INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2017-06-22

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『最高の一発(仮)』ユン・シユン
2017年に適応完了…「イケメンオーラ」取り戻す。




『最高の一発(仮)』ユン・シユンがイケメンオーラを放ったスタイルに
変身した姿がキャッチされトクチルを誘発している。
※トクチル:好きなことを求めるオタクの行動や行為

<中略>

ドラマ内でユン・シユンが演じているユ・ヒョンジェ(ユン・シユン)は
台風カオーラに巻き込まれ1993年から2017年へと時間を越えてきた人物だ。
それにより彼は片方の髪を編み込み固定されたヘアースタイルと
ズルズルと裾を引きずる太めのズボン、長く絞めたベルト、過度なアクセサリー等
90年代スタイルを想像させるようなレトロ風スタイリングで視聴者たちの視線を虜にしていた。

そんな中公開されたスチール写真にはイケメンオーラをぷんぷんと放っている
ユン・シユンの洒落た姿が女心を虜にしている。
彼は自然にみだれたヘアースタイルを誇る一方、
軽くシンプルなTシャツにストレートズボンを穿きシンプルなブレスレットで
ポイントを与えた彼氏ルックを完璧に着こなしている姿が胸キュンを誘う。

しかし隠すことの出来ないビング美を表出している
ユン・シユンのコミックな姿が笑いを贈る。
最新電子機器を見ながら目を丸く開いたまま見物している姿がキャッチされたのだ。
これに、ビング美に和やかさまで加わったユン・シユンの爆発しそうな魅力に対する
期待が高まっている。
※ビング:間抜けさ

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-06-19

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「名前だけで3個」…ユン・シユン<ドング+ユ・ヒョンジェ>
3つの魅力の男


ユン・シユンがバラエティーとドラマを行き来しながら「ドング魅力」を発散している。

90年代のスターが2017年に落ちてきた。
みんなには死んだと知られているスターユ・ヒョンジェが戻ってくると
右往左往に事件が起こる。
『1泊2日』ではユン・ドング、ドラマ『最高の一発(仮)』ではスターユ・ヒョンジェとして
生きてゆく俳優ユン・シユンは2017年新しい名前で生きている。

現在の自身の年齢と近い息子イ・ジフン(キム・ミンジェ)と再会をしながら
ドラマはより面白みを増している。
ユン・シユンはこの中でコミカルな姿をたっぷりと発散している。
意図した大げさな表現から表情とジェスチャーでその面白さを倍増させる。
イ・クァンジェ(チャ・テヒョン)と一緒に過ごす瞬間は
スラップスティックはもちろん快活そのものの姿を見せてくれる。

このようなユン・シユンの姿はKBS2TV『ハッピーサンデー-1泊2日シーズン3
(以下1泊2日)』ユン・ドングの姿にも現れる。
ユン・ドングはユン・シユンの本名であり、バラエティー番組では
ドングという名前がより似合うとメンバーたちがつけてくれた。

直接笑わせなくても素材になったり、
又は急に飛び出す慌てる行動や言葉から笑いを誘う。
加えて特有のおとなしくて可愛い顔が
このようなキャラクターと重なり高いシナジー効果をもたらしたりもする。
『1泊2日』では幼いころ両親のように育ててくれた
おじいさん、おばあさんも出演し「ドング魅力」をより生かしてくれた。

3つの名前で忙しく生きているユン・シユン。
海兵隊出身というカリスマなイメージと違いひょうきんに壊れながら
視聴者たちに笑いをもたらしてくれる姿は真の芸能人でもあり
真剣な演技から出てくる感情は俳優としても認めざるを得ない。
しかしユン・シユンはその中でも人間「ユン・ドング」の魅力までも
発散しながらこれからの活躍をより期待させる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-06-14

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『最高の一発(仮)』ユン・シユン、イ・セヨンのために
「着ぐるみでなぐさめ」…トキメキ爆発



©モンスターユニオン

芸能ドラマ『最高の一発(仮)』ユン・シユンが
落ち込んでいるイ・セヨンのために「着ぐるみでなぐさめ」をする姿が
キャッチされ関心を集めている。

<中略>

公開されたスチール写真の中には
元気をなくしたイ・セヨンの切ない姿がこめられ目を引く。
特に今すぐにでも泣いてしまいそうな彼女の表情がキャッチされ
なにが起こったのか気になる。
それと同時にイ・セヨンをじっと見つめるユン・シユンの姿が
視線を集める一方、彼が着ている着ぐるみに視線を奪われる。

そうかと思えば、続けてユン・シユンは自分の着ぐるみを
イ・セヨンの頭に被せたまま黙々とそばにいる姿が視線を奪う。
彼の、気の毒なイ・セヨンのためのさりげなく優しい慰めが
見ている人々をときめかせている。
これに普段は仲の悪いユン・シユン-イ・セヨンの仲に
感情の変化が起こるのではないかと疑問が増している。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-06-08

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『最高の一発(仮)』ユン・シユン リアル階段スライディング…
暴風熱演



