INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2018-08-06

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン、おふざけ3種セット大放出


©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユンの魅力が爆発した。

SBS水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、軽快さと重厚さを行き来するストーリー、
多様なキャラクターたちが作る予測できないやり取り、
魅力的な俳優たちの熱演などが相まって、退屈する暇を与えない。

多様な見どころを備えたドラマ『親愛なる判事様(仮)』。
その中でも絶対見逃してはならないことが、キャラクターを演ずる俳優たちの魅力だ。
特に、ドラマ全体を引っ張っていく主人公ユン・シユン(ハン・ガンホ、ハン・スホ役)の
自然な魅力がドラマに活力を吹き込んでいる。
ここでドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は、
ユン・シユンのおふざけ美が爆発するビハインド写真を公開、注目を集めた。

公開された写真の中のユン・シユンは、ドラマの中で
一番多くの時間を過ごす判事室で撮影中だ。
ホットドッグを口に入れたままカメラのモニターを見つめる姿、
カメラに向かっておふざけ美のあふれる笑顔を見せる姿、
茶目っ気たっぷりな視線で誰かを呼ぶ姿など。
とぼけたハンガンホとして完璧に扮したユン・シユンの魅力がにじみ出ている。
見る人まで笑顔にするユン・シユンの暖かい笑顔は
和気あいあいとした撮影現場の雰囲気をそのまま伝えている。

これと関連しドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は
「ムードメーカーユン・シユンと一緒だと、撮影現場はいつも笑顔が絶えない。
おかげでスタッフと俳優たちも楽しく撮影に臨んでいる。
1人2役のため撮影分量も多い方だが、いつも疲れた様子もなく
皆を配慮するユン・シユンがただありがたい。
それだけでなく、ユン・シユンは作品とキャラクターについて常に悩み、
話し合うなど、作品に対する人並みならぬ愛情まで見せてくれる。
ユン・シユンを中心に楽しい雰囲気とチームワーク、努力が一丸となった
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の今後の展開に多くの関心と期待をしてほしい」と伝えた。

〈後略〉

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-08-01

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン
「たくさんの好評に感謝、演技しっかりお見せする」
(インタビュー)


©SBS

SBS水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』でユン・シユンが
「緊張感を緩めず、もっと一生懸命演技に臨む」という力強い覚悟を明らかにした。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、去る7月25日(水)初放送を迎え好評を得た。
特にドラマの中では、前科5犯出身のハン・ガンホと
コンピューター判事のハン・スホ役を引き受け、
身体を張った演技を披露したユン・シユンが視聴者たちから注目を集めている。

ユン・シユンは「先週の初放送を迎え、視聴者の方々に
期待を抱かせることができたという点では私たちも嬉しかったし、
多くの方々から作品に対する好評をいただき本当にありがたかった」と語った。

そして彼は、ガンホとスホ、二つのキャラクターを演じる自分に向けた
様々な意見に対しても「多くの方々から激励と共にお叱りもいただいた。
何よりも見守ってくださったという点で感謝している」とし、
「これからガンホとスホ、この二人の人物を同時に演じ、
視聴者の方々に信頼して頂けるよう緊張感を緩めず
一生懸命やっていく」という覚悟も忘れていない。

最後にユン・シユンは「制作陣と出演陣の皆がこだわりを持って作品を作っている」
と語り、「今週を境にドラマがますます本題に入っていくが、
しっかりお見せしていくので期待してほしい」という言葉で
ドラマに対する期待感をより上昇させた。

〈後略〉

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-31

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン - イ・ユヨン、
お互いに向けたインタビュー公開!!


ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユンとイ・ユヨン、お互いの姿はどう見えるか。

SBS新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が 7月 25日初放送を迎えた。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、初回から登場人物間の
複雑に絡まった関係をおもしろく解き、熱い反応を得た。

〈中略〉

特にユン・シユン(ハン・ガンホ、ハン・スホ役)とイ・ユヨン(ソン・ソウン役)の
関係に関心が寄せられている。二人は取調室で初めて出会い、法院で再び出会った。
前科5犯と検事試補の関係から、不良判事と判事試補の関係となったユン・シユンとイ・ユヨン。
180度変わった姿で向い合った彼らが、これからどんな話を展開していくのか
関心が集まっている。そこで、ユン・シユンとイ・ユヨンに直接聞いてみた。
二人が見るお互いの姿はどうか、一緒に演技をする感想はどうか。


