INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2018-06-15

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、見れば見るほどハマるファッション画報

俳優ユン・シユンの暑い夏のファッション画報が公開された。

韓国芸能雑誌「THE STAR」の6月、7月合併号画報を通してユン・シユンは
「熱帯夜」をテーマとしてユン・シユンだけの特別な1日を見せた。
今回の画報でユン・シユンは真っ白な服を着て、
青年らしさとセクシーさが溢れる男らしい姿を見せた。
特に台所で料理をしたりベッドに寝転んで奥ゆかしい目つきで
カメラを見つめる姿に、スタッフ達の称賛の声が続出した。
画報撮影後に行われたインタビューでユン・シユンは
ドラマ『大君−愛を描く(原題)』放送終了後、
「今すぐには時間が無くて出来なかったことや
先延ばししていた事だけを考えていたけれど、
時間が過ぎればまたドラマが恋しくなりそうです」と伝えた。

ドラマ『親愛なる判事様(仮)』に関しても簡潔に話した。
「ドラマが終わってから短い期間でしたので、
撮影の可否を慎重に考えました。
今回のドラマでは『大君−愛を描く(原題)』のキャラクターとは反対に、
エネルギー溢れるキャラクターを演じます」と伝えた。

また、ユン・シユンは、自身の性格に関する質問に対して、
「本当に感性的なタイプです。火のようで観念的で、思索するのが好きです。」と言った。
『1泊2日』に出演する時とドラマに出演する時の間隔についての質問には、
「ありのままの自分を見せなければいけないことが負担ではあったけれど、
これを通して演技をするのに多くのヒントを得ました。
格好良い姿だけをみせることが愛されることではないと思います。
演技や役割に本来の姿が自然に滲み出るようになって初めて、
良い俳優ユン・シユンとして認められるのではないでしょうか」と説明した。

最後にユン・シユンは「いつも責任感がある人でいたいです。
良い俳優、良い男、良い大人になる為には、
与えられたことにいつも責任を持つ心が大切です」という言葉とともに、
彼は「ユン−ユン・シユンは シ−終始一貫 ユン−ユン・シユンとして
生きている時が一番いい」というあいうえお作文を残し、本人の価値観を語った。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-05-14

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、『親愛なる判事様(仮)』主演確定!

俳優ユン・シユンが『親愛なる判事様(仮)』の主人公として出演する。

ユン・シユンはSBSドラマ『親愛なる判事様(仮)』の主人公にキャスティングされた。

『親愛なる判事様(仮)』は非凡な二つの脳、長身で爽やかな外見、
全ての遺伝子を同じに持つが、全く違う人生を生きるという
一卵性双生児の兄弟の話がつづられた法廷ジャンル物として、
感性的なメロドラマまで加わり、ドラマをよりに面白くする予定だ。

これに、ユン・シユンは演技中に量刑基準を超えた判決が一度もない
コンピューター判事の兄と、前科6犯を経て積んだ実践法律に基づいて
消えた兄に代わり判事という人生を歩む弟。
この2人の人物を演技し、デビュー後初1人2役の演技に挑戦。
全く違う2つのキャラクターを同時に演じ、新しい魅力を見せる予定だ。

<中略>

それだけではなく、フィルモグラフィー史上初めて1人2役に挑戦するほど、
信じて見る俳優、ユン・シユンがまたどんな演技を見せてくれるのか、
既にお茶の間の期待感が高まっている。

SBSの新水・木ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は7月中に放送される予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-05-09

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ドラマ『大君(仮)』謙遜を学んだ作品

俳優ユン・シユンがTV朝鮮ドラマ『大君(仮)』を終えた思いを明かした。

ユン・シユンは撮影中、イ・フィ役を担い熱い演技をした。
イ・フィは王位継承序列3位の高貴な身分で絶対的な美貌を持つ男性だ。
しかし、自身が王族ではないということを証明するために力を尽くす。
ユン・シユンは高貴な王者で死の窮地に置かれたイ・フィのドラマチックな人生史を繊細に演じ、
チュ・サンウクとの激しい対立をみせた。
また、チン・セヨンとの切ないロマンスも女心をときめかせたりもした。