©モンスターユニオン

芸能ドラマ『最高の一発(仮)』ユン・シユンが階段から
夜通し熱演スライディングする姿がこめられた2話メイキング映像が公開され
人々の注目を集めている。

今週9日(金)夜11時5,6話の放送を控えている
KBS 2TV芸能ドラマ『最高の一発(仮)』は、死んだと思っていた過去のトップスターが
生きてかえってきて繰り広げられる現代の20代たちの青春騒乱劇。

そんな中、2話で台風「カオーラ」に巻き込まれたユ・ヒョンジェ(ユン・シユン)が
1993年から2017年に越えてくる「階段時間旅行」シーンの
メイキング映像が公開され関心を集めている。
「核心的なシーンであるだけに実際にもものすごく力を入れたそうですが〜」と
ドン・ヒョンベ(MCドリル役)のナレーションと「みなさん気になりますか?
本当にものすごく特別なことが起こるんですけど〜気にしてください!」と
いいながら愛嬌を振りまくユン・シユンの姿から始まる映像の中には
本シーンのために力を入れている現場の姿がひとつ残らず
込められていて人目を奪う。

撮影に先立ちユ・ホジンPDと相談をした後に
階段の上に登ったユン・シユンは自分の写真で作られたパネルの上に
ひざまずいたまま直接階段をスライディングし、
降りてくる姿は見ている人々の目を丸くさせた。
特に数えられないくらい繰り返し階段を下りてくる
ユン・シユンの姿とともに撮影を終えた後たくさん痣が出来ている
彼の足がキャッチされ視線を離せなくさせる。
ユン・シユンの身体を惜しまない熱演が名シーンを誕生させる
原動力であったことを感じさせてくれる。

そうかと思えばメイキング映像の中には絆を見せつけている
ユ・ホジンPDとユン・シユンの姿がこめられ笑いを誘う。
夜通し続いた撮影で疲れているにも関わらず水を渡しながら
ユン・シユンをなだめるユ・ホジンPDの優しさが視線を釘付けにしている。
それだけではなくユン・シユンもまた
「大変な時には魂を家出させるのが一番いい方法です」と、
にこっと笑ってみせるポジティブなマインドをあらわし感嘆を誘っている。

これに対し『最高の一発(仮)』制作社側は「ユン・シユンは
<階段時間旅行>シーンのために夜通し階段から滑り、また滑りながらも
笑いを失わない姿でスタッフたちを感動させた。そんなユン・シユンの
熱演により、よりインパクトのあるシーンが誕生したのではないか」と
「これから階段時間旅行よりもっと波乱万丈なヒョンジェの
2017年適応記が繰り広げられる予定だ。期待してほしい」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-06-05

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『最高の一発(仮)』 ユン・シユン すべてを捨てた笑いの地雷


©KBS

『最高の一発(仮)』ユン・シユンが完璧なコミック演技で大きな笑いを呼んだ。

先週3日に放送されたKBS2『最高の一発(仮)』では
1993年から急に2017年にタイムスリップをしたヒョンジェ(ユン・シユン)が
新しい世界に適応していく姿が描かれた。

ユン・シユンが本格的に登場し徐々に人物間の話が一つずつ解けていくと
ドラマの面白みがさらに増した。
若干散漫していた1話に比べてこの日の放送は
より安定した面白さで見ている人々に強い没頭と笑いを抱かせた。

特にユン・シユンはほとんどワンマンショーをするように
多彩なコミック演技を披露し、視聴者たちの笑いを担当した。
20年を越える時間を急に飛び越えてしまった
ユン・シユンが今使われている物をまともに使えずに不思議がる姿は
断然この日の放送の笑いのポイントだった。

もしかしたら自分が気づかれるかもしれないと、 顔に包帯を巻いてタンブリングをしながら病院を脱出する姿と、
通りすがりの人々が自分の着ている90年代に最も流行していた洋服を見て言った
「ダサい」「ファッションテロ」「眼球テロ」「村でもあんな格好はしない」等の
言葉たちを全身で受け止める彼の姿は大きな笑いを誘った。

<中略>

このようにユン・シユンは自然にヒョンジェという役を消化しながら説得力を高めた。
このドラマを通じてユン・シユンは真剣からコミックまで
全ての演技ができる俳優ということをもう一度立証した。
これからもユン・シユンのハードキャリーが予想される中
これに支えを受けて『最高の一発(仮)』の視聴率反騰に成功するか
期待が集まっている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-06-01

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「90年代レジェンド」…ユン・シユン×ホン・ギョンミン
『ミュージックバンク』事前収録現場を見てみると



©モンスターユニオン

芸能ドラマ『最高の一発(仮)』ユン・シユン-ホン・ギョンミンが
2日(金)『ミュージックバンク』に出演する。
これにドラマ内で人気歌手<J2>に扮したふたりが『歌謡トップ10』のステージを
完璧に再現できるか人々の注目を集めている。

