INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2014-06-06

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、
輝く成長・変化の演技の秘訣は「正攻法」


KBS 2TV月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の中の
カン・ジファンの演技正攻法が光を放っている。

一般的に「俳優は演技で勝負し、ドラマは物語で成功しなければならない」と言う。
その意味で『BIG MAN(仮)』は、両方を満足させ、毎回視聴者たちの熱い話題として浮上している。
そしてその中心には、ドラマをより生き生きと作っているカン・ジファン(キム・ジヒョク役)がいる。

先立ってカン・ジファンは「キム・ジヒョクには4段階程度の変化がある」と、
優れたキャラクター分析力を見せた。ドラマが後半部に向かっている今、
カン・ジファンはキム・ジヒョクの状況に応じて細かい部分まで逃さず、
より没入度を倍増させている。

市場のチンピラ人生を生きていたキム・ジヒョク(カン・ジファン)、
うっかりしている間、ヒョンソン家の息子になってしまったキム・ジヒョク、
そして大切な人のために対立して戦っている今まで3段階の変化を経て、
状況に合わせてセリフのトーン、話し方、行動、目つきまで調節することは基本、
スタイリングにも直接参加するなど、キャラクターの吸引力を高めている。

これに最後の『BIG MAN(仮)』として高くそそり立つその日
カン・ジファンが『BIG MAN(仮)』キム・ジヒョクをどのように作り出すのか期待を集めている。

『BIG MAN(仮)』のある関係者は
「カン・ジファンは、人々を引き寄せる力がある俳優として
シナリオの理解はもちろん、キャラクターの吸収力が本当にすごい俳優だから
ドラマをより安定的にリードしているようだ」とし
「今はカン・ジファンではないキム・ジヒョクは想像すらできないほどだ」
と賞賛を惜しまなかった。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-06-04

『チャ刑事』の放送情報を皆さんにお伝えします。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

衛星劇場シアターからジファンさん主演映画『チャ刑事』
日本初放送が決まりましたのでお知らせします。

カン・ジファンが 『7級公務員』の監督と再タッグを組んだ話題作!

人気韓国俳優:カン・ジファン主演で贈るポリス・アクション・コメディ
デブでダサい男性刑事が、捜査のため地獄のようなダイエットに挑む姿を描く
カン・ジファンが実際に12kgに及ぶ体重増量と15kgのダイエットを果たして挑んだ話題作

【放送日程】

7月 4日(金) 後9:00
7月12日(土) 深1:00
7月15日(火) 後7:00
7月27日(日) 後11:00

>>詳しくは衛星劇場シアターをご参照ください。

チャ刑事

  • 2014-06-04

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、
私たちが夢見た真のリーダー


KBS 2TV月火ドラマ『BIG MAN(仮)』がカン・ジファンを介して
暖かい忠告をしている。

市場でのどん底生活を転々とし、いつも事故ばかり起こしていた
キム・ジヒョク(カン・ジファン)は、いつしか誰かの夢になり、希望になっていた。
12話でジヒョクはチョ・ファス(チャン・ハンソン)会長を
日陰から日向に導いてあげる希望となり、
市場の人々は「この市場の底からの龍が生まれたと言う話を一度聞いてみよう」と、
力のない庶民の夢になっていた。

これまでジヒョクは事故で死んだ非正規職員の家族に自分の給料をさっと渡したり、
社長という高い役職にもかかわらず直接市場の商人を自任して全身でぶつかって
商人たちを説得することはもちろん、人ほど大切なものはないという彼の信念一つで
敵だった人にまで手を差し出した。

このように『BIG MAN(仮)』は、何も持ったことがない一人の男が、
大切な人のために巨大な権力と対立して戦う話で、真のリーダー像の話題を絶えず投げている。
特に、去る11話では、人が先という確固たる信念のジヒョクが自分の部下をハエのように考える
ドンソク(チェ・ダニエル)の残忍さと克明な対比を成して私たちが望むリーダー像の意味を再確認した。

