INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2017-04-24

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、激しくダンス炸裂に「チュムシンチュムワン」即位


©KBS 2TV

『ハッピーサンデー-1泊2日』ユン・シユンが「チュムシンチュムワン」のタイトルに挑戦した。
※チュムシンチュムワン − ダンスが下手な人を指す造語

23日(日)午後に放送されたKBS2TV
『ハッピーサンデー -1泊2日』シーズン3では、
第1回団結大会の特集の最初の話が繰り広げられた。

公開されたスチール写真の中で普通じゃない動きをしている
ユン・シユンの姿が入っており注目を集めた。

特に両腕を伸ばして広げた後、手を変な風に動かしている姿が目を引く一方で、
そのような彼の表情が何かしっかり決心したようでひたすら悲壮に見える。

これは、最近行われた収録現場の様子で、メンバーたちは
ダンスの練習をしてきという製作陣の言葉にそれぞれのスタイルに合わせて
ダンスを練習した後、収録に合流することになった。
この時、DEUXの歌である『僕に振り向いて』を練習してきたユン・シユンは、
音楽に合わせて手足をいっぱい伸ばすと、髪が乱れるほど激しい動きを見せて
メンバー達を盛り上げたという裏話。
それだけでなく、他のメンバーたちもアイドルに劣らないパワフルダンスから
うごめく幼虫ダンスまでそれぞれ違った魅力が詰まったダンスで現場を熱くした。

一方、スチール写真の中におばちゃん軍団のアタックにビックリ驚いたユン・シユンの姿が
盛り込まれており、爆笑をさそう。
メンバーは、ござの上で踊って不意に攻撃してくるおばちゃん軍団の力によって
押し出されないように力を尽くす姿に笑いがおきる予定。
そしてメンバーがござの上で必死に持ちこたえた理由は何なのか、
どのような大爆笑現場が繰り広げられるか注目が集まる。

一方、『ハッピーサンデー-1泊2日』は、毎回新しいときめく旅行のエピソードの中で
変わらず笑いをプレゼントして、週末芸能トップの座を占めている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-04-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
KBS2TV『1泊2日』ユン・シユン、
おばあちゃん詩人の詩に感動、愛の詩



俳優ユン・シユンがおばちゃん詩人の詩に感動した。

16日(日)放送されたKBS2TV『1泊2日シーズン3』では
メンバーが詩の朗読を準備する姿が放送された。

この日メンバー達は、二人ずつおばあちゃん詩人とチームを組み
運不運に進行される詩の朗読会を準備することになった。

ユン・シユンとキム・ジョンミンはイ・スンジジャおばあちゃんとチームを組み
おばあちゃん宅に移動した。
おばあちゃんの勉強部屋にはノートとスケッチブックがいっぱいだった。

ユン・シユンはおばあちゃんのノートから最新書いた詩を発見して、
「スンジャおばあちゃんが愛の詩人みたい」だと感心した。

スンジャおばあちゃんの夫への愛に満ちた詩だった。
スンジャおばあちゃんはユン・シユンが詩を朗読しようと言うと
「歳をとって恥ずかしい」と、恥ずかしそうな表情を浮かべた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-04-07

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『最高の一発(仮)』初台本読み合わせ現場公開「笑いがたくさん」


©몬스터 유니온

KBS 2TV芸能ドラマ『最高の一発(仮)』の最初の台本読み合わせ現場が公開された。

制作会社のモンスターユニオンは3日、ソウル麻浦区上岩洞某所で行われた
『最高の一発(仮)』の台本読み合わせ現場写真を6日に公開した。

ユン・シユン、イ・セヨン、キム・ミンジェ、チャ・テヒョン、
ユン・ソナ、ドン・ヒョンベ、ホン・ギョンミン、チャ・ウナ、
ボナ、イ・ドックァ、イム・イェジン、イ・ジョンミン、ソン・スミン、イ・ハンソなど
を導いて行く俳優たちと製作陣が一同に集まり最初の顔合わせを行った。

モンスターユニオンによると、読み合わせの前にユ・ホジンPDとラ・ジュンモPDは
台本の読み合わせ現場を回って俳優らとスタッフらに暖かい挨拶をした。
以後、ユPDは「お互いが親しくなれる場になれば良い」と製作陣と俳優陣を紹介した。

続いて「至らない部分もあるが、一生懸命頑張る。少し軽く面白いドラマになれば」と
抱負を伝えた。ラPDはまた、 "楽しい作業になってほしい。誰も期待していなかったが
良い結果となれば」と話した。

