INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2019-08-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、『韓国風向』表紙グラビアをSWISS MILITARYと共に



下半期放送予定のtvN水木ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』の主演俳優で
熱演を見せる予定のユン・シユンが、中国韓流マガジン『韓国風向』の
表紙グラビア撮影をした中、グローバルキャリーバッグ専門ブランド、
SWISS MILITARYとグラビア撮影を行い、注目を集めている。

「CITY TRAVEL」をテーマにした今回の俳優ユン・シユンのグラビアは、
クラシックなスーツスタイリングで都市的で洗練された雰囲気と
「SWISS MILITARY」のプレミアムキャリーバッグが合わさり、
柔らかいながらもラグジュアリーな男性美を加え、
ユン・シユンの魅力を一層感じることができる。

俳優ユン・シユンはドラマ『緑豆の花(仮)』終映後、旅行と休息を通して
リフレッシュの時間をもち、下半期に放送されるドラマの撮影準備に邁進しており、
今回のグラビア撮影を通して、より気楽で親近感の湧くイメージから
都市的な男性美まで見せることにより、ファンの心を躍らせることが期待される。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-08-08

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』
ユン·シユン×チョン・インソン×パク·ソンフン、出演確定


俳優ユン·シユン、チョン·インソン、パク·ソンフンが
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』に出演する。

ユン·シユン、チョン·インソン、パク·ソンフンが出演する
tvN新水木ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』は、偶然目撃した殺人事件現場から
逃げ出す途中、事故で記憶を失ったユク·ドンシク(ユン·シユン)が、
手に持っていた殺人過程の詳細が記録されたダイアリーを見て、
自身がサイコパスだと錯覚し展開されていくストーリー。

ユン·シユンは、自分を無視する人たちに一度も怒ることのできない
証券会社の下っ端社員、ユク·ドンシク役を演じる。
ユク・ドンシクは、連続殺人犯の殺人現場を目撃し、逃げる途中で
事故に遭いすべての記憶を失った後、殺人現場で偶然拾った
殺人過程が書かれたダイアリーを見て、自身が連続殺人犯だと勘違いをする。

チョン・インソンは、理想より現実を選んだ町の巡査シム·ボギョン役を演じる。
シム·ボギョンは、敬われる刑事だった父親を追いかけ警察になったが、
一瞬のミスで壊れてしまった父親を見て、夢を消し、現実を選んで生きてきた人物。
ある日、自身の車にひかれて記憶喪失になったが、
犯罪心理学に優れた感を持ったユク・ドンシクと出会い、
連鎖殺人鬼を直接捕まえるという野心を抱くこととなる。

パク・ソンフンは、冷酷で緻密なサイコパス連続殺人魔であり、
ユク・ドンシクが勤める証券会社の理事ソ·インウ役を演じる。
ソ・インウはユク・ドンシクが拾ったダイアリーの持ち主で、
喉の渇きを癒すために殺人を犯す純度100%のサイコパスだ。

制作人は「俳優ユン・シユン、チョン・インソン、パク・ソンフンを
主要キャストに確定した」とし、「作品ごとに、しっかりとした演技力と
替えの効かない魅力で存在感をあらわした三人の俳優の
爆発的なシナジーに期待している。2019年下半期の初放送予定の
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』に期待してほしい」と伝えた。

ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』は2019年下半期初放送予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-07-17

シユンさんがドラマ『緑豆の花(仮)』の打ち上げに参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

シユンさんがドラマ『緑豆の花(仮)』の打ち上げに参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

>>ユン・シユン「花のような笑顔で女心狙撃」
>>ユン・シユン「嬉しさのハート」

  • 2019-07-17

ユン・シユンさんがLG HomeBrewの新製品発表会に参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

ユン・シユンさんがLG HomeBrewの新製品発表会に参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

>>「LG HomeBrewの前で」
>>「LG HomeBrewの味は最高!」

  • 2019-07-12

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『緑豆の花(仮)』
名残惜しさを解消するビハインド写真大放出「和気あいあい」