人々は誰もが不条理な世界と堂々と対抗して戦ってくれる『BIG MAN(仮)』を夢見ている。
お金があれば何でも出来るという世の中に「人より先にあるものはない」という
ジヒョクの心強い動きは、我々が夢見てきた理想を投影し、さらに熱狂させている。
周りでよく見ることができて親近感まで感じられるキム・ジヒョクの歩みは、
もっと胸をときめかせて心を騒がせる。
何よりも自分を利用した者に対抗して復讐を行うのではなく、
大切な人のために、弱者のために先頭に立って巨人兵士に立ち向かって戦い、
その過程を通じて、温かさまでプレゼントしている『BIG MAN(仮)』は、
他のドラマとは軌道を異にしており、より一層意味が深い。
これは、放映終了まであと4話を残した今、『BIG MAN(仮)』として成長していくキム・ジヒョクに
私達がより一層期待を抱く理由となっている。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-06-03

『BIG MAN(仮)』撮影現場のジファンさんの姿を
皆さんにご紹介します!

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-06-02

ドラマ「BIG MAN」クランクアップ記念
ファンイベントお申込みに関してのお知らせです。

KANGSTARの皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ドラマ「BIG MAN」クランクアップ記念 ファンイベントお申込みに関してお知らせいたします。

<ドラマ「BIG MAN」クランクアップ記念 カン・ジファン ファンイベント公式参加ツアー>

【旅行期間】2014年7月5日(土)〜7月7日(月) 2泊3日 (イベント日:7月6日(日))

【募集期間】2014年6月3日(火)12:00〜2014年6月9日(月)20:00

【ツアーポイント】
1.『BIG MAN(仮)』のクランクアップを記念した日本からの公式ツアー!
2.ジファンさんと一緒にドラマのメーキング&ハイライト映像を鑑賞
3.ドラマのロケ地見学
4.ジファンさんとツアー参加者全員のツーショット撮影会!!(写真は1人1枚付)
5.ジファンさんによるツアー参加者全員との握手会!!
6.ジファンさんがトークショーでドラマ秘話を語ります!
7.ジファンさんと一緒にゲーム大会
8.ホテルバンケットルームでのディナー1回付
9.参加者全員にスペシャルプレゼント付き

>>ツアー詳細・お申込みはこちら

  • 2014-05-30

『BIG MAN(仮)』撮影現場のジファンさんの姿を
皆さんにご紹介します!

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-05-29

ジファンさんの最新動画を皆さんにご紹介します。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-05-29

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファン、
「分かっているけどスッキリする物語、それが強みだ」


俳優カン・ジファンがKBS2月火ミニシリーズ『BIG MAN(仮)』に対する愛情を誇示した。

カン・ジファンは27日午後1時頃、京畿道安城に位置する
ウリ映像アートセンターで開かれた『BIG MAN(仮)』の記者懇談会に出席した。

カン・ジファンは 「率直に後が分かりきっているドラマだ。それでも見るというのが魅力である。
すべての俳優たちがまず自分のキャラクターに対する理解力、演技力が良くて
基本をよくやっている。そして、リーダーという物語、
最近の社会の雰囲気にかみ合って明快に打ち明ける
何かを代弁してくれる部分が長所であるようだ」と話した。

続いて、「ストーリーは憎しみではなく、怒りだ。
腹が立つのだ。私の周りの人々を守るために何も持ってない人が
どのように勝つか、それも最も現実的な方法で。
そのような部分を見ているのが興味深いだろう」と説明した。

『BIG MAN(仮)』は、9話で初めて視聴率二桁を超えて、
後退したKBS月火テレビ劇場に活力を吹き込んでいる。
カン・ジファンは
「既存のドラマに比べると10%を超えたからと言って実質的に視聴率がとても高いとは言えない。
一般の方々は、「このぐらいでどうしてそんなに喜ぶ?」と思うかも知れないが、
私たちの立場では嬉しかった。良くない状況で始めたので格別に感じられるのは事実だ。
みんな最善を尽くした結果だと思うし、正攻法が通じるということが分かった。
俳優は演技で勝負してドラマは物語で成功しなければならないということを
見せてくれた作品であるようだ」と所感を明らかにした。

