INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2020-02-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、ハン・へジン、ピオ、『ハートシグナル3』MC合流

CHANNEL Aのリアルバラエティ番組『ハートシグナル3』の
新しい芸能人予測団として俳優ユン・シユンと、モデル ハン・ヘジン、
歌手ピオが合流し、新しい風を吹かせる。

CHANNEL Aによるとユン・シユン、ハン・ヘジン、ピオは
3月に初めて行われる収録に参加し、
青春の男女のハートシグナルを一緒に分析する予定だ。

ユン・シユンは「よく見ていた番組に参加することができて光栄だ。
シグナルハウスの中での小さなシグナルも先に見つけ出し、
視聴者のみなさんに伝えていきたい」という覚悟を固めた。
ドラマよりもさらにリアルなシグナルハウスの中でのロマンスを
どのような視点で推理していくのか注目が集まっている。

<中略>

俳優ユン・シユン、モデル ハン・ヘジン、歌手ピオの合流によって
ラブライン推理に新しい動力を得たリアルバラエティ番組『ハートシグナル3』は、
来る3月25日(水)午後9時50分に初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2020-01-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、「満足できない結果が、むしろ祝福でした」


©MOA ENTERTAINMENT

「ドラマ『製パン王キム・タック』を除いては大ヒットした作品がなくて、
至らないスコアで演出者と作家にはいつも申し訳なかったです。
でもいつも2〜3%足りない結果が、僕にはむしろ祝福だったと思います。」


1月13日(月)午後、ソウル江南区のカフェで
TVレポートと会ったユン・シユンは、謙虚で冷静だった。
「謙虚」という言葉も否定するほど謙虚だったが、
自分の成果を評価するには容赦なかった。

1月9日(木)、放送が終了したドラマ『サイコパス・ダイアリー(仮)』で、
自分がサイコパス連続殺人犯だと勘違いした、
誰よりも優しいユク・ドンシクを熱演したユン・シユンは
画面の外でもユク・ドンシクの優しい性格そのままだった。


©MOA ENTERTAINMENT

ユン・シユンも「キャラクターに似ている」とよく言われたという。

「私が考えるシンクロ率は1〜2%なのに、他人は100%と言っています。
カモをどう演技したらいいのかと悩んでいましたが、
監督からも演技しないでほしいと念を押されました。
飲み会で僕の姿を見て「シユン、そのままやればいい」と言われたので、
僕は人々からそんなにカッコいいと思われてないんだなと思いました(笑)」

彼は、自分がサイコパスだと勘違いするユク・ドンシクは、
実は一般的な人々の物語を盛り込んでいるキャラクターだと説明した。

「ドンシクというキャラクターで普通の私たちが、
弱く不器用だから経験することを見せたかったんです。
自分がサイコパスというとんでもない勘違いをした中で、
本質的には自尊心を回復し、勇気を得る過程も。
カモとサイコパスは象徴的な意味だっただけです」


©MOA ENTERTAINMENT

スリラーとコミック要素が共存するドラマ『サイコパス・ダイアリー(仮)』の
撮影現場は簡単ではなかった。
特に、パク・ソンフンとの最後の決戦が難しかったという。

「終盤は難しい部分が多く、徹夜をしていました。
このドラマで人々がたくさん死んでいきますが、一人死ぬ度に
徹夜をしていると思っていただければいいです。
最後に、ソンフンさんがなかなか処理できなかったんです。
何日闘っても死にませんでした(笑)」

しかし、ユン・シユンは「時間が経てば、辛かったことは覚えていないので、
むしろもう一度やろうと思った」と打ち明けた。

「苦労するのは大丈夫です。当時は、大変で小さなことですねっていましたが、
ドラマが終わってみると、大変だったことは何も覚えていません。
ただ、『もう少し頑張れば、1回でも多く撮影していればよかった』と思います。
『どうせ覚えていないから、1回でも多くやろう』ということを経験的に悟りました。」

彼は、大変な撮影状況でも自分より同僚のチョン・インソンを心配していた。

「むしろインソンさんが心配でした。
実際に見ると、本当に痩せていて、小さくて拳みたいなんですよ(笑)
そうでなくても、寒くて大変なのに、
それに加えSBSのバラエティ番組『路地裏食堂』までやってきます。
僕にKBS 2TVバラエティ番組『1泊2日』の時、
どうやって撮影を両立したのかと聞いていました」


©MOA ENTERTAINMENT

ユン・シユンが努力したにもかかわらず、
ドラマ『サイコペス・ダイアリー(仮)』の視聴率は、
1〜2%台の沼をさまよっていたが、最終話は3%で放送が終了した。
残念な数字だが、ドラマ『サイコパス・ダイアリー(仮)』チームは、
お互いを心配していたという。