©SBS

-ユン・シユン「イ・ユヨン、見る人まで笑顔にさせる人」

ユン・シユンは「イ・ユヨンの静かで可愛らしい姿は、いつも見る人を笑顔にする。
熱いクッパを食べて慌てる演技をするが、どうしたらあんな風にやり過ぎず、
可愛らしい演技ができるのか驚いたりもした。
やり過ぎない適当さと、微動だが躍動感あふれる演技ができる俳優だ。
そんなイ・ユヨンの姿から多くのことを学んでいる」と説明した。

-イ・ユヨン「ユン・シユンが疲れている姿を見た事がない」

イ・ユヨンから見たユン・シユンは、鋼鉄みたいな人。
イ・ユヨンは「ユン・シユンが疲れている姿を一回も見た事がない。
それだけではなく、撮影が始まればあっという間に役に入り込み
完全に他人に変わる。1人 2役を完璧に演じるため、頭からツマ先まで
気を使って努力する姿が特にすごい」とし、感嘆した。

このようにお互いに対して肯定的で感謝の気持ちを持って
撮影を行っているユン・シユンとイ・ユヨンだ。
これに対してドラマ『親愛なる判事様(仮)』 の制作陣は、
「ユン・シユンとイ・ユヨンは一緒に演技する時にすごい相乗効果を発揮する。
二人は現場で間が空く度に、シーン、キャラクターなどに対してたくさん話し合う。
こんな俳優たちの悩みと努力が作品で表れており、いつもありがたい。
また、活気に満ち、明るい二人のお陰で現場の雰囲気も和気あいあいとしている」と伝えた。

〈後略〉

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-30

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』がユン・シユンにかける期待


©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に全身を捧げる
ユン・シユンのアクション演技が視線を奪った。

SBS水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が7月 25日初放送を迎えた。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は初回から吹きすさぶ展開で視聴者を捕らえた。

〈中略〉

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が、初放送の週から
こんなにも注目された要因で絶対外すことができないのは、
主人公ユン・シユン(ソン・スホ、ハン・ガンホ役)の身体を張った熱演だ。
1人 2役を演じたことはもちろん、激しいアクションシーンでも
爆発的なエネルギーと集中力を発揮した。
特にホ・ジウォン(ジン・ウクテ役)との強烈なアクション演技が
テレビ劇場を強打した。

これについてドラマ『親愛なる判事様(仮)』 制作陣は、
視聴者の反響の大きかったアクションシーンの撮影スチールを公開し注目を集めた。
降りしきる雨の中、歯を食いしばり争うユン・シユンとホ・ジウォンの姿は
まるで猛獣を思い浮かべるほど強烈で、目を離すことができない。

〈中略〉

これと関連し、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の製作陣は
「雨が降り注ぐ状況でのアクションは男性の俳優たちでも簡単ではない。
ユン・シユン、ホ・ジウォンは疲れた様子もなく、最善をつくし撮影に臨んでくれた。
お陰で比較的短い分量だが強烈でインパクトのある作品が完成したと思う。
ユン・シユンの場合、分量も多く、激しいシーンも多かったが、
間が空く度に制作陣と相談をするなど、
明るいエネルギーで撮影現場を守ってくれて、ありがたかった」と伝えた。

完成度の高い作品になるためにはシナリオ、演出、俳優の熱演すべてが
上手く合わなければならない。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』はしっかりとしたシナリオ、
卓越した緩急調節の演出、俳優たちの熱演の3拍子が
すべてぴったり合っている。
ここに俳優及び制作陣の身体を張った情熱まで加わった。
これからもドラマ『親愛なる判事様(仮)』の視聴率上昇が期待される理由だ。

SBS水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は毎週水、木曜日夜10時放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』初放送、ぎゅっと詰め込んだ60分
「ユン・シユンのワンマンショー」


〈前略〉

去る7月25日(水)、初放送を迎えたSBS水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』で
「スホ」と「ガンホ」役を引き受け、1人2役を披露したユン・シユンは、
60分間強烈な存在感で活躍し、それぞれ違ったキャラクターに完璧に適応した姿を見せ、
ワンマンショーに近い熱演を繰り広げた。

双子兄弟であるスホとガンホ、兄であるスホは職業が判事だ。
幼い頃から母親に愛され、常に優秀だった。一方、弟であるガンホは前科者だ。
幼い頃、母親に叩かれる時も兄より2倍多く叩かれ、常に差別を受けてきた。
その上、学生時代危険に陥ったスホを助けようとしたが、
むしろスホの不利な供述で監獄へ行くこととなり、
その時から人生が平坦ではなくなった。

このように環境が正反対であるスホとガンホを、
ユン・シユンは同じ顔で全く違ったキャラクターを演じた。
また、コミックと高難易度アクションまで多様な姿で演技を繰り広げた彼は、
初回から完全に視聴者たちの注目を集めた。