©SBS

ドラマ『緑豆の花(仮)』のビハインド写真が大放出された。

SBS金土ドラマ『緑豆の花(仮)』は125年前、
この地を激しく揺さぶった「甲午農民戦争」を本格的に描いた民衆歴史劇だ。
ジョン・ヒョンミン作家のストーリー、シン・ギョンス監督の演出、
俳優陣の素晴らしい熱演がかみ合わさり、名作だと好評を得ている。

放映中の言論と視聴者の熱い称賛を得たドラマ『緑豆の花(仮)』が
放送終了まであと2日を残している。
既にドラマ『緑豆の花(仮)』を惜しむ反応が出ている中、7月11日
制作陣が終了の名残惜しさを解消する、撮影現場のビハインド写真を大量公開し、
世間の注目を寄せている。
寒い冬から熱い初夏にかけて、ドラマ『緑豆の花(仮)』の俳優及び制作陣の情熱が
余すことなく感じられる。

公開された写真はドラマ『緑豆の花(仮)』の撮影現場で見られた
俳優陣の様々な姿を写したものだ。
ユン・シユン(ペク・イヒョン役)、チョ・ジョンソク(ペク・イガン役)、
ハン・イェリ(ソン・ジャイン役)ら主演3名はもちろん、
お茶の間へ涙を誘った緑豆将軍チェ・ムソン(チョン・ボンジュン役)、
キム・サンホ(チェ・ドクキ役)、終盤で悪役を見せたパク・ヒョククォン(ペク・カ役)、
アン・キルガン(ヘスン役)-ノ・ヘンハ(ボドゥル役)-ビョンホン(ボンゲ役)ら別動隊、
パク・ギュヨン(ファン・ミョンシム役)ら俳優陣は、
寒い時も熱い時も顔いっぱいに笑顔を浮かべながら撮影を準備している。

カメラを発見し目を合わせて笑顔を浮かべる姿、共に撮影していた牛を
親しみをもって撫でる姿、仲間の俳優陣と会話をする姿など。
刹那を捉えた写真からだけでも、ドラマ『緑豆の花(仮)』の撮影現場の愉快な雰囲気や
チームワークを感じることができる。

<中略>

SBS金土ドラマ『緑豆の花(仮)』45∼46話は、7月12日(金)夜10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-07-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『緑豆の花(仮)』ユン・シユン、今後の10年が期待できる理由

ドラマ『緑豆の花(仮)』で濃い演技力を見せた俳優ユン・シユンが
今年デビュー10年目に突入する。

ユン・シユンは2009年MBC『明日に向かってハイキック』で
ジュニョク学生として登場し、あどけない高校生を演じた。
かっこいい外見と純愛な姿を見せた彼は、すぐに好感の高い俳優として地位を確保した。

新人俳優にも関わらず、すぐさまKBS2TVドラマ『製パン王 キム・タック』の
主人公に抜擢、期待以上の演技力で好評を得た。
ドラマ『明日に向かってハイキック』当時とは違った深い感情線を見せ、
最高視聴率49.3%を記録し、ユン・シユンの代表作となった。

以降、ユン・シユンは休むことなく俳優の道を走り、堅実な作品を積み重ねてきた。
tvNドラマ『となりの美男<イケメン>』では溌剌した役をこなした。
以降も中国ドラマ『『ハッピー・ヌードル〜恋するかくし味〜』、
KBS2『総理と私』に出演し、国内外で活発な活動を見せた。

2014年海兵隊として入隊をしたユン・シユンは、満期除隊後、
お茶の間とバラエティで忙しい歩みを続けた。
JTBC『魔女宝鑑〜ホジュン、若き日の恋〜』でホ・ジュンに扮し
初めて挑戦する時代劇をこなした。

MBC『三色のファンタジー – 生同性恋愛(原題)』、JTBC『KBS2』を通して
多様なジャンルのキャラクターをこなし、好評を得た。

TV朝鮮『不滅の恋人』でユン・シユンの真価はそのまま現れた。
このドラマは当時、地上波を除いた総合編成チャンネル4社及びケーブルチャンネルを含めた
同時間帯の1位を記録した。
ユン・シユンの没入度の高い演技は、熱い呼応を受け
人生最高のキャラクターを更新した。