「想像できませんでした。この戸惑いをむしろ楽しんでいます。
謙遜の言葉ではなく、いつも作品に最善を尽くそうとしています。
結果が残念であった場合もあり、よくできた場合もあります。
やはり俳優は私がするものではないという事を感じながら終わったようです。」

(中略)

ユン・シユンの演技に<人生キャラクター>という絶賛の声が相次いだりもした。

「そのように見てくれたのであればとても嬉しいです。
その前の作品もそうでしたが、本当にキャラクターに力を入れて演技しました。
まだ台本が出ていない段階でも前の内容やセリフが大体分かり、
前の感情を大体類推することができました。それほど演技に集中しました。
結末もおおよそ私が考えていた結末になって満足でした。
山に登ったこと以外は全て満足しています。
私が今年で33歳なのですが、年齢に比べて精神年齢が少し若いと思います。
実際の性格には男らしさが足りないと思います。
他の作品よりは成功したため、このような男らしい姿に見えたようです。
私が成長していくように、役割でも男らしい姿に見えたのかもしれません。」

『大君(仮)』を通してユン・シユンは謙遜を学んだと言った。

「ファンの方達にも本当に駄々をこねました。
また、悪い結果が出たらどうしようと心配したりもしました。
結局、今回も深く感じたことは、ドラマが終われば数十名の仲間がいて、
同じ目標に向かって進むので決して一人で抱え込もうという考えをしないようにしようと思いました。
撮影現場で挨拶をして笑顔を見せることは基本的な事ですが、
私が一人で全部するということ、一人分だけきちんとやり遂げることが謙遜だと思います。
謙遜を学びました。以前は私が全てをやり遂げないと駄目だという強迫観念があり、
相手に頼ってもいいということを知りませんでした。
万が一、次の作品をすることになって、私の演技力不足だとしても、
監督にオッケーサインをもらえればよくやったという事で、
本当に集中して演技をしてもオッケーサインが出なければよくできなかったという事ですから。
今回、撮影速度が速く、序盤には俳優同士これでいいのかと言うぐらいでした。
でも一部が本当によく撮れました。むしろ私が力を入れると駄目でした。」

※人生キャラクター:これまでの人生の中で最も気に入ったキャラクター

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-05-08

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『大君(仮)』ユン・シユン、唯一無二の俳優へと成長

俳優ユン・シユンが『大君(仮)』を通して唯一無二の俳優であることを証明し、
そして今までの印象をガラッと変えた。

(中略)

TV朝鮮特別企画ドラマ『大君(仮)』の最終話でユン・シユンは
ウンソン大君<イ・フィ>として兄から愛する人と王座を守り抜く姿を繊細に演技してみせ、
最後まで好評を得た。

ユン・シユンは、ドラマ初回から戦場で壮絶に過ごした強さ、
3年ぶりに大妃に出会った喜び、チュサンが崩御した悲しみ、
そして長く会えなかった恋人ジャヒョンに出会った哀切までを
たったの1話の中で喜怒哀楽を表現してみせ、お茶の間の心を掴んだ。

これに続き、毎回多彩な目つきから訴える力のある涙演技まで、
安定していて淡々とした演技力と、氷点下の川に入るなどという体当たりの熱演で
ブラウン管を満たし、男主人公としての力強さをみせた。

それだけではなく、カリスマある大君の姿から、
熾烈でありながらも愛に溢れた様子をみせたユン・シユンは、
演技に熱中することはもちろん、視聴者をときめかせ、<信じて見る俳優>であることを証明した。

このように、ユン・シユンは多数の作品を通して積んで来た堅実な演技の能力と、
より深くなった演技力で世界中のどこにもいない<イ・フィ>のキャラクターを創り出し、
視聴者達に長い余韻を残した。

今回の作品を通して、いつの間にか時期作を待ってしまう俳優として成長したユン・シユンの
次の行動はすでに注目を集めている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-05-01

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『大君(仮)』、ユン・シユンではないイ・フィを想像できるか?

