INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2018-03-12

‘小さな神の子供’できない演技はないというカン・ジファンの演技に集中が高まり始めた。

11日放送された OCN オリジナルドラマ ‘小さな神の子供’のカン・ジファンが死んだ妹を殺した殺人犯ハン・サングの背後を追って怪しい雰囲気が漂う島、ジャミ島へと向かい本格的なスリラー感を披露した。

島に入ってからずっと不吉な機運が漂い始めた展開にチョン・ジェインの追跡は、光り輝いた。野宿生活を終え刑事業に復帰した分、より鋭い感覚でハン・サングと関連がある足取りを追い始めた。廃家が多い島の特徴を把握しては、廃家の物を集め、島の時間が90年代にとどまっていることを調べた。当時の事件を追跡し始めたのだ。

チョン・ジェインが見つけた過去にとどまった島の時間はすぐにスリラー物へと展開された。何かを隠すような島の住民の妙な雰囲気とチョン・ジェインの鋭い感覚が続き、スリラーならではの緊張感あふれる空気を倍にさせた。その一方では重たい雰囲気から一転して、ところどころコミカルさも見せた。住民と一緒にした夕食の席でマッコリを飲んで酔ったチョン・ジェインは民宿のおばあちゃんを見て

お化けでも見たかのように驚いたいた姿が視聴者の笑いを誘った。

キャラクターがドラマ中活躍するほど、カン・ジファンの全て可能な万能演技力が視聴者の心を引き寄せた。追跡は鋭くディテールな演技で、スリラー物には重たい雰囲気を目つきを強調し表情だけで緊張感を表現しまた、コミカルな部分ではカン・ジファン表コミック演技で視聴者の視線を引き寄せた。.

カン・ジファンだからこそ可能なジャンルスペクトルに視聴者たちも「ジファン・ホリック」はまってしまった。回を重ねるごとにチョン・ジェインの妹の死、そしてハン・サングの背後に誰がいるのかについて疑問を増していく「小さな神の子供」は、毎週土日の夕方10時20分OCNを通じて放送されている。

http://entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0003225979

 

  • 2018-03-12

カン・ジファンのギャップ・キャラクターの魅力に視聴者が吸い込まれた。

9日夕方放送されたOCNオリジナルドラマ「小さな神の子供」でカン・ジファンが妹を失った兄の悲しみと刑事として本能的に動き犯人を追跡するギャップ・キャラクターを見せた。

カン・ジファンは死んだ妹を惜しむチョン・ジェインを熱演した。屋台で一人酒を飲みながら妹との過去の思い出に酔いつぶれながらも、妹に「申し訳ない」という言葉も伝えられなかったといいながら涙ぐんだ。死んだ妹の前でも涙を見せたくなく涙をこらえていたチョン・ジェインだったが、去っていく妹を抱きしめ倒れこみながら涙をとめどなく吐き出した。

兄のその悲しみを一人で耐えた。 妹を殺した犯人を捕まえるために再び刑事本能が目覚めたのだ。結局、妹を殺した犯人のハン・サングを見つけたチョン・ジェインは拳銃を突きつけ怒りを吐き出した。チョン・ジェインの科学捜査と彼ならではの感覚でハン・サングが犯人であるが、彼の背後に何者かを存在することを知り、妹の死にまつわる背後の存在を追っていくというストーリー展開を見せた。

カン・ジファンは、兄としてのチョン・ジェイン、元刑事としてのチョン・ジェインといったキャラクターについての感情演技は視聴者をドラマに没頭させた。殺人被害者の家族であり、妹を失った兄の悲しみは誰にも知られないように息を殺しながら泣いたその日から犯人を目の前にし嗚咽する姿が視聴者の目に涙を浮かばせお茶の間を悲しみの渦へと引きずり込んだ。

また、刑事としての本能を目覚めさせ、捜査にのめり込み誰よりも素早く動き事件を暴いていく姿にチョン・ジェインなしでは犯人追跡が不可能であるということをカン・ジファンならではの演技でドラマの集中力を高め、視聴者を魅了した。。

「小さな神の子供」は鋭い捜査力とドラマチックな展開へとっ導くカン・ジファンの熱演にもっとも期待が込められている。本番は、毎週土日の夕方10時20分OCNを通じて放送される。

http://entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003734418

 

  • 2018-03-05

 ‘小さな神の子供’カン・ジファン!

ホームレスのヒーロー’! 百発百中!推理まで!

追跡スリラー ‘新キャラクター’誕生!

 

カン・ジファンがが今までの追跡スリラーでは見たことのない心キャラクターを誕生させた。

OCNオリジナルドラマ「小さな神の子供」のカン・ジファンが初放送で強烈な天才刑事の姿で視聴者の注目を集めたのに続いて、4日に放送された2話では、ホームレスにといった180度違ったキャラクターに変身しホームレスネットワークの代表並びにヒーロー的存在といった新しいキャラクターを誕生させた。

カン・ジファンが演技するチョン・ジェインは、追跡スリラーといった重たい空気を漂わせる演技はもちろん、推理が必要な瞬間には百発百中の推理力でドラマに関する興味を一層高めた。妹が殺害されてからホームレスの生活をしながらチョン・ジェイン特有のプライドと品位を失っていない姿が視聴者の笑いをかもし出した。ホームレスに問題が起きるたびに推理しながら解決をしてくれるヒーロー的存在である。

特にこの日の放送では、高級レストランの社長にバカにされたホームレスの復讐のため品格のある態度でホームレス軍団と一緒にレストランで「ホームレスの会」を開くなど常識的には考えられない事情を愉快で痛快に描きカン・ジファンならではのチョン・ジェインのキャラクターを完璧に演技して見せた。

また、妹を殺害した犯人を追跡するにあたって被害者としての悲痛な姿を演技し、視聴者の涙腺を刺激し、事件捜査の援助を求めるキム・ダン(キム・オクビン)には完璧な推理力で新しい捜査方向を指示し、チョン・ジェインの推理によって新しい展開へと発展させた。

中でもチョン・ジェインは殺害被害者の家族でもありエリート刑事という銘柄から刑事を捨てホームレスとして生きて行くことを選んだ。ホームレスではあるが、犯人追跡するチョン・ジェインの活躍に期待が高まる。

カン・ジファンの復帰作であり、2018年最初のOCNオリジナルドラマとして放送前から期待を集めた「小さな神の子供」でカン・ジファンは、これまでに見たことのない新しいキャラクターを誕生させ、視聴者から好評を得ている。カン・ジファンならではの愉快な演技はもちろん、時には鋭く冷静な推理を見せるチョン・ジェインが楽しめる「小さな神の子供」は、毎週土日の夕方10時20分OCNを通じて放送されている。

http://entertain.naver.com/read?oid=213&aid=0001021568

 