SBS『親愛なる判事様(原題)』では、初めて1人2役に挑戦し、
不良と判事を同時に演じた。

ユン・シユンは現在SBS『緑豆の花(仮)』に出演している。
誰よりも大きい変化を経験し、数多い感情を表現しなくてはならない
ペク・イヒョンを完全に表現している。

所属事務所MOA ENTERTAINMENTは、
「ユン・シユンは演技する時、誰よりも情熱的」、「10年間毎回違うキャラクターで
限界のない変身を見せ、成長した」と自評した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-04-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『緑豆の花(仮)』 ユン・シユン
「これがチョ・ジョンソクか、男が見てもときめく」


ユン・シユンとチョ・ジョンソクがボーイズロマンスの化学反応を予告している。

4月26日(金)午後、ソウル・陽川区木洞のSBS社屋で
SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』の制作発表会が行われた。
現場にはユン・シユン、チョ・ジョンソク、ハン・イェリ、チェ・ムソン、パク・ヒョックォン、
パク・ギュヨン、ノ・ヘンハらが出席した。

1894年の東学農民運動の歴史の中で、農民軍と討伐隊に分かれて
戦わなければならなかった腹違いの兄弟の、波瀾万丈なストーリーを描いたドラマだ。

劇中、ユン・シユンとチョ・ジョンソクは、実際起こった歴史的事件の架空人物である
ペク・イガン、ペク・イヒョンという腹違いの兄弟を演じている。二人は人物について
想像力を働かせ、その時代を生き抜く彼らの心情を深く描く予定だ。

この日、チョ・ジョンソクは「ユン・シユンの第一印象はとても良かった。
バラエティ番組を通してユン・シユンが愉快な人だと思っていたのだが、
最初会った時もそう思った」と話し、「一緒にいて楽しい人だ。演技の面でも
言葉で言い表すことのできないくらいとても良い」と続けた。

そしてチョ・ジョンソクは「ユン・シユンさんが相手役の俳優に対し、気遣いがよくできる。
一緒に演技をする時、安心感を与える力がある。それほど今後もより
期待ができ、楽しく撮影できるだろう」と加えた。

ユン・シユンは「キャスティングの記事が出た後、周囲から祝福の電話を
たくさんもらった。チョ・ジョンソクさんと一緒にやるということに対し
たくさん祝福して下さったのだ。特に女性の知人らが喜んでいて、
称賛してくださった」「撮影をしながら『これがチョ・ジョンソクなのか』と実感した。
一緒にいると、男である自分が見てもときめくほど魅力的な俳優だと思う」と
称賛を惜しまなかった。

SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』は、4月26日(金)、
夜10時に初放送だされる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-04-24

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「今年デビュー10年目、演技している時生きていると感じられる」

俳優ユン・シユンがSBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』で
お茶の間に復帰する中、画報を通してより深みを増した眼差しを見せた。

ファッション雑誌「Singles」側は23日、ユン・シユンの画報を公開した。
ユン・シユンは今回の画報の撮影で多様なスーツを魅力的に着こなした。

撮影合間の休憩のたびに『緑豆の花(仮)』の台本を広げ、
デビュー10年目のユン・シユンは
「演技している時生きていると感じられる」とし、
今回の作品を選んだ理由については「ペク・イヒョンという人物の魅力が
強く迫ってきたので『緑豆の花(仮)』を選んだ」と語っている。

『緑豆の花(仮)』は最初の農民放棄が起きた全羅道・古阜を背景に、
農民軍と討伐隊で対立する兄弟の話を描いている。
今回の作品の目標と関連させ、「劇中で扱う東学農民運動は韓国の民主主義の
根幹になった事件だと思う。良い演技やかっこいい場面も重要だが、
熾烈に戦う人々の声の中、ペク・イヒョンという人物のメッセージを
明確に伝えることだ」と話した。

そんな中、ユン・シユンはデビュー後、毎年2、3作品ずつ誠実に活動していた。
粘り強い演技活動の秘訣について、「長い間休むことで退歩してしまうという不安と、
いつか成長した自分の姿に対する期待の為に、挑戦し続けている。
なにより良い台本と役を下さるこのような幸せな状況で、自分が止まる理由がない」と
謙遜した姿を見せた。