「現場の雰囲気はとても良かったです。イ・ジョンジェ監督がすまないと言っていました。
むしろ私たち(俳優たち)のほうが申し訳ないのに。
チャンネルを止める力は、人気ではなく演技的な信頼感だと思います。
僕にはまだそれが足りなかったと思います。
またイ・ジョンジェ監督と再会できれば、
より俳優としての信頼感を築いてから会いたいですね。」

実は、ドラマ『サイコパス・ダイアリー(仮)』が伸びていないのは、
視聴者の期待ほど早く展開されていないストーリーのせいもある。
しかし、ユン・シユンは全部自分の演技に責任を転嫁した。

「俳優としては僕が立体的に描けなかったことを責めるのが正しいと思います。
ドンシクが覚醒する前に、面白い部分を作るべきではなかったかなと思います。
結局は俳優が責任を負う位置ですから。」


©MOA ENTERTAINMENT

ユン・シユンは、撮影をする機会があるだけでも感謝しているとし、
「私を主人公にしてくれるのが恐縮だ」という言葉を繰り返した。

「今でも撮影現場に行くのはワクワクして好きです。
ここまで何かを好きになったことがなかったんですが、毎回そうです。
『今回の作品が終わって、また僕にこんな機会が来るだろうか?
また僕を主人公として使ってくれるだろうか?』と考えたら、
今も恐縮で感謝しています。
少なくとも僕と一緒に働く人々の自慢になる俳優になりたいです」

デビュー以来、ずっと主演だけを演じてきた
12年目の俳優に聞くにはどうしても見慣れない言葉。
「本当に謙虚だ」という言葉に彼は「そんなことはない」と手を振った。

「謙虚ではないです。自己を客観視できれば発展もあると思います。
僕たちのような職業はどこかに行って「No」という話を聞きません。
上手だからではなく、注目される職業だからみんな「Yes」と言ってくれるんです。
でも僕が本当にいつも「Yes」だと思えば、そこから個人の人生が駄目になると思います」


©MOA ENTERTAINMENT

ユン・シユンは、2009年MBC『明日に向かってハイキック』で
デビューし大きな人気を得た後、
KBS 2TVドラマ『製パン王キム・タック』、『最高の一発』、『緑豆の花(仮)』、
TV朝鮮ドラマ『不滅の恋人』などできちんとフィルモグラフィーを築いてきた。

しかし、彼は自分のスコアが常に足りなかったとうつむいた。
また同時にそれが祝福だったと表現し、視線を集めた。

「ドラマ『製パン王キム・タック』を除いては、大ヒットした作品がなくて、
至らないスコアで演出者と作家にはいつも申し訳なかったです。
それをファンの応援が埋めてくれたが、シャンパンを開けることはできませんでした。
作品がうまくいって数億ウォンももらっている人たちが羨ましいけど、
いつも2〜3%と至らない結果の僕にはむしろ祝福だったと思います。
もし本当に大ヒットしてしまったら私も生意気になっていたのではないかと思います」

自分にあまりにも厳しいのではないかという指摘にも、
彼は「冷静に判断しなければならない」と謙遜を忘れなかった。

「冷静に判断すると、僕は良い作品のおかげで今でも恩恵を受けながら働いています。
だから自分自身に厳しくしなければなりません。
本当はドラマ『製パン王キム・タック』もチョン・グァンリョル、チョン・インファ先輩のような
大人たちが頑張ってくれたのに、タイトルが『キム・タック』だから
まるで自分がよくやったように感じられるんです。」


©MOA ENTERTAINMENT

ユン・シユンはどうしてこんなに自分を冷徹な視線で振り返るようになったのだろうか。
彼はその理由を、初めて演技を学んだ
ドラマ『明日に向かってハイキック』のメンバーから求めた。

「僕が新人の時に、とても真似したかった俳優がシン・セギョン、チェ・ダニエルでした。
例えば、今撮影現場に行くと、新人たちにコーヒーを買ってあげるんですよ。
緊張するなと話もしますし。それはチェ・ダニエルがやっていたことです。
それがとても格好よく見えたんです。
またセギョンさえ来れば現場の雰囲気が明るくなり、楽になりました。
寝れず疲れた人も力が出たり、僕のような相手の俳優も信じて仕事ができました。

最初の師匠がとても良かったので、今も夢見ています。
どこかで彼らが僕に関する話を聞いた時、僕もそんな人だという話を聞けたらうれしいです。
初心を失って生意気にならずにね。
今も経歴10年だと生意気になってスケジュール調整の話をしながらも、
一度もスケジュールで文句を言わないイ・スンジェ先生を思いながら
心を落ち着かせています。」