ユン・シユンは「肩が重い。それだけ準備を整え現場ではリラックスした気持ちで
演技しようとしている」とし「演技もだが調和して、息を合わせるためにあり、
多くの努力する」と述べた。
キム・ミンジェは「素晴らしい先輩たちと一緒にすることになりとても光栄だ。
本当に一生懸命頑張って素敵な姿を見せたい」と意欲を燃やした。

この日俳優は初めての全シナリオの読み合わせにもかかわらず優れた演技力で
それぞれのキャラクターを演じた。モンスターユニオン側は「『最高の一発(仮)』の
すべての俳優は、実際の撮影のような息の合った姿を見せてくれて笑いがあふれる
雰囲気の中、台本読み合わせを終えた」と伝えた。

『最高の一発(仮)』は、5月末から6月初めの間放送予定である。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-04-03

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「歌謡広場」ユン・シユン
#面白くない #最高の一発 #ラ・ジュンモPD


ユン・シユンが新しいドラマで、90年代のアイドルに変身する。

3日放送されたKBSクールFM「パク・チユンの歌謡広場」に
出演した俳優ユン・シユンは、自分の関連キーワード
「面白くない」を代わりにすることがキーワードに
「恥骨」あるいは「面白くないけど見たくなる」を提案した。

この日彼は新たに撮影になったKBS2TVドラマ『最高の一発(仮)』について
「ホジンが兄さん、ホジン兄貴が監督になってしまった。
とりあえず、エネルギーのある作品になるようだ。
同じ年齢が多く出てくる。
この作品は、ただやってみたかった。気になる?一体どんなものがでるかな、
視聴者も気になると思う」と期待感を高めた。

彼はスキャンダルメーカートップスターの役割を引き受けたが、
実際のユン・シユンはスキャンダルが出たことないと
「この前の心痛かったのはバレンタインデーということを3日後に分かった。
寂しかった。理想は女性らしい人が好きだ。
か弱いのはいいけど、風には勝たなければならならない」と話して笑いを与えた。

ユン・シユンが引き受けたユ・ヒョンジェ役は彗星のように登場して
派手な踊りと歌で多くのファンを率い歌謡界を掌握したグループジェイトゥのメンバー。
ユン・シユンは、90年代のアイドルをモチーフにしたと
デュースの『私振り返って(仮)』を選曲した。

ユン・シユンはドラマ演出を引き受けたチャ・テヒョンに電話をかけた。
ユン・シユンに望む点があるかと尋ねると、チャ・テヒョンは
「ユン・シユンが今までしていた演技とは違う姿なので多くの方が期待してもいいようだ」とし
「性格悪さを引き出そうと注文し続けています。
スーパートップスターになったように振る舞いなさい」と答えた。

一方、『最高の一発(仮)』は、5月上旬に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-03-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ユ・ホジンPDのドラマ
『最高の一発(仮)』の主演に抜擢


俳優のユン・シユンとキム・ミンジェがKBS 2TV新しい芸能ドラマ『最高の一発(仮)』
(脚本イ・ヨンチョル、演出ユ・ホジン)の主役を務める。

本日3月16日(木)『最高の一発(仮)』側は、
主演でユン・シユン、キム・ミンジェが出演を確定した」と
明らかにした。

『最高の一発(仮)』は愛と、話と、生きること熾烈悩むこの時代の20代の若者を描くドラマだ。
KBS 2TV『プロデューサー』を製作したソ・スミンPDとChorokbaemMediaが協力して作る
作品である。何よりもユ・ホジンPDの初のドラマ演出作なので、作品に対する期待感が
より一層高まっている。

そんな中ユン・シユン、キム・ミンジェの出演が確定したと伝えられて注目を集めている。
ユン・シユンが演じるユ・ヒョンジェは彗星のように現れ
素晴らしい踊りと歌で多くのファンを獲得し
歌謡界を掌握したグループJ 2のメンバーで、相次ぐスキャンダルで芸能界を騒がせる
スキャンダルメーカーだ。ユン・シユンの内に秘めた自由奔放な魅力と才能が存分に発揮されると
注目が集まっている。

特にデビュー後から様々な作品を通じて安定した演技で注目を集めたユン・シユンが、
今まで演じなかった自由なキャラクターを引き受けたので、彼の新しい演技に興味が集まっている。
加えてユン・シユンは、自分を信じて「1泊2日」の新しいメンバーに抜擢してくれた
ユ・ホジンPDとの縁で『最高の一発(仮)』に参加を決定した。

中略

『最高の一発(仮)』は5月の編成を目標にキャスティングが進行している。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-27

