INFOMATION

2018-12-04
  • anyone ドラマ『親愛なる判事様(仮)』ユン・シユンの挑戦と成長

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

韓国でドラマ『親愛なる判事様(仮)』が放送された時の記事に
シユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
ユン・シユンの挑戦、俳優としてまた成長した


ドラマ『親愛なる判事様(仮)』が有終の美を飾った。
そしてドラマを率いたユン・シユンも俳優としてまた一歩成長した姿を見せ
視聴者から好評を得た。

<中略>

しっかりとしたストーリーのドラマをより面白く、より豊富にしたのは
劇中でハン・ガンホとハン・スホ役を担い、一人二役を消化したユン・シユンだった。
ユン・シユンはチンピラのハン・ガンホと、血も涙もない冷徹な判事ハン・スホの姿を
行き来しながら、立体感のある演技を見せた。
特にユン・シユンはチンピラのハン・ガンホを演じながら、
笑いや痛快さ、時には込み上げるような感動を与え、
冷徹な判事ハン・スホを描く時は、一つ一つベールを脱がせながら視聴者の好奇心を刺激した。

ユン・シユンはドラマ『親愛なる判事様(仮)』を通してデビュー後初めて「一人二役」に挑戦した。
放送を前に行われたドラマ制作発表会現場でユン・シユンは
「演技力を評価されることができる舞台だと思う」と、ときめきと緊張を見せた。
彼は「法廷ものをずっとやってみたかった。演技力が足りないと説得力が落ちるジャンルのため、
目標であり夢だった。台本を見た瞬間に「チャンス」だと考え、すぐに出演を決定した」と付け加えた。

「演技力を試される機会」と、決心してドラマ『親愛なる判事様(仮)』に飛び込んだユン・シユンは、
ドラマに出演するどの俳優と競っても劣らない演技力でドラマを率いていった。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。