INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2015-09-24

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ソ・ジソブ、親しいソン・スンホン映画『第3の愛(仮)』の試写会に出席



俳優ソ・ジソブが親友ソン・スンホンのために中国に向かった。
ソ・ジソブは22日午後、中国北京で開かれた映画『第3の愛(仮)』
(イ・ジェハン監督)の試写会を訪れた。
友人のソン・スンホン主演の映画を応援するために試写会レッドカーペットを踏んだ。

レッドカーペットに予告なしにソ・ジソブが登場すると試写会現場を訪れた
中国のファンたちは驚きを隠せなかった。

この日、黒のスーツに素敵な帽子でユニークな試写会ファッションを完成し、
中国のファンたちの視線を捕らえた。この日の試写会には、
ソ・ジソブのほかティアラ、中国トップ俳優ダンチャオなどが参加して
『第3の愛(仮)』の封切りを祝った。

同名の中国人気小説を原作にした『第3の愛(仮)』は、
韓国のイ・ジェハン監督がメガホンをとり、ソン・スンホンと劉亦菲(リウ・イーフェイ)が
男女主演で呼吸を合わせた。
映画の中でメロを描いた二人の俳優実際の恋人に発展して話題を生んだりした。
25日、中国で公開する。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

 

  • 2015-09-14

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
映画『思悼(仮)』ソ・ジソブが特別出演なのに登場が長い理由とは

映画『思悼(仮)』は、俳優ソン・ガンホとユ・アインの映画として知られていた。
しかし、いざベールを脱いだ本作は、英祖(ソン・ガンホ)と思悼世子(ユ・アイン)の話に、
世孫の視線まで加わり、親子3代の話を2時間に凝縮している。
そしてその重要な役である世孫、すなわち正祖を演じた俳優ソ・ジソブにも多くの関心が
寄せられている。

すでに知られているように、ソ・ジソブは本作に特別出演した。
しかし映画の後半、世孫に多くの時間が割かれており、ソ・ジソブの登場も長くなっている。
セリフが多いわけでもなく、大きな事件が起こるわけでもない。
ただ、母の前で舞を舞うシーンだ。ところがこのシーンに非常に
たくさんの意味が込められている。

映画『思悼(仮)』のイ・ジュニク監督は、
ソ・ジソブの登場が予想より長かったことにうなずいた。
もちろん、直前で監督の意図のもとに作られたシーンだ。
子役のイ・ヒョジェが演じた世孫が成長した姿がソ・ジソブなのだが、
しばらく顔だけを映していく特別出演ではない。



イ・ジュニク監督は「映画を見ながらドラマの脈絡を追う人は、
あのシーンで大きな喜びを感じるだろう」と言った。
ソ・ジソブの扇の舞は、最後まで生き残った恵慶宮ホン氏らの
人生の重みを体全体で表現するものであり、
正祖自身が過去と和解する意味を持っている。

また米櫃の中で扇で尿を飲みながら死んでいった父の思悼世子の苦痛をくみとる
息子の気持ちが込められている。
父親に対する悲痛さを節度ある動きで見せているのだ。

イ・ジュニク監督は「あの長さで見せられなければ、このシーンがなかったら、
この映画に意味がない」とし、「監督は映画として完結に責任を取らなければならない。
ただ面白さだけを追求して終わらせる映画ではない。
思悼世子で商売しようとする意図があるなら、この映画を撮ってはならない」と述べた。

このような監督の責任感とキャラクターに没入したソ・ジソブのおかげで、
本作は長い余韻を残しながら幕を下ろす。
英祖と思悼世子の関係も胸に響くが、劇場を出ても胸の隅につまってくるのは、
最後が素晴らしかったおかげである。

ソ・ジソブは本作にノーギャラで出演し、話題にもなった。
ソン・ガンホという大俳優が引っ張っていく映画で、
自分が最後を飾るのは負担だったというのが理由である。
金を受け取らないと約束して初めて出演を決定したという。

イ・ジュニク監督は、ソ・ジソブの存在感と憂いに満ちた目つきがあったから、
ラストを飾る俳優として選んだ。そしてその選択は間違っていなかった。

映画『思悼(仮)』は韓国で今月16日に公開する。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2015-09-11

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『OH MY GOD(仮)』ソ・ジソブ、シン・ミナホームシアターカムバック!


