INFOMATION

2018-06-26
  • anyone ドラマ『親愛なる判事様(仮)』初台本リーディング

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ユン・シユン×イ・ユヨン、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』
初台本リーディングから完璧な呼吸


ドラマ『親愛なる判事様(仮)』の台本リーディング現場がついに公開された。

来る7月に初放送を前にしたドラマ『親愛なる判事様(仮)』は
実践法律を基盤として、痛快な判決を下す不良判事の
成長期を描いたドラマだ。
大韓民国の代表的な作家と監督が力を合わせた作品として、
ドラマ『親愛なる判事様(仮)』はすでに注目を集めている。

最近、ドラマ『親愛なる判事様(仮)』は台本リーディングを行った。
この日、現場では監督と作家をはじめとした制作陣と
重要な役割をもつ俳優たちが集まった。
それぞれキャラクターの役割に没頭している俳優たちの熱情とエネルギーが、
今回が初合わせという事が信じられないほど完璧だった。

まず、主人公ユン・シユンの活躍が際立っていた。
ユン・シユンはハン・ガンホとハン・スホという全く違う2つのキャラクターの特徴を
完璧に表現し、ドラマに溶け込んだ。
淡々とした演技力を基盤とし、多彩な感情を表現しながら
ドラマ全体を引っ張るユン・シユンの熱演にスタッフたちの感嘆が続いた。

<中略>

笑いと涙、情熱と熱演が溢れた台本リーディング現場だった。
俳優たちは疲れた表情なく各自担ったキャラクター、
そして演技に没頭し、実際の現場を彷彿させる熱い雰囲気だった。
最初からこのように特別な調和と情熱を見せた俳優たちのおかげで
本放送に対する期待感はグンと上昇した。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。