INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2014-05-01

ゴールデンウィーク休業のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ゴールデンウィークに際しまして、下記の通りファンクラブ事務局の
業務を休業させていただきます。

◆休業期間
2014年5月3日(土)〜2014年5月6日(祝・火)


◆ファンクラブご入会について
休業期間も受付いたします。本サイトの会員登録ページからお手続ください。
但し、入会された会員様への会員証及び会員特典の送付については
5月7日(水)以降、順次ご対応させていただきます。

◆お問い合わせについて
2014年5月3日(土)〜2014年5月6日(祝・火)の期間中に
いただいたお問い合わせにつきましては、5月7日(水)以降、 順次
ご対応させていただきます。
多数お問い合わせをいただいた場合、ご返答にお時間を要する場合が
ございますので、ご了承くださいませ。

  • 2014-04-28

シユン君入隊に関してのお知らせです。

こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユン君入隊に関してお知らせいたします。

本日、4月28日(月) 14:00にシユン君が海兵隊に入隊いたします。

シユン君本人の希望により静かに入隊いたします。
後日、シユン君からファンの皆さまへのメッセージを
公開いたしますので、少々お待ち下さい。

よろしくお願いいたします。

  • 2014-04-24

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン インタビュー<2>
ユン・シユン「ユナ、容貌のせいでむしろ損害、残念だ」


『総理と私(仮)』は悪役一人いなかった善良なドラマだ。
しかし、視聴者を引き寄せる緊張感や特別な楽しさは充分でなかった。
このため、視聴率や視聴者の反応は良くなくて残念な思いを残したりもした。

俳優として視聴率が良くなくて残念な点はないのかと聞くと、ユン・シユンは
「視聴率は自分がなんとか出来るものではないようだ。
もちろん重要なことではあるが、私になんとか出来ないものは心配しないのが賢明だと思う」とし
「代わりにドラマを見た人がどれだけ満足したのかがより重要である。
販売量よりも消費者の満足度を見なければならない」と答えた。

もちろん、未練が全くないわけではない。
ユン・シユンは「いつも食べていた料理ではなく、新たなフュージョン料理だったと思う。
でもどのぐらい親切にしたかを考えると、未練がある」とし、
「総理家の人々の話や、復讐の過程を見れば、視聴者が接近しやすく作れなかったようだ。
演技をした私もそう出来なかった部分があるようで反省をしている」と率直な考えを伝えた。

「一応、演技的に見れば、私ができる限り最善を尽くした。
今すぐやってみろと言われると出来ない。泣いてと言われても泣けないぐらい泣いた。
それ以上は限界だ。この作品はここで満足をしなければならない。
インホは、目だけで表現しなければならなかった。セリフより重要なのがト書きであった。
セリフはただ投げることで、そこに意味を入れると雰囲気がすごく重くなる。
とても不便なキャラクターになる。このドラマのモニターをしながら、
私がどれだけセリフだけ上手くしようとしたかを反省をするようになった。」

それとともに、ユン・シユンは、一緒に撮影をした俳優たちに対し優しい愛情を現わした。
彼は「俳優たちには誰もが自分が目立ちたい欲がある。
ところが『総理と私(仮)』の俳優たちはみんな善良でそのような欲がなかった。
みんなで飲み会を行ったが、誰一人メニューを選択できず、お互いに選んでと言いながら
メニューを回している感じだった。みんなお互いに配慮し、信じてくれ、認めてくれて
顔を赤くすることが全くなかった」と説明した。

特に彼はナム・ダジョン役を担ったユナに対して
「ユナは、これからの未来が期待される俳優だ。
私が見た限りとてもきれいな容貌のせいで損をするようだ。
真実の心とまなざしが本当に良い俳優だが、人々は外見から見る。それ残念だ。
ユナは本当に良い俳優になりそうだ」と重ねてお褒めの言葉を伝えた。

今年29歳になって見たらもっと良い作品に対する欲と一緒に、
いろんな挑戦をするための計画を練っていると言ったユン・シユンに
これからしたい作品が何なのかを尋ねた。
すると彼は「まだ大人子供の感性で作品をしたい」と答えた。

「完成されていない少年の姿がいい。インホもそうだった。
欠落した部分を持つ大人になるしかなかった人である。
素敵な役ではなく、若者が共感出来る演技をしたい。くだらなくても良い。
私の年齢で出来る悩みを持った人物であれば良さそうだ。」

