ち向かう物語を扱った映画だ。

ヨ・ジング、ユン・シユンの『Mr.Perfect』スチールを見たネチズンは、
「ユン・シユン、ヨ・ジング 二人の<相性>が楽しみ」、
「ユン・シユン、ヨ・ジング 弟子と先生?」、
「ユン・シユン、ヨ・ジング スチールだけ見ても映画が楽しみ」などの反応を見せた。

一方、『Mr.Perfect』は、来月3日封切り予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

>>『Mr.Perfect』韓国公式サイト

  • 2014-03-19

ファンクラブの入会費・年会費変更に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

消費税増税に伴い、
2014年4月1日以降の入会費・年会費の変更に関してお知らせいたします。

■入会費・年会費関して
変更前:入会金 1,050円/年会費 5,250円(税込)
変更後:入会金 1,080円/年会費 5,400円(税込)

<消費税率変更に伴うメンテナス>
メンテナンス期間:2014年3月24日(月)18:00〜2014年4月1日(火)時間未定

上記期間は、新規入会、更新手続きができかねます。
ご了承いただきますようお願いいたします。

※サイトのログイン及びコンテンツの閲覧は出来ます。

■新規ご入会
※2014年3月24日(月)18:00までにご入会お手続き、決済された方は税率5%となります。

[決済方法別の注意事項]
・クレジットカード決済
2014年3月24日(月)18:00までに決済方法をオンラインクレジット決済で選択し、
お手続きされた方

・コンビニオンライン決済
2014年3月24日(月)18:00までに決済方法をコンビニオンライン決済で選択し、
2014年3月31日(月)23:59までにお支払いされた方

※2014年4月1日(火)以降にご入会お手続き、決済された方は税率8%となります。

■継続更新
2014年3月24日(月)18:00までに継続更新手続きをされた方は税率5%となります。

また、継続のお手続きは、会員有効期限満了日の2ヶ月(60日)前から受付いたします。

  • 2014-03-19

オフィシャルファンクラブスタッフ一同よりお礼。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

3月15日(土)、『SIYOON's WHITE DAY in SEOUL』無事に終了しました。
ご参加いただいた皆さま、また応援してくださった皆さま、ありがとうございました!!

長時間にわたるファンミーティングとなりましたが
シユン君は旅に出る前に
皆さまと楽しい時間を過ごし、素敵な思い出ができたと思います。
多くの温かいご声援、本当にありがとうございました!!

至らない点もあったと思いますが、
今後も皆さまからのご意見をもとに
ファンの皆さまにもっと喜んで頂けるよう、更に頑張りますので、
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。



オフィシャルファンクラブスタッフ一同

  • 2014-03-13

ファンクラブスタッフからのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

いよいよ明後日、3月15日(土)!
『SIYOON's WHITE DAY in SEOUL』開催です。

我々、ファンクラブスタッフも明日から韓国に行きます。
『SIYOON's WHITE DAY in SEOUL』に参加される方は
気をつけて、お越しください!
また、カメラも忘れずにご持参くださいね!!

ツアーの様子も、報告しますので
お楽しみに〜☆

  • 2014-03-13

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ヨ・ジング『Mr.Perfect』
遅い封切りにも勝算がある理由


俳優ユン・シユンとヨ・ジングが出演する映画『Mr.Perfect』が4月3日封切りを確定した。
『Mr.Perfect』は、有名なゴルファーで名上げたペク・セジン(ユン・シユン)が
飲酒運転事故ですべてを失った後、全校生徒が6人の廃校の危機になった島の村の学校に来て、
学校代表の悪童イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)など素朴な子供たちと
学校をゴルフ専門の学校にする過程を描いた映画だ。

この映画は、実際には2011年の初めに撮影が進行された作品である。
封切りも2011年に予定されていた。
しかし、製作費の問題などで撮影が中断されるなど紆余曲折を経て、
撮影期間が長くなった。
苦労して撮影と後半作業を終えたが、公開も困難を経験した。

