INFOMATION

  • FC告知
  • FC告知
  • FC告知
  • 2017-03-03

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
幸せな犬のお父さんカン・ジファン 伴侶犬との写真公開



カン・ジファンが伴侶犬ショリとコムリと一緒に
写真撮影をして、日常を公開した。

愛犬雑誌「ライフ・アンド・ドッグ」(DOGUE)は、
3月号のカバーストーリーにカン・ジファンと二匹の伴侶犬の魅力を込めた。

カン・ジファンは、伴侶犬とのグラビア撮影のため
本人の家にスタッフを招いてすっきりした
モダンな雰囲気の家を公開した。豪華なリビングルーム、
キッチン、テラスなどの背景で撮影した写真集を使用し
独身男、カン・ジファンの家まで覗くことができる。

「ショリとコムリを育てているお父さんです」と
自己紹介したカン・ジファンは「今回の雑誌を通して、
家族の姿が綺麗に入った」誰かそばにいてくれる存在がいるだけで心強く、
またぬくもりを感じられることで幸せ」と愛犬への愛を見せた。

カン・ジファンは「両親がいて家族がいるが、伴侶犬は、
第2の家族のようだ」とし「常に同じ空間で同じ飼料だけ
で生活する友達だから旅行に連れて行ったら良い」と望んだ。

この日、写真撮影した7歳のショリはカン・ジファンの頭の上や
肩の上で静止ポーズをとるなど、難しい動作まで成功して
スター犬の姿を見せ、笑いを誘った。カン・ジファンは、これまで様々な
インタビューで遺棄犬と関連奉仕活動への関心を示したことがある。

一方、昨年のMBCドラマ『モンスター』を終えたカン・ジファンは、
次期作まで休息を取っている。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-12-01

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン「結婚は遅いと思う、恋愛から先にしたい」


俳優カン・ジファン(39)が7年ぶりに酔いトークを開いた。

-公演に対して挑戦する計画はありませんか?
「歌が下手でミュージカルはちょっと…演劇はしてみたいです。
後輩の中でも映画はもちろんドラマ、
演劇までするパク・ソダムは本当にかっこいいと思います。
歳は若いけど、演技に対して真剣に悩んでいる後輩たちは素晴らしいです。」

-テレビはよく見ますか?
「最近、『人間劇場』や『ヒューマンドキュメンタリー』のような
人の人生の話が出るものをよく見ます。
悲しさの中でも笑いもあって、悪人たちの中でもやさしさを感じられます。
生きている演技じゃないですか。
個人的にこういったものを見ながら自然に演技の勉強をしています。
後輩たちや演技を勉強する友達にお薦めしたい方法です。
人間の人生がとても自然にでているのですよね。」

-ブリーチをされて髪型がだいぶ変わりましたね。
「ドラマが終わって何か変わりたかったのです。
できることが髪の毛しかなくて。それで、とてもつらかったです。
水を5回も抜くなんて知らなかったです。気分転換にはなりましたが、
過程が辛すぎて二度としません。髪の毛がとても痛みました。」

-結婚について考えを積極的に話してしますね。
「結婚は本当にいつも考えています。
良い人がいたらほかの事のせいで避ける考えはありません。
以前、忙しい時期にしばらく恋愛はしないと思いましたが、
それは違うと思います。
良い人ができたら自然に結婚を考えます。
恋愛は早くしたいけど、歳が歳なので、少し慎重になりますね。
以前は、楽に周りの人と合わせれば楽に会うことができたのに、
今は未来も考えなければいけないじゃないですか。
そして子供が生まれたら、歳のいったお父さんや力のない
お父さんにはなりたくないです。
結婚できるなら2〜3年の間にしたいです。」

-理想の奥さん像があると聞きましたが。
「僕ができない部分をカバーしてくれる女性がいいなと思います。
俳優生活をしながら、たくさんの経験ができなくて、
僕の足りない部分を補ってくれる人がいいなと思いますね。
歳上でなければ大丈夫です。僕も歳がいっているので、年上はちょっと(笑)」

-念願の田園住宅に住んでらっしゃいますね。
「以前から広い空間が好きでした。
家にいる時間が多いので、家に力を入れる方なのです。
家の装飾をするのが好きで、インテリアに関心があります。
仕事のないときは、インテリアも考えて、畑を直接管理しています。
今度は、エゴマの葉、唐辛子、サンチュ等を畑で育てて食べました。
楽しかったです。」

-最近の大きい悩みは何ですか
「次回作です。50部作のドラマで様々な年齢層の視聴者の方に
僕の名前を広めるのもよかったですが、
演技的な部分がたくさん露出されたため、
どうやったら新しい姿を見せることができるのかという部分が悩みです。」

-バラエティ挑戦することについて考えはないですか?
「俳優なので、いい演技を見せることがいいと思います。
もちろん以前はバラエティをほとんど断っていましたが、
最近考えが少しずつ変わって来ました。
作品で勝負をしなければいけないという考えが揺るがなかったので
今は一番、作品が上手くいくために
僕が努力をしなければならないと思います。
良い機会や僕についてききたいことがある番組があるなら
心のドアがいつも開いています。」

‐10月に行われた善徳合唱団演奏会に参加していましたね?
「今までボランティアをしたことがない気がすると知人が言っていたのです。
それで宣伝の助けになれたらと思い参加しました。
良い機会があるならいい人たちと一緒に参加したい考えです。」

-大型車免許の試験に合格しましたね
「僕が持っている車がちょっと大きいのです。
それで、運転をするなら大型車用の免許が必要でした。
運転免許の実技の先生が今年自分が教えた人の中で落ちたのは
たった1人だけで、100%受かるというのでむしろもっと緊張しました。
いつも移動するときに荷物も多く、会社のメンバーと旅行に行くときに
高速バスを運転していくにもいいなあと思いました。
小さい車より大きい車を運転する方が面白いし、
大きいものを動かすという喜びもあります。」