 

  • 2018-02-23

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

カン・ジファンが ‘小さな神の子供’を通じて風変わりな演技変身に挑み、
視聴者の前へ現れる。

来る3月3日午後10時20分に初放送予定の
OCNオリジナルドラマ「小さな神の子供」は証拠、ファクト、
ロジックで事件を追跡していくエリート刑事チョン・ジェイン(カン・ジファン)と
事件の被害者にとりつかれ直感捜査を続けていく女刑事キム・ダン(キム・オクビン)が、
20年前に起こった前代未聞の集団変死体事件を追跡していくスリラーだ。
カン・ジファンは、エリート刑事からホームレスに変身するなど
韓国版シャーロックホームズに挑戦する。

カン・ジファンは、チョン・ジェインというキャラクターを通じて
事件に対してはこまめで鋭い勘を持つ天才刑事だが、
普段は人間味溢れるとても親しみ安いイメージを時々表現し、
ドラマをより一層面白く見せる予定だ。現場関係者によると、
カン・ジファンは撮影現場でもチョン・ジェインが持つ多彩で
ユニークな特徴を先妻な演技力と彼なりの豊かな表現力で演技し徹底した
プロ精神でスタッフを毎回驚かせている。。

公開された現場スチールカットでは、
カン・ジファンが特別なきっかけでホームレス姿となって道端に座りお菓子を
つまんで食べるなど、エリート刑事姿と比較すると正反対の姿で
初放送前からすでにたくさんの期待を集めている。

これまで、様々なジャンルとのユニークな役側で繊細な演技を見せてくれたカン・ジファンが
「小さな神の子供」でのチョン・ジェインというキャラクターを通じて更に新しく描き出す
彼の演技に大きな期待がかけられている。カン・ジファンは
SBS「金の化身」(2013年)で、複雑な気持ちの持ち主である
イ・チャンドン役を演じ様々な変身を繰り返し、
前作のMBC「モンスター」(2016)では、
複数の愛を行き来するカン・キタン役を演じドラマヒットに大く貢献した。

カン・ジファンは「小さな神の子供」のチョン・ジェイン役について
「数字とファクトだけを信じIQ167のエリート刑事として韓国版
シャーロックホームズ的感覚を持っている人物」と説明し、
「チョン・ジェインは説明王といったキャラクターなためセリフが多い。
結論的に間違いを言っているわけではないのでそんな部分が魅力的だと思う」と
説明し期待感を高めた。

毎作品ごとに新しい演技を見せてきたカン・ジファンが「小さな神の子供」で
見せるまた変わった演技変化に関心が多く集まっている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-21

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

「小さな神の子供」のプロデューサーが"家族団欒で見れる作品である"と紹介した。

OCN 週末ドラマ「小さな神の子供」制作発表会が21日午後2時ソウルで行なわれた。
カン・シンヒョプロデューサーと主演のカン・ジファン、キム・オクビン、シン・ヒソプ、イ・エリヤが参席した。

カン・シンヒョプロデューサーは「家族全員が見るジャンル作品を作りたかった。
心に傷はあるがコミカルさを持った主人公カン・ジファン、
見てはいけない者が見える女刑事役のキム・オクビンについてのストーリーを描く予定」と語った。
また、キャスティングについても「出演陣みんなが1番キャスティング候補1位だった。
他の俳優を考えてことはなかった」と俳優達への信頼度を強調した。

「小さな神の子供」はファクト、ロジック、数字だけを信じる
エリート刑事チョン・ジェイン(カン・ジファン)と
見てはいけない者を見てしまう不思議な能力を持つ女刑事ギム・ダン(キム・オクビン)が
ベールに包まれた巨大組織にまつわる陰謀を追跡する追跡スリラーです。
科学捜査の化身チョン・ジェインとキム・ダンの絶妙なコンビプレーを描く。

劇中、野党の大統領候補役で出演する予定だったチョウ・ミンギがドラマから降板したため、
2月24日に初放送の予定を3月3日へと延期した。
来る3月3日から毎週週末夜10時20分から放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-14

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

カン・ジファンが出撃準備完了でカムバックカウントダウンに突入、
初放送の期待感を高めている。

来る2月24日午後10時20分に初放送されるOCNオリジナルドラマ「小さな神の子供」で
遂にお茶の間に戻ってくるカン・ジファンは、ディテールな演技表現から外見の変身まで、
様々な試みを果たし、既存の刑事物ではよく見られなかったキャラクターとして、
「韓国版シャーロックホームズ」に挑戦する。

カン・ジファンは劇中、大韓民国10大未解決事件を3つも解決した、
ソウル地方警察庁のエリート刑事チョン・ジェイン役として登場する。
ファクト、ロジック、数字だけを信じる人物で多少の誤差も許されない。
いつも緻密で几帳面な性格という点からカン・ジファンは
外見からすでに鋭い雰囲気を強調するために減量を試みた。
総7kgの減量で復帰前の姿と比較してみると明らかに変わった様子が伺える。
きりっとした容貌でチョン・ジェインのキャラクターのシンクロ率を高めた。

また、チョン・ジェインは自分でIQ167であることを強調し、
あふれる知識を隠せない別名「説明虫」と言われ仲間の間で
忌避対象1号に選ばれるほどの人物である。休む暇もなく、
知識を注ぎ込むキャラクターであるせいか膨大な代謝量を誇る。
カン・ジファンはいつでもどこでも台本を持って通ってキャラクター分析に力を注いでいる

最近は、キャラクターに探索からメイン予告編まで様々な予告映像が
続々と公開されて期待感をさらに高めている。カン・ジファンは、
予告映像を通じておっちょこちょいだけど人間的な姿からエリート刑事として
科学捜査を行う鋭い姿までまさに「変身の鬼才」と言えるほどの
多彩なキャラクター変装を見せ「韓国版シャーロックホームズ」に変身する準備を終えた。

「小さな神の子供」は、OCNでが2018年に初めて出す作品という点から
固定視聴者層の期待感がすでに格別だ。
人並みはずれた構成実力にドキュメンタリー作家でドラマ作家としては
初のハン・ウリ作家を中心に一風変わった刑事推理ドラマに力を注ぎ、
ヒットを数々出した演技派俳優カン・ジファンを筆頭に共演者たちとの
コメディータッチも除かれる今年OCN最大の期待作と呼ばれている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-06