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2020-01-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン 『サイコパス・ダイアリー(仮)』放送終了の感想


🄫tvN

ドラマ『サイコパス・ダイアリー』のユン・シユンが、放送終了を前に感想を述べた。

tvN 水木ドラマ『サイコパス・ダイアリー』で、カモ「ユク・ドンシク」を演じたユン・シユンは、
自身をサイコパスと勘違いしながら繰り広げられる予測できないストーリーを、
笑いと緊張感あふれる熱演で披露し、多くの好評を得た。

1月9日(木)、ユン・シユンは所属事務所のMOA ENTERTAINMENTを通じて、
「こんにちは。ユク・ドンシク、ユン・シユンです」と挨拶をし、
「今回、特に寒く、難しい撮影シーンも多かったドラマでした。
紆余曲折の多かったドラマでしたが、それだけ思い出も多く、
達成感も感じたドラマだったと思います」と、ドラマへの愛情を表現した。

続けて「制作発表会、そして初放送の時、皆さんから応援してもらった日が
昨日のようですが、もう放送が終了してしまいますね」と残念がった。
「いつも皆さんと一緒に過ごす時間を考えてみると、まるで名節の時に
家族に会いに行く感じがする。それがどんなものであっても、僕に対する愛。
無条件に応援し、信じ期待してくださる愛があるから、
いつも恐れから始まるドラマも、最後には幸せな顔で終わることができると思います」と、
視聴者とファンに対する感謝を伝えた。

最後に、「最後の瞬間までベストを尽くしたので楽しくご覧いただき、
ユク・ドンシクはカモではなく、皆さんと僕を代表する最も一般的な僕たちの姿です。
ドンシクのように、最後には幸せになってほしいです。
心から感謝しています」と感想を締めくくった。

ユン・シユンは「サイコパス・ダイアリー(仮)」で、コミックとスリラーを行き交い、
毎シーン新たな姿で視聴者に深い余韻を残した。
「カモのユク・ドンシク」の時は笑いと感動、癒しとなり、
「サイコパスのユク・ドンシク」の時は、痛快感を与え、大衆から多くの共感を得た。
演技人生の新しい始まりだと言うほど、今回の作品を通じて
優れた演技力を見せてくれたユン・シユンの今後の歩みにさらに大きな期待が集まっている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-11-13

ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』の制作発表会に参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

シユンさんが11月13日(水)午後、ソウル江南区で開かれた
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』の制作発表会に参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

>>ユン・シユン、「甘い笑顔」
>>ユン・シユン「愛の男神」
>>ユン・シユン-チョン・インソン「ブラックのカップルルック」

  • 2019-10-29

シユンさん主演ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』
のキャラクターポスターが公開されました!

シユンさん主演ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』のキャラクターポスターが公開されました!


©tvN

  • 2019-10-18

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

シユンさん主演ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』の撮影スチールが公開されました!


©tvN

  • 2019-10-01

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『サイコパスダイアリー(仮)』ユン・シユン、初の撮影スチール


©tvN

どんでん返しスリラー『サイコパスダイアリー(仮)』のユン・シユンが、
世界一のカモの誕生を予告し、関心が集まっている。
特に、撮影初日から顔色をうかがう彼のキャラクターカットが公開され、
期待が高まっている。

(中略)

劇中、ユン・シユンは殺人過程が書かれた日記を拾った後、
自分をサイコパスだと勘違いをする「ユク・ドンシク」役を演じる。
ユク・ドンシクは弱気で小心者だったが、事故で記憶をすべて失い、
自分が「捕食者」だと信じるようになる人物で、世の中を180度違う視点で眺め、
変化していく姿で笑いと緊張を行き来する一味違った面白さをお届けする予定だ。

そんな中、ユン・シユンの撮影スチールが初公開され注目を集めている。
公開されたスチールのユン・シユンは、どこかをちらっと見ながら
ご機嫌をうかがう目つきで視線をとらえる。
また、ユン・シユンは男性に胸ぐらをつかまれ、戸惑いを見せながらも、
反撃さえできずに慌てた様子で関心を高めている。

また、ユン・シユンが肩を落とし、夜の街をぶらぶらと歩く姿。
一日中大変だったのか、元気のないユン・シユンの疲れた姿が、
いつもやられてばかりいる彼の日常を予想させる。
他人に一度も怒ることのできない小心男、ユク・ドンシクに変身した
ユン・シユンの演技に関心が高まる一方、サイコパスだと勘違いし始め、
どう変わっていくのか気になるところだ。