ユン・シユンの画報とインタビューは「Singles」5月号、
楽しいオンラインサイト「Singlesモバイル」で閲覧することができる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-04-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『緑豆の花(仮)』 ユン・シユン「民衆の物語、やってみたかった」



ドラマ『緑豆の花(仮)』 ユン・シユン「民衆の物語、やってみたかった」

ユン・シユンはベストを尽くし、民衆歴史劇のドラマ『緑豆の花(仮)』と向き合っている。

4月26日(金)、SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』が初放送を迎える。
1894年の東学農民運動の歴史の中で、農民軍と討伐隊に分かれて
戦わなければならなかった腹違いの兄弟の、波瀾万丈なストーリーを描いたドラマだ。
東学農民運動を本格的に描いた民衆歴史劇として作品性、
メッセージ、熱演などすべての面で「歴代級」大作の誕生を予告している。

ドラマ『緑豆の花(仮)』は、腹違いの兄弟の物語だ。
それだけ劇中、腹違いの兄弟として登場するユン・シユン(ペク・イヒョン役)、
チョ・ジョンソク(ペク・イガン役)の役割は重要だ。
特に、ユン・シユンは前作SBSドラマ『親愛なる判事様』と
180度変わった姿を予告、大きい期待を集めている。
ここでユン・シユンに直接質問した。ドラマ『緑豆の花(仮)』を選択した理由が何なのか、
どのようにペク・イヒョンを作って行っているのか。

◆ 「民衆の物語、やってみたかった」

ドラマ『緑豆の花(仮)』は東学農民運動を本格的に描いた民衆歴史劇だ。
既存の時代劇の多くが、宮廷の権力暗闘、歴史的人物の一代記に集中し、
物語を広げていくが、ドラマ『緑豆の花(仮)』は東学農民運動という
歴史的事実を背景とし、野草のように折れなかった民衆たちの物語だ。
そんなドラマ『緑豆の花(仮)』だけの特徴が、ユン・シユンにも魅力的に近付いた。

ユン・シユンは「普段は、朝鮮後期を背景とした時代に関心が高かった。
近現代を作ってくれた一番近い歴史なので、はるか遠い話のようでありながらも、
私たちの話だ。民衆の物語。その時代のさまざまな声が、あまりにも魅力的だった。
なので、私も必ずやってみたかった」とドラマ『緑豆の花(仮)』の
出演を決心した理由を明らかにした。

◆ 「愛着の沸くキャラクター ペク・イヒョン、チョ・ジョンソクのアドバイスのお陰で悩み解決」

ドラマ『緑豆の花(仮)』で、ユン・シユンが引き受けたペク・イヒョンは
腐さってしまった朝鮮に挫折するのではなく、新たな開化を夢見る人物だ。
東学農民運動の歴史の中で、一番劇的な変化を経験する人物でもある。
それほど俳優として表現するのも容易ではなかったはず。
ユン・シユンは苦悩と情熱、チョ・ジョンソクのアドバイスでこれを克服していっている。

ユン・シユンは「ペク・イヒョンは甲申政変を象徴する人物だと思う。
苦悩する知識人、苦悩する開化派の人物だ。農民軍と国家という対峙。
その二つの勢力だけでなく、開化に異なった方法論を持った勢力もあったということを
知らせる人物なので愛着が沸いた」と自分のキャラクター「ペク・イヒョン」についた説明した。

これに続き、「序盤で、彼(ペク・イヒョン)の変化を表現するため、
演技的にずっとヒントを与えなければならないのか悩んでいた。
その時、チョ・ジョンソクさんが決定的なアドバイスをくださった。
余裕のある、楽なテンポの人物が後半に行くほど密度が深くなれば、
ずっと強く見えるということだった。全く考えてもいなかった方法なのに、
解けなかった問題が解けて行く気分だった」と自分の悩みと、
これを解いてくれたチョ・ジョンソクに対する感謝を伝えた。

