INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2016-05-09

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユンvsグァク・シヤン、
極と極の胸をキュンとさせる男達




©JTBC

『魔女宝鑑(仮)』のユン・シユンとグァク・シヤンが
極と極の魅力を発散する予定だ。

9日JTBCの新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』側は
ユン・シユンとグァク・シヤンの乗馬追撃シーン撮影現場の写真を公開した。

写真の中の悲運の天才ホジュン役のユン・シユンと
朝鮮版イケメン従事官プンヨン役のグァク・シヤンが
優れたビジュアルで注目をひきつける。
馬に乗ったユン・シユンはカッ(帽子)を後ろにして
ジェントルながらも鋭い姿を見せている。
グァク・シヤンは真面目な姿で目を引く。

特に馬に乗って緊迫な表情で走るユン・シユンと
後を追うグァク・シヤンの姿で二人の関係に対する関心を集める。

『魔女宝鑑(仮)』の制作陣は、
「二人は初めての時代劇への挑戦にもかかわらず、
没入度の高い演技で厚い信頼を受けている」と期待感を伝えた。

一方、『魔女宝鑑(仮)』は、来る13日初放送される。


>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-27

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン、キム・セロン
ときめく初の出会いキャッチ「ケミ爆発」




©JTBC

俳優ユン・シユンとキム・セロンの初の出会いがキャッチされた。

JTBCの新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』側は27日
ユン・シユンとキム・セロンの初の出会いの写真を公開した。

公開された写真は、3月30日の慶州撮影でキャッチされた
ユン・シユンとキム・セロンの姿で悲運の天才ホジュンと
朝鮮の魔女ヨンヒ(ソリ)の運命的な出会いが収められている。

ユン・シユンが演じるホジュンは、明晰な頭脳に武芸まで優れていて
秀才だが、庶子という運命に閉じ込められて、すべてを諦め、
遊び人の生活で徹底的に自分を隠して生きていく人物である。
ヨンヒは誰も愛せない冷たい心を持った人物であり、呪いを受けて魔女になった
悲運の姫で暖かさと冷たさを行き来する神秘的な魅力を発散する予定である。

腹違いの兄ホオク(チョ・ダルファン)との賭けのために
呪われた幽霊が住んでいるという黒森に足を踏み入れたホジュンが
そこに住んでいるヨンヒと会うことになるが、呪いにかかって結界の外に
一歩も出れないヨンヒがホジュンに柿を取ってくれとお願いしながら縁が始まる。
ヨンヒには兄であるプンヨン(クァク・シヤン)以外で初めて話をした男がホジュン。

ユン・シユンとキム・セロンは、警戒しながらもなぜか分からない同質感を感じて、
お互いに近寄るホジュンとヨンヒを緊張感の中、ときめく目で表現した。

『魔女宝鑑(仮)』の制作陣は、
「ユン・シユンとキム・セロンが最高の呼吸と最強のビジュアルで最強ケミを誇っている」とし
「ホジュンとヨンヒは明るい姿の中に悲しみを隠している人物のうえ、
ドラマが進むにつれ、多くの変化を迎えるため、容易ではないキャラクターなのに
二人の俳優が繊細な演技で表現しており、期待が大きい。
ビジュアルから演技まで最高のケミをお見せすると確信している」と伝えた。

一方、『魔女宝鑑(仮)』は来る5月13日午後8時30分に初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-25

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』ユン・シユン、Hutos 着ぐるみ着て初登場「期待満点」

※Hutos: 韓国の子供向けTV番組のキャラクター




俳優ユン・シユンがHutosの着ぐるみを着て初登場を予告した。

24日放送されたKBS2TV『ハッピーサンデー - 1泊2日シーズン3』は、
ハン・ヒョジュがゲストで出演して済州島修学旅行特集で飾られた。

この日ハン・ヒョジュの再出演契約書の作成で放送が終わり、
同時に次の週の放送予告編がこっそり公開された。

来る1日の放送では、先週、新しいメンバーとして合流すると知られている
ユン・シユンが初登場する予定。
予告編でユン・シユンはHutosの着ぐるみを着て、
メンバーたちの前に登場していた。

メンバーたちは新しいメンバーの正体について疑問に思い、
木の後ろに隠れてから出てくるHutosを見て大爆笑した様子だった。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-22