通常遅く封切りする映画は期待が低い。
しかし、この作品はちょっと違う。
作品自体の問題というよりも、むしろ制作費の問題が大きかった。

一歩遅れて封切りがむしろ期待されるポイントが多い。
この作品は、ユン・シユンが2010年9月放映終了したドラマ『製パン王キム・タック』で
大きな人気を集めた後、決定した次期作である。
当時ユン・シユンは、いくつかのドラマと映画のラブコールを受けた中で、
慎重にこの作品を次期作に決定した。
当時も人気の高いユン・シユンだったが、
今では人気に演技力を加えて、より多くのファンに愛されている。

さらに、ユン・シユンは現在海兵隊に志願している状態だ。
このため『Mr.Perfect』は、ユン・シユンの軍入隊前最後の作品になる見込みだ。
ファンには見逃せない作品である。

この映画にはヨ・ジングも登場する。
今では<ホット>になった俳優だ。
今はふらりと成長をしたヨ・ジングの可愛い姿が収められており、期待を高める。
この映画の撮影当時、ヨ・ジングはいろんな子役俳優の一人だった。
しかし彼は現在、『ファイ:怪物の飲み込んだ子供』などの映画や
『太陽を抱いた月』などのドラマで人気俳優に生まれ変わった。
このようなヨ・ジングの著しい成長も映画には好材だ。

映画には、この他にもチョン・ホジン、パク・サンミョン、イ・ギョンヨン、
イ・ウォンジョン、イ・ビョンジュンなどが出演する。
彼らみんな、演技力と存在感を認められている名俳優たちだ。

この映画は、2012年9月福岡国際映画祭で特別上映され、
海外のファンに最初に会ったことがある。

封切りを確定した『Mr.Perfect』は、製作報告会と試写会などのスケジュールも確定、
広報に拍車をかけている。
この映画製作会社であるシネマゼニスによると、特別な形式の制作報告会も企画していると伝えられている。
苦労して映画ファンたちに会えることになった『Mr.Perfect』が観客にどのような評価を受けるのか気になる。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-12

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-11

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ヨ・ジング主演の『Mr.Perfect』、4月3日封切り



ユン・シユン、ヨ・ジング主演の映画『Mr.Perfect』が4月3日に公開される。

『Mr.Perfect』は、有名なプロゴルファーとして名を上げていた
ペク・セジン(ユン・シユン)が飲酒運転事故ですべてを失った後、
全校生徒6人で廃校の危機に瀕している島の村の学校を救うために、
学校代表の悪童イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)と純朴な子供たちと一緒に
ドタバタ奮闘の中に笑い、楽しみ、感動を広げている映画。

この作品は、過去2011年に撮影されて以来、
約3年ぶりに観客に会うことになった。
ユン・シユンがドラマ『製パン王キム・タック』以後次期作で選択した作品でもある。
また、ヨ・ジングはこの作品にキャスティングされた時は、
大きく注目される俳優ではなかったが今ではその地位が変わった。
『Mr.Perfect』の封切りに今より少し若いユン・シユンとヨ・ジングの姿を見ることができる。
この他にもパク・サンミョンがヨ・ジングの父親役を引き受けたし、
チョン・ホジンイ・ギョンヨン、イ・ビョンジュンなど演技派俳優たちが大勢出演した。

今回公開されたポスターは、温かく微笑んでいるユン・シユンとヨ・ジングの姿を打ち出した。
チャラいプロゴルファーペク・セジン役のユン・シユンは
「背中を押され先生になってちょっと遊んでみたゴルファー」という紹介にふさわしく、
いたずらな笑みを浮かべていて、 「誰にも止められない島の村の最高の悪童」と紹介された
イ・ビョンジュ役のヨ・ジングは、照れくさそうに髪をかき上げて明るく笑っている。
違うようで似ている二人がプレゼントするハーモニーに関心が集められる。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-10