『サイコパスダイアリー(仮)』側は、「ユン・シユンは撮影初日から
「ユク・ドンシク」に完璧に入り込んだ演技で、笑いを誘った。
目つきからジェスチャー、台詞のトーンなど、キャラクターを
徹底的に分析した彼の演技に感心した」とし、「小心者と冷たさを行き来する
ユン・シユンの反転演技が視聴者の視線を引きつけるだろう。
人生最高のキャラクターを書き換える
彼の歴代級の演技の変身に期待してほしい」と話した。

(後略)

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-09-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』
台本リーディングから特急のケミストリー



©tvN

今年の下半期に、お茶の間をにぎわす反転スリラー『サイコパスダイアリー(仮)』の
台本リーディング現場が公開された。

2019年下半期に初放送予定のtvN新水木ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』は、
たまたま目撃した殺人事件現場から逃げ出す途中、事故で記憶を失った
ユク·ドンシク(ユン·シユン)が、偶然手にした殺人の過程が記録された
日記を見ることにより、自身がサイコパスの連続殺人犯だと勘違いをしながら
展開されていくストーリー。
勘違いの中で展開されるコミックとサイコパスが与える緊張で、
一味違った面白さをお届けする予定だ。

『サイコパスダイアリー(仮)』の最初の台本リーディングは8月、上岩洞で行われた。
イ・ジョンジェ監督とリュ・ヨンジェ作家、キム・ファンチェ作家、
チェ・ソンジュン作家をはじめ、ユン・シユン(ユク・ドンシク役)、
チョン・インソン(シム・ボギョン役)、パク・ソンフン(ソ・インウ役)など、
全出演陣が参加し、シナジーを爆発させた。

台本リーディングの開始に先立ち、リュ・ヨンジェ作家は
「私たちの作品は、主人公が自分はどんな人なのかを考えることにより、
信じ変わっていく物語だ。そういう信じる心が実際に多くのものを
変えることができると思う。だから自らを天才作家だと思いながら執筆している」とし、
「皆が最高だと思いながら作れば、最高の作品になると思う」と伝えた。
イ・ジョンジェ監督は、「一緒にいる皆が楽しい作品になるよう
努力する」と抱負を語った。

ユン・シユンは、「最も重要なことは、情熱的で真面目な姿を見せることだと思う。
一所懸命頑張る」と覚悟を語った。
また、イ・ハンウィが「今回の作品で褒賞休暇を必ず取りたい。
楽しい作品になってほしいし、私を含め皆さんにとっても
良い作品になってほしい」と強い抱負を語ったところ、
チョン・インソンは「必ず褒賞休暇が取れるように頑張ります」と、
情熱を燃やす可愛い姿で笑いを誘った。

このような愉快なエネルギーと雰囲気は、台本リーディングでもそのまま続いた。
まず、殺人過程が書かれた日記を拾い、自分がサイコパスだと勘違いした
ユク・ドンシク役を演じるユン・シユンは、演技力を爆発させ注目を集めた。
彼は間抜けな口調と表情の演技で笑いを誘ったかと思えば、
堂々とし、冷たい顔立ちを覗かせる両面的な姿で感嘆を誘発した。

<中略>

ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』制作陣は、
「ユン・シユン、チョン・インソン、パク・ソンフンなど自分の役柄に
完璧に染み込んだ俳優たちの演技力と呼吸が引き立つ台本リーディングだった。
台本リーディングを終えたら、コミックとスリルを行き来する
面白い作品になると確信した」とし、
「今年下半期に笑いと緊張感を同時に与える反転スリラーを披露する。
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』に期待してほしい」と伝えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-09-05

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン·シユン、バラエティ番組『自然に(仮)』ゲストで出撃

俳優ユン·シユンがMBNヒーリングバラエティ番組『自然に(仮)』に
新しいゲストとして出演する。

MBNバラエティ番組『自然に(仮)』は9月5日、
「最近ユン・シユンとの撮影を終えた。
制作陣や出演者と密接なユン・シユンであるだけに、
今までより和気あいあいとした雰囲気の中撮影が行われた」と明かした。

<中略>

ユン・シユンは出演者であるチョン・イナ、キム・ジョンミンと縁がある。
チョン・イナとはユン・シユンの出世作であるKBSドラマ『製パン王 キム・タック』で共演、
キム・ジョンミンとは最近までバラエティ番組『1泊2日(仮)』を通じて
息の合った姿を見せている。

バラエティ番組『自然に(仮)』側は「ユン・シユンは、彼特有の気さくな性格で、
ヒョンチョン村を訪問した際も一生懸命で模範的な姿を見せ、
セカンドハウスの入居者たちだけではなく、
村の住民たちからも称賛の声を浴びていた」とし、期待を高めた。

バラエティ番組『自然に(仮)』は、「田舎の空き家 セカンドハウス」というコンセプトで
息つく間もない都市での厳しい生活に疲れた現代人たちに、
癒しを与えるヒーリングバラエティ番組だ。
現在チョン・イナ、ウン・ジウォン、キム・ジョンミン、チョ・ビョンギュの4名が出演している。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-08-27