<中略>

そんな中ドラマ内で<J2>に扮したユン・シユン-ホン・ギョンミンが
初放送に先立ち2日金曜日の午後5時から放送される
KBS2『ミュージックバンク』に出撃すると伝えられ関心を集めている。
ふたりはホン・ギョンミンが直接作曲した「言ってみて」を
実際に『ミュージックバンク』のステージに立ち
こつこつと練習し、合わせてきたダンスと歌を披露する予定。
これにユン・シユン-ホン・ギョンミンがどのようなダンスと歌、そして衣装で
ステージを熱くさせるか期待が高まる。

それと同時に公開されたスチールの中には『歌謡トップ10』のステージに立った
ユン・シユン(ユ・ヒョンジェ役)-ホン・ギョンミン(パク・ヨンジェ役)の姿が
映っていて目を引く。
ふたりはキラキラしたグリッターの洋服を着て頭にはバンダナを巻くなど
頭からつま先まで90年代スタイルに創作した姿で視線を一気に奪っている。
特にユン・シユンは過去に流行した色の入った眼鏡をかけていると思ったら、
ホン・ギョンミンは触覚を連想させるヘアースタイルで爆笑を誘った。

それだけでなくユン・シユン、ホン・ギョンミンの自信満々な表情と
ジェスチャーにまた目が離せなくなる。
ただ音楽にだけ集中したような節制されたダンスを踊る二人の姿から
ハイレベルな舞台マナーが感じられるようで関心を集めている。
何よりもユン・シユンは片方の口角をあげクールな感じを醸し出すシックな笑顔で
女性の心まで狙撃して、ユン・シユン、ホン・ギョンミンが
“ミュージックバンク“に出演し、”歌謡トップ10“のステージを
完璧に再演するのではないかという期待が高まっている。

KBS 2TV金土芸能ドラマ『最高の一発(仮)』は、
『1泊2日‐シーズン3』を率いたユ・ホジンPDと一緒に、
俳優チャ・テヒョンがラ・ジュンモという芸名で共同演出を受け持ち話題となり、
芸能ドラマ『プロデューサー』で新しいジャンルを開拓したモンスターユニオンの
ソ・スミンPDとチョロクメディア社が再び意気投合し制作する作品だ。

一方、最高の一部屋に集まって暮らす20代の話で、
笑いと世代間の共感を引き出す『最高の一発(仮)』は
2日(金)夜10時からプロローグが放送された後、夜11時から第1話が放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-05-31

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『最高の一発(仮)』ユン・シユン…「ユ・ホジンは
キャラクター配置GOOD、チャ・テヒョンは演技の先生」


『最高の一発(仮)』ユン・シユンが
ユ・ホジンPDとチャ・テヒョンの演出スタイルを比較した。

30日午後2時ソウル永登浦タイムズスクエアアモリスコンベンションでは
ユ・ホジンPD、ラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)、ユン・シユン、イ・セヨン
キム・ミンジェ、ユン・ソナ、ホン・ギョンミン、ドン・ヒョンベが
出席したなか、KBS2芸能ドラマ『最高の一発(仮)』の制作発表会が開催された。

ドラマ内でユン・シユンは作曲、ダンス、歌の天性的な才能をもとに
1993年デビューと同時に歌謡界を熱くさらった
トップアイドルユ・ヒョンジェ役を演じる。
ユン・シユンはユ・ホジン、チャ・テヒョンPDの演出の違いを
「ユ・ホジンPDは『1泊2日』を長い間やりながら
キャラクターを配置し融合させることを立体的に生かし作ってくださる」と言った。

これに彼は「テヒョン兄貴はみんなが尊敬する先輩であるため
私たちにとっては一つのマニュアルであり頼れる演技の先輩だ」と加えた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-05-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
すでにケミ爆発…『最高の一発(仮)』
ユン・シユン、イ・セヨンのキスシーンをキャッチ



©モンスターユニオン

芸能ドラマ『最高の一発(仮)』ユン・シユン、イ・セヨンの
戸惑う姿が歴然とするキスシーンがキャッチされ注目を集めている。

<中略>

ドラマ内でユン・シユンは作曲・ダンス・歌に天性の才能を持つ
典型的なモーツァルト型の天才であり、1993年デビューと同時に
歌謡界に旋風を巻き起こした人気歌手ユ・ヒョンジェ役を演じ、
自由奔放な姿を見せる予定だ。
それと同時にイ・セヨンはくだらない3年目の公務員試験準備生である
チェ・ウスン役を演じ、切なくもコミカルな姿で注目をひきつける予定で、
これから二人がどんな魅力で視聴者たちを魅了させるのか期待を集めている。

そんな中公開されたスチール写真の中には、
キスをするユン・シユン、イ・セヨンの姿が捉えられ視線を奪う。
お互いの唇に唇をあわせたまま止まってしまったような二人の姿がキャッチされ、
特にユン・シユン、イ・セヨンの飛び出そうなほど大きく開いた目は
戸惑いと耐え難さが感じられ、好奇心を刺激する。

他のスチール写真のユン・シユンは思いがけない状況に戸惑っている反面、
イ・セヨンは、瞬間的にぼんやりしたように焦点を失った目をしており、
関心を集中させる。
ユン・シユン、イ・セヨンに何が起こったのか、
これによって二人の関係がどのように変化していくのかに対する
注目が強まっている。