©GIODANO

ソ・ジソプ、シン・ミナがロマンチックコメディドラマ『OH MY GOD(仮)』で
視聴者たちに挨拶する予定である。

KBS月火ドラマで最終編成を確定した『OH MY GOD(仮)』は
極と極の二人の男女がダイエットに挑戦しながら、恋に落ちる
「ヘルスヒーリングロコ」である。

ソ・ジソブは自らの弱点を負けず嫌いな性格と忍耐で克服出した
スタートレーナーキム・ヨンホ役を引き受けた。
子供の頃受けた致命的な傷が原因で財閥2世にも関わらず
つらい時間を過ごしてきた人物である。

シン・ミナは家族を養うために法律事務所の弁護士となるが、
そのため若い頃のキレイな顔とナイスバディの評判をすべて捧げた
平凡な33歳のオールドミスになってしまったカン・ジュウン役を演じる。
壊れる演技を披露する予定である。

一方、ソ・ジソブは2年ぶりに、シン・ミナは3年ぶりに
ドラマ復帰を知らせて、どんな演技呼吸を見せてくれるが大衆の関心が高まっている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2015-09-10

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ソ・ジソブ、シン・ミナ『OH MY GOD(仮)』
今年11月KBS2新しい月火編成確定



©GIODANO

ソ・ジソブ、シン・ミナの出会いで関心を集めている
ロマンチックコメディドラマ『OH MY GOD(仮)』が今年11月KBS2月火ドラマ編成を確定した。

『OH MY GOD(仮)』は極と極の二人の男女が会ってダイエットに挑戦しながら、
恋に落ちる内容を描く。 「ヘルスヒーリングロコ」という風変わりな素材で武装した。

これによりソ・ジソブは『主君の太陽』以来2年ぶりに、
シン・ミナは『アラン使道伝』以来3年ぶりにテレビ劇場復帰を発表した。

ソ・ジソブは自らの弱点を負けず嫌いな性格と忍耐で克服出した
スタートレーナーキム・ヨンホ役を引き受けた。
子供の頃受けた致命的な傷が原因で財閥2世にも関わらずつらい時間を過ごしてきた人物である。

シン・ミナは家族を養うために法律事務所の弁護士となるが、
そのため若い頃のキレイな顔とナイスバディの評判をすべて捧げた
平凡な33歳のオールドミスになってしまったカン・ジュウン役を演じる。
壊れる演技を披露する予定。

製作会社側は「今まで韓国になかった新しいエキサイティング リアリティメロになるだろう」とし
「ソ・ジソブ、シン・ミナはもちろん、実力ある制作陣と団結した『OH MY GOD(仮)』の歩みを
見守ってほしい」と伝えた。

『OH MY GOD(仮)』はソ・ジソブ、シン・ミナのほか、
他の出演者のキャスティング作業中である。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2015-09-09

イベント公式グッズ販売&DVD先行予約販売のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

お待たせしました!
『2015 ソ・ジソブ イベント〜Japan, Let’s go together!〜』
イベント現場で販売されたイベント公式グッズと
アジアツアーのグッズを本日15時からFC公認ショップにて
販売スタートしました!

そして
神戸と東京4公演をすべて収録したDVDの
先行予約販売も本日15時からスタートしました!
FC公認ショップにて購入された方にはイベント生写真10枚をプレゼントします!
生写真プレゼントは11月9日(月)購入者までが対象ですので
お早めにご購入ください!

>>イベント公式グッズはこちら

>>イベントDVD先行予約はこちら

  • 2015-09-03

イベントDVD先行予約&公式グッズ販売に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

「2015 ソ・ジソブ イベント 〜Japan, Let’s go together!〜」の
神戸と東京全4公演を収録したDVDの先行予約販売と
イベント現場で販売した公式グッズ及びアジアツアーのグッズの販売を
9月9日(水)からスタート予定です。

イベントDVD先行予約販売期間内に、ファンクラブ公認ショップにて
予約購入された方にはイベント生写真10枚をプレゼントいたします。
詳細に関しては追ってお知らせ致します。

よろしくお願いいたします。

  • 2015-09-03

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ソ・ジソブ、映画『思悼(仮)』正祖役でノーギャラ特別出演…
イ・ジュンイク監督「いい人・いい俳優」