シユンさんが2019 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS参加されました。

シユンさんがソウルソンパ区オリンピック公園体操競技場で開催された
2019 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

>>ユン・シユン、「温かい笑顔」
>>ユン・シユン「無邪気な笑顔」
>>ユン・シユン「眩しいホワイトの衣装」

  • 2019-08-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン、『韓国風向』表紙グラビアをSWISS MILITARYと共に



下半期放送予定のtvN水木ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』の主演俳優で
熱演を見せる予定のユン・シユンが、中国韓流マガジン『韓国風向』の
表紙グラビア撮影をした中、グローバルキャリーバッグ専門ブランド、
SWISS MILITARYとグラビア撮影を行い、注目を集めている。

「CITY TRAVEL」をテーマにした今回の俳優ユン・シユンのグラビアは、
クラシックなスーツスタイリングで都市的で洗練された雰囲気と
「SWISS MILITARY」のプレミアムキャリーバッグが合わさり、
柔らかいながらもラグジュアリーな男性美を加え、
ユン・シユンの魅力を一層感じることができる。

俳優ユン・シユンはドラマ『緑豆の花(仮)』終映後、旅行と休息を通して
リフレッシュの時間をもち、下半期に放送されるドラマの撮影準備に邁進しており、
今回のグラビア撮影を通して、より気楽で親近感の湧くイメージから
都市的な男性美まで見せることにより、ファンの心を躍らせることが期待される。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-08-08

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』
ユン·シユン×チョン・インソン×パク·ソンフン、出演確定


俳優ユン·シユン、チョン·インソン、パク·ソンフンが
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』に出演する。

ユン·シユン、チョン·インソン、パク·ソンフンが出演する
tvN新水木ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』は、偶然目撃した殺人事件現場から
逃げ出す途中、事故で記憶を失ったユク·ドンシク(ユン·シユン)が、
手に持っていた殺人過程の詳細が記録されたダイアリーを見て、
自身がサイコパスだと錯覚し展開されていくストーリー。

ユン·シユンは、自分を無視する人たちに一度も怒ることのできない
証券会社の下っ端社員、ユク·ドンシク役を演じる。
ユク・ドンシクは、連続殺人犯の殺人現場を目撃し、逃げる途中で
事故に遭いすべての記憶を失った後、殺人現場で偶然拾った
殺人過程が書かれたダイアリーを見て、自身が連続殺人犯だと勘違いをする。

チョン・インソンは、理想より現実を選んだ町の巡査シム·ボギョン役を演じる。
シム·ボギョンは、敬われる刑事だった父親を追いかけ警察になったが、
一瞬のミスで壊れてしまった父親を見て、夢を消し、現実を選んで生きてきた人物。
ある日、自身の車にひかれて記憶喪失になったが、
犯罪心理学に優れた感を持ったユク・ドンシクと出会い、
連鎖殺人鬼を直接捕まえるという野心を抱くこととなる。

パク・ソンフンは、冷酷で緻密なサイコパス連続殺人魔であり、
ユク・ドンシクが勤める証券会社の理事ソ·インウ役を演じる。
ソ・インウはユク・ドンシクが拾ったダイアリーの持ち主で、
喉の渇きを癒すために殺人を犯す純度100%のサイコパスだ。

制作人は「俳優ユン・シユン、チョン・インソン、パク・ソンフンを
主要キャストに確定した」とし、「作品ごとに、しっかりとした演技力と
替えの効かない魅力で存在感をあらわした三人の俳優の
爆発的なシナジーに期待している。2019年下半期の初放送予定の
ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』に期待してほしい」と伝えた。

ドラマ『サイコパスダイアリー(仮)』は2019年下半期初放送予定だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-07-17

シユンさんがドラマ『緑豆の花(仮)』の打ち上げに参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

シユンさんがドラマ『緑豆の花(仮)』の打ち上げに参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

>>ユン・シユン「花のような笑顔で女心狙撃」
>>ユン・シユン「嬉しさのハート」

  • 2019-07-17

ユン・シユンさんがLG HomeBrewの新製品発表会に参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

ユン・シユンさんがLG HomeBrewの新製品発表会に参加されました。
韓国の記事に、その時の様子が公開されましたので皆さんにご紹介します。

>>「LG HomeBrewの前で」
>>「LG HomeBrewの味は最高!」

  • 2019-07-12

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『緑豆の花(仮)』
名残惜しさを解消するビハインド写真大放出「和気あいあい」



