INFOMATION

2017-05-15
  • anyone 『最高の一発(仮)』愉快な告祀現場

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
「視聴率50%を!」…『最高の一発(仮)』愉快な告祀現場

※告祀:お祓い


©KBS

芸能ドラマ『最高の一発(仮)』の告祀現場が公開された。

KBS2芸能ドラマ『最高の一発(仮)』
(演出ユ・ホジン、ラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)/脚本イ・ヨンチョル)は、
愛し合い、話し合い、食べて生きることを激しく悩むこの時代の20代青春劇。
KBS2TVドラマ『プロデューサー』で芸能ドラマという新しいジャンルを開拓した
モンスターユニオン社のソ・スミンPDとチョロクメディア社が再び意気投合し作る
作品で企画から話題を呼んだ。

去る5月10日、京畿道安城市の撮影現場で、
『最高の一発(仮)』の成功と撮影の無事を願う告祀が行われた。
ユン・シユン、イ・セヨン、ドン・ヒョンベ、チャ・ウンウ、ボナ等の出演俳優たちと、
ユ・ホジン、ラ・ジュンモ(チャ・テヒョン)PDを始めとする
制作スタッフが総出動し、健康と楽しい撮影になることを祈る気持ちと、
お互いへの応援の気持ちを伝えケミを爆発させた。

まず初めにユ・ホジンPDは
「苦労は少なめ、視聴率は多めで最後の放送までヒットしますように」
と三つの願いを言い、拍手喝采を誘った。
続いて「皆が笑いながら放送終われるように頑張ります」と話し、
笑いで一杯な現場を作るという覚悟を決めた。

それに続き、主人公のユ・ヒョンジェ役を引き受けたユン・シユンは
「多くも少なくも、視聴率が50%くらい出たら良いな」と
野望を表して笑いをプレゼントした。
次に「皆が楽しみながらするのが重要だと思う。
みんなと楽しく撮影していきたい」と話し、楽しい撮影になるように祈った。
また、チェ・スンウ役を引き受けたイ・セヨンは、
「みんな元気でけがなく楽しく撮影ができますように。
楽しく作品に臨みます」と語った。

<中略>

これに対し、『最高の一発(仮)』の制作側は、
「私は出演陣と制作陣の和気あいあいとしたチームワークを感じられる告祀現場だった」とし、
「みんなが心を一つにし、最後まで楽しく撮影することを願っている。
生気に溢れ、愉快な出演陣と制作陣が作る『最高の一発(仮)』に
たくさんの関心と応援をよろしくお願いします」と話した。

『最高の一発(仮)』は6月2日に韓国で初放送する。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。