-年末の授賞式があまり残っていませんが、大賞の対する欲はありますか?
「もしくださるなら、当然ありがたくもらいます(笑)新人賞は
MBCでもらったことがあります。
新人賞の最後は大賞ではないでしょうか。
MBCで新人賞ももらい、大賞ももらえたらいいですよね。
単純に作品が50部作なので労苦を認めてもらってもらうのではなく、
作品で見せた演技力を基にして賞をくださるならありがたく頂戴します。
もちろん、視聴者のかたにもっとたくさんの愛をもらって演技が伸びた俳優がいるなら
その俳優がもらうべきだと思います。本心から祝うことができます。」

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-30

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン「ソン・ユリと3回目の作品、目だけ見てもぴったり」

俳優カン・ジファン(39)が7年ぶりに酔いトークを開いた。

-初50部作の挑戦で一味違う思い出になりましたか?
「演技的な側面で限界を感じました。この作品の中に人の喜怒哀楽が全てあって、
ラブストーリーもありコメディもあり、アクションもありました。
毎回努力していますが、30部作を超えるので
僕が見せられる演技をすべてしましたが、
視聴者の方たちは新しいものをずっと求めるじゃないですか。
客観的に評価できる時間になりました。
ミニシリーズを中心にしていたのでこのような経験が
足りなかったというのもありますが、
限界を感じたという点がとても恥ずかしかったです。
一瞬でも最善を尽くさなかったことはないですが、
主人公として何かをもっと引っ張っていかなければいけないので
いい経験になったと思います。」

-『モンスター(仮)』は「2位独占」ドラマでしたね
「視聴率10%前半台でしたが、
6ヶ月を超えてもその視聴率を維持したということは拍手をしたいですね。
リオオリンピックにも揺るがなかったですからね。
監督と僕とたくさんの努力をしました。
視聴率というものは一度、底に落ちたら流れというものがあって
上ってくるのが難しいんですよね。
それで、少ない時間ですたが、
様々なバージョンを準備して監督と協議後に撮影したりしました。
特に違う新しいドラマがライバル作で入ってくるときには、
最初の方の視聴率が胎児なので頭を抱えて悩みました。熾烈な戦いでした。
それでも最後まで10%台の視聴率で2位を守って入れたのでよかったです。」

-中年層の方のたくさんの愛をもらったそうですが?
「本当に寿司着なものが普通は俳優カン・ジファンで
覚えてくださっているのに中年層の視聴者の方たちは
<カン・ギタン>や<ビョン・イルジェ><ドドグループ><ド・シニョン>
のように劇中のキャラクターの名前と登場する素材を
たくさん覚えてくださっていることに驚きました。面白い経験です。」

-『モンスター(仮)』の共演者と連絡は取りあっていますか?
「作家と俳優たちと僕の家で会いました。久しぶりに会ったのでうれしかったです。
庭でサムギョプサルを焼いて食べながら余裕を楽しみました。
お互い休めなかったのでドラマが終わってからは休むことに集中してしまい、
ドラマが終わって一ヶ月以上経ってから集まりました。
撮影スケジュールが辛いからなのかチームワークがよかったです。」

-ソン・ユリさんと3回目の共演でしたね
「ユリとは3回目の共演なので本当に目だけ見ても息が合いました。
即座に出た台本でもカメラ監督のスタイルもわかるし、
お互いの演技のスタイルもわかるので本当によく合いました。
相変わらず不思議なのは、ユリが本当に泣くんです。
撮影に入ったら、すぐに泣きます。あの姿を見ると本当に不思議です。」

-カン・ギタンとの別れは完璧にできましたか。
「8ヶ月の間撮影して、なんとなく終わるのは残念ですが、別れは難しくないです。
10年以上演技をしているので、作品のキャラクターと別れることは
感情のコントロール能力が上手くなったと思います。
以前は『90日、愛する時間』というドラマをした時は作品の後遺症とうつ病が一緒に来て、
6ヶ月間辛かったです。演技をするとき、かなり集中するスタイルなので
こうやって楽になるまで10年ほどかかりました。」

-復讐劇の魅力は何ですか。
「ピリっと刺激のある何かがあります。
そのせいで続けてやりました。
感情の起伏が大きいに演技に消化したことについて満足感も大きいです。」

-次にしたいキャラクターや作品があるなら?
「感情的に復讐というジャンルに偏りがちになるじゃないですか。
これからは、ラブストーリーやアクション、ラブコメをしてみたい。
様々なジャンルをやってみたいですね。
もちろん有難いことに今までやってみたジャンルはほとんどなかったと思うけど、
次の作品ではキャラクターが生き残ることができる演技をしてみたいです。
強烈なアクションでも愛らしいキャラクターでも、
切実なラブストーリーでも本当にひとつのキャラクターで
新しい姿を見せることを探したいです。」

-2002年のミュージカル『ロッキーホラーショー』でデビューしましたよね
「以前、俳優になりたいのにどうやって俳優になればいいのかわからず、
探していましたが、ある知人がミュージカルをしたら、
演技、歌、ダンスをすべて覚えることができると言っていたので
ミュージカルのオーディションを受けに行きました。こうやって演技を始めました。
ミュージカル練習生としてアンサンブルからしました。
『ラッキーホラーショー』は、露出があるミュージカルなので
真冬でもローラーブレードで登場するシーンがあって、
コートだけを着て大学路でビラを配った記憶があります(笑)
その当時、オーディションを受けましたが、何もわからなかったので当然、落ちました。
何か習わなければいけなかったんですけどね。
それで掃除でもしようとチームの一員にしてくださいと言いました。
そうやって3カ月がくらい過ごしましたが、
ドイツから来ることになった俳優が来れなくなったんです。
人数を合わせなければいけなかたったため、運よくその席に入りました。
公演をするときにもうけが少なくて本当に大変でした。
1ヶ月に大体10万ウォンもらっていたと思います。20代の時は本当にお金がなかったです。
しかし、軍隊に行ってきてからは両親にお金をもらってはだめだと思い、もらいませんでした。
しかし30歳までやってみてダメだったら諦めようと思っていました。」