ソ・ジソブ『思悼(仮)』

俳優ソ・ジソブがノーギャランティーで映画『思悼(仮)』に正祖役で特別出演する。

2日英祖と思悼世子の悲劇を描いた映画『思悼(仮)』(監督イ・ジュンイク/制作タイガーピクチャーズ)側は
ソ・ジソブが「正祖」に特別出演することが明らかにした。

ソ・ジソブは世孫時代、父の悲劇的な死を目撃した悲しみと苦悩を持った「正祖」役を演じて、
劇中の祖父「英祖」と父「思悼」と「正祖」まで3代にわたる悲劇の物語を完成させる予定である。

一緒に公開されたスチールは『思悼(仮)』の記録を消している「英祖」の前で
青い龍袍を着て、涙を流しながら悲しい表情の「正祖」の姿と一緒に
厳粛な雰囲気の中で行われた「正祖」即位式を確認することができる。

ソ・ジソブは「分量に関係なく、役割が重要だと思った。
シナリオが良くて出演を決めた。
私は果たしてうまくできるのかについての悩みを重ねた」と述べた。

またソ・ジソブは「本当に楽しい撮影だった。
機会があればイ・ジュンイク監督とまた会いたい」と感想を伝えた。

イ・ジュンイク監督はソ・ジソブキャスティングについて
「正祖が登場するシーンは、わずか3シーンしかないが、
キャラクターが映画の中で意味することが大きい」とし、
「ソ・ジソブをキャスティングするために三顧の礼をしたが、
彼は悩んだあと、ノーギャランティーで出演する意思を伝えた。
ソ・ジソブは役について深く悩んだのはもちろん、撮影現場でも
たった1秒も緊張を緩めなかった良い俳優であり、良い人である」と感謝の気持ちを伝えた。

『思悼(仮)』は、9月16日公開される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2015-09-03

セイコーウォッチお支払に関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

【ソ・ジソブ x セイコーウオッチ 第3弾】の受付は
好評につき本日(9月3日)18時に〆切を延長しました。

沢山のお申込み、ありがとうございます。

申込みの際、「コンビニオンライン」を選択した方は
申込み日から1週間以内にお支払をお願いいたします。

※例) 9月3日に申込みした方は9月10日までにお支払。

お支払期間内にお支払が完了してない予約注文は自動キャンセルとなりますので
ご注意ください。


よろしくお願いいたします。

 

  • 2015-09-02

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ソ・ジソブ、日本列島満たした「8,000人とリレー出会い」



俳優ソ・ジソブが8,000人くらいの日本ファンたちと一緒に
「2ndアジアツアー」を盛況裡に終えた。

ソ・ジソブは、台湾、中国、日本を順番に回る「2ndアジアツアー」に出て、
アジアに押し寄せる「ソガンジ熱風」を改めて確認することができた。
2015年度ファンミーティング「Let's go together」は、7月25日、台湾を始め、
先月末、日本神戸と東京の日程で終止符を打った。

28日は神戸国際会館国際ホールで4,000人、30日には東京中野サンプラザで4,000人、
合わせ8,000人余りの日本ファンたちと出会いを持った。

何よりもファンミーティングでソ・ジソブは「優越スーツ美男」と
「いたずらっ子ヒップホップボーイ」を行き来しながら「千の魅力」を発散、ファンを魅了した。
ネイビートーンのジャケットを着たすっきりした姿で丁寧に日本語の挨拶をしたり、
ブラックとホワイトを行き来する「ソガンジ式ヒップホップファッション」で
エネルギーあふれる舞台を飾った。
また、快適なジーンズとTシャツ姿に黒メガネをかけて甘い声で本を朗読、
ナチュラルながらも理性的な面貌を誇示し、現場を甘々しく彩った。

特にソ・ジソブは2時間くらいの間「遠足」、「消しゴム」、「そういう話」から
新曲「SO GANZI」、「コーラ瓶BABY」に至るまで、自分の曲で舞台をいっぱいに満たし、
ヒップホップソウルを燃やし切った状況。
これにファンたちは席が割り当てられている公演であったにもかかわらず、
最初の曲から終わりまで、すべて席から立ち上がってスタンディング状態を維持し、
体感温度を上昇させた。

それだけでなく、東京で開かれた最後のファンミーティングの舞台では、
ソ・ジソブが「SO GANZI」のミュージックビデオで披露した衣装を同じように着て
サプライズ登場、まるでミュージックビデオから飛び出したような姿で
風変りな楽しさをプレゼントした。