©SBS

ドラマ『緑豆の花(仮)』のビハインド写真が大放出された。

SBS金土ドラマ『緑豆の花(仮)』は125年前、
この地を激しく揺さぶった「甲午農民戦争」を本格的に描いた民衆歴史劇だ。
ジョン・ヒョンミン作家のストーリー、シン・ギョンス監督の演出、
俳優陣の素晴らしい熱演がかみ合わさり、名作だと好評を得ている。

放映中の言論と視聴者の熱い称賛を得たドラマ『緑豆の花(仮)』が
放送終了まであと2日を残している。
既にドラマ『緑豆の花(仮)』を惜しむ反応が出ている中、7月11日
制作陣が終了の名残惜しさを解消する、撮影現場のビハインド写真を大量公開し、
世間の注目を寄せている。
寒い冬から熱い初夏にかけて、ドラマ『緑豆の花(仮)』の俳優及び制作陣の情熱が
余すことなく感じられる。

公開された写真はドラマ『緑豆の花(仮)』の撮影現場で見られた
俳優陣の様々な姿を写したものだ。
ユン・シユン(ペク・イヒョン役)、チョ・ジョンソク(ペク・イガン役)、
ハン・イェリ(ソン・ジャイン役)ら主演3名はもちろん、
お茶の間へ涙を誘った緑豆将軍チェ・ムソン(チョン・ボンジュン役)、
キム・サンホ(チェ・ドクキ役)、終盤で悪役を見せたパク・ヒョククォン(ペク・カ役)、
アン・キルガン(ヘスン役)-ノ・ヘンハ(ボドゥル役)-ビョンホン(ボンゲ役)ら別動隊、
パク・ギュヨン(ファン・ミョンシム役)ら俳優陣は、
寒い時も熱い時も顔いっぱいに笑顔を浮かべながら撮影を準備している。

カメラを発見し目を合わせて笑顔を浮かべる姿、共に撮影していた牛を
親しみをもって撫でる姿、仲間の俳優陣と会話をする姿など。
刹那を捉えた写真からだけでも、ドラマ『緑豆の花(仮)』の撮影現場の愉快な雰囲気や
チームワークを感じることができる。

<中略>

SBS金土ドラマ『緑豆の花(仮)』45∼46話は、7月12日(金)夜10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-07-10

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『緑豆の花(仮)』ユン・シユン、今後の10年が期待できる理由

ドラマ『緑豆の花(仮)』で濃い演技力を見せた俳優ユン・シユンが
今年デビュー10年目に突入する。

ユン・シユンは2009年MBC『明日に向かってハイキック』で
ジュニョク学生として登場し、あどけない高校生を演じた。
かっこいい外見と純愛な姿を見せた彼は、すぐに好感の高い俳優として地位を確保した。

新人俳優にも関わらず、すぐさまKBS2TVドラマ『製パン王 キム・タック』の
主人公に抜擢、期待以上の演技力で好評を得た。
ドラマ『明日に向かってハイキック』当時とは違った深い感情線を見せ、
最高視聴率49.3%を記録し、ユン・シユンの代表作となった。

以降、ユン・シユンは休むことなく俳優の道を走り、堅実な作品を積み重ねてきた。
tvNドラマ『となりの美男<イケメン>』では溌剌した役をこなした。
以降も中国ドラマ『『ハッピー・ヌードル〜恋するかくし味〜』、
KBS2『総理と私』に出演し、国内外で活発な活動を見せた。

2014年海兵隊として入隊をしたユン・シユンは、満期除隊後、
お茶の間とバラエティで忙しい歩みを続けた。
JTBC『魔女宝鑑〜ホジュン、若き日の恋〜』でホ・ジュンに扮し
初めて挑戦する時代劇をこなした。

MBC『三色のファンタジー – 生同性恋愛(原題)』、JTBC『KBS2』を通して
多様なジャンルのキャラクターをこなし、好評を得た。

TV朝鮮『不滅の恋人』でユン・シユンの真価はそのまま現れた。
このドラマは当時、地上波を除いた総合編成チャンネル4社及びケーブルチャンネルを含めた
同時間帯の1位を記録した。
ユン・シユンの没入度の高い演技は、熱い呼応を受け
人生最高のキャラクターを更新した。

SBS『親愛なる判事様(原題)』では、初めて1人2役に挑戦し、
不良と判事を同時に演じた。

ユン・シユンは現在SBS『緑豆の花(仮)』に出演している。
誰よりも大きい変化を経験し、数多い感情を表現しなくてはならない
ペク・イヒョンを完全に表現している。

所属事務所MOA ENTERTAINMENTは、
「ユン・シユンは演技する時、誰よりも情熱的」、「10年間毎回違うキャラクターで
限界のない変身を見せ、成長した」と自評した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-04-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『緑豆の花(仮)』 ユン・シユン
「これがチョ・ジョンソクか、男が見てもときめく」


