INFOMATION

2017-04-20
  • 『お父さんが変(原題)』シングルライフの標本イ・ジュン、家族愛の欠乏を克服するのか

韓国の記事にイ・ジュンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。


韓国の記事にイ・ジュンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

<スタッフ翻訳文>
『お父さんが変(原題)』シングルライフの標本イ・ジュン、
家族愛の欠乏を克服するのか



©KBS

KBS2TV週末ドラマ『お父さんが変(原題)』でイ・ジュンが演じる
俳優アン・ジュンフィの日常に大きな変化が生じる兆しが見えている。

過去の放送では、彼の父であると信じているビョン・ハンス(キム・ヨンチョル)に
「お父さんの家で一緒に暮らしたい」という驚きの宣言をした後、
そうしてもいいと許可を受けたから。

最初はただ新しいドラマに役に立たないかと思い言葉を発した彼は
ビョン氏の家族の和気あいあいとした姿を見て混乱した気持ちを表わした。
ここでは、実父の不在と母の再婚など家族愛の欠乏から来る憧れ、
羨望の感情が混ざっていた。

このように、ひときわ寂しい子供時代を過ごしたアン・ジュンフィと和解して
家族団らん的なビョン家との出会いは、想像するだけで好奇心を刺激する状況。
通常、彼の一日は、TVを視聴、台本練習、カメの「アル」と遊ぶなど
代表的な1人世帯の生活の標本である。

このように長い間、シングルライフを楽しみながら生きてきたアン・ジュンフィが
ビョン氏の家族と徐々にぶつかり、新たに融和される様子が愛情深い楽しみと
意味のあるメッセージを同時に伝える予定だ。

特に一人暮らしの視聴者には大家族が一緒に生きていくことを示すことによって、
シングルライフとは別の楽しさを感じることができるようにし、
家族と一緒に暮らす人々には共感と自分たちの生活を振り返る
きっかけを作ってくれるだろう。

中略

今後さらにダイナミックになるイ・ジュンの日常は
毎週土、日夕方7時55分に放送されるKBS2TV
週末ドラマ『お父さんが変(原題)』を通じて会うことができる。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。