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

カン・ジファンが韓国版シャーロック・ホームズという新しいキャラクターを
構築するため減量に渾身の努力を続けた。

来る2月24日に初放送されるOCNオリジナル週末ドラマ「小さな神の子供」の
カン・ジファンは、劇中でファクト、ロジック、数字だけを信じる
IQ167エリート刑事のチョン・ジェインの役を完璧に表現するために変身を試みた。
ルックスから話し方まで変化を与えたカン・ジファンは、体重も7kg減量しさらにスラッとした姿で現れる。
公開されたドラマ現場写真でも、カン・ジファンはタートルネックに
コートをはおり一層すらりとした体つきをであった。特に以前と違って
スッキリしたフェイスラインとくっきりとした目鼻立ちは、
ドラマ撮影に入る前と後の姿として「入前後の芸能人隊列」に合流した。

カン・ジファンは、チョン・ジェイン特有の鋭さと敏感なキャラクターを
表現するため減量に気を使った。
何事にも犯人検挙の思いで頭がいっぱいな天才エリート刑事であり、
韓国版シャーロック・ホームズという新鮮なキャラクターを表現するために
外見から変化を図ったものである。

カン・ジファン特有の努力と忍耐力で撮影を重ねるごとに強度の高い体力作りを実施し、
総7kgを減量した。カン・ジファンの体重減闘魂でチョン・ジェイン特有の鋭いイメージが
シーンごとに強烈に表現されたとのこと。

韓国版シャーロック・ホームズに変身するカン・ジファンの次期作「小さな神の子供」は
エリート刑事チョン・ジェイン(カン・ジファン)と事件の被害者にとりつかれる
女刑事キム・ダン(キム・オクビン)がベールに包まれた巨大組織にまつわる陰謀を
暴く追跡スリラーとして来る2月24日午後10時20分初放される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-05

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

OCN2018初のオリジナルドラマ「小さな神の子供」カン・ジファンが
エリート刑事と路上ホームレスを行き来する「真逆」衝撃ビジュアルを披露した。

来る2月24日初放送されるOCNオリジナルドラマ「小さな神の子供」
(脚本ハンウリ、演出カンシンヒョハン、制作スタジオドラゴン/ KPJ)
エリート刑事天才的な(カン・ジファン)と事件の被害者の
霊にとりつかれる能力を持つ「女刑事」キム・ダン(キム・オクピン)が
ベールに包まれた巨大組織にまつわる陰謀を暴く追跡スリラーだ。
カン・ジファンは「科学捜査の化身「チョン・ジェイン役を演じ、
証拠 - ファクト - 論理で事件を隙間なく追跡し、
特別な直感で捜査を続けるくキム・ダンとエキサイティングな空調捜査を続けていく。

これと関連し、カン・ジファンはカリスマエース刑事の姿から突然、
もじゃもじゃ姿のホームレスにびっくり「急変」した現場が公開され視線を奪った。
カン・ジファンは外見から表情、雰囲気までまったく同じ人物だとは思えないほど
完璧な変身をし、驚きと楽しさを同時に見せ期待感を膨らませた。

カン・ジファンは、まずシャープなイメージが引き立つエリート刑事の姿を通じて、
大韓民国10大未解決事件のうち3つの事件を解決した
大韓民国優秀刑事のチョン・ジェイン。見るだけで「能力者」といったオーラを出している。
事件の捜査記録がいっぱい積まれている映像を背景にコート姿で
整頓されたヘアスタイルをしているチョン・ジェインが
事件解決のために考え込んでいる姿が現されている。
堅く口を閉ざしたまま捜査だけに集中する姿は
多少強烈なビジュアルとして内面のカリスマを浮上させている

一方、ホームレス姿で道端に座り込んいるチョン・ジェインは
今までの姿とは180度違う、みすぼらしい身なりで視線を集めている。
各種の「生存防寒アイテム」を装着したままボサボサの頭をした チョン・ジェインが
屋台の前に座ってお菓子をむしゃむしゃ食べている様子。
一方、地下鉄の階段で運動するなど体力を鍛えることにも神経を使う
「真面目なホームレス」といった姿で笑いを発している。
果たしてチョン・ジェインの衝撃変身にはそんな事情があるのか、事件の顛末が気になるところだ。

「小さな神の子供」を通じ「韓国版シャーロック・ホームズ」でもあり
「説明虫」である殺人事件専門の刑事役として新たな挑戦を続けていく
カン・ジファンはIQ167のエリート刑事のカリスマと、
ホームレスといった正反対のビジュアルでのコミカルさまで、
予測可能な魅力を行き来しながら新鮮なチョン・ジェイン役を演技」している。
また、カン・ジファンは刑事からホームレスに変身した事情について、
「野宿をしながら、実際の路上生活をするというより、
周囲のホームレスたちと生活を共有するといった感じ」というヒントを残し、
本放送への期待感をさらに刺激した。

制作陣は「カン・ジファンの衝撃ビジュアル変身公開」を通じ、
「小さな神の子供」が決して重いだけの内容ではなく、
キャラクターが生きて動く作品ということが見て分かるだろう」、
「チョン・ジェインのなキャラクターに完全に同化され作品の中で情熱的なエネルギーを
噴出出している」「ヒットメーカー」カン・ジファンの活躍に多くの関心をお願いします」と伝えた。

一方、2018年OCN最初のオリジナルドラマ「小さな神の子供」は
来る2月24日午後10時20分に初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-02-02

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

来る2月24日初放送されるOCNオリジナルドラマ「小さな神の子供」
(脚本ハンウリ、演出カンシンヒョハン、制作スタジオドラゴン/ KPJ)は、
証拠 - ファクト - 論理で事件を鬼のように追跡するエリート刑事チョン・ジェインと
事件の被害者に憑依された後、記憶の断片を集めて特別な直感で捜査をする
女刑事キム・ダンが、ベールに包まれた巨大組織にまつわる陰謀を暴く追跡スリラーだ。
カン・ジファンとキム・オクビンは、それぞれ「科学捜査の化身」チョン・ジェインと
「不思議(神技)」な女刑事キム・ダン役を熱演中。

これと関連し、カン・ジファンとキム・オクビンの劇中の姿が見られる
15秒間のキャラクターID映像が電撃公開され期待感を高めている。
特に今回の映像では、今まで多少重たさを持っていたスリラー物とは異なり、
視聴者が見ずにはいられなくなるような期待感を感じさせる
二人の姿が込められ注目をひきつけている。特に迫力あふれる演出、
何よりもチョン・ジェインとキム・ダンに完全に役にはまったカン・ジファンと
キム・オクビン「真逆キャラクタープレイ」面白さを倍増している。