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンが教えるコップ飯レシピ


©iMBC

26日(日)セクションTV芸能通信のスターtingコーナーにユン・シユンが出演した。
ユン・シユンは、ドラマ『生動性恋愛(仮)』アクセス数100万突破時、
ノリャンジンでコップ飯を作るというイベント公約を守るために
受験生が集まるノリャンジンのコップ飯屋を訪れた。

この日のノリャンジンに受験生はもちろん、ユン・シユンを見るためのファンで
コップ飯通りが人だかりを成したという裏話。そのような人々のために
コップ飯を100人分おごるだけじゃなくて、
直接作って配る心のこもった姿を見せてくれた。
また、コップ飯を配り、激励や応援を伝える
心温まる姿にテレビの視聴者も温かさを感じた。

そして、ユン・シユンが準備した直接作ったコップ飯を作る姿!
MBC芸能単独ビハインドで見てみましょう。


©iMBC

ユン・シユンが集中している理由は?


©iMBC

受験生のためのコップ飯を作っているところ!


©iMBC

カリカリ食感のためにもやしナムルは必須


©iMBC

一口で食べられるように切らなければ


©iMBC

仕上げに暖かい目玉焼きに甘い視線を一杯


©iMBC

激励と味が共存!力がでる「ユン・シユンのコップ飯」完成!

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-22

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『生動性恋愛(仮)』ユン・シユン×カン・ギヨン
面白い組み合わせで視線強奪



©MBC

『生動性恋愛(仮)』ユン・シユンとカン・ギヨンがすごい面白さを見せている。

MBC Xネイバーコラボドラマ『三色ファンタジー(仮)』の
『生動性恋愛(仮)』が視聴者の好評を受けている。

青春ファンタジーに疲れた現実を適切に配合して熱い応援を受けている
『生動性恋愛(仮)』は、貧相なユン・シユンとずる賢いカン・ギヨンが
面白い組み合わせを成し遂げている。ユン・シユンは小心者で愚かな
ソ・インソンを、カン・ギヨンはふてぶてしく不快なチョ・ジソブ役を引き受け
キャラクターを完璧にこなしドラマの楽しみを増やしている。

後略

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『生動性恋愛(仮)』落ちこぼれから、スーパーヒーローまで

『生動性恋愛(仮)』のユン・シユンが公務員を目指す
落ちこぼれからスーパーヒーローまで、多彩な演技を披露した。

16日に放送されたMBC『生動性恋愛(仮)』では、
警察公務員試験受験生ソ・インソン(ユン・シユン)が
生動性アルバイトの副作用として、スーパーパワーを持つ姿が描かれた。

この日の放送でソ・インソンは8回目警察公務員試験に落ち、
ガールフレンドに「今ご飯が喉を通る?悔しくない?」
という言葉と一緒に別れを告げた。

それだけでなく、コシウォン※代が払えず部屋から追い出され、
アルバイト中のコンビニで賃金も受けられないまま解雇されるなど
相次ぐ不幸を経験した。

お金を稼ぐために高額な生動性実験のアルバイトに応募した
ソ・インソンは実験の副作用で脳、体力など、
すべての能力が向上し落ちこぼれから、スーパーヒーローの姿を披露した。

演技のためにユン・シユンはもじゃもじゃ頭に角のメガネを使うなど、
完璧なノリャンジンファッションを披露したが、超能力を持つようになると、
本来のカッコよさを取り戻し大きなギャップを見せた。

※受験生などが集中して勉強するための小部屋

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『生動性恋愛(仮)』3つの観戦ポイント


©MBC

MBC Xネイバーコラボドラマ『3色ファンタジー(仮)』の
『生動性恋愛』が16日(木)、放送を控えている。

パク・サンフンPDが、この時代の青春のためのファンタジードラマ、
『生動性恋愛(仮)』の3つの観戦ポイントを公開した

#2017.韓国、そして青春

『生動性恋愛(仮)』は2017年韓国で生きて行く青春による、
青春のための、青春ドラマだ。夢を叶えるため今日何を食べて
何をすべきかが悩みである彼らの生活をリアルに表した。
もどかしい恋愛と切ない就職の心配などうまくいかない現実の中で、
一発逆転を夢見る人生大逆転ファンタジーを愉快に描き出す。

パク・サンフンPDは「友人の中にいそうなキャラクターを
リアルに表現した。かなり落ちぶれていて笑っていても、
ある瞬間、自分の話のように思えて恥ずかしがる自分を
発見することになるだろう」と青春の共感を引き出す自信を表した。


