INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2016-04-08

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン、初撮影からホジュンキャラクター完成


©JTBC

 
俳優ユン・シユンがテレビ劇場復帰の準備を終えた。
彼は2年の空白がないと思うほどのアップグレード演技を披露した。

8日JTBC『カッとナム・ジョンギ』の後続として放送される
JTBCの新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』側はホジュン役を演じる
ユン・シユンの撮影現場を公開した。

『魔女宝鑑(仮)』は、朝鮮青春物語。
呪いで凍ってしまった心臓を持ち魔女になった悲運の姫ソリと
心の中に怒りの炎を隠した熱血青年ホジュンの愛と成長を描いた
ファンタジー時代劇。
「朝鮮の魔女」という独特の素材に、今までのドラマで披露したことのない
血が沸く「青春」ホジュンのキャラクターを再誕生させ風変りな楽しさをプレゼントする。

公開された写真は、4日、済州島の撮影様子。
ホジュンが劇中、森の中をさまようシーンが盛り込まれている。
軍服務後、2年ぶりの復帰であり、初めての時代劇挑戦で
多くの関心を集めたユン・シユンは一層深くなった目つきと
男性美あふれる成熟した姿を披露した。

ユン・シユンが演じるホジュンは、心の中に怒りの炎を隠した悲運の太陽。
明晰な頭脳と武芸まで兼ね備えた優れた秀才だが庶子という運命に閉じ込められて、
すべてを諦め、遊び人の生活を送っている。
自由な精神の持ち主で助けが必要な人々をほっとけない性格で、
恐怖を乗り越える大胆さも備えてた熱血青年である。
しかし、自分を指差している世の中に痛快な復讐を夢見る血沸く野望も持っている。

男になって戻ってきたユン・シユンは森の中を走り続ける撮影にも
笑いを失うことなく、真剣に撮影に臨んで骨身を惜しまない情熱で
スタッフたちの賞賛を一身に受けたという関係者の話もある。

本格的な撮影に突入したユン・シユンは
「久しぶりに復帰する現場で最初は緊張しましたが、
良いスタッフ、同僚のおかげでリラックスして楽しく撮影に臨むことができた。
良い作品を見せすることができるようで期待が大きい。頑張る」と所感を伝えた。

『魔女宝鑑(仮)』の制作陣は、
「ユン・シユンが演じるホジュンは、無理して社会の枠に合わせて生きていくが
内面の天才性と痛みを隠せない人物である。複雑な人物だからこそ表現が困難な場合がありますが、
2年ぶりに復帰するユン・シユンが最初の撮影から完全に新しいホジュンキャラクターを完成させ、
制作陣を感心させた。彼が見せてくれる演技を期待してもいい」と述べた。

『魔女宝鑑(仮)』は『カッとナム・ジョンギ』の後続で来る5月放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-06

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「軍服の代わりに韓服」ユン・シユン、
こんなにハンサムなホジュンとは



『魔女宝鑑(仮)』撮影中のユン・シユンが捕らえられた。

6日、俳優ユン・シユンの所属事務所 MOA ENTERTAINMENTの
インスタグラムには「撮影中」という文と一緒に
一枚の写真がアップされた。

公開された写真はJTBCの新金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』撮影中のユン・シユンだ。
ユン・シユンは韓服を来ていたずらっ子のようなほほ笑みと一緒に
手でVサインを作っている。

『魔女宝鑑(仮)』はユン・シユンの除隊後、復帰作である。
呪いで凍ってしまった心臓を持つ魔女になった悲運の姫ソリと
心の中に怒りの炎を隠した熱情青年ホジュンの愛と成長を描いた
ファンタジー時代劇だ。
ユン・シユンはホジュン役でソリ役のキム・セロンと呼吸を合わせる。



©MOA ENTERTAINMENT

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-06

『総理と私』の放送情報です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

5月1日(日)からKBS WORLDで、『総理と私』が放送される予定です。
まだご覧になっていない方はぜひチェックしてみてください。


<総理と私>
放送局: KBS WORLD
放送時間: 
 2016年5月1日(日)スタート!
 本放送【土・日】22:55〜深夜00:10
 再放送【土・日】10:45〜12:00


>>番組詳細はこちら

  • 2016-04-04

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-03-31

イベント公式グッズ販売&DVD先行予約販売スタートのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

お待たせしました!
『2016 ユン・シユン 4th ファンミーティング in 東京』の
イベント現場で販売されたイベント公式グッズを
本日15時からFC公認ショップにて販売スタートしました!