特に、スホの初登場では新年初の裁判で死刑宣告を下す冷徹さ、
また、ガンホが刑務所の中でソン・ドンイルとの出会い、
どこに飛んでいく分からない致命的な姿を表現したユン・シユンは、
本当に他の人物だと勘違いするほど完璧な演技だった。

それだけではなく、多様な衣装とかつらまで絶妙な演出をしたユン・シユンは、
適材適所でドラマに面白さを加え、すべての場面において
全く退屈さを感じさせないたくさんの魅力を披露した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-25

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「普通ではない」ユン・シユンxイ・ユヨン
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』本日韓国初放送



©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』のユン・シユンとイ・ユヨンは、最初の出会いから普通ではない。

SBS 新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』がいよいよ7月25日(水)、初放送を迎える。

〈中略〉

制作陣が初放送を控え、ユン・シユン(ハン・ガンホ、ハン・スホ役)と
イ・ユヨン(ソン・ソウン役)の初めての出会う現場を公開した。
劇を導いて行く二人の主人公の出会い、彼らの話が始まる場所から
既に普通ではなく、好奇心を刺激する。

写真のユン・シユン、イ・ユヨンは取調室と見られる暗い空間に対座している。
特に人目を引くのはユン・シユンの手首で輝く手錠だ。
劇中、ユン・シユンが演じるハン・ガンホは前科5犯のどん底の人生。
淑やかではないヘアスタイルと身なり、そこに手錠まで。
ハン・ガンホが置かれた平凡ではない状況をそのまま表している。

訴えるような身振りと表情のユン・シユンとは対照的に、
イ・ユヨンは断固としていて堅い顔をしたまま座っている。
ソン・ソウンは、過去の痛みを抱え生きて行く外柔内剛の司法研修院生。
歯を食いしばり熱心に生きて行く人物らしく、堂々とした表情と目つきで
ユン・シユンを凝視するイ・ユヨンの姿が、彼が描いて行くソン・ソウンという人物に対する好奇心を刺激する。

まだ正式な検事や弁護士ではない司法研修院生のソン・ソウンが、
ハン・ガンホと取調室に対座している状況が、見る人の好奇心を大幅に上昇させる。
二人はどうして取調室で初めて出会ったのか。
初めての出会いからこのように普通ではないユン・シユンとイ・ユヨンの関係が、
劇中どのように展開されるのか。
この過程で二人の俳優はどんな熱演と掛け合いを見せてくれるのか。

これと関連し、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は
「ユン・シユンとイ・ユヨンはいつも期待を越える俳優だ。
常に情熱的に撮影に臨む姿に制作陣も感嘆している。
こんなにも努力する俳優たちが一同に集まるとシナジー効果はすごかった。
ユン・シユンとイ・ユヨンは撮影が始まるとあっという間にキャラクターに入り込み、
はらはらする緊張感で現場にいたすべてのスタッフたちを驚かせた」と語った。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-23

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
ユン・シユンXソン・ドンイル、笑い爆発の現場



©SBS

SBS新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に出演する
俳優ユン・シユンとソン・ドンイルの写真が22日公開された。

〈中略〉

劇中、ユン・シユン(ハン・ガンホ役)とソン・ドンイル(サマクィ役)は、
監獄で出会い同じ部屋を使うことで強い絆で結ばれることになる。

制作陣は「撮影現場を和気あいあいとした雰囲気にするムードメーカーユン・シユンと、
ソン・ドンイルが一席に集まり、笑いの絶えない日々だ。
二人のお陰でいつも楽しく撮影に臨んでいる。
作品でもそのまま現われているユン・シユンとソン・ドンイルの
弾けるような姿も期待してほしい」と明かした。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は7月25日(水)午後10時初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-23

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン、
吊り下げ・水拷問に血まみれまで「苦労3種セット」



©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』のユン・シユンの苦労3種セットが公開された。

来る7月25日(水)、放送が始まるドラマ『親愛なる判事様(仮)』でユン・シユンは、
コンピューター判事のハン・スホ、前科5犯のどん底人生のハン・ガンホ
という全く違った二人の人物を演じる。
7月21日(土)、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』制作陣は、
ユン・シユンの熱演が引き立つ現場スチールを公開した。