©MBC


#総合ギフトセット

予想を超える展開とジャンルを行き来する
クロスオーバーの魅力で視聴者をひきつける。
ジャンルを行き来する話が多彩に繰り広げられるので、
どこに飛ぶか分からない。スーパーヒーローを素材にした
映画ながらもロマンチックコメディだ。
青春シチュエーションコメディーだが、一方では、社会風刺ドラマだ。
視聴者の視線を最後までひきつける様々な魅力を備えている。
まるでギフトボックスを開ける時のような期待感を与えるドラマだ。
なので『生動性恋愛(仮)』は青春のための総合ギフトセットだ。


©MBC


#シンクロ率100%、ユン・シユンをはじめとする出演俳優たちの魅力

くだらないモードからヒーローモードに至るまで
俳優ユン・シユンの幅広い演技をもとに生活密着型の
キャラクターを完璧に消化したチョ・スヒャン、
コミックでドラマ全体にエネルギーを吹き込むカン・ギヨン、
ノリャンジンに還郷したまっすぐなキム・ミンスまで。
俳優たちの完璧なシンクロ率は、視聴者に強烈な印象を与える準備を終えた。

パク・サンフンPDは「笑いに満ちた撮影現場のエネルギーが
視聴者に伝わる事を期待する」とし「良い俳優らとスタッフが
精魂を込めて作った『生動性恋愛(仮)』の相乗効果を期待してくれ」と付け加えた。

3つの観戦ポイントを公開して期待感を加えた『生動性恋愛(仮)』は
16日(木)、夜11時10分MBCを通じて放送される。

後略

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-15

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、カッコ悪い受験生に変身


© MBC

俳優ユン・シユンがカッコ悪い受験生に変身した。
ユン・シユンは自らルーザーと思っている人にルーザーではないと
メッセージを伝えたかったことを明らかにした。

15日午後、ソウル市麻浦区MBCでドラマスペシャル
『三色ファンタジー(仮)』の『生動性恋愛(仮)』記者懇談会が開かれた。
この日の記者懇談会には、パク・サンフンPDとユン・シユンが参加した。

『生動性恋愛(仮)』は、ノリャンジンコシチョンと
生動性実験を主な材料とするドラマだ。
パク・サンフンPDは、この二つの素材が、
現在の韓国を最もよく表した素材と説明した。
ユン・シユンは「生動性実験を身近に感じる人が多いことに驚いた。
それが切ない」と話した。

ユン・シユンは面白いキャラクターというよりも、
共感が得るキャラクターを演じたかったと述べた。
ユン・シユンは「おにぎりやバナナ牛乳のようなお馴染みの素材で
共感を得て、感情移入することができることを望んでいる」と言い
「過去に出会った女性の友人もバナナ牛乳が好きで、買ったりもした。」
また「華やかでカッコよくはないが愛情深い姿を見せられた事に
演技をしながら楽しんだ」と説明した。

『生動性恋愛(仮)』でユン・シユンはカッコ悪い受験生から
超能力者まで幅広い演技をした。パク・サンフンPDは
「ユン・シユンの幅広い演技を見る楽しみがあるドラマだ」とし
「ソラとの恋愛する姿を見ると、今の時代の恋愛でもある。
その恋愛が退屈でもあり、心が痛む」と話した。


© MBC

ユン・シユンは俳優として真剣な姿も見せてくれた。
ユン・シユンは 「良い俳優になるために多くの作品を
やらなくてはならないと、だから1つの長所だけあっても
作品をやらなければと心に決めた」と述べた。

また、彼は『生動性恋愛(仮)』のソク・インソンのような夢を見ていた
困難な時代を振り返った。ユン・シユンは24歳後半に
『明日に向かってハイキック』に出ることになったが、
その前はアルバイトもたくさんした。その頃は大変だったというより
寝る前に、必ずスターになることを夢見た。
今を生きるのではなく、未来を生きたと説明した。

超能力の所有者となったユン・シユンは瞬間移動ではなく、
自由になりたいという素敵な答えを出した。
ユン・シユンは瞬間移動する能力を持ちたいと考えていたが、
忙しいのがより忙しくなるのかという気がして悲しくなった。
私が欲しいのは、自由になることだ。私ができることが増えれば
自由になるだろうと思った。外国語も上手に高所恐怖症も克服したい
と希望を伝えた。

ユン・シユンはヒット公約をかけた。ユン・シユンは
「100万ヒットが超えたら、視聴者抽選して一緒にコップ飯(※1)を食べる」と
話した。また、ユン・シユンは「自らをルーザーと称するものは
ルーザーではないと話したかった。」と終了の挨拶を伝えた。