-29歳の時、転機が訪れたんですね。
「がんばれ!クムスン」にキャスティングされたのがその時でしたね。
この作品が上手くいきながら定着していきました。
同じ時間帯に放送されたKBS毎日ドラマを追い抜いた初のMBCドラマでした。
本当にうれしかったです。しかし無名時代を経てから
毎日ドラマの主人公を演じたわけじゃないですか。
キャスティングされたことはとてもよかったのですが、
これをすぐにうまくやれることができるのかと心配になりました。
その当時は、主人公でも演技が下手ならクビになっていましたからね。
それで少しだけ出て、クビになるのではないかとビクビクしていました。
一瞬も安心できなかったです。現場で台本だけ見てセリフだけ見ました。
とても硬直していましたね。
わざと会食の席も作ったりしてスタッフと仲良くなろうとしていました。」

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-28

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン「鎮痛剤を飲んで『モンスター(仮)』の撮影を耐えた」




俳優カン・ジファン(39)が7年ぶりに酔いトークを開いた。

映画『7級公務員(仮)』で400mな観客を突破、
興行稼働に乗り、2009年に大鐘賞映画祭新人男優賞を掴み、
フレッシュな魅力の俳優はいつの間にか強烈なカリスマを醸し出す
「復讐劇のヒットメーカー」として位置付けた。
思ってもいなかった復讐劇に連続で3回も挑戦しながらついたあだ名に
笑いが出るカン・ジファンだった。
「次は復讐劇ではない、他の作品を選びます。コメディやラブストーリー」
と言いながら笑いを誘った。

2005年初主演作だったMBC連続ドラマ『がんばれ!クムスン』で
自身の存在感を知らしめたカン・ジファンはどこからか急に出てきた俳優ではなかった。
調べてみたら、大学路の舞台演技から始まり、しっかり端役から積んで来た。
「ちょうど30までだけやってみてダメなら演技をやめようと思いました。」
というカン・ジファンは『がんばれ!クムスン』を通し
自らの位置を確立し、それ以降には映画まで広げ、ブラウン管とスクリーンを行き来する俳優になった。

50部作MBCドラマ『モンスター(仮)』で今年3月から6ヶ月を超える時間を
熱く走り続けたカン・ジファンは撮影終了後、休暇をとっている。
その間、会えなかった家族や友達に会い、団らんの時間を過ごし、
20日と22日の2回に分けて進行された日本のファンミーティングの準備に熱を注ぎ、
久しぶりに余裕を取り戻した。休んでいる間、大型車の運転免許まで取った。
「大きい車を集めることが好きです。」と笑うカン・ジファンと焼酎3本をすぐに空にした。
杯は空いていったが、カン・ジファンの魅力はどんどん出てきて、
時間が過ぎていくのもわからなかった。

-酔いトーク公式の質問です。どれくらいお酒を飲みますか?
「焼酎1本半飲んでも次の日は大丈夫です。2本を超えたら次の日辛いですね。
20代の時もそんなにお酒は好きではなかったです。
しかし助演生活をしてから主演になったとき、心配ごとが増えたんです。
現場のスタッフと親しくなろうと飲み会によく参加しました。
そしてその時ちょうどストレスを解消する方法がなかったんです。
スタッフとお酒を飲むことが唯一ストレス解消法でした。」

-2回目の酔いトークですね。
「その時が2009年でしたよね。
映画『7級公務員』をの時に酔いトークをしましたが、
7年ぶりにこうしてまた酔いトークをするので不思議な気持ちです。
ホルモン屋でお酒を飲んだ記憶があります。」

-最近流行っている<一人飲み>を楽しむ方ですか?
「一人飲みが一人で飲むということですよね?
どんな意味ややっと分かりました(笑)
その言葉をたくさん聞いたことがありますが、意味は知りませんでした。
以前、一人で飲むことをしてみましたが、僕は合わないなと思いました。
ドラマではそういったシーンがあるじゃないですか。
バーでウイスキーを飲んで、友達が来たら、「あ!来たんだ!」というシーンです。
そういうのが夢でした。どれで一度してみましたが、
初めはドキドキしましたが、二杯目まではよかったです。
それ以降は寂しいのはドラマと現実は違いました。」

-『モンスター(仮)』の撮影終了後、落ち着いた休暇を送っていますか?
「8ヶ月間の撮影をした作品でした。
その間、詰まったスケジュールとの闘いでとても大変でした。
それで旅行の計画も立てては無しにして、無計画な生活をしていました。
朝寝坊もして、好きな時に出て友達と酒も飲んで、今まで見れなかった映画やドラマもすべて見て。
急に友達と会うこと以外は約束を絶対に作りません。」

-50部作本当に長かったですね。
「16部作の場合は、4ヶ月なので1ヶ月一生懸命して、
2ヶ月耐えれば終わりますが、『モンスター(仮)』は50部作じゃないですか。
はじめは中国にロケーションに行って、夜通し撮影をしながら3,4回分を撮って、
韓国に戻ってきましたがこんな徹夜の撮影スケジュールを
半年以上しなければいけないと考えたときにつらいと思いましたね。本当に大変でした。」