ユン・シユンとチョ・ジョンソクがボーイズロマンスの化学反応を予告している。

4月26日(金)午後、ソウル・陽川区木洞のSBS社屋で
SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』の制作発表会が行われた。
現場にはユン・シユン、チョ・ジョンソク、ハン・イェリ、チェ・ムソン、パク・ヒョックォン、
パク・ギュヨン、ノ・ヘンハらが出席した。

1894年の東学農民運動の歴史の中で、農民軍と討伐隊に分かれて
戦わなければならなかった腹違いの兄弟の、波瀾万丈なストーリーを描いたドラマだ。

劇中、ユン・シユンとチョ・ジョンソクは、実際起こった歴史的事件の架空人物である
ペク・イガン、ペク・イヒョンという腹違いの兄弟を演じている。二人は人物について
想像力を働かせ、その時代を生き抜く彼らの心情を深く描く予定だ。

この日、チョ・ジョンソクは「ユン・シユンの第一印象はとても良かった。
バラエティ番組を通してユン・シユンが愉快な人だと思っていたのだが、
最初会った時もそう思った」と話し、「一緒にいて楽しい人だ。演技の面でも
言葉で言い表すことのできないくらいとても良い」と続けた。

そしてチョ・ジョンソクは「ユン・シユンさんが相手役の俳優に対し、気遣いがよくできる。
一緒に演技をする時、安心感を与える力がある。それほど今後もより
期待ができ、楽しく撮影できるだろう」と加えた。

ユン・シユンは「キャスティングの記事が出た後、周囲から祝福の電話を
たくさんもらった。チョ・ジョンソクさんと一緒にやるということに対し
たくさん祝福して下さったのだ。特に女性の知人らが喜んでいて、
称賛してくださった」「撮影をしながら『これがチョ・ジョンソクなのか』と実感した。
一緒にいると、男である自分が見てもときめくほど魅力的な俳優だと思う」と
称賛を惜しまなかった。

SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』は、4月26日(金)、
夜10時に初放送だされる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-04-24

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン「今年デビュー10年目、演技している時生きていると感じられる」

俳優ユン・シユンがSBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』で
お茶の間に復帰する中、画報を通してより深みを増した眼差しを見せた。

ファッション雑誌「Singles」側は23日、ユン・シユンの画報を公開した。
ユン・シユンは今回の画報の撮影で多様なスーツを魅力的に着こなした。

撮影合間の休憩のたびに『緑豆の花(仮)』の台本を広げ、
デビュー10年目のユン・シユンは
「演技している時生きていると感じられる」とし、
今回の作品を選んだ理由については「ペク・イヒョンという人物の魅力が
強く迫ってきたので『緑豆の花(仮)』を選んだ」と語っている。

『緑豆の花(仮)』は最初の農民放棄が起きた全羅道・古阜を背景に、
農民軍と討伐隊で対立する兄弟の話を描いている。
今回の作品の目標と関連させ、「劇中で扱う東学農民運動は韓国の民主主義の
根幹になった事件だと思う。良い演技やかっこいい場面も重要だが、
熾烈に戦う人々の声の中、ペク・イヒョンという人物のメッセージを
明確に伝えることだ」と話した。

そんな中、ユン・シユンはデビュー後、毎年2、3作品ずつ誠実に活動していた。
粘り強い演技活動の秘訣について、「長い間休むことで退歩してしまうという不安と、
いつか成長した自分の姿に対する期待の為に、挑戦し続けている。
なにより良い台本と役を下さるこのような幸せな状況で、自分が止まる理由がない」と
謙遜した姿を見せた。

ユン・シユンの画報とインタビューは「Singles」5月号、
楽しいオンラインサイト「Singlesモバイル」で閲覧することができる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-04-16

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『緑豆の花(仮)』 ユン・シユン「民衆の物語、やってみたかった」



ドラマ『緑豆の花(仮)』 ユン・シユン「民衆の物語、やってみたかった」

ユン・シユンはベストを尽くし、民衆歴史劇のドラマ『緑豆の花(仮)』と向き合っている。

4月26日(金)、SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』が初放送を迎える。
1894年の東学農民運動の歴史の中で、農民軍と討伐隊に分かれて
戦わなければならなかった腹違いの兄弟の、波瀾万丈なストーリーを描いたドラマだ。
東学農民運動を本格的に描いた民衆歴史劇として作品性、
メッセージ、熱演などすべての面で「歴代級」大作の誕生を予告している。