これに対し『最高の一発(仮)』制作会社側は、
「ドラマ内でユン・シユンとイ・セヨンは予期せぬ状況を繰り返しながら
関係を築いていく予定だ。二人がお互いを知っていくドタバタな過程が
見る面白みを増す予定ですので、たくさんの関心をお願いします。」
として期待感を醸し出した。

KBS2金土芸能ドラマ『最高の一発(仮)』は、
KBS2TVドラマ『プロデューサー』で芸能ドラマという新しいジャンルを開拓した
モンスターユニオン社のソ・スミンPDとチョロクメディア社が再び意気投合し作る
作品で企画から話題を呼んでいる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-05-24

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『最高の一発(仮)』..ユン・シユン×ホン・ギョンミン
90年代人気グループ<J2>結成



©モンスターユニオン

芸能ドラマ『最高の一発(仮)』のユン・シユン-ホン・ギョンミンが
90年代人気グループ<J2>を電撃結成した。
これと同時にJ2の「言ってみて」のミュージックビデオが公開され
注目を集めている。

<中略>

公開されたスチール写真には、
まるで90年代をさらっていたデュオの<デュース>を連想させるような
ユン・シユン-ホン・ギョンミンの姿が収められ人目を引く。
まるで過去に戻ったかのようなレトロ風スタイルをしたふたりの姿が
注目を集める一方、自己陶酔したような表情で
流行遅れなポーズをとっているなど、
ショーマンシップを見せているユン・シユン-ホン・ギョンミンの姿がキャッチされ
見ている人々の笑いを誘っている。

これは、ドラマ内でのユン・シユン-ホン・ギョンミンの姿で、
ふたりは1993年デビューと同時に歌謡界を掌握したグループ

<J2>のメンバーであるユ・ヒョンジェ-パク・ヨンジェに変身する予定だ。
特にユン・シユンが演じるユ・ヒョンジェは
作曲・ダンス・歌に天性的な感覚を持った典型的なモーツアルト型の天才で
一気に歌謡界をさらったが、ある日突然消えてしまい、
2017年に突然現れ、みなを驚かせる人物。
一方、ホン・ギョンミンが演じるパク・ヨンジェは
同じグループのメンバーであるユ・ヒョンジェが消えてしまった後、
再起に成功し2017年最高のエンターテイメント会社である
<スターパンチ>の代表として生きていく人物だ。
ドラマ内で1993年の人気歌手<J2>に扮した
ユン・シユン-ホン・ギョンミンが見せてくれる
舞台とドラマに対する期待が高くなっている。

それだけではなく、今日(24日)午前にオンラインを通して公開された
ユン・シユン-ホン・ギョンミンのミュージックビデオは人々の視線を奪う。
<J2>の「言ってみて」という字幕と同時に始まるこの映像の中には
歌とダンスをこなしているユン・シユン-ホン・ギョンミンの姿がこめられ
驚きをプレゼントしれくれる。
何よりも90年代のミュージックビデオでよく見たような
セピア調の色合いとカメラワークが
90年代の思い出を呼び戻し肩を躍らせる。

<中略>

これに対し『最高の一発(仮)』の制作会社側は「『最高の一発(仮)』は
死んだと思っていた過去のトップスターが生きて戻って来たという設定で
企画した作品」とし「<J2>のメンバーであるユン・シユンとホン・ギョンミンは
同い年の友達という設定で、公開された「言ってみて」は
ホン・ギョンミンが直接作った曲であり
ドラマに挿入されるのと同時にシングルとして発売される予定だ。
今後、唯我独尊なトップスターユ・ヒョンジェが2017年をどう生きていくのか
期待してください。」と明らかにした。

KBS2金土芸能ドラマ『最高の一発(仮)』は
KBS2TVドラマ『プロデューサー』で芸能ドラマという新しいジャンルを開拓した
モンスターユニオン社のソ・スミンPDとチョロクメディア社が再び意気投合し作る
作品で企画から話題を呼んだ。

一方、『最高の一発(仮)』は
来月6月2日金曜日午後10時『最高の一発(仮)-プロローグ』の放送後
午後11時から1話が放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-05-22

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「パワー顔面浪費」...『最高の一発(仮)』ユン・シユン
レトロなファッション+自我陶酔ポーズ



©モンスターユニオン

芸能ドラマ『最高の一発(仮)』ユン・シユンが
独特な服装をした姿がキャッチされ人々の注目を集めている。

来月6月2日初放送されるKBS2芸能ドラマ『最高の一発(仮)』
演出ユ・ホジン、ラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)/脚本イ・ヨンチョル)は、
愛し合い、話し合い、食べて生きることを激しく悩むこの時代の20代青春劇。

そんな中、レトロなファッションを纏った
ユン・シユンのスチール写真が公開され視線を集めている。
オレンジ色とアクアマリン色で調和されたダサいチェックシャツと
自由極まりない呆然とするヒップホップジーンズをはき、
これに似合わない枯れ色のクロスバックを肩からさげている彼の姿がキャッチされた。
それだけではなく、ユン・シユンが着用しているヘアーバンドと
ボールドな金のピアス、金のチェーンネックレスなど
時代を逆走するかのようなアクセサリーが視線を集め衝撃をプレゼントしている。