ユン・シユンは日本映画『キッズ・リターン』の人物のように
若いので挑戦してまた挫折も味わいながら、成長して行く演技もしてみたいし、
また、『ネギをサクサク、卵をポン』のイム・チャンジョンや
『ワンドゥギ』のユ・アインのように完成されていない人を表現したいという欲を持っている。

「まだ私は男として完成していない。
なのにドラマで完成された男性、女性を守るクールな男を演技をするというのは話にならない。
私がまだわからない部分だからだ。だからこそぶつかって成長していく人物、そして愛を演技したい。」

<完>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-23

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン インタビュー<1>
ユン・シユン「ユナ、容貌のせいでむしろ損害、残念だ」


もう29歳だそうだ。
まだMBCシチュエーションコメディ『明日に向かってハイキック』の
ジュニョク学生とKBSドラマ『製パン王キム・タック』のキム・タックのように
幼い感じがいっぱいなのに、今は三十が近い年齢になった。
それでも彼は、涙が多く、大人になることを夢見る「大人子供」と自分を紹介する。

ユン・シユンは最近放送終了したKBS2月火ドラマ『総理と私(仮)』で
クォン・ユル(イ・ボムス)の実行課長カン・インホ役を引き受けて熱演した。
総理室最高のエリート公務員で行政考試で輝く頭脳を持った。

兄の痛みを抱えて、わざとクォン・ユルに近づいた彼は
クォン・ユルと契約結婚をすることになったナム・ダジョン(ユナ)を通じて
癒され愛を感じるようになる。
しかし、ダジョンは、最初から最後までクォン・ユルを愛し、
インホは、このようなダジョンの心を守り、大切にするために
守護天使の役割を忠実に遂行し、視聴者たちの心まで切なくした。

ユン・シユンは、このようなカン・インホを演じる前に心配をたくさんしたとする。
他の人の目には、演技変身に見えるかもしれないが、それがやりすぎに見えないようにと願った。
彼は「上手にできることから少し新たな挑戦だった」とし、
「インホは『ハイキック』のジュニョク学生と繋がっている人物である。
前にも言ったが、インホはジュニョクの大人版だ。
サブテキストが似ていた。ジュニョクが成長をすると、インホの完成ではないかと思った」
と説明した。

また、ダジョンを後ろから見守るだけだったインホの愛の方法にも
ユン・シユンは「ジュニョクとインホが望むのはデートをしてキスをする恋愛ではなかった。
ジュニョクにセギョンは男として誰かを幸せにしてあげたいという責任感を感じた相手だ。
ダジョンもまた同じだ。インホに現実は地獄のようだった。
人が誰かを憎むのは本当に辛いことだからだ。
しかし、ダジョンはインホが唯一息をすることができるようにしてくれる人だった」と述べた。

「一緒にいると楽だから、一緒にコーヒーを飲んで、自分の話をしたいソウルメイトの概念である。
何もしなくても一緒にいるだけでいいのだ。それ以上は欲張りである。
インホはそう思うと思った。ダジョンが幸せならばインホも幸せになる。
愛は多くの種類がある。叶うことが幸せなことではないと思う。」

劇を見る視聴者たちの目には、インホの愛が薄く見えるかもしれないが、
誰かのために自分の気持ちを隠してひたすら見守るだけというのは容易なことではない。
これを伝えるとユン・シユンはまた、
「私もそうしてみたい。格好良かった。
私なら機嫌が悪くなったはずだ」と言っては笑い出した。

<続く…>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-22

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『Mr.Perfect』ユン・シユン、ヨ・ジング
見ているとお母さんの笑顔が「自然に」


『Mr.Perfect』ユン・シユン ヨ・ジング

映画『Mr.Perfect』ユン・シユンとヨ・ジングのペアが話題だ。

最近、映画『Mr.Perfect』の制作社側は
島の村の先生に変身したユン・シユンと
反抗児ヨ・ジングのスチールカットを公開した。

公開された写真は、野の花を持っているユン・シユンと
四つ葉のクローバーを渡しているヨ・ジングの姿が収められている。
そのシーンは、ユン・シユンにゴルフを教えてもらい、
四つ葉のクローバーで心を伝えるヨ・ジングの姿だと伝えられた。