まず、チョン・ジェイン役のカン・ジファンは、連続殺人事件の現場に到着し
「48時間以内に証拠を探し拘束令状出すか、自白させるかのどちらかひとつにしよう」と
指示を下し「エース」刑事のカリスマを見せた。続いて女刑事のキム・ダンに
「もともと自分からこんな話はよくしないけど、私のIQは167だよ167」と
話しコミカルな「ギャップ感」を出している。さらに事件現場の窓ガラスを
手で割って入ってきては相手に「連続殺人事件の容疑者です!」と
自信満々に話す姿に見とれてしまうほどチョン・ジェインというキャラクターにはまってしまう。

また、事件現場を迅速に鑑識する捜査チームの緊迫した様子と
「連続殺人」といったヒントを付けたし「小さな神の子供」が見せる
本編への期待感と好奇心をさらに刺激した。

制作陣は「カン・ジファンとキム・オクビンのキャラクターID映像を通じて
「小さな神の子供」が描き出そうとする差別化された追跡スリラーというジャンルと
チョン・ジェイン、キム・ダンの魅力をより身近に感じることができるだろう」とし
「キャスティング0順位」だったカン・ジファンとキム・オクビンが「小さな神の子供」で
見せる新鮮な演技と、完全に正反対のキャラクターがもたらす楽しさを期待してください"と伝えた。

一方、2018年OCN最初のオリジナルドラマ「小さな神の子供」は
「ヒット作メーカーであるカン・シンヒョ監督とドキュメンタリープログラム作家出身の
ハン・ウリ作家が手を組み作り上げた期待作だ。
来る2月24日午後10時20分から初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-01-30

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。





来る2月24日夜10時20分に初放送されるOCNオリジナルドラマ「小さな神の子供」は、
ファクトとロジック、数字だけを信奉するエリート刑事チョン・ジェインと
神秘的な直感を持つ末っ子刑事ギム・ダンがベールに包まれた陰謀を追跡していく追跡スリラー。
世界で一番似ていない二人の男女が、お互いに手を取り合いながら、
現実とファンタジーを行き来し、巨大組織を暴く空調捜査を描く。

これと関連し、今回公開されたカン・ジファン - キム・オクビン - シム・ヒソプ – イ・エリヤの
4人4色のキャラクターポスターは、今後「小さな神の子供」が描き出すキャラクターキーワードが
予告されていることに視線を刺激している。
事件現場を背景に紫色の照明が強烈と神秘的な雰囲気をかきてている中で、
4人の個性的な表情と目つきが追加され、
これまでになかった「追撃スリラー」という新しいジャンルの登場を知らせている。

まず、カン・ジファンは「罪は証拠として、
捜査は、科学的に!」というフレーズとともに「科学捜査の化身」であり
IQ167、4大凶悪犯罪の検挙率1位刑事のチョン・ジェインを表現した。
事件現場でランタンを照らしながら犯人を照らし、
カリスマさを強調し、優れた頭脳をフル稼働して一寸の誤差なく
論理的な捜査を広げていく「脳がセクシーな刑事」チョン・ジェインの役を演出した。

キム・オクピンは「私は誰も信じてくれない目撃者だ」というフレーズで注目をひきつけている。
被害者の死と当時の状況を全身で感じることができるギムダンの特別な能力を表現しようと
果敢な角度でクローズアップ撮影された普通ではない役を披露し、
注目を集めている。おぼろげな目つきとさらにキム・ダンの手首に満たされた
滴のブレスレットの存在が捕捉され、関心を引き起こす。

シム・ヒソプは「上司が話していました。取引が成立したと...」という
インパクトの強いフレーズと不気味な目つきを垂らした姿で、
「反社会的怪物検査」ジュ・ハミンの姿を表わした。
すっきりとしたスーツ姿と整頓されたヘアスタイルでソウル地検刑事部最年少課長として
模範的な検事役を演出しているが、無表情な顔から発散される鳥肌が立つほどの
カリスマが見る人々を恐怖感へと導いている。

イ・エリヤは「その人の未来を買ってあげました。安かったですよ」という
フレーズで大企業の令嬢で「小さな国のお姫様」ベク・アヒョン役を演じた。
一目見ても引き立つ清純な美貌と姿で「財閥家のご令嬢」のイメージとは
別の冷たさがにじみ出ている表情が印象的だ。
「生きる天使」ベク・アヒョンの公式的なイメージとは全く違った、
偽悪で綴られた少女の姿を演出、好奇心を刺激している。

これに対して製作陣は「公開された極と極の刑事コンビカン・ジファン - キム・オクピン、
検事シム・ヒソプ、プリンセスがイ・エリヤがそれぞれ演技する
キャラクターポスターは「小さな神の子供」が伝えようとする内容と人物別の特徴が
より明確に盛り込まれている」と話し、「しかし、ポスターを通じて見れていないキャラクターの
「ギャップ姿」も隠されている。今後公開される「追加ヒント」に多くの関心をお願いします "と伝えた。

一方、2018年、OCN最初のオリジナルドラマ「小さな神の子供」は
来る2月24日夜10時20分から初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-01-26

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

カン・ジファンは2月24日に初放送される
OCNオリジナルドラマ‘小さな神の子供’(ハン・ウリ脚本、カン・シヒョ演出)で
‘生きているウソ探知機’というあだ名を持つ ‘科学捜査の化身’チョン・ジェインに扮し
視聴者の前に現れる予定。

ドラマ中チョン・ジェインはIQ 167の所有者で韓国10大事件中、
未解決事件3件を解決したエリート。
5年間で個人通産4大強力犯罪の検挙率1位を自慢する刑事界の
伝説的人物として独歩的事件解決能力を発揮する。

しかし、チョン・ジェインはこのような優れた頭脳回転の副作用によって
同僚の意見を時には無視したり反発し相手をいらつかせ、
自分が持つ知識を話したくて我慢できず
お尻がムズムズする‘説明虫’の姿を見せたりもする。
同僚達の間では「避けたい対象1号」に選ばれるほど怒りをかったりもするが、
視聴者には笑いを与えシャープな刑事というイメージに込められた人間味を披露する予定だ。

‘小さな神の子供’を通じて2年ぶりにお茶の間に復帰するカン・ジファンは
“事実感溢れる台本を読みキャラクターにもっとはまってしまった。
台本リーディングの後、脚本家から僕の声(トーン)に合わせて
台本を修正して頂いた部分を見て僕にぴったりのキャラクターに出会えたと思った。
おかげでキャラクターに対する愛情がもっと深くなった”
また“視聴者にも事実感溢れ生き生きしているキャラクターを表現するために
毎回のシーンごとに分析をしている”と意欲をもたらせていた。