公開された写真はドラマ『親愛なる判事様(仮)』の撮影現場で、
捕らえられたユン・シユンの「苦労3種セット」が映されている。
ユン・シユンは薄暗い空間で空中に足を縛られたまま
逆さに吊り下げられている。また、正体がわからない犯人に捕まり苦しい水拷問をされ、
頭から赤い血を流し地面に投げ付けられている。
ユン・シユンはこんな状況でも集中力を失わず熱演をしている。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は
「ユン・シユンの努力と情熱に拍手を送りたい。単純に走って転ぶ程度ではない。
水拷問は普通な事ではないし、逆さに吊り下げられたりもする。
それでもいつでも笑顔で現場の雰囲気を導き、
演技も最善をつくしてくれるユン・シユンがありがたい。
このようなユン・シユンの情熱が今回のドラマで
どのように輝くか制作陣も期待している。」と伝えた。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は7月25日(水)午後10時初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-20

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』 ユン・シユン、
完璧なスーツ姿大公開「女心鷲づかみ」



©SBS

ユン・シユンが完璧なスーツ姿を披露した。

〈中略〉

公開された写真の中ユン・シユンは、劇中優秀な判事という職業にふさわしく
こぎれいなヘアスタイルからスーツまで完璧な身なりだ。
端正な外見に冷たい表情をしているユン・シユンの強烈で
カッコいい姿は予備視聴者たちの心を鷲づかみにした。

〈後略〉

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-19

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンXイ・ユヨン
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』3次ティーザー公開


来る7月25日SBS新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が初放送を迎える。

<中略>

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に向けた大衆の関心に火を付けたのが、
公開される度に全く違った雰囲気を見せるティーザー映像だ。
1次ティーザーはモノクロ映像の中に、主人公ユン・シユン(ハン・スホ、ハン・ガンホ役)の
存在感を加え、重たいイメージを確立した。
ここに特定の事件に関わった実存人物の肉声のニュースを挿入し、
誰も予想することができなかった熱い話題を投げ関心を集めた。

これに続き公開された2次ティーザーは、走ったり転がったりしながら
身体を張ったユン・シユンの熱演とともに、イ・ユヨン(ソン・ソウン役)、
パク・ビョンウン(オ・サンチョル役)、クォン・ナラ(チュウン役)など主要キャラクターまで公開された。
30秒という比較的短い映像にも関わらず、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の
2次ティーザーは躍動的な面を惜しまずあらわにし、私たちの視線を奪った。

このように2つのティーザーが全く違った雰囲気を見せ、
大衆の期待が高くなった状況でいよいよ3次ティーザーが公開された。
今回も重たいメッセージはもちろん、この上ない力強いエネルギーまで見せ、
人目を引いた。このドラマに対する期待が高まったことももちろんだ。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の3次ティーザーは、前科5犯と判事、
劇中のユン・シユンの二つの姿をはっきりと見せながら始まる。
これに続きこのドラマが扱おうとしている決して簡単ではない問題を次々と見せる。
高圧的な状況を収めた場面と共に、「階級によるセクハラよ・・・」という
ある女性のナレーションが登場する一方、
「言う事を聞かない奴を殴ったのが罪ですか?」という非常識なセリフも聞こえる。

実際の事件をモチーフに劇化したドラマ『親愛なる判事様(仮)』の色を
そのまま見せてくれたと言える。
ここで強調しているのが「法は拳の前では弱く、正義は権力の前では無力だ、
誰が彼らを審判するのか」という強烈なメッセージ。
現代の時代相をそのまま盛り込んだような言葉が、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が描き出す話の重みとメッセージの力を期待させる。

<中略>

公開された3つのティーザーが全て違った色、違った雰囲気、
違ったメッセージを含んでいる。これはドラマ『親愛なる判事様(仮)』が
それほど多様で深みのある力を持っているということを意味する。
ここに身体を張っている俳優たちの情熱と熱演が合わさった。
予備視聴者たちはドラマ『親愛なる判事様(仮)』の初放送を
心待ちにしている。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は7月25日、初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-18

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユンXイ・ユヨン
期待できる組み合わせ...2人ポスター公開



©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』 ユン・シユン、イ・ユヨンの見事な掛け合いが期待される。

来る7月25日(水)、初放送を迎えるSBS新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、
実際に起こった事件をモチーフに劇化したドラマだ。
重みがあり、意味深い話を扱う見込みである。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』には、法に対し全く違った観点で近づく二人がいる。
1人は前科5犯のどん底人生から一瞬にして不良判事になったハン・ガンホ(ユン・シユン)、
もう1人は、痛みを乗り越え立ち上がった外柔内剛の司法研修院生ソン・ソウン(イ・ユヨン)だ。
それぞれ不良判事と司法研修院生である2人は、違った観点で法を眺め、
特別な掛け合いを見せてくれる予定だ。