©Mr.Perfect

『Mr.Perfect』ユン・シユン、ヨ・ジングの写真に接したネチズンたちは
「『Mr.Perfect』ユン・シユン ヨ・ジング、望ましいペアだね」
「『Mr.Perfect』ユン・シユン ヨ・ジング、見ているだけで暖まる」
「『Mr.Perfect』ユン・シユン ヨ・ジング、タックとファイの出会い」
などの反応を送った。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-21

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『演芸街中継』ユン・シユン
「チュ・ウォンのせいで人たちから背が低いと思われる」


俳優ユン・シユンがチュ・ウォンのせいで、
人たちから背が低いと思われると明らかにした。

29日放送されたKBS 2TV『演芸街中継』では、
映画『Mr.Perfect』のユン・シユン、ヨ・ジングのインタビューが電波に乗った。

この日ユン・シユンは、ヨ・ジングが自分の第一印象について、
「画面よりもはるかにハンサムだ」と言うと嬉しい表情を隠さなかった。

ユン・シユンは、ヨ・ジングの回答が終わると同時に、
「私がテレビより、意外と背が低くはないだろう?」と尋ねた。

ユン・シユンは
「他の人たちが私の背が低いと思う。
これが、全部チュ・ウォンのせいだ。」と述べ、
「製パン王キム・タック」で一緒にしたチュ・ウォンがあまりにも背が高かったため、
相対的に低く見えたと悔しがった。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-18

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ヨ・ジング「ユン・シユン、画面よりも実物の方が
はるかにハンサム」


ヨ・ジングがユン・シユンの実物を絶賛した。

俳優ヨ・ジングは、3月29日に放送されたKBS 2TV『演芸街中継』で
ユン・シユンの第一印象の記憶を思い出した。

この日のヨ・ジングは、ユン・シユンの第一印象を尋ねるリポーターの質問に
「TVで見たよりもはるかにハンサムだ」と話し始めた。

これに負けずユン・シユンは「本当に驚いた」とし、
「感情の演技する時、自分の演技だけでなく、他の人の演技まで感動させる」と
ヨ・ジングの演技力を賞賛して人目を引いた。

一方、ユン・シユン、ヨ・ジング主演の『Mr.Perfect』は、
有名なプロゴルファーとして名を上げたペクプロ(ユン・シユン)が
予期せぬ事故ですべてを失った後、全校生徒6人である島の村の学校の
廃校の危機を救うために反抗児イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)、
そして純朴な子供たちと一緒に繰り広げるドタバタ物語を描いた作品である。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-17

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『Mr.Perfect』で団結したユン・シユン、ヨ・ジングに出会う

映画『Mr.Perfect』で、個性あふれる先生と弟子の役を引き受けた二人に会ってきました。

[レポーター]
映画『Mr.Perfect』は、予期せぬ事故で選手生活を終えたプロゴルファーが、
全校生徒が6人の学校の先生になる過程を描いてます。

[インタビュー] ユン・シユン / 俳優
「不慮の事故でゴルフをやめて島の村の田舎の子供たちと一緒に生活するようになった
プロゴルファーペク・セジン役を演じた…」


[インタビュー] ヨ・ジング / 俳優
「私は島の村の代表的な反抗児イ・ビョンジュ役を…」

ドラマ『製パン王キム・タック』で大きな人気を得たユン・シユンの
軍入隊前最後の作品です。

[インタビュー] ユン・シユン / 俳優
「キム・タックの時、年配の方が多く愛してくださって…
その愛に恩返しするように暖かいヒューマニズムがある映画をやってみたかったんです。」


製作会社側の事情で撮影を終えて3年後に公開するので、
ヨ・ジングの子供っぽい姿を見ることができます。

[インタビュー] ヨ・ジング / 俳優
「3年という時間のおかげで、映画の中の私は少し若いけど…
見て驚かなかったらいいんです。」

多くの観客が来て、感動まで与えたいという二人の俳優は忠武路の期待主です。

[インタビュー] ヨ・ジング / 俳優
「百パーセントですからね。国民の100%に見ていただきたいと思います」

※『Mr.Perfect』の韓国名はペクプロ(主人公の名前でもあり、100%という意味)

[インタビュー] ユン・シユン / 俳優
「ご覧になる方が何人であれ、100%満足してくだされば幸せです。」


こちらから記事の本文と映像がご覧いただけます。

※映像が出るまで時間がかかります。
 一部のブラウザでは映像が正しく表示されないおそれがあります。
 映像が正しく表示されない場合、他のブラウザで試してみてください。