『BIG MAN(仮)』はカン・ジファンとチェ・ダニエルの吸引力の高い演技と
イ・ダヒ、チョン・ソミン、ユン・ソフイなど女優たちの輝く存在感が調和して
視聴者たちの間で好評が続いている。
また、しっかりとした構造の中に興味深い話がスピーディーに展開され、
月火ドラマの強者として浮上している。
孤児として生まれ、三流人生を生きていたキム・ジヒョク(カン・ジファン)の
話を描く作品で、真面目な熱血青年として生きていたキム・ジヒョクが
彼の心臓だけを狙ったヒョンソングループ一家の策略に巻き込まれて、
偽の家族を抱いて、複数と成功の一代記を見せている。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-05-28

『BIG MAN(仮)』撮影現場のジファンさんの写真を
皆さんにご紹介します。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2014-05-28

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファンの感情演技は断然「A+」

KBS月火ドラマ『BIG MAN(仮)』のカン・ジファン(キム・ジヒョク役)の
感情演技が驚くほどいい。怒り、脱力、嗚咽、激情、悲しみ、苦笑いなど、
感情の死角地帯に見せてくれる感情演技は「A+」を与えるに値する。
極限の没入で演技の限界を超えたカン・ジファンの演技にハマるしかない。
カン・ジファンの演技が、これほどとは知らなかった。

8話でカン・ジファン(キム・ジヒョク役)は、
感情が極端に突き進んだときに見ることができる切々たる不気味な演技を
場面ごとに披露し、彼の優れた演技力を誇示した。
感情をそのまま移したような顔の表情と目つき、激昂した声と
彼の行動は演技するカン・ジファンではなく、あまりにも愛していた家族に
裏切られた、そして一瞬にして家族を失ったキム・ジヒョクそのままの姿だった。

劇中キム・ジヒョクの表情には、自分をだました人たちへの怒りだけでなく、
言葉では表現できない濃厚な悲しみが敷かれており、視聴者の心を痛くした。

カン・ジファンはキム・ジヒョクという人物が感じるヒョンソン家に対する願望、
大切な家族を失った悲しみとむなしさ、
そのような中でも、大切な人であるソ・ミラ(イ・ダヒ)を守ろうとする
激情の戦いなど極度に過熱された状態で吹き出てくる数々の感情を
一話ですべて表現して言葉で表現出来ない切なさで見る人々をさらに切なくした。

特に、前話を通じてカン・ジファンが、キャラクターの感情線とシーンを理解する能力が
どれだけ優れた俳優なのかを再立証してこれから見せてくれる演技に対する
期待感を高めている。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-05-27

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
限界のないカン・ジファン、弾力を受けた『BIG MAN(仮)』

ゴミと呼ばれた男カン・ジファンが
真の大韓民国のリーダー、「BIG MAN」を夢見る。
自分を無視して利用していた人々に痛快な復讐を開始しようとする
カン・ジファンは、名分も力も十分になった。

去る26日放送されたKBS 2TV月火ドラマ『BIG MAN(仮)』では
キム・ジヒョク(カン・ジファン)が「悪党」と呼ばれる男、
チョ・ファス会長(チャン・ハンソン)と手を取り合って
ヒョンソングループの前に対等な位置に立つ姿が描かれた。