また“韓国版‘シャーロックホームズ’を連想させるかのように、
ファクト、数字、論理を鋭く計算しながらも人間味がある立体的キャラクターとして
幾つかの魅力を見せたい” “今までの刑事ドラマとは
全く違った新しいスタイルを期待してほしい”と話していた。

制作陣は“事件解決をテンポよく解決する強力なカリスマ刑事から
野宿をする姿など何でもこなすカン・ジファンの体を
惜しまない演技に対する熱情にスタッフ皆が感嘆し撮影を行なっている”
また“新しい‘人生キャラクター’に出会ったカン・ジファンの変身に
多くの期待をお願いします”と明かした。

‘小さな神の子供’はエリート刑事チョン・ジェインと‘神技’がある
女刑事キム・ダン。全く別の二人が出会いベールに包まれた
巨大組織にまつわる陰謀を追跡するスリラードラマ。
来る2月 24日 土曜日の午後10時20分に初放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2018-01-25

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

俳優カン・ジファンが'小さな神の子供'を通じて
今までと違った刑事ドラマをお目見えする。

カン・ジファンは来る2月24日初回放送される
OCN ‘小さな神の子供’を次期作に確定して撮影の真っ最中だ。

カン・ジファンはドラマの中でファクト、論理、数字だけを信じる
IQ 167のエリート刑事チョン・ジェイン役として出演する。
大韓民国10大未解決事件の中の3つを解決した科学捜査の化身として
断固たる態度とセクシーな頭脳を持っている天才刑事を繊細に描き出す予定だ。

最近行われたヴォーグコリアとの撮影でカン・ジファンは台本を一日中、
持ち歩くほどキャラクター分析に心血を注いでいると打ち明けた。
“台本リーディングの後、作家の方が私のトーンを念頭にいれて書いたような感じを受けた。
あたかも私がその人物に入って、作家の方も入ってきて合体される感じがして
良かった”として“証拠やファクトを問い詰める人物だが情がないとか
機械的な人物ではない”として多様な面を持った人物であるとした。

また、エリート刑事チョン・ジェインのキャラクターに対して、
韓国版シャーロックと表現した。 “台本をもらった時シャーロックを思い出した。
今まで韓国ドラマにシャーロック刑事がいなかった。
他の刑事ドラマと明確に異なるように感じられる部分がある”として
新しいスタイルの刑事キャラクター誕生を期待してほしいと付け加えた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-09-20

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『島銃士』紅島(ホン島)編
カン・ジファン×GUMMYダルタニャンとして合流…
異色の組み合わせ



©OLIVE TV

『島銃士』紅島(ホン島)編のポスターが公開された。

<前略>

今回の紅島(ホン島)編には、俳優のカン・ジファンと歌手のGUMMYが
ダルタニャンとして合流。アップグレードした面白さと感動を見られるだろうとし
期待が寄せられている。二人は、リアルバラエティへの出演は初めてで
どんな姿を見せてくれるのかと視聴者の関心は高まっている。

紅島(ホン島)編の放送を控える中、『島銃士』の制作陣が公開した
ポスターではカン・ホドン、キム・ヒソン、チョン・ヨンファとダルタニャンとして
出陣したカン・ジファンとGUMMYの姿が視線を集めた。
あごに手を置いて空を見上げたカン・ジファンと
落ち着いた表情でカメラを見つめるGUMMYと共に
おどけた表情でジャンプをしているカン・ホドン、
彼を指さしながら笑うキム・ヒソン、やんちゃな笑顔溢れるチョン・ヨンファが
絶妙な対比を映し出し、興味をそそった。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-08-28

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン『島銃士』出撃…
キム・ヒソン、カン・ホドンと出会う



©MBC

俳優カン・ジファンが『島銃士』に出演する。

26日放送関係者によると、カン・ジファンはこの日の午後
オリーブTVバラエティ番組『島銃士』の撮影にゲストとして合流する。

カン・ジファンは昨年MBC50部作ドラマ『モンスター』以降
久しぶりにバラエティ番組を通じ視聴者に出会う予定だ。
バラエティではあまり目にかかることがなかったカン・ジファンが
『島銃士』でどんな活躍を見せてくれるか関心が集まる。

一方、『島銃士』はカン・ホドン、キム・ヒソン、チョン・ヨンファと
ゲストのダルタニャンが国内の美しい島を背景に住民の人々と一緒に
住んでみる島ステイヒーリングバラエティだ。
毎週月曜日夜9時30分に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2017-03-03

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
幸せな犬のお父さんカン・ジファン 伴侶犬との写真公開



カン・ジファンが伴侶犬ショリとコムリと一緒に
写真撮影をして、日常を公開した。

愛犬雑誌「ライフ・アンド・ドッグ」(DOGUE)は、
3月号のカバーストーリーにカン・ジファンと二匹の伴侶犬の魅力を込めた。

カン・ジファンは、伴侶犬とのグラビア撮影のため
本人の家にスタッフを招いてすっきりした
モダンな雰囲気の家を公開した。豪華なリビングルーム、
キッチン、テラスなどの背景で撮影した写真集を使用し
独身男、カン・ジファンの家まで覗くことができる。

「ショリとコムリを育てているお父さんです」と
自己紹介したカン・ジファンは「今回の雑誌を通して、
家族の姿が綺麗に入った」誰かそばにいてくれる存在がいるだけで心強く、
またぬくもりを感じられることで幸せ」と愛犬への愛を見せた。

カン・ジファンは「両親がいて家族がいるが、伴侶犬は、
第2の家族のようだ」とし「常に同じ空間で同じ飼料だけ
で生活する友達だから旅行に連れて行ったら良い」と望んだ。

この日、写真撮影した7歳のショリはカン・ジファンの頭の上や
肩の上で静止ポーズをとるなど、難しい動作まで成功して
スター犬の姿を見せ、笑いを誘った。カン・ジファンは、これまで様々な
インタビューで遺棄犬と関連奉仕活動への関心を示したことがある。

一方、昨年のMBCドラマ『モンスター』を終えたカン・ジファンは、
次期作まで休息を取っている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-12-01

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン「結婚は遅いと思う、恋愛から先にしたい」


俳優カン・ジファン(39)が7年ぶりに酔いトークを開いた。

-公演に対して挑戦する計画はありませんか?
「歌が下手でミュージカルはちょっと…演劇はしてみたいです。
後輩の中でも映画はもちろんドラマ、
演劇までするパク・ソダムは本当にかっこいいと思います。
歳は若いけど、演技に対して真剣に悩んでいる後輩たちは素晴らしいです。」