そして
DVDの先行予約販売も本日15時からスタートしました!
FC公認ショップとモバイルショップにて購入された方には
イベント生写真5枚をプレゼントします!
生写真プレゼントは5月13日(金)までに購入された方が対象ですので
お早めにご購入ください!

よろしくお願いします。

>>イベント公式グッズはこちら

>>イベントDVD先行予約はこちら

  • 2016-03-31

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン「2年ぶりの復帰、わくわくする」


©JTBC

『魔女宝鑑(仮)』が初の台本リーディングをはじめに
本格的な航海に突入した。

新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』が31日初の台本リーディング現場を公開した。

去る11日ソウル上岩洞JTBビルで進行された『魔女宝鑑(仮)』の初台本リーディングでは
チョ・ヒョンタクPDとヤン・ヒョクムン作家をはじめ、俳優ユン・シユン、キム・セロン、
イ・ソンジェ、ヨム・ジョンア、クァク・シヤン、キム・ヨンエ、ユン・ボクイン、
チョ・ダルファン、チャン・ヒジン、ムン・ガヨン、チェ・ソンウォン、イ・イギョンなどが
参加して熱い熱気を発散した。

台本リーディングに先立ち、チョ・ヒョンタクPDは
「素晴らしい俳優たち、良い制作陣と作業が出来て光栄だ」と言って
「皆が集まったのを見たらもう楽しみだ。『魔女宝鑑(仮)』は独特な素材に
スペクタクルとファンタジーを行き来するドラマだ。
新鮮な作品を誕生させ、視聴者たちの記憶に長く残るように最善を尽くす。」
と覚悟を話した。

続いてユン・シユンは
「2年ぶりの復帰なのでとても緊張しているが、
新しいキャラクターをお見せするのでわくわくしている。
良い俳優たちと一緒なので力になる。良い姿をお見せ出来るように
私がもっと頑張る。」と初の台本リーディングの感想を述べた。

ユン・シユンは真剣な姿と図々しさを行き来する演技で
今まで見たことないホジュンのキャラクターを再誕生させた。
空白期間感じさせないもっとアップグレードした演技力は
ユン・シユンに対する信頼度を高めた。
賢い頭脳に武術実力まで備えているが、庶子という運命のせいで
すべてを諦めて徹底的に自分を隠して生きていく人物であるホジュンを
演技する彼は熱血青年ホジュンの魅力を200%引き上げ
歓声を誘い出した。ドンレ役のチェ・ソンウォンとのコミック演技では
現場を笑いの渦に巻き込んだ。

<中略>

一方、『魔女宝鑑(仮)』は呪いで凍った心臓を持つ魔女になった
悲運の姫ソリと心の中に怒りの炎を隠した熱血青年ホジュンの
愛と成長を描いたファンタジー時代劇。
「朝鮮の魔女」という独特な素材に今までのドラマでは見たことのない
熱血「青春」ホジュンのキャラクターを再誕生させ、
色変わりの面白さをプレゼントすると期待を集めている。

来る5月放送。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-03-29

ファンミDVD先行予約&MD商品販売のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

『2016 ユン・シユン 4th ファンミーティング in 東京』
DVDを3月31日(木)15:00からファンクラブ公認ショップ
「韓国再発見」とモバイル公認ショップ「韓流★通」にて先行予約販売予定です。

5月13日(金)までに「韓国再発見」もしくは「韓流★通」で先行予約購入された方には
もれなく生写真5枚をプレゼントいたします!


そして、イベントで販売した公式グッズも
3月31日(木)15:00から「韓国再発見」にて販売予定ですので
イベント当日購入できなかったグッズをぜひチェックしてみてください。

よろしくお願いします。

  • 2016-03-29

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、除隊後初の日本ファンミーティング
「皆さんがいてまた頑張れる」




俳優ユン・シユンが除隊後、初で日本ファンミーティングを開催した。

ユン・シユンは今月始め、韓国ファンミーティングを通じて
除隊後の本格的な公式活動を始め、
去る週末は東京の日比谷公会堂で日本のファンとの再会の時間を持った。

約2年ぶりに日本に訪れたユン・シユンに対する
歓迎の行列は早朝から続いた。
ファンたちは会場の前で写真を撮ったり
心をこめて作った応援道具を振るなど各自の方法で彼の復帰を応援した。