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』PD「ユン・シユン初撮影、面白い場面があった」


俳優ユン・シユンがKBS2『ハッピーサンデー-1泊2日』の
新しいメンバーで合流、15日初撮影をして、
その雰囲気が関心を集めている。

『1泊2日』ユ・ホジンPDは17日、
TVレポートとの電話インタビューで、
「雰囲気は悪くなかった」とユン・シユンとの
最初の撮影の雰囲気を言及した。

既存のメンバーが面白く先輩風を吹かすだろうと予想されたが、
ユPDは「面白く先輩風を吹かせた」とし
「メンバーが2年間『1泊2日』をやってきた
先輩たちなので除隊が近い兵長の感じだったら、
ユン・シユンは軍気いっぱいの一等兵のようだった」と例えた。

同年代のチョン・ジュニョンとユン・シユンの最初の出会いでも、
彼は「ユン・シユンのが3歳上だからチョン・ジュニョンも丁寧だった。
詳細は、放送を通じて確認してみれば分かる」と伝えた。

ユン・シユンは『1泊2日』の制作陣から出演交渉を受けて出演を決心した。
ユン・シユンを新しいメンバーにキャスティングした理由について
ユ・ホジンPDは「バラエティの出演が以前にもあったが、時期的に結構時間がたったし、
周辺の評価などを総合して見たときの親和性があるという気がして交渉することになった」
と説明した。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-21

ラジオに初出演したシユンさんの様子をご紹介します。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-04-21

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン、キム・セロン
ポスターだけで完璧ケミ立証



『魔女宝鑑(仮)』が強烈なキャラクター別のポスターを公開して
視聴者たちを魅了している。




JTBCの新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』は21日、
ユン・シユン、キム・セロン、イ・ソンジェ、ヨム・ジョンア、グァク・シヤンの
キャラクターが込められたティーザーポスターを公開した。

明晰な頭脳に芸術的感覚、武術の実力まで兼ね備えた秀才で生まれたが、
庶子という現実にすべてを諦め、人々に非難される遊び人として
自分自身を徹底的に隠して生きていく悲運の天才ホジュンを演じるユン・シユンは、
男性的なカリスマの中、悲壮美ある目つきで熱血青年ホジュンを表現した。
「生まれた理由、あなたに出会い見つけた」という文句は、
庶子ホジュンの現実を表現すると同時に、彼を変えるソリとの出会いを期待できる。

<中略>

去る15日夢幻的で神秘的な雰囲気を表わした1次ティーザー映像を公開したら、
各種ポータルサイトリアルタイム検索語を掌握し、期待作であることを立証した
『魔女宝鑑(仮)』は、キャラクターに完全憑依したキャラクターポスターを公開して
話題の中心に立った。
色味から格別に神秘的で幻想的なビジュアルと写真でも感じられる
5人の俳優の演技力、新鮮なキャラクターの説明まで加わり
『魔女宝鑑(仮)』の予備視聴者の期待感は一段と高まっている。

特にポスターに使用された『魔女宝鑑(仮)』のタイトルのカリグラフィーは、
ホジュンの異母兄弟ホオク役で出演する俳優チョ・ダルファンが直接書いた。
チョ・ダルファンは、様々なドラマ、映画のロゴデザインはもちろん、
大企業とのコラボで進行するカリグラフィー作家としても活動中であり、
作品を集めて個展を開いたりもした。
チョ・ダルファンのカリグラフィーは、『魔女宝鑑(仮)』に芸術的感覚と重みを加えた。

『魔女宝鑑(仮)』の関係者は、
「朝鮮魔女という説話的素材とホジュンの若い頃という作家の想像力が出会った
ファンタジー『魔女宝鑑(仮)』が持つ新鮮で神秘的な魅力が俳優たちの
名演技に力づけられて生き生きと存続している。
完成度はもちろん、『魔女宝鑑(仮)』ならではの独特の味が生きるドラマになるだろう」
と期待を頼んだ。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-21

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「演技、バラエティ、ラジオ、
ファンの会いたい心に恩返し」