-テレビはよく見ますか?
「最近、『人間劇場』や『ヒューマンドキュメンタリー』のような
人の人生の話が出るものをよく見ます。
悲しさの中でも笑いもあって、悪人たちの中でもやさしさを感じられます。
生きている演技じゃないですか。
個人的にこういったものを見ながら自然に演技の勉強をしています。
後輩たちや演技を勉強する友達にお薦めしたい方法です。
人間の人生がとても自然にでているのですよね。」

-ブリーチをされて髪型がだいぶ変わりましたね。
「ドラマが終わって何か変わりたかったのです。
できることが髪の毛しかなくて。それで、とてもつらかったです。
水を5回も抜くなんて知らなかったです。気分転換にはなりましたが、
過程が辛すぎて二度としません。髪の毛がとても痛みました。」

-結婚について考えを積極的に話してしますね。
「結婚は本当にいつも考えています。
良い人がいたらほかの事のせいで避ける考えはありません。
以前、忙しい時期にしばらく恋愛はしないと思いましたが、
それは違うと思います。
良い人ができたら自然に結婚を考えます。
恋愛は早くしたいけど、歳が歳なので、少し慎重になりますね。
以前は、楽に周りの人と合わせれば楽に会うことができたのに、
今は未来も考えなければいけないじゃないですか。
そして子供が生まれたら、歳のいったお父さんや力のない
お父さんにはなりたくないです。
結婚できるなら2〜3年の間にしたいです。」

-理想の奥さん像があると聞きましたが。
「僕ができない部分をカバーしてくれる女性がいいなと思います。
俳優生活をしながら、たくさんの経験ができなくて、
僕の足りない部分を補ってくれる人がいいなと思いますね。
歳上でなければ大丈夫です。僕も歳がいっているので、年上はちょっと(笑)」

-念願の田園住宅に住んでらっしゃいますね。
「以前から広い空間が好きでした。
家にいる時間が多いので、家に力を入れる方なのです。
家の装飾をするのが好きで、インテリアに関心があります。
仕事のないときは、インテリアも考えて、畑を直接管理しています。
今度は、エゴマの葉、唐辛子、サンチュ等を畑で育てて食べました。
楽しかったです。」

-最近の大きい悩みは何ですか
「次回作です。50部作のドラマで様々な年齢層の視聴者の方に
僕の名前を広めるのもよかったですが、
演技的な部分がたくさん露出されたため、
どうやったら新しい姿を見せることができるのかという部分が悩みです。」

-バラエティ挑戦することについて考えはないですか?
「俳優なので、いい演技を見せることがいいと思います。
もちろん以前はバラエティをほとんど断っていましたが、
最近考えが少しずつ変わって来ました。
作品で勝負をしなければいけないという考えが揺るがなかったので
今は一番、作品が上手くいくために
僕が努力をしなければならないと思います。
良い機会や僕についてききたいことがある番組があるなら
心のドアがいつも開いています。」

‐10月に行われた善徳合唱団演奏会に参加していましたね?
「今までボランティアをしたことがない気がすると知人が言っていたのです。
それで宣伝の助けになれたらと思い参加しました。
良い機会があるならいい人たちと一緒に参加したい考えです。」

-大型車免許の試験に合格しましたね
「僕が持っている車がちょっと大きいのです。
それで、運転をするなら大型車用の免許が必要でした。
運転免許の実技の先生が今年自分が教えた人の中で落ちたのは
たった1人だけで、100%受かるというのでむしろもっと緊張しました。
いつも移動するときに荷物も多く、会社のメンバーと旅行に行くときに
高速バスを運転していくにもいいなあと思いました。
小さい車より大きい車を運転する方が面白いし、
大きいものを動かすという喜びもあります。」

-年末の授賞式があまり残っていませんが、大賞の対する欲はありますか?
「もしくださるなら、当然ありがたくもらいます(笑)新人賞は
MBCでもらったことがあります。
新人賞の最後は大賞ではないでしょうか。
MBCで新人賞ももらい、大賞ももらえたらいいですよね。
単純に作品が50部作なので労苦を認めてもらってもらうのではなく、
作品で見せた演技力を基にして賞をくださるならありがたく頂戴します。
もちろん、視聴者のかたにもっとたくさんの愛をもらって演技が伸びた俳優がいるなら
その俳優がもらうべきだと思います。本心から祝うことができます。」

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-30

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン「ソン・ユリと3回目の作品、目だけ見てもぴったり」

俳優カン・ジファン(39)が7年ぶりに酔いトークを開いた。

-初50部作の挑戦で一味違う思い出になりましたか?
「演技的な側面で限界を感じました。この作品の中に人の喜怒哀楽が全てあって、
ラブストーリーもありコメディもあり、アクションもありました。
毎回努力していますが、30部作を超えるので
僕が見せられる演技をすべてしましたが、
視聴者の方たちは新しいものをずっと求めるじゃないですか。
客観的に評価できる時間になりました。
ミニシリーズを中心にしていたのでこのような経験が
足りなかったというのもありますが、
限界を感じたという点がとても恥ずかしかったです。
一瞬でも最善を尽くさなかったことはないですが、
主人公として何かをもっと引っ張っていかなければいけないので
いい経験になったと思います。」

-『モンスター(仮)』は「2位独占」ドラマでしたね
「視聴率10%前半台でしたが、
6ヶ月を超えてもその視聴率を維持したということは拍手をしたいですね。
リオオリンピックにも揺るがなかったですからね。
監督と僕とたくさんの努力をしました。
視聴率というものは一度、底に落ちたら流れというものがあって
上ってくるのが難しいんですよね。
それで、少ない時間ですたが、
様々なバージョンを準備して監督と協議後に撮影したりしました。
特に違う新しいドラマがライバル作で入ってくるときには、
最初の方の視聴率が胎児なので頭を抱えて悩みました。熾烈な戦いでした。
それでも最後まで10%台の視聴率で2位を守って入れたのでよかったです。」

-中年層の方のたくさんの愛をもらったそうですが?
「本当に寿司着なものが普通は俳優カン・ジファンで
覚えてくださっているのに中年層の視聴者の方たちは
<カン・ギタン>や<ビョン・イルジェ><ドドグループ><ド・シニョン>
のように劇中のキャラクターの名前と登場する素材を
たくさん覚えてくださっていることに驚きました。面白い経験です。」