そんな中、7月18日(水)ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の
ユン・シユン、イ・ユヨンの2人ポスターが公開された。
公開された2人ポスターの中のユン・シユンとイ・ユヨンは、
前後に並んで座りカメラを見つめている。
一番の見どころは、劇中の二人の関係とキャラクターが、ポスターの中に
そっくりそのまま溶け込んでいるという点だ。
ユン・シユンは不良判事というキャラクター通り
両手に無理やりに法典を持ち、お茶目な表情をしている。
イ・ユヨンは、そんなユン・シユンの後ろから彼に法典を見せようと努力する姿。
劇中の二人の決して平凡ではない、愉快な関係をうかがうことができ、人目を引いている。

ここでもう一つ、見逃すことができないことが、
ユン・シユン、イ・ユヨンの二人の特別な組み合わせだ。
二人とも特別な演技力と表現力を誇る俳優であるだけに、
一緒にいるだけでも暖かい空気を作り出し、
見る人の目と心を楽しませてくれる。
似ているようで違う、違うようで似ている二人の姿が、劇中どんな話を解き明かし、
どんな掛け合いを見せてくれるのか期待感を高めている。
来る7月25日(水)午後10時初放送。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
4人ポスター公開、意味深長な目つきの熱戦



©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の4人ポスターが電撃公開された。

<中略>

7月17日(火)、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣が
4人ポスターを電撃公開し、注目を集めている。
ユン・シユン(ハン・スホ、ハン・ガンホ役)、イ・ユヨン(ソン・ソウン役)、
パク・ビョンウン(オ・サンチョル役)、クォン・ナラ(チュウン役)。
劇を導いて行く4人の人物のキャラクターと存在感が
そっくりそのまま映し出されている。
ここにドラマ『親愛なる判事様(仮)』だけの特別感も込められており、目が離せない。

公開されたポスターは、それぞれ違う目つきと表情で
他の場所を見つめる4人の主人公の姿を写している。
まず、ユン・シユンは正義と不良、全く違った二つの要素を絶妙の目つきで表現した。
劇中、ユン・シユンが演ずるハン・ガンホは前科5犯でどん底の人生を歩んだ後、
法服を着ることになる人物。
混乱する人生におけるハン・ガンホの変化が、
ポスターの中のユン・シユンの深みのある表現を通してうまく現われている。

<中略>

公開された 4人ポスターは俳優だけでなく、
ドラマのアイデンティティまで強烈に表現している。
題名のように『親愛なる判事様(仮)』で始まる手紙のイメージが加えられている。
手紙を書く者の切実さ、
手紙を受け取る者のかたよってはいけない立場、
その間に立っている「正義」。
手紙のイメージひとつでこのように多様なものを連想させ、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が究極的に描き出す話を含み、
ドラマに対する期待感を大きく高めている。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』 ユン・シユン、身体を張った熱演


©SBS

来る7月25日(水)、SBSの新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が初放送される。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、 「実戦法律」を土台に
法にない通快な判決を下す不良判事の成長記。
主人公であるユン・シユンが、今までとは180度変わった演技を予告し
期待を高めている。

ユン・シユンは先立って公開されたキャラクタースチールで、
前科5犯に完璧に変身した破格的な姿を披露し、
予備視聴者たちの熱い関心を集めた。
そんな中、7月14日(土)ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は
身体を張った演技を繰り広げるユン・シユンの姿を公開し、再び集中を集めている。

公開された写真の中のユン・シユンは、地面に倒れこんでいる。
それだけでなく、ユン・シユンが水の流れる岩場に倒れたり、
血をだらだらと流したりと、熱演を繰り広げている姿は、
人々の視線を釘付けにした。
額から血を流し、危なげに立っているユン・シユンの姿は、
果して劇中で何が起こったのか好奇心を刺激する。

ユン・シユンは劇の完成度のため、
地面を転がり、血を流し、身体を張った姿を見せた。
岩場での演技は簡単ではないにもかかわらず、
キャラクターに入り込み熱心に演技するユン・シユンの姿が印象深い。

これと関連しドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣側は、
「毎場面、熱心に努力する姿を見せてくれるユン・シユンがありがたい。
転がり、走るアクション場面が多く、体力的な消耗が激しいにもかかわらず、
いつも熱意を持って作品に臨んでくれている。
ユン・シユンが演技する「ハン・ガンホ」のインパクトの強い活躍と
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に多くの愛情と関心をお願いしたい」と伝えた。

〈後略〉

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-11

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「難しくはない、違いがある」 ドラマ『親愛なる判事様(仮)』