ドラマ『緑豆の花(仮)』は、腹違いの兄弟の物語だ。
それだけ劇中、腹違いの兄弟として登場するユン・シユン(ペク・イヒョン役)、
チョ・ジョンソク(ペク・イガン役)の役割は重要だ。
特に、ユン・シユンは前作SBSドラマ『親愛なる判事様』と
180度変わった姿を予告、大きい期待を集めている。
ここでユン・シユンに直接質問した。ドラマ『緑豆の花(仮)』を選択した理由が何なのか、
どのようにペク・イヒョンを作って行っているのか。

◆ 「民衆の物語、やってみたかった」

ドラマ『緑豆の花(仮)』は東学農民運動を本格的に描いた民衆歴史劇だ。
既存の時代劇の多くが、宮廷の権力暗闘、歴史的人物の一代記に集中し、
物語を広げていくが、ドラマ『緑豆の花(仮)』は東学農民運動という
歴史的事実を背景とし、野草のように折れなかった民衆たちの物語だ。
そんなドラマ『緑豆の花(仮)』だけの特徴が、ユン・シユンにも魅力的に近付いた。

ユン・シユンは「普段は、朝鮮後期を背景とした時代に関心が高かった。
近現代を作ってくれた一番近い歴史なので、はるか遠い話のようでありながらも、
私たちの話だ。民衆の物語。その時代のさまざまな声が、あまりにも魅力的だった。
なので、私も必ずやってみたかった」とドラマ『緑豆の花(仮)』の
出演を決心した理由を明らかにした。

◆ 「愛着の沸くキャラクター ペク・イヒョン、チョ・ジョンソクのアドバイスのお陰で悩み解決」

ドラマ『緑豆の花(仮)』で、ユン・シユンが引き受けたペク・イヒョンは
腐さってしまった朝鮮に挫折するのではなく、新たな開化を夢見る人物だ。
東学農民運動の歴史の中で、一番劇的な変化を経験する人物でもある。
それほど俳優として表現するのも容易ではなかったはず。
ユン・シユンは苦悩と情熱、チョ・ジョンソクのアドバイスでこれを克服していっている。

ユン・シユンは「ペク・イヒョンは甲申政変を象徴する人物だと思う。
苦悩する知識人、苦悩する開化派の人物だ。農民軍と国家という対峙。
その二つの勢力だけでなく、開化に異なった方法論を持った勢力もあったということを
知らせる人物なので愛着が沸いた」と自分のキャラクター「ペク・イヒョン」についた説明した。

これに続き、「序盤で、彼(ペク・イヒョン)の変化を表現するため、
演技的にずっとヒントを与えなければならないのか悩んでいた。
その時、チョ・ジョンソクさんが決定的なアドバイスをくださった。
余裕のある、楽なテンポの人物が後半に行くほど密度が深くなれば、
ずっと強く見えるということだった。全く考えてもいなかった方法なのに、
解けなかった問題が解けて行く気分だった」と自分の悩みと、
これを解いてくれたチョ・ジョンソクに対する感謝を伝えた。

先立って公開されたドラマ『緑豆の花(仮)』のティーザー及び撮影スチール、
キャラクターポスターのユン・シユンは、既存のイメージでは見られない程、強烈で新しかった。
少年から野獣になったと言うコピーそのままの姿なので、既に絶賛されている。
情熱と努力、キャラクターに対する愛着と深い悩みがあったから
ドラマ『緑豆の花(仮)』の中の俳優ユン・シユンの存在感が期待される。
SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』は 4月26日(金)夜10時初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2019-03-26

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『緑豆の花(仮)』 台本リーディング現場公開

2019年 上半期最高の期待作『緑豆の花(仮)』がベールを脱ぐ。

来る4月SBS 新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』が初放送される。
ドラマ『緑豆の花(仮)』は、1894年の東学農民運動の歴史の中で、
農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった腹違いの兄弟の、
波瀾万丈なストーリーを描いたドラマだ。

去る1月、ドラマ『緑豆の花(仮)』はSBSイルサン制作センターで、
台本リーディングを進行、活気に満ちた出撃を知らせた。
この日、現場にはシン・ギョンス監督を含めた制作陣とユン・シユン、
チョ・ジョンソク、ハン・イェリなど主要な役柄を引き受けた俳優たちが参加した。
「信じて見る他ない」名俳優たちの出撃で、大作の誕生を予感させる。

<中略>

腹違いの兄弟のうち、弟「パク・イヒョン」役のユン・シユンは、
並外れた表現力、繊細な演技力を披露した。
知的で冷徹な姿から運命の渦により徐々に変化していく人物の心理まで
完全に盛り込んだユン・シユンの演技は、ドラマの中の彼の活躍を期待させる。

<中略>

SBS新金土ドラマ『緑豆の花(仮)』は、2019年4月に初放送を迎える。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

1〜20/306件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ→  最後へ→→