-『モンスター(仮)』の撮影が怪我をもっとつらくさせたと聞きました
「最初は腸炎にかかり、その時はお腹がねじれるくらい痛かったです。
しかし、スケジュールが忙しいじゃないですか。量は多いし、撮る時間も足りないし。
具合が悪いからできないと言えない状況でした。
ただ一度撮影の途中で救急治療室に行ったことがあります。
交通事故に遭ったときも点滴を受けて次の日に出て3日間夜通し撮影をして、
火傷をした時も我慢して耐えました。俳優がよく、一生懸命夜通し撮影をするとき、
健康のために漢方とか高麗人参のようなものを飲むと言うじゃないですか。
僕の車の中には、痛み止めだけがたくさんありました。
痛み止めで3〜4ヶ月も耐えました。もちろん今はほとんど治りましたよ。」

-家もほとんど帰れず、撮影をしたと聞きました。
「ほとんど3日、4日間くらい徹夜していました。
家も遠く、シャワーして出てくる時間もなく、撮影現場の近くにモーテルや銭湯もなかったんです。
撮影と撮影の合間に1時間半程度空くのですが、
その時少し車で目を瞑ってサンアムドンMBC社内のトイレに行って洗いました。
洗顔して頭を洗いました。とはいっても、MBC月火ドラマの主人公なのにトイレで洗うだなんて…
サンアムMBSは、ドラマ専門ではなくバラエティ専門の場所なので、
宿直室のような部屋をくれないんです。それで社内のトイレをよく使いました。」

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-11-11

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
日常に戻ってきた演技モンスター カン・ジファン




復讐劇は慣れたジャンルだが、50部作は初めてだった。
長い長い8ヶ月間、闘魂を発揮し、勧善懲悪を見せてくれた
ドラマ<モンスター>のヒーロー カン・ジファンの本当の姿。

カン・ジファン(40 本名チョ・テギュ)のフィルモグラフィーを見たら、
彼がどのくらい誠実な俳優なのか、すぐにわかる。
2002年芸能界にデビュー後、年を越さずとしてドラマや映画を撮った。
デビュー作はミュージカル<ラッキーホラーショー>だが、
当時の配役は彼の表現を借りるなら「家族や友達以外にはわからないくらいの
比重の小さいアンサンブル」だった。
記者が彼を初めて会ったところもその舞台だった。
端役というのには存在感が溢れている外見と主演に負けない情熱で
視線を釘付けにしていた新人俳優は三年後、
視聴率40%に肉薄したMBCドラマ<がんばれ!クムスン>で
スターへの階級を上った。

以降、彼は人気より演技の欲が多くあり、
作品のためなら体のサイズを風船のように膨らませることも、
危険なアクションシーンも惜しまなかった。
できるなら代役なく直接消化しようという主義だったためだ。
自身の演技のきまりをかたくなに守り、コツコツと歩みを広げてきた彼は昨年、
韓・中合作映画<天降大咖>で初の中国進出をした。
その後また半年ぶりにMBC50部作ドラマ<モンスター>に挑戦した。
ドラマ<お金の化身><ビッグマン>に続く3度目の復讐劇だった。
劇中、両親を殺した者に復讐する主人公カン・ギタン役を演じ、
彼は初恋の弁護士オ・スヨン役のソン・ユリ、
財閥の娘ド・シニョン役を演じたチョ・ボアと三角関係をしながら
先輩俳優のチョン・ボソク(カン・ギタンの叔母とビョン・イルジェ役)、
イ・ドクファ(大統領候補ファン・ジェマン役)と火花を散らす対決を繰り広げた。




今年9月末、放映が終了した一週間後に会った彼は
「喜怒哀楽をすべて見せたキャラクターを選んでいたため、
本位でなはく復讐劇を続けてすることになった」といい、
「50部作は初めてで精神的、肉体的に辛い部分があったけど、
みんな一緒に楽しく撮影ができて寂しさより気軽な気持ちの方が大きい」と語った。

<インタビュー内容は以前紹介した記事と同じですので省略しました。>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-10-24

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン、第17回善徳合唱団演奏会に参加…「温かい挨拶」



俳優カン・ジファンが善徳院の第17回定期演奏会「ハーモニー(Harmony)」に参加した。

カン・ジファンは、いい表情でポーズをとって、その場の雰囲気をもっと輝かした。

社会福祉法の善徳院理事長のパク・ソヒが主催する
今回の演奏会は善徳院の子供たちの温かい心を集めて作った美しいハーモニーを醸し、
東国大文化コンテンツ学科のキム・ドシク教授が団長で指揮者イ・カンミンと
ピアニストのシン・ヒョンジョンの参加で完成度を高くした。

<以下省略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-10-11

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので 皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン、カリスマが溢れる表情(「ラッキー(仮)」VIP試写会)



俳優のカン・ジファンが10日午後、
ソウル市カンナム区サムソンドンのMEGABOX COEXで開かれた
映画「ラッキー(仮)」VIP試写会に参加した。

映画「ラッキー(仮)」は成功率100%の完璧なカリスマの殺し屋が
銭湯の鍵のせいで無名俳優として運命が変わりながら展開していく超特急反転コメディー映画だ。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-10-05

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にカン・ジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。


©일간스포츠(http://isplus.joins.com) and JTBC Content Hub Co., Ltd.