(※1) 紙コップ容器にご飯とおかずが入っているもの。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-02-13

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にユン・シユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『生動性恋愛(仮)』ユン・シユン、チョ・スヒャン、
3種類のポスターの公開




『生動性恋愛(仮)』ユン・シユン - チョ・スヒャン、「3種類のポスターのカップル」

「ポスターから感じる面白味」

13日(月)MBCとネイバーのコラボドラマ
『3色ファンタジー(仮)』の第二の物語
『生動性恋愛(仮)』が3種類のポスターを追加で公開した。

前略

そんな中『生動性恋愛(仮)』が3種類のポスターを追加で公開し注目を集める。

まず、それこそ私たちは、恋愛中と感じられる二枚のポスターだ。
もじゃもじゃ頭に伊達メガネ、冴えないユン・シユンと
地味なチョ・スヒャンの幸せな時が込められている。
『生動性恋愛(仮)』は崖っぷちのソン・インソン(ユン・シユン役)が
生動性実験という高額バイトをしながら起る風刺ロマンスファンタジーだ。
「暗い青春の人生一発逆転」というキャッチコピーが視聴者の好奇心を刺激し
ユン・シユンとチョ・スヒャンの甘酸っぱいし恋愛ファンタジーに期待感が持たれる。



一方、恋愛の終わりを撮ったことを直感することができるポスターも
公開されて注目を集めている。ノリャンジンのコシウォンの屋上で
目も合わせない二人の姿で、恋愛の不便な最後を見たようだ。
生動性実験という高額バイトをしながら、視聴者の笑いを誘うユン・シユンは、
魅力的な姿を見せる予定だ。

ノリャンジンのコシチョンを背景に青春の赤裸々な日常と
躍動感あふれるファンタジーが絶妙に描かれる
『生動性恋愛(仮)』は正直に夢を追う青春を応援するファンタジードラマだ。



3種類のポスターの公開で期待感を加えた『生動性恋愛(仮)』は13日(月) 夜11時59分
ネイバーウェブ版と16日(木) 夜11時10分MBCを通じて放送される。

一方、コンテンツ編成と流通に新たな実験作となる『3色ファンタジー(仮)』は前、
後半35分×2回編成されて毎週木曜日に放送される。
『3色ファンタジー(仮)』は、100%事前製作でネイバーを介して部分先行公開され、
本放送直後ネイバーWeb版が公開される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-01-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、「カメラの前で自由になりたい」



俳優ユン・シユンがライフスタイルマガジン「ビッグイシュー」1月号第二のカバーを飾った。

ビッグイシューコリア側は
13日「2016 KBS芸能大賞」バラエティー部門新人賞を受賞して
KBS2TV「ハッピーサンデー-1泊2日シーズン3」で大活躍中の
俳優ユン・シユンが才能寄付に参加したと明らかにした。



写真集の中ユン・シユンはネバーランドを夢見るピーターパンを完全消化した。
遊び心いっぱいの少年の表情と自然なポーズで多様な魅力を披露した。
自分だけの個性を生かしながらコンセプトを魅力的に表わすカットがより一層目を引く。

現場関係者によると、氷点下の天気の中で行った撮影にもかかわらず、
ユン・シユンの活気に満ちたエネルギーで、現場の雰囲気を暖かく作ったと。

続いたインタビューでは、「バラエティーに利点や欠点を計算したくなかった。
ドラマやバラエティーの提案を受け取ったときに何か1つの利点があれば、まずやってみたい。
それは多くの方が私を望んでいるという意味ですからね。
普段性格上カメラの前でプレッシャーを感じやすいタイプなので、
カメラの前で自由になりたかった。それは俳優として必要な部分だと思います。
時には壊れても大丈夫ですから」と演技と芸能に接する本人だけの率直な心情を伝えた。

一方、バラエティーのユン・ドングではなく、俳優ユン・シユンの姿でお茶の間に訪れる。
MBC 9部作ドラマ「三色ファンタジー(仮)」の「生動性恋愛(仮)」で
公務員受験生のソ・インソン役を引き受けて、以前の作品とは違う姿を披露する予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-01-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
MBCの新しい挑戦、ミニドラマ『三色ファンタジー(仮)』



3つの色をコンセプトにした9部作ミニドラマが視聴者たちを訪ねてくる。

MBCはミニミニドラマ『三色ファンタジー(仮)』の
編成が確定したと10日明らかにした。
『三色ファンタジー(仮)』は
『宇宙の星が(仮)』、『生動性恋愛(仮)』、『リングの女王(仮)』で
構成される9部作ドラマだ。
3人の若いPDが1作品ずつ引き受けて異なる色のファンタジーを見せる。