彼はTV朝鮮ドラマ『大君(仮)』で、
兄のイ・ガンから愛する人と王座を守ろうとするウンソン大君イ・フィ役を演じ、
完璧な演技を見せている。
これに、視聴者達は「ユン・シユンではないイ・フィを想像することができない」と
好評を得ている。

ユン・シユンはドラマ序盤から多彩な目つきと感情演技で
視聴者達の心を捕まえるのに成功したという評価だ。
見る影もない時間を送った力強い姿から憤り嗚咽する姿など、
人物の感情によって繊細な演技を見せた。
ジャヒョンとの切ない愛を見せるのかと思えば、
目力のある泣きの演技でお茶の間を胸いっぱいにさせた。

このようにユン・シユンは怒りが増すほど淡々とした演技内功と、
大変なキャラクター分析でより深みが増した演技力を見せている。
放送終了まで残り2話となった中、イ・ガンとジャヒョンの間で
どのような選択をするのかに関心が集まっている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-04-18

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、“『ジャングルの法則』の出演確定、
三年のラブコールに応える”


俳優ユン・シユンがジャングルへと出発する。

ユン・シユン所属事務所MOA ENTERTAINMENT側は
18日のXスポーツニュースに「ユン・シユンが『ジャングルの法則』出演を確定した。
5月中にマレーシアへ出国する予定だ」と明らかにした。

ユン・シユンの撮影は過去にSBS『裸足の友達』を
共にしたミン・ソンホンプロデューサーのラブコールで成り立った。
関係者によると3年にわたるラブコールの末に出演することを決心したそうだ。

『1泊2日』を通して野生バラエティーに慣れたユン・シユンが、
ジャングルのではどのような姿を見せるのかが注目される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-04-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、時代劇で多彩な衣装を完璧に着こなす

ドラマ『大君(仮)』ユン・シユンが多様な時代劇衣装を完璧に着こなし、
視聴者たちの視線を集めている。

TV朝鮮『大君(仮)』でユン・シユンは愛する人と王座を守らなければならない人物
ウンソン大君<イ・フィ>役を担い、熱演する姿を見せている。
劇中にユン・シユンは堅実な演技力はもちろん、
多様な時代劇衣装を完璧に着こなしながらキャラクターの魅力をより引きだしている。

ユン・シユンは無造作に長く伸ばした髪と髭、そして
みすぼらしい戦闘服で初登場から視聴者たちに強烈な印象を与えた。
これに続き、華麗で色合いが美しい韓国の伝統衣装の<美青年>として
変身したユン・シユンの姿は女心を刺激した。
初登場とは違って魅力的な韓国の伝統衣装を着た姿をユン・シユンは
視聴者たちの視線を一気に集めることに成功した。

また、ユン・シユンは青い撃毬服から、戦闘服、喪服、そして金冠と華麗な礼服まで
多彩な衣装を着こなし、キャラクターの状況の変化を自然に見せた。
特に特別な衣装がない上半身露出シーンでもがっちりとした筋肉と男性美を魅せ、
視聴者たちの視線を集めた。

このようにユン・シユンは朝鮮時代の中で多様なファッションを着こなし、
劇の熱中度を上げることはもちろん、
<イ・フィ>のキャラクターにより立体感を吹き込んでいる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-04-13

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
多方面の才能がある男ユン・シユン、演技から芸能、歌まで…



俳優ユン・シユンはドラマと芸能はもちろん、歌の実力まであり、
多方面の才能がある人として注目を浴びている。

2009年MBC『明日に向かってハイキック』でデビューしたユン・シユンは
SBS『製パン王キム・タック』で一気に主演の座を掴み取り、名を広めた。
また、2016年軍除隊後、JTBC『魔女宝鑑』で初めての時代劇に挑戦し、
安定した演技力と努力を見せ、成功的な復帰をした。

以後MBC三色ファンタジー『君の恋愛実験』、KBS『最高の一発』などを通して、
多様なジャンルのキャラクター達を完璧にこなしながら、
「信じて見る俳優」という称号を得たユン・シユンは、
現在TV朝鮮『大君(仮)』を通して愛する人と王座を守らなければならない
ウンソン大君<イ・フィ>役を担い細密な眼差しと表情、
そして行動一つ一つがキャラクターと一体になり、
熱演を披露し、主演俳優としての存在感を高めている。