先立って公開されたドラマ『緑豆の花(仮)』のティーザー及び撮影スチール、
キャラクターポスターのユン・シユンは、既存のイメージでは見られない程、強烈で新しかった。
少年から野獣になったと言うコピーそのままの姿なので、既に絶賛されている。
情熱と努力、キャラクターに対する愛着と深い悩みがあったから
ドラマ『緑豆の花(仮)』の中の俳優ユン・シユンの存在感が期待される。
SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』は 4月26日(金)夜10時初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-03-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『緑豆の花(仮)』 台本リーディング現場公開

2019年 上半期最高の期待作『緑豆の花(仮)』がベールを脱ぐ。

来る4月SBS 新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』が初放送される。
ドラマ『緑豆の花(仮)』は、1894年の東学農民運動の歴史の中で、
農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった腹違いの兄弟の、
波瀾万丈なストーリーを描いたドラマだ。

去る1月、ドラマ『緑豆の花(仮)』はSBSイルサン制作センターで、
台本リーディングを進行、活気に満ちた出撃を知らせた。
この日、現場にはシン・ギョンス監督を含めた制作陣とユン・シユン、
チョ・ジョンソク、ハン・イェリなど主要な役柄を引き受けた俳優たちが参加した。
「信じて見る他ない」名俳優たちの出撃で、大作の誕生を予感させる。

<中略>

腹違いの兄弟のうち、弟「パク・イヒョン」役のユン・シユンは、
並外れた表現力、繊細な演技力を披露した。
知的で冷徹な姿から運命の渦により徐々に変化していく人物の心理まで
完全に盛り込んだユン・シユンの演技は、ドラマの中の彼の活躍を期待させる。

<中略>

SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』は、2019年4月に初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-02-18

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン×Boom『恋愛DNA研究所X』2MC確定、20日初放送


©MBN

バラエティー番組でめったに見られなかった俳優ユン・シユンと、
MCのBoomがメインMCへの挑戦を伝え、期待を集めている
MBN新バラエティー『恋愛DNA研究所X(仮)』が、
初放送を控え公式ポスターを公開した。

2月20日(水)午後11時初放送を迎える『恋愛DNA研究所X(仮)』は、
見た目は完璧だが、恋愛では問題のある主人公たちの恋愛DNAを分析し、
オーダーメイド式ソリューションを提供するB級恋愛トークショーだ。

公開されたポスターには「故障した恋愛DNAを分析する」という
メインコピーとともに、メインMC2人が個性溢れる表情と魅力で視線を捕らえる。

(中略)

『恋愛DNA研究所X』では、メインMCである俳優ユン・シユンと、
MCのBoomの他、コメディアン シン・ボンソン、ホン・ヒョンフィ、
歌手スビン、GREE、恋愛コラムニスト チョン・ソダム、モデル ビョン・ジュソなどが、
恋愛専門家として共にする。彼らは各自が積んで来た自分だけの内功とデータで、
恋愛スキルとノウハウを伝授し、プログラムに活力を加える見込みだ。
それに加え、MC達は現実的な解決方法を提供する恋愛コーチとして
活躍すると見られ、期待を集めている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-01-07

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン-チョ・ジョンソク-ハン・イェリ、
2019期待作ドラマ『緑豆の花(仮)』主演確定[公式立場]



©MOA ENTERTAINMENT, JS COMPANY, marie claire

ユン・シユン、チョ・ジョンソク、ハン・イェリがSBSの新ドラマ『緑豆の花(仮)』で出会う。

俳優ユン・シユン、チョ・ジョンソク、ハン・イェリがSBSの新ドラマ『緑豆の花(仮)』の
主人公として出演を確定した。
重い存在感と卓越した演技力で劇に深みを与える俳優たちの出会いということもあり、
既に熱い関心を呼んでいる。

<中略>

ユン・シユンは腹違いの兄弟のうち、弟のペク・イヒョン役を演じる。
ペク・イヒョンはペク家の末っ子であり、兄のペク・イガンと違い本妻の実子である嫡子だ。
日本留学まで経験し、科擧を控えているエリート。
秀麗な容貌、高邁な人柄、優雅な言動など何一つ欠点のない人物で、
腹違いの兄ペク・イガンにも敬意をもって接する。