<中略>

第二話はグリーン、『生動性恋愛(仮)』だ。
パク・サンフンPDと映画界のシナリオ作家として有名な
パク・ウンヨン(『私たちの幸せな時間』)、
パク・フイグォン(『風邪』)作家が意気投合した。
ノリャンジンの国家試験を準備する学生が集う街を背景に、
熾烈な試験戦争で揺れるように咲く青春の人生を描いた風刺ロマンスコメディだ。
試験落第の専門家であるソ・インソン役はユン・シユンが、
教員採用試験準備中のガールフレンドのワン・ソラ役は
チョ・スヒャンが引き受けた。

<中略>

MBCは『三色ファンタジー(仮)』が地上波(MBC)と
ポータルサイト(ネイバー)をつなぐコンセプトで、
多媒体多チャンネル時代でMBCのコンテンツの多様性と底力を
見せてくれるだろうと期待している。

MBCドラマ局の関係者は、「既存の単幕劇の素材を脱皮して、
ウェブドラマの限界を克服する別名「ミニミニドラマ」プロジェクトだ。
従来とは異なるフォーマットを通して存在を知らせる。
期待してもいい」と話した。

MBC『三色ファンタジー(仮)』は『宇宙の星が(仮)』を筆頭に、
26日から毎週木曜日の夜11時に放送される。
『生動性恋愛(仮)』は、2月16日、『リングの女王(仮)』は、
3月5日に初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-01-05

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』ユン・シユン、精神年齢45歳、若年寄り!



「1泊2日」のメンバーたちが、新年を迎え、精神年齢鑑定を受けた。

1日放送されたKBS2「ハッピーサンデー-1泊2日シーズン3」では、
心理テストの回答とドミノ積みを介して、
精神年齢分析を受けたメンバーたちの姿が描かれた。

まず、キム・ジュノの精神年齢は35歳、実際の年齢より8年幼く出てきた。
これと関連し「退行行動で幼児な姿を見せる」という
所見書の内容が公開されて爆笑を誘った。

キム・ヒョンジョン精神健康医学教授は、
「ドミノをしながら、過去の痛みをユーモラスに表現しているのを見て
とても成熟して洗練されたと感じた」と慰めた。

チャ・テヒョンの精神年齢は36歳であった。
キム教授は、「ドミノ開始前に無関心だったが開始してから、集中する姿を見せた。
緊張が圧迫したが、適切な瞬間に解消する姿もあった」と評価した。

25歳の精神年齢のデフコンは「他人を意識し、
緊張感を虚勢、オーバーアクション、大袈裟に発散する姿が
年齢に比べて成熟していない」と、所見を受けた。

キム教授は「瞑想を勧める」とアドバイスすると、
デフコンは慌てた様子を表わした。

最も若い21歳の精神年齢鑑定を受けたキム・ジョンミンは
「思春期の少年のあどけなさが見える」と、所見を受けた。
キム教授は、「何が良いか具体的に知っているようではない。
すべての状況に瞬時に反応する」と言って爆笑を誘った。

一方、「1泊2日」末っ子ユン・シユンはメンバーの中で
最も高い精神年齢である42歳の鑑定を受けた。

キム教授は「自分の感情を適切に制御し、感情的な緊張を緩和する。
利他的な姿を考慮した場合、最も大人っぽい。
しかし、このような姿が自分にストレスになる可能性がある。」と指摘した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-12-28

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『生動性恋愛(仮)』ユン・シユン、チョ・スヒャンとのキスシーン公開
『ロマンチックカップル』




27日MBC『三色ファンタジー(仮)』の『生動性恋愛(仮)』の撮影現場のスチールを公開した。

公開された写真の中の男女の主人公であるユン・シユンとチョ・スヒャンのキスシーンがキャッチされた。
警察公務員4年目、ソ・インソン(ユン・シユン)と教員採用試験の準備中である彼女、
ワン・ソラ(チョ・スヒャン)がコシチョンの屋上で密かに会っていた。
二人はロマンチックなキスで撮影現場を盛り上げたと期待を大きくさせている。

ユン・シユンは「面白いドラマだ。こんな感情的なシーンで盛り上げなければ、
全体的に重みが無くなってしまう。だから重要なキスシーンだ」と
撮影に対する格別な責任感を見せた。