-『モンスター(仮)』の共演者と連絡は取りあっていますか?
「作家と俳優たちと僕の家で会いました。久しぶりに会ったのでうれしかったです。
庭でサムギョプサルを焼いて食べながら余裕を楽しみました。
お互い休めなかったのでドラマが終わってからは休むことに集中してしまい、
ドラマが終わって一ヶ月以上経ってから集まりました。
撮影スケジュールが辛いからなのかチームワークがよかったです。」

-ソン・ユリさんと3回目の共演でしたね
「ユリとは3回目の共演なので本当に目だけ見ても息が合いました。
即座に出た台本でもカメラ監督のスタイルもわかるし、
お互いの演技のスタイルもわかるので本当によく合いました。
相変わらず不思議なのは、ユリが本当に泣くんです。
撮影に入ったら、すぐに泣きます。あの姿を見ると本当に不思議です。」

-カン・ギタンとの別れは完璧にできましたか。
「8ヶ月の間撮影して、なんとなく終わるのは残念ですが、別れは難しくないです。
10年以上演技をしているので、作品のキャラクターと別れることは
感情のコントロール能力が上手くなったと思います。
以前は『90日、愛する時間』というドラマをした時は作品の後遺症とうつ病が一緒に来て、
6ヶ月間辛かったです。演技をするとき、かなり集中するスタイルなので
こうやって楽になるまで10年ほどかかりました。」

-復讐劇の魅力は何ですか。
「ピリっと刺激のある何かがあります。
そのせいで続けてやりました。
感情の起伏が大きいに演技に消化したことについて満足感も大きいです。」

-次にしたいキャラクターや作品があるなら?
「感情的に復讐というジャンルに偏りがちになるじゃないですか。
これからは、ラブストーリーやアクション、ラブコメをしてみたい。
様々なジャンルをやってみたいですね。
もちろん有難いことに今までやってみたジャンルはほとんどなかったと思うけど、
次の作品ではキャラクターが生き残ることができる演技をしてみたいです。
強烈なアクションでも愛らしいキャラクターでも、
切実なラブストーリーでも本当にひとつのキャラクターで
新しい姿を見せることを探したいです。」

-2002年のミュージカル『ロッキーホラーショー』でデビューしましたよね
「以前、俳優になりたいのにどうやって俳優になればいいのかわからず、
探していましたが、ある知人がミュージカルをしたら、
演技、歌、ダンスをすべて覚えることができると言っていたので
ミュージカルのオーディションを受けに行きました。こうやって演技を始めました。
ミュージカル練習生としてアンサンブルからしました。
『ラッキーホラーショー』は、露出があるミュージカルなので
真冬でもローラーブレードで登場するシーンがあって、
コートだけを着て大学路でビラを配った記憶があります(笑)
その当時、オーディションを受けましたが、何もわからなかったので当然、落ちました。
何か習わなければいけなかったんですけどね。
それで掃除でもしようとチームの一員にしてくださいと言いました。
そうやって3カ月がくらい過ごしましたが、
ドイツから来ることになった俳優が来れなくなったんです。
人数を合わせなければいけなかたったため、運よくその席に入りました。
公演をするときにもうけが少なくて本当に大変でした。
1ヶ月に大体10万ウォンもらっていたと思います。20代の時は本当にお金がなかったです。
しかし、軍隊に行ってきてからは両親にお金をもらってはだめだと思い、もらいませんでした。
しかし30歳までやってみてダメだったら諦めようと思っていました。」

-29歳の時、転機が訪れたんですね。
「がんばれ!クムスン」にキャスティングされたのがその時でしたね。
この作品が上手くいきながら定着していきました。
同じ時間帯に放送されたKBS毎日ドラマを追い抜いた初のMBCドラマでした。
本当にうれしかったです。しかし無名時代を経てから
毎日ドラマの主人公を演じたわけじゃないですか。
キャスティングされたことはとてもよかったのですが、
これをすぐにうまくやれることができるのかと心配になりました。
その当時は、主人公でも演技が下手ならクビになっていましたからね。
それで少しだけ出て、クビになるのではないかとビクビクしていました。
一瞬も安心できなかったです。現場で台本だけ見てセリフだけ見ました。
とても硬直していましたね。
わざと会食の席も作ったりしてスタッフと仲良くなろうとしていました。」

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-28

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン「鎮痛剤を飲んで『モンスター(仮)』の撮影を耐えた」




俳優カン・ジファン(39)が7年ぶりに酔いトークを開いた。

映画『7級公務員(仮)』で400mな観客を突破、
興行稼働に乗り、2009年に大鐘賞映画祭新人男優賞を掴み、
フレッシュな魅力の俳優はいつの間にか強烈なカリスマを醸し出す
「復讐劇のヒットメーカー」として位置付けた。
思ってもいなかった復讐劇に連続で3回も挑戦しながらついたあだ名に
笑いが出るカン・ジファンだった。
「次は復讐劇ではない、他の作品を選びます。コメディやラブストーリー」
と言いながら笑いを誘った。

2005年初主演作だったMBC連続ドラマ『がんばれ!クムスン』で
自身の存在感を知らしめたカン・ジファンはどこからか急に出てきた俳優ではなかった。
調べてみたら、大学路の舞台演技から始まり、しっかり端役から積んで来た。
「ちょうど30までだけやってみてダメなら演技をやめようと思いました。」
というカン・ジファンは『がんばれ!クムスン』を通し
自らの位置を確立し、それ以降には映画まで広げ、ブラウン管とスクリーンを行き来する俳優になった。

50部作MBCドラマ『モンスター(仮)』で今年3月から6ヶ月を超える時間を
熱く走り続けたカン・ジファンは撮影終了後、休暇をとっている。
その間、会えなかった家族や友達に会い、団らんの時間を過ごし、
20日と22日の2回に分けて進行された日本のファンミーティングの準備に熱を注ぎ、
久しぶりに余裕を取り戻した。休んでいる間、大型車の運転免許まで取った。
「大きい車を集めることが好きです。」と笑うカン・ジファンと焼酎3本をすぐに空にした。
杯は空いていったが、カン・ジファンの魅力はどんどん出てきて、
時間が過ぎていくのもわからなかった。

-酔いトーク公式の質問です。どれくらいお酒を飲みますか?
「焼酎1本半飲んでも次の日は大丈夫です。2本を超えたら次の日辛いですね。
20代の時もそんなにお酒は好きではなかったです。
しかし助演生活をしてから主演になったとき、心配ごとが増えたんです。
現場のスタッフと親しくなろうと飲み会によく参加しました。
そしてその時ちょうどストレスを解消する方法がなかったんです。
スタッフとお酒を飲むことが唯一ストレス解消法でした。」