何よりもユン・シユン、チョ・ジョンソク、ハン・イェリの3人の
俳優の出会いが話題を集めている。
スクリーン、舞台、テレビ劇場を通し大衆を魅了する俳優チョ・ジョンソク。
独特な個性と色のある演技、キャラクター消化力を誇る女優ハン・イェリ。
作品を見定める眼と演技への情熱で、「信じて観ることができる俳優」として
位置づけられたユン・シユン。
このように名前だけでも信頼される3人の俳優が1つのドラマで出会った。
彼らが見せてくれる完璧を上回る演技が、彼らが描く波瀾万丈な3人の運命が、
『緑豆の花(仮)』に対する期待を高める。

一方、ユン・シユン、チョ・ジョンソク、ハン・イェリの主演3人の
キャスティング確定と共に、本格的な撮影を控えている
SBSの新ドラマ『緑豆の花(仮)』は、2019年上半期にSBSで放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-12-26

「2018 KBS 芸能大賞」に参加されたシユンさんの様子が
公開されましたので皆さんにご紹介します。

12月22日(土)、ソウル汝矣島にあるKBS本館で開かれた
「2018 KBS 芸能大賞」にシユンさんが参加されました。
その様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

>>ユン・シユン-ソルヒョン、楽しい授賞式
>>ユン・シユン-ソルヒョン、優しい挨拶
>>ユン・シユン-ソルヒョン、眩しいカップル

  • 2018-12-14

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン、
「ファンの愛のおかげで勇気を出す事ができた」


俳優ユン・シユンがドラマ『親愛なる判事様(仮)』を終え、
愛情と心のこもった放送終了の感想を伝えた。

ユン・シユンは所属事務所MOA ENTERTAINMENTの公式SNSを通じ、
最後の撮影現場で撮った放送終了の感想を伝えた。

彼は「未熟なのにいつも愛して下さり、足りないところもいつも最高だと言って下さる
ファンの方々に感謝します。その愛のおかげで勇気を出して挑戦する事ができ、
成長する事ができました」と伝えた。
続いて「次の作品でお会いする時はもっと良くなった姿で、
また自身との戦いに負けることなく、色々な姿をお見せしますので、
少しだけ待っていて下さい。良いお知らせでまた会いに行きます。
いつも努力する俳優になります。ありがとうございます」と締めくくった。

このようにユン・シユンは今まで1人2役を担い、簡単ではなかった長い道のりで
大きな力になってくれたファンや、
たくさんの応援を送ってくれた視聴者に心を込めた感謝を伝えた。
一言一言に愛情を込め気持ちを伝えた彼の素直さは、見る者も感動させた。

ユン・シユンは今回のドラマを通し、毎回真剣さを込めた熱演と
繊細で豊富な感情演技で好評を受けた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-12-13

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン、
「ニセ判事の成長史」応援される理由


俳優ユン・シユンが大きな共感を得ながら、視聴者たちから熱烈な応援を受けている。

SBS水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』はガンホとスホ、双子の兄弟の話だ。
兄は判事、弟は前科5犯で、性格も心も全く違う二人の兄弟が
正反対の環境で育ち、巧妙に運命が入れ替わりながら起こるストーリーだ。

ここで双子の兄弟の役を演じたユン・シユン、独創的な熱演を見せ
それぞれのキャラクターに説得力を持たせて視聴者たちを魅了している。

<中略>

また、前回の放送でサイダーのような気持ち良さを抱かせてくれた
ユン・シユンの懲戒委員会シーンは、視聴者たちの激しい共感を呼んだ。
単純な劇中のキャラクターの状況と言うにはあまりにも現実的な場面たちが
ユン・シユンのより深くなった演技と出会い、信頼性は倍になり、
今後起こる展開に対しても期待感と緊張感を同時に呼び起こした。

最初は賄賂の10億を受けるために弟のガンホが兄になりすましたが
今後徐々に成長する姿に、視聴者たちの応援と関心が高まっている。
このような演技変身にチャレンジしたユン・シユンにも好評が降り注いでいる。
それぞれのキャラクターを立体的に表現し、実際よりも
より現実感を持たせて描く彼の演技に対し多くの拍手が送られている。

