INFORMATION

ドラマ『ヴィンチェンツォ(仮)』台本リーディング公開
2021-01-05
韓国の記事にテギョンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『ヴィンチェンツォ(仮)』台本リーディング公開


©tvN

ドラマ『ヴィンチェンツォ(仮)』がきつくヤバい者達の出撃を知らせた。

ドラマ『哲仁王后(仮)』の後続で放送される
tvNの新土日ドラマ『ヴィンチェンツォ(仮)』側は5日、
演技のポテンシャルを爆発した台本リーディング現場を公開した。
尋常ではないキャラクタープレーで現場を盛り上げた俳優たちの
隙間のない相乗効果が期待を熱くさせる。

この日行われた台本リーディングには、キム・ヒウォン監督、パク・ジェボム作家をはじめ、
オク・テギョン、ソン・ジュンギ、チョン・ヨビン、ユ・ジェミョン、キム・ヨジン、クァク・ドンヨン、
チョ・ハンチョルなど有名な演技派俳優たちが総出動し、熱い演技熱戦を繰り広げた。

<中略>


©tvN

ホン・チャヨンの「ジェームズ·ボンド」になりたい
海外派インターン弁護士「チャン・ジュヌ」はオク・テギョンが演じ、活力を加えた。
オク・テギョンは無邪気な微笑を装着した男前ビジュアルに、
どことなく天然で粗末なチャン・ジュヌのギャップを、
彼だけの色を溶かして完璧に構築した。
チョン・ヨビンとのいざこざ先輩後輩コンビは、また別の鑑賞ポイントになる見通しだ。

<中略>

ドラマ『ヴィンチェンツォ(仮)』の制作陣は
「演技のベテランたちの相乗効果は完璧だ。
ユニークなキャラクターの面々を多彩に描き出した。
悪党のやり方で正義を具現化するダークヒーローたちの痛快で力強い活躍が、
これまで経験したことのないカタルシスをお見せするだろう」と伝えた。

一方、tvN新土日ドラマ『ヴィンチェンツォ(仮)』は2021年2月に初放送される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。 ◀ リストに戻る