  • 2014-04-15

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『良い朝』ユン・シユン、ヨ・ジング
「コ・ヒョンジョンとロマンスしたい」


俳優ユン・シユンヨ・ジングが一緒に演じてみたい相手俳優でコ・ヒョンジョンを選んだ。

31日放送されたSBS『良い朝生放送芸能特急』では、
映画『Mr.Perfect』の二人の主演俳優ユン・シユンとヨ・ジングのインタビューが公開された。

この日二人は、「どんな俳優とのラブラインを演じてみたいのか」という質問を受けた。
ユン・シユンは「コ・ヒョンジョン先輩とは本当にやってみたい」と話し
ヨ・ジングはびっくりした後、「私もいつもコ・ヒョンジョン先輩だと言っている」と明らかにした。

続いてユン・シユンは
「一緒にしよう。私が長男、あなたが末っ子になれ」とし
ヨ・ジングは「それではコ・ヒョンジョン先輩が姉か」と設定しユン・シユンを当惑させた。
ユン・シユンは「家族にするのはやめよう」と言って笑いを誘った。

一方、『Mr.Perfect』は、有名なプロゴルファーとして名を上げたペクプロ(ユン・シユン)が
予期しない事故ですべてを失った後、全校生徒6人が全員である島の村の学校を
廃校の危機から救うために反抗児イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)と一緒に
苦労を広げる話を描いた作品で、来る4月3日封切りする。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-14

シユン君出演のドラマ、バラエティーの放送情報です。

こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユン君主演の中国ドラマ「ハッピー・ヌードル〜恋するかくし味〜」
アジアドラマチックTVで放送決定しました!

<放送スケジュール>
2014年6月15日(日) 午後9:00〜スタート!
毎週土・日曜日 後8:00〜9:00(週2話進行)(再6/21(土)〜) 前6:00〜7:00ほか

お楽しみに〜☆


そして、明日4月15日(火)からは、
『裸足の友達』放送スタートです!!

<放送案内>
裸足の友達(日本語字幕版)
4月15日(火)スタート!
毎週(火) 後0:15〜1:45 他

裸足の友達
>>詳細はこちらから

こちらも、ぜひご覧ください!

  • 2014-04-11

『Mr.Perfect』舞台挨拶のシユン君の写真をご紹介します。

こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

マインスエンタテインメントのFACEBOOKに載っている
『Mr.Perfect』の舞台挨拶の写真を皆さんにご紹介します。









©マインスエンタテインメント

プロゴルファーのシユン君の姿はどうでしょうかね?
もう韓国で見てきた方もいらっしゃると聞きましたが
日本でも早く観られるといいですね★

  • 2014-04-10

サイン入りプレゼント発送に関してのお知らせです。

こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

お待たせしました!
『YOONSIYOON 3rd Fan Meeting in TOKYO DVD』の先行予約販売イベントと
3月の『直筆サインプレゼント企画』のプレゼントを
本日10日から順次発送いたします。





当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせて頂きます。
ご了承ください。

また次の企画も楽しみにしていてください!
よろしくお願いいたします。

  • 2014-04-07

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『Mr.Perfect』アジア8ヶ国先販売...
ユン・シユン、ヨ・ジング効果




ユン・シユンとヨ・ジングが出演した映画『Mr.Perfect』が
海外8カ国に先行販売された。
2日シネマジェニスによると『Mr.Perfect』は、
先月27日に閉幕した香港フィルムマーケットで紹介され各国の熱い呼応を得た。
フィルムマーケットで紹介されて以来香港、シンガポール、
中国、台湾、ベトナム、マレーシア、フィリピンなど7カ国に次いで販売され熱を吹いた。
一番早く版権を買った日本は、来る8月封切りを確定した。

映画はドラマ『製パン王キム・タック』でシンドロームを起こした
ユン・シユンの軍入隊前最後の作品である。
また、『ファイ:モンスターを飲み込んだ子供』を通じて演技力を認められた
ヨ・ジングが一緒に呼吸を合わせて国内だけでなくアジア全域で関心を得た。