あるドラマ関係者は「ユン・シユンの演技への情熱は、皆が知っているように本当にすごい。
疲れることのない情熱でそれぞれのキャラクターの真心と個性をうまく表す。
キャラクターに対する愛情も人一倍強く、まだまだお見せするものがたくさんある俳優だ。
まだ残っている道のりの中、彼が描くストーリーに多くの関心と期待をお願いする」と伝えた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-12-12

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユン×イ・ユヨン、
ビハインド写真すら惹かれる



©SBS

俳優ユン・シユン、イ・ユヨンの重力カップルの呼吸に惹かれる。

SBS水木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』側が
「重力カップル」と呼ばれるユン・シユンとイ・ユヨンの撮影現場をサプライズ公開した。

写真の中のユン・シユンとイ・ユヨンは劇中のソン・ソウンの家と思われる場所で
一生懸命撮影を準備中だ。
向かい合い一緒に動線を確認したり、セリフを練習する姿が微笑ましい。
撮影場の雰囲気を明るくするユン・シユンの笑顔と、
台本に精いっぱい集中しているイ・ユヨンの表情も視線を集めた。

何よりも、撮影中ベンチに並んで座った二人がカメラに向かって
いたずらっぽいポーズと表情を見せ、微笑んでいる姿が見る者を和ませる。
ビハインド写真にも関わらず「重力カップル」の愛らしいケミストリーと
和気あいあいとしたチームワークが視聴者をよりときめかせている。

ユン・シユンとイ・ユヨンの特別なケミストリーが劇中のハン・ガンホ(ユン・シユン)
ソン・ソウン(イ・ユヨン)のロマンスをより応援したくなるようにさせている。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-12-11

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』1人2役まで「何でもできる」
ユン・シユン、見事に通じた


俳優ユン・シユンがドラマ『親愛なる判事様(仮)』を通して自身の真価を証明した。

好評の中終了したドラマ『親愛なる判事様(仮)』で最も活発な活躍を見せたユン・シユン、
双子の兄弟「ガンホ」と「スホ」役で1人2役を担い、熱演を披露し視聴者から愛された。

ユン・シユンは卓越したキャラクター消化力で初放送からドラマへの集中度を高め、
荒いアクションや豊富な感情シーン、胸を痛ませる嗚咽シーンまで、
回を重ねるごとに絡み合う展開を
誠実に読み解きながら、優れた演技力を余すことなく見せた。

特にドラマ中、それぞれの役割ごとにラブラインが異なり、
それぞれ生きてきた環境により口調や表情、歩き方まで違うのに
これを特有の魅力を活かし表情や声、時には目から伝わる雰囲気だけで
正確に区別しドラマをより豊かにした。

それだけでなく彼のいけ図々しい口調や表情が、時にはドラマのユーモアも担当し
より多彩な魅力を伝えた。

<中略>

ユン・シユンは今回のドラマを通して改めて俳優としての立地を確立した。
1人2役の特性上、回ごとにとんでもない分量の撮影を消化し切ったことはもちろん
様々な場面を通し、多彩で豊富な見どころを贈ったユン・シユンは
今一度自身の存在感を見せつけた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-12-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、シン・ヒョンジュン、ソルヒョン、
2年ぶりに開催される「2018 KBS 芸能大賞」MC



©KBS

「2018 KBS 芸能大賞」のMCに
俳優ユン・シユン、シン・ヒョンジュン、ソルヒョンが確定した。

KBSは「来る12月22日(土)夜9時20分に放送される「2018 KBS 芸能大賞」のMCに
ユン・シユン、シン・ヒョンジュン、ソルヒョンが確定した」と
12月10日(月)に公式発表した。

<中略>

ユン・シユンは初めて芸能大賞のMCとして舞台に上がる。
ドラマやバラエティを通して大活躍をしているユン・シユンは2016年
「1泊2日シーズン3」の固定メンバーとして合流した。
以後、現在まで彼は明るい末っ子「ユン・ドング」のキャラクターで毎週視聴者たちに会っている。
このように優れたビジュアルと親近感溢れる彼の魅力が「2018 KBS 芸能大賞」で
100%発散されることを予告し、期待を高めている。

