INFOMATION

2017-02-17
  • anyone 『生動性恋愛(仮)』落ちこぼれから、スーパーヒーローまで

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

韓国の記事にシユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『生動性恋愛(仮)』落ちこぼれから、スーパーヒーローまで

『生動性恋愛(仮)』のユン・シユンが公務員を目指す
落ちこぼれからスーパーヒーローまで、多彩な演技を披露した。

16日に放送されたMBC『生動性恋愛(仮)』では、
警察公務員試験受験生ソ・インソン(ユン・シユン)が
生動性アルバイトの副作用として、スーパーパワーを持つ姿が描かれた。

この日の放送でソ・インソンは8回目警察公務員試験に落ち、
ガールフレンドに「今ご飯が喉を通る?悔しくない?」
という言葉と一緒に別れを告げた。

それだけでなく、コシウォン※代が払えず部屋から追い出され、
アルバイト中のコンビニで賃金も受けられないまま解雇されるなど
相次ぐ不幸を経験した。

お金を稼ぐために高額な生動性実験のアルバイトに応募した
ソ・インソンは実験の副作用で脳、体力など、
すべての能力が向上し落ちこぼれから、スーパーヒーローの姿を披露した。

演技のためにユン・シユンはもじゃもじゃ頭に角のメガネを使うなど、
完璧なノリャンジンファッションを披露したが、超能力を持つようになると、
本来のカッコよさを取り戻し大きなギャップを見せた。

※受験生などが集中して勉強するための小部屋

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。