それと同時に、自我陶酔におちいったようなユン・シユンの姿もまた爆笑を誘う。
両腕を広げて身体を後ろに傾けるなど意味のわからないポーズをとっている彼の姿から
「俺はカッコいい」という優越感が表現され、人々に注目されている。

これはユン・シユンのドラマ内でのイメージをうかがうことのできるキャラクターカットで、
彼は劇中、デビューと同時に歌謡界を熱く盛り上げたトップクラスの人気歌手
「ジェイツー」のメンバーユ・ヒョンジェ役を演じる。
特にユ・ヒョンジェは作曲、ダンス、歌に天賦的な才能を持った
典型的なモーツァルトタイプの天才であり、自分しか知らない自由奔放な人物。
ユン・シユンはこれまでの純粋なイメージから抜け出し
利己的な天才ユ・ヒョンジェとして完璧な変身を遂げることで期待を高める。

これに対し『最高の一発(仮)』の制作会社側は
「ユン・シユンはすでにユ・ヒョンジェに完全に憑依した状態だ。
自己愛に溢れた自由な魂を持つユ・ヒョンジェを演じる彼の姿に
現場はいつも大笑いしてしまう」と「ドラマを通じてユン・シユンの内面に潜んでいた
興と才能を確認することができるだろう」と明らかにし関心を高めた。

KBS2金土芸能ドラマ『最高の一発(仮)』は
KBS2TVドラマ『プロデューサー』で芸能ドラマという新しいジャンルを開拓した
モンスターユニオン社のソ・スミンPDとチョロクメディア社が再び意気投合し作る
作品で企画から話題を呼んだ。

一方、『最高の一発(仮)』は
来月6月2日金曜日午後10時『最高の一発(仮)-プロローグ』の放送後
午後11時から1話が放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-05-15

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「視聴率50%を!」…『最高の一発(仮)』愉快な告祀現場

※告祀:お祓い


©KBS

芸能ドラマ『最高の一発(仮)』の告祀現場が公開された。

KBS2芸能ドラマ『最高の一発(仮)』
(演出ユ・ホジン、ラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)/脚本イ・ヨンチョル)は、
愛し合い、話し合い、食べて生きることを激しく悩むこの時代の20代青春劇。
KBS2TVドラマ『プロデューサー』で芸能ドラマという新しいジャンルを開拓した
モンスターユニオン社のソ・スミンPDとチョロクメディア社が再び意気投合し作る
作品で企画から話題を呼んだ。

去る5月10日、京畿道安城市の撮影現場で、
『最高の一発(仮)』の成功と撮影の無事を願う告祀が行われた。
ユン・シユン、イ・セヨン、ドン・ヒョンベ、チャ・ウンウ、ボナ等の出演俳優たちと、
ユ・ホジン、ラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)PDを始めとする
制作スタッフが総出動し、健康と楽しい撮影になることを祈る気持ちと、
お互いへの応援の気持ちを伝えケミを爆発させた。

まず初めにユ・ホジンPDは
「苦労は少なめ、視聴率は多めで最後の放送までヒットしますように」
と三つの願いを言い、拍手喝采を誘った。
続いて「皆が笑いながら放送終われるように頑張ります」と話し、
笑いで一杯な現場を作るという覚悟を決めた。

それに続き、主人公のユ・ヒョンジェ役を引き受けたユン・シユンは
「多くも少なくも、視聴率が50%くらい出たら良いな」と
野望を表して笑いをプレゼントした。
次に「皆が楽しみながらするのが重要だと思う。
みんなと楽しく撮影していきたい」と話し、楽しい撮影になるように祈った。
また、チェ・スンウ役を引き受けたイ・セヨンは、
「みんな元気でけがなく楽しく撮影ができますように。
楽しく作品に臨みます」と語った。

<中略>

これに対し、『最高の一発(仮)』の制作側は、
「私は出演陣と制作陣の和気あいあいとしたチームワークを感じられる告祀現場だった」とし、
「みんなが心を一つにし、最後まで楽しく撮影することを願っている。
生気に溢れ、愉快な出演陣と制作陣が作る『最高の一発(仮)』に
たくさんの関心と応援をよろしくお願いします」と話した。

『最高の一発(仮)』は6月2日に韓国で初放送する。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-05-08

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『最高の一発(仮)』 ユン・シユンからチャ・ウンウまで・・・
歴代級チームワーク誕生




©몬스터 유니온


KBS2TV芸能ドラマ『最高の一発(仮)』
(演出ユ・ホジン、ラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)/脚本イ・ヨンチョル)は、
愛し合い、話し合い、食べて生きることを激しく悩むこの時代の20代青春劇。
KBS2TVドラマ『プロデューサー』で芸能ドラマという新しいジャンルを
開拓したモンスターユニオン社のソ・スミンPDと
チョロクメディア社が再び意気投合し作る作品で企画から話題を呼んだ。