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「活字中毒」ユン・シユンが伝える
本と親しくなる方法


俳優ユン・シユンは、多読する俳優として有名である。
撮影現場など、どこからでも本を手放さないという
いくつかの目撃談が一つに集まりユン・シユンは「活字中毒」という
ニックネームまでできた。

『スポーツソウルドットコム』とのインタビューでも、
ユン・シユンの本の愛は輝いていた。
ユン・シユン側の所属事務所関係者は
「常に車に3冊程度の本を持っている」とし
「一冊ずつ読むのではなく3冊を交互に読む」と説明したりした。

「活字中毒なのか」という質問にユン・シユンは快く「そうだ」と答えて笑顔を作って見せた。

彼は「あえて本じゃない時は、看板も読んで車のナンバープレートも読んで
休むことなく何でも読む」と付け加えた。
「活字中毒」という評価を受けるほどの本と親しく、
彼に「本に興味を持つ方法」を聞いてみた。

しばらく悩んだ後、「まず書店に行け」と話を始めた。
ユン・シユンは「一応、本屋に行って、興味ある本を無条件に買ってきて
本棚におけばOKだ」と簡単に答えた。
一応、買っておけばいずれ本の内容が気になるだろうし
そうすれば本を出して見るという説明も付け加えた。

この後、彼の本に対する愛が次々と続いた。
彼は「このような過程が繰り返されると、読んだ本の数が増えることになって
ますます悟りもたまっていく」と強調した。

国内図書業界への愛情が込められた苦言(?)も続いた。

ユン・シユンは
「近い将来には、大韓民国最高の産業が『ヒーリング産業』になりそうだ」とし、
「ヒーリングが必要だから読む本の自己開発書が流行だ。
自己開発書をたくさん読むのはいいが成功した内容を描いたものではなく、
大失敗した内容はあまりない」と指摘した。

彼は「成功した人々の行動がまるで正解であるようになっている結果論的な自己開発書の中の
成功よりも失敗の方がもっと役に立つこともある」とし
「若者たちに肯定的な効果を与えるためには、自分開発書など、成功の書籍ではなく
失敗のストーリーがもっと意味があるのではないか」と批判した。

彼の格別な本への愛情が、記者の目と耳を捕らえる瞬間だった。

こちらから記事の本文がご覧いただけます。

  • 2014-03-07

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-03-06

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン海兵隊、
真面目な青年ユン・シユン出口のない魅力


ユン・シユンの海兵隊志願の消息を聞いたネチズンたちが様々な反応を示した。

ユン・シユン海兵隊志願消息を聞いたネチズンたちは
「ユン・シユン海兵隊の志願なんてカッコイイ」、
「ユン・シユン海兵隊の志願なんてこの人、出口がない」、
「ユン・シユン海兵隊、あの少年のような顔で海兵隊なんて想像が出来ない」などの
ユン・シユン海兵隊志願ニュースに驚きを現わした。

他のネチズンたちは
「ユン・シユン海兵隊志願すれば合格するだろう?」、
「ユン・シユン海兵隊志願で合格すれば、もう一つ作品してから行って欲しい」、
「ユン・シユン海兵隊合格すれば、熱心にするはず」などの意見を伝えた。

何人かのネチズンたちは
「ユン・シユン海兵隊志願もそうで、いつもボランティア活動することもみると本当に真面目な青年だ」、
「ユン・シユン海兵隊合格すれば、ヒョンビンの後輩騎手になるのか」
などの反応を見せた。

一方、ユン・シユンの軍入隊と関連しユン・シユンの所属事務所タクシーエンターテイメントは
3月4日、「ユン・シユンは去る1月KBS 2TVドラマ『総理と私(仮)』の撮影当時、
海兵隊に志願し現在、その結果を待っている。出来れば静かな入隊を希望している」と述べた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-05

3月限定!直筆サインプレゼント企画スタートのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

<3月限定!直筆サインプレゼント企画>
現在、FC公認ショップ(イノライフ)で販売されている
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVD
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVD
の上記2商品の中で、いずれか一つの商品をご購入したお客様の中から25名様を抽選し
『直筆サイン入りグッズ』をプレゼントします!