俳優ユン・シユンがファンに向けての心を表した。

20日SBSパワーFM『イ・グクジュのヤングストリート』では
俳優ユン・シユンがゲストで出演した。
去る1月除隊したユン・シユンが初めて出演したラジオだ。

ユン・シユンはこの日
「2年間、仕事が本当にしたかった。
たくさんの方が会いたいと待ってくださって、
いろんな方法で顔を見せてあげたかった。それが私が出来る恩返しだと思う」と話した。

続いて「だからバラエティもそうだし、他の理由があるのではない」
と明らかにした。
最近、ユン・シユンはKBS 2TV『ハッピーサンデー-1泊2日』の新メンバーで
合流し、初撮影を終えた。

彼は「急げばむしろよくないかもしれない。でもファンの皆さんに
近いうちにいろんなところで姿をお見せすると話したから。」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。







ラジオのシユンさんの出演放送分はSBSの韓国サイトとPodcastでアップされる予定です。

>>『イ・グクジュのヤングストリート』4月20日放送分(SBSサイト)

>>『イ・グクジュのヤングストリート』Podcast

※放送は韓国語です。シユンさんは2部から出演します。
※放送社の事情で予告なく削除される可能性もあります。
※Podcastにアップされる日にちは確定しておりませんのでご了承ください。
※PodcastはiTunes、iPhone、iPodなどで再生出来ますが、
 一部では正しく再生出来ない可能性もあります。
※ファンクラブサイトではSBSサイトのPLAYERやPodcastの再生が出来ないという
 お問合せにはお答え出来ませんのでご了承ください。

  • 2016-04-20

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン
「私だけ頑張ってもいけない。チームワークで頑張る」





『魔女宝鑑(仮)』の俳優たちとスタッフらが大ヒットを祈願し、告祀(コサ)を行った。

※告祀:自身や家庭の厄をはらい、 幸運を神霊に祈る祭祀

JTBC新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』は、去る19日
京畿道坡州遠方に位置するドラマセット場で告祀を行った。

この日ユン・シユン、キム・セロン、イ・ソンジェ、ヨム・ジョンア、
グァク・シヤン、キム・ヨンエ、チャン・ヒジン、ムン・ガヨン、
チェ・ソンウォン、イ・イギョン、イ・ジフンなど出演俳優たちと
チョ・ヒョンタクPDをはじめとする撮影スタッフなど150人余りが集まった。
チョ・ヒョンタクPDは「1ヶ月前から撮影を開始した。身を粉にして努力する」
と覚悟を明らかにした。

ユン・シユンは「以前は私だけ頑張れば良いと思ったが
演技をすればするほど、お互いの信頼が重要だと思うようになった。」とし
「固いチームワークで一つになって、頑張ってみよう」とし、
イ・ソンジェ、ヨム・ジョンア、キム・ヨンエなど俳優たちも
「ドラマがうまく行きそうだ」という反応を見せた。

『魔女宝鑑(仮)』の関係者は、
「俳優たちの呼吸が軌道に乗った。
期待作であるだけに完成度の高いドラマをお見せする」と自信を示した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-20

ゴールデンウィーク休業のお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

ゴールデンウィークに際しまして、下記の通りファンクラブ事務局の
業務を休業させていただきます。

◆休業期間
2016年4月29日(金)〜2016年5月8日(日)


◆ファンクラブご入会について
休業期間も受付いたします。本サイトの会員登録ページからお手続ください。
但し、入会された会員様への会員証及び会員特典の送付については
5月9日(月)以降、順次ご対応させていただきます。

◆お問い合わせについて
2016年4月29日(金)〜2016年5月8日(日)の期間中に
いただいたお問い合わせにつきましては、5月9日(月)以降、 順次
ご対応させていただきます。
多数お問い合わせをいただいた場合、ご返答にお時間を要する場合が
ございますので、ご了承くださいませ。

  • 2016-04-19

シユンさんの主演ドラマ『製パン王 キム・タック』と
出演ドラマ『総理と私』の放送情報をお知らせします。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援ありがとうございます。

シユンさんの主演ドラマ『製パン王 キム・タック』と
出演ドラマ『総理と私』の放送情報をお知らせします。

ぜひ、ご覧ください!