©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の俳優たちが差別化された法廷物を予告した。

11日午後 2時、ソウル市ヤンチョン区モク道 SBSホールで、
SBSの新水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の記者会見が開かれた。
この日、記者会見にはユン・シユン、イ・ユヨン、パク・ビョンウン、ナラが参加した。

<中略>


©SBS

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』には前科5犯のハン・ガンホが、
失踪した兄の代わりに判事になって法廷に立つ話だ。
「実践法律」を土台に、法にない通快な判決を下す
不良判事の成長記を描いた作品だ。
ユン・シユンは韓国最高の知能、ハン・スホと、
前科 5犯の風雲児、ハン・ガンホの双子を演じる。

ユン・シユンは1人 2役について「役の人物が持っているトラウマがある。
表情などその痛みを表現する部分に違いを持たせようと思っている。
また、私が猫背なのだが、1人のキャラクターは首を真直ぐに伸ばし、
もう1人は少し曲げる感じで演じている。
このようにとても小さな差を作るために努力している」と明らかにした。

イ・ユヨンとパク・ビョンウンは、楽しい撮影現場の雰囲気を伝えつつ、
ユン・シユンに対する称賛も忘れなかった。
イ・ユヨンはユン・シユンについて「恐ろしいくらいに疲れることがない」とし、
「身体を変えながら演技をしているのに「本当にすごい努力だな」と感じた」と語った。
パク・ビョンウンは「ユン・シユンが法廷で叫ぶ感情的なシーンがあり、
フルショット、バストショットなど何度も撮影したが、
5時間もの間続けて演技をしてくれていた。
相手側の俳優に対しての思いやりが深いと感じた」と微笑んだ。

最後に俳優たちは、他の法廷物とは違う
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』だけの魅力を明らかにし、記者会見を終えた。
ユン・シユンは「カンホというキャラクター自体が立体的で面白いため、
多くの法廷物が出ている中でも視聴者たちが飽きないと思う」とし、
イ・ユヨンは「法廷物なのに、全然難しくない。
「こういうものが正義だ」と答えを出すというよりは、
絶えず失敗を繰り返す成長過程があるドラマ」と明らかにし期待を高めた。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は、ドラマ『フンナムジョンウム』(原題)の後続で
7月25日 夜10時初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンはなぜドラマ『親愛なる判事様(仮)』の出演を決意したのか?


©SBS

<前略>

ユン・シユンは、ドラマ『大君−愛を描く(原題)』以後、
長い休息期もなく『親愛なる判事様(仮)』を通じ、早い復帰を果たした。
それも、特有のまじめで親近感が湧く魅力の「国民イケメン」ではなく、
前科5犯でどん底人生という破格の変身まで予告した。
それならばドラマ『親愛なる判事様(仮)』の出演を決心した理由が何なのか、
彼が思うドラマ『親愛なる判事様(仮)』はどんなドラマなのか聞いてみた。

#「作品は縁、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』だから快く出演を選択」
前作ドラマ『大君−愛を描く(原題)』を通じ、広く愛されたユン・シユン。
その余韻が去る前にユン・シユンはドラマ『親愛なる判事様(仮)』の出演を決めた。
今回も史劇だった前作に劣らず、
転がり走りアクションまで繰り広げなければならない状況。
それでもユン・シユンがためらうことなくドラマ『親愛なる判事様(仮)』を
選択した理由が気になった。

これについてユン・シユンは「作品は縁だと思います。
良い縁が近付いて来たらそれをいつでも受け入れ、
思い出を作って行くべきでしょう。
良いシナリオと良い役が、復帰の時期と関係なく私を動かしました。」と話した。

また、「法廷物に対する憧れと同時に負担も感じていました。
しかし私たちのドラマは、難しい法廷物ではなく、
ユン・シユンという人が持った色感でも描き出すことができるドラマだと感じました。
他に理由はなく、ただこのドラマだから、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』だから快く選びました。」と付け加えた。

#「語感が本当に良いタイトル、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』」
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』はタイトルが非常に特殊だ。
誰かに書く手紙のような感じもあり、
それと同時にドラマのアイデンティティを一番核心的に表現するタイトルでもある。
だから聞いてみた。
ドラマを導いて行く主人公ユン・シユンが初めて
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』というタイトルを知った時、
どんなことを考えたのだろうか。

ユン・シユンは「逆説でもあり、直接的でもある。
私たちのドラマのテーマを明確にしようとしながらも、
何か他の話をするような疑問まで含んでいるタイトルだと思います。
色々とたくさんのことを考えさせられました。
そして、何より語感が本当に良かったです。
親愛なる判事様!」と回想した。