また、ユン・シユンはKBS『ハッピーサンデー1泊2日』を通して
デビュー後初の芸能に挑戦して<ユン・ドング>という本名で呼ばれ
俳優ではなく実際のユン・シユンの魅力を加減無く見せながら愛されている。
特に本人特有の肯定的なイメージと特有の明るく積極的な姿で挑み、
「ユン・シユンの再発見」という好評を得た。

それだけではなく自身が出演した作品OSTに参加し、
優れた歌唱力を見せたユン・シユンは、最近ファンのための
特別なプレゼントとして「春に似た君」という新曲を発表し、
甘い声で歌を完璧にこなし、多才能な魅力を見せた。

このように、ユン・シユンは演技なら演技、芸能なら芸能、歌なら歌と
多方面で頭角を現しながら活躍を広げてきた。
女心を掴むビジュアルから、がっちりと安定した演技力と明るく積極的な魅力まで、
全て兼ね備えた多方面の才能がある男ユン・シユン。
これからも多様な分野で活躍して活動を広げる彼の活躍を期待する。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-04-05

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
“ファンのためのプレゼント”...
ユン・シユン、6日に初の新曲「春に似た君」発表




俳優ユン・シユンが初のデジタルシングル「春に似た君」をリリースする。
6日正午前、音源サイトを通じてファンのための新曲「春に似た君」を披露する。

「春に似た君」は柔らかなアコースティック演奏をもとに
愛する人との思い出を淡々と歌うユン・シユンの甘美な声がよく調和した
フォークスタイルの曲である。
また、甘いボーカルとともにアコースティックギター演奏が印象的なのも特徴。

特に、この曲はユン・シユンが歌っているのはもちろん、作詞にも参加しており、
ファンたちにとっては意味のある曲になると思われる。
また、BUZZのギタリストソン・ソンヒが作曲に加わっており、さらに関心を集めている。

関係者によると、「暖かい春に初恋を思い出させる「春に似た君」は舞い散る桜のように
俳優ユン・シユンがファンたちにあげる特別なプレゼントになるだろう」とのことで、
その期待感を盛り上げた。

ユン・シユンがリリースするデジタルシングル「春に似た君」は
6日正午、オンラインの音源サイトで聞くことができる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-03-29

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、俳優→歌手・作詞家に変身 …4月音源発表!

俳優ユン・シユンが歌手にサプライズ変身する。
ファンのために4月、デジタルシングル「春に似た君」音源を発表する予定だ。

ユン・シユンは歌だけではなく、作詞まで参加した。
演技に歌、さらに作詞まで影響力を発揮するのが印象的だ。
それに、BUZZのソン・ソンヒが作曲し、曲の完成度を高めた。
二人は親しい仲で今回の新曲を通じて俳優とギターリストではなく、
作詞家と作曲家として出会った。

ユン・シユンは今まで出演したドラマのOSTにも参加し、
実力ある歌手として可能性を見せた。
特に、昨年はドラマ『最高の一発』撮影で
音楽番組の舞台で披露し話題になった。

今回はファンのための特別なプレゼントとして新曲を準備した。
関係者は「ユン・シユンの暖かい感性と音色がよく表現できた」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-03-27

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『大君(仮)』ユン・シユン、体惜しまない闘魂!

ドラマ『大君(仮)』の中心でストーリーを引っ張っているユン・シユンが
体を惜しまない演技で視聴者たちを魅了している。

先週、放送されたドラマ『大君(仮)』では戦争でイ・フィが
孤軍奮闘する姿が描かれた。
敵を倒すために戦争に行ったフィは敵に追いかけられて大変な面にあって
命が危険な状態になった。

<中略>

1話から試合で落馬したり、ザヒョンを助けるために川に入るなど、
体を惜しまない闘魂で毎回、没入感を高めている。
ユン・シユンの情熱いっぱいの演技でドラマ『大君(仮)』での存在感をみせて
これからユン・シユンが描くイ・フィ役に関心が高まっている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-03-01

シユンさん主演ドラマ『大君(仮)』のキャラクターポスターが公開されましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『大君(仮)』、ユン・シユンキャラクターポスター公開!

