INFOMATION

2017-07-24
  • anyone ユン・シユンという最高の「一発」

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
コミックからメロまで…
ユン・シユンという最高の「一発」



©KBS2

『最高の一発』の中の最高の「一発」はユン・シユンではないだろうか。

<中略>

名残がたくさん残ったドラマだったが、ユン・シユンの演技は断然目立った。
その間KBS2『1泊2日』で「ドング」として活躍し芸能的な姿をたくさん見せてきた
ユン・シユンだが、『最高の一発』を通し俳優と彼の優れた演技力を
今一度感じることが出来た。

彼はユ・ヒョンジェという人物に完全にとけこみ
不足していたプロバビリティーまでカバーするくらいにドラマをハードキャリーした。
(※ハードキャリー:他のチームメンバーの能力が非常に不足していて、
ゲームが行われる前からすでに敗北が予測された状況で、
一人が優れた実力を発揮してチームを勝利に導いた時に使われる韓国語)
毎話ごとにコミックとメロを行き来しながら
広い演技のスペクトルを持った俳優ということを自ら立証した。

1993年度から急に2017年にタイムスリップすることになった
ユ・ヒョンジェが新聞を見て右往左往する姿は爆笑を誘い
相手役のイ・セヨンとの言い争いロマンスは視聴者たちのトキメく心を刺激した。
これ以外にもユン・シユンの感情演技は軽いドラマの雰囲気に重さを加えたりもした。

特に最終回で放送されたヒョンジェと94年のユ・ヒョンジェが出会うシーンは見事だった。
1人2役を演じることになったユン・シユンは同一人物だが二人の全く違う性格を
完璧に表現しきりながら説得力を高めた。

<後略>

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。