復帰の時期と関係なく、迷わず出演を決心するほど
ユン・シユンにとってドラマ『親愛なる判事様(仮)』は魅力的なドラマだ。
この魅力的なドラマのためにユン・シユンは全力をつくし
視聴者と向き合う準備をしている。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-07-04

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン、
小麦肌 + タトゥー + 強烈な目線…180度変身



©SBS

俳優ユン・シユンがSBS新ドラマ『親愛なる判事様(仮)』で
前科5犯に変身する。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の制作陣は
7月4日(水)にユン・シユンの初スチールカットを公開した。
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は実践法律を基盤として、
痛快な判決を下す不良判事の
成長期を描いたドラマだ。

公開された写真の中のユン・シユンは
既存のイメージとは異なる不良のような姿だ。
薄暗い空間でひたむきに紙に何かを書いている。
彼の右腕には天使のような絵と「ANGLE」という文字のタトゥーが彫られている。

ユン・シユンは劇中、前科5犯どん底人生のハン・ガンホを演じる。
ハン・ガンホは「人生とは今日1日を生きること、
良く生きようが悪く生きようがどのみち明日は無い」
というモットーで生きてきた人物。
そうしてゴミ扱いをされてきた前科5犯ハン・ガンホが一連の事件を経ながら、
法服を着て不良判事になる。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-06-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン×イ・ユヨン、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
初台本リーディングから完璧な呼吸


ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の台本リーディング現場がついに公開された。

来る7月に初放送を前にしたドラマ『親愛なる判事様(仮)』は
実践法律を基盤として、痛快な判決を下す不良判事の
成長期を描いたドラマだ。
大韓民国の代表的な作家と監督が力を合わせた作品として、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』はすでに注目を集めている。

最近、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は台本リーディングを行った。
この日、現場では監督と作家をはじめとした制作陣と
重要な役割をもつ俳優たちが集まった。
それぞれキャラクターの役割に没頭している俳優たちの熱情とエネルギーが、
今回が初合わせという事が信じられないほど完璧だった。

まず、主人公ユン・シユンの活躍が際立っていた。
ユン・シユンはハン・ガンホとハン・スホという全く違う2つのキャラクターの特徴を
完璧に表現し、ドラマに溶け込んだ。
淡々とした演技力を基盤とし、多彩な感情を表現しながら
ドラマ全体を引っ張るユン・シユンの熱演にスタッフたちの感嘆が続いた。

<中略>

笑いと涙、情熱と熱演が溢れた台本リーディング現場だった。
俳優たちは疲れた表情なく各自担ったキャラクター、
そして演技に没頭し、実際の現場を彷彿させる熱い雰囲気だった。
最初からこのように特別な調和と情熱を見せた俳優たちのおかげで
本放送に対する期待感はグンと上昇した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-06-15

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、見れば見るほどハマるファッション画報

俳優ユン・シユンの暑い夏のファッション画報が公開された。

韓国芸能雑誌「THE STAR」の6月、7月合併号画報を通してユン・シユンは
「熱帯夜」をテーマとしてユン・シユンだけの特別な1日を見せた。
今回の画報でユン・シユンは真っ白な服を着て、
青年らしさとセクシーさが溢れる男らしい姿を見せた。
特に台所で料理をしたりベッドに寝転んで奥ゆかしい目つきで
カメラを見つめる姿に、スタッフ達の称賛の声が続出した。
画報撮影後に行われたインタビューでユン・シユンは
ドラマ『大君−愛を描く(原題)』放送終了後、
「今すぐには時間が無くて出来なかったことや
先延ばししていた事だけを考えていたけれど、
時間が過ぎればまたドラマが恋しくなりそうです」と伝えた。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に関しても簡潔に話した。
「ドラマが終わってから短い期間でしたので、
撮影の可否を慎重に考えました。
今回のドラマでは『大君−愛を描く(原題)』のキャラクターとは反対に、
エネルギー溢れるキャラクターを演じます」と伝えた。

また、ユン・シユンは、自身の性格に関する質問に対して、
「本当に感性的なタイプです。火のようで観念的で、思索するのが好きです。」と言った。
『1泊2日』に出演する時とドラマに出演する時の間隔についての質問には、
「ありのままの自分を見せなければいけないことが負担ではあったけれど、
これを通して演技をするのに多くのヒントを得ました。
格好良い姿だけをみせることが愛されることではないと思います。
演技や役割に本来の姿が自然に滲み出るようになって初めて、
良い俳優ユン・シユンとして認められるのではないでしょうか」と説明した。

最後にユン・シユンは「いつも責任感がある人でいたいです。
良い俳優、良い男、良い大人になる為には、
与えられたことにいつも責任を持つ心が大切です」という言葉とともに、
彼は「ユン−ユン・シユンは シ−終始一貫 ユン−ユン・シユンとして
生きている時が一番いい」というあいうえお作文を残し、本人の価値観を語った。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-05-14

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、『親愛なる判事様(仮)』主演確定!