シユンさん主演ドラマ『大君(仮)』のキャラクターポスターが公開されましたので
皆さんにご紹介します。

>>こちらから記事と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-23

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『大君(仮)』ユン・シユンXジン・セヨンスチール写真公開

ドラマ『大君(仮)』のユン・シユンとジン・セヨンのロマンスが始まる
スチール写真が公開された。

<中略>

ユン・シユンとジン・セヨンは台本を見て一緒にセリフを合わせるなど、
実感できるシーンのために研究と悩む姿を見せた。

ユン・シユンは楽しい雰囲気の中でも、すぐ真剣に撮影モードに切り替え
彼が演じるイ・フィのキャラクターを描いた。

制作側は「ユン・シユンとジン・セヨンとの演技の息が
期待以上でびっくりした。フィとザヒョンがどこで出会い、愛を描くか
放送を通じて確認してください」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-22

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『大君(仮)』ユン・シユンvsチュ・サンウク対決!

ドラマ『大君(仮)』のユン・シユンとチュ・サンウクが
激しい対決を見せた。

ユン・シユンは3月3日(土)に初放送される予定のドラマ『大君(仮)』で
朝鮮社交界最高の花婿で王位継承3位の人気者
ウンソン大君のイ・フィ役を演じ、劇中弟を殺してでも手に入れたかった
ソン・ザヒョン(ジン・セヨン)の愛を巡り彼らの情熱的な欲望と純情を描いたドラマで
期待を高めている。

その中、ユン・シユンとチュ・サンウクの兄弟対決を行う場面が
公開され、注目を集めている。

<中略>

制作側は「ユン・シユンとチュ・サンウクは体力的にきついアクションにも関わらず
完璧な演技を見せた。兄弟の対決は二人の関係をよく表す場面で
真剣に撮影した」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-09

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。


<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ドラマ『大君(仮)』初撮影スチール写真公開

シユンさん主演ドラマ『大君(仮)』初撮影のスチール写真が公開されましたので
皆さんにご紹介します。

>>こちらから記事と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-07

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユンXジン・セヨンXチュ・サンウク
ドラマ『大君(仮)』 3月3日(土)初放送、
台本リーディング現場公開!


俳優ユン・シユン、ジン・セヨン、チュ・サンウクの
台本リーディング現場が公開された。
来る3月3日(土)初放送される予定のドラマ『大君(仮)』は
弟を殺してでも手に入れたかった恋、世の中の誰にも奪われたくなかった
女性を巡り彼らの情熱的な欲望と純情の記録を描いたドラマだ。

<中略>

ドラマとバラエティーを通じて活躍しているヨン・シユンは
朝鮮社交界最高の花婿で王位継承3位の人気者
ウンソン大君のイ・フィ役を演じ、初恋の純粋な感情を上手く表現した。
ユン・シユンはセリフの細かい部分まで表現し、注目を集めた。

<中略>

ドラマ『大君(仮)』は、3月3日夜10時50分から
毎週土、日に放送される予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-01-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『1泊2日』ユン・シユン、キューバ人に人気上昇!

キューバでユン・シユンの人気が証明された。

7日(日)に放送されたKBS2TV『1泊2日シーズン3』では
10周年グローバル特集でユン・シユン、キム・ジュノ、デフコンがキューバに向かった。

この日、3人はミッション中、韓国ドラマDVDを発見し、喜んだ。
キューバ現地人たちはユン・シユンに気づき、フォトタイムを要求し、
キム・ジュノ、デフコンはユン・シユンの人気にびっくりした。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-11-21

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ドラマ『大君(仮)』主演確定…23日台本リーディング!

俳優ユン・シユン、チュ・サンウク、ジン・セヨンがドラマ『大君(仮)』主演を確定した。

21日(火)、関係者は「ユン・シユン、チュ・サンウク、ジン・セヨンが
『大君(仮)』に主演する。23日に台本リーディングを行う予定だ」と明らかにした。

ドラマ『大君(仮)』は、ある女性を巡る2人の王者のロマンス。
弟を殺してでも手に入れたかった恋、世の中の誰にも奪われたくなかった
女性を巡った彼らの情熱的な欲望と純情の記録を描いたドラマだ。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-11-17

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『MY BIGQUESTION(仮)』 ユン・シユン、
新郎がいない結婚式に司会者として参加!