●期間:2014年3月5日(水)〜3月31日(月)

●対象:
FC公認ショップ(イノライフ)で
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVD(先行予約販売)
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVD
を3月5日(水)から3月31日(月)までにご購入されたお客様

●プレゼント:
シユン君直筆サイン入りグッズ(すべてサイン入り)
マグカップ、エコバッグ、ユン・シユンin沖縄DVD、
2012 YOON SIYOON 1st Fan Meeting in TOKYO 『KIZUNA』DVD、
写真(フレーム付き)、センス、チェキ、ぬいぐるみ

・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVDから15名
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVDから10名

※このイベントはFC公認ショップ(イノライフ)にてご購入された方のみ対象になります。
※プレゼントは4月7日(月)以降、当選者のみに発送いたします。
 (購入された商品とは別の発送となります。)
※当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
※プレゼントの選択はできかねます。ご了承下さい。


シユン君直筆サイン入りグッズが貰える3月限定!プレゼント企画をぜひお見逃しなく!

>>販売ページはこちら

  • 2014-03-04

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン側「4月軍入隊確定じゃない」

俳優ユン・シユン側が4月軍入隊の報道について
「確定した事案ではない」と明らかにした。

ユン・シユンの所属事務所タクシーエンターテイメントは
4日午前浮上したユン・シユンの4月入隊プレスに関連し、
「現在の海兵隊志願の結果を待っている」とし
「入隊時期が確定されていない」と述べた。

所属事務所は「ユン・シユンは去る1月KBSドラマ『総理と私(仮)』の撮影当時、
海兵隊へ志願しており、現在、その結果を待っている」とし
「来月入隊確定の報道は誤報」と伝えた。

所属事務所は
「これまでユン・シユンは、大韓民国の壮健な青年として
軍服務履行に関して強い意志を示している。
また、一般兵と比較して遅い入隊であり、
当然履行しなければなら国防の義務について
他の兵たちに被害を及ぼさないような静かな入隊を希望している」
と明らかにした。

続いて「ユン・シユンは、入隊までの残りの期間中も
熱心に活動する姿をお見せできるように努力する」としながら
「入隊日が分かり次第、公式の方法でお知らせする」と付け加えた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-03

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、視聴率よりも作品がよければOK

演技ほど待つのも重要!

二十代と三十代の境界線、二十九の俳優ユン・シユンは
「大人」と「子供」の間に立っている。
ただ年齢のことではない。「子供の心を持ったまま大人を勉強している」という
ユン・シユンは自分を「大人子供」と定義した。
「大人子供」の曖昧さのせいか、ユン・シユンとの会話はとりとめもなく流れた。
しかし、終始真剣で大変愉快だった。

振り返ってみるとユン・シユンは、
いきなり登場し、深々と刻印されて、誰よりも早く成長した。
2009年MBC『明日に向かってハイキック』のジュニョク学生で
一躍スターダムに上がって、2010年KBS2『製パン王キム・タック』の
キム・タックで視聴率50%台のドラマの主人公だった。
「いつも善良なドラマに出演した」と回想した彼は、
再び子供のような心を持ったキャラクターを演技した。
ユン・シユンは最近放送終了したKBS2ドラマ『総理と私(仮)』で
クォン・ユル(イ・ボムス)の実行課長であり、
ナム・ダンジョン(ユナ)の守護天使カン・インホに扮した。

運が悪かった。
同時間帯には既に放送されているMBC史劇『奇皇后』が先頭走者に出て、
SBS『暖かい一言(仮)』も「不倫」を素材にマニア層を形成した状況だった。
「視聴率を気にしないというのは嘘でしょう。
しかし、その悩みは自分自身を不幸にします。
私は作品が良ければ出演します。ドラマが絵であれば俳優はクレヨンです。
森を描きたいのであれば緑が主人公になるんでしょう。
しかし、私は赤のクレヨンです。お日様にもなれるし、バラの花にもなれるでしょう。
絵の中の分量が重要なのではないです。
私はクレヨンで絵でどれだけ表現されたのかが重要なのです。」