ユン・シユンは劇中、勝負根性もなく、周りの目も気にしない
すごくポジティブな性格の持ち主で、
以前の作品とは違ったコミックファンタジーを届ける予定だ。

ワン・ソラを演じたチョ・スヒャンは「誰もが持っている面が様々なキャラクターに盛り込まれているドラマだ。
可愛い20代の男女の物語かもしれないし、違う見方をすると悲しい現実かもしれない」と語った。

一方、MBCの新しい実験作、9部作ドラマ『三色ファンタジー(仮)』の2編目である
『生動性恋愛(仮)』は崖っぷちに立たされたソ・インソンが最後に
「生動性実験」という高額バイトをしながら巻き起こる風刺ロマンスファンタジーだ。

青春の赤裸々な日常と躍動感溢れるファンタジーが絶妙に描かれた
『生動性恋愛(仮)』は2017年2月に放送予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-12-12

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』ユン・シユン、故郷で歓迎を受けるスンチョンの息子ドング



11日KBS2TVバラエティー番組『1泊2日』では、
ドッキリのためにスンチョン大学を訪問したメンバーたちが描かれている。

一番年上のキム・ジュノは、今日に限ってどんくさい姿を見せた。
ユン・シユンは、ドッキリの控室に入り、ガラスになっていることに驚き、
外から見えないかと恐れていた。
しかし、テプコンは「外から見えない」と言い、
「検察の調査を受けるときのガラス」といい笑いを誘った。

綿密な事前セッティングが続き、
昼間から開かれた行事に満席にならない会場の状況まですべてが完璧に見えた。
学生たちの協力が必要だった『1泊2日』のメンバーたちは
行事の準備が真っ只中の大講堂の中に入っていった。

その会場にいたすべての人が予想もしなかった
芸能人の登場に嬉しさをあらわにした。
チャ・テヒョンは、マイクを撮り、代表でスンチョン大学の学生たちに
この日本当に目的を伝えた。
対話が続く中、キム・ジュノは
「ドングがスンチョン出身じゃないか?」という質問をした。
これに続き、学生たちは心からの歓迎の歓呼をし、
ユン・シユンは、故郷の後輩たちに嬉しそうに挨拶をした。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-21

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「希望TV」ユン・シユン「ボランティアは僕がもらった愛の還元…恥ずかしい」



俳優ユン・シユンがお金の価値について新たに感じたことを語った。

ユン・シユンは18日放送されたSBS「希望TV SBS」でケニアを訪問し、
ごはんもまともに食べられない子供たちのためにボランティアと助け合いをした。

ユン・シユンは、製作陣に一番意味のある、600シリングを使うことというミッションを受けた。
この600シリングは、韓国のお金で6370ウォンに該当する金額だ。

これによりユン・シユンは、食べ物を買って子供たちに食べさせ、
この光景を見たおばあさんが申し訳なさと有難さで涙を流した。
ユン・シユンは、「僕がおばあさんにもらった愛をわかっているので、
目つきと涙だけ見てもその気持ちをなんとなくわかる。」といい、
「誰かのためにボランティアをし助け合うということは、
僕がもらった愛を微力ながら、還元することだ。」と語った。

この6370ウォンは、出国前にユン・シユンが食べた一食分の食事のビビンパの値段だったが、
ケニアの子供たちの24食分を解決することができるお金でもあった。
ユン・シユンは「600シリングが一番大きい力ということに驚いた。
僕が今まで使ったお金に対して恥ずかしさが大きくなった。
ただ200ウォンだけでも子供とお母さんの一食分を解決することができる。」と語った。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-15

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「新バラエティ未生★@」ユン・シユン『1泊2日』、
野宿もとても面白い



俳優ユン・シユンがドラマに続きバラエティも完璧に取り入れた。

OBS『独特な芸能ニュース』がお茶の間ドラマはもちろん
バラエティまでしっかり世間の心を掴んだ、
新未生スターたちの魅力を見せている。

俳優ユン・シユンは軍隊除隊後、本業の演技はもちろん、『1泊2日』に参加、
野生バラエティで礼儀正しく、ポジティブなイメージで人気を得ている。
特に特有の明るく積極的な姿で初のバラエティ挑戦で成功的な成績表をもらった。

ユン・シユンは、『1泊2日』に参加した感想について
「先輩たちといいものも見て、おいしいものも食べて、遊んでとても楽しい」といい、
「野宿もおもしろい」と語った。

以前、視聴率50%を超えたドラマの主人公のキャラクターの
「タック」のイメージが強かった彼にバラエティは新しい挑戦だった。

ユン・シユンは「タックはとても似合っている帽子だったと思う。
重要なことは、僕が帽子を脱いだ時、だれなのかわからないことだ。
そしてさらに言えば、帽子の傷跡が残っているということだ。
正解は俳優なので、違う綺麗な帽子をかぶること」と語った。