『製パン王 キム・タック』

放送局:KBS World
放送日時:5月2日(月)スタート
     毎週月〜金 18:45〜20:00

>>詳細はこちら





『総理と私』

放送局:KBS World
放送日時:5月1日(日)スタート
 本放送:毎週土・日 22:55〜深夜00:10
 再放送:毎週土・日 10:45〜12:00

>>詳細はこちら

  • 2016-04-15

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン『1泊2日』メンバー確定「今日、初撮影」


新しいメンバーは、ユン・シユンだった。

ある芸能局の関係者は15日、日刊スポーツに
「ユン・シユンがKBS 2TV『ハッピーサンデー 1泊2日』の
レギュラーメンバーに抜擢され、現在撮影中だ」と明らかにした。

先にユン・シユンは、『1泊2日』のレギュラーメンバーで議論されたが、
当時は会議したのが全部だとした。
しかし、いろんな候補の中で最終的な抜擢され、
現在、既存のメンバーと一緒に撮影を進行している。

ユン・シユンの固定バラエティ番組は久しぶりである。
入隊前の2013年SBS『裸足の友達』でカン・ホドン、ユン・ジョンシンなどと活躍した。
その時は、『芸能素人』と呼ばれてボケの姿も見せてくれて期待の星と認められた。
ボケいっぱいの姿が独特の魅力に変わるなど、バラエティでよく見ることができないキャラクター。
ユン・シユンは、除隊後JTBC『魔女宝鑑(仮)』と『1泊2日』まで縦横無尽の活躍を予告した。
ドラマと芸能、二匹のウサギを捕まえるという考えで、今年、一生懸命活動する予定。

『1泊2日』現在のメンバーは、2013年12月組まれた。
最初キム・ジュヒョク、キム・ジュノ、チャ・テヒョン、デフコン、
キム・ジョンミン、チョン・ジュニョンで2年余りを過ごしてき
昨年11月キム・ジュヒョクが映画とドラマのスケジュールを理由に降板した。
以来、様々な特集や先週ハン・ヒョジュが「特急」ゲストとして出てくるなどの
変化を見せてきた。人気も全盛期の頃に戻った。
同時間帯視聴率1位など話題性も断然引き立って見える。

ユン・シユンが合流した最初の録画分は今月放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-14

韓国のCOSMOPOLITANにシユンさんのインタビューが
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国のCOSMOPOLITANにシユンさんのインタビューが
掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ファンタジーロマンス『魔女宝鑑(仮)』の
ユン・シユンとキム・セロン




まだ少年のようなユン・シユンは、もうすぐ三十である。
永遠に「ソミ」または「ドフィ」のような十七歳のキム・セロンは
今は誰が見ても「女」になった。
二人は一緒にJTBCの新しいドラマ『魔女宝鑑(仮)』で、
朝鮮時代の青年たちのファンタジーロマンスを披露する予定だ。
最近、最も興味深い組み合わせで間違いない。


二人は14歳の差がありますね?キム・セロンはまだ10代で。
二人の「カップル」の写真は、率直に言えば、少し難しい宿題でした。
むしろ素直になろうと思ったんです。
「女」になっていく少女、そんな少女から「女」を感じる人。
実際にこのような経験がありますか?
友達が突然「異性」として感じられた瞬間が。


キム・セロン(以下「セロン」)
私はまだありません。特に親しい関係であれば、そもそも発展する可能性自体が
発生することがない性格と言えます。普段、女性らしさとは全く遠いし、
気楽な関係であれば、隠さずに全部見せるので。ふふ。

ユン・シユン(以下「シユン」)
でも、撮影の時はとても「女らしく」感じたよ。
私の場合には、いやほとんどの男であれば、女性のいつもと違う姿を発見し、
魅力を感じたときはそうだと思います、多分。
今日の撮影コンセプトのように。
女らしい姿ではなく、普段とは違って突然バイクに乗って現れたりしても、
いつもの見慣れた姿ではなく、他の姿を見る時、
「ああ、この子にこんな魅力があるんだ」と考えます。



二人JTBCの新しいドラマ『魔女宝鑑(仮)』でロマンスを繰り広げる予定です。
ところが、ユン・シユンが引き受けた「ホジュン」というキャラクターは、
皆がよく知っている「東医宝鑑」のその「ホジュン」ですね?
ホジュンと魔女のロマンスって?