こんなファンの心に答えるよう「会いたかった」という歌で
ファンミを開始したユン・シユンは映像、ゲーム、願いを叶えてあげるなど
いろいろなコーナーでファンと呼吸した。

ファンミーティングを終えたユン・シユンは
「長い空白の間でもいつも見守ってくださった皆さんがいて
こうやってまた頑張ることが出来ます。これからも素敵な活動で
その声援に答えるようにします」と感想を話した。

去る1月末、海兵隊を除隊したユン・シユンは復帰作として
JTBCの新金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』を選択した。

来る5月放送予定。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-03-28

皆さん、本当にありがとうございます。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

『2016 ユン・シユン 4th ファンミーティング in 東京』へ
たくさんの方にお越しいただきまして
誠にありがとうございました。

昨日、昼便でシユンさんは無事に帰国されました。

日本で皆さんと会うのは
2013年12月の3rdファンミーティング以来でしたので
始まる前、シユンさんはとても緊張していましたが
皆さんの熱い応援にとても感動し
一生懸命、準備したものを披露していました。

久しぶりに会うシユンさんはどうでしたか?
皆さん、楽しめましたか?

シユンさんの願いのようにまた近いうちに
日本で会えることを期待しながら
韓国での撮影に頑張るシユンさんに
引き続き、応援よろしくお願いいたします。


オフィシャルファンクラブスタッフ一同

  • 2016-03-22

シユンさんの来日に関してお伝えします。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユンさんの来日に関してお伝えします。

3月25日(金)羽田国際空港に午前到着の便で来日予定です。

お迎えをされる方は係員の指示に従い、マナーを守って
お迎え頂きますようお願いします。
また、空港ご利用のお客様のご迷惑にならないよう
到着予定時刻より早めにお集まりになる事はご遠慮ください。

当日の写真撮影及び大声での声援は禁止とさせていただきます。
ご了承下さい。
また、屋外でのお迎えはできません。
屋内のみとなりますので、皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

  • 2016-03-15

写真パネルの予約受付が終了いたしました。
写真パネルサイン会に関していくつかお問い合わせにお答え致します。

皆さま、こんにちは。
ユン・シユン ファンミーティング実行委員会です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

3/15(火)18時をもちまして
写真パネルの予約受付が終了いたしました。

ご予約いただいた方には
お支払いに関するメールをお送りしましたので
ご確認の上、期日内にお振り込みをお願いいたします。

また、写真パネルサイン会に関していくつかお問い合わせがありましたが
写真パネルサイン会は、ファンミーティングと握手会終了後に、
舞台上にて行う予定です。
予めご了承ください。

よろしくお願いいたします。

  • 2016-03-10

シユンさん所属事務所変更のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

シユンさんの新しい所属事務所が決定しました。
所属事務所は「MOA ENTERTAINMET」となります。

所属事務所変更に伴い
ファンレター送付先が以下のように変更になりました。


*****************************************************
<ハングル表記>
Zipcode 06069
서울 강남구 선릉로 704 청담빌딩 12층 1294-1호
모아 엔터테인먼트

<英語表記>
Zipcode 06069
#1294-1, 12F Cheongdam Bld, 704, Seolleung-ro,
Gangnam-gu, Seoul, Korea
MOA ENTERTAINMET
*****************************************************


よろしくお願いします。

  • 2016-03-08

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、キム・セロン
『魔女宝鑑(仮)』出演確定…5月初放送





俳優ユン・シユン、キム・セロンがJTBC新しい金土ドラマ
『魔女宝鑑(仮)』で呼吸を合わせる。

JTBC側今日(8日)「『ウクシナムジョンギ』の後続で
5月初放送される『魔女宝鑑(仮)』の男女主人公で
ユン・シユン、キム・セロンを確定した」と明らかにした。

ファンタジー史劇『魔女宝鑑(仮)』は呪いで
凍りついた心を持ち、白髪魔女になった悲運の姫、ソリと
心の中に炎を隠した熱血青春ホジュンの愛と成長を描く。

海兵隊服務を終えて2年ぶりにテレビ劇場に復帰するユン・シユンは、
悲運の太陽のホジュン役で生涯初の時代劇に挑戦する。
明晰な頭脳に武芸まで優れていた才能をもつ秀才として生まれたが、
庶子という運命に閉じ込められて、すべてを諦めた人物。