俳優カン・ジファンがMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』を通し、初の50部作の挑戦を終えた。

カン・ジファンは、3月から長い7か月間という時間を『モンスター(仮)』と一緒にした。
長い日程だったが、主人公としてぶれることなく中心に立ち、ドラマを引っ張った。
けがはもちろん夜通し撮影が続く現場だったが、中年の視聴者層の熱い支持を受け、
終わるまで2位を守り抜き、視聴率(9月20日最終回14.1%ネルソンコリア全国基準)を維持した。
50部作を終えたカン・ジファンの顔には疲労感がまだ100%というのが見えるが、
「明日から自由」と叫ぶ彼の姿からは幸せが見える。

―最終回を迎えた感想は?
ドラマが気持ちよく終わった。
今年2月から9月まで8か月間撮影した。50部作は自分には初挑戦だった。
精神的にも体力的にも大変だったけど、最後まで笑いながら終えることができた。
寂しいというよりも清々しい気持ちのほうが大きい。

―最終回の後、どう過ごしたのか?
作家、そして俳優たちと会い、心を開いて話をする時間を作った。
これまでよく会えなかった両親と友達にも会った。
本格的な休暇はこれから始まる。

―犬飯、ジャージャー麺、ピザ等「食べる姿」が話題でしたね?
怒りを食べる姿で表現した。恥ずかしくてNG無く一度に終わらせる努力をした。
食べるシーンの中でピザを食べるシーンが一番恥ずかしかった。
しかしインパクトが強かったせいで、ピザの広告が入ってくるのではないかと期待もした。
今も待っているけど、まだ連絡がない(笑)

―どういう点に集中して演技したのか?
主人公だからもう少し強いエンディングが必要だった。
それで視線をつかむために目に血を入れてくれといった。
血の涙を直接表現したかった。
放送されてもされなくても関係なく、とても強烈な演技をしたかった。

―撮影中けがはなかったか?
本当につらかったことの一つが、事故とけがだった。
ミニシリーズは最初のほうにつらい撮影をして中盤に慣れて、最後に48時間夜通しするのが普通だ。
『モンスター(仮)』は50部作だが、1,2回から中国の海南に行き、30回以上夜通し撮影をした。
撮影の途中に腸炎のせいでつらい思いをし、寝ずに撮影に行き交通事故が起きたりもした。
火傷もした。本当につらい時間だった。
タイトルが『モンスター(仮)』のエンディングにモンスターになってみようと
催眠にかかってみようともしたくらい本当につらい作品だった。

―50部作のドラマにまた挑戦する考えがあるのか?
また?しばらくは短編だけしたい(笑)
ミニシリーズに体の調子を合わしていて、体力的にとてもつらかった。
体の限界がきて、これから半年撮影しなければならないといったとき、「メンタルがやられた。」
病院に行く時間もなかった。内臓器官が調子悪く、顔が腫れたりもした。
それで画面によく変に映った。思った通りに映らないのを見て、傷つき、
ストレスによって体をまた壊し…こんなサイクルを繰り返した。

―痩せたようですが?
最初のほうに痩せたが、中盤また太った。酒を少し飲んだらまた痩せた。

―髪型が変わりましたか?
ドラマ終了後、髪の毛を染めた。
8か月の間、カン・ギタンという役をしていたため、
作品が終わってから一番したいことが変化をしたいということだった。
それで撮影が終わってから美容室に行った。
流行を先取りするアイドルのスタイルを少し見て染めた。

(一部省略)

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-08-25

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、ブラウン管から突き出るカリスマ



俳優カン・ジファンが『モンスター(仮)』に完璧に溶け込み
圧倒的なカリスマを見せている。

去る23日放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』では
カン・ギタン(カン・ジファン)がドドグループを掌握するため
本格的な動きを開始する姿が描かれた。

この日、ギタンはドドグループの満期債券を最も多く保有しているソ・ギルドゥを訪ねて、
自分がすべて買い取ると話した。しかし、これにまったく関心がなかったソ・ギルドゥは
ギタンの提案をきっぱり拒否したが、結局はギタンの執念に負けて、お互いに協力すると約束した。
特にソ・ギルドゥがよく行く喫茶店、食堂などをすべて買い取って関心を引いた
ギタンの努力が功を奏したもの。

また、ギタンはゴンウ(パク・ギウン)を没落させた後、スヨン(ソン・ユリ)に告白することを
固く誓って、熾烈な復讐の中で咲く切ない純愛に悲しさを漂わせた。

ただ正しいと信じることのためなら、すべてをなげうったカン・ジファンは
早い状況判断力に不屈の意志は基本、存在だけでも相手をびくっとさせるほどの
オーラに痛快な復讐に一歩もっと近づいた。
相手と精神的な争いをして望むものを得る姿はカン・ジファンでなければ
代替不可という気がするほど。

一方、劇の末尾ではカン・ジファンがソ・ギルドゥの説得に成功して
スヨンを取り戻す日まであまり残っていないと誓う姿が描かれ、
今後の展開に対する好奇心を高めた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-08-22

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、チョ・ボア、読書デート
「ラブラインの変化を予告?」




MBC月火特別企画『モンスター(仮)』40話では
本をいっぱい積み上げて読書にハマっている
カン・ギタン(カン・ジファン)とド・シンヨン(チョ・ボア)の
姿が描かれる予定だ。

前回放送された『モンスター(仮)』39話では
オ・スヨン(ソン・ユリ)とド・ゴンウ(パク・ギウン)が
キスするのを目撃して固まったカン・ギタンの姿が描かれた。
これにカン・ギタンはムン・テグァン(チョン・ウンイン)に
オ・スヨンと自分が過去にどんな関係だったのかを確実に知りたいと言い
中国にいるオク・チェリョン(イエル)に会いに行くと話した。

こんな中、公開された写真で、いろんな経営関連書籍を
いっぱい積み上げて本を勧めるカン・ジファンと
読書三昧中のチョ・ボアの姿が話題になっている。
二人はまるで勉強する大学生のカップルもしくは映画『同い年の家庭教師』の中で
愛に落ちた男女主人公のように甘いカップルを連想させたりした。