-2回目の酔いトークですね。
「その時が2009年でしたよね。
映画『7級公務員』をの時に酔いトークをしましたが、
7年ぶりにこうしてまた酔いトークをするので不思議な気持ちです。
ホルモン屋でお酒を飲んだ記憶があります。」

-最近流行っている<一人飲み>を楽しむ方ですか?
「一人飲みが一人で飲むということですよね?
どんな意味ややっと分かりました(笑)
その言葉をたくさん聞いたことがありますが、意味は知りませんでした。
以前、一人で飲むことをしてみましたが、僕は合わないなと思いました。
ドラマではそういったシーンがあるじゃないですか。
バーでウイスキーを飲んで、友達が来たら、「あ!来たんだ!」というシーンです。
そういうのが夢でした。どれで一度してみましたが、
初めはドキドキしましたが、二杯目まではよかったです。
それ以降は寂しいのはドラマと現実は違いました。」

-『モンスター(仮)』の撮影終了後、落ち着いた休暇を送っていますか?
「8ヶ月間の撮影をした作品でした。
その間、詰まったスケジュールとの闘いでとても大変でした。
それで旅行の計画も立てては無しにして、無計画な生活をしていました。
朝寝坊もして、好きな時に出て友達と酒も飲んで、今まで見れなかった映画やドラマもすべて見て。
急に友達と会うこと以外は約束を絶対に作りません。」

-50部作本当に長かったですね。
「16部作の場合は、4ヶ月なので1ヶ月一生懸命して、
2ヶ月耐えれば終わりますが、『モンスター(仮)』は50部作じゃないですか。
はじめは中国にロケーションに行って、夜通し撮影をしながら3,4回分を撮って、
韓国に戻ってきましたがこんな徹夜の撮影スケジュールを
半年以上しなければいけないと考えたときにつらいと思いましたね。本当に大変でした。」

-『モンスター(仮)』の撮影が怪我をもっとつらくさせたと聞きました
「最初は腸炎にかかり、その時はお腹がねじれるくらい痛かったです。
しかし、スケジュールが忙しいじゃないですか。量は多いし、撮る時間も足りないし。
具合が悪いからできないと言えない状況でした。
ただ一度撮影の途中で救急治療室に行ったことがあります。
交通事故に遭ったときも点滴を受けて次の日に出て3日間夜通し撮影をして、
火傷をした時も我慢して耐えました。俳優がよく、一生懸命夜通し撮影をするとき、
健康のために漢方とか高麗人参のようなものを飲むと言うじゃないですか。
僕の車の中には、痛み止めだけがたくさんありました。
痛み止めで3〜4ヶ月も耐えました。もちろん今はほとんど治りましたよ。」

-家もほとんど帰れず、撮影をしたと聞きました。
「ほとんど3日、4日間くらい徹夜していました。
家も遠く、シャワーして出てくる時間もなく、撮影現場の近くにモーテルや銭湯もなかったんです。
撮影と撮影の合間に1時間半程度空くのですが、
その時少し車で目を瞑ってサンアムドンMBC社内のトイレに行って洗いました。
洗顔して頭を洗いました。とはいっても、MBC月火ドラマの主人公なのにトイレで洗うだなんて…
サンアムMBSは、ドラマ専門ではなくバラエティ専門の場所なので、
宿直室のような部屋をくれないんです。それで社内のトイレをよく使いました。」

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-11

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
日常に戻ってきた演技モンスター カン・ジファン




復讐劇は慣れたジャンルだが、50部作は初めてだった。
長い長い8ヶ月間、闘魂を発揮し、勧善懲悪を見せてくれた
ドラマ<モンスター>のヒーロー カン・ジファンの本当の姿。

カン・ジファン(40 本名チョ・テギュ)のフィルモグラフィーを見たら、
彼がどのくらい誠実な俳優なのか、すぐにわかる。
2002年芸能界にデビュー後、年を越さずとしてドラマや映画を撮った。
デビュー作はミュージカル<ラッキーホラーショー>だが、
当時の配役は彼の表現を借りるなら「家族や友達以外にはわからないくらいの
比重の小さいアンサンブル」だった。
記者が彼を初めて会ったところもその舞台だった。
端役というのには存在感が溢れている外見と主演に負けない情熱で
視線を釘付けにしていた新人俳優は三年後、
視聴率40%に肉薄したMBCドラマ<がんばれ!クムスン>で
スターへの階級を上った。

以降、彼は人気より演技の欲が多くあり、
作品のためなら体のサイズを風船のように膨らませることも、
危険なアクションシーンも惜しまなかった。
できるなら代役なく直接消化しようという主義だったためだ。
自身の演技のきまりをかたくなに守り、コツコツと歩みを広げてきた彼は昨年、
韓・中合作映画<天降大咖>で初の中国進出をした。
その後また半年ぶりにMBC50部作ドラマ<モンスター>に挑戦した。
ドラマ<お金の化身><ビッグマン>に続く3度目の復讐劇だった。
劇中、両親を殺した者に復讐する主人公カン・ギタン役を演じ、
彼は初恋の弁護士オ・スヨン役のソン・ユリ、
財閥の娘ド・シニョン役を演じたチョ・ボアと三角関係をしながら
先輩俳優のチョン・ボソク(カン・ギタンの叔母とビョン・イルジェ役)、
イ・ドクファ(大統領候補ファン・ジェマン役)と火花を散らす対決を繰り広げた。




今年9月末、放映が終了した一週間後に会った彼は
「喜怒哀楽をすべて見せたキャラクターを選んでいたため、
本位でなはく復讐劇を続けてすることになった」といい、
「50部作は初めてで精神的、肉体的に辛い部分があったけど、
みんな一緒に楽しく撮影ができて寂しさより気軽な気持ちの方が大きい」と語った。

<インタビュー内容は以前紹介した記事と同じですので省略しました。>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-10-24

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン、第17回善徳合唱団演奏会に参加…「温かい挨拶」



俳優カン・ジファンが善徳院の第17回定期演奏会「ハーモニー(Harmony)」に参加した。

カン・ジファンは、いい表情でポーズをとって、その場の雰囲気をもっと輝かした。

社会福祉法の善徳院理事長のパク・ソヒが主催する
今回の演奏会は善徳院の子供たちの温かい心を集めて作った美しいハーモニーを醸し、
東国大文化コンテンツ学科のキム・ドシク教授が団長で指揮者イ・カンミンと
ピアニストのシン・ヒョンジョンの参加で完成度を高くした。

<以下省略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

1〜20/170件  1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ→  最後へ→→