INFOMATION

2019-07-10
  • anyone 『君の歌を聴かせて(仮)』ヨン・ウジン「様々な表情が興味を抱かせる」

韓国の記事にウジンさんの記事が掲載されていましたので、
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にウジンさんの記事が掲載されていましたので、
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『君の歌を聴かせて(仮)』ヨン・ウジン「様々な表情が興味を抱かせる」


© JP E&M

俳優ヨン・ウジンが『君の歌を聴かせて(仮)』について、
愛情で満ちた思いを明らかにした。

来る8月5日(月)、初回放送を目前とした
KBS 2TV新月火ドラマ『君の歌を聴かせて(仮)』は、
殺人事件があった「あの日」の記憶をすべて失ったピアニストが
失った真実を探し求めるミステリーロマンティックコメディドラマだ。
予測不可な展開の中、ドキドキなロマンスでこの夏お茶の間に
冷涼さと暖かい胸騒ぎを同時に抱かせる予定だ。

特に元祖ロマンティックコメディ職人と呼ばれるヨン・ウジンは、
破格的にオーケストラに入団するピアニスト、チャン・ユンとして
ドラマの魅力を見せたいとし、既にヨン・ウジンだけが見せることのできる
キャラクターに期待が寄せられている。

ヨン・ウジンは「青春の夢と愛に私はどんな時間を過ごしているのか
しばらく考えてから台本を見た」とし、
「チャン・ユンという人物を通して成長していく私自身の姿を期待している」と、
『君の歌を聴かせて(仮)』との珍重な出会いを話した。

続けて「チャン・ユンは表から見ると多少理解し難い寂しさがあるかもしれないが、
裏では誰よりも熱く熱情的な人物だ」とし、
「秘密のまま明かされずにいる真実の中で、相手に見せるチャン・ユンの
様々な表情が視聴者に興味を抱かせるのではないかと思う」という
意味深い紹介で彼が演じるチャン・ユンというキャラクターに
さらなる関心が膨らんでいる。

また彼は、ティンパニストのホン・イヨン役のキム・セジョンと絡み合いながら
彼女の安眠のためのイブニングコーラーに変身し、
今まで見せてこなかった違った色の魅力を披露する。
ヨン・ウジンは「キム・セジョンさんはいつも精一杯周囲の人たちによくしていて、
明るい雰囲気を作っている。
おかげで楽しく撮影できて、いいアイデアもたくさん浮かんでくる」とし、
キム・セジョン(ホン・イヨン役)と共に描くロマンスはやはり期待させている。

ヨン・ウジンだけの色で重なり合ったギャップのある魅力のチャン・ユンというキャラクターは、
来る8月5日(月)、KBS 2TV新月火ドラマ『君の歌を聴かせて(仮)』で観ることができる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。