凍りついた心を持つ「朝鮮の魔女」ソリ役には
キム・セロンが指名された。
キム・セロンは、呪いを受けて捨てられるが、
心だけは暖かい姫から冷たい心を持った白髪魔女に変貌する
極と極のキャラクターを引き受けて演技変身を披露する。

最後のキャスティング作業に真っ最中の『魔女宝鑑(仮)』は
『メイドたち』のチョ・ヒョンタクPDが演出を務める。
『マダムアントワーヌ』、『ウクシナムジョンギ』後続で来る5月放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-03-08

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-02-15

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-01-29

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「除隊」ユン・シユン「私の味方だったファンに感謝」


俳優ユン・シユンが本当の男になって帰ってきた。

OBS「ユニークな芸能ニュース」は27日、民間人に戻った
俳優ユン・シユンの除隊現場をカメラに収めた。

過去2014年4月、サプライズ入隊で話題を起こしたユン・シユン。
彼はシチュエーションコメディ『明日に向かってハイキック』でデビュー、
続いてドラマ『製パン王キム・タック』で一躍スターダムに上がった。

以後テレビ劇場とスクリーンを行き来しながら全盛期を送ったユン・シユンは
静かに入隊した上に海兵隊に志願したという事実まで明らかにされ、
多くの大衆から拍手を受けた。

そのようなユン・シユンが、最終的に27日午前、仁川広域市西区の海兵隊2師団で満期除隊をした。

ユン・シユンは
「軍人から再び民間人の身分になった。
このように忘れずに来てくださってとても感謝している」と所感を明らかにした。

上陸軍通信運用兵として忙しく過ごした21ヶ月、どのように過ごしたのか気になる。

ユン・シユンは
「感嘆ではなかった。本当に簡単ではなかったが、ファンや仲間がいて。
何をしても私の味方になってくれて、守ってくれた私の味方がいて、
2年という時間を過ごすことができた」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と動画がご覧いただけます。

  • 2016-01-25

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-01-15

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「イケメン予備役」が戻って来る

三十を越えた「予備役」の誕生である。
丙申年の新年に除隊を控えたスターたちの話だ。
長いと言ったら長く短いと言ったら短い約21ヶ月の軍服務を終えて
社会に復帰する。

最初の除隊申告者は軍で三十を迎えた俳優ユン・シユンである。
2014年4月、慶尚北道浦項の海兵隊訓練所を介して入所したユン・シユンは
来る27日満期除隊をする。
入隊当時、海兵隊を支援した事実さえ秘密にしたン・シユンは
子供の頃からの「水恐怖症」を克服し、
2016年、初の除隊スターとして名を上げる。

所属事務所は
「除隊まで数日残った状態だ。
いくつかの作品で出演提案を受けて復帰作を検討している。
除隊して、良い作品があればなるべく早く復帰する予定だ」と述べた。

2009年MBCシチュエーションコメディ『明日に向かってハイキック』で
デビューしたユン・シユンは翌年『製パン王キム・タック』を介して
一躍スターダムに上がった。
以降は『私も、花!』、『となりの美男<イケメン>』、『総理と私』などに出演した。
除隊を100日ほど控えた昨年11月には、自分と長い間一緒に過ごしたマネージャーの
結婚式の司会を受け、格別な義理を誇示している。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-01-05

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-01-05

シユン君除隊お迎えツアーの追加募集をスタートしました!

皆さん、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

本日(5日) 16時より
シユン君除隊お迎えツアーの追加募集をスタートしました!

『シユン君除隊お迎えツアー』

<募集期間>
〜2016年1月11日(月・祝)23:59

<ツアー日程>
2016年1月26日(火)〜2016年1月28日(木) 2泊3日

※お迎えは1月27日(水)になります。
※お迎え場所はソウルではなく、兵役中の場所になります。
 専用バスに乗って、ホテルから移動いたします。

<ツアー料金>
63,800円〜74,800円

最終募集となりますので、
まだ迷っていいる方はお見逃しなく!!

>>ツアー詳細&募集ページはこちら

201〜220/540件  ←←先頭へ  ←前へ  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18  次へ→  最後へ→→