ソ・ジソブは毎回ファンのための「サプライズ抽選」を敢行、格別なファンの愛を表わした。
公演ごとにそれぞれ3人のファンを選んで所属事務所51Kを象徴する数字「51」がプリントされた
Tシャツ、帽子、靴下で構成された「MD 3種セット」と手作りのきれいなキャンドルなどを
プレゼントした。
さらにソ・ジソブは当選されたファンが感激して涙を流し、
ギフトセットに含まれている帽子を取り出して直接被せてくれるなど、
細心なファンサービスを披露し、感動と羨望を集めた。

一方、ソ・ジソブは7、8月にかけて双子曲「SO GANZI(BLACK)」、
「SO GANZI(WHITE)」と「コーラ瓶BABY」の音源とミュージックビデオを次々に発表し、
ホットな話題を独占していた状態。
どっしりとした本格的なヒップホップサウンドから自然にお尻を動かす
炭酸ヒップホップまで様々なジャンルを消化、ラッパー・ジソブとして一段階発展した姿を
見せてファンを歓呼させた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2015-09-01

皆さま、本当にありがとうございます。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

『2015 ソ・ジソブ イベント〜Japan, Let’s go together!〜』へ
たくさんの方にお越しいただきまして
誠にありがとうございました。

本日、夜の便でジソブさんは無事に帰国されました。

ジソブさんとの旅行はいかがでしたか?
皆さん、楽しめましたか?

皆様の熱い盛り上がりに
ジソブさんも大変感激されていました。

また、次の作品でジソブさんを会えるのを楽しみにして
引き続き、ジソブさんに熱い声援をよろしくお願いいたします。

オフィシャルファンクラブスタッフ一同

  • 2015-08-26

ソ・ジソブさんの来日情報のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ソ・ジソブさんの来日に関してお伝えします。

8月27日(木)関西国際空港に午前到着の便で来日予定です。

お迎えをされる方は係員の指示に従い、マナーを守って
お迎え頂きますようお願いします。
また、空港ご利用のお客様のご迷惑にならないよう
到着予定時刻より早めにお集まりになる事はご遠慮ください。

当日の写真撮影及び大声での声援は禁止とさせていただきます。
ご了承下さい。
また、屋外でのお迎えはできません。
屋内のみとなりますので、皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

  • 2015-08-21

キキとカトが本に?!

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2015-08-20

「ワン・サニーデイ〜One Sunny Day〜」 DVDリリース決定のお知らせです。

こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ジソブさん主演の「ワン・サニーデイ〜One Sunny Day〜」の
セル&レンタルDVDリリースが決定しました!
また、DVD化を記念し、劇場での限定上映も行います!




<Story>
失恋をしたばかりの男は、仕事と気分転換を兼ねて済州島を訪れる。
しかし泊まったゲストハウスで財布を盗まれてしまい、警察を訪ねると、
ある女が同じく携帯電話を盗まれたとやってくる。
財布がない男は女に携帯を貸し、携帯が無い女は男にコーヒーをおごり、
一緒に済州島を回ることに...。
「韓国のハワイ」とも言われる美しい済州島の景色を舞台に、
名前も知らない男女が暖かく静かに繋がっていくピュアなヒーリング・ラブストーリー!


◆商品情報
【セル】「ワン・サニーデイ〜One Sunny Day〜」[DVD]
発売日:2015年12月2日(水)
価格:5,800円+税
品番:OPSD-S1110/全1巻(3枚組/本編2枚+特典Disc1枚)
特典映像:メイキング(全ディスクにメイキングを収録!収録時間はなんと計<約170分!>)
封入特典:済州島ロケ地マップ 
※特典の内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【レンタル】「ワン・サニーデイ〜One Sunny Day〜」前編/後編
レンタル開始日:2015年12月2日(水)より同時リリース/全2巻

2015年/韓国/音声:オリジナル韓国語
字幕:日本語/全2話/
発売・販売元:エスピーオー/(C) Hwa & Dam Pictures, all rights reserved.
公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/onesunnyday/


◆劇場情報
前・後編に分かれた本作を一本に再編集した劇場版を、
シネマート新宿&心斎橋にて期間限定上映決定!