俳優ユン・シユンが『親愛なる判事様(仮)』の主人公として出演する。

ユン・シユンはSBSドラマ『親愛なる判事様(仮)』の主人公にキャスティングされた。

『親愛なる判事様(仮)』は非凡な二つの脳、長身で爽やかな外見、
全ての遺伝子を同じに持つが、全く違う人生を生きるという
一卵性双生児の兄弟の話がつづられた法廷ジャンル物として、
感性的なメロドラマまで加わり、ドラマをよりに面白くする予定だ。

これに、ユン・シユンは演技中に量刑基準を超えた判決が一度もない
コンピューター判事の兄と、前科6犯を経て積んだ実践法律に基づいて
消えた兄に代わり判事という人生を歩む弟。
この2人の人物を演技し、デビュー後初1人2役の演技に挑戦。
全く違う2つのキャラクターを同時に演じ、新しい魅力を見せる予定だ。

<中略>

それだけではなく、フィルモグラフィー史上初めて1人2役に挑戦するほど、
信じて見る俳優、ユン・シユンがまたどんな演技を見せてくれるのか、
既にお茶の間の期待感が高まっている。

SBSの新水・木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は7月中に放送される予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-05-09

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ドラマ『大君(仮)』謙遜を学んだ作品

俳優ユン・シユンがTV朝鮮ドラマ『大君(仮)』を終えた思いを明かした。

ユン・シユンは撮影中、イ・フィ役を担い熱い演技をした。
イ・フィは王位継承序列3位の高貴な身分で絶対的な美貌を持つ男性だ。
しかし、自身が王族ではないということを証明するために力を尽くす。
ユン・シユンは高貴な王者で死の窮地に置かれたイ・フィのドラマチックな人生史を繊細に演じ、
チュ・サンウクとの激しい対立をみせた。
また、チン・セヨンとの切ないロマンスも女心をときめかせたりもした。

「想像できませんでした。この戸惑いをむしろ楽しんでいます。
謙遜の言葉ではなく、いつも作品に最善を尽くそうとしています。
結果が残念であった場合もあり、よくできた場合もあります。
やはり俳優は私がするものではないという事を感じながら終わったようです。」

(中略)

ユン・シユンの演技に<人生キャラクター>という絶賛の声が相次いだりもした。

「そのように見てくれたのであればとても嬉しいです。
その前の作品もそうでしたが、本当にキャラクターに力を入れて演技しました。
まだ台本が出ていない段階でも前の内容やセリフが大体分かり、
前の感情を大体類推することができました。それほど演技に集中しました。
結末もおおよそ私が考えていた結末になって満足でした。
山に登ったこと以外は全て満足しています。
私が今年で33歳なのですが、年齢に比べて精神年齢が少し若いと思います。
実際の性格には男らしさが足りないと思います。
他の作品よりは成功したため、このような男らしい姿に見えたようです。
私が成長していくように、役割でも男らしい姿に見えたのかもしれません。」

『大君(仮)』を通してユン・シユンは謙遜を学んだと言った。

「ファンの方達にも本当に駄々をこねました。
また、悪い結果が出たらどうしようと心配したりもしました。
結局、今回も深く感じたことは、ドラマが終われば数十名の仲間がいて、
同じ目標に向かって進むので決して一人で抱え込もうという考えをしないようにしようと思いました。
撮影現場で挨拶をして笑顔を見せることは基本的な事ですが、
私が一人で全部するということ、一人分だけきちんとやり遂げることが謙遜だと思います。
謙遜を学びました。以前は私が全てをやり遂げないと駄目だという強迫観念があり、
相手に頼ってもいいということを知りませんでした。
万が一、次の作品をすることになって、私の演技力不足だとしても、
監督にオッケーサインをもらえればよくやったという事で、
本当に集中して演技をしてもオッケーサインが出なければよくできなかったという事ですから。
今回、撮影速度が速く、序盤には俳優同士これでいいのかと言うぐらいでした。
でも一部が本当によく撮れました。むしろ私が力を入れると駄目でした。」

※人生キャラクター:これまでの人生の中で最も気に入ったキャラクター

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

1〜20/273件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ→  最後へ→→