<中略>
特に『BIG MAN(仮)』の迅速な展開を可能にする
俳優カン・ジファンの力に驚かされる。

カン・ジファンは大きく傷ついて不安症状に震えるジヒョクの心情を切々と描き出した。
いっそ死んだものとしてくれというセリフをしながら
不安な視線処理に全身を震えるカン・ジファンの熱演は、
視聴者の涙腺を刺激した。
そんな彼が市場の人々の現実を目の前にして、
怒りに満ちた時には、過酷な野性味が感じられる制御不可能なモンスターの姿に
具現され、カン・ジファンの画面掌握力を立証した。
彼が野球のバットを持って裸足で到着したヒョンソングループは
首を精一杯折っても目に入らない巨大な規模を誇示し、
カン・ジファンは、生身のジヒョクが感じる恐怖、
また、彼が復讐のために冷静になる必要があることを
セリフなしですべて表現した。

カン・ジファンは『BIG MAN(仮)』で頻繁に登場する過激なアクションシーンを
上手に消化してリアリティーを生かしている。
作品序盤からカーアクションをはじめとする様々なアクションシーンを
直接消化するカン・ジファンの熱演は、現場の雰囲気を盛り上げる役割を
果たしているという話だ。
今『BIG MAN(仮)』はカン・ジファンが三流チンピラ、弱者の立場からさらに成長し、
巨大グループと対立して復讐していく本当の話が残っている。
限界のない演技を見せてくれるカン・ジファンが引っ張っていく『BIG MAN(仮)』が、
本格的な復讐劇に突入してどのような展開を見せるの関心が集まっている。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-05-26

『BIG MAN』放送終了記念韓国イベントに関してのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

韓国事務所CHOEUN COMPANYからのお知らせです。

****************************************************

2014 ドラマ『BIG MAN』放送終了記念として
韓国でカン・ジファンファンミーティングを開催します!

日時:2014年7月6日(日) 午後5時
場所:後ほどお知らせ
特典:後ほどお知らせ

****************************************************

詳細に関しては韓国事務所から連絡がありましたら
告知致しますので、今しばらくお待ちください。

  • 2014-05-22

『BIG MAN(仮)』撮影応援企画の報告です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

『BIG MAN(仮)』撮影応援企画に関してご報告です。

5月20日、ファンクラブスタッフが
皆さまからいただいた差し入れを『BIG MAN(仮)』撮影現場にお届けしました。













撮影が延びて、夜中1時ごろに夜食の時間になりました。
皆さまからいただいたお菓子やドリンクカー、軽食などを準備して
共演者や撮影スタッフを含め約70人でいただきました。
ジファンさんをはじめ、皆さんがとても喜んでいました。

差し入れは量がとても多かったので、ジファンさんの事務所が管理しながら
何回かに分けて、撮影現場にお届けします。

後日、ジファンさんからのお礼メッセージも公開いたします。
お楽しみに〜!!

  • 2014-05-20

『BIG MAN(仮)』撮影応援企画の報告です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。


『BIG MAN(仮)』撮影応援企画に関してご報告です。


5月16日(金)までに皆さまから
本当にたくさんの差し入れをお送りいただきました。
ありがとうございました。

ファンクラブスタッフが直接、韓国に持っていきましたが、
差し入れだけで、なんと約100kg!!!
もちろん、直接持っていけない分もたくさんありましたので
国際郵便でも送りました!

皆さまからの差し入れは、本日、
ファンクラブスタッフが撮影現場にお届けします。
その様子は、また報告しますね!

引き続き、『BIG MAN(仮)』、ジファンさんへの
温かい応援をよろしくお願いします!

  • 2014-05-19

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので 皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン、 「キスシーン撮影前、
舌の下にキャンディー入れておく」

俳優カン・ジファンがキスシーンを準備する秘法を公開した。

3日放送されたKBS2『演芸街中継』では
KBS2月火ドラマ『BIG MAN(仮)』でキム・ジヒョク役を引き受けた
カン・ジファンとのゲリラデートを込めた。

『BIG MAN(仮)』を選択した理由について、
「シノップのメインコピーに<俺の恋しがった家族は、俺の心臓だけを求めた>
というフレーズが心にピンと来た」と伝えた。