これにKBS側は「ユン・シユン、シン・ヒョンジュン、ソルヒョンが
2年ぶりに開催される「2018 KBS 芸能大賞」3MCで呼吸を合わせることになった。
ベテランMCシン・ヒョンジュンを筆頭に、美男美女ビジュアルのユン・シユン、ソルヒョンまで
3人の新鮮な組み合わせが相性抜群のケミストリーを作り出す予定のため
期待してほしい」と伝えた。

「2018 KBS 芸能大賞」は来る12月22日(土)夜9時20分から放送される予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-12-05

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユンの演技に熱狂する理由

俳優ユン・シユンの多彩な活躍が続いている。

SBSドラマ『親愛なる判事様(仮)』を通し、
デビュー後初となる一人二役を担ったユン・シユンは
「ガンホ」と「スホ」二人のキャラクターをそのまま自分のものに仕上げ、
存在感を改めて確認させている。

まず、ユン・シユンの「ハン・ガンホ」は「素直さ」そのものだ。
悔しい時は激しく怒る。
悲しい時は涙をポタポタ流しながら弱々しくなり、その瞬間の感情をそのまま伝達する。
これは単純に演技をするという次元を超え、実際にそうであるかのような事実性、
自身だけの個性をそのまま溶かし込んだ結果物として、素直さをより深くし、説得力を高めた。

それだけでなくユン・シユンは劇中のソウン(イ・ユヨン扮)とのロマンスにおいても
他のどのロマンスよりも熱烈な応援を受けている。
初々しい感情をそのままに、ときめきと慰めを同時に伝える「ユン・シユン印の」ロマンスに
視聴者からはたくさんの共感を得ている。

ユン・シユンの「ハン・スホ」はまた違う魅力を持っている。
表情が無く冷たい雰囲気の中に、妙な余韻が残る。
スホのまだ解けていないストーリーに多くの関心が集まり、
これからの展開に対する期待も高まっている。

ドラマ関係者によると「ユン・シユンは瞬発力が良い方だ。
全てのキャラクターを「ユン・シユン化」させる。
撮影に入ると、キャラクターを解いて表現する過程において、驚くほどの集中力で入り込む。
その演技方式が、視聴者たちからも多くの共感を得ている」と伝えた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-12-04

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
ユン・シユンの挑戦、俳優としてまた成長した


ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が有終の美を飾った。
そしてドラマを率いたユン・シユンも俳優としてまた一歩成長した姿を見せ
視聴者から好評を得た。

<中略>

しっかりとしたストーリーのドラマをより面白く、より豊富にしたのは
劇中でハン・ガンホとハン・スホ役を担い、一人二役を消化したユン・シユンだった。
ユン・シユンはチンピラのハン・ガンホと、血も涙もない冷徹な判事ハン・スホの姿を
行き来しながら、立体感のある演技を見せた。
特にユン・シユンはチンピラのハン・ガンホを演じながら、
笑いや痛快さ、時には込み上げるような感動を与え、
冷徹な判事ハン・スホを描く時は、一つ一つベールを脱がせながら視聴者の好奇心を刺激した。

ユン・シユンはドラマ『親愛なる判事様(仮)』を通してデビュー後初めて「一人二役」に挑戦した。
放送を前に行われたドラマ制作発表会現場でユン・シユンは
「演技力を評価されることができる舞台だと思う」と、ときめきと緊張を見せた。
彼は「法廷ものをずっとやってみたかった。演技力が足りないと説得力が落ちるジャンルのため、
目標であり夢だった。台本を見た瞬間に「チャンス」だと考え、すぐに出演を決定した」と付け加えた。

「演技力を試される機会」と、決心してドラマ『親愛なる判事様(仮)』に飛び込んだユン・シユンは、
ドラマに出演するどの俳優と競っても劣らない演技力でドラマを率いていった。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

1〜20/296件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ→  最後へ→→