「ワン・サニーデイ〜One Sunny Day〜<劇場版>」
<東京>シネマート新 宿:2015年9月26日(土)〜
<大阪>シネマート心斎橋:2015年9月26日(土)〜

  • 2015-08-12

夏期休業のお知らせです。

こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

下記の通りファンクラブ事務局の業務を
休業させていただきます。

◆休業期間:2015年8月13日(木) 〜 2015年8月16日(日)

【 ファンクラブご入会について 】
◆本サイト 会員登録ページからのお申込み:休業期間も受付いたします。

【お問い合わせについて】
8月13日(木) 〜 8月16日(日)の期間中にいただいた
お問い合わせにつきましては、8月17日(月)以降、
順次ご対応させていただきます。
多数のお問い合わせをいただいた場合には、
ご返答にお時間がかかる場合がございますので、ご了承くださいませ。

  • 2015-08-07

残念ながら彼は散歩が好きじゃないです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2015-08-06

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ラッパーソ・ジソブ、情熱終わりがない、6日に「コーラ瓶BABY」を発表



俳優ソ・ジソブが6日(今日)正午、
新曲「コーラ瓶BABY」」の30秒ティーザー」を公開し、
ポンポンはねる「炭酸ヒップホップ」で、今年の夏を涼しくすることを予告した。

ソ・ジソブは先月22日と今月3日、
それぞれ双子曲「SO GANZI(BLACK)」と「SO GANZI(WHITE)」で構成された
シングルアルバムと相反した雰囲気が印象的な
ツインミュージックビデオを出し「情熱ラッパー」のカムバックを発表した。
加えて、10日には新曲「コーラ瓶BABY」の音源と
ミュージックビデオを同時に発表、
「ラッパーソガンジ」としての地位をさらに堅く固める予定である。

これと関連してソ・ジソブは6日、
「コーラ瓶BABY」を垣間見ることができる30秒ティーザーで
ファンに先に新曲を紹介した。
ティーザーでは、曲のモチーフとなるコーラと
コーラ瓶のような完璧な体つきを持った女性たち、
彼女たちを眺め笑みを隠せないソ・ジソブと
SOUL DIVEの姿が感覚的に交差している。
真夏の暑さを思えないほどのレッドポイントの
クールながらも強烈なイメージが見る人を派手に刺激、
「コーラ瓶BABY」という曲の愉快でセクシーな感じを完全に伝えている。

何よりもソ・ジソブは導入部から
完全に違う新鮮な魅力を表わして視線をひきつけた。
黒のジャケットのユニークなブラックポイントが入った白いワイシャツを着て、
オールバックポマードヘアスタイルで登場、
はつらつとした魅力を誇った。
あっけらかんとした口調で
「あ〜なぜこんなに煮え切らない、何かシュワッとするのはないのか?」と
いうセリフでティーザーが始まりを表し、
コーラ缶2つを触角のように装飾されたユニークな赤い帽子をかぶった女性両方の間で
蝶ネクタイで目を覆っているなど、いたずら心があふれる姿で雰囲気を導いた。

また、ティーザーの最後にソ・ジソブは
大きなコーラ瓶を持って現れ、好奇心を刺激した。
果敢なレッドビキニを着た魅力的な女性の映像が過ぎ去った後、
画面の向こうの彼女に惹かれたように
微妙な視線を投げてコーラ瓶を持ち上げて担いで消える。
以後、「コーラ瓶BABY」というタイトルが浮上し、
予告を仕上げ、次の状況に対する関心を呼び起こしている。

そして「コーラ瓶BABY」は、「SO GANZI(BLACK)」、「SO GANZI(WHITE)」と同様に、
ソ・ジソブとSOUL DIVE、DJ JUICEが意気投合した曲で注目を集めている。
耳にすらすらと入るDJ JUICEの軽快なビートの上に
ソ・ジソブとSOUL DIVEのセンスのある歌詞が加えられ、幻想的な組み合わせをなした。
これに「ヒップホップソウルメイト」で一緒に歩いてきた
ソ・ジソブ、SOUL DIVEとDrunken Tiger、Leessang、ジジョなどのアルバムと
公演などに参加していた実力派ミュージシャンDJ JUICEが
またいくつかの新鮮な曲を誕生させる期待感が高められている。

一方、ソ・ジソブは先月25日と今月2日、それぞれ、台湾、中国上海で5千人のアジアファンと
一緒に「2015アジアファンミーティング」の華麗な幕を開けた。28日と30日には
日本の神戸と東京に行き、列島ファンの心も熱くする予定である。
今回のファンミーティング「Let's go together」では、アツアツの新曲の舞台と一緒に
より多くの成熟した 「俳優ソ・ジソフブ」と「ラッパーソガンジ」に同時に会うことができる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。


  • 2015-08-05

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ソ・ジソブ、アジアツアー「SOGANZI」初公開..台湾・中国盛り上げた。