シユン
はい、そうです。
実在の人物ですが、実際に私たちが彼の本当の人生について
知っていることはほとんどないでしょう?
果たして私たちが知っているホジュンになるまで何が起こったのだろうかと始めたのです。
「東医宝鑑」を見ると、実際に「透明人間になる方法」のような呪術的な部分があるそうです。
感情的であり、呪術的なものも医学の一部として接近したということですが、
果たしてホジュンが名医になるまでどのような事件が決定的な影響を及ぼしたのだろうか、
おそらく誰かを守ろうとしていた心、誰かを失った経験がある心で「医師」としての
使命が始まったのはではないか、そのような部分を話していると考えてくださればよいです。
今までの「ホジュン」で「ユ・イテ」という架空の人物が「ホジュン」を育てたように、
私たちのドラマではセロンが引き受けた「ヨンヒ」がそのような役割をするのです。
そのような実在の人物にフィクションとファンタジー的な要素を添えました。



二人とも、時代劇は初めてなので難しい部分はありましたか?

シユン
難しいです。難しいけどセロンと会っていろんな話をしてみたら、とても安心しました。
「既存の時代劇の形式にとらわれずに楽にやってみよう」ということで二人が通じたのです。
実際に私たちが考えている時代劇のトーンというのも、
その時代の人々皆が重く慎重に述べたという証拠はないでしょう?
時代劇という時代的な装置を保ち、自由に話して行動して生きる姿を
見せるつもりで取り組んでいます。

セロン
私も心配が本当に多かったのです。台本を見ながらシユンさんと似たような考えをしたんですが
私だけそう考えているのではないかと思いました。
会って話をしてみたら、本当に似たような考えをしていて、とても安心しました!



14歳差の二人のカップル演技も期待されるポイントです。
実際に呼吸を合わせてみてどうですか?


シユン
まず私は、キム・セロンという俳優の表情がとても良いです。
昨日はセロンが去って行って、私が悲しむシーンを撮影したのですが、
非常に入り込めました。セロンの表情と目には純粋さと真正性が含まれています。
さらに、このように成熟したので、本当にその状況を信じさせる
リアリティが自然にできました。

セロン
すごい賞賛ですね!ハハ。
私はシユンさんと演技する時「意思疎通」という感じがしてとても良いです。
たまに見ると、一人で演じる方がいます。
私は相手に感情を送り続けて答えを求めていますが、何も帰ってこない感じがすると
壁を見て演じるようでとても大変ですよ。
ところが、シユンさんは最初からそのような感じが全くありませんでした。
続けて、自然に意思疎通が出来て一緒に何かを作っていくという感じがとてもありがたいです。



キム・セロンは、初めての20代の役まで演じるからもう一つの挑戦でもあります。
気持ちはどうですか?


セロン
一応、今の考えでは、あまりにも大人のふりをしたくないんです。
可能な限り私が持っているだけの感情線を大きく活用する考えで、
持ってない成熟さを無理に出したくなありません。



>>こちらからインタビューの本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-13

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-04-12

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、キム・セロン、カップル画報
成熟美あふれる「素敵な男女」






俳優ユン・シユンとキム・セロンが格別なカップルの呼吸を誇った。

ファッション誌「COSMOPOLITAN」が最近進行したユン・シユン、キム・セロンの
カップル画報及びインタビューを12日公開した。

JTBC新金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』で一緒に呼吸を合わせることになった
ユン・シユンとキム・セロンは画報でも格別な「カップルケミ」を発散した。

特に成熟した容貌で視線を引くキム・セロンと
軍除隊後一層男らしくなったユン・シユンが魅力的に交わった。

二人は画報と一緒に行われたインタビューで、
新ドラマ『魔女宝鑑(仮)』について
「ドラマの中、ホジュンというキャラクターは、
皆さんが知っている<東医宝鑑>のホジュンである。
実在の人物だが、彼の個人的な生に関しては知られたことはほとんどない」とし、
「皆が知っているホジュンになるまで何が起こったのだろうかと考えて
描いたドラマで実在の人物にフィクションとファンタジー的要素が加わったドラマ」
と説明した。

続いてユン・シユンはキム・セロンに
「表情がとても良い。セロンの表情と目には純粋さと真正性が含まれており、
撮影時は本当にその状況を信じさせるリアリティが自然に生じる」とし
「セロンが去るシーンを撮影する時、自然に入り込み悲しくなった」と語った。