<以下省略>

>>こちらから記事の本文と動画をご覧いただけます。

  • 2016-11-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「希望TV」ユン・シユン
「小さい関心、子供たちの人生に変化を与えられる」




俳優ユン・シユンが2016「希望TV SBS」と共にアフリカ ケニアに訪問し、
価値のあるボランティアをし、帰ってきた。

2013年、「希望TV SBS」と共にマラウイに行ったユン・シユンは
太陽光のエネルギー、植樹、デザイン等 各分野の適正技術
(貧困状況で起こる問題を根本的に改善する良い技術)専門家たちと
チームを結成し、マラウイの子供たちに新しい希望をプレゼントし戻ってきた。

当時、アフリカの子供たちとの感動の出会いを忘れられないユン・シユンは
今回2016「希望TV SBS」と共にケニアを訪れた。
現地の子供たちの人生をそのまま感じるために特技を生かし、
野宿も拒まず、水不足も経験しているケニアの住民たちのために
「希望TV SBS」後援者たちの助けを作られた井戸では
湧く希望のユン・シユン水の流れを見て、子供たちと一緒に喜びを分かち合った。

ユン・シユンは、辛くても価値のあるアフリカでの生活を忘れないため、
その日の出来事の感想を毎日記録した。ユン・シユンは記録しながら、
自身の探したキーワードが「教育」ということを答えた。
教育が子供たちの唯一の希望であり、未来のためだからだ。

教育に対してユン・シユンは、人とは違う感銘を受け、
アフリカでのボランティア以降、韓国でも引き続き行われた。
「希少価値(希望の大切な価値)」というタイトルで
ソウルのある大学で講演を開き、
観客に教育の重要性という意味のあるメッセージを
伝えて熱のある反応を得たと答えた。

ユン・シユンは「ひとりひとりが大きいことをできるわけではないけど、
小さいことから実践して、それがこのアフリカまでバタフライ効果が起きて、
一人の子供の人生に、大きい効果を作ることができるのではないだろうか」と
視聴者の小さい関心とサポートを引き立てた。

ユン・シユンが贈る2016希望TV BS 
「リアルケニア体験記」は来る11月18日(金)、19日(土)の二日間放送される
2016「希望TV SBS」を通して確認できる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-02

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

<3つの色のファンタジー>2番手はユン・シユン−チョ・スヒャン
『生同性恋愛(仮)』台本リーディング現場は?




「もう期待できる組み合わせ!台本リーディングの雰囲気は?」

2日(火)MBC9.部作ドラマ<3つの色のファンタジー>の2番目となる作品の
『生同性恋愛(仮)』の台本リーディング現場が公開された。

先月9日、サンアムMBCで行われた『生同性恋愛(仮)』の
初の台本リーディング現場にユン・シユン、チョ・スヒャン、
カン・ギヨン、ジャン・ヒリョン等が参加した。



『生同性恋愛(仮)』の背景はノリャンジンの国家試験を準備する学生が集う街だ。
カップごはんで一食を満たす熾烈な青春が集まっている街を舞台にする
風刺ロマンスファンタジーだ。
大きい拍手と共に始まった台本リーディングは愉快だった。
俳優たちは自身の演じるキャラクターを十分に理解し、
演出が考えるキャラクターを共有しながらチームワークを合わせた。


ユン・シユンは警察公務員4年目であきらめた総8回の落第専門家のソ・インソン役を演じる。
落第専門家らしく勝負の根性も戦闘力も空気も読めず、プラス思考の性格の持ち主だ。
ユン・シユンは、「何よりも面白い。はつらつとしていてエナジーが溢れる作品なので楽しみだ。」
と感想を明らかにした。

<一部中略>



<3つの色のファンタジー>『生同性の恋愛(仮)』は、
今までの短編の素材から逸脱したウェブドラマの限界を克服したミニミニドラマだ。
一生懸命するとう覚悟は基本で、出演俳優みんなが楽しめる台本リーディングの現場だった。

一方、『生同性恋愛(仮)』は崖っぷちに立たされたインソン(ユン・シユン)が
最後に「生物学的同等性試験」という高額アルバイトをしながら繰り広げられる風刺ロマンスだ。
青春の赤裸々な日常と生動感あふれるファンタジーが絶妙に描かれる
『生同性恋愛(仮)』は来年初めに放送予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

1〜20/208件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ→  最後へ→→