INFORMATION

ドラマ『ザ・ゲーム:0時に向かって(仮)』 運命あるいは悲劇の始まり
2020-01-10

韓国の記事にテギョンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『ザ・ゲーム:0時に向かって(仮)』 運命あるいは悲劇の始まり


©MBC

ドラマ『ザ・ゲーム:0時に向かって(仮)』がオク・テギョン、イ・ヨニ、
そしてイム・ジュファン三人の男女の尋常ではない関係を予告し、注目を集めている。

MBC新水木ドラマ『ザ・ゲーム:0時に向かって(仮)』(以下、『ザ・ゲーム(仮)』)が、
来る1月22日(水)に初放送を控えている中、劇を導く主人公
オク・テギョン、イ・ヨンヒ、イム・ジュファンの関係への関心が熱い。

<中略>

ドラマ『ザ・ゲーム(仮)』を率いる三人の主人公と、
彼らが劇中でどのような関係を築くのかに関心が高い理由には、
それぞれのキャラクターが持っている背景が最も大きい。
オク・テギョンが演じるキム・テピョンは、相手の目を見ればその人がどのように死ぬのか、
死ぬ直前の瞬間を見る神秘的な能力を持った予言者だ。
イ・ヨニは、光よりも早く手錠をかけ、事件現場を分析する
捜査1課の刑事ソ・ジュニョン役を演じる。
表向きでは性格も良く、能力も優れた刑事に見えるが、
実は彼女は20年前に父の死により心に深い傷を負っている。
イム・ジュファンは、国立科学捜査法医官のク・ドギョンを演じる。
いつも余裕で微笑みを失わないドギョンは、自分が納得するまでは
絶対に事件を終結させない徹底した性格の完璧主義者だ。

このように、職業、性格、事情もそれぞれ異なる彼らの出会いが
どのように始まったのか、そして劇中で起こる事件が彼らの関係に
どのような影響を及ぼすことになるのか、早くも関心が最高潮に達している。

特に3次ティーザー映像を見ても分かるように、
事件と死に向き合う三人は対比を成している。
死を恐れない予言者オク・テギョンと、
与えられた運命も変えることができると信じるイ・ヨニとは違い、
イム・ジュファンは変えられるものはないと温かいビジュアルとは異なった冷笑的な姿を見せる。
ここにイ・ヨニをめぐるオク・テギョンとイム・ジュファンの対立は、
ドラマ『ザ・ゲーム(仮)』を通じて描かれる三人の男女のスペクタクルな展開を予告し、
放送に対する期待値を引き上げる。

<中略>

一方、MBC新水木ドラマドラマ『ザ・ゲーム:0時に向かって(仮)』は、
来る1月22日(水)夜8時55分に初放送される予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

◀ リストに戻る