キム・セロンも「私はユン・シユンさんと演技する時、意思疎通する感じがして良い。
一緒に演技して、自然に意思疎通する感じがしてありがたいくらい」とした。

『魔女宝鑑(仮)』は、来月放送予定である。
ユン・シユン、キム・セロンの画報ととインタビューは、
「COSMOPOLITAN」5月号と公式ウェブサイトを介して確認可能である。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-08

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン、初撮影からホジュンキャラクター完成


©JTBC

 
俳優ユン・シユンがテレビ劇場復帰の準備を終えた。
彼は2年の空白がないと思うほどのアップグレード演技を披露した。

8日JTBC『カッとナム・ジョンギ』の後続として放送される
JTBCの新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』側はホジュン役を演じる
ユン・シユンの撮影現場を公開した。

『魔女宝鑑(仮)』は、朝鮮青春物語。
呪いで凍ってしまった心臓を持ち魔女になった悲運の姫ソリと
心の中に怒りの炎を隠した熱血青年ホジュンの愛と成長を描いた
ファンタジー時代劇。
「朝鮮の魔女」という独特の素材に、今までのドラマで披露したことのない
血が沸く「青春」ホジュンのキャラクターを再誕生させ風変りな楽しさをプレゼントする。

公開された写真は、4日、済州島の撮影様子。
ホジュンが劇中、森の中をさまようシーンが盛り込まれている。
軍服務後、2年ぶりの復帰であり、初めての時代劇挑戦で
多くの関心を集めたユン・シユンは一層深くなった目つきと
男性美あふれる成熟した姿を披露した。

ユン・シユンが演じるホジュンは、心の中に怒りの炎を隠した悲運の太陽。
明晰な頭脳と武芸まで兼ね備えた優れた秀才だが庶子という運命に閉じ込められて、
すべてを諦め、遊び人の生活を送っている。
自由な精神の持ち主で助けが必要な人々をほっとけない性格で、
恐怖を乗り越える大胆さも備えてた熱血青年である。
しかし、自分を指差している世の中に痛快な復讐を夢見る血沸く野望も持っている。

男になって戻ってきたユン・シユンは森の中を走り続ける撮影にも
笑いを失うことなく、真剣に撮影に臨んで骨身を惜しまない情熱で
スタッフたちの賞賛を一身に受けたという関係者の話もある。

本格的な撮影に突入したユン・シユンは
「久しぶりに復帰する現場で最初は緊張しましたが、
良いスタッフ、同僚のおかげでリラックスして楽しく撮影に臨むことができた。
良い作品を見せすることができるようで期待が大きい。頑張る」と所感を伝えた。

『魔女宝鑑(仮)』の制作陣は、
「ユン・シユンが演じるホジュンは、無理して社会の枠に合わせて生きていくが
内面の天才性と痛みを隠せない人物である。複雑な人物だからこそ表現が困難な場合がありますが、
2年ぶりに復帰するユン・シユンが最初の撮影から完全に新しいホジュンキャラクターを完成させ、
制作陣を感心させた。彼が見せてくれる演技を期待してもいい」と述べた。

『魔女宝鑑(仮)』は『カッとナム・ジョンギ』の後続で来る5月放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-06

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「軍服の代わりに韓服」ユン・シユン、
こんなにハンサムなホジュンとは



『魔女宝鑑(仮)』撮影中のユン・シユンが捕らえられた。

6日、俳優ユン・シユンの所属事務所 MOA ENTERTAINMENTの
インスタグラムには「撮影中」という文と一緒に
一枚の写真がアップされた。

公開された写真はJTBCの新金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』撮影中のユン・シユンだ。
ユン・シユンは韓服を来ていたずらっ子のようなほほ笑みと一緒に
手でVサインを作っている。

『魔女宝鑑(仮)』はユン・シユンの除隊後、復帰作である。
呪いで凍ってしまった心臓を持つ魔女になった悲運の姫ソリと
心の中に怒りの炎を隠した熱情青年ホジュンの愛と成長を描いた
ファンタジー時代劇だ。
ユン・シユンはホジュン役でソリ役のキム・セロンと呼吸を合わせる。



