INFOMATION

2018-12-11
  • anyone ドラマ『親愛なる判事様(仮)』1人2役までできるユン・シユン、見事に通じた

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』1人2役まで「何でもできる」
ユン・シユン、見事に通じた


俳優ユン・シユンがドラマ『親愛なる判事様(仮)』を通して自身の真価を証明した。

好評の中終了したドラマ『親愛なる判事様(仮)』で最も活発な活躍を見せたユン・シユン、
双子の兄弟「ガンホ」と「スホ」役で1人2役を担い、熱演を披露し視聴者から愛された。

ユン・シユンは卓越したキャラクター消化力で初放送からドラマへの集中度を高め、
荒いアクションや豊富な感情シーン、胸を痛ませる嗚咽シーンまで、
回を重ねるごとに絡み合う展開を
誠実に読み解きながら、優れた演技力を余すことなく見せた。

特にドラマ中、それぞれの役割ごとにラブラインが異なり、
それぞれ生きてきた環境により口調や表情、歩き方まで違うのに
これを特有の魅力を活かし表情や声、時には目から伝わる雰囲気だけで
正確に区別しドラマをより豊かにした。

それだけでなく彼のいけ図々しい口調や表情が、時にはドラマのユーモアも担当し
より多彩な魅力を伝えた。

<中略>

ユン・シユンは今回のドラマを通して改めて俳優としての立地を確立した。
1人2役の特性上、回ごとにとんでもない分量の撮影を消化し切ったことはもちろん
様々な場面を通し、多彩で豊富な見どころを贈ったユン・シユンは
今一度自身の存在感を見せつけた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。