直接小道具を用意することで有名なカン・ジファンは
「『BIG MAN(仮)』では、パッチを使ってキャラクターを間接的に表現している」
と伝えた。

また、カン・ジファンはスタイルの秘法について
「撮影のための体が別にある。休みの間は、お腹も出る」
と率直な姿を現わした。
肩が最も自信があるというカン・ジファンは
「モムチャンブームに沸いたときに他の人と競争するのが大変だった。
だから、特殊な部位を育てようという考えで肩の演技を熱心にした」
と肩をこっそり公開した。

続いてカン・ジファンはキスシーン準備の鉄則について、
「いったん断食をして、いちごガムとキャンディーの中から慎重に選択する。
事前に舌の下にキャンディーやガムを入れておいて
キスするタイミングで、舌の上にのせると、
ほのかな香りを出す」と答えた。

遠くから撮るフルショットでも本当にキスをするのかという質問に
カン・ジファンは「したいからする。
彼女がいないときにはするチャンスがなかなかない。
強引にするのではなく、仕事のためにするので」
と話して笑いを誘った。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-05-16

『お金の化身』DVD発売のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。


カン・ジファンさん主演『お金の化身』DVDの発売が決定しました。


『ジャイアント』製作スタッフ×カン・ジファンが贈る 新感覚エンタテインメント復讐劇!


(C)SBS
※ジャケットは仮のものとなります。

【セルDVD 】
●8月5日:DVD-BOX1
●8月20日:DVD-BOX2
価格:DVD-BOX 各22,800円(税抜)+税/本編6枚組+特典映像
【封入特典】ブックレット、ポストカード(予定)
【特典映像】あり(内容未定) ※収録内容は各BOXで異なります


【レンタルDVD】
●8月5日 第1巻〜第6巻 リリース
●8月20日 第7巻〜第12巻 リリース
 ※各巻2話収録/全12巻

発売元:ポニーキャニオン/松竹ブロードキャスティング/博報堂DYメディアパートナーズ
販売元:ポニーキャニオン

『お金の化身』DVDサイトはこちら

  • 2014-05-16

『BIG MAN(仮)』の撮影応援企画の差し入れ募集は締切です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

本日、5月16日
『BIG MAN(仮)』の撮影応援企画の差し入れ募集は締切です。
多くの方にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

皆さまからお送りいただいた差し入れは、
ファンクラブスタッフが撮影現場にお届けいたします。
お届けしましたら、ファンクラブサイトでご報告します。

まだまだドラマの撮影は続きますので
引き続き、ジファンさんへの温かいご声援よろしくお願いいたします。

  • 2014-05-15

『BIG MAN(仮)』は大企業の人々が、
ただ自身の家族のためだけに犯した悪質で不正な姿を描いている。
お金と権力があれば何とでもなると考える彼らに庶民の人生と存在は何の価値もない、
ただ彼ら自身だけのために存在する道具程度にしか思わない。

だが、キム・ジヒョク(カン・ジファン)は大企業の人々の陰謀と計略に対抗して
一般庶民の姿と大きく異ならない自分だけのスタイルで勝ち抜く。
無知に見えてもしっかりと裁いていく彼の姿は
あえて大企業に対抗してみるという考えができなかった視聴者たちに
代理満足を通したカタルシスをプレゼントする。

どん底人生で何も学ばずに育ってきたが、
自身が愛する家族のためにどんな状況も
簡単に放棄せずでがむしゃらに生きてきたキム・ジヒョクに
単純に男版シンデレラでない庶民の姿が見られて視聴者たちが
より一層共感して没頭することができるようになる。

持っているものがなくて無力だが、がむしゃらに生きている庶民の姿と心、
立場を代弁しているキム・ジヒョク、
ここにカン・ジファンの優れた演技力と硬い構成、
そしてドラマに濃厚に敷かれている社会風刺的内容が
加わって発生させるシナジーが視聴者たちをひきつけた。

また、少しは重くなる話に
愉快さとコミック的な要素を適切に織り交ぜ
おもしろく解いていく点がこのドラマが上昇曲線を走って行ける力になっている。
これに対し、今後繰り広げられるドラマのストーリーは
どんな風刺とユーモアを通じて話を解いていくのか期待感を加えている。

