INFOMATION

2019-10-01
  • anyone 『サイコパスダイアリー(仮)』ユン・シユン、初の撮影スチール

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『サイコパスダイアリー(仮)』ユン・シユン、初の撮影スチール


©tvN

どんでん返しスリラー『サイコパスダイアリー(仮)』のユン・シユンが、
世界一のカモの誕生を予告し、関心が集まっている。
特に、撮影初日から顔色をうかがう彼のキャラクターカットが公開され、
期待が高まっている。

(中略)

劇中、ユン・シユンは殺人過程が書かれた日記を拾った後、
自分をサイコパスだと勘違いをする「ユク・ドンシク」役を演じる。
ユク・ドンシクは弱気で小心者だったが、事故で記憶をすべて失い、
自分が「捕食者」だと信じるようになる人物で、世の中を180度違う視点で眺め、
変化していく姿で笑いと緊張を行き来する一味違った面白さをお届けする予定だ。

そんな中、ユン・シユンの撮影スチールが初公開され注目を集めている。
公開されたスチールのユン・シユンは、どこかをちらっと見ながら
ご機嫌をうかがう目つきで視線をとらえる。
また、ユン・シユンは男性に胸ぐらをつかまれ、戸惑いを見せながらも、
反撃さえできずに慌てた様子で関心を高めている。

また、ユン・シユンが肩を落とし、夜の街をぶらぶらと歩く姿。
一日中大変だったのか、元気のないユン・シユンの疲れた姿が、
いつもやられてばかりいる彼の日常を予想させる。
他人に一度も怒ることのできない小心男、ユク・ドンシクに変身した
ユン・シユンの演技に関心が高まる一方、サイコパスだと勘違いし始め、
どう変わっていくのか気になるところだ。

『サイコパスダイアリー(仮)』側は、「ユン・シユンは撮影初日から
「ユク・ドンシク」に完璧に入り込んだ演技で、笑いを誘った。
目つきからジェスチャー、台詞のトーンなど、キャラクターを
徹底的に分析した彼の演技に感心した」とし、「小心者と冷たさを行き来する
ユン・シユンの反転演技が視聴者の視線を引きつけるだろう。
人生最高のキャラクターを書き換える
彼の歴代級の演技の変身に期待してほしい」と話した。

(後略)

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。