『Mr.Perfect』は、元プロゴルファーであるペクプロ(ユン・シユン)が
予期せぬ事故で選手生活を終えて、偶然入った島の村の廃校の危険に瀕している
学校を救うために孤軍奮闘する物語を描いた。
ゴルフ特技生を育てようとは村の住民たちの計略にはまって島の村の
代表反抗児イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)をはじめ、全校生徒が6人しかいない
学校の教師になって起こる話を監督特有の愉快な演出力で溶かした。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-04

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、海兵隊に入隊確定「本物の男になる」

俳優ユン・シユンの海兵隊入隊が確定した。

ユン・シユンの所属事務所の関係者はイーデイリーに
「ユン・シユンが1月に海兵隊志願入隊を申請し
最近、海兵隊入隊合格を通知された」と明らかにした。

この関係者は「海兵隊入隊前までは、映画『Mr.Perfect』の
広報日程を消化する予定」としながら
「他の将兵たちに迷惑がかからないように、できるだけ静かに入隊する」と伝えた。

ユン・シユンは、今月中に慶尚北道浦項市にある海兵隊教育訓練団に入所して
7週間の訓練を受けた後、自隊配置をされる予定である。

これにより、ユン・シユンは俳優ヒョン・ビンと歌手オ・ジョンヒョクに続き
海兵隊の系譜を繋ぐ芸能人になった。
歌手ナム・ジン、キム・フングク、イ・ジョン、オ・ジョンヒョク、
俳優イム・チェム、キム・サンジュン、チェ・フィリップ、チョン・ソクウォン、
ヒョン・ビンなどがいる。

ユン・シユンは、 2009年MBCシチュエーションコメディ
『明日に向かってハイキック』でデビューした。
以後ドラマ『製パン王キム・タック』『となりの美男<イケメン>』『私も、花!』
『総理と私(仮)』、映画『コサ2』などに出演して演技者としての地位を固めた。
彼は来る3日軍入隊前最後の作品である映画『Mr.Perfect』の封切りを控えている。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-03

シユン君主演映画『Mr.Perfect』の韓国舞台挨拶のスケジュールに関しての
お知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

シユン君主演映画『Mr.Perfect』の
舞台挨拶スケジュールが決まりましたので
お知らせいたします。


<週末ソウルサプライズ舞台挨拶スケジュール>

4月5日(土)
参加予定者: ユン・シユン、ヨ・ジング

CGV往十里(ワンシムリ)
1館 12:20 上映後
1館 14:40 上映前

ロッテシネマ建大(ゴンデ)
8館 13:10 上映後

CGV君子(グンザ)
10館 15:40 上映前

ロッテシネマ長安(ジャンアン)
2館 16:00 上映前

CGV誠信(ソンシン)女子大学
4館 16:50 上映前

ロッテシネマ清涼里(チョンリャンリ)
4館 17:40 上映前

ロッテシネマ蘆原(ノウォン)
10館 17:50 上映後
9館 20:10 上映前


4月6日(日)
参加予定者: ユン・シユン、パク・サンミョン

ロッテシネマ龍山(ヨンサン)
3館 11:50 上映後
3館 14:10 上映前

CGV金浦空港(キムポゴンハン)
9館 13:10 上映後

ロッテシネマ金浦空港(キムポゴンハン)
8館 15:40 上映前

CGV木洞(モクドン)
6館 16:20 上映前

CGV新道林(シンドリム)
9館 17:05 上映前

ロッテシネマ永登浦(ヨンドンポ)
5館 17:30 上映前

CGV新村(シンチョン)アートレオン
5館 16:10 上映後

MEGABOX COEX(メガボックス コエックス)
12館 19:10 上映前


※参加者は予告無しに変更になることがございます。
 舞台挨拶に関するお問い合わせにはお応えできかねます。ご了承ください。

  • 2014-04-02

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ヨ・ジング、パク・スジンと
『Mr.Perfect』の試写会の認証ショット


俳優ユン・シユンとヨ・ジング、歌手パク・スジンが一緒にした映画
『Mr.Perfect』の試写会の認証ショットが公開された。

パク・スジンは28日、ツイッターに
「初めてが見に行った映画の試写会!
ユン・シユン、ヨ・ジング 二人の俳優さんの感動的な映画『Mr.Perfect』
見た後、私の夢のために熱心に努力し、成長したいという気がします。
映画『Mr.Perfect』、『私の話よ』と一緒に大ヒットしましょう」
という文と共に写真を上げた。