このようにいつも喧嘩をする二人が落ち着いて読書デートをする姿が公開され
もしかして本当の恋人関係になった二人が真剣なデートを始めたのではないかという
推測が出ている。また、仕事のパートナーである二人が仕事と愛、
二匹のうさぎを全部捕まえ、勝ち続ける先のことを予告するのではないかと
期待感が高まっている。

一方、MBC月火特別企画『モンスター(仮)』40話は本日(22日)午後10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-08-09

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
カン・ジファン、『モンスター(仮)』撮影現場…
カン・ジファン式、切ない運命と愛




俳優カン・ジファンの撮影現場ビハインド・カットが公開された。

9日、Huayi BrothersはMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』で熱演中の
カン・ジファンの撮影ビハインド写真を公開した。

カン・ジファンは、劇中でスヨンに向けた切ない純愛を持った男で
大切な人の記憶もなくして一人で復讐の刃を振る切ない運命を持った。

彼はこうした数奇な人生を繊細かつ強烈に描いて、視聴者たちの支持を受けている。

このような背景にはカン・ジファンが台本を手から離さず、
入念にリハーサルするのはもちろん、製作陣と絶えず対話を交わしながら
完成度を高めるために最善を尽くす彼の執念があるといううわさだ。

公開された写真の中のカン・ジファンは実戦と勘違いさせる台本練習に夢中になっている。
また、カン・ジファンの悲壮な表情から相手の俳優の前で涙を浮かべている姿まで公開され、
果たしてどのような危機に直面することになったのか疑問を誘発させている。

Huayi Brothers関係者は
「カン・ジファンが黙々と感情線を引き締めて
涙を浮かべている姿は現場の雰囲気を粛然とさせ、
真正性のある演技で製作陣を感動させた」と伝えた。

一方、カン・ジファンの切ない愛と復讐心を抱いた強力なオーラは
鋭い目つきと一緒にお茶の間に緊張感を吹き込んでいる。
このように毎回進行されるカン・ジファンの復讐の最後に
幸せが訪れるかどうか注目されている。
毎週月・火曜日の午後10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-08-02

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
最高の没入感をプレゼントしたカン・ジファン式サイダー復讐


※サイダー:炭酸を飲んだようなすっきりした
 例)サイダー復讐:すっきりした復讐




俳優カン・ジファンが形勢逆転サイダーエンディングで
お茶の間劇場をすっきりさせた。

去る1日に放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』37話では
カン・ギタン(カン・ジファン)が着実に復讐をしていく場面が電波に乗った。

この日、ギタンはチェリョン(イ・エル)を救出し、裁判所に到着して、
イルジェが不法ロビーを隠すためにチェリョンを精神病棟に監禁した事実を暴露し、
イルジェ(チョン・ボソク)を危機に追い込んだ。
以降、ギタンは自分に
「本当の地獄を味わうことになるだろう」と脅しをかけたイルジェに
冷たく笑いながら「私はすでに地獄を十分に味わいました。私が招待します。その地獄」
と話し、緊張感を高めた。

カン・ジファンは劇中の監獄に護送されるイルジェを訪ねたシーンでは
特有の強烈な目つきの演技だけで一寸の譲歩せず激しく対決する
二人の間の関係を描き出した。
また、ドドグループを掌握するため、ドドグループの家族を把握するのはもちろん、
刑務所にいるイルジェの動向まで継続して把握し、周到で緻密な姿を見せて劇の没入度を高めた。

加えて、ギタンはチョ・ギリャンを直接説得してチェリョンが
組織から抜けるうように助けて未来の幸せを祈って
今までチェリョンにもらった助けを返す深い本音を見せた。
特に、カン・ジファンの切ない目つきの演技が加わり、
復讐に対する重みがそのまま伝わってお茶の間に切なさをプレゼントした。

カン・ジファンはイルジェの夢で、看守として登場して
お腹をナイフで刺して不気味な笑顔で強烈な旋律をプレゼントし、
劇の末尾ではイルジェに向けた復讐心をいっぱい込めたピザを買って
直接面会をして強烈なサイダーエンディングを完成して快速の行歩を見せた。

一方、『モンスター(仮)』は毎週月・火曜日の午後10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-07-13

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、ソン・ユリをいつ思い出すのか



顔を見ても記憶出来なかった。

ソン・ユリはカン・ジファンが生きていたのを
目で確かめてとても感激する。
カン・ジファンは恋しがっていたソン・ユリに会ったけど
彼女が誰かまったく思い出せなかった。
パク・ギウンの犠牲が何の役にも立たなくて
見る人を切なくさせた。

12日放送されたMBCの月火ドラマ『モンスター(仮)』32話では
カン・ジファンを見て雨の中、彼を探しまわっていた
ソン・ユリ(オ・スヨン)が「ギタンが生きている」と確信し
彼を忘れられない姿が描かれた。

その後、ソン・ユリはカン・ジファンを探すために頑張った。
その姿をとなりで見ていたパク・ギウン(ド・ゴンウ)は悲しかった。
それにソン・ユリとカン・ジファンの出会いの場を用意した。
自分の愛を自ら諦めようとした。
遠くからカン・ジファンに会うために行くソン・ユリを見つめていた。
パク・ギウンの悲しい愛が視聴者たちを泣かせた。

ソン・ユリは夢見たカン・ジファンに出会った。
「生きていたと思った」と話しながら彼にハグをした。
しかし、カン・ジファンは「あなたはどうして私の名前を知っている?」と
ソン・ユリに冷たく接した。
ソン・ユリは自分を知らない人のようにするカン・ジファンを見てとても戸惑った。
いつになったらカン・ジファンは失った記憶を取り戻せるのか。
視聴者たちの胸を焦がした。