サン=テグジュペリの童話『星の王子様』の中の王子は
「ボア蛇が象を食べる場面」を描いていましたが、みんなその絵を「帽子」と思った。
何を見たとしても正解はなかったかのようにユン・シユンの現在を
おろそかに「大人」、「子供」あるいは「大人子供」として定義することはできなかった。
しかし、今後もユン・シユンは、このような枠組みに閉じ込められず、
純粋な心を秘めたまま、動く予定である。

「俳優は演技を上手くするのと同じぐらい、上手く待つことも重要なことです。
俳優が他の職業よりも収入が多い理由も待つ分が含まれているからだそうです。
座って待ってても、立って待ってても結果は待っていることですね。
だから私は今日楽しく出来ることをしながら幸せに待つのです。
快楽ではなく、私に役立つ幸せなことをしながら、次の作品を待っていたい(笑)。」


読書好きらしく、長く読みます

ユン・シユンは、現場でも本を手から離さない俳優として有名である。
「本の虫」、「活字中毒」という愛称がつくほど。
書斎に3千冊の本があるほど、特別な「本の愛」を誇るユン・シユンと一緒に
来る春には一緒に本!本!本!本を読みましょう。

>初めて、お小遣いではなく自分の収入で購入した本は?
子供の頃からお小遣いの90%は本に使った。
高校を卒業して初めてバイトをして、そのお金で書店に行った。
当時買った本は『グッバイ怠惰』である。
一日に少なからずあなたの意志で目的とするものを成していくことができれば
怠惰な生活ではないという内容である。
むしろ自分自身ではなく、他の人のために義務的に生きていくのが
むしろ怠惰な生活ということだ。

>書店に行って本を選ぶ基準は?
まるでクラブで男がナンパするのと同じではないかな。
ただ惹かれるのだ。
>最近はどんな本を読む?
作品が終わった後は感情的に消費されるものが多い。
だから宗教的な本を読みながら、これまでのものを整理して反省する時間を持つ。
現在は『創世記』を読んでいる。

>自分だけの読書の方法があるとしたら?
私の好きなものを読む。
「読書潔癖症」が読書を妨げる第一の理由だ。
多くの人が読破したり、一冊の本を完全に理解していないと恥ずかしいと思う。
私は読まなくても買って本棚においておく。
そうして数年が経ち、ある瞬間気になる時があるなら
疑問が解消されるまで読む。それが読書の出発点である。味だけみるのだ。
映画も同じだ。「見ていれば面白くなるから見続けて」という言葉が一番嫌い。
映画はオープニングからおもしろくなくちゃ。オープニングは、演出の花だと思う。
観客が何時間も座って映画を見ることへの信頼であり、紹介だと思う。

>『星の王子さま』を集めていると聞きましたが?
海外スケジュールがあれば書店で必ず『星の王子さま』を買う。
どこの国に行ってもあるから。現在16冊ほど集めた。
ファンの方から多くプレゼントでもらったりして。
日本版のみ8冊、子供のバージョンもある。

>おすすめの本があったら?
春になると寂しくなるシングルの人たちのために『NOデート』という本を推薦する。
青年たちに問いたい。人生の中で一人だけの時間をどれだけ持ってたか。
恋愛中の人間の愛も美しいが一人だけの時間にも出来る意味のあるものが多い。
それに集中していると待つ中で、運命の相手があらわれるはず、
そこから残りの50年間の生涯をその人のために忠誠を尽くすのだ。
私も今寂しくてたまらない(笑)。
しかし、シングルだけの特権がある。
車にその本があるが、バレンタインデーにチョコをもらってないことを忘れることができた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-02-28