俳優ソ・ジソブが二回目のアジアツアーを通じて5000人のアジアファンと1年ぶりに再会した。
5日、所属事務所51Kによると、ソ・ジソブは先月25日と2日、台湾と中国で
アジアツアーを開催しました。ソ・ジソブは二回目のアジアツアー
「Let's go together」を通じて、合計5千人のアジアファンに会った。

何よりもソ・ジソブはアジアツアーのスタートである台湾のファンミーティングで
新曲「SO GANZI」の初舞台を公開、現場の熱気をピークに引き上げた。
SOUL DIVEとDJ Juiceも登場、幻想的な呼吸でファンたちの体感温度を急上昇させた。

台湾のファンは公演3日前に出てきた「SO GANZI」の歌詞を完全に理解、
一つの声で熱唱する姿で熱い感動をもたらした。また、2日に開かれた
中国上海ファンミーティングでは、まだ国内で正式に発表されていない
未公開の新曲を初めて披露し、爆発的な呼応を引き出した。
ファンは常に「SO GANZI」を連呼して「俳優ソ・ジソブ」だけでなく、
「ラッパーソ・ジソブ」にも特別な愛情を表現した。

特に台湾と中国のファンは期待を超えた「熱血ソ・ジソブ愛」で現場を盛り上げた。
その一方、中国のファンはソ・ジソブと一瞬でも、早く会うために上海空港まで迎えに来て
その一帯が人だかりを成した。ソ・ジソブが到着した後、集まった多くの人のために
空港が、一時麻痺するハプニングが起きたという裏話がある。

ソ・ジソブは、複雑な状況にもかかわらず、自分に会うためにずっと待ってくれたファンの
一人、一人と目を合わせて挨拶を交わそうと努力をするなど心をたっぷり込めた温かい
「ファンの愛」で声援に応えた。

一方、ソ・ジソブは先月25日と2日、それぞれ、台湾、中国・上海で大成功に終えた
「2015アジアファンミーティング」に続き、28日と30日、日本でも1年ぶりにファンと
再会する予定である。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2015-07-31

キキは猫であるだそうです!?

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2015-07-24

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「僕はラッパー、ソガンジ」ソ・ジソブ、出国時のセンス

ソ·ジソブが台湾で開催されるファンミーティングのため、
24日、仁川空港を経由出国した。

この日出国場に現した姿はソ·ジソブはすっきりとした白いシャツと
黒ジーンズでおしゃれにした。 Fedoraのサングラスでポイントを与えた様子であった。



※スタッフより
今年もジソブさんのファンミーティングが始まりました!
8月に日本で会うのを楽しみにして待ちましょう!
ジソブさん!台湾の公演も頑張ってください。

ジソブさんの出国の時の写真は下記のリンクから確認ください★



>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2015-07-22

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジソブさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ラッパーソガンジ、俳優ソ・ジソブのもう一つの名前



©51k

俳優ソ・ジソブがラッパーに変身、ヒップホップ情熱を吐き出した。
着実にヒップホップ音楽を披露するソ・ジソブをもうラッパーソガンジと呼ぶべきのようだ。

ソ・ジソブは22日午後12時、いろんな音楽サイトを通じて
『ソガンジ(SO GANZI)』のホワイトとブラックのバージョンの音源を公開した。

タイトル曲のブラックバージョンはソ・ジソブのヒップホップの仲間である
ソウルダイブのNuckのイントロで火ぶたを切った。
続いてソ・ジソブは「I know 僕もラップをするのは、僕の足の甲を刺す斧。
演技生活とは何の関係もない僕の継ぎ目」という彼の話をラップで吐き出した。

続いて「そう、また僕は情熱を燃やして燃えた、ラップを聞いて楽しみながら学ぶ俳優」
というのライムで意味のあるメッセージを伝えた。

昨年6月に『18 YEARS』を通じてヒップホップアルバムをリリースしたことがあるソ・ジソブは
着実にラッパーとして変身を図っている。
すでに最高の俳優で位置づけたソ・ジソブはヒップホップへの情熱を離さず安住していない。
驚異的なラップの実力を誇るわけではないが、生きているチャレンジ精神と歌詞の中の俳優ソ・ジソプとしての
深い省察が溶けている音楽であるため耳を傾けるようにする力がある。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。


221〜240/320件  ←←先頭へ  ←前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  次へ→  最後へ→→