仲間、夫婦、仕事など人生の根本的悩みについて探求する
ドキュメンタリー番組『MY BIGQUESTION(仮)』の初進行者として
主演したユン・シユンが仲間に関する質問の課題を持って世界各国を旅行した。

ユン・シユンはある特別な結婚式の司会者として招待された。
新婦のそばに行ったユン・シユンは「今日、司会者として参加することになった」
と見せかけて自分を紹介し、「一般的な結婚式では新婦があんまり喋らないけど
今日だけは違う、マイクをあげたい」と新郎がいないまま式場に登場した
新婦にマイクをあげた。

話を聞いてみると、彼女は親しい知人を招待し、非婚式を挙げる
非婚主義者だった。非婚主義者とは結婚は必須ではなく、
選択と考え、結婚という社会的な制度を拒否する人たちを呼ぶ。

非婚式を挙げる理由について質問するユン・シユンに彼女は、
「歳を重ねることが罪でもないのに結婚ができないと敗者だと思う
社会的な雰囲気が嫌だった。
そして、今まで自分がやってきたことを諦めて結婚したくない」と伝えた。

祭りのように開かれた非婚式でユン・シユンは新婦と一緒に
ダンスをしながら楽しい時間を過ごした。
結婚は義務ではなく、選択という言葉に共感したユン・シユンは
「式が終わったらご飯は何が出る?祝儀袋はもらう?
知人たちをインタビューしてみる」と笑わせた。

<中略>

ユン・シユンが新郎がいない非婚式の司会者として参加した
『MY BIGQUESTION(仮)』は11月19日(日)に放送される予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-11-13

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
初放送『MY BIGQUESTION(仮)』 ユン・シユン、
インド・イギリス・中国で相手探し!


12日(日)に初放送されたSBS『MY BIGQUESTION(仮)』では、
「相手と愛、私の相手はどこにいる」をテーマに
ユン・シユンがインドとイギリスを訪問する姿が描かれた。

相手と愛について知るためにインドを訪れたユン・シユンが訪問した場所は
結婚紹介所。
ユン・シユンは直接、インドで結婚紹介所を訪問した。
彼は、「両親を尊敬し、女性らしく、笑うのが綺麗で、髪の毛が長い女性がいい」と
具体的な理想像を語った。
ユン・シユンは真面目にプロフィールを作成し、
インドの伝統衣装に着替えた。

お見合い場所に行ったユン・シユンは相手の家族と対面した。
インドでは家族みんなでお見合いをする。
ユン・シユンは家の所有、貯蓄、結婚後に妻の職業について決めること、
元カノのことまで聞かれ、「結婚が家族と家族との結合ということを感じた」と
正直に語った。

<中略>

ユン・シユンが愛について知るため、2番目に訪れた国はイギリス。
彼はイギリスで「五感」でお見合いすることに挑戦した。
心理的な分析の元に独特な方法で目を隠して相手と話、触り、会話した。
その場で相手のことについて好感を示した。
2時間ほどの出会いで初めて会ったアンナとユン・シユンはお互いに相手となった。

3番目に訪れた国は中国。ユン・シユンはVIP専用オーダーメイド型の結婚紹介所である
「ラブハンター」のインターンとして就職した。
中国のVIPお見合いは特別だった。結婚まで成功すると結婚紹介所の
全社員たちをヨーロッパ旅行をプレゼントすると新郎側のお母さんが約束した。

ユン・シユンは「具体的な数値で相手を探すのを見て
ビジネスだと感じた」と語った。

<後略>

ユン・シユンが初進行者として参加する『MY BIGQUESTION(仮)』は
仲間、夫婦、仕事など人生の根本的悩みについて探求する
全4部作ドキュメンタリー番組だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

1〜20/256件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  次へ→  最後へ→→