韓国ツアー シユン君との写真撮影に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

3月に開催する
「SIYOON's WHITE DAY in SEOUL」での写真撮影に関するお知らせです。

今回のイベントでのシユン君との写真撮影は
参加者様ご自身の携帯電話かカメラ(デジタルカメラを含む)での
撮影とさせていただきます。

ツアーに参加される方は、携帯電話・カメラを忘れずにご持参ください。

よろしくお願いいたします。

  • 2014-02-27

プレゼント企画のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

<3月限定!直筆サインプレゼント企画>
現在、FC公認ショップ(イノライフ)で販売されている
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVD
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVD
の上記2商品の中で、いずれか一つの商品をご購入したお客様の中から25名様を抽選し
『直筆サイン入りグッズ』をプレゼントします!

●期間:2014年3月5日(水)〜3月31日(月)

●対象:
FC公認ショップ(イノライフ)で
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVD(先行予約販売)
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVD
を3月5日(水)から3月31日(月)までにご購入されたお客様

●プレゼント:シユン君直筆サイン入りグッズ
 (プレゼントの詳細は追ってお知らせいたします。)
・「YOON SIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO」DVDから15名
・「2013 YOON SIYOON 2nd Fan Meeting in TOKYO"KOKORO"」DVDから10名

※このイベントはFC公認ショップ(イノライフ)にてご購入された方のみ対象になります。
※プレゼントは4月7日(月)以降、当選者のみに発送いたします。
 (購入された商品とは別の発送となります。)
※当選者の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
※プレゼントの選択はできかねます。ランダム発送になりますのでご了承下さい。


シユン君直筆サイン入りグッズが貰える3月限定!プレゼント企画をぜひお見逃しなく!

  • 2014-02-26

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「劇中いつも片思い…現実で本当の恋愛をしたい」

29歳だとは信じられなかった。
30代を控えているが、少年のような顔をしていたユン・シユン。
しかし、インタビューが終わった時は落ち着いている口調と考え方が
20代と感じられないほどだった。

『総理と私(仮)』を終えたあと会ったユン・シユンは
忙しい撮影に疲れたように見えたが、一言一言に力を入れて言って、
慎重で積極的に自分の意見を表明した。

「今のインタビューを私の人生の最後だと思ってしている」と
インタビュー一つにも熱意と誠意を尽くすユン・シユンの姿は、
彼がどのように生きていくか推し量ることができた。


◇「既存のイメージを否定するのは謙遜していない態度」

ユン・シユンは『総理と私(仮)』で今まで見せなかったイメージを見せてくれた。
少年のように明るくて純粋な青年だったユン・シユンは
『総理と私(仮)』で復讐心に駆られた総理実行課長カン・インホの役で知的だが、
冷笑的なキャラクターに変身した。

「落ち着いたキャラクターだから演技をする時の感情を心の中で表現しようと努めた。
何を考えているのか見えないようにしようとし、セリフよりト書きに気を配った。
キャラクター日記やサブテキストなどを作って、その人物に対して考えた。」

既存のイメージを脱ぐための意図的な選択ではないのか知りたかった。
このような質問にユン・シユンは
「常に新しいものを追求しようとするが、
既存のイメージをすべて否定することは謙遜していない態度だと思う」
と話し始めた。

「ぴったりカン・インホに変身をしようとした。
前作である『となりの美男<イケメン>』と比べた時はそうだが
実際には多くのことを試みたのではない。
自分が理解し、私の性格の中でできることを選択した。
もし冷たくて復讐心に包まれた人物でイメージ変身をすることであったなら、
この作品を選択しなかったはずだ。」


◇「ドラマでは片思い…現実には本当の恋愛をしたい」

ユン・シユンは『総理と私(仮)』を通じてもユナに片思い演技を繰り広げた。
メインカップルであるイ・ボムス、ユナは手強いケミカルを発散して視聴者たちの支持を受けた。
しかし、ユン・シユンは「インホとダンジョン(ユナ)とのラブラインが愛を受けたのは、
視聴者が楽に見ることができた場面だったからだ」と謙虚に答えた。