その中で『最高の一発(仮)』 側がメインポスターに先立ち、
面白いポスターBカットを先に公開して関心を集中させている。
スチール写真にはイ・セヨン(チェ・ウスン役)、 キム・ミンジェ(イ・ジフン役)、
トン・ヒョンベ(MCドリル役)、チャ・ウンウ(エムジェイ役)、ボナ(ト・ヘリ役)が
ユン・シユン(ユ・ヒョンジェ役)を持ち上げている姿が映っている。
遊び心いっぱいの六人の姿で20代の血気旺盛さと
明るいオーラが出て、関心を集中させる一方で、
キャラクター別のイメージを事前に見ることができる衣装と
ヘアスタイルが視線を一気にひきつけている。

特にユン・シユンはファイティングと余裕があふれる姿で
拳をあげており、笑いを誘う。
加えてトン・ヒョンベはユン・シユンのズボンをくわえたままの姿でいたずらな男を表わすと、
チャ・ウンウはアイドルフォースが漂う衣装を着てシックを表現するなど、
各自の個性を明らかにする表情や行動をとっており、
ドラマ中のキャラクターに期待感を集める。

これと共に公開された他のスチールの写真には堂々として姿を吐き出している
チャ・テヒョン(イ・グァンジェ役)、ユン・シユン、ユン・ソナ(ホン・ボヒ役)、
ホン・ギョンミン(バク・ヨンジェ役)の姿が映っている。
何よりも、思わぬ組み合わせが気がかりなことを誘発すると同時に、
レトロなスタイリングをした四人の姿に関心が高まっている。

また、この日の撮影ではチャ・テヒョン、ユン・シユン、イ・セヨン、キム・ミンジェ、
ユン・ソナ、ホン・ギョンミン、トン・ヒョンベ、チャ・ウンウ、ボナまで
『最高の一発(仮)』 の俳優たちは、幻想的なケミと完璧な呼吸を誇示したという裏話だ。
特に撮影開始から相性ケミを誇る『最高の一発(仮)』 チームは
幻想の呼吸とコミック感で歴代級チームワークを誇り、撮影時間まで短縮させたという。

これにポスター撮影を担当したフォトグラファーチョ・ソンヒ作家は
「ワンダフル」を連呼して、すべてのシーンがベストシーンだと親指を上げ、
今後ドラマに対する期待感を急上昇させている。

一方、KBS2TV芸能ドラマ『最高の一発(仮)』 は、
愛し合い、話し合い、食べて生きることを激しく悩む
この時代の20代青春劇で、6月初め放送予定。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-04-24

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、激しくダンス炸裂に「チュムシンチュムワン」即位


©KBS 2TV

『ハッピーサンデー-1泊2日』ユン・シユンが「チュムシンチュムワン」のタイトルに挑戦した。
※チュムシンチュムワン − ダンスが下手な人を指す造語

23日(日)午後に放送されたKBS2TV
『ハッピーサンデー -1泊2日』シーズン3では、
第1回団結大会の特集の最初の話が繰り広げられた。

公開されたスチール写真の中で普通じゃない動きをしている
ユン・シユンの姿が入っており注目を集めた。

特に両腕を伸ばして広げた後、手を変な風に動かしている姿が目を引く一方で、
そのような彼の表情が何かしっかり決心したようでひたすら悲壮に見える。

これは、最近行われた収録現場の様子で、メンバーたちは
ダンスの練習をしてきという製作陣の言葉にそれぞれのスタイルに合わせて
ダンスを練習した後、収録に合流することになった。
この時、DEUXの歌である『僕に振り向いて』を練習してきたユン・シユンは、
音楽に合わせて手足をいっぱい伸ばすと、髪が乱れるほど激しい動きを見せて
メンバー達を盛り上げたという裏話。
それだけでなく、他のメンバーたちもアイドルに劣らないパワフルダンスから
うごめく幼虫ダンスまでそれぞれ違った魅力が詰まったダンスで現場を熱くした。

一方、スチール写真の中におばちゃん軍団のアタックにビックリ驚いたユン・シユンの姿が
盛り込まれており、爆笑をさそう。
メンバーは、ござの上で踊って不意に攻撃してくるおばちゃん軍団の力によって
押し出されないように力を尽くす姿に笑いがおきる予定。
そしてメンバーがござの上で必死に持ちこたえた理由は何なのか、
どのような大爆笑現場が繰り広げられるか注目が集まる。

一方、『ハッピーサンデー-1泊2日』は、毎回新しいときめく旅行のエピソードの中で
変わらず笑いをプレゼントして、週末芸能トップの座を占めている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-04-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
KBS2TV『1泊2日』ユン・シユン、
おばあちゃん詩人の詩に感動、愛の詩



俳優ユン・シユンがおばちゃん詩人の詩に感動した。

16日(日)放送されたKBS2TV『1泊2日シーズン3』では
メンバーが詩の朗読を準備する姿が放送された。

この日メンバー達は、二人ずつおばあちゃん詩人とチームを組み
運不運に進行される詩の朗読会を準備することになった。

ユン・シユンとキム・ジョンミンはイ・スンジジャおばあちゃんとチームを組み
おばあちゃん宅に移動した。
おばあちゃんの勉強部屋にはノートとスケッチブックがいっぱいだった。