©MOA ENTERTAINMENT

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-04-06

『総理と私』の放送情報です。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

5月1日(日)からKBS WORLDで、『総理と私』が放送される予定です。
まだご覧になっていない方はぜひチェックしてみてください。


<総理と私>
放送局: KBS WORLD
放送時間: 
 2016年5月1日(日)スタート!
 本放送【土・日】22:55〜深夜00:10
 再放送【土・日】10:45〜12:00


>>番組詳細はこちら

  • 2016-04-04

メールマガジン配信に関してのお知らせです。

これより先の閲覧には会員ログインが必要です。

ログインはこちら

  • 2016-03-31

イベント公式グッズ販売&DVD先行予約販売スタートのお知らせです。

皆さま、こんにちは。
ファンクラブ管理者です。
いつも温かいご声援、ありがとうございます。

お待たせしました!
『2016 ユン・シユン 4th ファンミーティング in 東京』の
イベント現場で販売されたイベント公式グッズを
本日15時からFC公認ショップにて販売スタートしました!

そして
DVDの先行予約販売も本日15時からスタートしました!
FC公認ショップとモバイルショップにて購入された方には
イベント生写真5枚をプレゼントします!
生写真プレゼントは5月13日(金)までに購入された方が対象ですので
お早めにご購入ください!

よろしくお願いします。

>>イベント公式グッズはこちら

>>イベントDVD先行予約はこちら

  • 2016-03-31

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『魔女宝鑑(仮)』ユン・シユン「2年ぶりの復帰、わくわくする」


©JTBC

『魔女宝鑑(仮)』が初の台本リーディングをはじめに
本格的な航海に突入した。

新しい金土ドラマ『魔女宝鑑(仮)』が31日初の台本リーディング現場を公開した。

去る11日ソウル上岩洞JTBビルで進行された『魔女宝鑑(仮)』の初台本リーディングでは
チョ・ヒョンタクPDとヤン・ヒョクムン作家をはじめ、俳優ユン・シユン、キム・セロン、
イ・ソンジェ、ヨム・ジョンア、クァク・シヤン、キム・ヨンエ、ユン・ボクイン、
チョ・ダルファン、チャン・ヒジン、ムン・ガヨン、チェ・ソンウォン、イ・イギョンなどが
参加して熱い熱気を発散した。

台本リーディングに先立ち、チョ・ヒョンタクPDは
「素晴らしい俳優たち、良い制作陣と作業が出来て光栄だ」と言って
「皆が集まったのを見たらもう楽しみだ。『魔女宝鑑(仮)』は独特な素材に
スペクタクルとファンタジーを行き来するドラマだ。
新鮮な作品を誕生させ、視聴者たちの記憶に長く残るように最善を尽くす。」
と覚悟を話した。

続いてユン・シユンは
「2年ぶりの復帰なのでとても緊張しているが、
新しいキャラクターをお見せするのでわくわくしている。
良い俳優たちと一緒なので力になる。良い姿をお見せ出来るように
私がもっと頑張る。」と初の台本リーディングの感想を述べた。

ユン・シユンは真剣な姿と図々しさを行き来する演技で
今まで見たことないホジュンのキャラクターを再誕生させた。
空白期間感じさせないもっとアップグレードした演技力は
ユン・シユンに対する信頼度を高めた。
賢い頭脳に武術実力まで備えているが、庶子という運命のせいで
すべてを諦めて徹底的に自分を隠して生きていく人物であるホジュンを
演技する彼は熱血青年ホジュンの魅力を200%引き上げ
歓声を誘い出した。ドンレ役のチェ・ソンウォンとのコミック演技では
現場を笑いの渦に巻き込んだ。

<中略>

一方、『魔女宝鑑(仮)』は呪いで凍った心臓を持つ魔女になった
悲運の姫ソリと心の中に怒りの炎を隠した熱血青年ホジュンの
愛と成長を描いたファンタジー時代劇。
「朝鮮の魔女」という独特な素材に今までのドラマでは見たことのない
熱血「青春」ホジュンのキャラクターを再誕生させ、
色変わりの面白さをプレゼントすると期待を集めている。

来る5月放送。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

181〜200/534件  ←←先頭へ  ←前へ  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17  次へ→  最後へ→→