デビュー作『明日に向かってハイキック』で
シン・セギョンに片思いするジュニョク役で片思いの代名詞となったユン・シユン。
以来、『となりの美男<イケメン>』で劇序盤パク・シネに片思いして熱烈な求愛をした
『総理と私(仮)』でも、最終的に片思いで終わってしまった。
毎回彼に片思い男の役割が入ってくる理由は何だろうか。

「片思いだけでなく、懐かしさの感情が多いようだ。
それが慣れていて楽だ。そのようなところを正直に見てくださったようで感謝している。
実際、現実では愛を成して作品では片思いしていることもいいだろう。
誰もが片思いの感情を持っているので、それを美しく表現することができるというのがうれしい」

現実では片思いではなく、本当の恋をしたいというユン・シユンは、
実際に恋愛事業を休業してから3年目と告白した。
寂しいがだからといって簡単に出会うのも嫌いだと、まだ運命を待っていると答えた。
演技だけでなく、恋愛に関してもしっかりとした所信があって
これは執着ではなく、慎重な彼の性格から出てくるということが分かった。

「もちろん、周りに良い方々がたくさんいますが、運命、縁というのがあると思う。
それが愛なのかを確認するのに慎重でなければならない。
私は女性に愛されるより信頼されるのを望んでいる。
愛は、私があげたい。
ところで、信頼というのは長い時間が必要じゃないか?
私が追い求める愛は信頼をベースに会った時だ。」

 
◇「読書は不安に勝ち抜く私だけの方法」

デビュー作から少なからず注目を受け、初主演作である『製パン王キム・タック』は、
驚異的な視聴率を記録した。キム・タックを通じて大衆的な認知度を得たが、
ユン・シユンはレッテルを貼られた。
以降の作品が良い成績が得られない時にどうしようもない苦言を聞かなければならなかった。

これにユン・シユンは
「焦りがないというのは嘘だ。しかし、視聴率は私がなんとかできない領域である。
私ができることを心配すべきだと考える。私は見た人は満足させることができる作品をしたい。
だから、作品を選択するとき温かい作品を選択することになる。
幼い時から今までの童話のような話が好きで、そのような演技をしたときに
最も感情移入がよくできる」と演技所信を明らかにした。

活字中毒と呼ばれるほどの本に特別な愛着を持っているユン・シユンが
本を読む理由も彼の演技、芸能界生活と関連していた。

「芸能界生活をしながら、それぞれ不安があり、それを乗り越える方法が異なると思う。
私には読書が不安を勝ち抜く方法である。知らなかった何かを知っていくのが嬉しいし
危機にも打ち勝つことができるようだ。
たくさんの本を読むと、攻撃力は上がらなくても、確かに防御力は高まる。」

タバコは一度も吸ったことがなく、お酒も酔っ払うほど飲まない。
作品のために落とした体重は、まだ維持している。
理想とする異性も自分と同じ境界を持つ女性を探した。
外国語の勉強にも熱心だし直接運営していたSNSもやめた。
20代なのに「神父」のように節制された生活をしてないかと尋ねたところ、
意外な答えが出た。

「欲が多い方なのでそうだ。夢が多く、多くのことを望むので我慢して耐えるのだ。
SNSは、言葉に気をつけようと停止した。失言をすると悪口を言われるのが当然だ。
しかし、今は考えを何かと決めて表現するといけないと思う。
こういうことも、ああすることも出来ることを受け入れて考えを断定しないほうがいい。」

演技はもちろん、自分の生活の中にも確固たる信念を持っている俳優ユン・シユンは、
大衆に信頼感を与えるわずか5分であっても投資できる俳優になりたいと言った。
一日一日を熾烈に生きて学ぶことを当然だと思う彼の行動は、すでに信頼を与えるに十分だった。
これから彼の残りの演技人生を見るだけだ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

241〜260/453件  ←←先頭へ  ←前へ  6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  次へ→  最後へ→→