一方、チョ・ボア(ド・シンヨン)とジン・テヒョン(ド・グァンウ)は
各自、カン・ジファンとソン・ユリに心を伝えて目を引いた。
チョ・ボアはカン・ジファンをデートに誘った。
酔っ払ったチョ・ボアは噛んで、泣いて笑いを誘った。
ジン・テヒョンはソン・ユリに真剣にプロポーズしたが見事に振られた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-07-12

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
真剣なカリスマから心深い優しさまで..無限の魅力




『モンスター(仮)』カン・ジファンが濃い八色鳥の演技を披露した。

去る11日放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』31話で
カン・ギタン(カン・ジファン)がオ・スヨン(ソン・ユリ)を
記憶できないにもかかわらず、継続して意識する姿が描かれた。

この日のギタンはスヨンを思い浮かべようとして
深刻な頭痛で意識を失ったのに目覚めるとすぐスヨンに会いにいくが
ゴンウ(パク・ギウン)と一緒にいる姿を見て未練なく戻ってくる。
以来、ギタンと船舶受注契約を進めるために飛び込んだグァンウ(チン・テヒョン)、
ゴンウ(パク・ギウン)、シンヨン(チョ・ボア)を見てきたギタンは、
最終的にゴンウとの契約を締結する。

続いてカン・ジファンは、劇中冷徹な判断力を発揮し、
自分の利益になるようなゴンウと契約を締結することを決心し、
ジス(キム・ヘウン)の襲撃事件も自作劇であることを見抜く本能的な感覚を発揮して
カリスマあふれる目つきで緊張感あふれる劇にした。

また、シンヨンがプールで転んで動かないと、すぐ近づいて一気に抱き上げ、
雨の中で意識を失って倒れたスヨンの姿に驚いて抱え込むなど
表面上は冷静で気まずく見えるが、配慮がにじみ出る温かい心を持った
カン・ギタンの姿がより一層魅力的に描かれた。

このように、カン・ジファンは、真剣なカリスマから暖かい心を持った
人の匂いがする姿を自在に行き来しただけでなく、
ビョン・イルジェに向けた復讐までゆっくり実行していき
回を重ねるごとに光る真価に無限の魅力を発散した。

一方、カン・ジファンが出演中の『モンスター(仮)』は、毎週月、火午後10時放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-07-11

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、チョ・ボア
争う恋の駆け引きカップル誕生?!


『モンスター(仮)』のカン・ジファンとチョ・ボアが
新しいカップル誕生を予告した。

復讐からメロまで新しい楽しさを増しているMBC月火特別企画『モンスター(仮)』で
倒れたカン・ギタン(カン・ジファン)を真心で看護するド・シンヨン(チョ・ボア)の
様子が公開され、争う恋の駆け引きケミを生み出している二人に関心が集中している。


©MBC

先週の放送分で過去を覚えていないカン・ギタンにド・シンヨンは
ギタンが自分に片思いしていたと嘘言っており、カン・ギタンは復讐の最終目標である
ドドグループを手に入れるために彼女を利用する考えで
『ド・シンヨン手なずけ』プロジェクトを開始した。

カン・ギタンは船舶事業の入札を準備で、ド・シンヨンが準備した食べ物に
わざとやり直しを言って、挑発した。
このように、自分に冷たいカン・ギタンの魅力に惹かれるようになった
ド・シンヨンは彼の表情一つ一つに注目しながら褒め言葉一言にもたまらなかった。

こんな中、カン・ギタンを看護するド・シンヨンの姿が公開されて関心を集めている。
誰かの世話を受けることだけに慣れたド・シンヨンが真心でカン・ギタンを看護する姿は
彼女の心がどのようにギタンに向かっているのかを示してくれている。
そんな、シンヨンに接するギタンの姿も尋常ではない。

『モンスター(仮)』関係者は
「カン・ギタンとド・シンヨン、逆になった甲乙関係と
ギタンに向けたシンヨンの心が明らかになり、二人の関係が今後、
劇に新たな活力を吹き入れることも予定だ。憎めない魅力のド・シンヨンと
彼女の心を持っているカン・ギタンの争う恋の駆け引きに
新しい楽しさを強めていく『モンスター(仮)』に多くの視聴お願いする。」と伝えた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-07-06

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン
予測不可ジェットコースター級感情演技


カン・ジファンがジェットコースター級の感情演技を披露した。

去る5日夜10時に放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』30話では
オ・スヨン(ソン・ユリ)を見るたびに痛みを感じている
カン・ギタン(カン・ジファン)の姿が描かれた。

ギタンはスヨンとゴンウ(パク・ギウン)が一緒にいる姿を見て
痛みを感じて催眠治療をしてくれた教授と再び会うことを決心した。
以降、船舶事業の入札を通じてギタンは未来の大きな絵を見て
自分が所在しているドドグループの株式を利用して
会社を丸ごと飲み込むことであることを計画した。



ギタンはスヨンを見るたびに未知の痛みを感じ、
催眠治療に疑問を感じながら混乱している姿を見せ、
過去に自分がスヨンにあげたネックレスを見て
正確に合わせられない記憶の彫刻に苦痛を感じている姿で
見る人をもどかしくさせた。

また、船舶受注の公開入札のために、シンヨン(チョ・ボア)が
準備したことを確認したギタンは最初にはダメだしをしたが、
すぐ「本行事に向けた準備は最高」と称賛するなど、
シンヨンの機先を制するため展開した神経戦の中でもツンデレ魅力を発揮した。

このようにカン・ジファンは、劇中の復讐を行う時は
血も涙もない強靭なカリスマを発散し、息詰まるような緊張感を吹き入れて、
ソン・ユリとの関係においてはもどかしさを、シンヨンにはツンデレ魅力を露呈するなど、
刻々と変化するキャラクターの感情を描き出し、好評を引き出した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-07-05