写真:パク・スジンツイッター

写真は、ユン・シユンとヨ・ジング、パク・スジンの親しい姿が収められている。
ユン・シユンは、パク・スジンの肩に手をかけ、カメラを見つめて
キュートな表情を浮かべた。
ヨ・ジングは、 Vのポーズを取って男性美を発散して目を引いた。
一方、『Mr.Perfect』は、学生6人が全部である島の村の学校で過ごすことになった
元プロゴルファーペクプロ(ユン・シユン)が廃校の危機に瀕している学校を生かそうとする
イ・ビョンジュ(ヨ・ジング)にで会って繰り広げられる物語を描いた作品である。
来月3日封切りする。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-04-01

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『Mr.Perfect』ユン・シユン
「失語症演技、簡単ではなかったがヨ・ジングと呼吸で完成」


俳優ユン・シユンが失語症演技に苦情を打ち明けた。

OBS「独特な芸能ニュース」は、映画『Mr.Perfect』の制作報告会現場を訪れた。

見るだけで心が暖まる俳優ユン・シユン、ヨ・ジングが
映画『Mr.Perfect』で先生と弟子として出会った。

ユン・シユンは「かつて売れてたプロゴルファーが分別ない行動で
ゴルフを続けることができなくなってしまい、島の村に行くことになる。
島の村の大人たちと6人のませていて、恐ろしい子供たちとの
ドタバタ友情の話だ」と映画について説明した。

模範生である二人の俳優が出演するだけに特別な姿も見られた。

正しい青年ユン・シユンは、堕落した姿を披露する。
また、簡単ではない失語症患者の演技まで消化した。

ユン・シユンは「私のように演技が不足している人が今学んでいる段階では、
本当に難しかった。セリフで表現することができなかったので、
むしろ難しかった」と打ち明けた。

彼は「上手く演じる原動力は、私にはなかった。
ヨ・ジングの感情を私が目で受け止めるとき失語症の演技が完成した。
私が何かをしようとすると変になる」と説明した。

こちらから記事の本文と映像がご覧いただけます。

  • 2014-03-31

消費税率変更に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

2014年4月1日(火)から消費税率が8%になります。
それに伴いまして、
4月1日(火)以降、各ショップで販売している商品も消費税率8%を適用いたします。

何卒、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

  • 2014-03-28

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユン君の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『Mr.Perfect』ユン・シユン
「慣れて安住するとそれがスランプ」


俳優ユン・シユンが急速にスターの座に上りつめた過去を言及して、
自分のスランプについて言及した。

27日、ソウル広津区紫陽洞ロッテシネマ建大入口店で映画『Mr.Perfect』の
メディア・配給試写が行われた。
キム・ミョンギュン監督と俳優ユン・シユン、ヨ・ジング、
パク・サンミョン、イ・ビョンジュンが参加した。

『Mr.Perfect』でユン・シユンは売れるプロゴルファーであったが、
飲酒運転事故ですべてを失ったペク・セジンを演じる。
職種は異なるが、劇中のゴルフ選手ペク・セジンと俳優ユン・シユンも、
それぞれの試合結果と興行成績、視聴率などの評価から自由ではない。

ユン・シユンは「映画では、スコアと関連しペク・セジンのスランプを含んではいない」とし
「劇中で最高に親しい兄貴と関連して、方向性を失ったときペクプロは、
スランプを経験したはず」と発表した。
続いて「そのうちに子供に会い、本当にゴルフを愛するようになった」とし
「最後にもペク・セジンの成功を言っていないが、それがまさにスランプの脱出」と説明した。

「私もそのようだ」と答えを引き続き行ったユン・シユンは
「デビューした時25%、次のドラマが(視聴率が)50%を超えた」とし
「演技者として活動した短い期間をスコアとして表さないようにしている」と答えた。
続いて、「もう慣れたという理由で、以前より熱心にせず安住すると
それがスランプではないかと思う」と付け加えた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-03-27

『裸足の友達』の放送情報です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

シユン君が出演した韓国のバラエティー番組
『裸足の友達』がホームドラマチャンネルで放送されます!!

<放送案内>
裸足の友達(日本語字幕版)
4月15日(火)スタート!
毎週(火) 後0:15〜1:45 他

詳細はこちらから

221〜240/453件  ←←先頭へ  ←前へ  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19  次へ→  最後へ→→