INFOMATION

2018-12-05
  • anyone ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユンの演技に熱狂する理由

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユンの演技に熱狂する理由

俳優ユン・シユンの多彩な活躍が続いている。

SBSドラマ『親愛なる判事様(仮)』を通し、
デビュー後初となる一人二役を担ったユン・シユンは
「ガンホ」と「スホ」二人のキャラクターをそのまま自分のものに仕上げ、
存在感を改めて確認させている。

まず、ユン・シユンの「ハン・ガンホ」は「素直さ」そのものだ。
悔しい時は激しく怒る。
悲しい時は涙をポタポタ流しながら弱々しくなり、その瞬間の感情をそのまま伝達する。
これは単純に演技をするという次元を超え、実際にそうであるかのような事実性、
自身だけの個性をそのまま溶かし込んだ結果物として、素直さをより深くし、説得力を高めた。

それだけでなくユン・シユンは劇中のソウン(イ・ユヨン扮)とのロマンスにおいても
他のどのロマンスよりも熱烈な応援を受けている。
初々しい感情をそのままに、ときめきと慰めを同時に伝える「ユン・シユン印の」ロマンスに
視聴者からはたくさんの共感を得ている。

ユン・シユンの「ハン・スホ」はまた違う魅力を持っている。
表情が無く冷たい雰囲気の中に、妙な余韻が残る。
スホのまだ解けていないストーリーに多くの関心が集まり、
これからの展開に対する期待も高まっている。

ドラマ関係者によると「ユン・シユンは瞬発力が良い方だ。
全てのキャラクターを「ユン・シユン化」させる。
撮影に入ると、キャラクターを解いて表現する過程において、驚くほどの集中力で入り込む。
その演技方式が、視聴者たちからも多くの共感を得ている」と伝えた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。