  • 2014-05-15

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『演芸街中継』カン・ジファン、
「キム・スヒョン、チョン姉妹の写真をキャプチャして
マネージャーの番号で設定」


俳優カン・ジファンがきれいな女性芸能人たちの写真を
キャプチャすると告白した。

3日午後放送されたKBS 2TV『演芸街中継』では
新しい月火ドラマ『BIG MAN(仮)』の主人公カン・ジファンの
インタビューが電波に乗った。

この日カン・ジファンは
「ネットサーフィンをしてきれいな女性芸能人みると、
キャプチャする」とし、「最も多く電話するマネージャーの番号に
『アベンジャース』のキム・スヒョンさんの8等身写真が出るように
設定しておいた。また、クリスタルとジェシカのチョン姉妹の写真は、
スタイリストにしておいた」と明らかにした。

続いて、「そうすれば、受けたくない電話が来ても気持ちがいい」
と付け加えて笑いを誘った。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2014-05-14

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『BIG MAN(仮)』カン・ジファンの力は演技トーンから出てくる

KBS月火ドラマ『BIG MAN(仮)』でカン・ジファンは
2回だけで多くのことを見せてくれて視線を集中させた。
カン・ジファンを見ると、男が見てもハンサムだと感じがする。
髪を黄色く染めても安っぽくない。
彼のビジュアルイメージの中では「チンピラ」と「紳士」が共存する。

カン・ジファンは「私は紳士の方に近いが極と極の両面のイメージを
持っているのは俳優としての長所だと思う」としながら
「私の演技トーン自体が悪役、善良な役を区別するのではなく、
人生の喜怒哀楽を好むだろう」と述べた。

そのためか、カン・ジファンは『BIG MAN(仮)』で市場で
労働者として苦労して働いてもよく似合うし、2話で突然ヒョンソングループの
系列会社であるヒョンソン流通の社長に指名され、
今後展開する企業のCEOもよく似合う。

孤児として生まれたキム・ジヒョクというキャラクターが
急に家族ができ、財閥家の息子カン・ジヒョクになり、
その財閥家が自分の心臓だけを望んでいることに気付いたときに、
カン・ジファンという俳優が繰り広げる、落差の大きな演技が
今後の視聴ポイントになる見込みだ。

俳優カン・ジファンの力はどこから出てくると思うのか、本人に聞いてみた。
彼は「演技のトーンにあるようだ。私の演技は、FMじゃなくAMである」としながら
「演技を専攻せず、私だけのAM演技がある」と述べた。

続いてカン・ジファンは「殺人犯にも悪い面だけでしょうか?
悪人も「ギャグ番組」を見て泣くこともある」とし
「今回も極と極を行き来しながら、喜怒哀楽を表現すると、
新鮮に感じられそうだ」と予想した。

彼は「演技のノウハウは、特にありませんが、
人々は一つの人格だけを持っているのではない」としながら
「私も事務所にいるとき、友達に会ったとき、私一人でいる時が全部違う。
私にも様々な姿があるようにキャラクターもいろいろなことが共存できると思う。
『快刀ホン・ギルドン』もそのように表現した」とした。

カン・ジファンは「ドラマで復讐劇コードは予想できる場合が多いが、
その中の痛みはすべて異なっている。
太ももを刺された時とお腹を刺された時の痛みが違うように、
『BIG MAN(仮)』の復讐にも違いがある」としながら
「『BIG MAN(仮)』で、私は何も知らずに経済のリーダーになるが、
誰かのリーダーになるためには人をまとめる長所がなければならない。
キム・ジヒョクには暖かい心と純粋な家族愛がある。
キム・ジヒョクは家族に見捨てられ、家族を恋しがる人物である。
一次元的な復讐のドラマとは違う感じだ」と伝えた。


こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

221〜240/463件  ←←先頭へ  ←前へ  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19  次へ→  最後へ→→