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
チョ・ボアと再会「過去に愛しあった関係」




『モンスター(仮)』カン・ジファンがチョ・ボアと再会した。

去る4日放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』で
カン・ジファンは自分を見て驚くチョ・ボアに
「人を呼んでおいて何をしていますか」と尋ねる姿が放送された。

これにチョ・ボアは
「あんた、生きていたの?これ夢じゃないよね?私をつねってみて」と
嬉しい顔をして、記憶を失ったカン・ジファンは
「もしかして、私たちが過去に愛しあった関係だったか」と質問した。

これにチョ・ボアは「そうだ」と嘘をついた。

一方、この日放送された『モンスター(仮)』では
カン・ジファンがすべての記憶を取り戻すような場面が公開され
視聴者たちの期待感を増加させた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-07-04

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、パク・ギウン、チョン・ボソク
熱演を目立たせる3色のスタイル




『モンスター(仮)』が俳優たちのすぐれた演技力はもちろん、
名演技をさらに目立たせる『名品スタイル』で連日話題になっている。

MBC月火ドラマ『モンスター(仮)』で熱演を繰り広げている
俳優カン・ジファン(カン・ギタン役)、パク・ギウン(ド・ゴンウ役)、
チョン・ボソク(ビョン・イルジェ役)がそれぞれの役柄に似合うスタイルで
視聴者たちが劇に没頭するのに大きな役割を果たしながら女心までひきつけている。

復讐のため、波瀾万丈な人生を耐えてきたカン・ギタン役を演じるカン・ジファンは
さらに強くカリスマ溢れる姿で新たに変身した劇中の役割にぴったり合う
モノトーンのスーツにネクタイ、スカーフなど「ブラック」で
ポイントを与えるスタイルを見せている。
特に28話でビョン・イルジェの遊説現場に現れて
本格的な復讐劇の序幕を知らせていたシーンではサングラスをマッチさせ
興味深い展開に緊張感を加え、話題になった。

また、いつも冷徹な姿を見せながらも、オ・スヨン(ソン・ユリ)に片思いし、
もどかしさをそそるド・ゴンウはカン・ギタンとはまた違った魅力を披露しながら
果敢で多様なスーツスタイルを試みる。
主に明るい系列のスーツに普通のタイよりはハンカチーフをマッチして、
シンプルながらも個性的なスタイルを完成し、簡単に消化しにくいパープル系のスーツまで
完璧に消化し、ドドグループの役員という劇中の役割をさらに輝かせている。

一方、名悪人演技で注目され、回を重ねるたびに、鳥肌が立つ演技を見せてくれている
チョン・ボソクは絶え間ない悪事をしながらも、ソウル市長候補に出て、
二重的な姿を示している劇中の役割に合わせてクラシックなスーツスタイルを披露している。
若い役者にも引けを取らないスタイルを披露しながら「花中年」の修飾語が
勿体無くない素敵なスタイルで視聴者らから大きな反響を得ているという。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-07-01

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
スヒョン、カン・ジファン武術ポーズに「師父」
和気あいあいとしたチームワーク




俳優スヒョンがカン・ジファンを師父とした。

スヒョンは29日、自分のインスタグラムに
「師父! #モンスター #ユ・ソンエ #カン・ギタン #kdrama #monster
#スヒョン #カン・ジファン」という書き込みと一緒に写真を掲載した。

公開された写真の中のスヒョンはカン・ジファンに
格式あるおじぎをしていて笑いを誘っている。
スヒョンは武術ポーズを取っているカン・ジファンに
「師父」とし、いたずら心満ちた姿を見せて爆笑を誘発している。
特に二人は和気あいあいとしたMBC『モンスター(仮)』の撮影現場を公開し、
注目を集めている。

一方、カン・ジファン-スヒョンが出演している『モンスター(仮)』は
毎週月・火、夜10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

  • 2016-06-28

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にジファンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『モンスター(仮)』カン・ジファン、
本格カン・ジファン式復讐劇を開始...2幕の攻撃を始める



©MBC

 
カン・ジファンが復讐劇の2幕の攻撃を始めて派手な帰還を発表した。

去る27日放送されたMBC月火ドラマ『モンスター(仮)』27話で
カン・ギタン(カン・ジファン)が意識不明の状態から目が覚めて
韓国に戻ってくる姿が描かれた。

ギタンは意識不明の状態で1年ぶりに目が覚めたが前頭葉に残っている
弾丸のために耐え難いほどの痛みに苦しんで催眠療法を試みる。

以降チョ・ギリャン(チェ・ジョンウォン)から
自分の息子になってくれという提案を受け入れたギタンは
ビョン・イルジェ(チョン・ボソク)に向けた復讐を終わらせるために韓国に帰る。

カン・ジファンは、劇中紆余曲折の末、意識を取り戻して
すぐビョン・イルジェに向けた復讐を誓い、その誰とも比べることができない
圧倒的なカリスマを吹き出して、自分と似たような経験した
チョ・ギリャンに対する切ない心を表わして父と呼ぶなど
カン・ギタンの感情を水が流れるよう、自然な感情の変化は劇の没入度を高めた。

特にカン・ジファンは、催眠療法でオ・スヨン(ソン・ユリ)の記憶を完全に失い、
視聴者たちを悲しくし、韓国に戻って再び復讐に向かって息を切らして
走っていくことを予告してお茶の間に強烈なインパクトを残した。

このようにカン・ジファンは、一寸先も知ることができない展開を
毎回力強く導いて韓国に帰って来るとすぐビョン・イルジェを訪ねて
冷たい笑みを見せるなど、エンディング1分までの緊張の紐を解くことができないなど
モンスターの演技を吹きだして賛辞を受けた。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

1〜20/156件  1 2 3 4 5 6 7 8  次へ→  最後へ→→