ユン・シユンはおばあちゃんのノートから最新書いた詩を発見して、
「スンジャおばあちゃんが愛の詩人みたい」だと感心した。

スンジャおばあちゃんの夫への愛に満ちた詩だった。
スンジャおばあちゃんはユン・シユンが詩を朗読しようと言うと
「歳をとって恥ずかしい」と、恥ずかしそうな表情を浮かべた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-04-07

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『最高の一発(仮)』初台本読み合わせ現場公開「笑いがたくさん」


©몬스터 유니온

KBS 2TV芸能ドラマ『最高の一発(仮)』の最初の台本読み合わせ現場が公開された。

制作会社のモンスターユニオンは3日、ソウル麻浦区上岩洞某所で行われた
『最高の一発(仮)』の台本読み合わせ現場写真を6日に公開した。

ユン・シユン、イ・セヨン、キム・ミンジェ、チャ・テヒョン、
ユン・ソナ、ドン・ヒョンベ、ホン・ギョンミン、チャ・ウナ、
ボナ、イ・ドックァ、イム・イェジン、イ・ジョンミン、ソン・スミン、イ・ハンソなど
を導いて行く俳優たちと製作陣が一同に集まり最初の顔合わせを行った。

モンスターユニオンによると、読み合わせの前にユ・ホジンPDとラ・ジュンモPDは
台本の読み合わせ現場を回って俳優らとスタッフらに暖かい挨拶をした。
以後、ユPDは「お互いが親しくなれる場になれば良い」と製作陣と俳優陣を紹介した。

続いて「至らない部分もあるが、一生懸命頑張る。少し軽く面白いドラマになれば」と
抱負を伝えた。ラPDはまた、 "楽しい作業になってほしい。誰も期待していなかったが
良い結果となれば」と話した。

ユン・シユンは「肩が重い。それだけ準備を整え現場ではリラックスした気持ちで
演技しようとしている」とし「演技もだが調和して、息を合わせるためにあり、
多くの努力する」と述べた。
キム・ミンジェは「素晴らしい先輩たちと一緒にすることになりとても光栄だ。
本当に一生懸命頑張って素敵な姿を見せたい」と意欲を燃やした。

この日俳優は初めての全シナリオの読み合わせにもかかわらず優れた演技力で
それぞれのキャラクターを演じた。モンスターユニオン側は「『最高の一発(仮)』の
すべての俳優は、実際の撮影のような息の合った姿を見せてくれて笑いがあふれる
雰囲気の中、台本読み合わせを終えた」と伝えた。

『最高の一発(仮)』は、5月末から6月初めの間放送予定である。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-04-03

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「歌謡広場」ユン・シユン
#面白くない #最高の一発 #ラ・ジュンモPD


ユン・シユンが新しいドラマで、90年代のアイドルに変身する。

3日放送されたKBSクールFM「パク・チユンの歌謡広場」に
出演した俳優ユン・シユンは、自分の関連キーワード
「面白くない」を代わりにすることがキーワードに
「恥骨」あるいは「面白くないけど見たくなる」を提案した。

この日彼は新たに撮影になったKBS2TVドラマ『最高の一発(仮)』について
「ホジンが兄さん、ホジン兄貴が監督になってしまった。
とりあえず、エネルギーのある作品になるようだ。
同じ年齢が多く出てくる。
この作品は、ただやってみたかった。気になる?一体どんなものがでるかな、
視聴者も気になると思う」と期待感を高めた。

彼はスキャンダルメーカートップスターの役割を引き受けたが、
実際のユン・シユンはスキャンダルが出たことないと
「この前の心痛かったのはバレンタインデーということを3日後に分かった。
寂しかった。理想は女性らしい人が好きだ。
か弱いのはいいけど、風には勝たなければならならない」と話して笑いを与えた。

ユン・シユンが引き受けたユ・ヒョンジェ役は彗星のように登場して
派手な踊りと歌で多くのファンを率い歌謡界を掌握したグループジェイトゥのメンバー。
ユン・シユンは、90年代のアイドルをモチーフにしたと
デュースの『私振り返って(仮)』を選曲した。

ユン・シユンはドラマ演出を引き受けたチャ・テヒョンに電話をかけた。
ユン・シユンに望む点があるかと尋ねると、チャ・テヒョンは
「ユン・シユンが今までしていた演技とは違う姿なので多くの方が期待してもいいようだ」とし
「性格悪さを引き出そうと注文し続けています。
スーパートップスターになったように振る舞いなさい」と答えた。

一方、『最高の一発(仮)』は、5月上旬に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-03-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ユ・ホジンPDのドラマ
『最高の一発(仮)』の主演に抜擢


俳優のユン・シユンとキム・ミンジェがKBS 2TV新しい芸能ドラマ『最高の一発(仮)』
(脚本イ・ヨンチョル、演出ユ・ホジン)の主役を務める。

本日3月16日(木)『最高の一発(仮)』側は、
主演でユン・シユン、キム・ミンジェが出演を確定した」と
明らかにした。

『最高の一発(仮)』は愛と、話と、生きること熾烈悩むこの時代の20代の若者を描くドラマだ。
KBS 2TV『プロデューサー』を製作したソ・スミンPDとChorokbaemMediaが協力して作る
作品である。何よりもユ・ホジンPDの初のドラマ演出作なので、作品に対する期待感が
より一層高まっている。

そんな中ユン・シユン、キム・ミンジェの出演が確定したと伝えられて注目を集めている。
ユン・シユンが演じるユ・ヒョンジェは彗星のように現れ
素晴らしい踊りと歌で多くのファンを獲得し
歌謡界を掌握したグループJ 2のメンバーで、相次ぐスキャンダルで芸能界を騒がせる
スキャンダルメーカーだ。ユン・シユンの内に秘めた自由奔放な魅力と才能が存分に発揮されると
注目が集まっている。

特にデビュー後から様々な作品を通じて安定した演技で注目を集めたユン・シユンが、
今まで演じなかった自由なキャラクターを引き受けたので、彼の新しい演技に興味が集まっている。
加えてユン・シユンは、自分を信じて「1泊2日」の新しいメンバーに抜擢してくれた
ユ・ホジンPDとの縁で『最高の一発(仮)』に参加を決定した。

中略

『最高の一発(仮)』は5月の編成を目標にキャスティングが進行している。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-27

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンが教えるコップ飯レシピ


©iMBC

26日(日)セクションTV芸能通信のスターtingコーナーにユン・シユンが出演した。
ユン・シユンは、ドラマ『生動性恋愛(仮)』アクセス数100万突破時、
ノリャンジンでコップ飯を作るというイベント公約を守るために
受験生が集まるノリャンジンのコップ飯屋を訪れた。

この日のノリャンジンに受験生はもちろん、ユン・シユンを見るためのファンで
コップ飯通りが人だかりを成したという裏話。そのような人々のために
コップ飯を100人分おごるだけじゃなくて、
直接作って配る心のこもった姿を見せてくれた。
また、コップ飯を配り、激励や応援を伝える
心温まる姿にテレビの視聴者も温かさを感じた。

そして、ユン・シユンが準備した直接作ったコップ飯を作る姿!
MBC芸能単独ビハインドで見てみましょう。


©iMBC

ユン・シユンが集中している理由は?


©iMBC

受験生のためのコップ飯を作っているところ!


©iMBC

カリカリ食感のためにもやしナムルは必須


©iMBC

一口で食べられるように切らなければ


©iMBC

仕上げに暖かい目玉焼きに甘い視線を一杯


©iMBC

激励と味が共存!力がでる「ユン・シユンのコップ飯」完成!

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-22

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『生動性恋愛(仮)』ユン・シユン×カン・ギヨン
面白い組み合わせで視線強奪



©MBC

『生動性恋愛(仮)』ユン・シユンとカン・ギヨンがすごい面白さを見せている。

MBC Xネイバーコラボドラマ『三色ファンタジー(仮)』の
『生動性恋愛(仮)』が視聴者の好評を受けている。

青春ファンタジーに疲れた現実を適切に配合して熱い応援を受けている
『生動性恋愛(仮)』は、貧相なユン・シユンとずる賢いカン・ギヨンが
面白い組み合わせを成し遂げている。ユン・シユンは小心者で愚かな
ソ・インソンを、カン・ギヨンはふてぶてしく不快なチョ・ジソブ役を引き受け
キャラクターを完璧にこなしドラマの楽しみを増やしている。

後略

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『生動性恋愛(仮)』落ちこぼれから、スーパーヒーローまで

『生動性恋愛(仮)』のユン・シユンが公務員を目指す
落ちこぼれからスーパーヒーローまで、多彩な演技を披露した。

16日に放送されたMBC『生動性恋愛(仮)』では、
警察公務員試験受験生ソ・インソン(ユン・シユン)が
生動性アルバイトの副作用として、スーパーパワーを持つ姿が描かれた。

この日の放送でソ・インソンは8回目警察公務員試験に落ち、
ガールフレンドに「今ご飯が喉を通る?悔しくない?」
という言葉と一緒に別れを告げた。

それだけでなく、コシウォン※代が払えず部屋から追い出され、
アルバイト中のコンビニで賃金も受けられないまま解雇されるなど
相次ぐ不幸を経験した。

お金を稼ぐために高額な生動性実験のアルバイトに応募した
ソ・インソンは実験の副作用で脳、体力など、
すべての能力が向上し落ちこぼれから、スーパーヒーローの姿を披露した。

演技のためにユン・シユンはもじゃもじゃ頭に角のメガネを使うなど、
完璧なノリャンジンファッションを披露したが、超能力を持つようになると、
本来のカッコよさを取り戻し大きなギャップを見せた。

※受験生などが集中して勉強するための小部屋

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

1〜20/220件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ→  最後へ→→